PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<Jabberwock>お茶会は始まらない

冒険中

参加者 : 52 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング


 冬の寒さが肌を刺し、弱い日差しが微かに体を暖める。今日もセフィロトは穏やかだ。
「ふう」
 ひと作業終えた彼――その性別は不明とされているが、性自認は男性とのことなので彼と呼ばせて頂こう――エートス・セグントは立ち上がる。観察対象としている場所はあと1箇所だ。
 彼は『想像の塔』に所属する研究者の1人である。その元を辿れば電子データより生成された機械生命体(AI)であり、今ではウォーカーとして自我を発達させていた。その自我は、本来ならば意思や感情を持たないはずのモノがそれらを得るプロセス、精霊種や秘宝種といった存在への興味を起こし、こうしてフィールドワークへとエートスを突き動かしているのである。
(電子生命体を人口身体に定着させる……あの方法には驚いたな)
 それは先日のR.O.O、そしてセフィロトを巻き込んだ騒動の折に完成した技術『エーテルコード』。長らく『無能』とセフィロトで呼ばれ続けた研究員、清水湧汰が開発したものだ。これまでとはまた異なったルーツの秘宝種もそのうち研究してみたい。
 とはいえ、現在研究中のテーマを疎かにもできない。それはそれで楽しく、興味を持って行っているのだから。
 着いた、とエートスは動かしていた足を止めた。今日は最後のチェックポイントだ。
 精霊種は混沌世界における、自然的由来の事象から発生する種である。とすれば、彼らが生まれたことによって混沌にも影響を及ぼしているのではないか……というのがエートスの研究テーマであった。
 R.O.Oについてはテストユーザーとして参加していたが、基本的にはフィールドワークである。些細な変化だって見逃せないのだ。あちらの世界にかかりきりで一時はそれどころじゃなくなってしまったが、その分しっかりと――。
「――全く、人使いの荒い……!」
 聞き覚えのある声にエートスはえ、と顔を上げた。その先にいたのは目元をマスクで覆った女性体。いました、とAI(アイ)が声を上げると、先程の声の主だった湧汰がこちらへ向かってくる。
「非常事態だ。フィールドワークなんてしている場合じゃないだろう」
 通達が出ていたぞ、と眉を吊り上げる湧汰。どうやらフィールドワークに出てしまっている研究員へ声をかけて回っているようだ。なぜ彼が、とも思うが。
「たまたまマッドハッターに捕まったんだ。……人命に関わるとあったら、断るわけにはいかないだろう」
「博士は8時間の休息を終えられた直後でしたので、Dr.マッドハッターも依頼し易かったと想定されます」
 心を読んだのように湧汰が答え、AIが補足する。つまるところ、丁度よくあちこち回れそうな人材が彼だったということか。
 苦々しい表情ではあるが、のし上がってやろうという思いはあれど、他人を見殺しにするような男ではない。そういうことである。
「ところで、その非常事態とは」
 エートスの元にも通達が来ていたのだろうが、まだ開いていない。R.O.Oにいた間、山というほど溜まった書類やらなんやらがあったからそこに載せられているのだろう。自身の研究テーマを思うとフィールドワークが重要である、という建前で書類消化を面倒臭がり、フィールドワークに逃げていたというのもある。
 普通ならば見ていなかったのかと批難されることだろう。しかし見ていたらこんな事態は起きていないからか、それとも既に声をかけた面々も同じ問いかけをしたのか――湧汰はそこをつつくような事はなく、淡々と事実のみを述べた。
「ジャバーウォック……『怪竜』とその配下たるワイバーンの急襲だ」

 その時。ワイバーンたちの鳴き声が、穏やかだったセフィロトの空に響き渡った。



 練達は旅人たちを主として構成された勢力だ。異世界という現実に耐えられないもののために作られた再現性東京の他、自力で元世界に戻りたいと願い行動する研究者たちが多い。そしてそういった者は大抵『物事に没頭してしまう性質』なのである。
 何が言いたいか? つまりは――通達を確認していなかったのは、何もエートス1人の話ではないという事。
 『Dr.』マッドハッター(p3n000088)の司りし『想像』の塔に置いても事態を飲み込めていない研究者が存在しており、小さな混乱が起こっていた。
「防衛機構の作動だって……!?」
「やだ実験の途中なのに!」
 このあとどうすべきかと右往左往する者、始めてしまった実験を中断し難いとごねる者と様々だが、このままでは混乱に乗じて敵が攻めてこないとも限らない。そこへリゼットの透き通ったソプラノが響いた。
「皆さん、落ち着いて塔の中へ避難してください! もう少しすればローレットが駆けつけてくれますから!」
「「リゼットきゅん……!」」
 研究者の、特にお姉さま方から声が上がる。愛らしい彼――そう、男の娘である――からそう言われたなら従わざるを得ない。ここで食い下がってリゼットが悲しんでしまうようなことがあってはならないのだ。
 一方のリゼットは研究者たちが混乱を多少なりとも収め、避難に向けて動き出したことにホッとする。珍しく『サボらない』塔主から回された仕事だ。なんとしてもやり遂げなければ。
 しかし空から響くひび割れた鳴き声にリゼットはハッと顔を向ける。見えたのはこちらへ向かってくる火の玉。
「あ――」
 避けるとか、そういう問題ではなく。死んでしまうと思った。研究者の誰かがリゼットの名を読んでいるけれど、振り返ることもできない。
 だが、飛んできた火の玉は唐突に弾けて消える。横合いから聞こえた不思議な旋律に視線を向けると、そこには1人の女性の姿。彼女は口を開き、
「そこのキミは大丈夫そうだね」
 ……と、しわがれた男性の声でリゼットの安全を確認した。このギャップにはリゼットも目を白黒させる。
「あ、ありがとうございます!」
「大した事じゃない。ワタシは防衛に回るから、避難誘導を頼んだよ」
 塔の防衛も必要だというのに、研究者たちに右往左往されたらそれどころじゃない。そうぼやいた彼女は颯爽と駆け出していった。
 先んじてやってきたワイバーンの群れは想像の塔を破壊し、人々へ混乱をもたらすように暴れている。高くそびえる塔が破壊されたなら、その被害は如何ほどか。塔に所属する魔術師などが対処しているが、その圧倒的な火力に早くも周囲の建物は一部崩れている。
 リゼットを助けた女性は再び詩を紡ぎ魔術を展開する。それは『魔術』というよりも一種の『芸術』だ。

 ――マッドハッターに聞いたことがある。芸術を媒介とする魔術師が、この塔にいるのだと。
 その名をヴィン・シレーニ。己が美声を犠牲にして、その知と才を受けた者である。

 リゼットは彼女に言われたように、そしてマッドハッターに頼まれたことを忠実に守って研究者たちを誘導する。通る声は良い道標だ。
 しかし、それも届かないような場所でマッドハッターは剣呑に空を見据えていた。既に先遣隊と思しきワイバーンたちが想像の塔方面へと通り過ぎて行き、防衛隊との戦闘が始まっている。
 彼自身までそこへ向かう訳にはいかない。この場所でさらに強大な敵を引き留めなければならないのだから。
「マッドハッターさん!」
「やあ、愛しの特異運命座標(アリス)達。すまないね、本当はお茶会に招きたかったところなんだが」
 有栖川 卯月(p3p008551)の声に振り返った彼は先ほどと一転し、いつもの笑みを口元に湛えていた。難しい表情などアリスたちへ向けるのに相応しい物ではない。
「既に聞いての通りだろうが、ジャバーウォックと亜竜たちが間もなくここまで到達する」
 それは『怪竜』と呼ばれる竜種。練達でも危険視し動向を監視していたのだが、一時は監視どころでなくなってしまった。それを再び捉えた時には練達へ向かってくる真っ最中、というのが今回の顛末である。
 危険なのはジャバーウォックだけではない。あれこそが危険の最たるものであろうが、亜竜の中にも複数体の狂暴と思われる個体が確認されている。その内、想像の塔へ向かって来ている亜竜をマッドハッターは『アシェンプテル(灰かぶり)』と称した。
 首都セフィロトより手前で食い止めるにはあまりにも時間が足りず、さりとてセフィロト内でも防衛しきれるかどうか。R.O.Oの傷跡が容易に癒えるわけではない。故にイレギュラーズたちへ依頼が届けられたのである。
「この場所には練達の発明品を仕込んでいてね。1回限りだが、アシェンプテルを空から君たちへと届けよう」
 設置型のそれは、言わば鎖の付いたバリスタである。凶悪なモンスターなどを拘束するのに使われるそれを、マッドハッターは少しばかり改良して引き寄せる機能を付けたのだとか。そんな簡単に機能を追加できるものなのかとも思うが、目の前にいるのは塔主たる1人だ。
 とはいえ、相手にどこまで通じるか――引き寄せられたとしても、地に縫い留められる時間は決して長くないだろう。再び飛び立たれてしまえばこちらには追いかける手段がない。そこはイレギュラーズたちの腕の見せ所だ。
「私も持てる限りを尽くそう。すまないがアリス達、頼らせておくれ」
 この大災を乗り切らねば、アリス達を茶会へ招待することもできないのだから。

GMコメント

●成功条件
 アシェンプテルの撃退、或いは撃破
 想像の塔の防衛

●情報精度
 このシナリオの情報精度はCです。
 情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。


●ご注意
 グループで参加される場合は【グループタグ】を、お仲間で参加の場合はIDをご記載ください。
 また、どの戦場に行くのか『1箇所のみ』指定を冒頭にお願いします。
例:
【A】
ブラウ(p3n000090)
囮作戦だ!俺は拳で殴るぜ!


●フィールド
 練達首都セフィロト。中でもマッドハッターが塔主を務める『想像の塔』付近となります。
 詳細は各パートで紹介します。


●【A】アシェンプテル戦
 想像の塔より少し離れた高速道路上。辺りには遮蔽物がなく、見晴らし良好です。
 周囲は避難完了しており、多少壊れたところで問題ありません。
 マッドハッターが先行して練達謹製バリスタを仕込んでいます。これはアシェンプテル会敵時にのみ作動し、遥か高い空を飛ぶアシェンプテルをフィールド上まで引きずり下ろします。
 アシェンプテルを引き留めなければ想像の塔へ向かい、ワイバーンたちとともにいたる場所を破壊してしまうでしょう。

○アシェンプテル
 全身に灰を被ったような色味をした、ワイバーンよりひとまわり大きな亜竜。【飛行】能力があります。
 ワイバーンたちと共に想像の塔に向かっていましたが、マッドハッターの『仕込み』によって引きずりおろされます。仕込みが作動している間は動きに制限がかかります。
 敵対時には表皮が非常に高温となり、【棘】の性質を持ちます。また、攻撃はいずれも広範囲に被弾します。
 攻撃手段は爪や牙、翼で巻き起こす風、口から放つ炎等。【炎獄】【苦鳴】【体勢不利】等のBSが想定されます。
 非常に頑丈かつ耐久力のある敵になります。その他のステータスも高いものと考えられますので、十分に警戒して戦闘に臨んでください。


○友軍
・『Dr.』マッドハッター(p3n000088)
 『想像の塔』の塔主。特異運命座標の事をアリスと呼びます。
 直接の戦闘はそこそこですが、大体のイレギュラーズよりは強いです。
 あまり言う事を聞きませんが、自身の開発したアイテムや能力でイレギュラーズたちを支援します。


●【B】『想像の塔』防衛戦
 想像の塔、及びその周辺で展開される防衛線です。高いビルが立ち並ぶ近未来的な街並みですが、既に始まっているエネミーとの交戦によりいくらか損傷が見られます。
 ビルの上に登っての戦闘や、塔周辺を飛行しながらの戦闘などが可能です。
 このまま放っておけば、ワイバーンたちによって塔とその周辺に甚大な被害を及ぼす他、【A】への敵援軍が想定されます!

○ワイバーン×???
 この戦場に登場するエネミーです。亜竜と呼ばれるドラゴン系のモンスターになります。赤褐色の皮膚を持ち、【飛行】能力があります。
 鋭利な爪や牙で攻撃してくる他、遠距離から火球を吐いて攻撃してきます。火球は範囲攻撃となり、【業炎】BSが付与されます。
 また、彼らの鳴き声は精神に作用する可能性があるようです。
 非常に攻撃力が高く、その火球で建物が抉れます。数も多いため囲まれると厄介です。正確な数は分かりませんが、恐らく30体以上いるでしょう。イレギュラーズが引き寄せない限りは無差別に攻撃します。

○友軍
・『賽の一投』ヴィン・シレーニ
  ヤツェク・ブルーフラワー(p3p009093)さんの関係者。練達所属の魔術師です。見た目は神秘的な女性ですが、声は中年男性のようなしわがれ声。美声と対価に魔を宿す芸術の知識と才能を手に入れました。
 火力特化というわけではありませんが、安定した経戦能力を持ちます。ワイバーンの勢いが強い場所へ加勢します。

・ドローン×15機
 軍事用の自律型ドローンであり、空中からの狙撃を可能としています。
 基本的にレーダーでワイバーンを観測し、自動的に狙撃を行います。射程と命中に長けています。耐久力は低め。
 周囲に敵を観測できなくなった場合は、観測を続けながら移動します。上手く敵を引き寄せてあげれば援護射撃を望めるでしょう。但し戦闘時間が長引くほど、機体数は減少すると見込んでください。


●【C】研究員の避難誘導&護衛戦
 想像の塔周辺の近未来的街並みが舞台です。【B】と戦場が被りますが、より人命に重きを置いた場合はこちらのパートです。
 練達にはワーカーホリックな研究者が少なからず存在し、今回の非常事態について把握できていない者が逃げまどっています。彼らの避難誘導、及び避難までの護衛が必要となります。また、清水湧汰のように逃げ遅れた者がいないか捜索することで犠牲者を減らすことができるでしょう。
 避難場所は想像の塔周辺に存在する建物の地下です。場所については依頼が舞い込んできた時点で連携されているものとします。
 このパートは多くの人数を必要としませんが、友軍のみでは対処しきれません。その場合は犠牲者の発生、【B】の戦場へ逃げる研究者の乱入などが考えられます。

○エネミー
 【B】と同じですので割愛します。

○友軍
・エートス・セグント
 ヴェルグリーズ(p3p008566)さんの関係者。練達の研究者で、元世界ではAIです。彼は非常事態について把握していない研究者でしたが、周りへの声掛けを行いつつ避難を始めています。
 旅人であり、フィールドワークをこなすことから多少戦いの心得はあります。どうにか自分の身を守るので精一杯といった程度でしょう。

・リゼット
 アリア・テリア(p3p007129)さんの関係者。元々アリアさんと同じ劇団に所属するソプラノボーイ兼腹話術士でしたが、現在はマッドハッターの研究室の手伝いを行っています。
 非イレギュラーズで戦闘能力はありませんが、マッドハッターからの頼みにより避難誘導を行っています。彼の声は良く通るため声掛けには最適ですが、マッドハッターからはあくまで自身の安全第一と言いつかっています。

・清水湧汰
 清水 洸汰(p3p000845)さんの関係者。練達の研究者であり、電子生命体を人口身体へ定着させる技術『エーテルコード』の開発者。
 今回はマッドハッターに巻き込まれたと言って良いですが、もはや乗り掛かった舟、人命がかかっていることもあり助力してくれます。
 彼は破壊された建物などに逃げ遅れた者がいないか、後述の『AI(アイ)』とともに捜索・避難誘導を行っています。

・AI(アイ)
 清水 洸汰(p3p000845)さんの関係者。清水湧汰の開発した『エーテルコード』によって秘宝種と認められています。
 元々コンピュータに搭載されたサポートAIの一種であり、秘宝種となった今も他者の健康サポートを行っています。特に清水湧汰を気にかけており、今回の戦いにおいても彼をサポートしています。


●ご挨拶
 『想像の塔』周辺を担当いたします、愁です。
 ジャバーウォックたちの思惑は掴めませんが、まずはこの戦いを乗り切りましょう。
 それでは、どうぞよろしくお願い致します。

●決戦シナリオの注意
 当シナリオは『決戦シナリオ』です。
<Jabberwock>の決戦及びRAIDシナリオは他決戦・RAIDシナリオと同時に参加出来ません。(EXシナリオとは同時参加出来ます)
 どれか一つの参加となりますのでご注意下さい。

  • <Jabberwock>お茶会は始まらない冒険中
  • GM名
  • 種別決戦
  • 難易度HARD
  • 出発日時2022年01月20日 23時59分
  • 参加人数52/50人
  • 相談5日
  • 参加費50RC

参加者 : 52 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(52人)

アルペストゥス(p3p000029)
煌雷竜
キドー(p3p000244)
最期に映した男
エマ(p3p000257)
こそどろ
零・K・メルヴィル(p3p000277)
恋揺れる天華
清水 洸汰(p3p000845)
理想のにーちゃん
ジェイク・夜乃(p3p001103)
『幻狼』灰色狼
バクルド・アルティア・ホルスウィング(p3p001219)
帰ってきた放浪者
咲々宮 幻介(p3p001387)
刀身不屈
ジークフリート(p3p001713)
特異運命座標
レーゲン・グリュック・フルフトバー(p3p001744)
希うアザラシ
グレイル・テンペスタ(p3p001964)
青混じる氷狼
メルナ(p3p002292)
揺らぐ青の月
藤野 蛍(p3p003861)
比翼連理・護
桜咲 珠緒(p3p004426)
比翼連理・攻
ミルヴィ=カーソン(p3p005047)
夜に一条
エマ・ウィートラント(p3p005065)
Enigma
ルルゥ・ブルー(p3p006410)
水底の夢
アルメリア・イーグルトン(p3p006810)
緑雷の魔女
イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
秋の約束
アリア・テリア(p3p007129)
いにしえと今の紡ぎ手
城火 綾花(p3p007140)
Joker
タツミ・ロック・ストレージ(p3p007185)
空気読め太郎
ラニット(p3p007386)
雨の獣
ビジュ(p3p007497)
汚れた手
時任 零時(p3p007579)
特異運命座標
ファルム(p3p007966)
主無き人形
松元 聖霊(p3p008208)
ヒュギエイアの杯
チェレンチィ(p3p008318)
青き砂彩
星穹(p3p008330)
星雛鳥
アザー・T・S・ドリフト(p3p008499)
聖なるかな?
有栖川 卯月(p3p008551)
お茶会は毎日終わらない!
ヴェルグリーズ(p3p008566)
全てを断つ剣
節樹 トウカ(p3p008730)
散らぬ桃花
黒野 鶫(p3p008734)
希望の星
砧 琥太郎(p3p008773)
つよいおにだぞ
八重 慧(p3p008813)
歪角ノ夜叉
エクレア(p3p009016)
影の女
ヤツェク・ブルーフラワー(p3p009093)
陽気な歌が世界を回す
リースヒース(p3p009207)
煤闇衣
ウルズ・ウィムフォクシー(p3p009291)
持ち帰る狼
ルビー・アールオース(p3p009378)
正義の味方
祝音・猫乃見・来探(p3p009413)
淡き白糖のシュネーバル
もこねこ みーお(p3p009481)
ラッキーキャット
ウーナ・ブルー(p3p009736)
薔薇剃刀
すみれ(p3p009752)
しろきはなよめ
ハビーブ・アッスルターン(p3p009802)
何でも屋
ミソラ・アベンチュリア(p3p010031)
新たな可能性
リュビア・イネスペラ(p3p010143)
malstrøm
嘉六(p3p010174)
特異運命座標
唯月 清舟(p3p010224)
天を見上げる無頼
ネフェルティ(p3p010259)
レナート=アーテリス(p3p010281)
特異運命座標

PAGETOPPAGEBOTTOM