PandoraPartyProject

シナリオ詳細

可憐なる花を求めて

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●どうしよう

 どうしよう、ああ、どうしよう!

 妖精は困っていた。実に困っていた。
 久しぶりにこちら(混沌)へやってきて、綺麗な花束を作って持ち帰ろうと思ったのに。丁度綺麗な花畑があったから、少しばかり拝借して持ち帰るつもりだったのに。
 それが、嗚呼、あんな魔物と出くわすなんて!
 びっくりした妖精は思わず逃げた。そりゃ逃げるさ、おっきくて怖い魔物だもの。森の中をよくわからないまま全力で飛んで、飛んで。それでもまだ追いかけて来るから必死に逃げた。
 もう力尽きそうだ──そんな折に耳の長い大きな人間と出会った。彼らはたまーに、時には頻繁に交流を交わす者たちだと妖精は知っていた。
「たすけてーーー!!」
 飛びつくと人間は驚いて妖精を見た。その真ん丸な目には追ってきた魔物も映っていて、人間は眦を吊り上げて武器を構える。
 だがどうしたことか、人間は魔物を威嚇しながら先ほどの妖精と同じように逃げ出したではないか。
「なんでにげるの!」
 そう問えば、
「逃亡ではない、撤退だ」
 と返ってくる。一体何が違うんだ。
 けれど魔物はいつの間にか追いかけてきておらず、2人はそのまま話をしながら近くの村まで行くことに。その道中で人間はどうして『てったい』したのか教えてくれた。
「最近は力の強い魔物が多い。私1人では返り討ちになりかねん。ローレットに依頼を出した方が良さそうだ」
「ろーれっと?」
 それは様々な場所から集まった者たちの組織で、所謂何でも屋のようなものだという。一般的に善であることから悪であることまで、依頼されたならそれこそ何でも。
「彼らに依頼すれば追い払うなり、倒すなりしてくれるだろう。……そういえば妖精、貴殿は何をしにここへ?」
「それはね、はなたばをつくりに──あれっ?」
 これだよと見せようとした妖精は気づく。手に持っていたはずの花束はどこへ?
 人間へ問えば、遭遇した時にはもう持っていなかったという。つまり、あの魔物から全力で逃げる際に落としてしまったのだろう。
 それがただ道に落としただけなのか、それとも魔物が持って行ってしまったのか。いずれにせよ、花畑でまた作らないといけないだろう。
「なら、魔物を追い払ってもらった後に行くと良い」
「そうしたい……んだけど」
 困った。妖精はまたしても困ってしまった。
 ……あの花畑、どこだろう?


●花畑を探して
「……なんというか、災難な妖精が多いんだよな」
 彼らの不遇を憐れむべきか、それともよく襲われる無防備さに呆れるべきか。
 『Blue Rose』シャルル(p3n000032)は何とも言えない表情で依頼書を眺める。同じ依頼書へ視線を向けるイレギュラーズの存在に気づくと「ボクはもう見たからここどうぞ」と場所を譲った。
 依頼内容は魔物の撃退と、妖精が花束を作ったという花畑探し。花畑ならどこでも良いのではという話もあったが、妖精がその花畑にとびっきり素敵な花があったのだとえらく執心しているのだとか、何とか。
 そんなわけで代替品はない。妖精を保護したという地点から人海戦術で花畑を探し、また魔物を探して撃退し、妖精を連れて行ってあげなければならないのだ。

 ──そんなわけで求む、花畑探しを手伝ってくれるイレギュラーズ。

GMコメント

●成功条件
・魔物の撃退
・花畑へ妖精を誘導する

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●ロケーション
 森です。道というほどの道はなく、獣道があったりします。
 昼間なので視界もそこまで悪くありません。

●妖精
 幼い口調をした精霊種。30cmほどの少女です。花束を作るためにやってきました。
 いかんせん花束を見つけたのもたまたまであれば、魔物に追いかけられた時もがむしゃらに逃げてきたので道が分かりません。
 花束を作っている最中にとても綺麗な青の花を見つけており、それをどうしても花束に加えたいのだと言っています。

●魔物
 妖精曰く『とても大きくて怖いやつ』だそうです。
 保護した幻想種は四つ足で素早く、大きな熊のような姿であったと言っています。
 逃亡しながらだったためはっきりとではありませんでしたが、長い尻尾を見たような気がするということです。

●第1章
 妖精が保護された地点からスタートします。
 わかっているのは妖精が飛んできた方向のみ。皆さんの力で妖精の辿ってきた道を探してください。
 魔物の痕跡や他に何か繋がりのありそうな跡を見つければ、それを元に追うことができるでしょう。

●プレイング内容確定・章進行に関して
 今回は以下の進行ペースを考えています。全3章。

 全ての章において、抽選で6人~10人程度のプレイングを採用します。全体人数によって多少前後する可能性があります。
 各章のみの参加も歓迎致します。その場合は『依頼を知って後から追いついてきたら、現在の展開になっていた』という形になります。もちろん連続しての参加も大丈夫です。

・1章
 執筆開始は3/20~とします。そこまではプレイングの確認を一切しない予定ですので、プレイング送信可能期間中は何度でも修正頂けます。
 それ以降は1~2日おきに不定期の確認&執筆となります。
・2章、3章
 それぞれ章移行日~次の日の23:59までは確実にプレイングの確認を致しません。
例:3/22に1章から2章へ移行→3/23 23:59までは確認しない
 それ以降は1~2日おきに不定期の確認&執筆となります。

●ご挨拶
 愁と申します。ラリーシナリオを出してみました。
 初回は全体依頼のリプレイ執筆期間が被っているため、多めに時間を取っています。リプレイが早く書き終わっても確認しませんのでご安心ください。
 最近は何とも不幸な目に遭う妖精が多いですが、皆さんの力で何とかしてあげましょう。
 ご縁がございましたら、よろしくお願い致します。

  • 可憐なる花を求めて完了
  • GM名
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年04月06日 20時50分
  • 章数3章
  • 総採用数28人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)
讐焔宿す死神

「さて、じゃあ一緒に帰り道を探そうか」
 『真実穿つ銀弾』クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)は妖精に心配はいらない、と笑みを浮かべる。
「任せろ。俺を始めとしたイレギュラーズたちが手伝ってくれるし、深緑は俺の庭みたいな……いや正直迷宮森林は無理だけど!」
 広大な森林を『庭』と称すのはもう少し先になりそうだ。
 クロバは木の幹などを注意深く観察しながら、どんな音がしたなどの問いを投げかける。
「小さな事でも良いんだ」
「おと。おと……おもいだしてみる!」
 頑張るよ! と言いたげな表情の妖精。そこにはまだ強張りが残っている。
(ああ、緊張していたら思い出せるものも思い出せないか?)
 モンスターに襲われ、逃げてきたばかりだ。花束を作りたいという望みはあるものの、驚異の潜む森に再度立ち入るには勇気が必要だっただろう。
 あまり得意ではないが妖精のため、ひいては依頼成功のため。必死に話題を振って話しかけるクロバの姿に、妖精はいくらか緊張がほぐれたようだ。
「これは……追ってきた魔物のものか?」
 何かの痕跡を見つけると、妖精がコクコクと頷く。そして何かを思い出したようにハッとした。
「こわいもの、すごくちかくなったとき『シューシュー』っておとがした!」
 はてそれは何だろうかと首を傾げるクロバ。その音の正体を探るべく、彼は妖精とともに1度近くの村へ聞き込みへ向かったのだった。

成否

成功


第1章 第2節

ヨハン=レーム(p3p001117)
特異運命座標
太井 数子(p3p007907)
不撓の刃

(花束ですか、それくらい魔物もほっといてほしいものですねぇ)
 『砲撃用意!』ヨハン=レーム(p3p001117)はミーティアこと『磨石のミーティア』太井 数子(p3p007907)と妖精とともに森を歩く。妖精が逃げてきたという大体の方向へ歩きつつ、最終的に花畑が見つかれば良い。3人は人が入りにくそうな脇道へと足を踏み入れた。
「ヨハンくん、足元に気をつけるのよ。ここ、大きい石がゴロゴロして……グワッ!!」
「ミーちゃん!」
 言っている間にも石に足を取られる。あわやヨハンが腕を取ってくれたおかげで転倒は免れたが、格好良いところを見せようとしただけに恥ずかしい。
 そんな彼女を軽くエスコートしながら視線を巡らせるヨハン。妖精がこんな場所を飛び、逃げるとしたらどう動くかと考えながらミーティアを誘導する。彼女もまた物理的痕跡を追っていた。
「このあたりは少しぬかるんでいるのね……あ、」
 大きな足跡──おそらくかなり大きな動物のものだ──を辿っていたミーティアは、途切れたそれに足を止めた。
「なくなっちゃってますね。この辺りはどこも飛びにくそうですし」
「あのね、なんどかはっぱにどーん! ってつっこんじゃったの。もしかしたら……」
 ここかも、と言う妖精。つまるところ、どこから来たかわからない。
「ならここは勘で行きましょう!!」
 地面に転がっていた手頃な木の棒を拾い上げるミーティア。地面へ垂直に立てて手を離すと、木の棒はパタリとある方向へ転がる。
「……これは、西かしら? 行きましょ、ヨハンくん!」
「だ、大丈夫でしょうか?」
「ええ! とりあえず進んでから考えましょう!」
 進まなければ何もわからないことは事実。では、とエスコートをしようとしたヨハンに手が差し出される。
「転けないように手をつないで行きましょ!」
「えっ、手も繋ぐんですか……!」
 ドギマギしながらも重ねられる手。妖精がその後ろで2人の関係に興味津々な中、2人は木の棒が倒れた方へ進み出した。
 通りにくい道を乗り越えれば、またこれまでと同じような光景が広がる。しかしそこに見つけた動物の痕跡に、ミーティアとヨハンは見つかって良かったと安堵した表情を浮かべた。

成否

成功


第1章 第3節

サイズ(p3p000319)
妖精の守り手
シャルレィス・スクァリオ(p3p000332)
蒼銀一閃
レーゲン・グリュック・フルフトバー(p3p001744)
自身を重ねてしまった

「うきゅうきゅ。森番アザラシのレーさんとグリュックに任せるっきゅ!」
 『乗りかかった異邦人』レーゲン・グリュック・フルフトバー(p3p001744)が胸を叩く。もちろんレーゲンの操るグリュックが、だ。
「うんうん。冒険者として、困っている人は助けてあげなくちゃね!」
 頷く『蒼銀一閃』シャルレィス・スクァリオ(p3p000332)。しかしその傍らで常の3分の1サイズになっている『妖精郷の門の門番』サイズ(p3p000319)が難しい顔をして唸る。
「だが……妖精が来た方向しかわからないのか。ならとりあえずそこらへんを大雑把に探すしかないな……」
 上空から、あるいは地上から。探す方法はいくらでも考えられるが、まずは──。
「妖精さんは何て名前なの? 私はシャルレィス!」
「呼びやすいように名前を聞いておきたいっきゅ」
「俺はサイズだ……この依頼中くらいしか、かかわることが無いと思うが……君とかお前とかで呼ぶわけにはいかないからな……」
 3対の視線が妖精へと刺さる。妖精は思い出したようにハッと目を丸くした。
「そういえばいってない! わたしね、『フィラ』っていうの!」
 こうして妖精──フィラの名を知ったイレギュラーズたち。彼らはそれぞれの方法で妖精の辿った道を、花畑を探す。
 妖精と魔物が通った痕跡を探すのはレーゲンとシャルレィス。大きな足跡や倒れた木材などを探し、見つければさらにそこから次の痕跡を探す。
(逃げてきたのを追ってきたんだから、それなりに荒れていそうな気がするし)
 シャルレィスの予想は大当たり。草木の密集した場所ならば、荒れた痕跡を探すのもそう難しくない。
 レーゲンはフィラの方をちらり。妖精は首を傾げるが、レーゲンは「何でもないっきゅ!」と視線を逸らした。
(……女の子の匂いを嗅ぐのは危ない絵面だから最終手段っきゅ)
 そう、ハイセンスを備えたレーゲンは嗅覚も人一倍。けれど依頼のためとはいえ、妖精の匂いを嗅いで痕跡を辿るのは……こう。ダメだろう。
 魔物の奇襲も警戒していたシャルレィスは微かな気配に視線を巡らせる。そこにいた鹿はどう見ても無害なただの動物で、レーゲンは鹿に逃げられない距離まで近づいた。
「動物さん、この妖精さんの飛んでた所を見てないっきゅ? それか、とても綺麗な青の花がある花畑を知らないっきゅ?」
 鹿は花畑なら知っているが、そこに青い花があったかどうかはわからないようだ。
 そちらへ向かってみようか──そうレーゲンとシャルレィスが相談していたところで、頭上から声がかかる。空を見上げると、上空へ舞い上がったサイズの姿が見えた。
 仲間たちの存在に妖精を任せて良さそうだ、と判断したサイズは森の上空へ飛び、辺りを見渡していたのだ。サイズの瞳には小さいながらも花畑らしき場所が映っていた。
 大雑把に言うならば、ここよりさらに西。魔物の存在もあるため、妖精はイレギュラーズとともに森を進む他ないが──それでもまた、1歩前進だ。
 一同は鹿に示された道を元に、西へと進み始めたのだった。

成否

成功


第1章 第4節

ユースティア・ノート・フィアス(p3p007794)
夢為天鳴

「さらに西、ですね」
 先に妖精と探索していたイレギュラーズから情報を伝え聞いた『夢為天鳴』ユースティア・ノート・フィアス(p3p007794)は空から見たという花畑の方向へ歩きながら、周りの木々に話しかける。
 花の咲きやすい場所。そして特徴に合致する──青い花があるかどうか。
 木々がサワサワと揺れ、この辺りにはないと告げる。もっと先なのだろうとユースティアは判断し、妖精フィラとともに歩を進める。ちらと妖精を見れば、ローレットで最初に見かけた時とは異なり──先に行動をともにしていたイレギュラーズのおかげで──大分強張りが解けているようだった。
(怖い目に遭ってもまだ花を求む、と)
 協力しないわけにいかないではないか、とユースティアは思う。少しでも彼女の助けになれば、と。
 少し離れた場所を進んでいた自律機動多機能ペンギン型冷蔵庫もともに花を探す中、ふらりと現れたのは森に住まう兎。
 協力してもらえないかとユースティアが頼むものの、動物は何かに怯えているようで。けれどこの先に花畑があることは教えてくれた。
「ありがとうございます」
 野菜を差し出せば、兎はちょこちょこと寄ってきた。その可愛らしい姿ともふもふにはムズムズと欲求が湧き上がる──が、我慢。我慢である。

成否

成功


第1章 第5節

エルシア・クレンオータ(p3p008209)
自然を想う心

 木々はどれほどに外界へ関心を持っているのだろう。
 魔物と妖精の見分けはつくのか、とか。
 時間の感覚は自分たちと同じなのか、とか。
 だからエルシア・クレンオータ(p3p008209)は植物にこう聞いた。
「良い空き地の在り処を知りませんか?」
 通ったモノの見分けがつかなくても、時間の感覚が異なっていても──今日明日のことでなくても──自分たちの子らが育つ場所には興味を持ち、知っているはずだ。
 森の中では太陽光が必ず差す訳でもなく、しかしそれがなければ植物は育たない。花畑のようなひらけた土地であればその条件を満たすし、虫もやってきて交配もしやすいだろう。
(耳聡く噂を聞きつけていてもおかしくありません)
 エルシアの予想通り、草花はさわさわと体を揺らしながら教えてくれる。
 この先、日の落ちる方へ。
 暖かい、広い空き地。仲間(花)が沢山居る場所。
 虫が最近、怖いものがいるから通らない。
「怖いもの……」
 妖精を襲った魔物だろう。日の落ちる方、とは西のことだ。妖精は花畑からひたすら東へ突っ切っていたらしい。
 エルシアは草花の種を受け取って懐へ収める。
「お礼に種をお花畑まで運んであげましょう」
 ──あなたたちの子が、温かな光を浴びることができるように。

成否

成功


第1章 第6節

マルク・シリング(p3p001309)

「もっと西、だね。とりあえず、来た方向に戻っていくかな……」
 マルク・シリング(p3p001309)は妖精ふぃらに語りかけ、さらに西へと進んでいく。
(魔力の痕跡とかを辿れる人なら、こういうのは強いんだろうけど)
 生憎とマルクにそういった特技やギフトはない。彼はただの人間なのだから──人間らしく、地道に調べていくしかないのだ。
 幻想種曰く、四つ足の大きな熊らしかったと言う。ならばその足跡は見つけやすいはずだ。そこに踏まれたり折られた枝などもあれば尚更怪しい。
「この辺りに見覚えはあるかな」
「えっと……あ、うん! あれ、みおぼえあるの」
 無理矢理に通ったような木々の間。その頭上を妖精が指差す。マルクが見上げるとぷらんとぶら下がったくもがいた。
「じゃあこの先で良さそうだね。念の為、魔物の出現を警戒しながら進もう」
「うん!」
 頷く妖精とともにマルクは暗くなっていく道を進んでいく。注意深く探りながら歩くマルクは枝に引っかかったそれに気づき、手を伸ばした。何かの毛らしいそれを見て妖精が小さく悲鳴をあげる。
「それ! ……おってきた、こわいやつの」
 マルクの肩にしがみつきながらそれを見て確認するフィラ。マルクはそれを掌に乗せた。
 変哲も無い、茶色っぽい毛。明るいところで見れば色味も明るくなるのだろう。
 少しずつ近づいている予感に、マルクは警戒をより一層強めた。

成否

成功


第1章 第7節

リゲル=アークライト(p3p000442)
白獅子剛剣

(魔物が力を付けてきているのか? 嫌な予感がするな……)
 『死力の聖剣』リゲル=アークライト(p3p000442)はギフトで光らせた剣を光源に、暗くなってきた道を進む。妖精も不安になってきたのか、リゲルの肩に留まってきた。
「大丈夫だ、俺がついてるぞ。探し物、頑張ろうな!」
「……うん!」
 リゲルの笑顔に頷く妖精フィラ。リゲルは透視しながら四つ足の足跡や、落としてしまったと言う花束も探しながら進む。
「あおいはな、はなたば、みあたらないね……」
「ああ……妖精達は苦労ばかりのようで心苦しくなるな」
 せっかくこちらへ来てくれているに、とリゲルは小さく眉を寄せた。純粋にこうして出会い、知り合いが増えることは喜ばしい。
「良かったら友達になってくれるか? そうしたらもっと嬉しいんだ」
「もちろん! そうしたら、きみにもはなたばをプレゼントしなくちゃ!」
 嬉しそうな妖精にリゲルは目を細める。
 未だ花畑も青い花も、花束も見つからない。所々にある四つ足の足跡が頼みの綱だ──だが。
「……これは、」
 リゲルが立ち止まる。これまでとは別の、複数の足跡。この辺りを駆けたと思われるそれと共に、リゲルの瞳には木々や草陰へ潜む獣の姿を捉える。
「俺の後ろに隠れてくれ、盾になるからな」
 怯えた様子のフィラがリゲルの後ろへ回る。リゲルは唸り声を上げる獣に剣を向けた。

「──騎士は守り手がいれば、より燃えるものなのさ!」

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM