PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<黒曜の錬金術師>鮮血滴る黒曜石

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング

●大失態
 ――やられた!!
 あの『客』、中に入れた以上は生かして帰すつもりはなかったのに!!
 散々情報だけ喋らせた挙げ句、逃げただと? 四人も!?
 奴らへの態度は問題なかったはず……なのに何故。
 何かを知ったから? 何を?
 奴らがいた間の変化と言えば、この『失敗作』どもが起きたくらい。
 どうやって知った? 奴らがこれを見る時間は無かったはずなのに?
 そもそもどうやって迷宮森林を越えてここへ来た? 遣いを尾行しただと?
 幻想の貴族との取引に使ったあいつを、一体どこからつけて……――。

 幻想。超常の力。ローレット。特異運命座標。
 必ず見つけ出す。どのみち、放っておけば僕とて無事では済まないだろう。
 そんなところで二の舞になってたまるか。
 妖精郷のタータリクスの二の舞になど。

●『黒曜』と『鮮血公女』
 ローレットのイレギュラーズ達は、謎に包まれていた『黒曜』と接触し、その人となりを調べてくれた。
 『黒曜』の作る魔法薬の質が高いことは間違いない。それは認める。
 だが、「客の幸福以外は取り扱い範囲外」とはどういうことだ。そんなもの、錬金術師の風上にも置けない。錬金術師ならば尚更、『等価交換』は何よりも重んじるべきだろうに。
 若返りの魔法薬の材料を得るために、魔亀に仕込みをするだけならいい。その為に魔亀が暴れ、関係の無い人々の命を奪っても何もしないというのは、『等価交換』からかけ離れているのではないか。
 それだけではない。自分の秘密を守るために、遣いに使ったハーモニア達を実験台になど。
 次に珠緒達が来たら、少しばかり勿体ないが『黒曜』を――。
「……どちらさん?」
 工房の外に気配を感じる。
 客、――ではない!
「!!」
 荒々しく扉を破って侵入してきたのは、生気を感じられない男達。咄嗟に工房の裏口まで逃げ、そのままギルドへ駆け込もうとした時、正面の道を漆黒の男が塞いだ。
「取引相手の貴族から情報を辿って、お前を捜し当てるのに時間がかかったよ。半年もかかるとはね。
 僕の工房にローレットから偵察を寄越すなんて、僕がお前に何か不利益を与えたかね? 『鮮血公女』」
「……なんや、びっくりしたわぁ」
 聞いたことのない男の声が、その号を呼ぶ。
 悪い声ではないのだが、無性に腹が立って――何より、こうも隠す気のない殺気をぶつけられては。
「こない乱暴にせんでも、ちゃあんとノックして、名乗ってくれはったら。
 うちも丁寧におもてなししたんよ? 『黒曜』はん」
 ローレットから被害を受けて、自分に殺意を抱くような可能性のある錬金術師など限られている。面識が無くてもわかる。
 しかも、自分に追い付いて後ろから迫りつつある男達は皆ハーモニアだ。
 優れた魔法薬を造り出す彼ならば、実験台として殺したというハーモニア達を死霊術のように動かすことも可能なのかもしれない。
 それによって、自分が殺されるかもしれないならば――応戦するしかない!
「うちもなぁ、自分で素材の血集めたりするんやわ。神秘が強い生き物って、強い殻とか持っとったりするし……こじ開けて、穿ったり、綺麗に切断せえへんと、ええ血が採られへんの」
 後ろ手にナイフへ手を伸ばす。『抑えられなくなってしまう』ので本当は自分では戦いたくないが、そうも言っていられない。
「せやから、ちょおっと……皆の血も貰うけど。痛(いと)うても泣かんでね?」

(……頼むで、皆)

GMコメント

旭吉です。
この度はシナリオのリクエストをありがとうございました。
長らくお待たせ致しましたが、<黒曜の錬金術師>シリーズ後編をお送りします。

●目標
『黒曜の錬金術師』を撃破する

●状況
 幻想にあるリウェールの工房に到着した所からスタート。
 実はそろそろ『黒曜』に関して皆さんと連絡を取ろうと、リウェールからギルドへ工房へ来て欲しい旨は伝えてありました。
 工房表に到着すると扉が乱暴に破壊されているので、異変はすぐにわかります。

 裏口付近では、『黒曜』と彼が連れてきた『失敗作』複数相手にリウェールが応戦しています。
 刃物を手に血を浴びた彼女は嗜虐性の強い性格に豹変してしまっているため、ある意味守るのが難しいです。

●情報
 『黒曜』
  質の高い魔法薬を造り出す錬金術師。質の向上のためなら犠牲を厭わない。
  能力として、様々な錬金アイテムを使用した各種BS付与と、精霊の魂を歪めて作った水晶による【呪殺】(【必殺】つき)を使用します。
  一応この場にいる中では最も理性を保ってます。一応。
  裏口から一番離れてます。

 『失敗作』×7
  元はこれまでに『黒曜』が取引相手との遣い役に使っていたハーモニア男性達。
  既に一度殺されており生気は無く、皆胸部深くに黒い欠片を埋め込まれている。
  この欠片により大幅強化されているが、欠片を破壊すれば彼らは止まる。
  『黒曜』を先に倒しても止まらない。会話はできなくはない。
  近接物理戦特化タイプが3人、中~遠距離神秘戦特化タイプが4人。
  裏口の一番近くにいます。

 リウェール
  2本のナイフを手に、血を流し流されの血塗れ応戦中。
  斬ることも斬られることも愉しんでいるような状態なので色々やばいです。
  止めようとすると止めに入った相手の血をその場で求めます(戦闘)
  会話はできるけど理性が飛んでます。やばい。
  位置としては『黒曜』と『失敗作』に囲まれている状態。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

  • <黒曜の錬金術師>鮮血滴る黒曜石冒険中
  • GM名旭吉
  • 種別リクエスト
  • 難易度-
  • 出発日時2022年01月23日 23時59分
  • 参加人数8/8人
  • 相談10日
  • 参加費---RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

アリシス・シーアルジア(p3p000397)
黒のミスティリオン
伏見 行人(p3p000858)
北辰の道標
藤野 蛍(p3p003861)
比翼連理・護
桜咲 珠緒(p3p004426)
比翼連理・攻
新道 風牙(p3p005012)
よをつむぐもの
リンディス=クァドラータ(p3p007979)
夜咲紡ぎ
アカツキ・アマギ(p3p008034)
焔雀護
ベネディクト=レベンディス=マナガルム(p3p008160)
特異運命座標

PAGETOPPAGEBOTTOM