PandoraPartyProject

ギルドスレッド

古戦場跡地

月明かり照らす大地(ダイス制戦闘)

静寂に包まれた、開けた平野。
月明かりに照らされ、大地が神々しく輝いている。

ダイス判定による戦闘を楽しむ場所です。
どのようなルールを用いるかは、決闘者其々にお任せいたします。

------------------------------------------------------------
【例1】
勝敗はダイス制。
【偶数で成功。奇数で失敗】

○回成功を収めた方が、勝利です。
(テンポ良く進めるならば、2回もしくは3回を推奨)

戦闘の流れ

1.【残HP:3】からスタート。
  戦闘開始時に1度だけ、先行判定を行う(数値が高い方が先制という形でスタート)

2.攻撃時は【攻撃判定】とタグを付けて発言。【偶数で成功。奇数で失敗】

3.攻撃が成功していたら、攻撃成功RPを。
その後に、受け手はダメージRPと、HP数値修整を【残HP:2】
 攻撃が失敗していたら、回避等のRPを。

4.3度攻撃を成功させた方が勝利(チーム戦では、【残HP:0】で戦闘不能)

【庇う】は宣言をしていたら、
 庇う相手が【残HP:1】の時のみ、庇えます
(庇われた相手は【残HP:1】のまま。庇った方はダメージRPとHP修正を)

------------------------------------------------------------
【例2】
【事務所模擬戦ルール】※ギルド「即席事務所と喫煙所」より拝借致しました。
https://rev1.reversion.jp/guild/339/thread/1772

------------------------------------------------------------
他、双方が面白いと思えるルールで、ご自由に戦って頂けたら幸いです。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
(イッダァー!!お説教ヤダーー!!帰るぅぅーー!!)←悲鳴が響き渡っていた
(月明りに影が大きく伸びる。
力強く大地を踏みしめ、仁王立ちにて相手の到来を待ち受けている)
お、お待たせしました…。
( 対照的に自分の身長程の高さの刀を杖代わりにして、到着する少女)
さほどでもない。
(すっと背筋を伸ばして佇まいを変えた。足元から頭まで真っ直ぐな立ち姿。
それからややあって浅く頭を下げ、スカートの端をつまんで軽く腰を落として見せて)
ごきげんよう。
(所謂カテーシー。美少女の間で決闘の前に行われる古式ゆかしいアイサツである。)
えっ、えっ…。
( 目の前の女性は突如として頭を下げた。明日としては、この礼儀作法を知らない。
が、しかし。大凡の意味は汲み取れた。ならば、するべき事は一つ、)

ごっ、ごきげんよう…。
( ただただ真似た。獲物を片手で持ち、片方だけ服の端を摘まんで頭を下げる。出来栄えは残念なものかもしれないが、これが彼女の精一杯)
……うむ!!
(ぎこちない動作で行われたカテーシーに満面の笑顔で持って返す。
美少女同士の決闘の作法と言えば様々にあるが、それを異世界でも貫くことは己の我儘に他ならない。
その我儘に乗ってくれたことが嬉しかった)

では春夏秋冬殿、ご準備はよろしいであるか?
楽に構えられるがよい。
なに、取り決めは3度当てた方の勝ち。命の取り合いでもない軽い遊びよ。
(最初に先制判定を行い、偶数を攻撃成功、奇数を攻撃失敗として最初に3回成功したほうを勝利にするルールです。)


この刀はお借りした物でして、刃は付いてございません。「遊び」には適しているでしょう…。
( 相手の表情を見るに、今の言動は正解だったようだ。ほっと一安心。
ギルドで借りた居合刀を腰に据え、猫背より低く腰を曲げる)
これにて私めの準備は終了でございます…咲花様は、よろしいでしょうか?

(丁寧に説明感謝します!)
これは……気遣い有難く。
しかし、不思議である。貴殿が持てばその刀は切れるように見える。
(己よりも小柄な少女を、まるで巨山でも見るかのように目を見開いて見る。
そこには遠慮も恐れもない。ただ間合いを図る獣の如き闘志だけが映っているだろう)

うむ、それでは……
(頭をややうつむき気味に、しとやかに咲く白百合のような姿勢から……)


(にこり、感謝の言葉に幸の薄い笑みを浮かべた。そのままーー)

ーー春夏秋冬・明日、参ります。
( グッと、より姿勢が低くなる)【先行判定】
4
【先行】
(緩やかに一歩、淑やかに一歩。
足を運ぶたびに加速して、軽やかに一歩、風を切って一歩)
ヒュッーーー
(やがて呼吸すらも置き去りにして高速の一歩。
それは靴裏で春夏秋冬を踏みにじり体勢を崩そうとする蹂躙の一歩となる。)
78


【残HP:2】
ぅっーーー。
( 疾い。気付いた時には既に呼吸が困難となっていた。痛い、鈍痛が身体を駆け巡るーーーが、)

ふっ、ぅ…間合い、入りましたね。
( 反応は追いついている。蹴りを受けて体勢を崩す直前に、居合刀は抜かれていた。反撃と言わんばかりの一閃を蹴って伸びた咲花の脚目掛けて放たれる!)【攻撃判定】
52
【HP:2】
(銀光一閃)

(喉の奥で獣の如きうめき声が漏れる。
手酷く打ち据えられた足は最初にその衝撃の強さを、そして遅れて燃えるような痛みが広がる。
追撃を避けるためまろぶように数歩後ろに下がり)
速い、早い、迅い。
いいなぁ!!いいぞ、春夏秋冬殿!!
(唇の端が吊り上がる。激しい熱狂と歓喜と少しばかりの狂気をにじませる笑顔で再び春夏秋冬の前へと身を躍らせる)
吾にもっと貴殿の業をみせていただきたいのである!
(片腕を盾にするように前に持っていき、もう片方の手はその下から掌底打ちを狙う。
片腕を打たれても、打撃を喰らわせんとするやや捨て身の一撃――)
93

【回避】
申し訳ありません、咲花様…
( 模造刀とは言え、振るった威力は本物。それを受けて、笑みを浮かべる目の前の女性に驚きを覚えながらも冷静に刀を鞘に戻す)

私めには、此れしかございません故っーー!
( 槍の如く突き出された掌底の軌道を鞘でズラし、威力と力の流れを受け流す。ビリビリと残る感覚を押し殺し、その勢いのまま再び刀が抜かれる。狙うは、盾にした片腕の下。もとい脇腹に迫る。「遊び」とは思えない内蔵狙いの一手)【攻撃判定】
72
【HP:1】
(突き出した腕はぬるりと空を切った。捕らえかけた物は人の肉ではなく硬質な鞘の感触。)

(しくじった。)

(迫りくる模造刀に高速回転する思考だが、そのどれもが体よりも先走って)
ガッ……!!
(精々できたことと言えば後ろに飛んで衝撃をいくらか軽減する程度。
それでもまだ少しは動けそうなダメージに収められたのは僥倖であったのだろう。)
あやまる必要はないのである。
人が人を傷つける事は悪ではなかろう。
(痛みを頭から絞り出しながら構えなおす。
呼吸を整え腹筋を締めあげ、軽やかに踏み出す。
癖のない足取りだ。
2度ほど見た抜刀。
それを真正面から掻い潜り拳で一撃入れてやろうとしているのに、心は恐れるどころか期待に高鳴って止まらない)
(次はどれだけ早い?)
(今の自分はこの死線をくぐれるのか?)
【攻撃判定】
6

【残HP:1】
(追撃っ、いけーーー!?)
(手応えは有り、これは好機。振り抜いた模造刀を鞘に戻さず、上段から斬りかかろうとした。
それが失敗だった。 “居合” をしない一撃は不得手ではないにしろ、見切られて鳩尾に拳が貫かれた)

くっ…ぁ、ぅ……!!
( 悶絶の鉄拳。二歩ほど後退すると、痛みのあまり地面に座って身体を伏せてしまう。
あまりにも酷い状況の中に、違和感が生じる。
 “ 刀が鞘に収まっている ” のだ。
風の抵抗も少ない体勢で、重い一撃を受けた脱力状態の身体。まさに居合に最適な環境)

ーーーッ!
( 刹那。全身に力を込めて抜刀。刀の柄を今までより先に握り、距離を補いながら咲花を下から斬り上げようと試みる。言葉通り、全身全霊を込めた居合。速度も先程を悠然と超えている)【攻撃判定】
57
【回避】
(実際には見えていない。呼吸を読んだだけだ。)
(野生の獣じみた勘で危ないと思った空間をスレスレに避けていただけだ。)
(その証拠に今まさに体勢を崩し、ほとんど転んだような状態だ。)

(それでも)

(それでも、抜刀の間合いを超え、肉薄戦の間合いに持ち込んだ事には千金以上の価値がある。
踏鞴を踏むような崩れかけの踏み込み、そして次なる拳はまっすぐに居合を操る肩へと打ち込まれた。)
17

【回避】
(避けられたーー、しかしそれが功を奏した。無理に行った抜刀によりバランスを崩して仰け反る。お陰で相手の拳から免れたのだった)

さ、咲花様……
(互いに満身創痍間近、激痛に耐えるのさえ精一杯の明日は鞘を杖代わりに立ち上がり、刀を収める。
深い深呼吸の後、ゆっくりと姿勢を下げる。深く、より深く。今まで見せた居合の構えだ。
この一手に賭ける、その信念を感じさせる気迫を魅せた少女は、だらりと脱力する)

いざ、尋常にーーー。【特殊判定】

( グダりそうな気がしましたので、乱数の数字が高い方の勝利にしませんか?という提案)
91
(……提案した直後に高乱数を出してしまいました。凄く申し訳ない気分に)
避けられたか。
(事実の確認。バックステップで再び間合いを取った。
至近距離で抜き打たれれば今度こそ避けられない。)

(しかしあの少女の様子はどうだ。
最初は人の顔色を窺い、小さく縮こまっているように見えたはずなのに。
戦いの中で人を傷つけることを厭うているような気がしたのに。
どうして、ああまで、戦士ではないか。)
面白い。
(応じるように拳を握りしめる。
抜刀に対して拳で直接打ち合うという狂気じみた選択をする。)
さぁ、いざ、いざ!

――勝負!!!
(そして文字通り弾丸のごとく――跳んだ)

(提案OKです。やだあの出目こわい)【特殊判定】
46


(感謝。相手の女性には賞賛を贈ろう。本来戦いに於いて刀と無手では大きな差があった。ましてやこの一本勝負を引き受けるとは狂気の沙汰ではない。
自分に圧倒的自信があり、相手に敬意が無いと出来ない行為だ。だから、明日は確信する)

ハァッーー!!
( 自分の力を総て注ぎ、目の前の強敵を斃そうと。脱力からの全神経集中、そして得意の居合。距離が迫ろうと知ったことではない、自分の方が速いのだから!そう信じながら振るった刀は横三日月に弧を描き、振り切って通り過ぎた。手応えはーーーあった)【決着】


(提案了承ありがとうございます。それでも攻める咲花様カッコ良かったです!)
(月明りに交錯し合う二つの影は止まった)

(刃に拳でやりあうのは慢心であるか?美少女的に考えればノーである。
美少女の強さとは存在の強度。
それを上回る技量、経験、そして練り上げられた業が無ければいかな名刀を持ったとて丸めた新聞紙に等しい。

もっとも、これは混沌肯定の力によって前提の成り立たぬものであるが、美少女を貫くならばひいてはならぬのだ。)

ハァーッ……

(己が突き出した拳は鉄の硬さに負けてひしゃげた、というより、縦に浅く切れていた)

いや、貴殿が持てばなまくらとて刀のような切れ味を持ちそうだと思っていたのであるが……。
まさか斬って見せるとは。
うむ!先に3度当てられてしまったのである!
吾の負けだな!
【決着】


ふぅーーー…。
(よろめきながら振り向くと、追撃がなく静寂が訪れていた。勝った。辛勝とはまさにこの事。安堵の吐息混じりに深く息を吐き出す。痛い、まだ鳩尾が響く)

あ、ありがとうございました…咲花様。
ああっ!手に怪我が…大丈夫でございますか?
( 何とか近付くと、咲花の手に傷が出来ていることに気付いて慌てふためく)
ああ、よき勝負であった。
負けたのはな、悔しいのであるがな?だが、貴殿の抜刀は心がすっとする。
(傷の事なんかお構いなしにからから笑っているが、頭にアドレナリンが回り切って痛みが遠ざかっているだけである)

うむ!名誉の負傷であるぞ!
誇っておくれ、春夏秋冬殿。貴殿は吾という美少女をそのなまくらで斬ったのだ。
傷は、救護室の医者坊にでも見せれば直ぐに治ろうが……
だが、それはきっとすごい事なのである。吾はそう思うぞ!

(すっとする、そんな事始めて言われた。
取り柄を褒められるのは、こんなに気分が良かったのか。無意識に表情が緩む)

…はい。咲花様のような強き者と闘えたこと、私めの実力が通じたこと。とても、とても嬉しゅうございます。
うむ!
(今宵の戦いすべてを肯定するように頷くと)
では、引き上げるとしようか。打撃は後から響くものであるからな。
それに骨の一つでも折れておれば春夏秋冬殿の成長にも差し支える。
(そう言うとゆっくりとした足取りで医務室に向かっていった)
う…そう、でございますね。
(見抜かれていた。いや、当然のことだろうか。否定する理由も無いので、後を追うように医務室へと向かった)
…………。
道具屋の店主という記憶はあるけれど……そういえば、戦っているところを見たことはないか。
(ベルトにライフルを提げ、煙草をくゆらせつつぼんやり無表情で空をながめて)

//ということで場所をお借りします。
はぁ…はぁ…おまたせしました~~~…!
4分遅れになっちゃってスミマセン!
(見た目は現在の全身図通りで、武器はフランベルクという剣を所持)

いや、全く問題ない。急がずともよかったが……。
まあ、いいか。
ルールはこのスレッドのHP3でいいかな。
あ、ほんとですか!…ふぅ。息も整いました。
はい!それで大丈夫です!
(ゴム弾のマガジンをライフルと拳銃に叩き込んで。近接武器は通常のもの)
じゃあ……――やろうか。

【先行判定】
74
はい!…。(自然な構えで剣を構える)

【先行判定】
28
――っ!
(一息で近接戦の間合いから跳ねて間合いを開けつつ拳銃のゴム弾を連射)
【攻撃判定】
35
【回避】
…なっ!!
(放たれたゴム弾はマントをかすめ、命中せず。)
少し。反応が遅れていたら命中していた…!
さすがリウハさん、銃を使うだけありますね…これならどうでしょうか!
(死骸盾で蝙蝠のアンデッドを呼び寄せ、
数体は自分の周囲へ。
他の数体のアンデッドはリウハさんに突撃させるのを試みる)
【攻撃判定】
72
リビングデッド……!
近接攻撃だけではなかったか。脅威度を修正。
迎撃……!
(近付いてきた蝙蝠を拳銃と蹴りで迎撃するが、間に合わずにいくつか傷を受ける)
【命中:HP2】
戦闘続行可能、……反撃を優先する。
(蝙蝠の突撃を半分無視しつつライフルを構え、身体の中央を狙って数発連打)
【攻撃判定】
32
【命中:HP2】
しまった…!?
くっ…。(数体撃ち落とされ、うち数発は自身を守る蝙蝠をすり抜けユーリエに命中)
距離を取るのは悪手ですね…!
(距離を詰め、刺さずに刀身でリウハさんを叩く)
【攻撃判定】
24
――速い……!
(残りの蝙蝠を処理している隙に接近され)
ぐっ……!
(想定外の速度で殴打され衝撃を受けて吹き飛ばされる)
【命中:HP1】
(飛び起きる動きでスカートの中からナイフを2,3本抜き、手足を狙って投擲)
仕掛ける――!
(そのまま自身も前へ跳び、跳び蹴りを敢行する)
51
【回避】
(ナイフと飛び蹴りはユーリエに命中するはずだった。しかし、それは幻影で。
ナイフはそのまますり抜け、飛び蹴りも回避した。

叩いた居た位置に中距離攻撃を仕掛けるに違いないと、
直感で感じていたユーリエは叩いた位置からややずれ、
蝙蝠で身を隠し自身とそっくりの幻影を作りだしていた。)

これで決める…!暗黒剣!
(黒いオーラを纏ったユーリエは剣を暗闇そのものを纏わせ、わずかな刀身の光が一閃する)
【攻撃判定】
61
【回避】
っ、幻――!?
(動揺を押し殺し、飛び込んだまま止まらずに地面を転がり、大きな反撃の気配を察し低い姿勢で飛ぶ。すれすれで回避に成功する)
……シュートッ!
(振り向きざまに、別の仕込みナイフを取り出し投擲。柄から火を吹き、先以上の速度で飛来させる)
【攻撃判定】
12
【命中:HP2→1】
―!!
(捕らえたと思った一撃は手ごたえがなかった)
なんて速い…痛…っ!(鋭い弾丸のようなナイフはユーリエの露出した足を傷つける)
全く見えなかった…!
近接戦闘もこなすとは…流石ですね!
………(すべてのコウモリアンデッドを身体に纏わせ、リウハさんへ突撃し捨て身攻撃)
撃ち落とされたらそれまで…!
【攻撃判定】
57
【回避】
――まだ、見える。身体も動く……!
(正面から迎え撃つと見せかけて、接触の直前に機械の脚の全力で高く飛び縦に一回転、飛び越える形で着地)
後ろを取った、これで――ッ!
(ゴム弾を装填したライフルをフルオートで射撃。マガジンの全弾を吐き出す!)
【攻撃判定】
50
【HP0】
なっ…っ!?(人間なら出来ない動きをいともたやすく…!)
きゃああああ…!!(召喚された蝙蝠は全滅。
背中にすべての弾を受けたユーリエは出血がひどく動けず倒れる)
あ、ぁ…。リウハさ…ん、つよいです…。
さすが、おーるどわん…。(地面に伏したままぴくぴくしてる)
……なんとか通った、か……いや、大丈夫か……?
(駆け寄って、ポーチに入っている応急処置用のシートを傷口に張って、どこを持ったものかと思いつつ抱き上げる)
痛…っ、ありがとうございます、
なんだか…眠たくなって…きましたよ
申し訳ないの、ですが
保養所に、運んでいただけますか…?
(途切れ途切れの意識でお願いする

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM