PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

Breakfast of Champions

 ――鉄帝国帝都スチールグラード。
 市街に堂々とそびえ立つ大闘技場ラド・バウの闘士控え室には、錚々たるメンバーが顔を揃えていた。
「イレギュラーズのA級昇格戦?」
「そ、始めに言っておくけれど、アタシは別に異論なんてないわよ」
 椅子を仰け反らせながら意見書をひらひらと振ったリーヌシュカ(p3n000124)に、ビッツ・ビネガー(p3n000095)が肩をすくめる。
「異論はないが、易々と通してやるつもりもない」
 ゲルツ・ゲブラー(p3n000131)の真面目くさった物言いに、ビッツは口元を手で隠し艶やかに笑った。
「珍しく会議だってのにチャンプはどこで油売ってんのかしら?」
「見回りだって」
 人というものには娯楽が必要だ。
 いかなる苦難が降り注いでさえ、逆境に喘いでさえ、泥濘に呑み込まれてさえ。
 絶望の渦中にあっても、希望という灯火を絶やさぬための力と言えよう。
 暴動と闘争に覆われ明日をも知れぬ分断された国土――事実上の内乱状態――にあって、更には厳冬が予測されているとも言う状態だ。ストレスのはけ口を今まで以上に求めるのも無理はない。
「寒い時にやるべきことは三つある!」
 アンドリュー・アームストロング(p3n000213)が力強く三本指を立てた。
「一に筋トレ!! 二に試合!!!」
 コンバルグ・コング(p3n000122)がウホウホと同意し、ウォロク・ウォンバット(p3n000125)は無言でマイケルを抱き上げた。
「三つ目は?」なんて誰も聞きはしない。そんな些細なことは、誰も覚えていやしないから。
「そっか、いいライブになりそうだね」
 パルス・パッション(p3n000070)はラド・バウきってのスターであり、広告塔だ。Bクラスというのは――もう少々の事情はあれど――そんな彼女が籍を置くクラスでもある。
 それはさておき、イレギュラーズはラド・バウ闘士としての戦績も華々しく、人気闘士も多い。既に多くのイレギュラーズがBクラスまでの昇格を果たしており、試合が待ち望まれている状況だった。専業の闘士ではないから、かならずしもBクラスに至っている訳ではないが、下位クラスにあっても人気が強い。
「あなたはいつまでここ(ラド・バウ)に居られるの?」
 ティセ・ティルマノフがリーヌシュカに水を向ける。
「すぐ戻るわ、部下を放っておけないし。軍務が山積みだもの。けど――」
 リーヌシュカ単身ならば早馬やバギー、バイクなどでこうした移動も出来るが、部隊毎という訳にはいかない。なにより彼女が率いる軽騎兵隊には守るべきものが沢山ある。
「けど?」
「ううん、何でもない」
 一同が椅子を立った頃、部屋の入り口に人影が姿を現した。
「客人だ」
 親指で外の方を示す、ガイウス・ガジェルド(p3n000047)の声だ。

 石造りの巨大な門の前に、軍帽を目深にかぶった二十名ほどの集団が現れた。
 Dクラス闘士達が鋭い視線を送る。
「……新皇帝派の軍人か」
 辺りに緊張が走った。
 警護にあたっていた闘士カールセルゲイが門の前へ仁王立ちで立ち塞がる。
「大闘技場ラド・バウへ何用か!?」
 だが、どうだろう。
「失礼した」
 新皇帝派の士官と思われる男が、軍徽章を外し上着のポケットへ仕舞ったではないか。
 男が敬礼すると、部下達もまた習った。
 それから男は人数分のチケット綴りを差し出す。
「ならば入られよ、ラド・バウの観客席は万人に開かれる」
 それだけは絶対に守られるべき平等な権利とでも言うかのように。

 ※大闘技場ラド・バウにて、イレギュラーズのA級昇格戦が開始されました。
 ※<大乱のヴィルベルヴィント>の各作戦が佳境にさしかかっています。
 ※二つの期間限定クエストの期限は、2022/12/08 24:00までです。


鉄帝動乱編派閥ギルド

これまでの鉄帝編アドラステイア

トピックス

トピックス

→街角(コルクボード)利用のガイドライン

→貸部屋(マイチャット)

[2022-12-07 06:25:10]
[2022-12-07 01:10:31]
今ノアレガ噂ノ…。
[2022-12-07 01:07:23]
誰もいない…通過するなら今のうち(コソコソ)
[2022-12-06 22:46:52]
……闘技場が300秒試合なら負けなしなのに。200秒って短くない?
[2022-12-06 22:43:01]
どんちき どんちき どんちき どんちき
[2022-12-06 13:10:24]
お疲れさま。通過するわね。
[2022-12-06 08:46:02]
おはっす!…ハァ…ハァ(朝ラン駆け抜けっす!
[2022-12-06 08:45:54]
ハァ…ハァ…朝っすよ!
[2022-12-06 07:15:14]
おはようござい魔ッ
遊楽伯、ついに立ち上がるか〜!?(興味津々に通過していく)
[2022-12-06 06:25:31]
[2022-12-06 01:27:08]
ふふふイレギュラーズから逃げられると思ったのかな?(すでに逃げられてる)
[2022-12-06 01:17:24]
誰もいない…通過するなら今のうち(コソコソ)
[2022-12-05 10:30:24]
おはっす!…ハァ…ハァ(朝ラン駆け抜けっす!
[2022-12-05 10:30:13]
ハァ…ハァ…朝っすよ!
[2022-12-05 10:05:51]
おはようござい魔ッ
幻想も激動の時かな(無慈悲な号外読みながら通過していく)
[2022-12-05 09:05:35]
おはよう。通過するわね。
[2022-12-05 06:24:08]
[2022-12-05 00:49:07]
そちらこそなー(飛んで離脱する)
[2022-12-05 00:48:40]
おうお疲れ。ゆっくり休みたまえよ。
[2022-12-05 00:47:10]
と、そろそろ寝ないとな…離脱することにするよ
[2022-12-05 00:46:46]
わかっているさ、いい人だと見えるやつが魔種だったり、明らかに魔種サイドみたいな異形な人がこっちサイドだったりするからな…
その鳥はお得意様になったらダメなやつでは?
[2022-12-05 00:45:50]
でもさぁ。俺が思うに(以下彼の独断と偏見に満ちた発言なのでカットされた)
[2022-12-05 00:45:06]
ああ。ちゃんと閑古鳥っていうお得意様もいるぞ。
へぇ、ROOは然程ノータッチだったが、向こうでかなり苦労したんだな。
しかし偏見は良く無いぞ。姿形が重要じゃないのはイレギュラーズなら嫌でもわかるだろ。
[2022-12-05 00:40:57]
雑貨屋だったのか?
いや、幻想種が恐ろしいのはROOの俺が破滅一歩手前の状況になったのが幻想種が原因だったからな…全員が全員危険な訳じゃないのはわかっているが…それでも初対面の幻想種には無意識に警戒してしまうようになったな…
[2022-12-05 00:38:50]
幻想種ってそんなに恐ろしかったか?むしろ温厚なイメージがあるが。
まあ区分で言えば人間の部類には入るな。あそこもゴタゴタがあったし。

失礼な。雑貨屋商人ぞ。
[2022-12-05 00:37:56]
君の本職て図書館のスタッフでは?
[2022-12-05 00:36:56]
いや道化は本職だよ。
[2022-12-05 00:35:54]
本気の演技と言われても本職じゃないからどうしてもボロが出るものよ…
人間の魔の手よりも幻想種の魔の手が有り得そうなのが怖いね…
[2022-12-05 00:34:17]
いや妖精郷はアレだよ。邪妖精がいなくなっても今度は人間の魔の手がきっと伸びるよ。
ちぇー、冗談だと思いやがって。俺の渾身の本気えんぎ だったんだけどなぁ。
[2022-12-05 00:32:02]
そうだな…軽い邪妖精退治で妖精に感謝される妖生を送りたいね
………また、世界さんが感情のジェットコースターになってる
[2022-12-05 00:31:00]
(表情から思ってることを察する)
サイズ……実は俺、お前の事を愛しているんだ。
[2022-12-05 00:30:22]
まあそんな感じに思って置いてくれると助かるぜ。
ホント、ヒリヒリした空気とは無縁なぬるま湯人生で生きていきたいね。
[2022-12-05 00:27:06]
(あの顔フラグかなと思っているだろうけど…ふふふ、もうこれ以上俺に好きです!という生き物は出てこないさ!モテ期は既に三回切ったからね、間違いない!)
あー前の世界で倒されてこの世界にきた感じなのか?
勝負事なんて無いのが一番だ
[2022-12-05 00:24:57]
具体的な説明は省くが前の世界とこの世界で2連敗だよ。
勝負事に限って言えば、そもそもそういう無茶はやらないからなんと無敗の王者だ。
[2022-12-05 00:22:45]
え、世界さんどこで二連敗を…深緑以外はそんなに詳しくないが…世界さんが負けてるところ見たことないや
[2022-12-05 00:20:58]
(お、フラグかな??)
[2022-12-05 00:20:37]
そんな事言ったら、俺だって2連敗ですよ!
[2022-12-05 00:20:21]
まあ、なにはともあれ、流石にこれ以上恋愛フラグは立たないさ…断言するさ
[2022-12-05 00:17:03]
妖精郷で肝心な時の戦績が2連敗の俺が主人公てどうなんだ…
[2022-12-05 00:16:06]
ラノベの主人公かな?
[2022-12-05 00:15:18]
というかもう一人相手つくったらメープルもハッピーさんも嫌が……メープルは気にしない、ハッピーさんは作ってもいいよーと好意的だったわ…(思い出しつつ)
[2022-12-05 00:13:18]
もう一人出来たらこの街角にある木の下に埋めてもらっても構わないよ、流石にもうそんな運命ないだろうしねー
[2022-12-05 00:11:09]
サイズ君はそのままでいいさ。もう一人相手を作ってみろ。
俺が旅人初の魔種になってやる。

レベルキャップ開放につきまして

2022年12月02日

 本日、レベルキャップを解放し、獲得経験値増加を行いました。

・レベルキャップを78→79に上昇しました。

・闘技場レベルアップ可能レベルを75→76に上昇しました。

・基礎獲得経験値を4200→4300に上昇しました。

・R.O.Oには変更はありません。

 以上、宜しくお願いいたします。

一部シナリオの公開日につきまして

2022年11月24日

 以下のシナリオにつきまして。運営都合上の理由により、リプレイ返却・公開は同日とさせて頂きます。

 『幸せの詩、本質の鎖』

 『繊月の影に』

 恐れ入りますがリプレイ公開まで、今暫くお待ちいただけますと幸いです。

シナリオ参加に対する「推薦」機能の実装につきまして

2022年11月21日

 本日、以下の機能が追加されました。

・シナリオ参加に対する他PCの「推薦(推薦キャラクターにシナリオ参加を要請出来る)」機能

 推薦機能は「参加費と予約費」を肩代わりし、他PCをシナリオ参加に「推薦」する事が出来ます。

 「推薦された側」は推薦を受諾した場合、無料でシナリオへの予約・通常参加が可能です。(ただし定員の定まっているリクエストシナリオや、「優先参加者のみ」が参加できる特殊なシナリオへの推薦は不可となります)EXプレイングが可能なシナリオでEXプレイングを追加した場合は「推薦された側」の費用負担となります。

 シナリオ返却時のリソースは全て「推薦された側」が取得します。

 ご友人などをお誘いする時などに、必要に応じてご利用ください。

 以上、よろしくお願いします。

キャラクター登録の名前入力における文字上限変更につきまして

2022年11月05日

 本日、キャラクター登録の際の名前入力につきまして以下の変更が行われました。

・「名」:漢字・かな・英数字、8文字まで 入力可能

・「ミドルネーム」と「姓」:漢字・かな・英数字、合わせて14文字まで 入力可能

 以上、よろしくお願いします。

クリスマスピンナップ2022もうすぐ始まります。

2022年11月03日

クリスマスピンナップ2022が11/4から準備ができ次第始まります。 よろしくお願いします。

レベルキャップの開放につきまして

2022年11月01日

 本日、レベルキャップを解放し、獲得経験値増加を行いました。

・レベルキャップを76→78に上昇しました。

・闘技場レベルアップ可能レベルを73→75に上昇しました。

・基礎獲得経験値を4000→4200に上昇しました。

・R.O.Oには変更はありません。

 以上、宜しくお願いいたします。

インボイス制度への対応予定とRC価格の改定につきまして

2022年11月01日

 平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

 弊社では長らくサービスクオリティを加速する為の強い開発・運営体制の構築、弊社サービスを維持するインフラストラクチャー面の価格高騰、海外サービス利用時における円安から生じるコストアップ、登録クリエイターの活動活発化の為の待遇改善に掛かる費用等、運営コスト増の問題を企業努力の下吸収して参りました。

 しかしながら現状のインフレーションの加速と、何より2023年10月以降に実施見込みとなっている『インボイス制度』との兼ね合いで、2023年1月1日よりRC価格の見直しをさせて頂く事となりました。

1.対象商品 RC

2.改定時期 2023年1月1日

3.改定内容 下記リストの通りとする

100RC (1150円)

200RC (2300円)

300RC (3450円)

500RC (5750円)

1000RC (11500円)

1500RC (17250円)

2000RC (23000円)

3000RC (34500円)

5000RC (57500円)

※本告知事項は実施前段階におきまして事前のご報告なく一部ないしは全部の変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

 つきましては、本件につきまして簡単な説明をさせて頂きたく存じます。

 インボイス制度とは非常に簡素な説明をするならば『これまで消費税納付を免税されていた売上高が1000万未満の事業者が消費税を払う必要が生じる可能性が産まれる制度』です。当然ながら『売上高が1000万未満の事業者』は個人事業者も含まれ、弊社に参画頂く多くのクリエイターが影響を免れない所と存じております。インボイス制度実施の是非については兎も角、本制度が適用となった場合、消費税納付分の金銭的問題、経理事務的な物理的な手間の問題、厳しいコストアップと言わざるを得なく、多くのクリエイターの活動に問題を生じる可能性は方々より指摘されている現状です。

 弊社ではこの問題に対応する為に以下の方策を実施予定です。

・登録クリエイターがインボイス申請をしていてもいなくても弊社が消費税を全額納付する

※管轄税務署のインボイス相談窓口にて相談した所、制度的にはそれで問題が無いとの事でした。

 インボイス制度は免税事業者となっていれば消費税を支払う義務はありませんが、弊社は全員を免税事業者として取り扱うという事です。

 本施策の実施理由ははクリエイター側の金銭的負担、事務的負担を軽減(免除)する目的と同時に、運営上、複雑な本制度に関してクリエイター側の理解を進める事と、全員全件に社会・法律的に適切な事務処理をつつがなく行う事は数百人、千人のクリエイターと非拘束的にお仕事をするPBWの性質上、難しいと考えているからです。上記は2022年現在の予定であり、これを未来永劫続けられるかどうかは全くの未定ですが、少なくとも本施策を適用した場合、当面の間は確実に『弊社での仕事に関してはインボイス制度の影響を全く考えなくて良い』状況となります。(弊社以外の業務で生じた売上については適法な行動が必要となります。各社の方針とご自身の状況をご確認下さい)

 しかしながらクリエイター保護に効果が認められると考えられる、上述のインボイス分負担を弊社側が承る場合、やはり多額のコストが必要となります。

 又、これに合わせ中長期的に弊社においては不足しがちな『シナリオコンテンツ』の増強を図る為、本価格改定を原資にGM(ゲームマスター)の待遇改善(報酬強化)を実施する予定でおります。

 本価格改定によりお客様にはご負担とご迷惑をおかけいたします分、今後とも環境を整備し、開発を加速させ、より一層のサービス向上に努めて参る所存です。

 何卒、ご理解ご了承いただけますようお願い申しあげます。

イベントシナリオへのNPC参加につきまして

2022年11月01日

 イベントシナリオにおけるNPC参加につきまして、今までは無制限イベントシナリオにだけNPCは参加出来ておりましたが

 本日、人数制限のあるイベントシナリオにも参加出来るようになりました。(今後、参加する可能性があります)

 NPCの参加時にはその分人数上限が自動的に上がるため、お客様の参加枠を圧迫することはございません。お気軽にお誘い下さい。

 以上、よろしくお願いします。

機能追加につきまして

2022年11月01日

 本日、以下の機能が追加されました。

・ワードが付与されているアイテムに対し、ワード表示をON/OFF出来る機能。

 「アイテム特殊化の申請」→「ワード表示のスイッチ」から変更が可能です。特殊化が出来ないアイテムでも、本機能は利用可能となります。

 以上、よろしくお願いします。

機能追加につきまして

2022年10月30日

 本日、以下の機能が追加されました。

・サウンドコンテンツ発注時において「非公開オプション」の実装。

 サウンドコンテンツの非公開オプションは「季節物商品」「複数人商品(サウンドリミックス(2人~))」「非公開前提商品(非公開用SEなど)」以外に使用する事が出来ます。

 非公開オプション付きで納品された場合、イラストと同様に、一度だけ公開状態にすることが可能です。

 公開状態にした商品を、もう一度非公開にする事は出来ませんのでご注意ください。

 以上、よろしくお願いします。

PAGETOPPAGEBOTTOM