PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<傾月の京>屍山血河

相談期間中

このシナリオの参加人数はすでに定員に達しています!

オープニング

●???

 ――生まれたその瞬間から周りのモノ全てが疎ましかった。

 美しき木々が。立ち並んだ建物が。人の営みが。
 豁然とした正義が。自らを満たす為の欲望が。人の悪徳が。
 不快不快不快不快不快。何もかも何もかも何もかも何もかも何もかも。
 だから私は理解した。私がどういう存在なのかを。
 私は。

 私はこの世界を■■■為に生まれたのだ、と。

●カラカサ
 林の中が静かであった。
 此岸ノ辺は周囲を自然に囲まれた風光明媚なる地である――悪く言えば僻地とも言えるだけの場所なのだが、ともあれ。だからこそ周囲には大いに木々と、そこに住まう動物達で溢れている。
 筈だが、今宵はいない。
 眠っている? 否。気配を感じぬ。
 偶々いない? 否。複数無数の動物達が偶々一匹もいないなどあろう事か。
 ――彼らは何かを恐れたのだ。
 此処に至ろうとしている何かを本能的に察知し、離れた。
 眠っている個体すら生存本能を掻き立てられて。
 此処から離れよと生命が騒ぎ立てる。
「ンッふっふ。実に静かですな~まぁ夜の林と言うのは『こう』でなくては」
 その道を進むは大きな傘を被ったような男――カラカサと名乗る人物である。
 彼は闊歩する。誰も邪魔せぬ道を悠々と。
 その後ろに幾何かの『闇』を引き連れている。それは『冥』とも呼ばれるカムイグラの暗部達――ナナオウギの中でも一部しか存在を知らぬ、この国の闇にして、天香家……或いはそれらに味方する者達の手足となって動く影人。
 それらを伴い真っすぐ真っすぐ。
 目指すは此岸ノ辺の社へと。
 真っすぐ真っすぐ進んでいた――

「待って」

 しかし、その前に立ち塞がる影がある。
 それは動物に非ず。本能ではなく理性と勇気を持ち敵の前に立つ、意思の勇者。
 ――それは人間。
 内の一人はかつて出会った事のあるアレクシア・アトリー・アバークロンビー(p3p004630)であった。
「ん、お、おぉ~? これはこれはアレクシア殿ではありませんか。いつぞやはお世話になり申した次第! いやぁこんな所で奇遇ですな――どうですお茶でも。よい甘味場を知っているのですが」
「――どこへ行くつもりなの? この先は此岸ノ辺の中心部だけれど」
「あいやいや野暮用にてこの先に。ンッふっふ。いやしかしまっこと偶然とは恐ろしい限り」
 戯けた様子でカラカサはアレクシアへと言葉を投げかける――が。当然、偶々ではない。
 以前カラカサから投げられた依頼よりアレクシアは奴と会った事がある。その折から感じていた違和感……いや『気になる』気配を拭えなかった彼女はカラカサの事をあれから独自に調べていたのだ。
 放置しておくにはあまりにも嫌な気配であった。心がざわめき、焦燥を駆り立て。
 だからこそ奴の動きを察知できた。此岸ノ辺へと向かう――奴の動きを。
「街の人とかに色々聞いてみたんだよ――カラカサさんの事を。随分とあちこちに歩いてるみたいだね。それこそ豊穣の隅から隅まで……色んな人から目撃している話を聞けたんだ」
 耳に入った話はそれこそ『色々』であった。
 親切にしてもらえた――子供と遊んでもらえた――社の結界を強化してもらった――
 時折怪しげな様子を見た――外から訪れた神人様だと聞いてる――
 彼が訪れた後妙な妖怪が発生した――時々嫌な視線を感じた――
「随分と昔から、いるみたいだね」
「はぁ~……いやはやそう私を追って私を視ないでいただきたい。
 そんなに可愛らしい事をされると、つい『うっかり』しそうなのですから」
 瞬間。粘りつく様な、気持ちの悪い何かを感じる。
 それは――殺意? 悪意? 説明しがたい『何か』としか言えない感覚。
 以前出会った時よりも明確に。
 向けてくるこの感情は一体――?
「カラカサさんは」
 それでも、彼女は声を出す。
 逃げず退かず面と向かって。
「巫女姫の、味方をするの? 神人だと前は言ってたよね――」
「……ンッふっふ」
 ――風が吹いた。
 木々の葉を揺らし鳴らす秋の風だ。
 夜である故か酷く涼しい。それが首筋を撫で、耳を撫で、その鼓膜に奴の笑みを届かせる。
 顎をさするカラカサの――笑みを。
 神人。黄泉津言葉で、つまり『旅人』の事を指す言葉だ、が。
「いけませんな。やはりどうしても私の魂が蠢いてしまう。
 貴方達になど構わないで私はこの先にさっさと進むべきなのですが……」
 やはり戯言。そんな存在では決して無さそうだ。
 ――背後の『冥』の一人が鯉口を切った。
 殺意の波が溢れ始める。敵の数は多い――だがここで退く訳にはいかないのだ。
 この先には此岸ノ辺の社がある。つづり達がいる、中心部だ。
 奴らをそこへ到達させる訳にはいかない。奴らは確実にこの先で何かをするつもりだ――良くはない、何かを。巫女姫が行おうとしている『大呪』に呼応した動きである事は確かなのだろう。
 敵の数は多く、カラカサは未知数。
 しかし勝機が無い訳でもない。ローレットには援軍を既に要請していて、もう間もなく転送機能を用いて大陸側から此処へとやってくる筈なのだ。彼らと合流すれば今度はこちら側が逆転できる。それまではなんとしてもここで踏み耐える必要がある訳だが――

「何のために戦うのですかな?」

 と、ふと。
「首を突っ込まねばあと少しばかりでも生きられましょうに。
 好奇心は猫を殺しますが――逆に言えば好奇心を抱かねば生き永らえるは容易なのですよ」
「……何が言いたいの?」
「知らぬ事による幸福、手を伸ばさぬ事による利福を甘受出来ない輩は愚かと言う事です」
 嘲り笑う様にカラカサは紡ぐ。
 人を、他者を、誰かを救わんとするその姿勢を。面白がるように。
「天香・遮那の戯言も。巫女姫の秘めた執着も。巫女の片割れの想いも何もかも。
 知らねば欲さねば斯様な結果は生まなかった。
 誰ぞに突け入れられる隙は無く、穏やかに過ごせた筈だったのに」
 そうはならなかったのはお前達自身の『内』にある罪だ。
 せねばならぬという想いが自らを破滅へと追い込んだ。
 ――そして此処に至った『貴方達』も。
「要らぬ使命を抱いて、要らぬ破滅を背負い込んだ」
 この世の神に選ばれたこの世で最も愚かな生物よ。
 イレギュラーズよ。
「私の敵よ」
 その魂を――必ず折って差し上げよう。

●其が名は■■■■■(9/18日情報追記!!)
「ンッふふふ、ンッふふふふふふ」
 ――視た。
 カラカサは視た。敵を。敵の姿を。怨敵を。
 自らの魂が叫ぶ『者』達を。
 それはこの世界に住まう長命の者達。短命に在らぬ美しき種族。

 幻想種。

 スティア・エイル・ヴァークライト(p3p001034)
 リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)
 アレクシア・アトリー・アバークロンビー(p3p004630)

 あぁあぁいけませんねこれは。何故このような! この、この様な!
「今宵は魔種たる巫女姫の願いを叶えるべく馳せ参じた次第だというのに!!」
 もはや我慢など効かないではないか――!!
「カラカサ殿何を――む、ぐ、ぉ!?」
 瞬間。流石に不信を抱いた『冥』の者がカラカサに言葉を告げ。
 同時。その身が膨れ上がった。
 直後。起こるは皆々に。『冥』の者全てが苦悶し悲鳴と共に『変質』せんとしていて。
「何をッ――!?」
 誰かの叫び。しかしそれは『冥』の者の絶叫に掻き消され。
 ――誕生せしは幾つもの肉の塊達。最早人の身である事が辛うじて確認出来るにすぎぬ化物共。
 あれは、肉腫だ。
 僅かな隙間で戻れぬ領域へと『誰か』が彼らを変質させた。耐えきれずに死している者すらいて。
「ンッふふふふふふふふふふふンッふふふ」
 その、中で。
 一切の変わらぬ様子であるのはカラカサ一人。
 そうだ奴は変わってなどいない。ただ『抑えていた』だけで、徹頭徹尾『こう』なのだ。
 近くの樹に手を載せれば、そこから侵食する肉腫の力――まさか。今ここで新たな肉腫を創り出すとでも――
 そして。蠢く感情を隠そうともせず向けてくる視線は。
「私はずっと待っていた」
 イレギュラーズ達を捉えていて。
「私はずっと待っていた。私はずっと待っていた。
 私は貴様ら幻想種の怖れ。恐れ。畏れ。人間共の俗欲より生まれ落ちしこの世の病。
 私はお前達を滅ぼす為に生まれた存在――あぁあ天よ!」
 張り裂ける様に叫ぶ様は正に狂気の極致。
 滅べ滅べ何もかも。私はその為に生まれたのだ。私はそれを成す為に生まれたのだ。
 ――生まれたその瞬間から周りのモノ全てが疎ましかった。
「私の名は」
 知れ。清浄なる正しき塵屑共よ。
 私の名は――ザントマン。

 ガイアキャンサー・セバストス・ザントマン。

 お前達を地獄に送って差し上げる。

GMコメント

■勝利条件
 1:敵勢力の撃退。
 2:援軍到着(シナリオ開始後20~30ターン)までカラカサを突破させない事。

 どちらかを達成してください。

■戦場
 此岸ノ辺。その一角です。
 此岸ノ辺は巫女であるつづりが管理する地であり、現在はイレギュラーズ達のカムイグラへの転送拠点としても活用されています。また、神秘的な加護のある地とも……そんな場所が破壊されればどんな悪影響が発生するか分かりません。

 此岸ノ辺の社へと続く道の一つで戦闘と成ります。
 道が作られている所から少し外れると林地帯に入ります。時刻は夜。満月が出ているので木々の深い場所に入らない限りは視界に問題は無いでしょう。

 周囲にはなぜか動物の類が一切いません。
 彼らは何をどうして恐れたのでしょうか――?

■カラカサ(9/18日情報更新!!)
 自らの事を『神人』であると言っていましたが、今回明確な悪意と共に此岸ノ辺に侵攻してきました。

 その正体は【ガイアキャンサー・ザントマン】

 かつて砂の都で幻想種を奴隷として売りさばいていた【本人】です。
 元々ザントマンとは『幻想種を攫う商人達の総称』であり特定の一個人の事ではなかったのですが、幻想種達の恐れが募った結果『ザントマン』という存在しない一個人の御伽噺が創り出され概念となりました。その概念から誕生したのがガイアキャンサー・ザントマンです。
 御伽噺の経緯から幻想種への異常な執着が魂の根底に存在しています。

 純正の更に一つ上である【膠窈(セバストス)】の階級を持ちます。(詳細は後述)
 能力は未だ不明な点が多いながら、神秘系の中~後衛タイプかと思われます!

■『冥』×15→【12に変更!】(9/18日情報更新!!)
 七扇の一部のみが知る暗部の部隊です。
 天香家の――特に権力者たる長胤に忠誠を誓っている者達で、彼に協力する者達の手足ともなっています。現在はカラカサに従っている模様。
 基本的に刀を用いますが、クナイ等による中距離戦も可能な様です。

 カラカサ(ザントマン)の影響によりその全てが重度の複製肉腫へと変質しました! 一部が耐えきれずに死亡し、生き残った者は攻撃性能・耐久性能が強化され、防御性能・連携面が低下している様です!

■純正肉腫×1(9/18日情報追加!!)
 近場に在った大樹を変質させて創り出しているオリジン・ガストラフェテス(弓兵)
 シナリオ開始後7ターン開始時点から参戦してきます。これまでの間にダメージを入れる事も可能です。機動力は非常に低いですが、恐ろしい攻撃連射性能(EXA)を持ちます。
 生えている枝を矢の様に無数に飛ばしてくるようです。
 この矢は【出血、流血、失血、足止、泥沼、呪い】の内いずれか、もしくは複数の属性をランダムに持ち、射出されます。

■膠窈肉腫(セバストス)
 膠窈種は純正肉腫に原罪の呼び声がへばり付く、もしくは複製肉腫が【反転】した際に誕生する事がある特殊種族です。純正よりも強力な感染力を持ち更に【純正肉腫(オリジン)の誕生を誘発させる】能力を持ちます。
 反転を伴う経緯であるので肉腫の特性に加え呼び声の性質も持ちますが、あくまでも肉腫の異常進化形態であり、純粋な魔種と同一という訳ではありません。呼び声の伝染力に関しては魔種の方が圧倒的に上です。

 純正がこの段階に至るのは非常に稀であり、ほぼありません。複製から発生する確率の方が高いです。ちなみに複製でこの段階に至った者がいた場合、もう助かりません。

●情報精度(9/18日情報更新!!)
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●Danger! 捕虜判定について
 このシナリオでは、結果によって敵味方が捕虜になることがあります。
 PCが捕虜になる場合は『巫女姫一派に拉致』される形で【不明】状態となり、味方NPCが捕虜になる場合は同様の状態となります。
 敵側を捕虜にとった場合は『中務省預かり』として処理されます。

●備考(9/18日情報更新!!)
・当シナリオでは依頼の成否、もしくは此岸ノ辺へのダメージによって、此岸ノ辺に様々な影響が出る場合があります。

・当シナリオでは、ある『特定の種族』の参加者が『三名』を超えていた場合OPと情報に追加が発生する可能性があります。追加がある場合18日一杯までに発生します。
 →確定しました! これ以上の追加情報はありません!!

・当シナリオの捕虜判定は幻想種のみに出る訳ではありません。

  • <傾月の京>屍山血河Lv:20以上相談期間中
  • GM名茶零四
  • 種別EX
  • 難易度HARD
  • 出発日時2020年09月24日 23時59分
  • 参加人数10/10人
  • 相談7日
  • 参加費150RC

このシナリオの参加人数はすでに定員に達しています!

参加者一覧(10人)

夢見 ルル家(p3p000016)
不揃いな星辰
コラバポス 夏子(p3p000808)
鬨の声
イリス・アトラクトス(p3p000883)
光鱗の姫
スティア・エイル・ヴァークライト(p3p001034)
リインカーネーション
ウィリアム・M・アステリズム(p3p001243)
神威の星
リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)
春告げの
アレクシア・アトリー・アバークロンビー(p3p004630)
希望の蒼穹
ルクト・ナード(p3p007354)
TACネーム:「ハンター」
マッチョ ☆ プリン(p3p008503)
プリンを見るたび思い出せ
バスティス・ナイア(p3p008666)
猫神様の気まぐれ

相談掲示板

[2020-09-18 18:47:19]
・成功条件2
タンク多め、ヒーラー多め、ネームドボスが味方に執心、と状況的にはこっちのほうが確かに良さそうだね。了解です。
構成的には火力が不安っていうことだし、豊富な回復とAP回復・BS解除が確保できてターゲットコントロールを見込めるって言うワケだ。
構成の利点と不安要素を加味しながら詰めていきましょー。

・オリジン・ガストラフェテス
7ターン目より戦闘に加わる強敵。豊富なBS付き連続攻撃が厭らしい
7ターン開始まで反撃の心配なく殴れるとのこと、火力が難がある構成である以上倒しきれなかったら若干辛い展開になるかな。
BS回復手段が豊富にある以上参戦まで手出しせず、その間に他の敵戦力を削る事を優先した方が戦場全体の安定性は取れそう。

・複製肉腫・冥×12
刀とクナイを装備したアサシン集団。近・中距離主体の敵。複製肉腫化。
攻撃性能・耐久性能が強化され、防御性能・連携面が低下している。
数は減ったけれど全体的に強化されてると見て良い感じ、6ターン終了までに頑張って減らしておきたい相手だね。

・ガイアキャンサー・ザントマン
7ターンまで動かない。と記載がないために動くと考えたほうが良いと思う。わからない場合は最悪を想定。
やる気みなぎらせちゃってるから遠距離からバシバシ攻撃飛んできそう。怖い。
その上、ルル家ちゃんの言うように【疫病】【癌】みたいな見慣れないBSを使ってきそう。口調と同じように厭らしい。
[2020-09-18 13:18:48]
突破させない、が目的であれば数を減らすのが道理だろう。……敵の数が多い限りは防衛するのも困難だしな。
膠窈肉腫……だったか?になる可能性は『冥』の方が高いのだろう?
そこから連鎖的に純正が増えたりでもしたらさらに厄介になると思う。
……以上の点から、私は『冥』から叩くべきだと思っているが、どうだろうか。

ザントマンは……念のため最初から動く可能性を考慮した方がいいだろうな。
[2020-09-18 12:32:22]
>成功条件
2:援軍到着までカラカサを突破させない事に賛成かな
メンバーを見た感じだと攻撃性能より、耐久力や継続戦向きって感じだから
後は立ち回りにもよるとは思うけどOP読んだ感じだと幻想種が手の届く範囲にいるなら優先してきそうとは思った!

>BS解除
基本的にクェーサーアナライズ頼りで良いんじゃないかなって思ったかな
というのも相手が鬼道持ちのスキルがない限りは8人が5割以上の確率でBSに抵抗できるから

>戦闘
とりあえず7ターン目までは冥の数を減らすことを優先したいかな
ここで冥の数をどれだけ削れるかがキーになりそうだしね

ちなみに純正肉腫(オリジン・ガストラフェテス)って7ターン開始後から参戦ってことだし、序盤は膠窈肉腫(ザントマン)が生成してる最中じゃないかな?
だから私は二人とも7ターン目から動いてくると思ったよ!
幻想種3人もいたから張り切っちゃったのかな……

>ザントマンの能力
眠らせることはできそうな気がするよね
後はガイアキャンサーだし、ルル家さんが言ってるように癌は使ってきそうだね

私、アレクシアさん、リースリットさんあたりはそこそこ狙われるのかな?
私はおそらくヒーラーとして立ち回った方が良さそうな気がするし、狙われた方がお得なんだけど!前の方でアピールとかしてみるかな?

[2020-09-18 11:19:43]
・膠窈肉腫(ザントマン)×1
こっちは普通に最初から動いてくると思っています。
純正肉腫を生成するのに動けない可能性もなくはないですが…。

いずれにしても倒す事は相当に厳しい相手だと思います。
とは言え無視するのはかなり危険な気はするので、最低限好き勝手やらせない程度に手は割く必要があるかなと思います。

予測されるのは【疫病】【癌】あたりの使用でしょうか。
【癌】に関してはかつて同GM様の過去シナリオで登場した「ガイアキャンサー」なる魔物が使用した特殊なBSで、効果は下記の通りです。
(付与されると「付与された次のターン」からEXF判定が必ず失敗し「自然消滅」時に対象を必ず戦闘不能状態にする。また戦闘不能状態になった時、ガイアキャンサーが戦場に一体増える。)

登場依頼は下記
https://rev1.reversion.jp/scenario/detail/2174
[2020-09-18 11:18:48]
>敵戦力について
・『冥』(複製肉腫)×12
防御性能(たぶん防技、抵抗、回避)が減っているものの、耐久値(たぶんHP)と火力が高まっています。
総合耐久値はそこまで大きく下がっていないであろう一方で、BSとかは効きやすくなっている可能性がありますね。
いずれにしてもこいつらの数を早々に減らしていかないと耐えきれないかなと思っています。

・純正肉腫(オリジン・ガストラフェテス)×1
7ターン開始まで動かないのはこっちという認識ですね。
超高EXAに加えて恐ろしい数のBSをばらまいてくる相手です。
7ターンまでに倒したい気持ちもありますが、BS解除(クェーサーアナライズ)が揃っていますのでBSは解除すればいいと割り切る事も可能かと思います。
7ターン開始までにコイツを倒すか、『冥』を倒すかは要相談ですね。
[2020-09-18 11:01:18]
>成功条件
2:援軍到着までカラカサを突破させない事
を目指すのに賛成です!

所感を言うと…ちょっと嫌な事も言いますがすいません。

まず火力的に素早く敵を殲滅するのが難しそう。
またどの程度倒せば敵が撤退するのかは正直よくわかりませんが、このような状況になったのでは敵が早期に撤退判断をする事はないと思っています。

なので敵を撃退するのはほぼ不可能かなと思っております。

他方、耐久戦ですが正直これも結構厳しいです。
敵の『冥』は数こそ減ったものの、総合火力としてはむしろかなり増したと考えて良いでしょう。
20ターンは耐えられると思いますが、30は難しそうってイメージです。
これは味方の耐久力が低いという話ではなく、敵の火力がめちゃくちゃ高いであろうという話です。

とはいえ、撃退よりはまだ目があるのでこちらを目指したい…と思っております。
援軍到着を早める手段があれば良いのですが…ちょっと思いつきませんね。
[2020-09-18 09:30:33]
>戦闘について
ザントマンは7T目まで動いてこないということなので、どちらの目標を採るにしても、ある意味ここまでがいちばん大事な局面だと思う。
この間にどこまで『冥』の戦力を削れるか、その後に備えた準備をできるかで、その後の楽さが変わってきそうという印象。
ザントマンが動き出してからはその分回復や守りに回さなきゃいけない手数が増えて、じわじわと押し切られやすくなっていく……という展開が予想できるので、ここまではやや攻撃的に立ち回っていくような感じが良さそうかなと(もちろん、必要な範囲の支援や防御は行うとして)。
ちなみに、動き出すまでザントマンを狙う必要はないと思ってるけど……どうだろう?

>ザントマンの能力について
分かってることが少ないけれど、この矢だけが能力とは思えないよね。
念のため、予測できる範囲で他の行動も警戒しながら戦ったほうが良さそう
一番可能性がありそうなのは、帝が眠ってるのにも関わってそうな眠りに関する能力かな?
[2020-09-18 09:28:01]
さて、揃ってるようだしこのまま相談もはじめましょうか!

まず決めなきゃいけないことは、達成目標をどうするかというところだね。
 1:敵勢力の撃退。
 2:援軍到着(シナリオ開始後20~30ターン)までカラカサを突破させない事。
のどちらか。もちろん、「倒せそうなら倒す」ことを狙いつつ引き伸ばしながら戦うのもアリだと思うけど、基本はどちらかに主眼を絞った方がいいかなと思ってる。

そのうえで私は
2の【援軍到着(シナリオ開始後20~30ターン)までカラカサを突破させない事。】を目標にするのがいいかなと思ってる。理由としては、

・敵の能力が全体的に未知数であり、敵一体の討伐にどのくらい時間がかかりそうか全く読めない
・私たちのメンバーがどちらかといえば耐久寄りである
・最長で30Tの長期戦にほぼ不可欠なクェーサーアナライズを複数人が使える
・カラカサが正体を表したことで、私たち(主に幻想種)を無視して先に進む可能性が減ってそうなこと

といった辺りかな。
4つ目は希望的観測なところもあるけど、少なからず執着は出してくるとは思う。
[2020-09-18 09:27:26]
アレクシアだよ、どうぞよろしくね!

ザントマン……そうだろうという予感はあったけど、思ったより早く正体を表したね。
調査も特に妨害してこなかったし……最初から気付かれてもどうでもいいくらいに思ってたのかな。
本人の言葉をそのまま受け取るなら、ある意味私たち深緑の幻想種が生みだしたようなものだけど……ならなおさら、これ以上この国で好きにさせるわけにはいかない!
[2020-09-18 00:35:49]
……私は貴殿等のように強くはないが、できる限りをする。
…対象の数、情報精度に変更があったようだ。
さて、どこから叩く?
[2020-09-17 23:10:30]
こんな怪しい見た目の人中々見ませんね!
何を狙っているかはわかりませんが、喜ばしい事にはならないでしょうね!
宇宙警察忍者、夢見ルル家です!
よろしくお願いします!
[2020-09-17 23:08:23]
……交戦用意。B.E.O.1、ルクト・ナード。……遠距離物理型の攻撃機。だ。
……よろしく頼む。
[2020-09-17 22:40:45]
スティア・エイル・ヴァークライトだよ。
タンクヒーラーかな。
あれがカラカサ……何をしてくるのかわからないのは不気味だね。
何はともあれ、頑張ろうね。よろしくー!
[2020-09-17 21:28:34]
オレガマッチョ☆プリン!
再生型タンクダッ!


20〜30ターン以上持チコ耐エレバイイヨウダガ、情報制度C! 油断デキナイナ!
[2020-09-17 21:21:01]
ウィリアム、魔術師だ。
近~中距離メインの神秘型、回復もできる、って感じだ。

……どうにも、イヤな感じがする相手だ。
追加の情報も気になる。気を付けて行こう。
[2020-09-17 21:18:01]
あれが噂のカラカサですか。
確かに……ただものではない……ですね。

リースリットと申します。
宜しくお願い致します。
[2020-09-17 21:14:03]
なーんとも嫌な感じの満月だね。
どもー、バスティスだよ。ヒーラーやってます。よろしくね。
[2020-09-17 21:12:06]
此岸ノ辺を守りきらないと今後に支障が出るし、
カラカサさんは凄まじく怪しいしで大変ね……。
イリスです。よろしくお願いします。
耐久寄りの前衛ね。
[2020-09-17 21:11:09]
お初の方ははじめま 見慣れた人はお久かた
夏子 コラバポス夏子 雑魚向けタンクで切った張ったしてる
こりゃあ正しく正念場ってヤツだ となりゃあ我々のすることも決まってる
頼りになる人多くてホント 心強いよ よろしくよろしくよろしくね~
運営
[2020-09-16 21:05:06]
シナリオ[<傾月の京>屍山血河]の相談掲示板です。参加者はこちらに書き込んで打ち合わせをしてください。

PAGETOPPAGEBOTTOM