PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

<傾月の京>朔へ至らぬ晦日の

 カムイグラ全体依頼<傾月の京>にて一部のイレギュラーズが敵陣に捕らわれました。

 10/9現在、巫女姫は捕虜へと交渉を行っています……。
 具体的な内容は不明ですが、巫女姫陣営へと寝返りを誘う旨だと思われます。

 また、例外的に『巫女姫の実姉であるアルテミア・フィルティス(p3p001981)』と『宮内卿・八咫姫の片思いの相手ヴォルペ(p3p007135)』にはそれぞれが特殊な交渉(特殊判定・原罪の呼び声含む)が行われているようです。
 こちらも現時点において具体的な内容は不明ですがヴォルペさんに関しては一部動きが見られたようです。


 10/10現在、数名を除き捕虜は『自凝島』へと流刑となりました……。
 また、例外的に交渉が行われていたアルテミア・フィルティス(p3p001981)は巫女姫の傍で幾度も巫女姫による『原罪の呼び声』を受けているようです。
 『宮内卿』八咫姫と共に行動しているヴォルペ(p3p007135)は彼女と共にイレギュラーズの前に姿を現しました
 夢見 ルル家(p3p000016)は『琥珀薫風』天香・遮那を救うべく彼の傍仕えとなり、イレギュラーズを離反しました。

現在状況

アルテミア・フィルティス(p3p001981)
アルテミア

 拉致シナリオ:<傾月の京>『大呪』

 カムイグラの実質的頂点に立っている『巫女姫』エルメリア・フィルティスの双子の姉。エルメリアの寵愛(恋愛感情)を一身に受ける『愛し子』。
 アルテミアと愛を酌み交わしともに暮らすことを目的とした『色欲の魔種』エルメリアは現在、原罪の呼び声と共に特殊な交渉を行っています。

 → 特殊トップ:悍ましき月影に――

 巫女姫との交渉を終え、自身の身柄を差し出すことを決定。仲間に手出しをさせないが為に、エルメリアとの交渉を続けています。
 エルメリアはアルテミアとの交渉を経て『自凝島』の脱出ヒントをシフォリィへと与えたようです。
 しかし、重ねて行われる呼び声に彼女自身の疲弊も大きいようです……。

シフォリィ・シリア・アルテロンド(p3p000174)
シフォリィ

 拉致シナリオ:<傾月の京>『大呪』

 アルテミア・フィルティス(p3p001981)の幼馴染み。エルメリアとの旧知の仲でした。
 親友がエルメリアに拐かされる事を防ぐために身を挺して、闘いに挑み巫女姫派に捕らわれています。

 絶対に屈さぬと言う強き心で巫女姫との交渉を一蹴し、流刑が決定しました。
 しかし、親友・アルテミアとの交渉により巫女姫は彼女に『自凝島』の脱出方法のヒントを与えたようです……。

アレクシア・アトリー・アバークロンビー(p3p004630)
アレクシア

 拉致シナリオ:<傾月の京>屍山血河

 此岸ノ辺にて『ガイアキャンサー・ザントマン』と戦闘を行い、彼を此岸ノ辺へ突破させぬ為に身を挺して阻止を行いました。
 その結果、現在は巫女姫派に捕らわれています。

 魔種、肉腫、そして誰とでも手を取り合う未来を夢想していますが、巫女姫による交渉では『獄人差別』がなくならない他、自身の望む未来は得られないと交渉を決裂させ、流刑が決定しました……。

ルクト・ナード(p3p007354)
ルクト・ナード

 拉致シナリオ:<傾月の京>屍山血河

 此岸ノ辺にて『ガイアキャンサー・ザントマン』と戦闘を行い、彼を此岸ノ辺へ突破させぬ為に身を挺して阻止を行いました。
 その結果、現在は巫女姫派に捕らわれています。

 巫女姫の交渉に対して「くだらない」と一蹴、交渉を直ぐに決裂させました。
 必ずしや、自身を捕えた者を殺しに戻ってくると宣言し、流刑を受入れました。

新道 風牙(p3p005012)
新道 風牙

 拉致シナリオ:<傾月の京>ひずみのその

 此岸ノ辺にて『けがれの巫女』つづりを守り、『双子巫女』たるそそぎを救い出すために《転輪穢奴》忌拿家・卑踏と戦いました。
 卑踏によりそそぎと共に連れ去られ、その結果、現在は巫女姫派に捕らわれています。

 自身は魔を討つ者だと堂々と宣言し、必ずつづりとそそぎを笑顔で再会させると誓いました。
 巫女姫との交渉には答えず、交渉は決裂し、流刑となりました……。

ヴォルペ(p3p007135)
ヴォルペ

 拉致シナリオ:<傾月の京>三千世界の鴉を殺し

 高天御所にて宮内卿である魔種『八咫姫』及び純正肉腫『ヤタガラス』と共に戦いました。
 自身に恋い焦がれる八咫姫に答える形で、拐かされ巫女姫一派に捕らわれていましたが、巫女姫の許しを得て交渉役に出た八咫姫は自身の『原罪の呼び声』と共に「自分と一緒に居て欲しい」と交渉を仕掛けました。
 結果、ヴォルペはイレギュラーズから離反する形で、現在は八咫姫と共に行動しています。
 その真意が何処にあるのかは未だ分かりません……。

 参考シナリオ:Trick Moon

ハロルド(p3p004465)
ハロルド

 拉致シナリオ:<傾月の京>般若湯

 穂木野の村にて魔種滝司と戦闘を行い、魔種に『丸呑み』にされる形で其の儘拐かされました。
 その結果、現在は巫女姫派に捕らわれています。

 不敵に笑い、魔種殺害の機会を狙っていました。その行い故に交渉は決裂したと見なされ、流刑が瞬時に決定されました。

焔宮 鳴(p3p000246)
鳴

 拉致シナリオ:<傾月の京>みかの原 わきて流るる 泉川

 母・焔宮 芙蓉とカムイグラで再会し、兄・焔宮 葵と共に高天御所にて交戦。乱入した式部省の長である橘・康之(たちばな・やすゆき)によって侵入者として兄共々捕縛されました。
 その結果、現在は巫女姫派に捕らわれています。

 焔宮の当主としての矜持を胸に、魔種と手を取る道は無いと言い捨てて交渉は決裂し、流刑となりました。
 しかし、彼女は『母』と兄のことばかりを考え――不安定な状況にいるようです。

ティスル ティル(p3p006151)
ティスル

 拉致シナリオ:<傾月の京>阿毘達磨倶舎論

 高天京市街にて、暴動を起こす『等活地獄』の魔種『イチ(一)』との交戦の最中、ある者の『巫女姫とのお約束』による誘拐が企てられ、この一環として連れ去られた模様です。
 その結果、現在は巫女姫派に捕らわれています。

 きっぱりと「嫌」とシンプルに交渉を終了させました。故郷海洋を傷つけるかも知れないならば流刑の方がましだと宣言し、流刑となっています。

ユーリエ・シュトラール(p3p001160)
ユーリエ

 拉致シナリオ:<傾月の京>桜の歌姫、異界の剛剣、相対するは巣食う悪意

 高天御所にて、『桜の歌姫』光焔 桜及び永倉 肇と共に刑部省精鋭部隊と戦闘を行いました。
 しかし、捕らわれかけた桜を助けるために自らの身を投じ、共に刑部省に捕縛されることに。
 その結果、現在は巫女姫派に捕らわれています。

 共に捕縛された桜を心配し、同時に交渉では望む『笑顔溢れる理想郷』が作られることは無いと一蹴しています。
 流刑が決定していますが、最後まで諦めないと宣言を行っています。

夢見 ルル家(p3p000016)
ルル家

 拉致シナリオ:<傾月の京>天香遮那

 行方知れずとなっていた『琥珀薫風』天香・遮那を救うべく、此岸ノ辺に点在する邸宅にて救出作戦を遂行しました。
 『艶勾玉』籐蘭や『魔種』楠 忠継による影響を濃く受けた遮那の自我を取り戻すべく姫菱・安奈と共に死力を尽くしましたが、一歩及ばず、遮那は撤退。
 その際に、撤退阻止のためにしがみ付き、そのまま高天御所に連行され現在巫女姫一派に捕らわれています。

 現在、巫女姫派に捕らわれ義兄・長胤によって軟禁状態の遮那を救うべく巫女姫と手を組むことを提案しました。
 希望の役職は「遮那の側付き」とし、彼が肉腫や魔種になる事を阻む目的です。
 巫女姫は長胤に何らかの細工をルル家に施すように指示し、彼女の要望を飲みました。
 現在は天香邸に身柄が移動され、軟禁状態にあります。

PAGETOPPAGEBOTTOM