PandoraPartyProject

シナリオ詳細

竜牙酒を求めて

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●覇竜領域にて
 覇竜領域デザストルは大陸南方の山脈に拠点を置く竜種の領域だ。
 国というよりは棲家といった方が適切でしょう。住民である人種『亜竜種』たちは領域(くに)と呼んでいる。
 竜種の住処であるという危険性から人類未踏の地ともされ、地理に関してはほとんど分かっていない。
 人間(人類)とは土台存在の異なる上位竜種の存在が多数観測されており、亜竜種と呼ばれる人種以外の混沌生命体は進んで此の山脈には近付きもしない。
 竜は自身の認めた勇者にのみ力を貸すとされているが、実際の所その観測例は殆どなかった。
 伝説や記録には極々稀に『竜を従えた勇者』の存在は記録されているのだが、実際の所それが可能であるかどうかは定かではなく夢物語であった。
 だが、絶望の青にて観測されイレギュラーズと敵対した『滅海竜』リヴァイアサン、練達で観測された『怪竜』ジャバーウォック等、その存在は夢物語ではない。
 そして……そのデザストルの亜竜集落フリアノンから少しだけ離れた山岳地帯の「とある場所」に置かれた、明らかに「何かを隠してますよ」といった風の不自然に大きな石。
 それ自体は問題はない。
 ないが……その周辺にいるモンスターが問題だ。
 ヒュージワーム。そう呼ばれる巨大な亜竜が、丁度その近くにいるのだ。
 何かを感じ取っているのかもしれない。
 あるいは、単なる偶然かもしれない。
 だがどちらにせよ、そこに近づけば殺される可能性は大だ。
 大だが……もしそこに、命がけの亜竜との鬼ごっこをしてでも手に入れる価値のあるモノがあるとしたらどうだろう?

●今そこに在るお酒
「竜牙酒、という酒があるんじゃがな」
 老齢の亜竜種の男は、集まったイレギュラーズを前に酒瓶を振ってみせる。
 此処で醸造している酒なのだろう、老人の周囲には幾つもの、酒の入った大きな甕(かめ)が置いてある。
 酒職人であると名乗っていたが、老人自身もかなりの酒豪であるようだ。すでに軽く酔っているようにも見える。
 確か黒鉄・相賀(くろがね・そうが)と名乗っていたはずだ。
「竜牙草という名の薬草を漬けて作る酒でな。辛口ではあるのだが、後味はスッキリ。しかも滋養があり、いくら飲んでも二日酔いにならん。そんな夢のような酒なんじゃ」
 まあ度数は高いがの、と笑う相賀。人を選ぶ酒ということだろう。
「もう分かると思うが、銘酒じゃ。これを嫌いな者はそんなに居らん」
 良いモノなんじゃよ、と頷く相賀だが……それを今話題にするということは、それに関わる問題が出ているということだ。
「実はの、竜牙酒を寝かせておる隠し穴の近くにヒュージワームっつー亜竜が居座っちまっとる」
 もしかすると竜牙酒の匂いを嗅ぎつけたのかもしれないし、全く別の何かの理由、あるいは偶然かもしれない。
「いーい場所だったんじゃが、もう使えんの」
 悲しそうに言う相賀だが、これはもう仕方のないことではあるだろう。
 しかし、竜牙酒を回収しなければいけないのは確かだ。
「そこでだ。お主ら、ちょっと行って酒を回収してきてくれんかの?」
 此処でしか飲めない銘酒をかけた、命がけの鬼ごっこ。
 亜竜種の酒職人たる相賀との友誼も結べるかもしれないとあれば……挑む価値は、あるかもしれない。

GMコメント

亜竜集落フリアノンに住む「黒鉄・相賀」からの依頼となります。
フリアノンから近い山岳地帯を進み、お酒を回収しましょう。
取り分を多くしたければ、その分危険も増えます。
勿論危険が増えた分、相賀からの好感度も上がる可能性があります。
上手く天秤にかけてください。
無事持って帰れば相賀と呑み会を楽しめます。

●隠し場所
岩山ゴツゴツ山岳地帯。高い山に囲まれた中を進んでいきます。
相賀から借りた地図の通りに進めば、行きは比較的簡単に進めると思われます。
勿論、ルートを外れた場合の命の保証はありません。
目印になる巨大な岩には竜をイメージしたマークが入っています。
人間が入れる程度の穴が掘ってあり、そこから地下の隠し場所に降りれます。
酒は大人が両手で持ち上げられる程度の大きさの甕(かめ)で10個。全部持って帰るのはかなり難しいでしょう。

●ヒュージワーム
でっかい亜竜。大きな口のついた目無し蛇みたいなモンスターです。
例え刺激せずとも酒を運び出し、移動しようとした瞬間に気付くでしょう。
そうなれば、命がけの鬼ごっこの開始です。
戦っても構いませんが、戦闘は当然周囲にいる他の亜竜や強大なモンスターの興味を引くでしょう。
1秒ごとに命の危険が増していくとお考え下さい。

なお、逃げる事を選んだ場合、ヒュージワームは一定距離を逃げ切れば「めんどくさい」と考え戻っていきます。
攻撃方法は極太の光線を口から吐くブレス攻撃、その巨躯を活かして足元にあるものを踏み砕く蹂躙攻撃です。

●黒鉄・相賀(くろがね・そうが)
亜竜集落フリアノンで酒職人を営む亜竜種の老人。
それなりに戦えるらしいのですが、今回はついてきてくれません。
気の良い酔っ払いに見えますが、概ねその通りです。
義理には相応の友好を、不義理には相応の冷徹さを返してきます。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 地図通りのルートに沿っている限り、想定外の事態は絶対に起こりません。

  • 竜牙酒を求めて完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年01月25日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

リリー・シャルラハ(p3p000955)
自在の名手
黎明院・ゼフィラ(p3p002101)
夜明け前の風
クーア・M・サキュバス(p3p003529)
雨宿りのこげねこメイド
アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯
アレクシア・アトリー・アバークロンビー(p3p004630)
蒼穹の魔女
ルカ・ガンビーノ(p3p007268)
竜撃
エルス・ティーネ(p3p007325)
デザート・プリンセス
モカ・ビアンキーニ(p3p007999)
Pantera Nera

リプレイ

●竜牙酒のために!
 出発の準備は整い始めていた。
 事前に立てた作戦は豪快だが綿密で、だからこそ出発前の再確認は重要だ。
「……とりあえず、リリーは飲めないから、飲むのも運ぶのも、誰かに任せるしかないけど……とにかく大変そうだからねっ。しっかり助けなきゃ」
『自在の名手』リトル・リリー(p3p000955)がそんなことを言うが、年齢的にお酒を呑めないのは仕方がない。
 だからこそ黒鉄・相賀は、代わりにジュースを用意してくれているらしい……が、それは仕事を終えた後の話だ。
 そして此処にいるのは大半が大人だが、お酒に並々ならぬ興味を持つ者も多い。
「覇竜でのみ味わえる地酒か……ふふっ、これぞ冒険の醍醐味だね。いや、被害が出ているのに不謹慎だが、亜竜との戦いも酒宴も今から楽しみだよ」
『夜明け前の風』黎明院・ゼフィラ(p3p002101)が本当に楽しそうに言うが、今のところ被害といえば相賀の酒の熟成場所が使えなくなるというくらいなので、まあ不謹慎というほどではないかもしれない。
「お酒かあ……そこまでするほど美味しいお酒ってことなのかな?」
『希望の蒼穹』アレクシア・アトリー・アバークロンビー(p3p004630)は言いながら、テンションの上がっている仲間たちに視線を向ける。
「とはいえ、私はお酒は全然ダメで……飲むとすぐ眠くなってふわふわしちゃうんだよねえ……だから自分で味わうことはできないけれど、困ってる人がいるなら手伝ってあげないとね! それに、仲間の中にも喜びそうな人もいることだし!」
 そう、アレクシアのように酒に弱い者が無理に酒を呑む必要はない。
 呑みたい者が吞めばいいのだ。
 幸いにも、此処には呑兵衛もいる。何も問題はない。
「覇竜の、地酒。よもやこの2単語が結びつくとは。ええ、その為の障害となる相手なら、たとえ頼まれなくとも排除するのですとも! そして相賀さんと友好を結べれば、猶の事美味しい……もとい嬉しいのです」
「だな! 覇竜での冒険ってだけでもワクワクするってのに、おまけに覇竜の地酒と来たか! こりゃあ二重の意味で楽しみじゃねえか! 是非とも大量に酒を持ち帰って味わいたいもんだな!」
『めいど・あ・ふぁいあ』クーア・ミューゼル(p3p003529)は事前に相賀に持ち帰った酒を貰えないか打診していたが……元々呑み会の予定であったので、それに関しては快諾されている。
 一方の『竜撃』ルカ・ガンビーノ(p3p007268)は、とある目的も秘めてはいた。
「俺らは酒の確保も当然するが、ヒュージワーム討伐も狙うぜ。ソイツを倒せば相賀のジーサンもまた酒造りに精が出せるだろ。そうすりゃあこれからも酒が味わえる……ま、任せろよジーサン」」
「はっはっは。自信満々じゃのう。まあ、期待しとるよ……無理だけはせんようにの?」
 言いながら相賀はグビリと酒を呑むが、その手元を『竜首狩り』エルス・ティーネ(p3p007325)はじっと見ていた。
「覇竜のお酒ってどんな感じなのかしら……味覚の好みとかいろいろ差があるだろうから様々な視点から飲んでみたいわね……ま、まずは回収から始めないとだけれど!」
「ああ、その通りだ」
 そう、まずは竜牙酒を回収しなければならない。『Pantera Nera』モカ・ビアンキーニ(p3p007999)は相賀の背後に積まれた酒を見ながら、静かに頷く。
(今は亜竜種の民から信頼を得る時期。個人的には一人の酒飲みとしても飲食店酒としても、珍しい酒の味にはとても興味がある。迷惑な居座り亜竜を倒して、分け前を頂くとするか)
 モカは今回の竜牙酒の輸送用に、荷台を設置した陸鮫を連れてきていた。
 それだけではない。ゼフィラも馬車を持ってきている。
 可能ならば欲張った結果を出したい。そんな気合が入った結果である。
 そして……『キールで乾杯』アーリア・スピリッツ(p3p004400)が、仲間たちに出発の号令を出す。
「まだ見ぬ覇竜、しかもいくら飲んでも二日酔いにならないお酒なんて! えぇ、このお仕事に私が選ばれたなんて、運命というほかないでしょう? 相賀さんとは仲良く……えぇ、とっても仲良くなりたいんですもの。この世に無駄なお酒は一滴たりともなし! ばっちり回収していきましょ!」
 お酒とあらば貪欲に! と叫ぶアーリアはまさに酒の目になっていたが……そんなアーリアを見て相賀は楽しそうに笑う。
 呑兵衛の気持ちは呑兵衛であればこそ分かる。
 まあ、そういうことなのかもしれない。
 そうして2つの馬車は、相賀から貰った地図を元に、リリーのファミリアーを先行させながら進んでいくのだった。

●竜牙酒を回収しよう
 ルート通りに道を進むことで、行きは何の問題もなかった。
 あとは酒を無事に持って帰るだけだが……。
「流石に山と敵が出てきたら全滅させるのはキツイってのが現実だ」
 ルカはそう呟きながら「外」にいたヒュージワームの姿を思い出す。
 あの巨大な体躯は、かなりヤバそうな相手ではある。
「大丈夫。このメンバーならやれるさ」
「個人的には折角のお酒、さっさと取って安全に持ち帰りたい気分ではありますが……皆様がアレを排除する気なのなら、それが可能であるのなら。やらない理由はないのです」
 モカとクーアは言いながら、並んだ竜牙酒の甕をコンと叩く。
 かなり頑丈そうな甕だ。多少揺らしたくらいなら割れはしないだろう。
 これをどうやって運び出していくかだが……アーリアとアレクシアが、練達上位式で式神を作り出しているところだった。
 アーリアが作り出したのは自分の色違いだが、それに倣いアレクシアも自分の色違いの式神を作り出す。
「このお酒を運び、守るのが貴女の役目!」
 そうアーリアは言い聞かせると、酒甕の積み込みを始めていく。
 ヒュージワームはこちらを襲ってくる気配はない。
 ならば、さっさと積み込みを終えてしまうのが一番だ。
 積めるだけの甕を荷台と馬車に積み込むと、アーリアは頷く。
「よし、出発!」
 式神の操る馬車と陸鮫の引く荷台が進みだして。瞬間、ヒュージワームが動き出す。
 その巨大な口は、間違いなく馬車の向かう方向へと向けられている。
 やはり狙いは酒……なのだろうか?
「さて……美味しいお酒を多めに頂く為には……これは避けて通れないって事、よね?」
「そういうことだま」
 エルスが氷砂の指輪皇に触れ、モカも拳を構える。
(亜竜つーのは竜に似た姿かと思ってたんだがこういうのもいるんだな。そもそも竜の姿も色々だからヒュージワームに似た竜もいたのかね?)
 そんなことを一瞬ルカは考えるが、実際のところは今は分からない。
 このデザストルでは分からないことの方が多いのだから、いずれ分かる時が来るかもしれないが……今は。
「さぁ、やりあおうじゃねえか亜竜!ラサの傭兵が相手になるぜ!」
 叫び、魔剣『黒犬』のレプリカを構える。
 とにかく、やると決めたのだ。ならばもう、立ち向かうしかない。
「火力はお任せできる仲間が居るの、それなら私は全力で私らしい『嫌がらせ』をってね!」
 アーリアが燈想糸繰を発動させ、リリーがアナイアレイト・アンセムを放つ。
「貴方も残念ねぇ、私とリリーちゃんってローレットでも指折りの嫌がらせの名手なの。自由に動けるなんて、思わないでちょうだいね?」
「飛んで火に入る何とやらなのです!」
 そんなアーリアに続くようにクーアのジ式・漁火が放たれ、 自由闊達な雷の奔流がヒュージワームを襲う。
「銘酒を賭けたた戦いとあらば、少々の無理であろうと通さない手はないのです。目指すは大物狩り、まずは私の手で奴を釣り上げるのです!」
 そう、これはかなりの無茶を通す戦いだ。ヒュージワームの放った極太の光線が周囲を蹂躙し、クーアが真正面から受けてしまう。
「クーア君!」
 アレクシアの治療魔術「慈恵の薬花」がクーアを癒すが……やはり、強い。
 モカの雀蜂乱舞脚がヒュージワームに炸裂し、その硬さに軽い舌打ちをする。
「さて……楽しい時間の前にちょっとした運動になるかしら? なんてね。油断せず全力で行くわよ……!」
「暴力にはちぃっとだけ自信があるぜぇ!」
 エルスの黒顎魔王とルカの放つ猪鹿蝶がヒュージワームを抉り、しかしまだその命には届かない。
「最初から全力で正解だな……嫌な予感がビンビンにしやがる!」
 そう、先程から誰もが嫌な気配を強く感じていた。
 それは予感がどうとかそういう曖昧なものではなく。
 死を前にした者が感じるソレにとてもよく似ていた。
 そして同時に、大量の「何か」がこちらに迫ってきている気配も。
「そんなに時間はなさそうだね……!」
「ええ、ですが全てはまだ見ぬお酒のため。一気呵成に焼き尽くすのです!!」
 それでも、まだ時間はある。ゼフィラとクーアは頷きあい、そしてヒュージワームへと襲い掛かっていく。
 粘り過ぎる気はない。だがそれでも、僅かに可能性があるのならば。
「俺は追い詰められてからが本領でなぁ!」
 何度かの攻撃の後、ヒュージワームはついに倒れるが……解体をしている暇は、ない。
 道の向こうからやってくる、ほぼ同じ大きさのヒュージワームに1つ目の巨人、更にはワイバーンの姿も遠くに見える。
 どれも今倒し切ったヒュージワームと何ら変わらない実力を持っているであろう怪物の群れだ。
 あんなものをマトモに相手しようとしたら……いや、マトモに相手せずとも本気で死ぬ。
 それが明確に分かるからこそ、全員の心は1つだ。
「撤退! ささっと逃げるよ!」
 アレクシアの叫び声に、全員が一斉に身を翻す。
 そう、此処は覇竜領域デザストル。気を抜けば……いや、気を張っていても一瞬でパクリとおやつにされかねない、超強力なモンスターや亜竜の集う場所なのだ。
 リリーもレブンに乗って、必死に逃げながらも叫ぶ。
「慌てるのも欲張るのもダメ、難しいけど……出来るだけの事、やった、よね!」
「そうだな! しかしこれは……予想以上、だよ!」
「お酒第一人命第二――逆!? とにかく撤収!」
「お酒はもう大丈夫、ならあとは逃げるだけなのです!」
 ゼフィラとアーリアも叫び、クーアもルートを辿って今頃到着しているだろう馬車のことを思う。
 お酒は運んだ。あとは、自分たちの命を運ぶのみ。
 逃げて、逃げて、逃げ切って。
 ボロボロのエルスたちを見て、相賀は面白そうに笑っていた。
「ハッハッハ! なるほどのう、ズタボロなのはそれが理由じゃったか!」
「鬼ごっこと相賀翁に言われた理由が分かったよ」
「ま、そういうことじゃの」
 モカに答えると、相賀は馬車から降ろした甕に触れる。
「で……お主等の活躍で持ち帰った酒。飲むじゃろ?」
「ご相伴に預かっていいのね!?」
「勿論じゃよ。どれ……今年初の竜牙酒じゃ。一番手は誰がいくかの?」
 封印された甕の蓋を開けると、強い酒の香りが漂いアーリアがフラフラと甕に引き寄せられていく。
 今にも甕から直接呑みそうなアーリアを見ながら、リリーは思う。
「……どんな味なんだろう、飲んでみたい……けどダメ、リリーが飲んだら大変な事になっちゃうから……ってあれ、ハルカだっ……丁度いいや、ちょっと飲んでみて」
 言われて、リリーに呼ばれて来ていたハルカ・ファルジアは相賀へ同意を求め、相賀も頷く。
「ちょっとリリーの代わりに、な。……あ、いや私は子どもじゃないんだが……」
 早速呑み始めたアーリアを肴に、宴会が始まっていく。
(飲み過ぎて潰れないよう注意しないとね……)
 そんなアーリアを反面教師にしながら、ゼフィラは相賀に積極的に話しかけていく。
「個人的にこの地域の文化を研究したいし、酒作りについても聞きたいな。色々聞かせてもらえないかな?」
「勉強熱心じゃのう。娘が多少見習ってくれればいいんじゃが」
 美味しそうに吞んでいるアーリアとクーアを見ながら、アレクシアは小さく喉を鳴らす。
(……ちょっとなら味見してみてもいいかな……? ああでもやっぱり、人前でふわふわになったら恥ずかしいから、少しだけ分けてもらって家で飲んでみるってことで……!)
 そんなに気にする必要はないかもしれない。お酒が絡むと結構ダメな大人もいるのだから、ふわふわになるくらいなら何の問題もない。かわいいだけだ。
「はぁ〜あの方の前で以外なら全然平気なのに……ほんと参っちゃうもう今日は皆でパーッとやりましょ! パーッとね!」
「プパーッ!」
「くっ!」
 タイミングがあまりに良すぎるご機嫌なアーリアの声にモカが思わず吹き出すが、さておいて。
(ディルク様はお酒好きだし、こんな珍しいお酒なら…きっと喜んで下さるはず……!)
 エルスは竜牙酒の味に驚いていた。確かにこれは薬酒の分類ではあるが、本当に良い酒だ。
「ハッハッハ! 面白い連中じゃのう」
「そうか? 楽しんでもらえたなら幸いだ」
 相賀とそんな会話を交わしながら、モカは自分が知っている・言える範囲で、世界情勢を面白く話していた。
 酒にはつまみと面白い話が欠かせないから……というのがモカの持論だからだ。
 事実、相賀はモカの話をかなり興味深げに聞いてくれていた。
 そうして一通り楽しんだあたりを見計らって、ルカも相賀の隣に座り込む。
「俺の実家はラサで傭兵と商家をやってる変わり種でね。この酒をラサに卸す気はねえか? 勿論相応の価格で買い取らせて貰う」
「ふむ」
 商談だと分かったからだろう、相賀の瞳がスッと冷静な色になる。
「でもってラサの酒や、いろんな国の酒もこっちに卸す。どうだ、興味ねえか? 世界中の酒だ。こりゃあいい酒だが世界中にはアンタの知らねえ酒がごまんとある。いろんな酒を知りゃあ、ここの酒を更に良いモンにする案だって出るかも知れねえ」
 考えてみてくれよな、と言うルカに、相賀の瞳が再び好々爺然としたものに戻る。
「くっくっく……この場で決断しろとか抜かすならその辺の甕に酒と一緒に漬けてやったがの。ま、考えといてやろうかの」
「お、おう」
「というか冷静に頭を回しとらんで、もっと呑まんかい」
 そうして成人勢が一通り酔いつぶれるまで宴会は続いて。
 けれど竜牙酒は、そんな大人たちに二日酔いという罰は与えなかったのである。

成否

成功

MVP

アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯

状態異常

なし

あとがき

コングラチュレーション!
黒鉄・相賀と宴会を楽しみました!
「また一杯やろうな」と言っているようです!

PAGETOPPAGEBOTTOM