PandoraPartyProject

シナリオ詳細

魔法少女マジカルリリィ☆

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●マジカルリリィ、始まります!
 ――聞こえますか。
 ――もし、聞こえますか。
 ――聞こえていたら今から言う口座に三十万ゲーカを入金してくださいまあああっと間違えましたわ!
 ――わたくしと契約して、魔法少女になってくださいまし!

●魔法少女作戦
 日常は突如として崩壊した。
 混沌県幻想市にパラダイムサイキックポイント(通称PPP)が出現。
 球形のゲートより転移してきた指定異界生物アザーバイドが近隣エリアの悉くを侵食、破壊していった。
「魔法少女{ マジカルリリィ }――いや、今は別の魔法少女名があるんだったな。
 よく来てくれた。今希望ヶ浜女学院各支部に魔法少女スクランブルがかかった。俺たちの出番だぜ! マジカルリリィ!」
 TOPにいなかったのはそういうことなのねと言わんばかりに存在を主張したレオンがステッキ型の『パン☆ドラチャーム』を振りかざした。
 この世界にあってもちょっと正気(シラフ)でいる彼は、頬を赤らめながら魔法の呪文を唱えはじめる。
「リリカルマジカルレオレオレン! 可愛い私になぁーーーーーーあれっ!!!!! マジカルリリィ・メイクアップ!」
 途端ステッキが七色にぺかぺか光りシャランラなり始めレオンの衣服を一旦すぽーんと脱がしたのち虹色のシルエットでお茶の間の親御さんたちがキレない程度にボディラインを見せたのち掲げた脚に羽根のブーツが、掲げた手にリボンのグローブが、そらした胸に大きなリボンが、きゅっとした腰にフリルのスカートが、頭についたきゃわきゅわな羽根が風になびき――。
「魔法少女レイニー★レオン、見参! 今笑った奴に――喰らわせてやる!!!!」

 ――希望ヶ浜女学院をもつ魔法少女の中心地、幻想市。
 ――独自の魔法少女理論が開発されている精霊指定都市、深緑市。
 ――古代魔法少女文明の古墳をもつ、鉄帝市。
 ――フリーの魔法少女たちがしのぎを削る、ラサ市。
 ――高度かつ最新の研究が行われている、練達市。
 ――魔法少女教によって魔法少女シェアキムお姉様好き好き大好きアイラブユーしている、天義市。
 ――水着回ではダントツの視聴率と売上を誇る、海洋市。
 ――和風テイストがエキゾチックで帝キュンキュンしちゃう、豊穣市。

 各市に存在する支部より出動した魔法少女アサルトリリィ!
 彼女たちはきゃわきゃわな魔法少女ルックをなびかせ、魔法少女のパワーでアザーバイドと戦うのだ!
 ゆけ、魔法少女!
 戦え、魔法少女!
 世界が君を待っている!

GMコメント

※ごちゅうい☆
 これはエイプリルフール専用シナリオです。一日限りの夢、幻、白昼夢! 明日には綺麗さっぱりなかったことにしちゃうから、今日はおなかいっぱい楽しむんだゾッ☆

■さんかほうほう
 第一話は魔法少女の日常パートを描きます☆
 あなたの活動地域と魔法少女名、そしていつものアザーバイドとの戦いの様子を教えてね☆
 第一話から始まる新人魔法少女ちゃんは、初陣の初々しさできゅんきゅんしちゃおう☆

・魔法少女力
 マジカルリリィは無限の力をもってるよ☆
 すんごい剣を作ったりすんごいビームをうったりすんごい銃を乱射したりすんごいぬいぐるみをけしかけたりすんごいアレをアレしたりなんでもアリだよ☆
 プレイングに妄想の限りを叩きつけて真実にしちゃおう☆
 君の脳内魔法少女力を爆発させろ☆

■ラリーシナリオ
このシナリオはラリーシナリオです☆ 仕様についてはマニュアルをご覧ください☆
https://rev1.reversion.jp/page/scenariorule#menu13

■グループタグ
 誰かと一緒に参加したい場合はプレイングの一行目に【】で囲んだグループ名と人数を記載してください。所属タグと同列でOKです☆
(人数を記載するのは、人数が揃わないうちに描写が完了してしまうのを防ぐためです☆)
 このタグによってサーチするので、逆にキャラIDや名前を書いてもはぐれてしまうおそれがあります☆ ご注意ください☆
例:【もふもふチーム】3名

■パートタグ
 参加したいパートを以下のうちから選んでプレイング冒頭にコピペしてください☆

【幻想市】
 希望ヶ浜女学院をもつ魔法少女の中心地☆
 新米魔法少女の育成も行われるので初々しさを発揮できちゃうぞ☆
 魔法少女貴族の活躍も見所だぞ☆

【深緑市】
 独自の魔法少女理論が開発されている精霊指定都市☆
 魔法少女エルフや魔法少女妖精や魔法少女熱砂ガールズがいるぞ☆
 精霊指定都市ってなんだろう。多分さいたまみたいな場所じゃないかな☆

【鉄帝市】
 古代魔法少女文明の古墳をもつ都市☆
 発掘された古代魔法少女文明のリリィをつかってスチパンチックに変身しよ☆
 ここの魔法少女は大体物理で解決するのが特色だよ☆
 魔法少女ラドバウのファイターたちは試合を中止してアザーバイドと戦ってるよ☆

【ラサ市】
 フリーの魔法少女たちがしのぎを削る都市だよ☆
 魔法少女奴隷商人や魔法少女盗賊団が跳梁跋扈するからアサーバイドだけが敵じゃないかも☆
 魔法少女力でボコりちらそう☆

【練達市】
 高度かつ最新の研究が行われているハイテク都市☆
 なんかここだけちょっとSFだよ☆ 魔法少女力は無限の力だからなんでもできちゃうんだね☆
 希望ヶ浜女学院の旧校舎がある場所だよ☆ しかも異様にNPCの数が多いよ☆

【天義市】
 魔法少女教によって魔法少女シェアキムお姉様好き好き大好きアイラブユーしている都市だよ。平たく言うとアイドル都市だね☆
 シェアキムお姉様と一緒にウィニング魔法少女ライブをもりあげちゃおう☆

【海洋市】
 水着回ではダントツの視聴率と売上を誇るビーチが魅力の都市だよ☆
 バルバロッサお姉さんのサービスカットがみれちゃうかも☆
 あとニキネキバーもあるよ☆

【豊穣市】
 和風テイストがエキゾチックで帝キュンキュンしちゃう都市だよ☆
 魔法少女MIKADOの復活ライブが見れちゃうよ☆

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです☆
 AはエイプリルのAです。全部真実ってことにしちゃうからどっからでもかかってこい!

  • 魔法少女マジカルリリィ☆完了
  • GM名黒筆墨汁
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年04月01日 23時00分
  • 章数3章
  • 総採用数52人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

クロバ・フユツキ(p3p000145)

「私、クロバ・フユツキ! 深緑に住む高校一年生!」
 横ピースしたJK(誰がなんと言おうとJK)の『魔法少女太郎』クロバ・フユツキ(p3p000145)は画面にいきなり映り込んできた。
「ある時ファルカウのふもとでお昼寝してたら突然魔法少女になっちゃった! 消息不明だと思ってたお父さんがアザーバイドを利用して世界を常冬にしようとしてるって!? そんなことはさせない!
 魔法少女クロ柴クロバ! 私は誰よりプリンセス!!」
 アバンを全部自分で喋るとパン☆ドラチャームを振りかざした。

 吹きすさぶ黒き風!
 翻るスカート!
 走る走馬灯!
 妹のセツナちゃんが『お兄姉ちゃんのパンツと一緒に洗うのちょっと……』て言い出すシーンでひとしずくの涙を流すと、クロバちゃんのボディがセクシーフリルの魔法少女クロ柴クロバへとチェンジした。
「マジカルガンエッジ!」
 シャキーンとクロスしたダブルブレードを勇者パースで構えると、殺されるためだけに出てきたアザーバイド一号をX字に切り裂いた。

成否

成功


第1章 第2節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌

「今よ! 鍛冶妖精・クラストメタルゥ!」
 カッて振り向いたクロバちゃんに慌てて両手をふるサイズ(p3p000319)。
「あの、俺はサポーターポジションであって、メインじゃないです、妖精魔法少女とかの武装とかを開発するポジジョンなんだが……」
「妖精小学校の子達がどうなってもいいの!?」
「それはよくない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
 普段だったら絶対つけない量のエクスクラメーションを頭の上に出すと、パン☆ドラチャームを振りかざした。
 なんか奇しくも目的が一緒なクロバちゃんについてきたが、そんなサイズちゃんの前に突如現れるアザーバイド冬姫。
 地面を突き破って吹雪散らしながら高笑いすると、サイズたちを見下ろした。
「オーッホッホ! 四月だからってチョーシのってるとまた冬にするわよ! 寒波するわよ寒波!」
「こいつっ、名前も性格もいい加減な再現しやがって……微妙に特定出来ない!」
 サイズは氷の魔法をぶっぱすると冬姫を瞬殺した。

成否

成功


第1章 第3節

セララ(p3p000273)
魔法騎士

「みんな! 魔法少女ってきいてボクのこと想像したよね? わかるわかる!」
 ビッて親指立てて画面にスライドインしてくる『魔法騎士』セララ(p3p000273)。
 幻想市の学校に通う魔法騎士だよ。原作だとアキバだよ。みんなも読もうねセララ。
 そんなセララを待ち受けるのは幻想市を騒がす偽ユリーカ後輩。
 偽ユリーカ後輩は巨大化するとピエロマスクをかぶってセララへと襲いかかった。
「こんな時も安心! さあ行くよ、4月1日限定カード、インストール!」
 特別なカードをかざすとセララの姿が虹に包まれた。
「これがボクの真の姿! 美人で巨乳でセクシーなお姉さん! セララ、アルティメットフォーム!」
 オトナセララ! 売れる! フィギュアください!
「ウルトラスーパーアルティメットギガセララブレイク改・零式!」
「グワーーーーーーーーー!?」
 いきなりぶっぱされた必殺技で塵と化す偽なんとかのアレ。
 やったぜセララさすが魔法少女いや魔法アダルト! はやく漫画家して!

成否

成功


第1章 第4節

観音打 至東(p3p008495)
snɯı̣uⱯ ɯʎuouⱯ

 アザーバイドがひとり塵になったなってタイミングでしゃきーんとカットインする観音打 至東(p3p008495)。
「魔法少女ブレイド☆シトー、今宵のMURAMASAも血に飢えて候!」
 いきなり闇夜の深緑市。枝の上に立ったシトーちゃんはフリフリ和服の魔法少女ルックで空へと飛んだ。
「深緑市をしつっこく燃やそうとするアザーバイドどもを切って斬ってkillりまくるでござるよー!」
「何ッ!? 貴様俺たちがアザーバイドガソリンまき散らしマンだと何故分かった!」
「問答無用!」
 さあ挟まるぜ連続カットイン!
「くらえ必殺ハイディン☆ホーク(潜り夜鷹)!」
「グワー!?」
「なんの先手ガーリィ☆プラン(乙女算段)!」
「グワー!?」
「逃げても無駄ぞファイブ☆フラワー(五花束・李桜桃梅杏)!」
「グワー!?」
「とどめの連撃クーコク☆ユーキョー☆コーテンシ!(空谷幽境告天子)!」
「グワー!?」
 連続でアザーバイドをkillったシトーちゃんはしゅたんとアスファルトに着地し、背後の爆発に髪をなびかせた。
「ビーム打てない欠陥魔法少女と、ナメる者からCHIMATURIござる」

成否

成功


第1章 第5節

アルム・カンフローレル(p3p007874)
両手にふわもこ

 連続爆発に振り返る『ふわもこ☆アルム』アルム・カンフローレル(p3p007874)。
「うっ、あたまが……この前お酒を飲んだ時に変な夢をみたけど……」

 はい回想入りますね
 もわもわもわーん

「わたくしと契約して魔法少女になってくださいまし!」
「えっ、嫌だけど……」
「今ならお得なポイントがつきますのよ!? 最大十万円のポイントが――!」
「うわっ、なに!? セールスの電話!?」

 朝起きたら手元に謎の請求書と親指に赤いインクの跡。
 しかし過去には戻れない。なってしまったオトナと魔法少女はしょうがない。
「あれは夢じゃ無かったんだね――魔法少女ふわもこ☆アルム!」
 ぴきゅいーんと星型のウィンクを飛ばすと、プリティポーズをキメにキメた。
「深緑の魔法少女エルフさんたちと協力して、ふわっともこっと事件を解決だよ☆」
 そんなアルムの魔法はもっぱらサポート。天使の歌声でみんなを癒やすしピンチになったときテーマソングを歌う係だぞ☆
 それでもピンチをゴリおされたときには膝を突いて上目遣いで吐かない美少女(美少女!)を見せつけるのだ!
 たたかえアルム! まけるなアルム! キャラクターアルバムがでるまで!

成否

成功


第1章 第6節

楊枝 茄子子(p3p008356)
羽衣教会会長

「みんなお待たせ、会長だよ! 会長を見るとその日いいことがあるよ! ガチャの当選確率が2%上がるよ!」
 イェイイェイといってダブルピースで現れた彼女こそ『羽衣教会会長』楊枝 茄子子(p3p008356)。
「私茄子子! 普段は八百屋の一人娘として茄子とか茄子とかを売ってるんだけど、ひとたびきうりステッキを振れば、魔法少女マジカルきうりリィに変身するの!」
 自分で全部喋り終えると、天義に現れたアザーバイド邪教ゲッコーニンギョーの群れへとステッキ(きゅうり)を突きつけた。
「そんな私ももちろんシェアキムお姉様が大大大大だーいすき! ラブ! ちゅっちゅっ! そんなわけでいくよきゅうり!(マスコット)」
「きゅうりいいいいいいいいいいいい!」
 茄子子の放った胡瓜ビーム(美容と健康にいい)がアザーバイドたちを次々と爆発四散ささせていく(美容と健康にいいのに)。
 が、その風圧でうっかり吹き飛ばされる茄子子!
 きゃあと叫んだ彼女を受け止めたのは――。
「大丈夫かしら? 茄子子」
「シェアキムお姉様!」
 お姫様抱っこされた茄子子は『すみません百合の間に挟まりたいんですが』といいだしたアザーバイドの口に胡瓜ぶっ込んで爆発四散させた。

成否

成功


第1章 第7節

シルキィ(p3p008115)
繋ぐ者

「わたしの名はシルキィ」
 足下からぐるーって周りながらゆーっくり上へとあがっていくカメラ。
「またの名を」
 腰から胸にかけてのラインをあえて素早くそして時折スローでお送りすると、オシャレな眼鏡をかけた美少女の顔アップで止めた。
「――魔法看護婦メディカル☆シルキィ!」
 はい背後で爆発!
 テロップ!
 半分反射する眼鏡をチャッと脱ぐと、シルキィせんせー……じゃなかった魔法看護師メディカル☆シルキィは注射器型パン☆ドラチャームを天に向かってンギュッてした。
「この日常をアサーバイドが破壊するなら……魔法少女として戦うんだよぉ。
 大人としての尊厳と引き換えにねぇ!!!!
 いくよぉ、マジカル☆ドレスアーーップ!」

 はい今シルキィ先生のワイシャツとスカート脱げるよー! 虹色のシルエットになってるからPTAにも安心だね!
 かと思えばいきなり繭! 内側から突き破った姿はナース服に巨大な注射器! フェティッシュ! 国が国なら規制されるエ――あっまちがえたオトナの魅力!
「街の平和を乱すものは許さないからねぇ、お注射しちゃうよぉ!」
 もっかいおきた爆発を後光にして、シルキィはぺろりと上唇を舐めた。




 エッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!

成否

成功


第1章 第8節

リズ・リィリー(p3p009216)
アンラッキーハッピーガール

 ラブリーラズベリーのテーマが始まるよ! 皆でうたおう!

 らぶりー ちぇんじー らずべりー
 すちーるはーと あんぶれいくっ
 不運に負けずにキラメキシャイニー!
 魔法少女ラブリー☆ラズベリー
 ピカッと参上! ヨロシクねっ♪

「ねっ♪」
 横ピースでシャララーンと光りをまとった『アンラッキーハッピーガール』リズ・リィリー(p3p009216)。
 説明しよう! 魔法少女ラブリー☆ラズベリーは幻想市出身の魔法少女だが、現在はラサ市でフリー魔法少女活動中なのだ! なんでかって!? 魔法少女貴族と折り合い悪――可愛さゆえにラサ市民が黙ってなかったからだよ!

 そんな魔法少女ラブリー☆ラズベリーの魔法は不幸体質!
 ありとあらゆるカルマが自信に集約し、爆発もするし服も破れるし装備も溶ける!
 しかしそんな姿がエッ――けなげなのでファンも多いのだ!
「せーの」
「「魔法少女ラブリー☆ラズベリー!!」」
 ほらみろ声援いっぱいじゃねーかみんな一斉に一眼レフかまえてっけど。
「使い魔はぷちえちスライムとカラメルしょくしゅ。さあいくよ! アザーバイドと年齢に突っ込む奴は許さないゾ☆」

成否

成功


第1章 第9節

バク=エルナンデス(p3p009253)
信仰問答

「何故じゃ……何故混沌、というより現実でまで魔法少女にならねばいかんと云うのだ……」
 フリッフリのシスター服を着せられえっぐい脚スリットでファンもたっぷりな『マジカルリリィ』バク=エルナンデス(p3p009253)。
 『魔法少女になりとぉない!』とかノジャロリの新しいお手本みたいなことを言いながら体育倉庫に引っ込んでいたが、学院にアザーバイドが現れたからには黙ってはいられぬ。
「やらねば守れぬというのなら、やらねばいかぬのう……覚悟を決め、迎え撃たん」
 ビッと構える魔法少女ハクメイ。
 パン☆ドラチャームを掲げると、専用武器へとチェンジさせた。
「フッ、貴様が魔法少女ハクメイ……いざ尋常に勝負!」
 アザーバイド鎧武者が刀を構え、真正面から向き合う魔法少女ハクメイとアザーバイド。
 そして吹き抜ける風。
 ひるがえるスリット。
「ハッ!?」
 両目かっぴらいてかがみ込む鎧武者。
「をこを見るな!!!!!!!!!」
 魔法少女ハクメイの魔法少女キックが炸裂した。相手は死ぬ!

成否

成功


第1章 第10節

日向 葵(p3p000366)
紅眼のエースストライカー
アルテミア・フィルティス(p3p001981)
プロメテウスの恋焔
オウェード=ランドマスター(p3p009184)
黒鉄守護

「ワラワはオウェードなのじゃ! 立派な髭が特徴のロリっ子なのじゃ!」
 ぱちこーんとウィンクした『マジカルリリィ』オウェード=ランドマスター(p3p009184)。
 屈強な筋肉を見せつけると、歯を見せてキラリと笑った。
「魔法暗殺リーゼロッテお姉様に夢中な夢見る乙女なのじゃ☆」
「オゥ……」
 目を手で覆って空を見上げる『紅眼のエースストライカー』日向 葵(p3p000366)。
 深呼吸。しんどいときは深呼吸。
 そして色々覚悟を決めると魔法のサッカーボールを掲げてきゃわきゃわなポーズをとった。
「私、魔法少女☆レッドヴァンパイア! 人呼んで吸血鬼系魔法少女☆」
「すみませんスカートの下みせてもらってもい――」
「マジカルデッドエンドワン!」
 魔法の殺人シュート(魔法だよ)をぶっ込んでアザーバイドスカートのぞきおじさんを消し飛ばす葵。
 そしてがくりと膝を突いた。
「いつのまにか記憶も一人称も改ざんされてる……一体誰が!? 誰の仕業っすか!?」
 ガッツポーズで目をきゅるんって潤ませるオウェード。
「落ち込んでる暇はないのじゃセンパイ☆」
「その顔でその呼び方辞めるっス」
「アザーバイドと戦ってリーゼロッテ先輩を振り向かせるのがワラワたちの使命なのじゃ☆」
「後半は違うっスね!」
「へーんしん、アクスヴァルキリー・オウェード!」
 キラキラに包まれてハート満載の衣装に着替えるオウェード。
「一緒に戦うのじゃ、ねっ先生☆」
 二人で振り返ると、アルテミア先生(30)が疲れた目で立っていた。
 手にワンカップなにがしが握られていた。
 『愛聖天姫ピュアラブ☆テミア』アルテミア・フィルティス(p3p001981)、かつては魔法少女として町の平和を護っていた彼女は戦いから身を引いて希望ヶ浜女学院で教鞭をとる日々。
「も、またこの街の平和が脅かされ、新人魔法少女達でも手が回らなくなっている。
 今一度、魔法少女として戦いに身を投じるしかない、のねっ」
 カップの中身を飲み干すと、足下にバギャーンと叩きつけた。
「ピュアラブ リンカーネーション!!」
 衣服が分解され、再構築された光のリボンが身体に巻き付き、青い衣装に身を包んだ魔法少女へ!(巻き戻してコマ送り再生しようね)
「愛聖天姫ピュアラブ☆テミア、降臨です☆ミ
 私の愛を、あなたのハートに焼き付けます♪」
「先生……」
「先生……」
 なにか言いたげな生徒達をキッて目で殺すと、愛聖天姫ピュアラブ☆テミア(30)は亜サーバイドおじさんを剣でさしてくーるくーる回しながらファイヤーで炙った。

成否

成功


第1章 第11節

ユゥリアリア=アミザラッド=メリルナート(p3p006108)
氷雪の歌姫
Meer=See=Februar(p3p007819)
おはようの祝福

「わたくしユゥリアリアと…いえ、これは世を忍ぶ仮の名でしてー。
 改めまして、わたくし魔法少女ユーリアと申しますー。
 ある日突然ダーリンが行方不明になった悲しみで魔法少女に覚醒してしまい、
 今日も元気にアザーバイドを必殺の怪音波で液状化♡しつつ、宿敵(ダーリン)を探しているのですわー」
 親切なことに全部自分で説明してくれる『氷雪の歌姫』ユゥリアリア=アミザラッド=メリルナート。
 説明しながらアサーバイドをとろーりさせてるすごいやつだよ!
「けどそろそろ水着回。放送局を実家のお金で買収すれば……全てのCMに宿敵(ダーリン)の捜索願の広告を打つてますのー♡」
「僕も魔法少女になれるの? えへへ、変身!
 ……じゃーん! まじかる☆ふぇぶるあーるだよっ」
 海洋らしく水着スタイルの魔法少女姿になった『おはようの祝福』Meer=See=Februar(p3p007819)。
「その時はまじかる☆ふぇぶるあーるもいっぱい映してね、センパイ!」
「もちろんですわー♡」
 まじかる☆ふぇぶるあーるは巨大化した亥勢海老にのってもごもご走ると、マジカル救護で海にぷかぁってしてる人達を回収していった。
「さぁ、みんな! 後ろは任されたよっ。
 存分に暴れちゃおう!この海が誰のものか教えてあげなくっちゃね!
 あと魔法少女ルックは全部水着仕様だよ! いつでも水着で出れるよ!」
「そうですのー。ちゃんと悪墜ち仕様もありますのー」
「ちょっと待って!聞いてないよ!?」

成否

成功


第1章 第12節

咲花・百合子(p3p001385)
白百合清楚殺戮拳
レイリー=シュタイン(p3p007270)
白騎士

「いけないわ遅刻遅刻!」
 公道をマジカル乙女走りで爆走してるわたしは百合子! 私立スチグラ学園に通う高校一年生!
 平凡なわたしだけど、人とちょっと違うことはおばあちゃんが古武道の師範ってことかな?
 それから――
「そこまでよ! アナザーバイド! 魔法少女ホワイト☆リリィが相手になってあげる!」
「マジカルリリィとホワイトリリィって名前かぶってますよね」
「マジカル鉄拳!」
「ひでぶっ!?」
 アサーバイド余計なこというおじさんの顔面をメリッ☆てやる百合子。
 そこへ駆けつけたのは『ホワイト☆エクゼ』レイリー=シュタイン(p3p007270)。
 たしかどっかのスペシャル回で洗脳されて悪墜ちしたりした子である。
「おまたせ! ホワイト☆エクゼ! 華麗に行くわよ!」
 ――私レイリー=カーリナ。両親と兄のローマンと一緒に暮らす貴族の少女!
 ――兄が跡継ぎのため、自分は寛容に育てられてきたが、最近はやれダンスややれ礼儀作法やとかうるさい。そんなのより、誰かのために戦いたい!
 急に割り込んできたナレーションをかき消すと、レイリーはアザーバイド鉄ゴリラをマジカル膝蹴りで粉砕した。
 丁度良く(?)襲われかけていた少女を助けると、シャラーンとイケメンオーラを纏って振り返った。
「私が来たからにはもう安心よ! 大丈夫、お姉さんが守ってあげる」
「お姉様……!」
 がしっと手を掴まれるレイリー。
 流れるイケメンオーラ。
 そして二人は鉄帝市へデートに繰り出すのであった。
 あと百合子は残ったアサーバイドを骨抜き(物理)にしていった。

成否

成功


第1章 第13節

マギー・クレスト(p3p008373)
マジカルプリンス☆マギー
葛籠 檻(p3p009493)
とりかご

「いっけなーい☆ 遅刻遅刻!」
 小生の名前はつづら! 極普通のドラゴン!(体高3m)
 パンをくらえて交差点を曲がろうとしたらバイクが!
「ああ、すまぬすまぬ!」
 『神仕紺龙』葛籠 檻(p3p009493)によってメコッてされたバイクをそっと横に置くと、檻(無傷)はアサーバイドMIKADO眠らせおじさんの前に立ちはだかった。

 そんな一般龍の小生にも秘密があるのだ! そう。
「小生は愛の伝道師、魔法少女ラブリー♡デスドラゴンなのだ!!」
 ドラゴンの炎で変身すると、♡愛♡のらぶ♡ふぁいあでアサーバイドを焼き尽くしていく。
 近所はもう大火災だけど大丈夫、愛!
 そしていずれは自らが真実に“愛”せるものを見つけるために!
 戦えラブリー♡デスドラゴン!
 がんばれ!ラブリー♡デスドラゴン!
 愛するものを得るために!

 とかやっていたら、『マジカルプリンス☆マギー』マギー・クレスト(p3p008373)が謎の声にそそのかされていた。
「えっMIKADOライブのアリーナチケットがもらえる? 本当に? っじゃなくてですね――!」
 パンドラチャームの銃を空に撃つと、マジカルプリンセス☆マギーに変身だ!
 パートナーは明星の名を冠したちょっとおしゃまなヴィーナス双銃ちゃんくん!
「魔法のステッキだなんて古い古いのです。今流行の格好よくて可愛いヴィーナス双銃ちゃんくん達でお相手しますっ!
 あなたのハートを撃ち抜きますねっ☆(物理)」
 宣言通りにアザーバイドチケット転売おじさんたちのハートを物理的に打ち抜いていくマギーちゃん。
「泡沫の夢なら、楽しんだ者勝ちですよねっ!」

成否

成功


第1章 第14節

 こうして始まった魔法少女の物語。
 まだ語りきれない魔法少女たちも山ほどいるが、ここは一旦夏のビーチに場面を映そうではないか。
 そう、水着回がはじまるのだ!!!!!!!!!!

PAGETOPPAGEBOTTOM