PandoraPartyProject

ギルドスレッド

大きな木の木陰

【オリエンテーション用スレッド】木陰でお昼寝

オリエンテーション用です、あなたも一緒にお昼寝しませんか?

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
・・・(ここは休む場所…という事かな?)
(今日の探索の最後にここを見つけ、近くに人がいない場所の木へ腰かけ少しだけ休み始める。)

・・・(しばらく休んだ後、静かに何処かへ去って行った。)
お、いい場所発見……ちょっと一休みしようかしらね。。
(すやすやと眠りにつき)
ひひぃーーーーーーーんっ、ぶるるるる……
(そのまま木の根っ子の近くに寄り添って、寝る馬車馬)
わっ、高い……すやぁ……(高さを気持ちよさが超えて寝てしまった)
心地好さそうな木陰じゃな。多くの者が休んでいるのも頷けるのぅ。どれ、わらわも少し休ませていただこうかの。(よさそうな場所を見繕い寝転んだ)
…皆寝てるのね…私も…(丸くなってすやぁ)
たくさん人が寝てる…ボクも寝よう…おやすみなさい…
まさしく休憩所でありますな。……ふむ、では口笛もおねむであります(胸の上で手を重ねるように組んで間もなく、すぅ、と小さな寝息)
‥‥少し疲れたな。
ひと時だけ眠りたい。場所を貸して貰おう。
……すぅ。
(樹にもたれかかるようにして眠っている。寝顔は年相応にあどけなさが残る)
(木の上の方ですやぁ)
素敵な昼寝日和で……(うつらうつら)
ふぅ、結構廻りました…お祭りみたいで楽しいけど、意外と疲れますねぇ
(大きな木を見上げて)
ここは竜胆さんのお昼寝ポイントですね、木陰がヒンヤリしてて気持ちいいです
私もちょっと一休み…
お昼寝、ですか。(周囲を見回して)
……少し涼んでいきましょうかね。(樹に凭れ掛かると、息を吐いて)
皆無防備に寝てらぁ…財布すられても知らないぞ…
って、オレはすったりしないよ
なんたってオレも少し眠りたい…から、ね…(すやすや)
ここで最後。
疲れたから俺も少し眠らせてもらってから報告に行こうかな
ちょっとここでひと眠りさせてもらおう………Zzz
木陰がいい感じだな、昼寝に適してらぁな、確かに。
ま、歩き回ったしすこしぼーっとするか……(幹に背を預け空を眺めた。
おひるね、木漏れ日きらきら、お日様ぽかぽか。気持ちいい、ですね。……あふ(樹にそっと背を預けて
心地よくて懐かしい……まだちょっとしかたってない筈なのに……
あらあら、これはまた……。
私も少しだけ、休ませてもらおうかしら…(欠伸をひとつして、座り込んですやすや)
木陰、で…紅茶、も…いい、です…よね……
(紅茶を持ってきて)
あら、心地のいい木陰で紅茶だなんて、なかなかに素敵な趣向ね。(ふわり木に腰をかけて一休み)
ふぁっ、ねっむ……。ちょうど良いし、少し昼寝していくわね。(荷物から取り出したぬいぐるみを枕に)
へ―…たまには、こーゆうのも…いい…な…(頭がかくんかくん動いてる
お、良いね良いねこれはなんとも俺向きじゃないか。
ちょいと休ませて貰うよ。
(仰向けになりつつ膝を組み、頭の裏で重ねた両手を枕にひと眠り)
どうにも、このオリエンテーションってのはおっさんの身には堪えるぜ……。
……っと、ここは休憩所か?
他のやつも眠ってるみてぇだし……丁度いい、俺も少し休ませてもらうとするかね。
(木の根元に胡坐をかき、幹に背を預けると腕組みの姿勢で目を閉じる)
ここは、ゆっくりと出来そうですねぇ。
(一休み中)
みんな気持ちよさそう……わたしもいっしょしちゃおっ。(ころんと寝っ転がって)
ここ、寝る場所?でもわかる気がする。俺も一眠りしようかな。
腹も膨れて友達もみつけて疲れたし(木陰の下で白いぬいぐるみの横に置いてごろんとすやすや)
(木に持たれてひと眠り。涼しい場所に置かれたカップケーキには「痛まないうちにどうぞ」と書かれている)
(木に凭れながら頭の上で手を組み、一眠りしている)
……すぅ……。(丸まってすやすや)
ちょっと休もう・・・。(木の幹に寄りかかる)
ここは……木陰で、心地いい……ですね。
少し……休憩させて、もらいます、ね……。
(歩き疲れた様子で、木に寄り掛かるとうとうとした様子でやがて眠りに落ちていく)
ん…… ぷかぷかと水に浮いて寝るのが好きですが
こうして、木陰で眠るのも 心地よいものですね……♪
少し……休ませていただきましょう…… Zzz
ここ、木陰になってるんだ。わたしも一休みしようかな。(背負っていたリュックを枕代わりに、風が吹く適当な場所で横になる)
(『祭りの終わった地で……一人……つわものどもが夢のなんちゃらな軌跡を辿る俺ちゃんが次に来たのは‥…なんか静かにしなきゃいけない系な気がする系なトコでしたん……
そーゆーわけで……現場からは……小声でお伝えしています……
シールも貼ったし、早々にグッバイ‥…以上、空前絶後のイケメンな俺ちゃんからでした……スタジオにお返しします……』)
(いつの間にか現れた小声でボソボソ話す不審な人型は、大きな木に動物の足跡を模したシールを貼り付けると、来た時と同じように、そっと帰って行った)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM