PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

虹の架け橋『大迷宮ヘイムダリオン』

 イレギュラーチャン、久しぶりダネ。
 僕ぁしがない吟遊詩人のライエルさ。
 え、最近ぶり? いいじゃないそんなの。
 それより大事件じゃないか。
 妖精郷へ至る門、アーカンシェルを守るイレギュラーズ。
 しびれをきらした魔種はついにアルヴィオンへの侵攻を決意する。
 かくして事態は風雲急を告げたのサ。
 虹の大橋――大迷宮ヘイムダリオンを踏破して、イレギュラーズはアルヴィオンへと向かうのだ。
 あとは世界各地の妖精伝承を集めるのもいいかもしれない。ネ。
 ってなワケで、僕がココで一曲。サァ聞いてチョーダイな。

 メグ・メル リグ・イル 喜びヶ原にかかる橋
 ラグ・リル マグ・ミル 常春の国へむかう橋
 ハイ・ニル マイ・リラ エセニ=ケラ
 虹の大橋わたるなら 一つコケモモ置いていけ
 虹の大橋あるくなら 二つイチイの枝を折れ
 それでもすたこら進むなら 三つヤドリギ踏んでいけ

 イレギュラーチャン、僕の歌、どうだったカナ?
 ええっ、オンチだって!? ひっどいナー!
 これでも僕ぁ、一生懸命にネ。あぁー、待って。ちょっと聞いてる!?

踏破ポイント

510

 大迷宮ヘイムダリオンの進行度を示すポイントです。
 イレギュラーズが虹の宝珠を入手するたびに上昇します。
 伝承によれば虹の輝きが満ちた時、アルヴィオンへ到達すると伝えられています。

解説

 深緑(アルティオ=エルム)の迷宮森林には、幻想種(ハーモニア)の集落が点在している。
 そうした村のいくつかには、古くから『妖精伝承』(フェアリーテイル)が伝えられていた。
 妖精郷の門(アーカンシェル)から現れた妖精は、薬花を摘んだり、遊んでいたり、人に可愛らしい悪戯をしたりするらしい。
 時に村人と交流する伝承も残されていたりする。
 伝承によると妖精や妖精郷の門は、深緑を中心に世界各地の森や小さな村等で稀に目撃されてきたのだ。


 いくらか前。ストレリチアという妖精が魔物に襲われ、深緑の迷宮森林警備隊に保護された。
 イレギュラーズは深緑からの依頼で魔物を退治し、ストレリチアを妖精郷の門に送り届けたのだった。
 道中でイレギュラーズと打ち解けたストレリチアは、門の向こうを『妖精郷アルヴィオン』だと語った。


 また別の日。妖精郷の門を破壊する魔物と、それを引き連れた『謎の少女ブルーベル』が現れた。
 ブルーベルとイレギュラーズは交戦し、少女は魔物を『とある男から預かったもの』だと告げた。


 そうした中で、魔物が妖精郷の門を襲撃する事件が多発しはじめた。
 妖精達は魔物を恐れ、深緑を通じてローレットへ依頼を持ちかけてきていた。
 イレギュラーズが一連の事件を解決する中で、いくらか分かってきたことがある。
 どうやらアーカンシェルを襲う魔物は、人為的なものであるということ。
 そして事件の背後には魔種が絡んでいるらしきこと。
 また交戦の際に、イレギュラーズの血や髪などが採取されるという不可解な事案も発生していた――


 イレギュラーズが次々に事件を解決することに焦りを見せた魔種は、ついにアルヴィオンへ強引に攻め入る事を決断した。
 アーカンシェルは魔種が強引に突破したため、機能不全に陥ってしまった。
 アルヴィオンへたどり着き魔種を討伐するには、まず大迷宮ヘイムダリオンを踏破する必要があるのだ。
 大迷宮には数々の危険と共に、魔種の放った怪物が待ち受けていた――

登場人物

『花の妖精』ストレリチア
好奇心旺盛で元気いっぱいな女の子。
妖精郷アルヴィオンからやってきたという、精霊種グリムアザースです。

「じゃじゃーん! ストレリチアなの!
 大好物は蜂蜜酒なの!
 それとあまーいワインふかふかパンと!
 あとあと! 炒飯豚汁なの!
 イレギュラーズのみんなにおもって(奢って)もらったの!」


イラストレーター:緑茶
『虹の精』ライエル・クライサー
グリムアザースの吟遊詩人です。
妖精伝承に詳しいようですが、中々に食えない性格です。

「一曲どうカナ? ナンチャッテ!
 え、いらない!? つれないネ。
 それじゃあサ! キミ達の冒険の話を僕に聞かせておくれヨ。
 なんだったら曲にするからサ。もちろんタ・ダ・で。
 それもダメだって!?
 て言うか『おじさん構文』が気持ち悪い!? ひっどいナー!」


イラストレーター:ノキア
魔種『ブルーベル』
魔種タータリクスに協力する、同じく魔種の少女。自称Bちゃん。
魔物を使役し、妖精郷の門『アーカンシェル』の破壊を試みていました。
タータリクスと共に妖精郷アルヴィオンを襲撃したようです。

「故郷が妖精に砂漠にされるんだよねー。
 だから、ぶちころ。まあ、嘘なんだけどさ!」


イラストレーター:小束すま
魔種『タータリクス』
錬金術を操る魔種の男。
ブルーベルと共に妖精郷アルヴィオンを襲撃したようです。

「ンンー……愛しのマァイ・プリティーハニー。今行くからね!」


イラストレーター:楠木なっく
妖精達
蝶の翅を持つ花の妖精や、火や氷の属性を纏う者など、個性様々な小人達。
ストレリチア同様に、アルヴィオンからやってきたというグリムアザースです。


イラストレーター:ぺす

用語

妖精郷アルヴィオン
虹の橋の向こうにあるとされる常春の都。
古い妖精伝承に登場する、妖精達が住まう国です。
その所在は、未だ不明です。
妖精郷の門(アーカンシェル)
アルヴィオンとこちら側との行き来に使うゲートです。
形状は様々ですが、虹色の光の円環が多いようです。
通常はアルヴィオン側からの行き来のみが許可されているようです。
人為的モンスター
アーカンシェルを襲うモンスターには、明らかに人為的なものが混ざっていました。
何の目的か、イレギュラーズの『血』『毛髪』『細胞』等を採取して逃亡する事案が発生しています。
皆さんによって捕獲された死骸などの解析が進んでいるようです。
アークモンスター
皆さんイレギュラーズは、この世界を滅びから救う可能性『パンドラ』を収集しています。
しかしどうやら魔種達も、この世界を滅びへ導く『滅びのアーク』を集めているようなのです。
そうした影響からか、各地でこれまでよりも強力な魔物の出現が報告されています。
誰が呼んだか『アークモンスター』等と称されることも。
大迷宮ヘイムダリオン
虹の大橋と呼ばれる大迷宮です。
深緑の迷宮森林と、妖精郷アルヴィオンとを繋いでいます。

虹の宝珠を集めることで、更に奥への道が切り開かれるとか――

関連シナリオ

TOP LOG

PAGETOPPAGEBOTTOM