PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

1 / 4

Wächter aus Stahl

 土煙をあげて迫る数台のジープ。乗り込んでいるのは帝国軍の兵達だ。
 リーク情報を元に先周りしていた解・憂炎(p3p010784)はそんな風景を腕を組んで見つめていた。
 彼が立っているのは、鉄帝国平野部へまっすぐに伸びる二つのレールの間。等間隔に並ぶ枕木のひとつに立ち、線路の前後を見やる。
「これは皆の……いや、国の未来を守る戦いだ」

 『麗帝』ヴェルスが『煉獄篇第三冠憤怒』バルナバスに敗れたことで始まったゼシュテル鉄帝国の動乱は、ひとつの段階を越えつつあった。
 それはバルナバス配下となった軍部の新皇帝派閥によって占領された帝国各地の主要駅、そして貿易の要ともなる不凍港ベネクトを奪還するという一大作戦が展開されたためである。
 中で鉄道の確保はこの大国を『攻略』する上で重要な意味を持っていた。
 帝都中央駅にして地下通路へと続くブランデン=グラード。
 西部の巨大鉄道都市ボーデクトン。
 列車砲の収められている巨大鉄道施設ゲヴィド・ウェスタン。
 古代遺跡を利用し未知なる技術を秘める北方の駅ルベン。
 加えて不凍港に併設されたベネクト駅。
 これらを手に入れるということは、広く、そして冷たい大地を強く高速で移動し大量の物資や人員を運ぶことの出来る鉄道を、東西南北へ自由に走らせることができるということだ。
 物流、兵站、その他あらゆる面において鉄道は戦略の要となりうる。
 当然それは軍部の新皇帝派閥も承知しているところであり、イレギュラーズによる駅奪還が叶えば逆に新皇帝派の大きな不利となるだろう。
 それを阻むべく新皇帝派グロース将軍が行ったのが各地の線路に対する散発的な破壊工作であった。
「そうはさせない!」
 走り出した憂炎は巨大な生ハム原木めいた鈍器(あるいはそのもの)を振りかざし、展開する新皇帝派の兵士達へと突進する。
 一人を殴り倒した所で、赤い稲妻が迸った。
 マリア・レイシス(p3p006685)による『砲撃』である。
 自らを弾丸とし放ったそれは、兵士の一人を吹き飛ばしジープへと激突させる。兵士はあまりの衝撃に戦意を喪失し、地面へへたりこんでしまった。
「この線路の上を、これから沢山の……希望となるものが走るんだ。邪魔はさせないよ!」
 そんなマリアたちに、散開した兵達がライフルを向ける。
 一斉射撃の合図と共に放たれた鉛玉の雨は――颯爽と現れ割り込んだガイアドニス(p3p010327)のボディによってすべて受け止められた。
「か弱いみんなが一生懸命に駅を取り戻そうと戦ってる。おねーさんが、護って上げなきゃね」
 全て命中したはずの弾は、ボタン状に潰れて地面へぱらぱらと落ちていく。
 そのことに驚いた兵達が別の攻撃手段に切り替えようと手を伸ばした、その時。
 ピンクの星型をした銃弾(?)が兵たちの腕を次々と撃った。
 はるか後方。建物の上から狙いを付ける襲・九郎(p3p010307)によるものだ。見るからに魔法少女と化した彼は可愛いピンクのライフルをリロードし、スコープを覗き込む。
「ったく、要所をとられそうになったからって交通インフラを壊して嫌がらせか? 鉄帝軍人というわりに、やることがセコいんだよ」

 負傷した兵士達は乗っていたジープを使って撤退していく。
「お疲れ様、ここもボウエイできたみたいだね!」
 そこへワイバーンにのったイグナート・エゴロヴィチ・レスキン(p3p002377)がやってきた。万一危なくなったときのためにと駆けつけてくれたようだが、どうやらその心配はなかったらしい。
 同行してきたマルコキアス・ゴモリー(p3p010903)が線路の様子を確認し、どこも破壊されていないことが分かると黙して頷いた。
「どうやら、南側の防衛にも成功しました。このまま巡回を続けるつもりですが……」
 そちらはどうしますか? と振り返ると郷田 京(p3p009529)がラフなスタイルで歩いてくるのが見える。
「アタシ? そーね、まだ暴れたりないって気分だし、別の候補も回ってみようかな」
 郷田たちイレギュラーズが受けていた依頼の内容は破壊工作の停止と妨害。鉄帝各地に伸びる無数の線路を全て巡回するには人員が不足しがちだが、ローレットはこういった各地に散っての臨機応変な行動というものが得意だった。なにせ元々、世界各地に散って活動している彼らなのだ。
 そして彼らの活躍によって、新皇帝派による鉄道破壊作戦はほぼ失敗に終わったのである。
「これで、安心して列車を走らせられるね。肝心の線路が壊れていたら仕方ないし……」
 刻見 雲雀(p3p010272)がそう言って振り返ると、遠くから蒸気機関による列車が走ってくるのが見えた。
 もうもうと黒い煙をあげて走るそれが、雲雀たちの前でとまる。
「よう、お疲れさん。乗ってくかい?」
 まるでヒッチハイカーを捕まえるみたいに先頭車両から顔を(というか仮面を)出したのは耀 英司(p3p009524)だった。
 ピッと二本指を立てる仕草で仲間達に挨拶を送る。手をかざしてこたえる雲雀。
「汽車運転なんてできたの?」
「ハハッ、まさか。護衛の仕事で乗り込んだだけだ」
 そう言って次に顔を出したのはブライアン・ブレイズ(p3p009563)だった。
 後ろからマグタレーナ・マトカ・マハロヴァ(p3p009452)が温かそうな格好で顔を見せる。
「帝国内に列車を走らせられるようになりましたけrど、モンスターや新皇帝派の軍がまだ線路や列車を狙う危険がありますから……」 「そういうこと。これからも継続的に保守警備する依頼がローレットに来てるんだよ」
「鉄道警備隊……エリートな響きがするぜ」
 英司がどこかうっとりとした様子で顎をあげた。
 仲間達は列車へと乗り込んでいく。
 風を切って走り始める列車は力強く、並ぶ車列には荷物や人が満載されている。
 必ずやこの力が、鉄帝の未来を救うだろう。そんな誰かの気持ちに応えるように、汽車は汽笛をたかく鳴らした。

Ace of Aces

 一方、浮遊島アーカーシュ、『アーカーシュ・ポータル』――。
 不凍港攻略作戦に伴う、ワイバーンによる降下作戦『オペレーション・レオニズ』は、今まさに多大な戦果を挙げていた。
「部隊が戻るぞ! 滑走路を開けろ!」
「降下よし! 着陸(タッチダウン)!」
 ぶわぁ、と翼を広げたワイバーンが、アーカーシュ・ポータルの滑走路に着陸する。一仕事を終えたワイバーンが、誇らしげに吠えた。
「お疲れ様です、セレマさん」
 滑走路担当の軍人がそういうのへ、セレマ オード クロウリー(p3p007790)が「大丈夫」とばかりに軽く手をあげて見せた。
「ドリンクをどうぞ。ワイバーンも休憩させます。いったん待機に入ってください」
「いいさ。このまま出られる」
「ですが――」
 そう声上げた刹那、もう一翼のワイバーンが降り立った。背には、狙撃銃を携えた男を乗せている。襲・九郎(p3p010307)を乗せていた。
「ワイバーンに水をやってくれ」
 九郎が声をあげた。
「すぐに再出撃する」
「お二人とも、一度やすんでください」
 軍人の一人がそう言った。
「お二人は特に、出撃回数が多い。無理をなさらなくとも。
 それに、降下作戦はすでに多大な戦果を挙げています。攻略部隊も、随分とやりやすくなったはずです。
 まさに、お二人はトップエース……まさに『レオニズの両翼』ですよ」
「別に褒められたくてやってるわけじゃぁないが」
 ふむん、と九郎が言うのへ、セレマも頷いた。
「休めというならそうするか」
 あちらに、という軍人の声に頷いて、二人は滑走路わきの宿舎へと移動する。あちこちで軍人たちがせわしなく走り回っている中、二人に声をかけたのは、マリア・レイシス(p3p006685)だ。 「おつかれさま! 大活躍だったようだね!」
 そういうのへ、セレマは、ふん、と鼻を鳴らした。
「まぁまぁだね。戦況はどうだい?」
「すでにお聞きかもしれませんが、充分な戦果を挙げているかと」
 ウルリカ(p3p007777)がそういう。今ここに集まっているイレギュラーズ達は、オペレーション・レオニズ参加メンバーの中でも、より多くの戦果を挙げたメンバーである。いわば、エース・オブ・エースたちだ。
「不凍港史上初の降下作戦により、敵拠点は次々と陥落」
 佐藤 美咲(p3p009818)が、冷えた炭酸水を飲みつつ、そういう。
「まさに前代未聞の大戦果でスね」
「新皇帝派とノーザンキングスの馬鹿どもに、手痛い打撃を与えてやれたッてわけだ」
 ブライアン・ブレイズ(p3p009563)の言葉に、耀 英司(p3p009524)が頷く。
「このペースで行けば、地上の攻略部隊にも十分な援護になっただろうな」
「となると、降下攻撃もこれで仕舞いか」
 サンディ・カルタ(p3p000438)がそう言った。
「あとは、地上部隊がうまくやってくれることを祈るしかないな」
 イレギュラーズ達の言葉通りである。ワイバーンによる降下攻撃は多大な戦果を挙げ、地上攻撃をこなう部隊にとって、まさにレオニズの流星が味方に付いたようなものだ。空より降り落ちる流星は、目の前の敵を次々と打ち倒し、再び空へと舞い戻っていった。だが、此方が行えるのは、あくまで降下作戦による援護どまりだ。不凍港の奪還自体は、地上部隊の働きに期待するしかあるまい。
「でも、皆なら、大丈夫だよね……!」
 祝音・猫乃見・来探(p3p009413)がそう言った。マグタレーナ・マトカ・マハロヴァ(p3p009452)が、「ええ」と頷いた。
「きっと、彼らなら大丈夫でしょう。わたくしたちの働きを、次につなげてくれるはずです」
 その言葉通り……バトンは渡された。後は地上部隊からの報告を待つばかりだ。
「だが……じっとしているのも性に合わないな」
 ルナール・グリムゲルデ(p3p002562)が、そういうのへ、秦・鈴花(p3p010358)が頷いた。
「そうね。あと一回くらいは、出撃する余裕があるでしょ?
 エース・オブ・エースによる、最後の編隊飛行と行きましょうか?」
「なんか、その呼び方、くすぐったいけど……」
 ヨゾラ・エアツェール・ヴァッペン(p3p000916)が苦笑してそういうのへ、フーガ・リリオ(p3p010595)はウインクしつつ応えた。
「ま、これも記念みたいなものだからな。最後のダメ押しに行こうか」
 その言葉に、皆は頷く。丁度、ワイバーンの休憩も終わった所だ。最後のレオニズたちは、再び空へと舞い上がり、地に降り注ぐ。
 その一撃は、地に蔓延る悪しきものを、その閃光によって駆逐するような、力強いものだった。

※鉄帝にて、新皇帝派による線路破壊作戦は未然に防がれました!
 また、エペレーション・レオニズは大きな戦果を挙げたうえで無事終了しました!
 鉄道網は引き続き守っていく必要があるでしょう――

鉄帝動乱編派閥ギルド

これまでの鉄帝編アドラステイア

トピックス

トピックス

→街角(コルクボード)利用のガイドライン

→貸部屋(マイチャット)

[2022-12-10 06:47:50]
おはようござい魔~♪
作戦は順調に推移してるってコトだね。
あとは新皇帝(しもチクビマン)のおもてなしが上手くいくかどうかだな(胸さすりながら通過していく)
[2022-12-10 02:39:19]
セレサン、オ疲レ様デシタ。
デハ当端末モ、帰還シマス。
[2022-12-10 02:38:11]
ハイ、当端末丿稼働時間残量ハ不明デスガ、稼働時間丿限リ、
コノ幸運ヲ堪能シタイト思イマス。
[2022-12-10 02:37:35]
さて、私もとりあえず今日は帰っとくかな…またねー
[2022-12-10 02:34:04]
なるほどねぇ…たしかにそれなら良かったのかな
[2022-12-10 02:32:59]
ハイ。セレサンニ出逢エマシタ。世界サンニ出逢エマシタ。
タダ観測スルダケデナク、関ワリ合ウトイウコトヲ知リ得マシタ。
[2022-12-10 02:21:31]
…思エバ、当端末ハ、コノ世界ニ召喚サレテ幸運ダッタノデショウ。
[2022-12-10 02:16:14]
世界サン、オ疲レ様デス。
[2022-12-10 02:15:08]
っと、いつの間にかいい時間になってるな。
実はまだ少しやる事が残ってるのでそろそろお暇させてもらうよ。
んじゃ、またな。
[2022-12-10 02:07:46]
おいなにしてるんだ……。
[2022-12-10 02:06:55]
(発言欄の境界線を消し消し)
[2022-12-10 02:03:01]
よし、これで実質俺は言ってない!!
[2022-12-10 02:02:17]
そもシャイネンナハトって起源からして若干純愛要素があるとは言え元々は平和を祈るとかそういう感じで断じて街に飾り付けを行ってカップルでイチャついたりリア充が盛り上がったりするものでは無いと思うんだ。
いや恋愛もそりゃ純愛には含まれるし物語に出てくる悪魔と聖女ももしかしたらそういう感情を抱いていた可能性もあるけど俺的にはもっと深い……いわば真実の愛ってやつに近いモノだったと思うんだよね。それなのに文字数
[2022-12-10 01:57:32]
イヤナンデヤネン!(触手ぺちぺち
[2022-12-10 01:55:39]
ナルホド、了解デス。
[2022-12-10 01:54:39]
という訳でこっちはシャイネンナハトに増えるリア充についての怨嗟を語ろうと思います!
[2022-12-10 01:53:01]
その辺はその姿で行くか、人間状態を詳しく書くかどっちかだな。
まあ個人的な話になるしこれ以上は俺のギルドにスレッドを作ったからそこか手紙で話そう。
[2022-12-10 01:52:10]
半ばILさん任せになっっちゃうけど、ギフト通ってるから無理じゃあないとは思う…
[2022-12-10 01:51:26]
ほむほむ……OK、乗ろう>世界

無理はしないよー。ありがとね。>端末
[2022-12-10 01:47:39]
意見ト言ウヨリ質問デスガ。
明確ナ画像ガ無イ状態デ、当端末ノギフト使用状態ハ描写可能ナノデショウカ??
[2022-12-10 01:44:14]
意見、苦情、その他諸々は受け付けるぞ。
[2022-12-10 01:43:56]
>世界サン
了解デス。当端末ハコノ企画、乗リマシタ。

>セレサン
アクマデ、当日フキンニ余裕ガアル様ナラデカマイマセンノデ。無理ハシナイデ頂ケレバ。
[2022-12-10 01:40:58]
うん…うん???????>延々雪だるまを作る羽目になった

むむむ……余裕あるかなぁ…>端末
[2022-12-10 01:38:28]
実は今準備中だったんだよね。ってことでほいっ。
今しがた書き上げたメモ書きを2人に投げる
[2022-12-10 01:34:22]
デハ当端末カラ提案ナノデスガ。
セレサン、世界サン。余裕ガアリマシタラシャイネンナハトデ当端末ト、御一緒シテ頂ケナイデショウカ?
[2022-12-10 01:32:15]
>セレサン
...ナルホド?確カニ当端末ノ人格モ、プログラムドライブダトシマシテモ、ソノプログラムハ実在シテイル以上、概念トシテハ本物トイエマスネ。

>世界サン
??オ祭リ用ノ、巨大雪像ヲ作ルノデハナイノデスカ??
[2022-12-10 01:28:38]
あ~もうこんちくしょ~!!おやすみだ!!
[2022-12-10 01:28:08]
ユニットはまあ当然の結果と言える。
それと雪だるまは設計図も何も丸を二つ作って片方を乗せるだけだよ。>多次元世界

わからん。わからんが俺はひたすらそれを作る破目になったのだ。>ェクセレリァス
[2022-12-10 01:25:53]
いやだなぁ~たみこちゃんは狙った獲物は逃がさないので♡
それに哀れみの目なんて……まぁ向けてますね!草です!m9(^Д^)プギャー

……とまぁ用事も済んだことですし本当の本当に寝ますわ、皆様も早く寝なさい(特大ブーメラン)
[2022-12-10 01:23:32]
雪だるま108体…!? 煩悩退散の苦行か何かかな…>世界

なるほど。 気持ちのどこまでが本当なのかとかは考えても無駄だよ。人間の感情だって電気信号だって言えるし、私の感情も人をエミュレーションしているだけかもしれないし>端末
[2022-12-10 01:19:57]
>漫才ユニット却下
(ガーンΣ!?)
(触手しおしお)

>セレさん
当端末ガソウシタイト判断シタ故デスノデ、気持チモ込ミデハアリマス。疑似人格ノ気持チガドレダケ本当トイエルカハ疑問デハアリマスガ。

>世界サン
雪ダルマ、了解シマシタ。
マズハ設計図ヲ拝見シタイノデスガ。
[2022-12-10 01:19:08]
いや、去年は一人で108個も延々とそれを作らされたんだよ。
しかしまあ。それがありなら考えてみるのも一考か。>ェクセレリァス

陰キャならむしろ空気を読んで全力で見逃がしてくれ。
あとその哀れみの目線はやめたまえ。>水天宮
[2022-12-10 01:16:40]
わかりやすいぼっちの反応…陰キャのたみこでなきゃ見逃しちゃうね…

……まぁほんとにいないのはちょっとかわいそうなので誰もいなかったら一緒に過ごしてあげてもいいですよ、ふっ(哀れみ)(上位存在目線)(優越感で差をつけろ)
[2022-12-10 01:14:50]
それもありだね…はて、なんか嫌な思い出でも?>世界
[2022-12-10 01:13:08]
じゃあ三人で仲良く雪だるまでも作ろう。……ユキダルマ……。(去年の悪夢を思い出す)
>ェクセレリァス
[2022-12-10 01:12:55]
べ、べ、べ、別に俺はぼ、ぼ、ぼ、ぼっちじゃねーし。
一応他の奴と過ごす予定はあるしーー!!!!
[2022-12-10 01:09:14]
ふふ…!クリぼっちの方々の悲鳴が心地いいですわ~~~~!!!オ~~~ホッホッホ!!!
……まぁ友人とか義理の娘とも過ごす予定なのでずっと一緒にいるわけではありませんがね……
[2022-12-10 01:09:13]
奇遇だね、私も嫌だよ漫才ユニットデビューは>世界
[2022-12-10 01:08:35]
いやほら、3人寄れば何とやらだ。
そっちの世界君も乗り気だし漫才ユニットとしてデビューしようぜ。
……やっぱそれは俺が嫌だ。>ェクセレリァス
[2022-12-10 01:06:38]
Σどういうことなの>世界

別に気持ちだけでいいのよ?>端末

はっはっはっ…タンスの角に小指をぶつけちゃえ☆>たみこ
[2022-12-10 01:06:10]
シャイネンナハトデ、オ笑イユニットデビューデスネ?了解シマシタ。
[2022-12-10 01:06:05]
やめろ……ぼっちにダメージを与えるような発言はやめたまえよ……。

<大乱のヴィルベルヴィント>返却延期につきまして

2022年12月07日

現在執筆中の以下のシナリオに付きまして、運営都合上の理由により、返却日を延長させていただきます。

<大乱のヴィルベルヴィント>服従の鎖

<大乱のヴィルベルヴィント>オースヴィーヴルという男

<大乱のヴィルベルヴィント>OPERATION TRIGLAV

<大乱のヴィルベルヴィント>戦士の咆哮<騎士語り>

<大乱のヴィルベルヴィント>旋風はすべてを持ち去って

<大乱のヴィルベルヴィント>統王シグバルド

<大乱のヴィルベルヴィント>バルナバス・スティージレッド

 お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦頂けますと幸いです。

レベルキャップ開放につきまして

2022年12月02日

 本日、レベルキャップを解放し、獲得経験値増加を行いました。

・レベルキャップを78→79に上昇しました。

・闘技場レベルアップ可能レベルを75→76に上昇しました。

・基礎獲得経験値を4200→4300に上昇しました。

・R.O.Oには変更はありません。

 以上、宜しくお願いいたします。

一部シナリオの公開日につきまして

2022年11月24日

 以下のシナリオにつきまして。運営都合上の理由により、リプレイ返却・公開は同日とさせて頂きます。

 『幸せの詩、本質の鎖』

 『繊月の影に』

 恐れ入りますがリプレイ公開まで、今暫くお待ちいただけますと幸いです。

シナリオ参加に対する「推薦」機能の実装につきまして

2022年11月21日

 本日、以下の機能が追加されました。

・シナリオ参加に対する他PCの「推薦(推薦キャラクターにシナリオ参加を要請出来る)」機能

 推薦機能は「参加費と予約費」を肩代わりし、他PCをシナリオ参加に「推薦」する事が出来ます。

 「推薦された側」は推薦を受諾した場合、無料でシナリオへの予約・通常参加が可能です。(ただし定員の定まっているリクエストシナリオや、「優先参加者のみ」が参加できる特殊なシナリオへの推薦は不可となります)EXプレイングが可能なシナリオでEXプレイングを追加した場合は「推薦された側」の費用負担となります。

 シナリオ返却時のリソースは全て「推薦された側」が取得します。

 ご友人などをお誘いする時などに、必要に応じてご利用ください。

 以上、よろしくお願いします。

キャラクター登録の名前入力における文字上限変更につきまして

2022年11月05日

 本日、キャラクター登録の際の名前入力につきまして以下の変更が行われました。

・「名」:漢字・かな・英数字、8文字まで 入力可能

・「ミドルネーム」と「姓」:漢字・かな・英数字、合わせて14文字まで 入力可能

 以上、よろしくお願いします。

クリスマスピンナップ2022もうすぐ始まります。

2022年11月03日

クリスマスピンナップ2022が11/4から準備ができ次第始まります。 よろしくお願いします。

レベルキャップの開放につきまして

2022年11月01日

 本日、レベルキャップを解放し、獲得経験値増加を行いました。

・レベルキャップを76→78に上昇しました。

・闘技場レベルアップ可能レベルを73→75に上昇しました。

・基礎獲得経験値を4000→4200に上昇しました。

・R.O.Oには変更はありません。

 以上、宜しくお願いいたします。

インボイス制度への対応予定とRC価格の改定につきまして

2022年11月01日

 平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

 弊社では長らくサービスクオリティを加速する為の強い開発・運営体制の構築、弊社サービスを維持するインフラストラクチャー面の価格高騰、海外サービス利用時における円安から生じるコストアップ、登録クリエイターの活動活発化の為の待遇改善に掛かる費用等、運営コスト増の問題を企業努力の下吸収して参りました。

 しかしながら現状のインフレーションの加速と、何より2023年10月以降に実施見込みとなっている『インボイス制度』との兼ね合いで、2023年1月1日よりRC価格の見直しをさせて頂く事となりました。

1.対象商品 RC

2.改定時期 2023年1月1日

3.改定内容 下記リストの通りとする

100RC (1150円)

200RC (2300円)

300RC (3450円)

500RC (5750円)

1000RC (11500円)

1500RC (17250円)

2000RC (23000円)

3000RC (34500円)

5000RC (57500円)

※本告知事項は実施前段階におきまして事前のご報告なく一部ないしは全部の変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

 つきましては、本件につきまして簡単な説明をさせて頂きたく存じます。

 インボイス制度とは非常に簡素な説明をするならば『これまで消費税納付を免税されていた売上高が1000万未満の事業者が消費税を払う必要が生じる可能性が産まれる制度』です。当然ながら『売上高が1000万未満の事業者』は個人事業者も含まれ、弊社に参画頂く多くのクリエイターが影響を免れない所と存じております。インボイス制度実施の是非については兎も角、本制度が適用となった場合、消費税納付分の金銭的問題、経理事務的な物理的な手間の問題、厳しいコストアップと言わざるを得なく、多くのクリエイターの活動に問題を生じる可能性は方々より指摘されている現状です。

 弊社ではこの問題に対応する為に以下の方策を実施予定です。

・登録クリエイターがインボイス申請をしていてもいなくても弊社が消費税を全額納付する

※管轄税務署のインボイス相談窓口にて相談した所、制度的にはそれで問題が無いとの事でした。

 インボイス制度は免税事業者となっていれば消費税を支払う義務はありませんが、弊社は全員を免税事業者として取り扱うという事です。

 本施策の実施理由ははクリエイター側の金銭的負担、事務的負担を軽減(免除)する目的と同時に、運営上、複雑な本制度に関してクリエイター側の理解を進める事と、全員全件に社会・法律的に適切な事務処理をつつがなく行う事は数百人、千人のクリエイターと非拘束的にお仕事をするPBWの性質上、難しいと考えているからです。上記は2022年現在の予定であり、これを未来永劫続けられるかどうかは全くの未定ですが、少なくとも本施策を適用した場合、当面の間は確実に『弊社での仕事に関してはインボイス制度の影響を全く考えなくて良い』状況となります。(弊社以外の業務で生じた売上については適法な行動が必要となります。各社の方針とご自身の状況をご確認下さい)

 しかしながらクリエイター保護に効果が認められると考えられる、上述のインボイス分負担を弊社側が承る場合、やはり多額のコストが必要となります。

 又、これに合わせ中長期的に弊社においては不足しがちな『シナリオコンテンツ』の増強を図る為、本価格改定を原資にGM(ゲームマスター)の待遇改善(報酬強化)を実施する予定でおります。

 本価格改定によりお客様にはご負担とご迷惑をおかけいたします分、今後とも環境を整備し、開発を加速させ、より一層のサービス向上に努めて参る所存です。

 何卒、ご理解ご了承いただけますようお願い申しあげます。

イベントシナリオへのNPC参加につきまして

2022年11月01日

 イベントシナリオにおけるNPC参加につきまして、今までは無制限イベントシナリオにだけNPCは参加出来ておりましたが

 本日、人数制限のあるイベントシナリオにも参加出来るようになりました。(今後、参加する可能性があります)

 NPCの参加時にはその分人数上限が自動的に上がるため、お客様の参加枠を圧迫することはございません。お気軽にお誘い下さい。

 以上、よろしくお願いします。

機能追加につきまして

2022年11月01日

 本日、以下の機能が追加されました。

・ワードが付与されているアイテムに対し、ワード表示をON/OFF出来る機能。

 「アイテム特殊化の申請」→「ワード表示のスイッチ」から変更が可能です。特殊化が出来ないアイテムでも、本機能は利用可能となります。

 以上、よろしくお願いします。

PAGETOPPAGEBOTTOM