PandoraPartyProject

縺薙?荳也阜縺ョ繝舌げ繧

解析に失敗しました
存在固定値を検出。――◾️%?$、検出が失敗しました。◾️試行。――タイ◾️◾️◾️トしたため、邏ォ譛として仮讀懷?しました。存在固定値を再定gggggg――存$を◾️めま蟄伜惠◾️、縺薙?繝舌げ繧、
プロパティが無効です
【■果】【蜀咲函■■■■■】【蜈?。ォ■■■■■】【BS辟。蜉ケ】【?】【迚ゥ辟。】【逾樒┌】【#殺辟。蜉ケ】【シナ$オ時*諠ウ螳壼、悶?莠玖ア。縺檎匱逕溘☆繧句庄閭ス諤ァ縺碁ォ倥¥縺ェ繧翫∪縺吶?】
指定されたクラスが存在しません
縺ゅ↑縺溘?諢帙↓繧医▲縺ヲ縺ョ縺ソ蟄伜惠繧定ィア縺輔l縺セ縺吶?
IDp3x001107 デスカウント 31
種族 不明なエラー Lv 137
クラス 解析に失敗しました / プロパティが無効です エスプリ 指定されたクラスが存在しません
初ログイン日 2021/04/23 性別 不明
身長 巨躯 外見年齢 Unknown
髪色 特殊 体型 肥満
肌色 特殊 目の色 特殊
特徴(外見) 【混沌】 【混沌】 【混沌】 【混沌】 【混沌】
特徴(内面) 【混沌】 【混沌】 【混沌】 【混沌】 【混沌】
一人称 ERROR! 二人称 ERROR!
口調 問題が発生しました
アクセスファンタズム名 データが壊れています
アクセスファンタズム詳細 存在情報の流入を開始。

【不明なエラーが発生しました】
【不明◼︎エラーが◼︎生し◼︎◼︎た】
【不明◼︎エラ◼︎がERROR!逋コ逕溘@縺セ縺励◆】

――介入完了。

純粋なる電脳存在はあなたを怖れます。

縺翫d縲√∪繧。縲ょ峅縺」縺溘?縺??ヲ窶ヲ繝偵ヲ繝偵?

STP 1550
成長 HP偏重型
経験値 22365/94620
HP 57836 AP 3105
物理攻撃力 3792 +4161 神秘攻撃力 337 +0 EXF 15
防御技術 51 特殊抵抗 111 EXA 17
命中 115 回避 38 クリティカル 25
反応 26 機動力 4 ファンブル 17
その他パッシブ効果:【再生200】【ダメージ200】【追撃20】【水上行動】【水中行動】【飛行】
スキル名 基本 消費 威力 命中 CT FB その他
繧「ク$ィブ◆キル1
繧「ク$ィブ◆キル1
縺薙?荳也阜縺ョ繝舌げ繧の第一のア?ティブ%繧ュルです。
物超域047921652017物超域:AP0:物攻+1000、命中+50、CT-5、【万能】【防無】【スプラッシュ2】【必殺】【ブレイク

-----

-----

-----
パッ繧キ繝悶せキ?1
パッ繧キ繝悶せキ?1
縺薙?荳也阜縺ョ繝舌げ繧の第一@繝代ャ繧キブスキル↓す?
------物攻+480、命中+15、【水上行動】
繝代ャシ@ス=ル2
繝代ャシ@ス=ル2
縺薙?荳也阜縺ョ繝舌げ繧の隨ャ二のパ繝?す繝悶せキル&す。
------抵抗+40、【再生200】【水中行動】
パ繝?す$繧ケ繧ュ繝ォ3
パ繝?す$繧ケ繧ュ繝ォ3
縺薙?荳也阜縺ョ繝舌げ繧縺ョ第三縺ョパッシ繝悶せ繧ュ繝ォ縺ァ縺。
------抵抗+40、反応+18、【飛行】

------

------
譛?菴朱剞縺ョ諢乗?晉鮪騾
譛?菴朱剞縺ョ諢乗?晉鮪騾
これの視界内にいる、「これと意思疎通を図りたい」と思っている者に対してテレパシーで会話をする事ができます。
------
蟄伜惠蟶碁㊧
蟄伜惠蟶碁㊧
自身のアバターを希釈し透明化できます。この状態の時に移動以外の行動はできません。
------
繝舌げ縺ョ關ス縺ィ縺怜ュ
繝舌げ縺ョ關ス縺ィ縺怜ュ
これのアバターは一定のカタチで固定され、他の姿を取るには存在強度(レベル)を上げていく必要があります。
------
装備 コレクション
アイコン 名前
血陋ュ蝨ー獄
■魔、覚驢偵↓閾ウり。こ?紅、縺セ縺輔↓%極にし縺ヲ諢画え縺ェり。血を啜る逕溘″た■■。 

インペリアルコート
重厚なる帝国軍装を纏い、いざ戦場へ。 
ゼシュテルスタイル
ゲームを人生の本義と捉え、その他の全てを捧げるという、非常に危険なプレイスタイル。目指すは最強の座。R.O.Oは、遊びじゃあないんだよ。 
ゼシュテルスタイル
ゲームを人生の本義と捉え、その他の全てを捧げるという、非常に危険なプレイスタイル。目指すは最強の座。R.O.Oは、遊びじゃあないんだよ。 
マジック・キー
変幻自在に形を変える鍵です。 
青い石
やたら青く光り輝いている石。この光ってもしかしてチェレン…… 
青い石
やたら青く光り輝いている石。この光ってもしかしてチェレン…… 
プレイスタイル・スタンス
(ホニャホニャ…)

(基本は非戦スキルで意思疎通を行うが、肉声の声も辿々しく聞こえてくる様になった)
(自我、思考能力はそのままのようだ)

【以下、公認設定】
練達の叡智の結晶にすら正体不明と判別されたソレは、電脳世界に見るも悍ましき姿で投げ出された。

それから暫くして、ゲーム内でレベル100に達したソレのアバターに変化が現れることになる。存在強度(レベル)が一定まで上がったため、存在の定義がある程度進んだらしい。

その姿はまたもや悍ましいものの、以前よりは肉声として発した音声が滑らかになり意思の疎通がしやすくなった。更には以前と変わらずクエストの受託や買い物などの一部のシステムはソレへの恐怖を無視して働くことも確認されている。

そして相変わらず、小鳥からの愛はソレへと注がれているようで安心しているようだ。
感情

感情一覧へ

通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM