PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

アースマーン動乱

「精霊たちが暴れ始めています」
 暖かな太陽の照る花園。楔の庭ウェッジ・ガーデンにひと柱の神霊が立ち上がった。
 その名も『神翼獣』ハイペリオン(p3n000211)
 あなたの味方にして、伝説の生き残りである。
「このままでは、この美しい景色が壊れてしまうでしょう。
 この地を守るために……力を貸してくれますか? 大地の子らよ」


 舞台はゼシュテル鉄帝国の空の上。上のまた上。
 伝説の浮島アーカーシュの上層に存在する領域アースマーン
 かつてはアーカーシュを動かすシステムの一部であった精霊たちはアーカーシュ停止と共に解き放たれ、しかし古に結んだ契約によってこの空にいつまでも捕らわれていた。
 彼らの因子はアーカーシュから絶え間なく出続けるエラーメッセージによって汚染され、その殆どが荒れ狂うエレメントモンスターへと姿を変えている。
 島に巣くう古代獣たちはそんな精霊たちを喰らい力を蓄えようとし、時には精霊の気性を利用して自らの防衛装置とするものもあった。
 しかしそれは、この悠久とも思えるほど永き時のなかで繰り返された日常によって希釈され、古代獣も精霊も、ある意味では平和に過ごしていたのである。
 ――昨日までは。
「アースマーンの精霊たちがこれまでにない規模での暴動を起こしています。一斉蜂起といって差し支えないものでしょう」
 そう語るアイル=リーシュに、ハイペリオンはうつむいた。
「私達が立ち入ったことで、いたずらに精霊たちを刺激してしまったのでしょうか」
「それは違うわ」
 強い口調で呼びかけたのはジュリエット・ラヴェニュー(p3p009195)だった。
 振り向いて見れば、腕組みをし脚を開いた堂々たる姿勢で立っている。
「アーカーシュでゴーレムたちの状態を色々と調査していたけど、彼らは侵入者を排除しようとはしていても『島の異物』を排除しようという意志はみせなかったわ。
 ゴーレムは嘘をつかないの。命令に対して極めて率直に機能するわ。もし異物を排除したいなら、レリッカの村は真っ先に狙われたでしょうね」
「そうだね。今まで何度もゴーレムや精霊とは戦ったけど、ナワバリに入った時やこちらから攻撃を仕掛けたときだけだった。侵入をトリガーとするなら、今更だよ」
 ジェック・アーロン(p3p004755)が続く。外していたガスマスクを手に取り、いつでも出撃できるようにとライフルは肩にかけていた。
「それよりも、別のトリガーがあると考えたほうがいい……そうだよね?」
 チラリと見ると、カイト・シャルラハ(p3p000684)がじっと遠くを見つめたまま顎をさすっていた。
「たしかにな。軍の内部でもきな臭い動きもあるらしい。無関係とは思えないぜ」
 カイトはそう言うと、アイルへと向き直った。
「精霊たちに影響を与えそうな……アンタと同じかそれ以上に力をもった精霊がここにはいるはずだ。なんといっても、アーカーシュは精霊の力で動くシステムなんだからな」
「はい。確かにいますが……」
 アイルの言葉に、ジェックが乗っかる形で頷く。
「その精霊が……というより、その精霊を動かすだけのトリガーを誰かが引いたんだ。調べにいくことはできない?」
 アイルは考え、そして宙に手をかざした。
『ブーク・カドゥール』という場所があります」

人はコインの表裏

 ゼシュテル鉄帝国の首都を発ち、天空を泳ぐように飛ぶ船があった。
 巨大な気球に船をぶら下げ翼をつけたような作りはずんぐりとした鳥のようであり、まわるプロペラが造形の機械性を露わとしていた。
 背景はやがて空一色となり。雲を追い越していくのも時間の問題だと思われる。
 そんな飛空艇シェブフンク号の中は――なんだろう、なんというか、唐突にファンシーであった。
「乗せてくれてありがとう、ハンドレッド船長さん」
 蜂蜜をたっぷりかけたパンケーキのような、甘ったるくてやわらかそうな声で言う少女。彼女はでっかいピンク色のカバみたいなビーズクッションに腰を下ろし、脚を投げ出してキャンディケインを手元でくるくると回している。
 彼女の名はヒルディリド・サリーシュガー。鉄帝軍でも歴史が深いとされるサリーシュガー家の女であり、深いコネクションを学生時代から既に持つ才女である。
 彼女に『船長さん』などと呼ばれているのもそのコネクションのひとつ。とはいっても、間違っても彼の職業は船乗りなどではない。
 シア・クローシス。またの名を『改造屋(チューナー)』ハンドレッド
 鉄帝国でこちらもまた古くから知られる技術者一族クローシス家に産まれた天才少年である。武器や兵器をいじくることを何よりの得意としているが、最近軍よりアーカーシュ探索隊に抜擢されたことでも知られていた。
「なあに、国を同じくする同輩の頼みとあらば船のひとつやふたつ。なんてことはないさ」
 歯車だらけの船内で、いかにもな形をした舵を握って振り向くハンドレッド。
 世界は今、大きく揺れている。
 深緑の地では国家存亡をかけた戦いが繰り広げられ、覇竜領域ではアリ型モンスターの軍団との死闘や竜に支配された領域への介入が起きているとも聞く。
 そして鉄帝国では、空の上にて見つかった伝説の浮島『アーカーシュ』の探索が進んでいるのだ。
 前人未踏と前代未聞もオンパレードだ。
 ハンドレッドは聞く者の誰もが聞き流してしまいそうなマシンガントークを暫くしてから、『そういえば』と舵を取りながらわざとらしく話を区切った。
「君の弟君は、どうやら特務派に目を付けられているようだねえ。リュカシス・ドーグドーグ・サリーシュガー……うん、実に良い血筋だ。軍務派を牽制するには良い家名じゃあないか」
 話が急にギスギスした色を帯び始めたことに、ヒルディリドは大きな反応を示さない。キャンディをくわえてころころとやるばかりだ。
「わたくしは未来の流行を支配するファッションデザイナー、ヒルディリドさまよ。つよつよ軍人あそびに興味なんかないわ」
 綺麗なネイルアートを施した指を見つめ、指を波打つように動かしてみる。
「けど『あの子』は違う。あそびじゃなくて本気でつよつよ軍人になりたがってる。それも自力で。自分の手と足と友達だけでね」
「…………ほーおん?」
 いわんとすることを察したのだろうか。ハンドレッドが天を仰ぐ。
「そういう人間は、政治家の誘惑に強そうだねえ。出世や優遇を餌にされても、平気で無視してしまいそうだ。だから『彼』なのかい? 彼を、オーリー・バイエルンやパトリック・アネルらの特務派にぶつけることにした?」
「さあ?」
 ヒルディリドは肩をすくめ、鞄から取り出した卵形のチョコレートを口に含む。
「わたくしは、学校を休んでまで冒険するのが面倒くさくて弟に押しつけただけよ。
 けど強いて言うなら……」
 カリッと口の中でチョコレートをかみ砕き、ヒルディリドは笑った。
「あの子を利用しようと手を出したなら、その手を掴んで振り回されるのがオチだわ」
「それは怖い。ボクも手を出すのはやめておこう」

 船は一路、アーカーシュの羽止場へ。
 やがて、物語が動き出す。

無敵の盾

 わたしは、セレンディ。
 神たる王に仕えるもの。
 無敵の盾を与える使徒。
 わたしを呼ぶのは、だれですか。
 わたしを目覚めさせたのは、だれですか。
 わたしの心を満たすこの苦しみは。
 わたしの心を荒らすこの憎しみは。
 わたしの心を焦がすこの――。
 ああ、わたしは。
 なぜ目覚めてしまったのですか。

 アーカーシュ上層アースマーンにて異常事態が発生しています……!

これまでの覇竜編深緑編

トピックス

トピックス

→街角(コルクボード)利用のガイドライン

→貸部屋(マイチャット)

[2022-05-29 21:40:50]
(背景でランニングしている)
[2022-05-29 21:26:43]
ワグナス……!!
スケッチブック機能が実装されたぞ……!!
[2022-05-29 20:57:33]
誰も来ないし一時離脱…
[2022-05-29 20:53:14]
…あ、財布もうつきてるから参加しようがなかった…まあ、見送るか…空島の依頼ひとつしか受けられなかったし…
[2022-05-29 20:32:47]
ハード長編どうしようかな…
[2022-05-29 20:25:01]
ふう、こんばんはと
[2022-05-29 18:44:21]
お疲れさま。通過するわね。
[2022-05-29 18:24:16]
気がついたらこんな時間よ。
[2022-05-29 17:27:06]
(背景でパン屋の売り子をしている)
[2022-05-29 16:44:11]
午後も頑張りましょう
[2022-05-29 11:51:31]
休日の朝とかは、ドーナツで済ませちゃうこともあるな〜。
[2022-05-29 11:23:11]
…ドーナツがかい?
[2022-05-29 11:06:14]
遅めのあさ?早めのひる?
ごはん食べるのです。
[2022-05-29 11:02:59]
…ふぅ(読書を始める
[2022-05-29 07:53:10]
おはっす!…ハァ…ハァ(朝ラン駆け抜けっす!
[2022-05-29 07:53:01]
ハァ…ハァ…朝っすよ!
[2022-05-29 06:13:25]
おはようございますです。
何だか最近夜寝られなくて昼夜逆転生活の絶刃なのです。
[2022-05-29 05:41:51]
はいおはよう。
だんだん朝も暑さを感じるようになってきただわね、まだまだこれからだけれども…。
夜寝ている間に熱中症になっている…っていうパターンも多々見受けられるのだわよ。
今年の夏にそんな事にならない為にも、今の内から準備しておきましょうね。

冷房の動作確認とかしておくと良いかもなのだわよ。
いざ暑くなってから壊れてました…っていうんじゃ修理が順番待ちだからね。
[2022-05-28 23:57:51]
ガッハッハ!健康気にして楽しく飲めるかってんだ
まあそういう意味で体の強さが売りな鉄騎種であって良かった
[2022-05-28 23:54:46]
健康には悪いが魂には最高な行為だな
[2022-05-28 23:54:06]
全くだ、飯がありゃ酒が進み、酒が入ればどんちゃん騒ぎし盛り上がり、どんちゃん騒ぎに乗じて飯をかっ食らう
最高なスパイラルってもんだ
[2022-05-28 23:50:58]
酒!飯!音!この三拍子はマジで宴に必要だ…
[2022-05-28 23:50:04]
まあ、真面目を求めるか面白さを求めるかなんて人それぞれ時それぞれだしな
取り敢えず酒と飯がついてくるんであれば何も言うことはねえな
[2022-05-28 23:46:55]
結局お話なんて、面白ければなんだって許される。だから詩人は背鰭尾鰭を乗せて面白おかしく広げやがるんだよなぁ……我もやるし。
主観的な感覚に左右される良さってのは本当に難しい
[2022-05-28 23:45:02]
だな、お高く止まった劇は正直頭に内容が入らんが祭りの演目や吟遊は結構耳にする話もあるから楽しめるしな
[2022-05-28 23:43:20]
(背景でランニングしている)
[2022-05-28 23:41:03]
見てるだけで楽しめるからな。味覚と視覚、聴覚まで楽しめるからよい
[2022-05-28 23:39:10]
劇の類か、祭りの中にあったりするといい酒の肴になるんだよな
[2022-05-28 23:35:08]
ふぅん…楽しみにしておくか。参加できるかどうかは別にして……
うむ、遅いしなー。おやすみよー

[2022-05-28 23:34:51]
そうだな、また会う時にいずれな
[2022-05-28 23:33:53]
ということで、私は寝るわ。おやすみなさい、よき夢を
[2022-05-28 23:33:38]
懐かしいわ、私のイレギュラーズでの最初の依頼は、確か子供たちに演劇を見せたのよね。だから、そういう依頼も出るかもよ。

あら、意外ね。近いうちにまた一緒に飲みましょうよ
[2022-05-28 23:32:18]
悲しいことに今日は一滴も飲めてねえな、どっかの違法醸造工場を爆破した際に飲んだっきりだな
[2022-05-28 23:31:03]
そうだな。『物語』こそが私のあるべき場所だからなー>演劇
[2022-05-28 23:30:08]
そうねー、確かにそれでたいがいはそう思ってくれそう。使い方考えるとほんとおもしろそう。演劇とかでも役立ちそうね。

バクルド殿、こんばんはー。飲んでる?
[2022-05-28 23:29:43]
おう久方ぶりだな
ちょいちょいここに顔を出しては居たが覇竜といい深緑といい、大事に首突っ込んでたからな
[2022-05-28 23:27:39]
おうー やっほい 久しぶりかな?
[2022-05-28 23:24:20]
ま、我が使う分には適当にエフェクトをつけて「これは○○だぜ」って言い張れば周りもそう思ってくれるだろう。
[2022-05-28 23:21:35]
見た目だけって範囲も難しいわね。そうすると変装スキル仕込んでおいたほうがいい感じか。両方合わされば、色々と面白こと出来そうだけど。
[2022-05-28 23:18:18]
でき…ると思いたいが『物質的影響は無に等しくなった』からなぁ、微妙なところだな
遠目に見る分には大丈夫そうだが
[2022-05-28 23:16:11]
見た目変更なら、変装とかできる?
[2022-05-28 23:12:32]
まぁなー。
ここだと我の権限がステータスで許される範囲までだから、そーんなに生かせないのが悔しいがな。
ギフトとして通したこの"万年筆"だってエフェクト、つまりただの見た目変更に止まってるんだよな
[2022-05-28 23:08:54]
そうなるよね。それはそれは面白い。その場で起きていることを描写する能力ね……雰囲気とか作るのに使えそうね。

そして、そういうのを背景にして夢野殿が現れることもできると
[2022-05-28 23:06:25]
そうそう。
例えばの話、酒場のシーンで二人が話しているとする。
その後ろで殴り合いの大喧嘩が起こっていたとしても、語り手が主人公のことしか見ておらず、描写しなければその大喧嘩は"なかったこと"になる。
その"なかったこと"を"あること"にすれば、まぁ大喧嘩が起こるよな。
そういう能力なのさ

機能実装につきまして

2022年05月29日

本日、以下の機能が実装されました。

・提案サウンドリミックス(2人~)の実装

・『スケッチブック』の実装。

 提案サウンドリミックス(2人~)は、サウンドリミックス(2人)の商品内において「自分を含めない」というオプションを選択すると、提案商品として発注が可能となります。

 『スケッチブック』は新イラスト商品であり「一定のRCをプールし、その範囲内でクリエイターが何時でも自由に作成」する形式です。

 詳細につきましてはマニュアル(https://rev1.reversion.jp/page/illust)もご覧ください。

 以上、よろしくお願いします。

「幕間」の実装につきまして

2022年05月23日

 本日、以下の機能が実装されました。

・「幕間」機能の実装

 『幕間』はキャラクターの『シナリオ一覧』→『幕間タブ』から選択可能です。

 『幕間』はショートストーリーに似ていますが、文通と同様に「一定のRCをプールし、その範囲内でクリエイターが何時でも自由に執筆」する形式です。

 作成はお客様から制作を許可されたクリエイターの任意であり、内容や登場するキャラクターはお客様の希望する幕間の大方針に従います。

 詳細につきましてはマニュアル(https://rev1.reversion.jp/page/ssnm_manual)もご覧ください。

 以上、よろしくお願いします。

RCショップにアイテム追加につきまして

2022年05月15日

 本日、RCショップに以下のアイテムが追加されました。

・「ラド・バウ月間パスポート」の実装

 「ラド・バウ月間パスポート」は使用すると公式大会への参加・再参加時のRC(SRC)を消費せずに参加できるアイテム「ラド・バウ招待状」が四枚分手に入ります。

 以上、よろしくお願いします。

機能追加につきまして

2022年05月12日

 本日、以下の機能が追加されました。

・キャラクターに手紙を送る際に使用するアイコンの初期選択が、「なし」から「現在ステータスシートに設定しているアイコン」になる機能

 以上、よろしくお願いします。

機能修正につきまして

2022年05月08日

 本日、以下の機能が修正されました。

・シナリオの予約時、名声条件がある場合に「名声と悪名の合計値」が条件となっていた機能を修正。

 今後は「名声」が条件の場合「名声の数値だけ」が対象と成り

 「悪名」が条件の場合「悪名の数値だけ」が対象となります。

 以上、よろしくお願いします。

公式大会(闘技場)のEXP、GOLDの比率上昇につきまして

2022年05月06日

 本日、公式大会(闘技場)のEXP、GOLDが以下の通り変更されました。

・EXP:50% → EXP:60%

・GOLD:20% → GOLD:25%

 本上昇につきましては時期により変更される可能性が御座います。

 以上、よろしくお願いします。

機能修正につきまして

2022年05月01日

 本日、以下の機能が修正されました。

・「賦活」状態の際に、治癒スキルを使用すると、発動は「一つのスキルで一度のみ」に修正。

 HP回復、HA回復など治癒が複数ある場合、その数全てに「賦活」が発動していましたが、今後は一つのみに発動する様になりました。

 以上、よろしくお願いします。

フリーサイズピンナップへ「サイズ変更打診」の実装につきまして

2022年04月30日

 本日、以下の機能が実装されました。

・フリーサイズピンナップにおける発注後、クリエイター側から「サイズ変更打診」される機能

 此方はプレイヤー側ではなくクリエイター側の機能となりますが、既存の機能では、クリエイターからサイズ変更打診は発生せず、発注時のサイズで確定でした。

 今後、クリエイター側が受諾する際の判断の一つとして、サイズの変更打診が行われる場合が御座います。

 以上です。よろしくお願いします。

機能追加につきまして

2022年04月30日

 本日、以下の機能が追加されました。

・HP/AP成長型項目において、プレビューを実装。

・RC購入の項目において「1500RC(15000円+税)」項目を実装。

 以上、よろしくお願いします。

<希譚>有柄の海祭り、返却延期につきまして

2022年04月28日

 現在執筆中の以下のシナリオに付きまして、運営都合上の理由により、返却日を延長させていただきます。

<希譚>有柄の海祭り

 お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦頂けますと幸いです。ご容赦頂けますと幸いです。

PAGETOPPAGEBOTTOM