PandoraPartyProject

シナリオ詳細

銀河鉄道旅行

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●夜空を走る汽車

 ガタンガタン……シューー

 深夜、ふと目が覚めた。徐に窓の外を覗くと、そこには真っ黒い汽車が灰色の大きな煙をもくもくと吹かせて停車していた

『ボクのジョヴァンニ。怖がることはないよ。さぁ、汽車に乗っておいで』

 幼い少年の様な可愛らし鈴の音の様な声が隙間風に乗って部屋に漂った

 誰かが呼んでいるのか……?

 不思議に思いながらコートを羽織り外に出てみると、月の光に照らされた飴色のキラキラと輝く美しい髪を撫でながら、白い肌の少年が手を振って微笑みかけていた

『早くおし、汽車が出発してしまうよ』

 少年に言われるがまま汽車に乗り込むと、ガタンという重たい音を立てながら汽車はゆっくりと進み始めた。そして段々上へ登っていくのだ。まるで、夜空の上を走っていくように

『ジョヴァンニ。こっちへおいで。ずっと立っていたらくたびれてしまうだろう?』

 少年は満天の星空をそのまま閉じ込めたような藍色の瞳でこちらをじっと見つめて、それからスタスタと明るい光が漏れているドアをガラガラと開けて入っていった
 ドアの向こうは少年以外誰もいなかった。朱色のクロスシートが奥まで続いており、横の大きな硝子戸からはミルクが流れた跡のような白くぼやぼやとした天の川がくっきりと見えた

『ジョヴァンニ、ここにしよう。ボクの隣に座って』

 少年がストンと席に座ると、それに引き寄せられるように足が動いた。そして彼のようにストンと座席に腰を下ろした

『はい、これが君の切符だよ。気を付けて、失くしたら帰れなくなってしまうからね』

 渡された切符は銀色に光っていた。切符には【銀河旅行】と書いてある

『これから君は君自身の旅に出るんだ。君の過去を知っている場所にね。そうして君は自分を見つめ直すんだ。初心に帰るってやつかな? まぁちょっと違う気もするけどね……でもあまり長く入れないから気を付けて。日が昇る前に帰らないと、君は一生旅を続けることになってしまうからね』

 そう言って少年は汽車の硝子戸を少し開けた。そよそよと頬を撫でる風がなんとも心地良い


『それじゃあまずはジョヴァンニ、君の過去を知る場所を教えて?』

NMコメント

こんにちは、こんばんは。佐茂助と申します
初めてのラリーです。ワクワクのドキドキです

銀河鉄道の夜。有名な作品をお借りして皆様に過去を巡る旅をお届けします
今回の流れとしては、

一章:思い出の場所を少年に話す
二章:思い出の場所で過去を振りかえる
三章:振り返った過去を胸に家に帰る

という感じです
因みに今回のNPCである少年は「カムパネルラ」あなたの友人であり、他人、会ったことがあるかもしれないしないかもしれない。あなたの奥深くに眠る過去への思いが具現化したモノ……かもしれない存在です。あなたの旅に付き添います


皆様のご参加お待ちしております

  • 銀河鉄道旅行完了
  • NM名佐茂助
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年03月18日 16時31分
  • 章数3章
  • 総採用数21人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

ベルフラウ・ヴァン・ローゼンイスタフ(p3p007867)
金獅子

「やあ、久しぶりじゃないか。カムパネルラ」

 以前に会ったのは何日、いや何年前だったかな。君と会う時はいつも全てがあやふやになってしまう
 それも何故だか不思議と悪い心地はしないんだ……寧ろ、まるで春の日和にハンモックに揺られてウトウトとしながら本を読んでいる様なそんな心地良さがある

 ベルフラウはゆっくり瞼を閉じて背もたれに身を任せた。その姿を見たカムパネルラは懐かし友人を見るような眼差しで優しくベルフラウに微笑んだ
「ジョヴァンニは相変わらず……だね」
 ガタガタと微かに揺れる汽車に暫く揺られていると、ベルフラウが口を開いた
「そうだ、最近温泉と言うものに入ったんだ。温かくてさ、あそこに流れる天の川みたいに乳白色をしていた。今度君も連れて行ってやろう、きっと気に入るだろうさ」
 ベルフラウは両手で温泉とはどういうものなのかカムパネルラに説明して見せた。それを聞いたカムパネルラは瞳に閉じ込めてあった星々をキラキラと輝かせてコクンと大きく頷く
「君が言うんだ。きっと温泉というものは大層素敵なものなのだろうね」
 そうしてカムパネルラは夜空に漂っている天の川を見つめた

 そう言えばこの汽車は天の川は走らないのだろうか
 走らないのだろうなあ
 夏にまた乗れば、きっと希望は叶うのだろうけれど
 まだまだ肌寒い
 カムパネルラの美しい飴色の髪を眺めながら、ベルフラウの口からは汽車の煙突から吐くような白い息が溢れ出た

成否

成功


第1章 第2節

セリア=ファンベル(p3p004040)
初日吊り候補

「思い出の場所か」
 旅の途中であちこちで行き倒れて、いろいろ経験してきたけど……思い出っていうとやっぱりあそこかな
 セリアはぽつりと呟いて硝子戸の外を眺めた。夜空を流れる天の川は相変わらず途切れることなく悠々と漂っている
「名前どころか、もうどこの国かも分からないけど。家族をなくして生まれ育った場所を追い出された後、放浪してるうちに、ある遺跡に住み着いたんだ。街からちょっと外れた遺跡の地下でね」
 硝子戸の外を眺めながら懐かしげに話すセリアの横顔を少年はじっと静かに見つめている
「水だけは流れてたから日中はずっとそこに引きこもって、夜になってお腹がすいたらどこかに食べ物を漁りに行って……たぶん街の人からはモンスターかなにかだって思われてたかもね
 暗い地下室なのに不思議と暖かくてね。遺跡の名前も、何年住んでたかもわからないけど、不思議な場所だったね」
 ふと瞼を閉じれば脳裏に焼き付いた映像が流れだす。報われなかった過去、孤独な自分
 少年が少し寂しそうにセリアの顔を覗き込んだ。セリアは西日に照らされた水晶の様に淡い光を帯びた瞳に少年を映した。そして一言
「そんな顔しないで」
 と、優しく少年に微笑みかけた

 セリアと少年を乗せた汽車はガタンゴトンと音を立てて、星空がぴかぴかと輝く夜空を走って行くのだった

成否

成功


第1章 第3節

イースリー・ノース(p3p005030)
未来が為に

 彼の事を知っているような、知らないような
 そんな曖昧な有機体の脳記憶
 無理もない
 本体との接続が切れて、もう随分と経つ
 私が混沌へと召喚され、もう随分と……

「カムパネルラ、こうして一緒に座っているとあの場所を思い出します」
 ノースが隣で澄ましている飴色のキラキラと輝く髪をしたカムパネルラに語り掛ける
「最後のあなた方を見送った場所
 もう他に誰もいない星の上、沈む夕陽の渚にて
 彼が最後に空を見たいと言ったから
 太陽も月も星も見られるようにと、連れて行ったあの場所に」
 ノースはよく晴れた空色の瞳をゆっくり閉じて、胸に手を当てた。ドクドクと打つ心臓の音が手を通して伝わってくる。嬉しいような、でも少し悲しい音
 カムパネルラもノースを真似して胸に手を当ててみる。すると、動揺にドクドクと微かに音を立てる心臓の鼓動が聞こえた

 二人を乗せた汽車は星空に流れる天の川の横を辿るように、ガタンゴトンと真っ直ぐ目的地へと進んでいく 

「私が人類の手で生まれた場所、人類の手で育った場所、そして人類の手から離れた場所
 私の過去に繋がる場所は数多ありますが、この列車はあそこへ行くのですね」

成否

成功


第1章 第4節

辻岡 真(p3p004665)
旅慣れた

「カムパネラ。俺はきっと銀河鉄道に乗って君に会った夢をみているんだね?」
そう微笑を浮かべた真はカムパネラの表情の変化を観察する。カムパネルラは一瞬目を丸くして、それから少し悲しそうな顔をした。真は天の川が流れている窓の外を見やって考えると椅子に深く腰を落ち着けた
「話そう、カンパネラ。君はどこか懐かしい。まるで幼馴染みで親友のあいつと対面しているかの様な感覚を覚えるよ。不思議だね」
 あいつと君は全然違うのに。真は微笑む
「どこが違うんだい?」
 カムパネルラは瞳に閉じ込めた夜空の星たちをぴかぴかと輝かせて真を顔を覗き込んだ
「うんー……あいつはさ、ゆうきは俺の無二の親友で、生まれ育った世界での相棒だった。昔から何をするにも一緒にやってきた。この世界に召喚直前もあいつと一緒にいたんだ」
 ふーんと、カムパネルラは嬉しそうに長い飴色の前髪を垂らしながら頭を傾けた。それはどこか満足そうで、何かに安心したかのようだった

「これが銀河鉄道と云うならばお願いだ。俺をあいつのもとへ。あいつと一緒に創設し育てた俺達の会社『永遠の記憶』へ向かってくれ!」

 汽車は真の願いに了解したと返事をするようにポーっと煙突から真っ黒い煙をもくもくと吐きながらガタンゴトンと音を立てて走る。星々が笑う夜空の中を真っ直ぐ突き進んでいく
 ただひたすら目的地へ一直線に――

成否

成功


第1章 第5節

恋屍・愛無(p3p007296)
双彩ユーディアライト

「僕は旅は一人でする主義だが。君となら話は別だ
 なに。「特別」というやつだ。改めて言葉にするのは少々、気恥ずかしいがね」
 愛無がぽつりぽつりとカムパネルラに言う。それからカムパネルラが笑って「続けて」と言った
「さて、思い出話か。旅の肴に、それも悪くは無い。僕も色々な場所を回ったが」
 と、愛無は人差し指をぴんと立てた
「そうだな。それなりに長く過ごした場所なら、砂漠だろうか
 砂漠という物は、当然、砂の海でな。生物などは数も少ないし、小型の物が殆どなのだが
 そこの砂漠は、やたらとあぐれっしぶな生物ばかりでな。バカでかい蟹やら、砂を泳ぐ鮫やら。おかげで食事には困らなかったよ」
「へぇ、ボクもジョヴァンニが食べてきたものを食べてみたいなあ」
 頭を傾けながらカムパネルラはにこっと微笑んだ
「君にも喰わせてやりたいが。どうなるか。君は繊細そうだからな」
 カムパネルラの細く白い腕を見て、愛無は天井を仰いだ。カムパネルラは不機嫌そうにつんと鼻を背け。硝子戸の外に広がる長い長い天の川に視線をやった

「冗談だ。君はなんだかんだで強いからな」
 そんなカムパネルラにやれやれと溜息をついた愛無は少し面白がるように呟いた
「それは本当かい?」
「あぁ」
 すっかり機嫌をよくしたカムパネルラは愛無の言うあぐれっしぶな生き物を沢山聞かせてとお願いした
 そして二人はずうっと先の目的地に着くまでお喋りを続けるのであった

成否

成功


第1章 第6節

ヨタカ・アストラルノヴァ(p3p000155)
甘くて、少ししょっぱいレモネードを
武器商人(p3p001107)
闇之雲

 しんと、辺りは静まり返った真夜中。夜空にはぴかぴかと満天に輝く星々が黒くなってしまった地上を見下ろしている

 ガタンゴトン……

 先程まではふわふわのベッドの上で幸せな夢を見ていたはずなのに、気がついた時には電球に光が頬を黄色く照らしていた

 薄っすら瞼を上げると飴色の髪をさらさらと垂らした少年が眉を八の字にして顔を覗き込んでいた
「やっと起きたかい? おはよう……いや、こんばんはかな。ボクのジョヴァンニ達」
 瞳に閉じ込めてある星をきらきらと光らせ、少年が微笑んだ


 武器商人とヨタカはいつの間にか銀河鉄道のゆったりとしたクロスシートに腰を下ろしていた
 二人で寝ていたはずだが不思議なこともあるもんだと、互いに首を傾げた
 だが、どこか見覚えのある飴色の髪
「嗚呼、キミかいカムパネルラ」
 と、武器商人くすりと笑った。「久しぶりだね」と頷いたカムパネルラは、二人に銀色の切符を渡す
「これからこの銀河鉄道に乗って過去を巡る旅行に出かけようと思ってね。その切符を失くしてはいけないよ。二度と帰れなくなってしまうからね」

 「早速二人の思い出の場所を話しておくれ」と、カムパネルラが前の座席から頭をひょっこり出して言った

「我(アタシ)の事を話すなら、そうだなぁ」
 思い出の場所といえば、やはり海かな
 白鯨の君……優美で聡明な、我(アタシ)の最初にして永遠のトモダチ
 我(アタシ)がまだ、空と海と大地と、精霊と魚と鳥しか知らなかった頃
 青海の主である彼女の上で、世界を漂っていたんだ
 色々あって、鯨であった彼女はニンゲンの少女として死んだけど
 あの原風景はいつまでも覚えているとも」

 武器商人は俯いて銀色の長い前髪の下に隠れている瞳を閉じた。ヨタカは静かに武器商人の手を握り、それから小さく口を開いた

「そう、そこは幼い頃……毎日通いつめた母上の部屋
 アルビノである母は、元より身体が弱く
 俺が5歳を迎える頃にはベッドで過ごす日が増えていた」
 ヨタカは寂しい顔をしてほうっと息を吐いた
「それでも俺は、ベッドで過ごす母を毎日見舞った
 優しい声、優しい手であやして……色んな話を聞かせてくれる
 大好きな母上
 楽しい日々を過ごした、たいせつなばしょでもあり
 母上を看取った悲しい思い出の場所だ」

 ヨタカの手の温もりが武器商人に伝わる。ヨタカに握られている手が微かに震えているのはきっと気のせいなんかじゃない。武器商人はヨタカに寄り添うように身を寄せる。ヨタカもまた、武器商人の胸に顔を埋め、一層握っている手に力を込めた
ヨタカの中で様々な感情がぶつかり合い、混ざり合い、溶けあっていく

「でも大丈夫……紫月が隣にいてくれるから……」

 自分に言い聞かせるようにヨタカは呟いた

「我(アタシ)も、おまえが隣にいてくれるからどんなに辛い過去があったって、どんなに暗い未来が待っていたって大丈夫さ」

 三人を乗せた汽車は静かに夜空を進んでいく

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM