PandoraPartyProject

ノベルマスタープロフィール

佐茂助

自己紹介 2019年10月17日 更新

☆ご挨拶
 おはようございます! こんにちは!! こんばんは!!! 佐茂助(さもすけ)と申します。まだまだ未熟者ですが、どうぞ、生暖かな目をよろしくお願い致します!

頂いた依頼には誠心誠意真心込めて書かせていただきます。頑張ります。好きな作家は90年前くらいに生きた人達なので文章は彼等に似てしまうことも多々あるかもしれません。頑張ります。

☆得意ジャンル
日常系やギャグ、コメディ系が好きです。戦闘系も好きですが、ご満足したものをお届けできるか不安です。恋愛系で、デートやラブラブしたのは少し苦手です。


☆リクエストしていただく際に
・キャラ視点
・筆者視点(神様視点)
・それ以外の書き方
を記載していただければ幸いです。何も書いていなかった場合には雰囲気で決めます。

ご依頼お待ちしております!!!

【サンプル】

・キャラ視点

 目の前で内の者が無惨にも妖に切り裂かれてしまったのはさて、どれだけ時計の針を左にやればよいのだろう。
 人に降りかかる災厄など、目まぐるしく写りゆく世界では塵にも等しいのであろうか。それとも、内の者に相当な執念が無かったのであろうか。今では自分に降りかかっていた災厄がこの上なく儚く、尊いモノとして心の奥深くに根を張っているのだ。


・筆者視点(神様視点)

「好きです!」
 人目見た時から胸にふつふつと湧き上がっていた想いを、少年は意を決して叫んだ。それまでもみくちゃに騒いでいた学生達も突然の少年の告白にしんと静まり返っていた。
「あ、あの、お付き合いしてください......」
 切ったばかりの爪の先、真っ直ぐ生え揃った睫毛の先、色素が薄れた髪の毛先に至るまで、少年の身体は今にも茹だってしまいそうな程暑くなっていた。


・その他(例:ほぼキャラしか喋んない)

テララ「♪テララの〜3分」
リドル「♪Cooking〜だねぇ!」
テララ「さて、本日ご用意したのが、採れたて新鮮とっても甘くて美味しい原価1本数百円の人参さん!!!」
リドル「うぉお、これは美味しそうなニンジンさんなんだねぇ......!」
テララ「せやろ?この人参をな、今日はサラダにするんだぜ!」
リドル「えぇ、ボク生野菜は苦手なんだねぇ......」
テララ「バカヤロゥ!!!!」

ーーぺちーーんっ

リドル「っだねぇ!?」
テララ「バカヤロゥ! お前には聞こえないのか!?この人参の叫びを!!!」
リドル「ニンジンさん、の......叫び? だねぇ??」
テララ「そうだ、さぁ耳を澄ませてみろリドル! お前になら聞こえるはずだ!!」


【☆連絡事項☆】
10月16日より、ノベルマスターになりました! よろしくお願い致します!!

依頼結果

総依頼数:1

VERYEASY:0EASY:1NORMAL:0HARD:0VERYHARD:0NIGHTMARE:0

完全成功:0大成功:0成功:1失敗:0大失敗:0結果待ち:0

リプレイ挿絵

SS発注

SSタイプ SS 制作日数 RC 現在制作中 リクエスト
1人SS 見る 7 200 0 キャラクターを選択してください。
2人SS 見る 8 300 0 キャラクターを選択してください。
3人SS 見る 9 400 0 キャラクターを選択してください。
4人SS 見る - - 0 このSSタイプは受付していません。
5人SS 見る - - 0 このSSタイプは受付していません。

得意なSSジャンル

シリアス/コメディ/ほのぼの

PAGETOP