PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

練達(探求都市国家アデプト)

 混沌大陸南部に存在する小島を勢力とする国家です。
 旅人たちが流れ着き、その技術力で形成された勢力ですが、中立国家として各勢力に認知されています。

領土

 周囲には大国が多く存在する小島を領土としています。練達の首都セフィロトそのものがこの国の全てであり、周辺に多少の領土内の『外』は広がっていますがあまり広くはありません。
 セフィロトはドームに覆われた未来都市の様相で『マザー』と呼ばれる中央制御システムにより快適と安全が保たれています。
 過ごし易さは混沌世界一と言えるほどに快適な空調管理や安全管理が施された旅人たちの楽園です。

tips!
『近未来的』な風景が広がっています。高速道路やタワーマンションを思わせる建築物が立ち並び、セフィロトドーム内にはロボットが整備されていたりします。
現代的な技術と言えば練達が産み出すものです。他の国では得られないようなアイテムも練達製ならばある程度は……と言えるかもしれませんが混沌法則には勝てません。

国家特色

 正確には都市国家と呼ぶべき規模である練達は他国から重宝されるためにその脆弱な国力でも中立国家として認識されています。
 総ゆる世界の総ゆる文明の技術者、学者肌の人間が集う場所で『強制召喚を打ち破り、元の世界に帰還する事』を目標に日々研究に打ち込んでおり、彼らの研究結果は生活や武力にも明確に影響を与えています。
 彼らの技術はは現代社会を大幅に上回りSFレベルに到達する事もありますが、混沌法則により世界のバランスを著しく崩す事は出来ません。理論、技術的にそれが造れないではなく、根源的に存在しない扱いになるのですが、練達の研究者はそれで諦めるような物分りのいい性格をしていません。
 元の世界への帰還と同じように、混沌法則すら打ち破らんと日々努力を続けているのです。

(追記1:練達はこれから!)
 ラジオ事件等でイレギュラーズの対応もありましたが、混沌の中で特別な立ち位置になる練達という勢力にローレットやイレギュラーズ達が本格的に関わっていくのはもう少し先の話になるでしょう。
 練達には他の国には無いオーバーテクノロジーと不思議が待っています。乞うご期待です!

『賢者の三塔』

 セフィロトの主要研究施設は『賢者の三塔』
 練達は王が存在せず『賢者の三塔』の三塔主、『探求』のカスパール・グシュナサフ、『想像』のマッドハッター、『実践』の佐伯操、三塔主により運営されています。
 賢者の塔は過去を探求し、未来を想像し、現在を実践するという三つの柱で成り立っているのです。
 それらの研究私設では主目的である『元の世界への帰還』へと到る道として神や観測値『D』を含む世界の謎の究明にも取り組んでいます。
 その他、VR(バーチャル・リアル)やゲームのようなものの娯楽作成や、AIやロボット、そしてこの世界についてを研究する者など様々な研究室が設置されています。

国家情勢(外交)

 卓越した技術力を有することで、その恩恵を受ける者は混沌世界中に多く、国家同士の争いには巻き込まれることは低いでしょう。
 その成り立ちから『神への敵愾心』が強いという理由より幻想や天義とは良好な関係とは決して言えませんが、彼らが技術を提供することで攻撃対象となることを免れています。

ポイント

  • 人間は考える葦である、とは有名な言葉ですが、練達は時に無力な人間(と高度知的生命体)の知性と飽くなき探究の心を何よりの力と考える研究者の楽園です。
  • 彼等は理不尽な理由でこの世界に召喚されたり、特異運命座標を押し付けられた人々ですが、基本的に『神とかいう非科学的なモン』に挑戦的であり、反抗的でもあります。
  • 従って彼等は神の押し付けたオーダーに従い、不確定に自身の状況が解決される事を全く信じておらず、自身の知性と実力をもって現状を打開せんとその意志力を燃やしています。
  • ただし、彼等は基本的にお外が嫌いです。考える事は大好きですが、物理で解決しなければならない事はからっきしです。フィールドワーカーたるイレギュラーズはひきこもり達の希望の綱になるでしょう。
主な事件
●Abschied Radio
破滅主義者の魔種は「社会に不満を持つ者の無差別殺人」を行う様にその狂気を振りまいた――
昼のワイドショーを騒がせるその殺人事件を止めて欲しいとDr.マッドハッターからローレットへと依頼が届いたのだった。
スポット紹介
●セフィロト
練達の首都。ドームに覆われた街です。内部は『マザー』と呼ばれる中央制御システムが管理し空調や照明などの環境の快適と安全が管理して国民に与えられます。
●中央制御システム『マザー』
首都セフィロト内部に或る中央制御システムです。練達の心臓部であり、セフィロトの安全と快適性の管理を行っています。

●VR研究室
紅宵 満月という旅人が楽しく愉快に管理・研究しているVR/ゲーム作成を行う研究室です。
関連シナリオ:#次のキリバンは1111です。■←秘密の入り口
●再現性東京(アデプト・トーキョー)XXXX
 練達に存在する区画の一つです。
 主に地球、日本地域出身の旅人や、彼らに興味を抱く者たちが作り上げました。  東京、と言う物を想像してみてください。思い浮かびましたか? だいたいそういう所です。

 再現性東京の内部は複数のエリアに分けられています。以下は一例です。
・古き良き昭和をモチーフとする『1970街』
・高度成長とバブルの象徴たる『1980街』
・大人たちに見切りをつけた子供たちと、彼らの世紀末と未来への不安と期待が入り混じる、独特な空気感を保ち続けた『1999街』
・次なる時代への道を模索し続ける『2000街』
・私達の今日を再現し、やがていつしか『ナンバリング』される事になる『Latest街』
・なんで東京があって大阪があらへんねん『大阪街』

●希望ヶ浜学園
 希望ヶ浜学園は、再現性東京(アデプト・トーキョー)2010街『希望ヶ浜』にある学園です。
 設立の目的は子供達の教育ですが……
 真の目的は練達国内の様々な怪奇現象に対応する為に、人材を育成することです。

特設ページはこちら

スポット紹介
●蒐囚壁財団
異常存在の確保・収容・研究を目的とした練達組織です。
世界の破滅を防ぐため、混沌世界にあまた存在する異常存在を研究し続けています。
収容研究所は練達の地下階層に存在しており、表に出ることはめったにありません。
また思想の対立する様々な団体(『清浄楽土慈善財団』『L&S株式会社』『アンチオカルト連合』『ブランク研究所』など多数)との争いも絶えません。
関連シナリオ:無限あんパン海上奪還作戦他多数
●タエバ
練達階層都市の下層域に位置し、21世紀地球のイケブクロという町にどこか雰囲気が似ている街です。
地下鉄、インターネット、パチンコ屋などの文化が浸透し、日本系世界からやってきたウォーカーやそうした文化になじんだ純種たちが暮らしています。
関連シナリオ:コズミックトラベラーズ他多数
●リトルタチカワ
地球と呼ばれる異世界出身者が、東京都立川市の駅周辺を再現したとされる一角。
関連シナリオ:リトルタチカワ
登場人物紹介
下の画像をクリックすると紹介が表示されるよ、アリス!
シュペル
ビギナークエスト

PAGETOPPAGEBOTTOM