PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

大号令発布につきII


「それにしても……大した騒ぎだな。
 分かってはいたが、余程『溜まっていた』と見える。
 まるでお祭り騒ぎと言う他はない」
 肩でコートを着こなす流麗な男が久方振りに眺めるリッツパークの風景はやはり出色のものだった。
 エルネスト・アトラクトス――光鱗のアトラクトス、その族長は、諸島部の拠点を中心にスティールベイン号を駆る自称貿易商。彼は勢力圏の貴族と結びつき、『持ちつ持たれつ』の関係を構築する――所謂『まっとうでない有力商人』の一人である。
「きひひひっ、まぁ、盛り上がってるのが一番じゃなイ?
 フィフィ、退屈なのが一番嫌い! だからこれは大歓迎!」
 まっとうでないと言えばもう一人。
 時には商売敵、時には協力者――一概には言えない難しい関係だがエルネストが今夜出会った顔馴染みの一人目は、海洋を拠点に活動するギャング集団《ワダツミ》の構成員――あどけないとも呼べる外見や口調を時に裏切るフィフィである。
「花火とか上がらないかなぁ。モットモット――断然盛り上がれば楽しいのにネ!
 夏のお祭りに負けないくらい、モットモット。いいんじゃない? そういうのサ!」
「まぁ、女王陛下があれだけ派手にぶち上げれば少しは――な。
 溜まった鬱憤も手伝えば、まるで真冬に始まるサマーフェスティバルのようなものにもなる」
 面倒な相手に絡まれてもエルネストは冷静沈着である。
 そんな彼の言葉に「全くである」と頷いたのは鳥頭に眼帯をつけたクマタカの軍人――『赫嵐』ファクル・シャルラハだった。海洋ギャングのフィフィは軍人の登場に少しだけ逡巡した調子を見せたが『面白い』のでニヤニヤしている事にした。
「大号令が出た以上は――既に事は始まっているのだろう?
 入用なのは武器か、燃料か、それとも資材か?」
「商機に抜け目が無いであるな。だが、生憎と『すぐ』にはならないのである。
 我が国が複雑な政治事情、絶妙な統治システムの下に成り立っているのは知っての通りである。
 女王陛下の意向、諸貴族方の意見をすり合わせ……うむ。
 一致して初めて大きな『船』は動きだそうというもの、である」
 貿易を営むエルネストにとって、情報は時に黄金にも勝る宝であり、命を救う武器にもなる。
 元・冒険者というやくざな出自も今は昔、咳払いと共に海洋王国の正規軍人面をする古馴染みのファクルにエルネストは無言のままで肩を竦めた。一応は海洋王国貴族ソルベ派に属するファクルではあるのだが、実際の所、上役の演じる複雑な政治劇場には余り興味が無いのであった。目の前にぶら下げられた餌(ぼうけん)は至極魅力的であり、かのローレット、特異運命座標達を味方につけらえる今回こそは、と。悲願達成の時を待ち望むのは彼ならずとも皆同じであると言えるだろう。
(考えてみれば――カイトと共に海に出るかも知れないのか)
 今はローレットに属する息子には漁師であると身分を偽ってきたのだが、親が居なくても子は育つもの。
 男子三日会わざれば刮目して見よとはよく言ったものだ。ファクルは、特異運命座標としての活動で名声を高める彼は、もう保護対象ではなく、共に轡を並べて挑戦に向かう戦士であるのかも知れない、そう思った。
 さて、そんな彼が目頭を熱くする息子の成長はさて置いて。
「余り民間人に余計な話をするんじゃない。まぁ、そこまで口煩く監督する心算は無いがな」
 ファクルの傍ら――というより視線を下に下げれば威厳を纏った一頭のアザラシが些かわざとらしい咳払いを見せていた。
 一見可愛らしくコミカルにも見える彼――ゼニガタ・D・デルモンテは海洋王国で大佐の軍籍を持つ高級士官だ。敬礼をしたファくるより階級は上で――かつてはその背中のアームストロング砲から放つ煉獄カツオ玉で王家に仇なす者を尽く討滅したという伝説を持つ……まぁ、そんな事はどうでもいいのだが、兎に角歴戦の上司である。
 余談ながらローレットに息子(カイト)を預けるファクルと同じく、このゼニガタも実は家出した息子(ワモン)は今まさにローレットの世話になっていたりする。厳しい顔をして息子に溺愛を注ぐ彼の悩みの種と言えばそこなのだが……閑話休題。
「稼がせてはやるが、おかしな動きは控える事だ。軍部も上もそれなりに神経を尖らせているのだ」
「分かっている。これでも信義則には忠実な方なのでな」
 エルネストの答えにゼニガタは小さく頷いた。
 そして新造の軍艦の為の装備の調達をここで密かに彼に伝える。
 海軍大佐にとっても見知った有力商人は些かイリーガルながら便利な存在になるという事だ。
 とはいえ……
「実際、かなりリッツパークは浮足立っているな。
 まるでもう外洋を征服したかのような――成功を疑っていない雰囲気だ。
 こんな前夜祭は悪くはないが、少なくとも我々は気を引き締めていかねばなるまいな」
 嘆息したゼニガタはそれ自体を嫌ってはいない。
 しかし乱痴気騒ぎが起きれば街中の治安が悪くなるのも当然だ。
 エルネストのような海千山千も、何処の馬の骨とも知れない者も次々と顔を出すだろう。
 中には悪心を抱く者が居ないとも限らないのだから、彼等軍人の勤めは特に重要になる時期であった。
「そうだよねェ。これぞ海洋! っていうカラっとした夏の海みたいな雰囲気、空気!
 潮の香りが漂うお気楽な冒険浪漫は最高だけど、何が起きるか分からないからねェ」
 エルネストとファクルが突然掛けられた声に振り向いて視線を向ければそこにはグレーの髪を縛り、見事な髭をたくわえた中年の男が立っていた。顔を酒気に赤らめた彼は笑顔で、全く今の街に相応しい酔客にしか見えなかったのだが……
「貴殿は? 見た記憶のない顔だが」
「吾輩か? 吾輩はこの大いなる海を股にかける大海賊(ドレイク)なり!
 ……あ、信じてないねェ。ま、兎に角海賊なのは本当ね。
 海洋王国大号令って言ったら一生に何度のイベントじゃない。
 それじゃ顔出さないも嘘でしょって、こうして物見遊山か、観光か、道に迷ったか。
 ま、勿論。お仕事の一つもあれば一番なんだろうけどね!」
「何だ、おじさんも迷子って訳だネ!」
 フィフィがその独特な笑いで場を茶化す。
 ……立板に水を流すかのような口上は何処までも胡散臭かった。
 何処まで本当かは知れないが、確かに彼は海賊衣装を身に纏い、片手は義手の有様である。
 ファクルは酔っ払いの戯言に溜息を吐き、エルネストは値踏みをするように見ない顔を見つめていた。
(やっぱり知らない顔だヨ。ワダツミのネットワークに『無い』なんて。余程の雑魚か、それとも)
 目を細めたフィフィの内心を知らず、酔っ払いは実に友好的な調子で喋り続けている。
「いやあ、失敬失敬! 海洋王国軍に名を轟かせるゼニガタ大佐、それにファクル少佐を見たもんでねェ。
 是非、一度位はご挨拶と――まぁ、酔っ払いのやる事だから適当に許して頂戴な!
 吾輩も実に、実に楽しみにしておるのだよ。此度の大号令は『何処まで』やるか――
 大海の片隅でほんの細やかな海賊行為で生業を立てる吾輩だ。
 今をときめく特異運命座標(アイドル)の顔を見た事も無い故ね!」
 自称海賊の長広舌は止まらない。
 露天で買ったらしいエールをぐいと呷って相変わらずご機嫌そのものだ。
「……」
「……………」
 エルネストとファクルは顔を見合わせた。
 大っぴらに『海賊』を名乗られても立ち所に逮捕の対象にならないのが海洋王国である。まさか官憲に捕まるような事をしでかす『悪党』(海賊とイコールにはならないのだ)は軍人に話しかけたりはすまい、とそう考えておく事にする。
「おじさん、本当に大丈夫?」
 呆れ顔のフィフィに千鳥足の海賊は「お構いなく!」と手を挙げた。
「いやあ、良い夜を! 海洋王国万歳! 大号令万歳! さあ、あの海よ我を待て!」
 一人で出来上がって一人で去っていく。全く自己完結し過ぎている。
 そんな海賊の背を見つめながら唯一人無言のゼニガタは、しかし少しだけ難しい顔をしていた。
(俺の背後を取っただと……?)
 微塵も感じなかったその気配に覚えたのは微かな違和感。
 そんな些細な出来事がリッツパークの夜に解けて消えるのに然したる時間はかからなかったのだが――


※海洋王国首都リッツパークは王国大号令の噂で持ちきりです!

トピックス

→街角(コルクボード)利用のガイドライン

[2019-11-14 03:24:04]
おやすみ、だ。マリアも、行くとしよう
[2019-11-14 03:03:58]
各自おやすみなさい、である。
[2019-11-14 03:03:34]
(同居人が伸び上がって顎に猫パンチを叩き込んだ後、シャーッ!と怒りの声を上げた)
お節介、だろうか…会話内容を情報として記録…おやすみなさい、である。>クロバ

本機も同居人より叱責を受けたので戻る、である
[2019-11-14 02:54:22]
クロバも、おやすみ、だ
[2019-11-14 02:50:03]
……俺が言えた話ではないとは思うが、今の君ならもっと違う在り方を見つけられると思う。
兵器としてだけじゃなく、ね。まぁいう所のお節介というものだけどね。>シフト

さて、俺もそろそろ行くとするよ。おやすみ。
[2019-11-14 02:46:54]
肯定。しかし、困る事では無い。本機は殺戮で全てを均すために作られた物、である。必要時に本機が機能するならば、それでよい。である。>クロバ
[2019-11-14 02:40:34]
去る者は、おやすみなさい、である。
[2019-11-14 02:39:46]
お疲れ様だな。
[2019-11-14 02:39:30]
まぁ深くは語らないけど、そういう存在だからな……。>エクスマリア

そうか……親の情報は記録されていなかったか。>シフト
[2019-11-14 02:37:37]
遅い時間だし…今日は戻るね。
またね。(夜闇に消え)
[2019-11-14 02:36:43]
シフト、だな。エクスマリア=カリブルヌス、だ。よろしく、頼む
[2019-11-14 02:31:37]
君とは、初めまして。である。本機はシフト・シフター・シフティング、同居人と共によろしく。である。>エクスマリア
[2019-11-14 02:29:15]
去る者は、おやすみなさい。である。

なるほど。親。親…は、本機の記録を検索……該当無し。である。記録を開始した時より単独だったようだ。>クロバ
[2019-11-14 02:27:57]
ああ、おやすみ、だ。>シエラ

今日は、どこの神の信仰、だ?>青雀

ふむ。そうまで拒否するほど、か>クロバ
[2019-11-14 02:23:21]
…アイレベルの差を修正するため立位より座位に移行、である。(その場で正座した) これで少しは良くなる、筈である。如何か?
[2019-11-14 02:23:00]
お疲れさま。>シエラさん
[2019-11-14 02:22:46]
あぁ、お休みだなシエラ。
[2019-11-14 02:22:28]
……いや、そこまで込み入った話ではないよ。
親っていう存在について話していたのさ。ちなみに、君の親と呼べる存在はどうだったんだ?>シフト
[2019-11-14 02:21:47]
こんばんは>青雀さん

何はともあれ皆さんは家庭をもつ権利くらいはありますよ、期待していますね(少しフフっと笑い)

私はそろそろ睡眠を摂取するのです、おやすみなさい、皆さん(ふらふら~っと帰り
[2019-11-14 02:19:51]
……いや、悪いが冗談でも”アレ”を親だとは思いたくはないかな。
出来ることなら今すぐにでも元の世界に戻ってこの手で殺してやりたいくらいだよ。>エクスマリア

機能追加変更、説明変更のお知らせ

2019年11月10日

本日以下の機能を追加変更、説明の変更を行いました。

・『参加・注文状況・履歴・FL』ページに検索機能を追加

・所持アイテムの検索時、並び順を『値段高い順』『値段安い順』にした際に販売価格ではなく売却価格で並べるよう修正(デザイアによる追加売却価格は考慮しません)

・ローレットTOP以下のシナリオ説明を変更

 以上、宜しくお願いいたします。

アイテム検索の機能追加につきまして

2019年11月04日

 本日『公式ショップ』『ギルドショップ』『所持アイテム』に、補正パラメータ・追加効果による検索機能を追加しました。

 以上、宜しくお願いいたします。

レベルキャップ解放につきまして

2019年11月03日

 本日、レベルキャップを解放し、獲得経験値増加を行いました。

・レベルキャップを26→27に上昇しました。

・闘技場レベルアップ可能レベルを23→24に上昇しました。

・基礎獲得経験値を520→550に上昇しました。

 以上、宜しくお願いいたします。

バランス調整実施につきまして

2019年10月28日

 本日、以下のゲーム調整を行いました。

・スキル『一気呵成』『底力』『攻め達磨』『逆転魔術』を強化しました。

・BS『火炎』『毒』を強化し、『業炎』『炎獄』及び『猛毒』『致死毒』の固定ダメージを上昇し、%ダメージを低下しました。(固定+%ダメージの調整は、対象のHPが極端に高い場合は総ダメージが低下し、そうでない場合は上昇します)

・BS『出血』『流血』『失血』、『窒息』『苦鳴』『懊悩』の効果量を上昇しました。

・BS『ショック』『感電』、『崩れ』『体勢不利』の効果量を低下しました。

・BS『凍結』『氷結』『氷漬』、『足止』『泥沼』『停滞』の効果を変更及び効果量を調整しました。

・BS『不吉』『不運』『魔凶』の効果量を低下しました。

・BS『致命』に防技-10、抵抗-10の効果を追加しました。

・BS『暗闇』の効果量を上昇しました。

・スキル効果『Mアタック』によりAPが0を下回った時に受けるダメージが2倍→4倍になりました。

・スキル効果『喪失』のダメージを200→300に上昇しました。

・スキル効果『虚無X』のダメージ計算式が100000X/最大AP値→150000X/最大AP値となり、最大ダメージが200X→300Xとなりました。(威力が1・5倍になりました)

 詳しくはマニュアルのスキル用語をご確認下さい。

 以上、よろしくお願いいたします。

バランス調整の検討につきまして

2019年10月27日

 現在、一部スキル効果、BS効果等を中心にバランス調整の実施を検討しております。

 現在検討している主な点は以下となります。

・スキル効果MアタックをAP0以下で受けた時の発生ダメージ量の上方修正(増加)

・一部BS効果の効果量増加

・HP100%時に効果を発揮するパッシヴスキルの効果量上方修正(増加)

・その他諸調整

 告知は10/27現在の検討事項となります。

 上記修正に加えて修正がある場合があります。また上記修正が行われない場合もあります。

 以上、宜しくお願いいたします。

ライブノベルに特殊ドロップ『境界』を適用しました

2019年10月26日

ライブノベル用の特殊ドロップ『境界』が、10/26日納品分から適用されました。

ライブノベルのリプレイ完成時のアイテムドロップが、ライブノベル限定ドロップアイテムになります。

現時点でノービス31種、レギュラー23種、ハイクオリティ7種、アーティファクト5種、レリック2種。更に抽選確率が以下となります

レリック:0・5%

アーティファクト:2%

ハイクオリティ:5%

レギュラー:25%

通常シナリオにつきましては、これまで通りとなります。

以上、よろしくお願い致します。

ハロウィンSD2019リクエスト期限につきまして

2019年10月25日

ハロウィンSD2019リクエスト期限につきまして

「発注期限を過ぎています」の記載が出てリクエスト出来ない状態となっておりました。

現在は解消されております。

お客様にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

ライブノベル名声値取得量の変更につきまして

2019年10月25日

ライブノベル名声値取得量の変更につきまして。

本日、ライブノベル取得名声を境界+3から+5に変更致しました。

変更に伴い、これまでの取得分につきましても同等となるよう加算致しました。

以上、宜しくお願いいたします。

スキル修正と調整につきまして

2019年10月19日

スキル修正と調整につきまして

 本日、以下のスキル修正とバランス調整を実施しました。

・既存アクティブスキル『魔哭剣』の『AP回復』を『吸収』に修正しました。

・既存アクティブスキル『ダークムーン』の消費APを+50、【識別】を付与し、バランスを調整しました。

 以上、宜しくお願いいたします。

スキル追加とバランス調整につきまして

2019年10月17日

 本日、以下のスキル追加とバランス調整を実施しました。

・新パッシブスキル『高速詠唱』を実装しました

・既存パッシブスキル『短縮構築』にHP-300、FB+1を付与し、バランスを調整しました。

 以上、宜しくお願いいたします。

PAGETOP