PandoraPartyProject

シナリオ詳細

小芝居しないと進めないダンジョン~世紀末編~

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●小芝居しないと進めないダンジョン
 そこは幻想で最近発見されたダンジョン。
 奥には素晴らしい宝があるとされながらも、誰もクリアできないでいた。
 その理由は、そのダンジョンのギミックにあった。
 そして今……ダンジョンギミックをクリアできなかった敗者たちがダンジョンの外に射出されてくる。
「ぐあー!」
「うおおおお!」
 スパーン、とダンジョン外に怪我1つなく排出された男2人だが……悔しそうに地面を叩く。
「クケケ! 今回はいけると思ったのによう!」
「ヒヒヒッ、いつも収支が世紀末だから結構合ってたのによう……!」
 中々苦労しているようだが、ダンジョンギミックはその辺りに忖度してはくれない。
 再挑戦するか、帰るか。2人に出来るのはそれだけなのだ。
「おい、ジョン。さっきのテンションでもう1回いけるか……?」
「無理っす。大体俺等もっと平和な人種じゃないですかね」
「だよなあ……こんなダンジョンクリアできるのは相当だぜ」
「頭が世紀末してねえと無理ですよね」
 2人の男達は顔を見合わせると、溜息をついて立ち上がる。
「……帰るか」
「ええ。もっとマトモなダンジョン探しましょう」
「つーか、前にも似たようなダンジョンあったよな」
「ほんと、なんで来ようと思ったんすか」
「お前が止めねえから……」

●愛で空は落ちてこないけど
「というわけでダンジョン探索の依頼です」
 チーサ・ナコックはそう言うとダンジョンの資料を取り出した。
 正式名称は不明。
 愛称は「小芝居しないと進めないダンジョン~社畜編~」だ。
 前に「社畜編」があったが似たようなギミックのダンジョンがまだあったらしい。古代人本気で怖い。
 ちなみにこのダンジョンの情報を掴んできたのはエルシア・クレンオータだ。
「なんで見つけてきちゃったですか? これで4つ目なんですが?」
「見つけてしまいましたので……」
 真面目な顔で問いかけるチーサから、エルシアはサッと視線を逸らす。
 しかし、見つけてしまったものは仕方ない。
「というわけで精鋭を呼んでみたです。はい、自己紹介」
「散々・未散。ぼくに任せて」
「はぁい。アーリア・スピリッツよぉ」
 前回ダンジョンを見つけてきた未散と、前回大熱演を見せつけたアーリアである。
 実に頼もしい仲間と言えるだろう。
「ルールは簡単で、部屋に入った後に世紀末をテーマにした小芝居をする。2人1組でも3人1組でもいいらしいです」
 必要なのは芝居にかける「熱」……つまり演技だ。
 それを部屋の古代機械が判定し、クリアすれば次に進めるという仕組みだ。
「必要な芝居数は不明ですが……ま、前回を考えるに芝居の熱量次第だと思うです」
 芝居自体も難しいものではなく、本当に小芝居で良いらしい。
 世紀末をテーマにしてさえいればシリアスでも恋愛でもヒャッハーでもなんでもいい。
 というか古代にも世紀末思想があったのだろうか、こんなダンジョンが4つも存在する辺りヤバげではある。
 そして、奥に進めば進むほど熱量の高い演技が必要になってくるだろう。
 恥ずかしがらずにそういう事を出来る度胸が大切ということだ。
 失敗したらダンジョンの外に射出されるが、再挑戦は可能だ。
 また熱量が足り無さそうだな……と思うなら演技の追加なども可能だ。
 これぞ世紀末と一撃で分かるような、そういうのである。
 無論、それは最後の手段ではあるだろうが……そういう手もあるということだ。
「無事に奥にある宝を手に入れれば完遂です。ま、頑張ってくるですよ」

GMコメント

今回はエルシア・クレンオータさんからのアフターアクションです。ありがとうございます。
まさかの小芝居しないと進めないダンジョン、四作目です。

さて、小芝居しないと進めないダンジョン~世紀末編~です。
チームを組んで世紀末系の小芝居を実施しましょう。
皆さんなりの世紀末をぶつけてきてください。
プレイング全部を内容と相手で埋めてOKです。
互いにNGシーンを打ち合わせてプレイングを決めると良いと思います。
なお、相手が見つからない悲しい子はチーサを拉致できます。ちゃんと適宜合わせてくれます。

ちなみにですが、無理矢理突破しようとした場合には古代ゴーレムが現れます。
無茶苦茶強いので、無理矢理突破はしない方が無難でしょう。
一応こんな感じです。

・無粋な奴をぶっ飛ばす古代ゴーレム
全長10Mの謎金属製の古代ゴーレム。
ゴーレムパンチと範囲攻撃のゴーレムビームを使います。
もうとんでもない強さです。

一番重要なのは「最後の部屋」なので、そこの担当はしっかり決めておいた方が良いでしょう。
なお、お宝は「各演技の激熱シーンを激写したクリスタル板」です。
破壊不能のすげーやつです。思い出は永遠に……。

それでは、皆様の熱い演技をお待ちしております!

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

  • 小芝居しないと進めないダンジョン~世紀末編~完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年12月24日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

シフォリィ・シリア・アルテロンド(p3p000174)
白銀の戦乙女
アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯
散々・未散(p3p008200)
L'Oiseau bleu
エルシア・クレンオータ(p3p008209)
自然を想う心
海紅玉 彼方(p3p008804)
レディ・ガーネット
エーレン・キリエ(p3p009844)
特異運命座標
ムサシ・セルブライト(p3p010126)
宇宙の保安官
シオン・シズリー(p3p010236)
餓狼

リプレイ

●小芝居しないと進めないダンジョン~世紀末編~っていうけど、どうしてですかね……
 8人の選ばれし精鋭たちが、ダンジョンの前に立っていた。
 小芝居しないと進めないダンジョン~世紀末編~。
 どうしてこんなダンジョンが存在してしまうのか。
「なんですか世紀末って。そもそもなんでそんな概念が古代に存在するんですか。まあとにかく頑張ろうと思います。なんでこんなギミックで本当にダンジョン作ったんでしょうね……」
「どうして本当にあってしまったんですか古代人……でも、これは合法的に火線砲を放てる機会だと前向きに考えて、一世一代の大舞台、見事演じてみせましょう」
『白銀の戦乙女』シフォリィ・シリア・アルテロンド(p3p000174)と『キャンプファイヤー!!』エルシア・クレンオータ(p3p008209)の言葉も、もっともすぎる感想だと言えるだろう。
 というか見つけてしまったのはエルシアなので、なんだろう。作った古代人と思考が似ている可能性はある。
 しかしまあ、あるものは仕方がない。
「世紀末、世紀末な……。俺の出身世界は皆の所とかなり毛色が違うはずなんだが、どうしてこの単語で出てくる世界観のイメージが似通ってるんだろうな? ま、いい。ダンジョン踏破が依頼であればイレギュラーズとして全力を尽くすまでだ」
「世紀末がなんだかしらねーがまあ、要はなんか無法でやべー感じならいいんだろ。そんなら得意だぜ」
「間違ってはいないな……」
『特異運命座標』エーレン・キリエ(p3p009844)と『餓狼』シオン・シズリー(p3p010236)が、そんな会話を交わす。
「世紀末……でありますか……ここはレザージャケットとダブルバレルショットガンと犬を……時間がない? そんなー」
「例え大道具がなかろうと、アイドルならお芝居だってなんのその、頑張ってやっていくよ!」
『トライX』ムサシ・セルブライト(p3p010126)と『レディ・ガーネット』海紅玉 彼方(p3p008804)も、それぞれの気合の入れ方をしている。
 そう、此処まで来た以上やるしかない。だからこそ、もう心を小芝居方面に飛ばしている者もいる。
「ぶぉん、ぶぉんぶぉん、ぶるるーん、ぶぉーーー(バイクCV:散々・未散)」
 そのうちの1人は、『L'Oiseau bleu』散々・未散(p3p008200)だ。
 何やら軍馬を持ち込んでいるが、バイクのつもりであるらしい。
「何ですか皆さん! 此れはバイク! バーイク! ほらあなた(軍馬)も! ヒヒーンじゃなくてぶぉんって!! あ、ちょっと動物愛護的な団体に連絡するのは止めてもろて……」
 何処かに手紙を書き始めたエルシアを羽交い絞めで止めつつ……未散は、ハッと気づく。
『キールで乾杯』アーリア・スピリッツ(p3p004400)が白目をむいて、何やらビクンビクンしていることに。
 酒が何かいけないところに回ったのだろうか? いや、違う。これは……!
「はぁ、はぁ、部長年内の仕事は終わらせました! 後は年末年始の段取りを――えっあっこれも年内に。あ、はい勤怠は打ちませ……ハッ、夢ね!? もう社畜なんて――えっ世紀末? はい? よく解らないけど変装とメイクで顔の彫りを深くして劇画チックにしたわ」
 慣れている。社畜めいていたアーリアは、一瞬で顔を濃くしている。
 女性は化粧で変わるというが、ここまで来ると変身である。
 ちなみにだが、チーサ・ナコックも小脇に抱えられている。早くも捕まったようだった。
 そう、そうなのだ。
 芝居の熱量で扉の数が変わるこのダンジョン。
 今回は一撃で全ての扉を開けるべく、最大熱量のフルキャストの超豪華版である。
 小芝居しないと進めないダンジョン~世紀末編~。
 そこに挑むは、過去最大級の小芝居。
「とはいえ幻想生まれの私では世紀末の概念はわからないので練達の漫画喫茶でいろいろリサーチしてきました。調べたらいろんな世紀末があったので何をすればいいのかわからないので全部混ぜることにしました!」
 そんなシフォリィの声が響くが、何やら凄そうである。
 そして8人の前にあるのは大きな舞台。
 そこで今から……世紀末小芝居が、始まろうとしていた。

●世紀末小芝居(フルキャスト)
 舞台の上、エーレンにスポットライトが当たる。
(やはり世紀末にはやたらテンションの高い冒頭ナレーションが必要不可欠だと思うんだ。だから……)
 精神統一するように閉じられていたエーレンの目が、カッと見開く。
 その口から出てくるのは、一切の躊躇いのない裏声だ。
「時はまさに世紀末、世界は悪魔の炎に包まれたァ! 海は沸き、空は淀み、緑は尽き果てェ、しかしヒトは絶滅していなかったァ! 力が支配するこの国への挑戦者、それはァ――!!」
 ここでエーレンが、サッと後ろを振り向く。
 なんだか顔が一瞬で濃くなったり胸に特徴的な傷がありそうな感じになったが、そのままエーレンを照らすスポットライトは消えていく。
 そして場面は切り替わる。
「ジョインジョインシフォリィ……」
 何やら怪しげな声を立てるのはぺラ王号……なんか世紀末の覇王で2つでてきた名前を合体させたらしいのだが、結果的にチャラ男の中のチャラ男みたいな名前になっているが、ともかく軍馬に乗った世紀末の中で生きる善良な医者、シフォリィである。
 世紀末リーダーの証らしい『り』と書かれたなんか安っぽいバッジをつけているのは何なのだろうか。
 世紀末にリーダー伝説をぶち上げるつもりなのだろうか。
 そもそも世紀末リーダーとは何なのか。医者ではなかったのだろうか。
 分からないが……続いてスポットライトが当たるのはアーリアとチーサだ。
「アタイは荒廃したこの世界で権力諸々に抵抗するレジスタンスの一員。陸鮫ちゃん(モヒカン・肩パット)に乗り荒野を駆け、政府組織? なんかこう……とにかく色々殴る!」
「悪い奴をぶっ飛ばすのです」
「そう、つまりはそういうこと!」
 チーサは舎弟役であり、フォークを担いで下から見上げる感じでガンを飛ばしている。
 しかし何故レジスタンスの乗り物がモヒカンなのだろうか。分からないがそういう世界観なのだろう。
 ちなみに小芝居が始まる前「なんだよこれよぉ! 世紀末とか知らねぇよ危うく白塗りで悪魔メイクするところだった!」などとアーリアは言っていたが、そっちはヘヴィでメタルなやつである。さておいて。
「アイツらは腐ってやがる、昔はこうじゃなかった……アタイはこの命を懸けて! この街の人々を守ってみせる!」
 そこに到着したのが医者のシフォリィだ。
「貴方の命はもはや幾ばくも無い星のもとにある……」
「き、貴様……貴様に何がわかグボァ」
 なんたることか。医者のシフォリィの見立て通り、アーリアは荒廃した世界の空気で肺病にかかっていたのだ!
「(現実に)耐えられないときはこれを飲むといい」
 そう言って渡すのはヴォードリエ・ワインだ。
 薬の代用品としての小道具ではない。ガチにワインとしての配役である。
 なんだろう、この世紀末が過ぎる医者は。
 ちなみにアーリアは迷わずその場で一気飲みである。勿論、これはちゃんと指導の下に訓練された呑兵衛がやっているので安心だ。
 アーリアが想うのは、かつて色々あった……違うレジスタンス組織に属する未散Aである。
 色々役を兼ねているのでAである。
 そんなレジスタンスたちが暗くなった舞台裏をはけていくと……今度の場面は平和な村に切り替わる。
 世紀末世界で生き残れたヒロイン、村娘の彼方が精いっぱいにかわいらしさをアピールしていく。
 この世紀末……色んな意味で世紀末な中で、純真さを失わなかった娘である。
 そして、そんな彼方と村を守る者もいる。
 世紀末保安官のムサシである。
「ふふふ、世紀末ならば保安官がいてもおかしくないでありますよね……そう、自分は悪の組織に立ち向かう正義の保安kあづーーーっ!!??」
「シオン様のお通りだー! 汚物は消毒だ~~~っ!!」
「ぶぉん、ぶぉんぶぉん、ぶるるーん、ぶぉーーー」
 なんと現れたのはバイク(軍馬)に乗るエルシア(モヒカン)と未散B(モヒカン)である。
 宝石とかをジャララーってして如何にも今悪い事して来たぜ! って体でバイクで派手に光と音を出しながらの威勢の良い入場である。
 あと今、本気と書いてマジで火線砲IIを撃っている。容赦がない威力3896の一撃である。
 たぶん本気で熱かっただろうが、双方合意済である。
「な、なんてことでありますか! まさか此処にレジスタンスがいるとバレて!?」
「ヒャッハー!」
 レジスタンス役のムサシBがエルシア(モヒカン)の火線砲IIに散るが、仲間がやられては黙ってはいない。
 レジスタンスのアーリアとチーサ、そしてムサシCがエルシア(モヒカン)と未散B(モヒカン)へと立ち向かう。
「ケーッケッケッケ、シオン様に逆らうとは馬鹿なやつ!」
 そんなエルシア(モヒカン)の言葉と共に、シオンにスポットライトが当たる。
 なんか色々とゴテゴテと装飾して威圧感強めにした馬車(的な何か)に偉そうな感じで乗っているその姿は、まさに世紀末支配者の佇まいだ。
「……フッ」
 口数も少なめに、威厳のある台詞がその口から漏れ出る。
(こういうのってあんまべらべら喋るととたんに格が落ちる感じになるって聞いたからな。誰から聞いたかは覚えてねーが)
 そう、口数の多いラスボスは中ボスじみてしまう。
 だからこそボス役であるシオンは実力のある感じで演出していくことを決めていた。
 その方が最終的に倒すヒーローやレジスタンス側の格も上がるからだ。
 そしてムサシBやムサシC、ムサシDがやられて退場していく。
 だが、そこに現れたのはこの無法に立ち向かわざるを得なかった医者のシフォリィだ。
 凄まじい動きで未散Bやエルシアたちを倒しながらも、次々戻……ではなく現れる未散Bやエルシアたちの前に、絶望的な戦いを強いられざるを得ない。
 ちなみにシフォリィが使うのは使う戦法は一定回数コンボをつなぐと地面で跳ねるようになるのでそのまま10割削りきる世紀末バスケという戦法だ。かなり痛そうだ。勿論事前に同意済である。
「レジスタンスよ、どれほど抵抗しようとも我が拳の前では無意味よ!」
 そしてついに、シオンが立ち上がる。
 アシカールパンツァーで派手な音をたてながら、世紀末らしいステゴロで立ち回る。
 それはムサシEやムサシFをも倒し、シフォリィをも倒してしまう。
 最後は胡坐の姿勢で死した(演出上)をムサシが運んでいく中、ついにレジスタンス崩壊の時が訪れる。
「アタイは……もう一度皆で、笑顔で暮らしたいだけだった」
 ついにアーリアやチーサも倒れ、やられる時は一回一回工夫して頭に穴が空いた風演出などをしていたムサシGを運びながら舞台外に退場していく。ちょっとムサシが酷使され過ぎたかもしれない。
 そしてついに、未散B(モヒカン)が火炎瓶を振り回しつつ、エルシア(モヒカン)と共にヒロインの彼方の周りをぐるぐる回り始める。
「上玉じゃねーか! へっへっへ、コイツは良い!」
「くっ……させんでありますぐあーっ!」
「せーの!! 汚物は消毒だ~~~っ!!」
 なんとか止めようとした村人のムサシHが吹っ飛んで回収されていく。
 未散B(モヒカン)の手からすっぽ抜ける火炎瓶でムサシHがちょっと焦げていたが、今日はウェルダンかってくらいなのでまあ平気だろう。
(……それにしてもトゲ付きヴィークルによるデス・カゴメカゴメって、ちょっと普段は出せない自分を出しているみたいで楽しいですね!)
 そんなことをエルシア(モヒカン)が考えているのはさておき……もうダメなのか。
 この世紀末の世に、無法を正す救世主はいないのか。
「キャー、誰か助けてー!」
 そんな乙女の……彼方の声は何処にも届かないのか!
 いや、それは違う。軍馬にひらりと乗る影1つ。
 あっという間に未散とアーリアを(安全に配慮した形で)投げ落とすと、その男は拳法の構えを兼ねて両手の人差し指で二人を指差してキメ台詞を放つ。
「お前に今日を生きる資格はない」
 そう言い放つ男……エーレンに、未散(モヒカン)とエルシア(モヒカン)は襲い掛かろうとして。
「お前はもう、蝋人形になっている」
 その言葉と共に、ピシリと動きを止める未散(モヒカン)とエルシア(モヒカン)。
 手早くムサシたちが運んでいくと、髪型を変えた未散(ザコ)やエルシア(ザコ)が現れエーレンと立ち回りを開始していく。
「どうやら幾分やるようだが……シオン様のお手を煩わせるまでもない……!」
「無駄だ。お前はもう、蝋人形になっている」
 そんな中、エルシア(親衛隊)もついに倒されて。
「仕方あるまい。俺自身の手で決着をつけよう」
 ついにボス……『餓狼の』シオンが再び立ち上がる。
「貴様ッ、シオン!? どうしてここに、なぜこんなことを!」
 そう、なんたることか。
 シオンはエーレンの兄弟子……!
 同じ拳を学んだ2人の兄弟弟子が今ここに、相対したのだ!
 ちなみにこの辺りのナレーションはエルシアが担当している。
 あとアーリアは役をしっかり終えたので酒を呑んでチーサにはたかれていた。
 そして始まるエーレンとシオンの死闘は凄まじいものだった。
 巻き込まれる未散(ザコ)が次々と吹き飛んでいく中、シオンはアーリアにつけられた傷のハンデを背負っていた。
 そう、レジスタンスの戦いは無駄ではなかった。
「エィーレレレレレレレレレレレンッ! ――お前はもう、蝋人形になっている」
 ついに放たれたエーレンの最後の一撃「必殺百裂蝋人形拳」が、シオンを生涯に一片の悔いもない感じで倒したのだ。
(いや、あたしはまだ人生に悔いだらけなんだが!)
 そうして、戦いはエーレンの勝利に終わって。
「ありがとうございます、それで、あなたの名前は……」
「名乗る程の者じゃない。俺はただ、此処を去るのみだ」
 そう、エーレンの戦いはこれからも続いていく。
 あるいは(展開次第では)エーレンを庇って散ったかもしれない彼方は、去っていくエーレンの背中を見つめていた。
「忘れないでくれ。明日を思い種籾をまく者が、一番尊いんだ」
 きっと立ち止まらないその背中は、誰よりも大きく見えて。
「あなたに出会えてよかったです。さようなら……」
 振り返りはしない。エーレンは、夕日の中消えて行って。
 何処かの誰かの墓石の前に座った未散(レジスタンス)が、墓石にジャブジャブとお酒を呑ませていく。
「なあ、全てが終わったよ。お前が目指した世界ってやつを俺はもうちょっとだけ生きてみるさ」
 そう、世紀末になっても……その先の世界はある。
 だからこそ、エーレンはその世界を守るためにこれからも戦っていくのだ……!
 そして、ブザーが鳴って。扉が一気に最奥まで開いていく。
 安置されているのは、例によって破壊不能の水晶板。
 一体だれが記録されているのか……。
「汚物は消毒だ~~~っ!!」
 ムサシを焼いているエルシアの姿が、そこには記録されていて。
「……ところで私、ヒロイン役なり何なりだってあった筈なのに真っ先に雑魚敵役選んでしまったのどうして……私の女子力は一体どこへ……」
 分からない。もしかすると何処かの世紀末でヒャッハーしているかもしれない。
 エルシアの呟きに答える者はなく……けれど、確かな達成感だけはそこにあった。

成否

成功

MVP

エーレン・キリエ(p3p009844)
特異運命座標

状態異常

ムサシ・セルブライト(p3p010126)[重傷]
宇宙の保安官

あとがき

ネタが大渋滞起こしてて、すんごい笑いました。
でも閣下ネタはどういう経緯でブチこまれたんですかアレ。
そこだけはほんと予想してなくて「閣下ァ!?」ってなりました。
グッジョブ。
それでは皆様次のシナリオで。

PAGETOPPAGEBOTTOM