PandoraPartyProject

ギルドスレッド

<六天覇道>ザーバ派

バーデンドルフ・ライン執務室(方針まとめスレッド)

ふむ。来たのか、イレギュラーズ。
此処は各地の情報を取りまとめている所でな――
多くの意見が此処に集まっている。
むっ。お前も何か良いアイディアを持ってきたのか?

※このスレッドは勢力に対する「NPCへの連絡・報告」スレッドです。
※「提案スレッド」での相談を経て勢力として「このような動きをした方がよいのでは?」という提案報告をNPCに行う事で、なんらか勢力の動きやシナリオの傾向に影響がある可能性があります。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
御苦労。
現時点での意見についてジルベール (p3p010473)が纏めたものを持参した。
現時点で異論は上がっていないが、随時修正ないし追加を施す。
以下本文。



・幻想のスパイの炙り出し(至東)
→魔種を倒すという大義名分があれば後ろからつくなど卑怯なことをしにくいのではないだろうか(オニキス)
・間者を方々に出す(ジルベール)
・帝政派との協調(エッダ)
→ヴェルスの捜索と、大体的に協調することでヴェルスがいない間に帝位を狙う卑劣漢ではないとアピール(アト)
→不戦協定を結ぶ(風牙)
→『道』の護衛などどうだろう(ゴリョウ)
→ヴェルスがいなくても国が回るようにしたい(アッシュ)
・アーカーシュの矢は最終手段(優炎)
・生産力の強化(ゴリョウ)
追加になります。
ご検討のほどを。

【道の護衛】
鉄道、街道を含めて「ザーバ派があの道を守る行動を取っていた」というのは大きな利点になる為、強く推奨。

【生産力向上】
ギフトによる提供、炊き出し、救荒作物の育成開始。ギフトの生ハムに関しては今のところスープとしての使用。茹でて7割塩を抜かした肉の主食との同時使用。なお、この湯は流下式塩田法で塩にする。
また、道路に隣接した村民から少人数で良いので労働力を提供してもらう事を提案。

【スパイ対策/アーベントロート対策】
「アーベントロート領の管理する北方戦線」にある小規模な砦等であれば、通常の派兵ではなくてイレギュラーズによる攻撃が可能。
そしてイレギュラーズの攻撃であれば、兵站に負担をかけずに物資の略奪が可能。なおかつ「ローレットの依頼だったから」でザーバ派は知らぬ存ぜぬを通すこともできる。

【欲しいスレッド】
ザーバや他の幹部と、世相の話をせずにくだらないことが話せるスペースが欲しい。一般兵との交流で士気も高められる。

【補給線の拡大】
現地の人に地図を作って貰う。
現地人が使う獣道とか、今じゃ荒れて使えない道など。
補給路の寸断とかされた際のカバーができそう。

【ヴェルス捜索】
イレギュラーズを軸に捜索の手伝いを帝政派に申し出てもいい。
ローレットの依頼として出せば行動を起こせる。

【生活能力の改善】
住環境がしばらく砦や現地での行動になるのなら、彼らとイレギュラーズの仲を深めるためにも、湯を沸かすことから料理洗濯、一緒にすることで連帯感を深める。戦場で肩を並べること以外に、彼らの素朴な意見を汲み上げるためもある。
>・間者を方々に出す(ジルベール)
此方は『作戦会議室(※提案スレッド)』でも述べたが、諜報の強化は良い手だな。
此処は軍事拠点。他所よりも諜報の力もある。
諜報部に掛け合ってみよう。もしかすればお前達にも支援を頼むかもしれんな。

>・帝政派との協調(エッダ)
帝政派と積極的に争う意味はないからな。
協調や不戦も含めて彼方とはいずれ接触を果たしたいとは思っている――
ただ、現状だと即座に接触とはいかない。互いの代表が自由に動ける状況でもないしな。

>アーカーシュの矢は最終手段(優炎)
これは現状、軍部非主流派が有しているからな。
我々からは手の出しようがない……非主流派の出方次第、か。

>『道』の護衛などどうだろう(ゴリョウ)
>生産力の強化(ゴリョウ)
>【道の護衛】
>【補給線の拡大】
あぁ。実はこれに関しては作戦本部で『ある計画が』練られている――
近い内に皆に発表する事も出来るだろう。暫く待ってほしい。

>【生産力向上】
イレギュラーズはなんと料理に強い連中がいるんだ……
この地は軍事拠点であるが故に、生産力が強くないからな――助かる。
(※近い内に『生産力』に影響があると思いますが、TOPで展開しますので暫くお待ちください)
>幻想のスパイの炙り出し(至東)
>【スパイ対策/アーベントロート対策】
これに関しては検討したのだが、国内のスパイ対策はともあれ、それ以上の干渉……例えば攻撃に関しては見合わせになりそうだ。
と言うのもな。もし幻想国になんらかの干渉を掛けて戦争になった場合――帝都やその他の支援なしに、我々は単独で戦わなければならない。
恐らく分が悪い事になるだろう。新たな火種を抱えるのは避けたい。表面上イレギュラーズが行ったとしても、疑惑の目を向けるのも避けたいのだ。
それにあの国は、貴族間の対立や腐敗があっても外敵に対しては一致団結するからな。反撃も想定される。
故に(イレギュラーズを介してでも)幻想国へ干渉するのは、すまんが無しになりそうだ。

>【欲しいスレッド】
これは現状の『バーデンドルフ・ライン別棟(※雑談スレッド)』ではなくて、他にかな?
まぁ現状将軍や俺があまり顔を出せていないからな……なるべくあちらにも顔を出すようにしてみるよ。

>【ヴェルス捜索】
>ヴェルスの捜索と、大体的に協調することでヴェルスがいない間に帝位を狙う卑劣漢ではないとアピール(アト)
此方は『作戦会議室(※提案スレッド)』でも述べたが、この派閥はザーバ将軍をこそ皇帝に、という声が大きいからな。
帝位を誰かに任せたいザーバ将軍ご自身はともあれ、ヴェルス帝を探すのは、勢力としての動きはどうしても帝政派と比べて鈍くなりそうだ。
ただ、アトの言うように『動くこと』それ自体に意味はあるだろう。
その内この派閥からもそういった依頼が出るかもしれない――その折は宜しく頼む。

>【生活能力の改善】
ふむ。前線ではなく後方側での活動、と言う事か。
交流は大事だな。分かった、この件は将軍に掛け合ってみよう。


ここまで纏めをありがとう。
「補給線の拡大」「道の護衛」と言った内容に関しては少し大きな動きになりそうだ。続報を待ってくれ。
はーい、ゲルツ殿。
スレッドに雑談以外に酌み交わすスレッドがほしいのです。
ここの皆は勤勉だから、雑談でもどうしても戦略の談義になっちゃう。だからそれを明確に「このスレッドではザーバ派の策謀とか未来を考えるの禁止!皆で仲良くなるために酒盛り!」ってしたいの。
無駄かなって思ったら却下でもいいけど。勤勉すぎるのはほんと見てもらったらわかることだから……。ある意味、ここの独自性とも言えるわ。
>スレッドに雑談以外に酌み交わすスレッド
ふむ。そういう事ならば、新しくもう一つ部屋を確保するか……
分かった。少し待ってくれ。
【大目標として】
・現時点で軍事行動を行うに際し、ザーバ派は物資不足が喫緊の課題である。
・ザーバ派は国防の要であったことから、民衆からの支持は高い
・よって、現時点では補給線の確保、生産能力の向上、民衆のさらなる支持を得ることで冬に備える

【軍事力】(情報関連含む)
★道の護衛(強く推奨する案件)
首都への進軍という当初の旗揚げ目標、及び帝政派との連携、国土の防衛、補給のためにも。鉄道、街道を含めた「道」の防衛やそれを通行する一般人、商人の護衛を行う。これはザーバという守護神のあり方が変わっていないというアピールにもなる。また下記の複数内容において利益が莫大であるため、強く推奨
現状、ノイスハウゼン方面まで実現できるか検討して貰いたい

●スパイ関連
・幻想、特にアーベントロートからの間者の警戒。皇帝となった魔種を討つという大義名分を喧伝すれば、この隙を突くという卑劣な行為(大々的な派兵など)を牽制できるのではないか。またこの喧伝は求心力を高めることにも繋がる。
・また各地で情報が寸断されていることを考慮し、各地に間者を派遣する

●略奪に関して
「アーベントロート領の管理する北方戦線」にある小規模な砦等であれば、通常の派兵ではなくてイレギュラーズによる攻撃が可能
そしてイレギュラーズの攻撃であれば、兵站に負担をかけずに物資の略奪が可能。なおかつ「ローレットの依頼だったから」でザーバ派は知らぬ存ぜぬを通すこともできる。
やるなら動乱が起きている今だが、上層部の判断に任せる

●ヴェルス関連
・ヴェルスの捜索に協力することで、帝政派との協調路線及び皇帝不在の間に皇帝の座を狙う卑劣漢ではないと国内にもアピール。また同時に、捜索の実務はイレギュラーズを軸とし、ザーバ派の一般兵のモチベーションに影響を与える事を避ける。
・またヴェルス捜索を帝政派と席を折半できるような依頼の場を設けてくれれば、それを利用した相互の交渉が進む

●銀の森護衛
銀の森の護衛も近所だから引き受けることを提案するために早急にコンタクトを取って、使者を送る。
また、使者には冬の王オリオンの友人であるイーリンと、故郷であるアリアが適任。

【生産力】
●補給線の拡大
軍事で指した「道の護衛」に際し、各道路に隣接した村民等に周辺の地図を作ってもらう。大きな地図には乗っていない細かな道や獣道を把握することができれば、行軍に使えなくても伝令や補給の寸断をカバーするなどにも役立つ

●生活環境、能力の改善
・住環境が砦や戦地、あるいは派兵先の村での行動になる以上、イレギュラーズ、兵士、現地住民との仲を深めるためにも湯を沸かすところから、料理洗濯まで一緒にすることで連帯感を高める。これは住民、兵士たちからの情報が上がりやすい状況を作るためでもある。
・「道の護衛」で守った隣村から物資供給ができない場合「ごく少人数で良いので労働力を提供してもらう」ことを推奨。施設の建造や道具の修理、学がなくてもできる掃除など。これは一般人の目で規律正しく行動するザーバ派を見てもらい印象をよくすると同時に、守るべき存在を常に自覚することで一般兵の規律を自然と高めることに繋がる。

●個人技能による物
・憂炎のギフト→生ハム生成、スープとしての仕様を軸に、茹でて7割塩を抜かした肉の主食との同時使用。なお、この湯は流下式塩田法で塩にする。
・ゴリョウ→周辺地域で今まで食べられていなかった作物。家畜の飼料に使われていて余っている物など「調理次第では食べられる可能性のあるもの」を利用した調理法、食料の生産。

●人道支援の訴求
・イレギュラーズには各地に名声を持つ者が多く、それを利用し「体制変更により、困窮した民の生活を支援する」という寄付を募る。個人レベルで量はとれないが、逆説的に「個人レベルの量であるため、外患誘致の可能性を排除できる」ので、一定の効果は見込めるはず。

●臨時的な炊事管理者の育成
現状の生産力の低さの一因として、職業軍人の割合があまりにも多すぎて屋台骨を支える人員が脆弱の可能性がある。
食材を「腐らせず」「無駄なく」「適当な調理」が出来る、知識を持った管理者を増やし、
一部隊に一人付けるだけでも食品ロスをかなり減らすことで生産力の向上を図る。

【求心力】
・軍事で指した「道の護衛」により、自然と求心力は高まる。寄る辺のなくなったこの状況で「守護神健在」のあり方はそれだけですがるに値する。

【技術力】
・周辺地域に古代遺跡や廃棄された兵器など、利用可能なものの再捜索
・生産能力にも関わるが先進技術(特に練達)の所持者は現状改善に役に立つ可能性が高い。少人数であればイレギュラーズが護衛し、この砦に招くことも可能なはず。再捜索した古代兵器と技術者の知見が一致すれば尚良い
→例:イーリンの関係者
https://rev1.reversion.jp/illust/illust/62198
【軍事力】
●アラクラン、及び新時代英雄隊に関する調査
天衝種を制御して村を襲っていたという情報があり、革命派にいる『魔種』ですらイレギュラーズと共に迎撃している状況を見て、全勢力関係なく此れに抵抗する必要がある。
まずは南部戦線近くでアラクラン、新時代英雄隊が出没する箇所を調査、殲滅を行いたい。
以上、大まかな方針として検討した内容になります。
先ほどご確認されたようですが、これが全体的にまとめた内容になりますのでご一読ください。
アーベントロート領略奪を除いた新版です。

【大目標として】
・現時点で軍事行動を行うに際し、ザーバ派は物資不足が喫緊の課題である。
・ザーバ派は国防の要であったことから、民衆からの支持は高い
・よって、現時点では補給線の確保、生産能力の向上、民衆のさらなる支持を得ることで冬に備える

【軍事力】(情報関連含む)
★道の護衛(強く推奨する案件)
首都への進軍という当初の旗揚げ目標、及び帝政派との連携、国土の防衛、補給のためにも。鉄道、街道を含めた「道」の防衛やそれを通行する一般人、商人の護衛を行う。これはザーバという守護神のあり方が変わっていないというアピールにもなる。また下記の複数内容において利益が莫大であるため、強く推奨
現状、ノイスハウゼン方面まで実現できるか検討して貰いたい

●スパイ関連
・幻想、特にアーベントロートからの間者の警戒。皇帝となった魔種を討つという大義名分を喧伝すれば、この隙を突くという卑劣な行為(大々的な派兵など)を牽制できるのではないか。またこの喧伝は求心力を高めることにも繋がる。
・また各地で情報が寸断されていることを考慮し、各地に間者を派遣する

●ヴェルス関連
・ヴェルスの捜索に協力することで、帝政派との協調路線及び皇帝不在の間に皇帝の座を狙う卑劣漢ではないと国内にもアピール。また同時に、捜索の実務はイレギュラーズを軸とし、ザーバ派の一般兵のモチベーションに影響を与える事を避ける。
・またヴェルス捜索を帝政派と席を折半できるような依頼の場を設けてくれれば、それを利用した相互の交渉が進む

●銀の森護衛
銀の森の護衛も近所だから引き受けることを提案するために早急にコンタクトを取って、使者を送る。
また、使者には冬の王オリオンの友人であるイーリンと、故郷であるアリアが適任。

●アラクラン、新時代英雄隊に関する調査
天衝種を制御して村を襲っていたという情報があり、革命派にいる『魔種』ですらイレギュラーズと共に迎撃している状況を見て、全勢力関係なく此れに抵抗する必要がある。
まずは南部戦線近くでこの二つが出没する箇所を調査、殲滅を行いたい。

【生産力】
●補給線の拡大
軍事で指した「道の護衛」に際し、各道路に隣接した村民等に周辺の地図を作ってもらう。大きな地図には乗っていない細かな道や獣道を把握することができれば、行軍に使えなくても伝令や補給の寸断をカバーするなどにも役立つ

●生活環境、能力の改善
・住環境が砦や戦地、あるいは派兵先の村での行動になる以上、イレギュラーズ、兵士、現地住民との仲を深めるためにも湯を沸かすところから、料理洗濯まで一緒にすることで連帯感を高める。これは住民、兵士たちからの情報が上がりやすい状況を作るためでもある。
・「道の護衛」で守った隣村から物資供給ができない場合「ごく少人数で良いので労働力を提供してもらう」ことを推奨。施設の建造や道具の修理、学がなくてもできる掃除など。これは一般人の目で規律正しく行動するザーバ派を見てもらい印象をよくすると同時に、守るべき存在を常に自覚することで一般兵の規律を自然と高めることに繋がる。

●個人技能による物
・憂炎のギフト→生ハム生成、スープとしての仕様を軸に、茹でて7割塩を抜かした肉の主食との同時使用。なお、この湯は流下式塩田法で塩にする。
・ゴリョウ→周辺地域で今まで食べられていなかった作物。家畜の飼料に使われていて余っている物など「調理次第では食べられる可能性のあるもの」を利用した調理法、食料の生産。

●人道支援の訴求
・イレギュラーズには各地に名声を持つ者が多く、それを利用し「体制変更により、困窮した民の生活を支援する」という寄付を募る。個人レベルで量はとれないが、逆説的に「個人レベルの量であるため、外患誘致の可能性を排除できる」ので、一定の効果は見込めるはず。

●臨時的な炊事管理者の育成
現状の生産力の低さの一因として、職業軍人の割合があまりにも多すぎて屋台骨を支える人員が脆弱の可能性がある。
食材を「腐らせず」「無駄なく」「適当な調理」が出来る、知識を持った管理者を増やし、
一部隊に一人付けるだけでも食品ロスをかなり減らすことで生産力の向上を図る。

【求心力】
・軍事で指した「道の護衛」により、自然と求心力は高まる。寄る辺のなくなったこの状況で「守護神健在」のあり方はそれだけですがるに値する。

【技術力】
・周辺地域に古代遺跡や廃棄された兵器など、利用可能なものの再捜索
・生産能力にも関わるが先進技術(特に練達)の所持者は現状改善に役に立つ可能性が高い。少人数であればイレギュラーズが護衛し、この砦に招くことも可能なはず。再捜索した古代兵器と技術者の知見が一致すれば尚良い
→例:イーリンの関係者
https://rev1.reversion.jp/illust/illust/62198
【生産力】
●臨時的な炊事管理者の育成
ホープ・エヴィニエス氏の抜擢。
https://rev1.reversion.jp/guild/1/thread/4058?id=1315546

ヒィロ=エヒトの関係者で鉄帝出身のイレギュラーズ。料理人として、幻想王都に小さな料理店「虹の架け橋」を持つ。
戦闘は不得手で、主に後方支援や大規模戦闘の兵站維持で貢献しているとの事なので、現在の南部戦線にとっては必要な人材であると推定される。スカウトの検討をお願いしたい。
纏めをありがとう。
また今度個別に返答させてもらうが……ひとまず取り急ぎ「大きな動き」になりそうな件を先に伝えさせてもらう。

ザーバ派の方針として今後、鉄道施設『ゲヴィド・ウェスタン』奪還作戦が計画されている。これはイレギュラーズから提案されていた「補給線の拡大」や「鉄道」といった面を複合的に解決する為の一環だ。
ゲヴィド・ウェスタンは此処から北上した地点にある鉄道施設だ。
(※特設コーナーの地図も更新されていますので、是非ご覧ください)
鉄道ルートの集合地点の一角とも言えるのだが……この地を抑えれば、周辺地域の制圧も容易になる。今後のザーバ派の動きがどうなるにせよ押さえておきたい地点だ。

……そして何よりあの地には『列車砲』が存在している。
今現在のゲヴィド・ウェスタンの状況が不明であるが故に今も無事か分からないが――確保できれば大きな力となるだろう。

目下の所、鉄道施設への攻略ルート確保の為の依頼などが近日出るかもしれない。或いは、ゲヴィド・ウェスタンそのものの偵察も含めた――な。
イレギュラーズの諸君にはその折、是非協力してくれるとありがたい。
ちなみに本計画は「トリグラフ作戦」と命名された。
……一部の連中は「オペレーション・ポッポーにしましょう!」「だって汽車ですよね!? ポッポーですよね!?」「ポッポー作戦!」とかのたまった兵士がいたのだが。俺が全力で止めた。
すまない、待たせたな。
以前答えた内容に近しいものは割愛して、新しげな内容の中で俺に答えられるモノに言及しようか。

>★道の護衛
>ノイスハウゼン方面まで実現できるか
これに関してはゲヴィド・ウェスタンを制圧出来た以降であれば、ノイスハウゼン近くにも影響力を伸ばせるだろう。
ちなみにトリグラフ作戦が現在進行中だが、目玉のゲヴィド・ウェスタンに関しては近日中に本格的な調査を行う予定だ。
イレギュラーズの力も借りる事になると思う。

>●銀の森護衛
銀の森か。今ではたしかローレットの支部も貸し出されていたな。
ふむ……あの地の精霊はイレギュラーズには好意的だったな。
我々にどう出るかは未知数だが、どうするかはザーバ将軍に申し伝えておこう。

>●アラクラン、新時代英雄隊に関する調査
うむ。新皇帝派の中でも危険な連中だな。
明確に徒党を組んでいる、と言えるだろう……
分かった。情報部にも通達して連中の調査も行おう――
連中の戦力は未知数。イレギュラーズにも協力要請する依頼が出るかもしれないが、その時は是非宜しく頼む。

>●人道支援の訴求
>「体制変更により、困窮した民の生活を支援する」という寄付を募る
あぁ……言及されている通り、個人レベルでは運搬の手間暇の方が上になりそうだ、が。
しかしなんらか、大きな規模で行うのであれば――効果を見込めるかもしれんな。
……イレギュラーズの領地か。これもザーバ将軍に申し伝えておこう。
もしかすれば諸君らの領地になんらか協力を頼む事になるかもしれんな。

>●臨時的な炊事管理者の育成
>ホープ・エヴィニエス氏の抜擢。
ふむ、鉄帝人だが現在は幻想の人物かな?
イレギュラーズな上で個人ならば……確かに協力してもらえるかもしれんな。
スカウトに関しては検討しよう。あちらも支援を考えてるなら国境付近で落ち合えるかもしれん。

ちなみに鉄帝の外にいる他国人に関しては、その人物の立場や現在地などにもよるが、スカウトを必ずしも約束出来る訳ではない事は覚えておいてくれ。
現状、鉄帝の存亡にかかわるレベルの事態だからな……
その事態に他国の者がどれほどの意思――或いは覚悟――をもって関わってくれるか。この辺りはかなり重要な事になりそうだし、誰も彼もに手を出す余力があるとも限らないからな……

>・周辺地域に古代遺跡や廃棄された兵器など、利用可能なものの再捜索
これはその通りだな。鉄帝は古代兵器が多く埋もれている……
この機会に古代兵器の捜索を主として任務の部隊を編成しても良さそうだな。
技術力が挙がれば、後々大きな戦いがある際などに思わぬ効果があったりするかもしれないしな。
ちょっとゲルツさんに聞きたいことがあります。

【当面の食糧難について】
現状、生産力に重きを置いているが、我々の持つ軍事力を機動力と補給力で最大限の能力を発揮させるようにするには、どれほどのラインまで生産力を伸ばす必要があるのか?

【ザーバ派の医療要員について】
『派閥の垣根を超えて、怪我人や病人を救う』一人でも多くの民を救う為に【国境(派閥)なき医師団】
を結成したい。という計画が進められている。帝政派では結成したら支援するとの事。
南部戦線ではどの程度の医療人員がいるのか。また、派遣できる医療人員はいるのか把握したい。
お疲れ様です!
私からも二点、意見を具申したくて参上しました!

1輸送手段を活用した、国外勢力との「商行為」
→鉄道網が使えるようになったという前提ではありますが、鉄材など資源を効率的に運搬できる体制が整いつつあります。
そこで、これら資源を一度この砦に集約し、国外に売却することで外貨を得ることを提案します。国外への輸送手段は馬車などの使用になり、その意味では多少効率は落ちますが……。
売却先は……この辺最も得意そうであり我々にも近いラサ辺りでどうでしょう?
商行為なら、「国家の力関係」にも左右されずやりやすい部分もありますし、「鉄帝産資源の流通が停滞気味」ということで少し高く売り抜けられるかも……なんてね、えへへ。

2医療体制、食糧問題へ対処するために帝政派、アーカーシュ、ラドバウ派との「緩やかな連携」
→これまた鉄道網がある程度実用段階に入った、ということが前提ですが。
食糧問題、また新皇帝派の台頭に伴うけが人やその治療は全ての派閥における懸案事項です。
これらに対処すべく、勢力を超えた医療チームの結成や、食料の融通し合いの話が銀の森でも出てきています。
私達もこれら連携に加わりたいと思っていますが、将軍たちのご意見をお聞きしたいところです。
あ、例えば兵器の運用とかそういう部分の提供は現時点では考えてません。あくまでも一般的に「人道支援」と呼べる範囲での連携にとどめたいと思っています!
これは主にゲルツさんや閣下の周りの人達向けの質問になります。

【軍事力】
●ヴェルス関連
帝政派と協力体制に当たる場合、ヴェルス帝のザーバ派支配域での捜索代行を提供の一つとしたい。
またそれに辺り、もしヴェルス帝が復位出来る様な状態にある場合は、復位を支持するだろうか?閣下はそのつもりでいるようだが、周りはどう考えているのか教えて欲しい。
【その他】(通ったら嬉しいなーくらい)
●ザーバによる階級、または勲章の授与
ザーバ派として勲功が認められたらノービスでいいから勲章とか階級ください。
ほら、現地の部隊指揮とかしやすくなるし。
二束三文でも私たちは喜びます。
でも二等兵って言われたら泣きます。
冬に向けての備えで、我々が提案したい物があります。

【暖房器具や資材について】
・この砦に身を寄せている人が冬を過ごせるだけのものが備わっているのか
 →物資の回収が必要か
・冬の備蓄を新皇帝派に取り上げられた村があるので、多めに見積もりたい
・貯蓄管理が行き届いているかの確認
・現在高い食料自給を誇る他陣営(アーカーシュ派)から力を借りたい。
 →向こうは缶詰工場が稼働してるので保存食の供給が見込める。

【技術力と冬対策】
・使い捨て懐炉、オイル式懐炉作成
 →燃料のベンジンや火口のプラチナ触媒の供給は、商通や探索(リクシナなど)での捜索
・防寒用靴下、インナーの開発。

【参加シナリオでの獲得しようとしたリソース一覧】
・行動記録の作成。活動報告スレッドの要請。

特に活動記録スレッドはなるべく早く欲しい所です。
よろしくお願いします。
すまない、待たせてしまったな。一つ一つ応えて行こうか。

>【当面の食糧難について】
ふむ……これに関しては何とも言い難いな。
食糧難、と言う事については随分と生産力が伸びているので現状で冬が耐えれない、という事はないと思われる。
ただ食糧難に対応しつつ軍事行動の維持が十分かは――実際に冬が訪れてからでなければなんとも言えない所だ。
……今年は随分と寒くなりそうな気配があるのが不穏な所ではある。
 
>【ザーバ派の医療要員について】
国境(派閥)なき医師団、か。
ううむ。支援してやりたいとは思うが、派遣できる医療人員がいるかと言われるとな。
ザーバ派に属する医療要員はどうしても、ザーバ派(南部戦線方面軍の軍人)を優先せざるを得ない。
まぁ南部戦線勢力圏内においては人員や物資をある程度融通する、と言う事では出来るかもしれないな。
繰り返すが勢力圏内に対しては、だが。
そういう意味では支援する事は『不可能ではない』と言った見解になりそうだ。

>輸送手段を活用した、国外勢力との「商行為」
>医療体制、食糧問題へ対処するために帝政派、アーカーシュ、ラドバウ派との「緩やかな連携」
ふむ。鉄道網を無事に奪取できたとして、だな。
国外勢力か……ラサなら出来るかもしれんな。幻想や天義は戦争した相手でもあるが故、難しいかもしれんが。
が、今の鉄帝は中々危険だからな。
大規模な取引が出来る商人と伝手を得ることが出来るか――
ただ鉄道網を奪取できた後には積極的に検討してみよう。

「緩やかな連携」か。問題ないと思うぞ。
ザーバ派に属しているからと言って気兼ねする事はない。
「人道支援」は重要な事だしな。
ただ大規模な食糧の融通と言った事になるのであれば、此方にも話が欲しい所ではあるな。

>【軍事力】ヴェルス関連
ヴェルス帝の捜索代行か。悪くはないが……
「周り」がどう考えいるか、だな。あくまで俺の見解、独り言であるとして聞いてくれ。
将軍自体は望むだろう。そして周りも「一応、概ね」復位を支持するだろう。
この勢力は別に、ヴェルス帝の治世に不満があって行動を起こしている訳ではないからな。
ヴェルス帝が生きているのであれば、そしてザーバ将軍が望んでいるのであればその意図を汲む流れを見せるだろう――

ただ、まぁ。ヴェルス帝が「負けた」事による影響が現在の鉄帝の状況だからな。
「負けた」皇帝が再度付く事に疑問視を見せる者も多少はいるかもしれない。
だからと言って大きな声になるとは思わないが。
>【その他】ザーバによる階級、または勲章の授与
階級や勲章か。うー----む。
……これは将軍にも確認してみる必要があるな。申し伝えてみよう。
ただ実際にどうなるかは分からない。実施されたら「良し!」ぐらいの感覚で待ってくれ。すまんな。

>【暖房器具や資材について】
>・貯蓄管理が行き届いているかの確認
現在、生産力が皆のおかげでかなり向上していて冬に対する備えはかなり備わっていると言っていい。私見だが、この砦に身を寄せている者達が――まぁ凍死に怯える事はないと視ていいだろう。
とは言え物資はあればあるだけいいものだがな。これかれも向上させる事に意味はあると思う。
……恐らく冬が本格的に来れば、貯蓄や物資を全力でやりくりしていかねばならなくなるしな。
貯蔵管理に関しては重要だな。補給部に確認させておこう。
もしも盗人がいたりしたら大変だしな……

>・現在高い食料自給を誇る他陣営(アーカーシュ派)から力を借りたい。
> →向こうは缶詰工場が稼働してるので保存食の供給が見込める。
ふむ。アーカーシュは現在ベデクト方面に移動しているからな。
今、直接彼らと協力体制を結ぶのは難しいかもしれない。
だが鉄道網が奪取できれば勢力圏内の移動面がかなり楽になる。
特に近場のノイスハウゼンはアーカーシュの勢力圏内……か? とにかくあの地の近くまでは容易く行ける様になるだろうな。
アーカーシュや他派閥との交渉も可能になるかもしれない。
鉄道網奪取の後、検討しておこう。

>【技術力と冬対策】
>・使い捨て懐炉、オイル式懐炉作成
>・防寒用靴下、インナーの開発。
ふむ。皆のおかげで技術力がかなり伸びているからな。
そのリソースを、申請してくれている様な冬対策に向けるのはきっと可能だろう――
ちょっと技術部と話をしておく必要もあるが。
冬が本格的に来る前に間に合わせる様に、連中を酷使……もとい打診してみる。
効果の程は少し待ってくれ。

>【参加シナリオでの獲得しようとしたリソース一覧】
これは資料庫スレッドを立てたから、自由に使ってくれ。
ザーバ閣下ー、トリグラフ作戦が戦勝に終わったからお名前で呼んでほしく存じますー(茶目っ気たっぷりに言うけれど。思いっきり全身怪我だらけ)
失礼、此処数日の異常気象に際して、方針提案を行うわ。

【緊急提言】
【豪雪対策】
此処数日の豪雪により生産ラインに甚大な被害が出ています。まだ冬は始まったばかりだというのに、このままでは軍民問わず危険な事態に陥るのは明白。
よって、対処療法的ですが
・イレギュラーズを含めた雪かき、道路の除雪作業の回数増加
・生産施設、暖房設備の重点点検、老朽化した設備の補強。
を主軸に
・ザーバ派影響圏の村落に除雪援助、安否確認。豪雪に耐えられないようなら避難誘導
・鉱山資源など、採掘可能な場所から動ける間に可能な限りの物資搬送
・村の間の情報共有(村の状況だけでなく、伝承やとにかく寒波の際の言い伝えなど情報収集を含める)
をご一考ください。
更に具体的な豪雪対策などは今後議論しますが、現状は行動を起こし、民を安心させ被害の把握を兼ねることの意義が大きいと思います。
以上、よろしくお願いいたします。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM