PandoraPartyProject

ハロルド
Harold

パンドラ
78
ID p3p004465
種族 ウォーカー Lv 54
クラス エスプリ
誕生日 1/16 性別 男性
身長 大柄 年齢 Unknown
髪色 体型 隆々
肌色 普通 目の色
特徴(外見) 【鋭利な目】 【つり目】 【三白眼】 【短髪】 【引き締まった体】
特徴(内面) 【超強気】 【クール】 【バトル中毒】 【律儀】 【アウトロー】
一人称 二人称 アンタ/名字
口調 だ、だな、だろう、なのか?
正義 憤怒
弱点 愚鈍/不適合
経歴
異世界からやって来た
ギフト名 聖剣リーゼロット
ギフト詳細 聖女がハロルドのために命を捧げて完成させた聖剣。

敵を閉じ込め殲滅するための結界を張る能力を有していたが弱体化しており、現在は「音と匂いが外に漏れなくなる最大半径50mの結界を張る」能力となっている。
イラスト
セキュリティ
ウォーカー (詳細 + マニュアルの共通を参照)
元・日本人。基本的な身体的特徴も日本人のそれに準じる。

擬似的な不老不死。病気では死なず、外見年齢・身体能力ともに25歳のものから衰えることがない。

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+334
334
鉄帝 0
+185
185
天義 0
+57
57
海洋 0
+119
119
練達 0
+81
81
傭兵 0
+69
69
深緑 0
+63
63
境界 0
+48
48
豊穣 0
+171
171
覇竜 0
0
0
プロフィール公認設定一覧
ウィツィロの守護を最優先とするため、ローレットの依頼を受けることはなくなり、ウィツィロの外へ出ることも ほとんどなくなった。
ウィツィロ、そして勇者王に関する一連の事件に解決の兆しが見えたことで、それまで棚上げになっていたハロルドの立場とウィツィロ新開発地区の扱いが指摘され始め、幻想貴族間のウィツィロに対する動きの変化といった諸問題も噴出し始めた。

いつの間にか上に立つ者として大勢の命を預かる立場となっていたハロルドには、彼らを守る義務がある。

最終的にハロルドはサニーサイド・ウィツィロの家臣となって新開発地区を献上することを宣言。自身の立場を明確にしつつ、サニーサイドの味方となって彼女を守り、貴族としての地位を安定させることで、ひいては旧ハロルド領民たちを守ることにした。

奇妙な道程の末、彼の旅は終わりを迎えたのだ。
フィジカル 34
メンタル 3
テクニック 40
キャパシティ 64
STP 2
SP 13
成長 バランス型
経験値 36268/14940
HP 7730 AP 3394
物理攻撃力 186 神秘攻撃力 52 EXF 31
防御技術 32 特殊抵抗 29 EXA 14
命中 20 回避 28 クリティカル 6
反応 38 機動力 5 ファンブル 10
スキル名 基本 消費 威力 命中 CT FB その他
-----
-----
-----
-----
------
------
------
------
------
------
------
------

スキル・コレクション

CP: 0 / 64

装備 コレクション
アイコン 名前








ギルド
物騒な事務所
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM