PandoraPartyProject

ギルドスレッド

大きな公園の大きな東屋

【オリエン用】野犬襲来(ただし子犬)

公園に野良の子犬がやってきました。
人懐っこく、目につく人に次々と甘えに行きます。
餌を与えたり、撫でたり、怖がったり…自由にリアクションを。

なお、子犬は一回の書き込みごとにその人の元を離れて公園を駆けまわってるものとします。
子犬の独占、ダメ、絶対。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
ううー…!(手元の食べ物を守りつつ唸って子犬を威嚇しながら遠巻きに見ている)
わぁ…可愛いっ!
おいでおいで~(子犬を手招きする)
よしよし♡(頭をなでなでして) またねっワンちゃん!
……。
(人懐っこく甘えてくる子犬に困惑気味)
…………。
(恐る恐る手を伸ばす)
………………っ!!
(差し出した手に子犬がじゃれついてきて至福)
……じゃあな
(物凄く名残惜しそうに次のオリエンテーション会場へ
ふっふっふーっ、ルルとあそびたいんですかー?この子犬さんうれしそうに尻尾を振ってとても可愛いです。食べ物をもっていればあげたんですけど残念です…(子犬と同じように尻尾をふりふりする狐)
ふふっ…よーしよしよし、よーしよしよしーです!(子犬の首元をわしゃわしゃと撫で)
満足しました…やっぱりもふもふの動物さんはいいですね…(ぽわーっとしながら子犬の元を去っていく)
わ。…犬、久しぶりに会った…かも?
(ぼんやりと子犬を見つめてから、そっと手を伸ばし)
…! …ふふ。温かくて、癒される。よし、よし。
(仄かに嬉しそうな様子で、子犬の頭を優しく撫でて)…も少し遊んでいたかった、けど。おれ、そろそろ行かなくちゃ。
…今度、また会えたら。おやつとか、持って、くるね。…ばいばい。
(名残惜しそうにしつつも、手を振ってその場を後にし)
……ん?(子犬に突撃されたことに気づき、しゃがみ込んで撫でる)
誰かの飼い犬か?人懐っこいな……美味そうだ……。
おや、どこのお子さんかな?
(屈み込んでしばらくじっと見つめながら)
首輪がないということは野良かのう…
うーむ、いや、どこかの飼い犬という可能性も…
(考え込んでいる間に犬がどこかに行ってしまった)
オリエンテーションで来…わ、犬?魔犬かな?
どう?うちの配下にならない?
いまならケルベロスと同じごはんが食べれたりするよー!
……って、ああ、あいつもういないんだっけ…
そうだ、これあげる。何かの骨。
立派に育って、僕のはいかになるよーに!

(子犬に骨をあげて、公園でひとしきり遊んで帰っていった。子供かな?魔王です。)
(近寄って来てくれた子犬を優しく撫でる)
可愛イ、ね。撫でさせテくれて、ありがト。なノ。
…………。(もふもふ、もふもふ)
…!!わ、ちょ、うわっ…!?(子犬に近づかれ、思わず持っていたペンを落とす)
えっと、慣れてなくて…すまないな。(ペンを拾いあげてカバンにしまった後、謝りながら子犬に手を差し伸べる)
おや、愛らしい子犬ですね…よしよし、このような牛でもよければ一緒に遊びましょう
(優しくなでたり、ギフトで牛に変身して遊んだりしました)
こ、こっちに来るなーーーーです!
ウ、ウィンは食べても美味しくないですーーーーー!!(寄ってくる犬から全力逃走)

あっ…(そして転ける…このあと全身舐められた)
…………っ。
(子犬にすり寄られ、たじろいでいる様子)
猫といい犬といい、なんでこう絡んで来やがる……っ。
おや、これは可愛らしい子犬さんだ。
すまないけど、今は君にあげられるようなものは持っていないんだ、次に来るときは何か用意してこよう。(わっしゃわっしゃ
あ、おいこら!羽にじゃれるんじゃない、くすぐった…アハハハハ
(そののち、ゼーハーゼーハ―と息を切らして倒れていた鳥人がいたとかなんとか)
おお、かわいいかわいい
よしよし、おれにも懐いてくれるいい子だな~
あ、ちっちゃいわんこでちー。
なんか、遊びたがってるでち。
あちしの大きさと似たりよったりでちからねー
(身長80cmの大きいネズミであるが故。見方によっては、そんなネズミが捕食しようとかいう図に見えてくるかも知れない)
(入った途端、子犬と目を合わせるが、子犬が速攻で逃げて、モノの隙間に入って出なくなった)
お主程度の、食わんから出てくるのじゃあ。
(近づいてきた子犬に目線を合わせた後、もふもふともふる)
探検のお供として犬というのも…いや、しかし……
おや、子犬か。可愛いなぁ、まるで無警戒じゃないか。
よしよし…(なでなでさわさわ)…うーん、流石にまだ子供か。やっぱり成犬じゃないと肉付きも脂もなぁ。
ちゃんと食べて大きくなったらまたいつか会おうね(頭ぽんぽん)
……食べますか?(饅頭を取り出すと、千切って子犬の鼻先へ差し出す。)
ふふ、良い子ですね。(子犬がぺろりと食べると、そのまま優しく頭を撫でた。)
ん…? あ…あぁ~…! 犬だ 子犬だ! な   なんて可愛いんだ… よしよし
いいなぁ 犬 一緒に住みたいなあ… よしんば可愛い女の子と一緒にかいぐりしたいなぁ
両方共甘えてくれたら最高だなぁ 犬女子最高じゃない? 最高じゃない 最高
あー君可愛いなー よ~しよしよし 何か飯でもあったら良かったんだけど ごめんなあ
今の俺には精々撫で擦ってやることしか お~よしよしよし あーやだこいつか~わい~♥
(小柄なゴブリンが東屋の屋根に腰掛け、下で跳ね回る子犬を見下ろしながら途方に暮れている。)
くそっ……、どうすりゃいいんだ。
降りられねぇ……!
(どうやら犬が苦手らしい。本人にとっては深刻な事態だが、端から見ればほのぼのした光景だ。)
よしよし。
この時期昼間は暑いからね、早朝か夕方以降に散歩するんだよ?
やけどしないように気を付けてね。
ヤバイ……マジヤバイ……
(すり寄ってくる子犬を一心不乱にもふる)
 素敵な公園ですね……おや?
 どちらかというと猫派ですけれど、犬も可愛いですね。
 おー、よしよし。
(擦り寄ってきた子犬を優しくなでている。)
(子を見つけキラッキラな顔で駆け寄ってくる)
あー♪(ぴょんぴょん飛びながら遊びに誘って走り出す)
わんわん! わんちゃんかわいーです。
えへへ、毛並みがいいですねっわたしとどっちがふわふわかしょーぶですっ!
子犬であるか?うう……いきなり吠えたりしないのであるな?(かなり引け腰である)
……わ、っと。仔犬?(公園に寄ってみれば急に飛びかかってこられて)
ふふ…良いわよ、上に乗りなさい。このまま公園一周してあげるっ。
かわいいな。触れれるか?こいこい(仔犬に向けて手をだし)
俺と一緒だな。お前もたくさん食って立派なワンコになるんだぞ(なでなで)
そうだ。ボール持ってる。とってこーい(ひとしきり遊んで名残惜しそうにバイバイ)
……犬か。可愛いな……
あぁ、可愛いな……お持ち帰りしたい……ぬ?
待て待て。これでもあげよう、ほら(子犬と戯れている)
っしゃあ! 獲物ゲッ……なんだ、犬か……犬は食べられないな……。
けど可愛いな! よーしよし。(こいぬをワシャワシャ撫でる)
可愛い……!
少し、キミを触ってもいいです?(子犬をそっとなでなで
おいでおいで~。
キミは、野良犬さんかな?
人馴れしてンなァ、飼い犬か? ほらよ。
(干し肉を一切れくれてやってから去る)
…随分と、人に馴れているのですね。
…喉は、渇いていませんか? まだ暑いので、しっかりと水分は摂って下さいね。
(コップに水を注いで差し出し)
あら? ずいぶん汚れているのね?
綺麗にしないと(拭き拭き)
我が元によく来たな、犬よ!
さあ、この我に貴様の心を込めた芸を見せるがいい!
(手を差し出した。お手のつもりらしい)
おぉ?もっふもふだなお前…よーしよしよしよし(もふもふもふ)
……ぅし、癒された。次だ、次。またな、ワン公。
きゃっ!? 人懐っこいワンちゃんですね……
アハハッ! こらぁ、くすぐったいですよ~♪

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM