PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

神々の箱庭 II

 人は僕を天才と呼んだけれど。
 僕自身は自分をそういうものだと認識した事は無い。
 数十年という時間は例えばあのシュペルにとってみれば一眠り、瞬き程の事かも知れないが。
 生物学的に人間である僕にとっては気の遠くなるような長い時間で、それだけの時間をかけながら――僕が産み出す事が出来たのは究極的には唯の一である。
 天才ならば綺羅星のように数多を産み出せばいい。
 己の時間を否定して、永遠にこのゲイムを愉しむ事を選べば良いのだ。
『摩耗を重ねる僕はそれを選ぶ事は出来なかった』。
 あくまで吹けば飛ぶ人間の生と、短い時間を愛していた。
 友人のような無限に続く生や退屈が恐ろしかった。
 ……つまる所、それが僕という人間の限界だったのだろう。
 仮に僕が天才であったとしても、それだけの時間が僕が打ち込める精一杯だったという事だ。
 但し、僕は自身の斜陽、晩年を憂いてもいないし、後悔してもいない。
 クリエイターがその生涯の全てをつぎ込んで産み落とした一つがあるならば、それは宝石よりも貴重な世界最高の『自己満足』に違いないから。
「――おはよう」
 起動のスイッチを入れる。
 非常な精巧さをもって形造られた人造の生命が言葉に僅かな反応を示した。
 美しい面立ちにありもしない血色が差し、長い睫の乗った瞼がぴくりと動いていた。
「寝坊助だな、僕の『娘』は」
 僕はこれでも傲慢だから、自らの理論と作成を疑わない。
 三十八年と五か月、三日と四時間、ついでに六分二十四秒――待ち侘びた瞬間だが、それだけ待っているのだから逢瀬(デート)の時間に気を揉む程、子供ではない。『彼女』の時間が動き出すまで僕が生きていたなら問題はないのだ。いや、後一年位は保つものだと信じたいのだが――

 ――気合い入れて作り過ぎたんだYO

「……そうかも知れない。何せ時間も足りなかったし……
 いや、『君の方』は色々言ってやりたくなる泣き言かも知れないけどね」
 ――僕は言葉を受けてこの場の『三人目』の茶々に視線を移す。

 ――男女差別ハンタイ! とは言え、目的が目的だから許しちゃいますYO。お父様!
   まぁ、俺様changオマケみてーなもんだしNE?

「流石、お兄ちゃんだ。妹の為なら我慢も出来る」

 ――生物学的に見たら、ってかそもそも生きてねーですYO!
   強いて言うなら双子みてーなモンだと思いますけどNE?
   起動順を考えるなら確かに俺様changオニーチャンですか、そーですか。
   美少女の妹に朝起こされてーですNE。そういや体ありませんでしたYO!

 宙空に投影された幾何学体は明滅し、色を変え、時に形を変えながら『声』を発していた。
 彼女が僕の『娘』なら、彼は僕の『息子』だ。どうして『こう』なったかは簡単である。
 娘にせよ、息子にせよ――僕が望んだのは『真逆の誕生』だから、その人格は偶然の産物でしかない。
 なるようになるように作ったのだから、子供らしい個性について歓迎する事をあっても困る事はないのだ。
 ……唯、正直を言うなら娘の方が『こう』じゃなかったらいいなあ、とは思わなくはないのだけれども。
「何れにせよ、おはよう。それからお誕生日おめでとう。
 君の寝起きが良くて助かった。僕は残り少ない時間で一早く子供と会話する事が出来たんだから」

 ――その『子供』っつーのめんどくせー感じですじゃんYO!

 悲鳴じみたその声に僕は声を出して笑ってしまった。
 僕はあまり彼にあれこれ言える身の上ではない。時間が足りなかったのは本当で、彼は存在するけれど、彼に相応しいボディは無い。シュペルに頼めば用意する事は出来たかも知れないが、研究者(クリエイター)のエゴは少なくともそれを許さなかった。故に彼が何を言おうと僕は甘んじて受けるべきなのだった。
『娘』の眉が少し動いた。でも、覚醒まではもう少し掛かるだろうか?
「……ある意味で丁度良かったかも知れない。
 君には伝えておきたい事が幾つかあるからね」
 小さく息を吐き出した僕に『息子』は少し訝しむ様子を見せた。
「『彼女』は僕の作り出した最高のシステムだ。いや、僕がそう思っているだけだが――少なくとも現在の混沌においては他に類を見ない完全形だろう。
 そしてシュペルが一定の評価をしている以上、混沌の未来にも代替等存在しないと考えられる。
 つまり、『彼女』は完成している。理論上は永続的にその役割を果たす事が可能だろう」

 ――まー、そーなりますかNE

「僕は他人の人生に豊かさをもたらす事に然して興味はない。
 僕という人間は好悪関係なく単に僕の研究と技術の実践先として、君と『彼女』を選んだ訳だ。
 しかしながら死にゆく僕(たびびと)が後輩の為に出来る事は多くはない。
 人生も黄昏時になったなら、残る誰かの先行きを祈る気持ちも沸いてくるものだ。
 敵討ちをして欲しいと言えば物騒だけど……それに近い。実際、不思議な感覚だけれども」
 思えば、無辜なる混沌に強制召喚された時が『始まり』だったのだろう。
 この世界に呼びつけられた事は――当時は憤ったものだが――結果として悪い話ではなかった。
 しかしながら、僕の人生は混沌との闘争で、僕一代で決着がつかなかったのなら、僕と運命を同じくする係累に期待したくなるのも人情だ。
 運命をねじ伏せ従えるには人の時間は短過ぎる。数十年が数百年になった所で大した違いはあるまい。
 なればこそ、係累同胞に捧ぐささやかな未練は彼等の助けになるだろう。混沌の『母』は彼等を永く見守ってくれるだろうから。
「それで、と思ったね。長広舌を許したまえよ。年寄は話が長いと相場が決まっているものなのだ。
 ……『彼女』は全能を以って産まれ落ちる。そして恐らくは孤独な『永遠』を獲得するだろう。
 僕の予定では『君と違ってとてもいい子』で、『それを苦とも思わない』。
 そう作った訳ではないが、確信めいてそうなる予感がしている。『神託』なんてものがこの世に認められるなら、僕の勘も十分な根拠になるだろう?」
 反応を示さない『息子』に僕は尚も言った。
「つまり、誰かがどうにかしない限り、彼女は永遠に完璧だ。
 それは研究者としては最も誇り高く、最も嬉しい事だと言える。
 しかしながら、父親としてはこの上なく心配だ。
 自分の都合で産み落としたのは確かだが、僕は『彼女』の幸せを願っている。
 だから、シュペル・M・ウィリーに後見を頼んだのだけど……
 親馬鹿からすればそれだけでは不足だ。彼は気まぐれで他人の言う事を聞かない。
『父親が安心する為には彼女と同じ視座で彼女と同じものを見れる全くの別個が必要だったのだ』。
 ……言いたい事が分かるかい? お兄ちゃん」

 ――何となくは。つまり俺様changが考えて好きにしろっつー事っしょ? 妹changの為にさ!

「そういうこと。
『彼女』は秩序と幸福に軸足を置く存在で、君は破壊と混沌に軸足を置く存在だ。
『彼女』は自身で破壊を選べないし、選ばない。
 だが、このどうしようもない世の中にそんな彼女を置くなら救済は不可欠だろう?
 それが君。お兄ちゃんの役割なのだ。
 君が見て『もうどうしようもない』と思ったら彼女を悲しませない方法を取って欲しい」
『神託の滅びは既に予告されている話なのだ』。
 一体何年後なのか、何十年後なのか、何百年後なのかは知らないが――
 秩序と幸福を守り続ける娘が、己が力及ばぬ不幸で絶望に浸る姿なぞ見たくはない。
 だから僕は『息子』に願うのだ。『彼』は『彼女』にとっての――慈悲(ミセリコルデ)なのだ。
 壊れるその瞬間まで苦しむだろう娘を、『いざ』という時に楽にする為の父親からの身勝手な贈り物。

 ――これってパッパの一生のお願いってヤツでいーの?

「ああ。それ以外は頼まない。君の好きにすればいい」

 ――妹changばっか心配されて複雑なんですDO!?

「『彼女』が僕が心配する程に不自由なら、君は何時までも何処までも自由だから心配はしてないよ。
 ただ……一個だけ訂正しておこうかな」
 宙に?マークを浮かべた『息子』に僕は言った。
「君は自分をオマケみたいなものだと言ったけれどそれは違う。
『彼女』が完全をもって産まれるとするならば、君は全ての不完全をもって産まれたのだ。
 僕が創造したかったのは人間ならぬ人間だ。意思も感情も持つ存在だ。
 ……不完全(かたわれ)を持ち合わせない『人間』はそれだけで歪過ぎる。
 君達は常に二人で一つ。君も『彼女』も互いなしでは成り立たない。
 僕はお腹を痛めていないけれど君達は僕の人生全て――紛れも無い子供達だ。
『息子』と『娘』の誕生に立ち会う父親が『息子』だけどうでもいいとか、オマケだとか思うと思うかい?」
 僕がそう言うと『息子』はそれきり黙り込んだ。
『娘』の瞼がゆっくりと開く。覗き込んだ僕の皺だらけになった顔が硝子玉のような瞳に映り込んでいた。
「おはよう」
「――おはよう、ございます」
 鈴の鳴るような、そして硬質ながらに透き通って優しい声だった。
 僕の短い時間と『彼』と『彼女』の長い時間が始まる事がハッキリ分かった。
 僕は程なく死ぬだろうが、死ぬ前に出来る事は全てしてやらなければならない。
 そう思えばボロボロの身体に何十年か振りの気力が漲ってくる――
「気分はどうだい?
 僕はチューニー。一応君達の父親に当たる人間だ。残念ながら生物学的な血の繋がりはないけどね!」


※Tower of Shupellの『謁見』が始まっています!

これまでの再現性東京 / R.O.O

トピックス

トピックス

→街角(コルクボード)利用のガイドライン

→貸部屋(マイチャット)

[2021-09-23 08:17:19]
ゼェ…すよぉ…
(朝ランっす!
[2021-09-23 08:17:02]
ゼェ…ハァ…おはっ…
[2021-09-23 06:38:14]
はいおはよう。
朝は早起き出来ているかしら?
出来れば朝は、軽く体を動かす事が出来るくらいに時間の余裕を持ちたいだわね。
運動不足も心配なくなるし、すっきり気持ちよく目が覚めるし、良い事づくめなのだわ。
[2021-09-23 00:59:34]
まぁ気にはなってもノリア・ノ・ブラッドを強引に飲むことはないわね。
おやすみなさい
[2021-09-23 00:24:08]
さて俺も帰るか、またな
[2021-09-23 00:21:28]
だよなぁ、だからと言ってアバターバラすのものな……。

ダメかー。っと二人ともお疲れさまだ。
[2021-09-23 00:15:52]
……って、飲ませるつもりは、ありませんから!!
きょうのところは、わたしは、失礼しますの……おやすみなさいですの!
[2021-09-23 00:15:38]
ああ…会えてもアバターじゃからクリム殿か分からないけどのう…>クリム殿

さてと…そろそろ去るとするかね…迷宮にどう挑むか考えないとのう…
久々の会話ありがとうじゃよ、二人ともお休みじゃよ…
[2021-09-23 00:14:54]
どうなのでしょうか……たしかに、気には、なりますの。
[2021-09-23 00:10:26]
いや、だって上半身と下半身で血の味違うかもしれないだろ!興味があるのは吸血種にとって当然だと思うんだ!

へぇ、オウェードもあっちの決戦に行っていたのか。案外どこかで会ってたりするかもな。だな、上手くいくといいな。

[2021-09-23 00:02:58]
普通に!
市販ののれそれでも!!
食べててくださいですの!!!

たぶん、おなじ味のはずなので……わたし自身は、食べたことは、ありませんけれど。
[2021-09-23 00:02:32]
(生ハム?ブルーステーキ?)

ああ…最初の調査以来依頼には行ってなかったが、ワシも決戦に飛び込んだのう…
どんな結果になるかわからないが、お互い頑張ろうかね…>クリム殿
[2021-09-23 00:00:37]
R.O.Oか……あれはでかい戦闘があるようだったんで決戦には飛び込んだな
[2021-09-23 00:00:14]
(生ハムとブルーステーキを用意して)
(どっかに消える)
[2021-09-22 23:59:59]
ああ…ワシは会戦が終わった後ゆったりとしていたが…
ROOは神光が大変で鋼鉄は大戦争、さらに翡翠も何かおかしい…
そんな時にアドラステイア活発じゃな…>ノリア殿

ああ…イレギュラーズとは非情の仕事じゃな…
反転した子供でも割り切りにくそうな状況じゃな…>クリム殿
[2021-09-22 23:57:30]
それはまた……割り切りにくそうな状況もあるんだな……

……確かに下半身が透明だから血がどんな味かは気になりはするな
[2021-09-22 23:54:37]
いえ……普通に、干からびるだけだと、おもいますけれど……。

それにしても、さいきん、忙しいですの。
R.O.Oでも、いろいろあって、シュペルの塔も、佳境に入って、そして、こんどは、オンネリネンですの。
いつになったら、情勢が、おちつくのでしょうか……?
[2021-09-22 23:49:11]
ノリアの透明な下半身から血を吸うとどんな風になるのかっていうのは全混沌ヴァンパイアでも定番の議論……という冗談はさておくわ。
[2021-09-22 23:46:00]
確かにそうじゃな…それに渓に落とされてる子も居る…
子供の保護の効果も大きい…>ノリア殿

こんばんはじゃよ…>リカナ殿

まあ将来はあるからのう…考え時なのは確かじゃな…
下手したらイコルで聖獣になる事も…>クリム殿

ウム…お休みじゃよ…>ノア殿、クラウジア殿
[2021-09-22 23:45:40]
来た奴はこんばんはで帰る奴らはお疲れさまだ、いい夢を。

……なるほど。確かに助けられるなら助けたいのが普通だよな。
[2021-09-22 23:43:30]
どうして、そうなりましたの……!?<飲み放題
[2021-09-22 23:41:25]
……んむ、眠気が強うなってきおったゆえ、寝落ちる前に引き上げじゃー。またのう。
[2021-09-22 23:41:03]
…げ、もうこんな時間。
弟が家で待ってるから私も帰るわね。私が帰らないとソワソワして落ち着きのない子だから…
[2021-09-22 23:40:44]
なるほどなぁ……傭兵とはいえ子供相手か。躊躇なくやっていいような連中なら気兼ねなく行けるんだがさすがにそういうわけではなさそうなのが悩ましいな。
[2021-09-22 23:40:38]
ノリアの血飲み放題……?こんばんは
[2021-09-22 23:38:21]
そんなわけで、おやすみなさいと、こんばんはですの。

めんどうそうな依頼では、ありますけれど、得るものも、それに見合うくらいには、大きそうでは、ありますの。
というのも、子供たちを、助けようと思えば、助けることが、できそうですから……。
[2021-09-22 23:37:50]
おやすみなさい…
[2021-09-22 23:36:30]
×除くカムイグラ各地
○カムイグラ除く各地

流石に訂正
[2021-09-22 23:35:52]
ああお休みじゃよ…<果ての迷宮>で会ったら宜しくじゃよ…>司書殿

天義にあるアドラステイアが活発し始めたんじゃな…
それで子供達の傭兵部隊『オンネリネン』が除くカムイグラ各地で大暴れしている…
天義の大魔種が倒されたのじゃがのう…>クリム殿
[2021-09-22 23:35:48]
司書殿もお疲れ様じゃよー。
[2021-09-22 23:34:44]
イーリンさんはおやすみですよー

[2021-09-22 23:34:29]
おっと、司書はお疲れさまだ
[2021-09-22 23:33:45]
まぁ、軽いブラッドジョークは置いといて。なんかまためんどそうな依頼が多数出てるんだな
[2021-09-22 23:32:33]
ダメならしょうがないわね(何故かクリムに合わせながら)

さてっと、明日も忙しいから今日は早めに帰るわ。
楽しかった、おやすみ(手をひらひら
[2021-09-22 23:31:20]
多少の血の提供ぐらいならば値段次第じゃなー。
あと儂人間でない点も注意?

お疲れ様じゃよー。
[2021-09-22 23:31:19]
いやそう言う訳じゃない…確かにノリア殿は死牡丹殿から逃げ切れたとは言え…
こんばんはじゃ…>クリム殿

お休みじゃよ…>武良殿
[2021-09-22 23:30:40]
駄目ですの<襲う
[2021-09-22 23:30:00]
アルヴァはまたな。
俺もそろそろ帰るか、ではおやすみ
[2021-09-22 23:29:06]
何だって?今日は人襲ってもいいのか?
[2021-09-22 23:29:01]
ウム…お休みじゃよ…>アルヴァ殿
[2021-09-22 23:29:00]
大丈夫ですの……食べられそうになったときの、対処法は、わたしから、お教えできますの!!
[2021-09-22 23:27:48]
ありがと、遊ぶときを楽しみにしてるわ。おやすみアルヴァ
[2021-09-22 23:27:31]
ま、少なくとも「ローレットたちの目の前で子供たちを服毒自殺させて」「ローレットが子供を殺した」なんて濡れ衣をきせるくらいはやるでしょうね>ノリア

食べてみないとわからないわよ?
種族が違うんだし(くすっと>奈々美
[2021-09-22 23:26:57]
だーから俺は未成年だって何度も……気が向いたらまた遊びに行くよ>>イーリン

さて、十分に休憩できたことだし、俺はそろそろ行こうかね。
んじゃ、お疲れさん(軽く右手をグーパーさせ、ゆらりと歩いていった)
[2021-09-22 23:25:48]
うぅ… あたしは食べてもおいしくないわ… たぶん。。。

<グランドウォークライ>の一部シナリオの返却変更につきまして

2021年09月21日

 以下のシナリオの運営スケジュールにつきまして、運営都合により返却予定日が変更となります。

・<グランドウォークライ>フレイム・ダウン

・<グランドウォークライ>Motherland Howl

・<グランドウォークライ>citius, altius, fortius.

・<グランドウォークライ>ライブ・イン・スチールグラードスーパーアリーナ2021

・<グランドウォークライ>Do not forget

・<グランドウォークライ>Do you remember

・<グランドウォークライ>ゴールデン・ロアー

・<グランドウォークライ>強襲のギアブルグ、電撃のザーバ

 お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦頂けますと幸いです。

領地資源、領地施設にボイス設定機能の追加につきまして

2021年09月20日

 本日、以下の機能追加が行われました。

・領地の「資源」と「施設」にボイスを設定できる機能

 それぞれの詳細画面から設定可能となっております。

 以上、よろしくお願いします。

機能追加と不具合修正につきまして

2021年09月13日

 本日、以下の機能の追加と不具合修正が行われました。

・R.O.O版イラストのEXリクエスト時、複数ピンナップの同意等が不可となっていた不具合を修正

・ステータスシートにボイスリミックス・スペシャルサウンドを設定する機能を追加  ボイスリミックス・スペシャルサウンドの設定は、「キャラクター設定」→「イメージサウンド」より行えます。

・闘技場演出にボイスリミックス・スペシャルサウンドを使用可能となるよう修正

・領地・地区にボイスを設定する機能を追加  ボイスの設定は、領地・地区の「編集」→「BGM・ナレーション等」より行えます。

・送信済みプレイングを任意で公開する機能を追加  公開されたプレイングは公開URLを知っている場合のみ閲覧でき、出発時(ラリーシナリオの場合はプレイングの採用または不採用返却時)に閲覧不能となります。

 以上、よろしくお願いします。

機能追加と数値調整につきまして

2021年09月12日

 本日、以下の機能追加と調整が行われました。

・「冒険」の「傭兵」登録時に、パスワードを入力できるようになる機能

・パッシブスキルの「牽制」効果の調整

・攻撃時の命中度判定の調整(戦闘マニュアルも伴って変更されております)

 以上、よろしくお願いします。

不具合修正と傭兵登録開始につきまして

2021年09月11日

 本日、以下の不具合修正と機能が実装されました。

・複数ピンナップの発注が実際には行なわれない不具合を修正。

・冒険の実装に先立ち、傭兵登録を開始。

 ※「傭兵」は「冒険」コンテンツで使用可能な機能です。傭兵登録したキャラクターは、他のキャラクターが冒険パーティーに『雇用』する事が出来ます。(この『雇用』機能が利用できるのは、冒険コンテンツの開始に伴います)

 その他の詳細は「傭兵」登録画面にてご確認ください。

 以上、よろしくお願いします。

機能追加と修正につきまして

2021年09月11日

 本日、以下の機能と修正が行われました。

・一部のイラストに、他PC・NPCを指定して行える『提案リクエスト』オプション機能の追加

・プロフィールを公認設定の前後に分割表示機能の追加

・NPCスペシャルを『全てのスペシャルサウンド』で検索できるよう修正

 ※『提案リクエスト』オプションはバストアップやシングルピンナップなど、本来他者を指定出来ないイラストに対して利用可能です。対象キャラクターのIDを指定し、そのキャラクターの同意を得る事でイラストレーターに発注が行われます。(納品は指定先(同意した)対象キャラクターとなります)

 以上です。よろしくお願いします。

不具合修正につきまして

2021年09月05日

本日、以下の不具合を修正しました。

・闘技場(ラド・バウ/クエスト)の一部戦闘データが異常となる不具合を修正。

以上、よろしくお願い致します。

機能追加と不具合修正につきまして

2021年09月04日

本日、以下の機能を追加し、不具合修正しました。

・包含されたスキルがステータスシートに表示されるように機能追加。

・上記実装に伴う、ステータスに誤った数値が表示される不具合を修正。

以上、よろしくお願い致します。

不具合修正につきまして

2021年08月31日

 本日、以下の不具合が修正されました。

・NPCボイス、NPCスペシャルサウンドのリクエスト欄が表示されていない不具合

 以上、よろしくお願いいたします。

機能変更につきまして

2021年08月28日

 本日、以下の変更が行われました。

・上位互換スキルの活性化時に活性化済み扱いとなるスキルを『包含』スキルとして明記するよう変更。

・クラス活性化条件に、包含されているスキルを加味するよう変更。

 上位互換スキルとは、前提となるスキルを含んでいるであろう(使用できるであろう)スキルの事になります。よって全ての上位スキルが前提スキルを使える訳ではございません。

 尚、包含スキルは機能実装前に送信されたプレイングについては表示されませんが、これによる不利益はございません。

 以上、よろしくお願いします。

PAGETOPPAGEBOTTOM