PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<ダブルフォルト・エンバーミング>平和という名のプレゼント

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●伝承大防衛戦
 ついにはアップデートがなされたR.O.O 4.0。イベントなどと称している暇も無いほどに世界には危機が、終焉が迫っていた。
 それを終焉と称したのは『終焉(ラスト・ラスト)』と呼ぶべき秘地より解き放たれし者達が世界を蹂躙したからだ。
 砂嵐(サンドストーム)に突如出現した終焉の大軍勢――終焉獣(ラグナヴァイス)と終焉の使徒達は、またたく間のうちに砂漠を蹂躙し、伝承へと迫っている。
 国王を始めとする伝承の貴族達は挙国一致の団結を見せ、騎士団を集結させる。
 伝承貴族連合軍は伝承西部バルツァーレク領から砂嵐(サンドストーム)へと続く街道にそびえる城塞都市ビルレストを拠点に、防衛ラインを構築。
 しかし波濤のように押し寄せる終焉の軍勢を相手に、どこまで持ちこたえることができるのか……。
「クマー!」
「シロクマ―!」
 伝承大防衛戦。そう呼ばれる大決戦の中で、一際異質な一団が戦っていた。
 乱れ飛ぶ手裏剣。クマとシロクマ。赤い装束のニンジャたち。
 見る者が見れば「あっ」と言ってしまいそうな、そんな出で立ちの彼等は……この大防衛戦に参加する一団である。
 勿論、騎士団ではない。
 自警団ですらない。
 扱いで言えば一般市民程度の、そんな彼等。
 そんな彼等が何故戦うのか。
 その理由は1つ。
「引くことは許されんでござる! 子供たちの笑顔がこの一戦にかかっていることを忘れるな!」
「後方より連絡! クマ軍団、追加で来るでござる!」
「ブリキングはまだ出られんでござるか!?」
 そう、子供たちの笑顔を守るため。
 ただその為に彼等はこの戦いに挑んでいるのだ。
 だが、その力はあくまで微力に過ぎない。
 故に……1人の男が今、彼等を助けられる者たちを探し集めていた。

●集まれ、子供の夢を守るため!
「黒須・三太という人物から依頼を受けてね。今回の大防衛戦の『とある勢力』に力を貸してくれる人たちを探してるんだ」
 カイン・レジストは集まった面々を前に、そう言って笑う。
「なるほどー……なるほどね? このメンバーを集めた理由はなんとなく分かった、かな?」
 カノンは見覚えのあり過ぎる顔を前にちょっと複雑な表情をしながらも何度も頷く。
 黒須・三太。どう考えてもニンジャな彼のことだが……集められた面々の中には、その時に共闘した者たちの姿がある。
 梨尾、エクシル、樹里、アンジェラ・クレオマトラ、エーミール、いりす、フィオーレ。
 それぞれ、なんとも微妙な表情を浮かべているのは……カインの隣にいる三太ではない赤服のニンジャのせいかもしれない。
「えーと、ところでその人は……」
「新手のニンジ……」
「拙者ニンジャではござらん!」
 梨尾とエーミールに被せるように叫ぶのは、その赤服のニンジャだ。
「拙者山蛇忍軍げふん! もとい子供たちの笑顔の為集まった、たまたま恰好が被っただけの親切な人の集団の1人でござる!」
 サンタ忍軍って言った。
 確かこいつら、鉄帝に元になった奴がいるという話ではなかったか。
「多様性の時代のニンジャ……まあ、サンタさんもニンジャぽいと言えないことは……」
「ニンジャではござらん!」
「ニンジャ以外のなんだっていうつもりなのかしら……」
 いりすとアンジェラ・クレオマトラのツッコミにニンジャがそっぽを向いたところで、カインが話を続ける。
「とにかく、このニンジャでもサンタでもない人たちが戦っている戦線の防衛に協力してほしいんだ」
 彼等も忍術……もといなんか手品的な技で頑張ってはいるが、どの戦線も精いっぱいである上に敵は強大な終焉獣(ラグナヴァイス)と終焉の使徒達だ。
 勇者たる者たちの助力を今、必要としているのだ。
「なるほど。たしかにてきせつなメンバーえらびといえましょう」
「サンタサンに慣れたですものね」
 樹里がうんうん、と頷くのにフィオーレも同意する。
「そういうことなら、力を貸すのに異論はないニャ」
 エクシルの言葉に、集まった全員が頷いて。
 その言葉に、カインも嬉しそうに笑う。
「よかった! ブリキングとかいう兵器も投入予定らしいけど、これで戦力は揃ったよ!」
 ブリキング。
 その言葉に思い当たる面々が、一気にビクッと反応したのだが……カインは首を傾げ、ニンジャはそっぽを向いていた。

GMコメント

城塞都市ビルレストを拠点とした防衛戦。その一角の防衛が今回のお仕事です。
この区域は黒須・三太を中心とした「子どもの笑顔を守り隊」という名前の赤服のニンジャ軍団が受け持っています。
味方と敵の勢力はそれぞれ以下の通り。
この区域の敵のリーダーを倒せば、敵の連携は弱まり撤退に追い込めることでしょう。

●味方勢力(初期状態)
・黒須・三太と赤服ニンジャ軍団(総勢5名)
手裏剣を投げニンジャブレードを振るう、たまたま恰好と武器とか戦法が被って凄い気が合うので初見でも完璧な連携が出来る、たまたま同じ技を習得した面々です。嘘つくなニンジャ。
なんか鉄帝に元になった奴等がいるみたいです。
手裏剣による遠距離攻撃とニンジャブレードによる近接攻撃。ニンポーによる中距離範囲攻撃を使うようです。
・クマさん&シロクマさん(総勢20匹)
タフなクマさんとシロクマさん。切り裂き攻撃を使い、果敢に前に出て戦います。
相当タフですが、攻撃力はそこそこ程度です。
●追加の味方勢力
・参加した方の混沌世界での姿を持つNPC(ランダム)
参加した方の混沌世界での姿と名前を持つNPCが応援として駆けつけてくる可能性があります。
戦い方は基本的に「本物」を踏襲しているようです。
・クマさん&シロクマさん(1ターンごとに4匹)
・ブリキングエックス(ランダムで援護攻撃)
出やがったブリキングエックス。
全長10Mの巨大ロボっぽいアイツ。
地震攻撃は味方が全滅するので今回は封印。
ランダムで飛来して敵陣に超強力なビームを乱射して去っていきます。
エーックス!

●敵勢力
・『悪夢を蒔くモノ』ナイトメア・ワン(敵リーダー)
全長5Mの金属製のサイのような外部装甲を纏った何かです。
装甲の隙間からは淡く輝く、黒い粘着質の何かが溢れ出ており、触手のように伸ばすことが出来るようです。
明らかに尋常の生物ではありませんが、外部装甲が主のようで、破壊することで内部の「何か」も存在を保てなくなります。
ただし破壊は簡単にはいかないでしょう。
攻撃方法は「黒の触手」による叩きつけ、締め付け、近距離範囲を薙ぎ払う強大な攻撃「黒の波動」です。

・終焉の使徒
 終焉に魅入られた邪悪な人間たちです。この区域にいる彼等は黒いローブを纏っており、個人の判別がつきません。
 ナイトメア・ワンの影響を受けているのか、武器による攻撃の他に黒の触手による攻撃を使用します。
 相当な数がいますが、ナイトメア・ワンを倒せば統率を失い撤退していくでしょう。

※重要な備考『デスカウント』
 R.O.Oシナリオにおいては『死亡』判定が容易に行われます。
『死亡』した場合もキャラクターはロストせず、アバターのステータスシートに『デスカウント』が追加される形となります。
 R.O.O_4.0においてデスカウントの数は、なんらかの影響の対象になる可能性があります。

●ROOとは
 練達三塔主の『Project:IDEA』の産物で練達ネットワーク上に構築された疑似世界をR.O.O(Rapid Origin Online)と呼びます。
 練達の悲願を達成する為、混沌世界の『法則』を研究すべく作られた仮想環境ではありますが、原因不明のエラーにより暴走。情報の自己増殖が発生し、まるでゲームのような世界を構築しています。
 R.O.O内の作りは混沌の現実に似ていますが、旅人たちの世界の風景や人物、既に亡き人物が存在する等、世界のルールを部分的に外れた事象も観測されるようです。
 練達三塔主より依頼を受けたローレット・イレギュラーズはこの疑似世界で活動するためログイン装置を介してこの世界に介入。
 自分専用の『アバター』を作って活動し、閉じ込められた人々の救出や『ゲームクリア』を目指します。
特設ページ:https://rev1.reversion.jp/page/RapidOriginOnline

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

  • <ダブルフォルト・エンバーミング>平和という名のプレゼント完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年12月05日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

梨尾(p3x000561)
夜船
エクシル(p3x000649)
ツナ缶海賊団見習い
樹里(p3x000692)
シュレティンガーの受理
アンジェラ・クレオマトラ(p3x007241)
女王候補
カノン(p3x008357)
仮想世界の冒険者
エーミール(p3x009344)
夕焼けを穿つヒト
いりす(p3x009869)
優帝
フィオーレ(p3x010147)
青い瞳の少女

リプレイ

●ニンジャなんていません
「えっあのサンタ(ニンジャ)、こんなとこでまた会うの!?」
『女王候補』アンジェラ・クレオマトラ(p3x007241)の視線の先、ニンジャの群れが手裏剣を投げている。
「ニンポー・カトン!」
「ニンッ!」
「ピンチな時に一緒に戦ってくれるのはうれしいけど……ニンジャが増えた……」
『ツナ缶海賊団見習い』エクシル(p3x000649)が遠い目で呟くが、本人たち曰くニンジャではないらしい。
「で、でもこの人数(クマ数?)で街を守ってくれるのはすごくありがたいよ! 一緒に頑張ろうね!」
 この場にブリキングエックスが来ていないことを確認しながらエクシルはそう言うが、ニンジャたちからは「頑張るでござる!」と返ってくる。まだ結構余裕がありそうだ。
 ちなみにこの区域で最前線にたって戦っているのはクマやシロクマたちのようで、使徒たちと果敢に打ち合っているのが見える。
「そういえばあの熊さん達は冬眠しなくていいんでしょうか?」
『生まれたものに祝福を』梨尾(p3x000561)はそんな疑問を呟いてしまうが、見た感じ元気に戦っているのでとりあえずは問題ないのだろう。とはいえ、クマであるなら冬眠だって必要かもしれない。
「敵じゃない動物さんが酷い目に遭うのは見たくないですし早く冬眠できるよう頑張って触手退治と行きますか」
「クマー」
「シロクマー」
 何やらありがとう、とでも言いたげに増援のクマさんたちが梨尾の肩を叩いて出撃していく。
 考えてみれば、此処は「子どもたちの笑顔の為」に参戦してきた忍軍……もとい集団なのである。
 悲壮感よりも希望に満ち溢れた戦場であるのは、ある意味で当然かもしれなかった。
「子供たちの笑顔の為、実に良い報酬だと思いますっ。彼らの力に私たちの力を合わせれば、やってやれない事はないでしょう……!」
「子供たちの笑顔を守りたい、ね。確かにそれには同意します。ただ前回私だけが死んだので色々と文句言いたいところですが……まあアレは運が悪かっただけですよねぇ。私の運っていつもそんな感じですし」
『仮想世界の冒険者』カノン(p3x008357)の横で『夕焼けを穿つヒト』エーミール(p3x009344)が遠い目をしているが、あれはエックスも悪いので仕方ない。
「サンタサンのピンチ! 大変なのです! こどもたちの笑顔のため、悪い子ナイトメア・ワンはお仕置きするのです!」
「こどもたちをまもるサンタさんたち。きょうはわたしたちもそのなかま入り、ということですね」
『青い瞳の少女』フィオーレ(p3x010147)と一緒に『シュレディンガーのようじょ』樹里(p3x000692)も目をキラキラさせている。そう、今日は樹里もサンタ……樹里サンタである。
「まぁ、わたしもようじょなんですが。ようじょとこどもは別カテゴリーです。ということで。ぎによってすけだちいたします。ともにこどもたちのえがおをまもりましょう」
 うんうん、と頷きながら樹里はたまたま後ろに下がってきていたニンジャに声をかける。
「わたしもいっしょにこーどうしますので。どーぞよろしくです」
「うんうん。良い子でござるな。年末は期待するでござるよ」
 その様子を見ながら『優帝』いりす(p3x009869)も思う。
「子供たちの笑顔を大切にしている、その想いはきっと本物ですよね。じゃなきゃ自らアレに立ち向かいたいとは思わないでしょうし……」
 そこまで言いかけて、いりすはちょっとニンジャに視線を向ける。
 真っ赤なニンジャ。山蛇忍軍。サンタ。うーん。
「……正直見た目とか言動とかは怪しいけども! 変な印象しか無いのですけども! ニン……サンタさんたちと協力して倒しますよ!」
 そうしていりすたちは戦場へと駆けていく。子供たちの笑顔の為、怪しいニンジャたちと共闘するのだ。

●エックスフォーメーション
「クマさんたち、お願いします!」
「クマー!」
「シロクマ―!」
 いりすの指示でクマやシロクマたちが使徒への攻撃に回っていく。
 数がいて、さらに頑丈なのでピッタリだと思いますから……というのが理由だ。
 そしてビーコン弾をナイトメア・ワンに向けて放つが……そのナイトメア・ワンを抑える役目を買って出たのは梨尾だ。
 ナイトメア・ワンを引き付けるように戦っていた、のだが。
「こんな街中で忍者や熊さんに触手プレイを強制……しかも周りの部下に見せつけるなんて、この変態!」
 などと咆哮で大声にしながら挑発していた。
 これは言葉が通じなくてもイントネーションで馬鹿にしてる事は伝わるはず……という極めて高度な作戦だった。
「よく吼えた、犬……!」
「うわまさかのダイレクト意思疎通!?」
 心なしか攻撃の激しさが増したような気がするが……梨尾には2つの奥の手があった。
 1つ目は「ブリキングエックスを呼ぼうとしてみる」ことだ。
(そういえばブリキングってロボっぽいですし助けてブリキングエックスぅー!!って咆哮で叫んだら来てくれませんかね?)
 事前にそう考えていた梨尾は、今こそそれを試してみるべきだと考えた。
「助けてブリキングエックスぅー!!」
「何!?」
「……」
「……」
 来ない。アイツってそういうとこあるよね。
「隙あり!」
 ともかくナイトメア・ワンに出来た大きな隙を逃さずエクシルがとりっきーえっじ!を放ちナイトメア・ワンに痛烈な一撃を与える。
 ナイトメア・ワンには周囲を薙ぎ払う強大な攻撃「黒の波動」がある。
 それに巻き込まれないようにエクシルはヒットアンドアウェイを狙っていくが……丁度距離をとったその瞬間にナイトメア・ワンに複数の手裏剣が突き刺さる。
 ニンジャたちの攻撃だが……そこに樹里も追随している。まるでニンジャの一員の如くである。
「聖句・外典より一説『この声の届く限りにギフトを授けよ』」
 樹里の聖句がナイトメア・ワンに届きダメージを与える。
「どこからでもこうげきがかのうなのが、わたしのいーところです」
「ヒュー、何処もようじょつえーでござる!」
「あはは、今の絶対頭領殿に伝えるでござる!」
 何やらニンジャたちが騒いでいるが、樹里は気にしない。
 何故ならば。
(かれらのうちだれかが危なくなったらかばいます。わたしはつよいようじょですが、こどもたちにプレゼントをわたすことはできません。かれらには、しっかりといきのこってもらって、それを果たしてもらわなければ)
「ささやき……いのり……」
 振り向いた先。江野 樹里が「樹里大魔法」を放っているのが見えた。
 流石分かっている。樹里はそう思わざるを得なかった。
「ビームにはおよばないかもしれませんが……今こそが魔砲使いのしんこっちょーです」
 もう1人の樹里が何やら樹里を見つけて通じ合ったような目をしている気がしたが……それはさておき。
「あの尋常ではない黒の波動には注意を! 可能なら距離を取ってください!」
「クマー」
 カノンはクマさん君軍団に指示を出し、使徒たちと相対していた。
 とはいえ、仲間たちに任せているからナイトメア・ワンは大丈夫と高を括っているわけではない。
 黒の波動に当たらないように指示を出しているのには、そういう理由があった。
「この状況で現れる正体不明な「何か」、どれほど警戒しても足らないでしょう」
「確かにね。その懸念は正しいと思う」
 カノンは近くで共闘しているカイン・レジストに苦笑しつつも遠慮なく指示を出していく。
「折角戦力を集めた立役者なんですから、カインさんにも当然強力して貰いますよ!」
 そりゃ戦闘は得意ではないですが微力ながらBS撒きや魔砲の火力を出せる筈です……とカノンは思う。
 何より、彼もまた自分なのだから。
(この様な冒険の舞台、世界を壊されるなんて認められる訳がありません……この様な状況でなければ彼や更にもう一人の私、パラディーゾ・カノンとも共に冒険したい所なんですけども。それは決着が着いた時に、また考えないとですね)
「ナイトメア・ワン! お覚悟! 長期戦は望ましくないので出し惜しみは無しです!」
 フィオーレのアクティブスキル1が放たれ、ナイトメア・ワンにダメージを与える。
 そしてエーミールとアンジェラ・クレオマトラのコンビも実に良いコンビネーションを見せつけていた。
「シャムシールはどっかいきました。今の私は武器商人という名前の格闘家です」
 そんなことを言いながらエーミールは使徒相手にアクティブスキル2で攻撃していく。
 アンジェラ・クレオマトラとクマさんたちに守られながらではあるが、立派な働きっぷりである。
 そのアンジェラ・クレオマトラはエーミールを庇いながら、自分をサポートしているエーミール・アーベントロートとアンジェラにちらりと視線を向ける。
 アンジェラには攻撃を防ぐことの分担を指示しているが……それは当然彼女の死にも直結しかねない指示ではある。
「クマー」
「……なんで自分の顔した相手が死ぬかもって命令出すのにあっさりしてるのかって? だって私達の世界では女の子は女王陛下の単為生殖の場合も多かったから、同じ顔した働き人が過酷な労働で死ぬのなんて普通のことだったんだけどなぁ……まあ私自身がなるのは嫌だからログアウトしたくないんだけど」
 言いながらアンジェラ・クレオマトラはなんかクマと普通に意思疎通できた事実にビクリとするが……何やら轟音というか爆音みたいなものが聞こえてくることに気付き、思わず空を見上げてしまう。
「エーーーーーックス!」
 そのバリトンボイスにエーミールがビクッとするが、今回は敵ではない。敵ではないのである。
 そう、空の向こうからやってくるは僕らのブリキングエックス。
「……ふと気づきましたがあのブリキング普通に謎敵の倍くらいの大きさあるんですよね。これは間違いなく強いです」
 全長10Mの巨大ロボっぽいアイツ。カノンが気付いてしまったが、ナイトメア・ワンの二倍の大きさとかデカすぎである。
「すごいぞー、つよいぞー、かっこういいぞーっ」
 樹里がそんな応援の声をあげるが、味方にするとこんなに心強いのもそうはいない。
 ブリキングエックスの到着に気付いたいりすもビーコン弾を放っているが……そんな最中、フィオーレも叫ぶ。
「やっちゃえブリキングエックス!!」
「エーーーーーックスビーーーーーーム!」
 ズドドドドドドドドドン、と。お前ふざけんなよ、という威力のビームが周囲に乱射される。
「やれー!そこだー!」
 そしてビームで消し飛び吹っ飛んでいく使徒たちの儚さに、エーミールが思わず声援を送っていた。
「いつだって巨大ロボットは男のロマンですよ! 前回の恨みは忘れませんけど!!」
 そのとんでもない威力のビームの乱射に、ナイトメア・ワンですら直撃を受けて動きを止めている。
「前から思ってたことですけども、やっぱりあれ防犯よりも侵攻とか防衛の方が向いてるじゃないですか……」
 いりすがそう呟くが、今更である。防犯(相手は死ぬ)はニンジャの標準セキュリティなのかもしれない。
「エーーーーーックス!」
 そのまま何処かに飛び去っていくブリキングエックスを見送り、樹里はうんうんと頷く。
「こどもたちのゆめ、ロマン。ならば負けるどーりはありませんね? この隙をりよーしてたたみかけましょう」
「味方にすると心強いね……」
 エクシルも呟いているが、これが大きな隙なのは確かである。
「ならば今こそ魔砲なのでして!」
「確かに此処がチャンスだよね!」
 アクセル・ソート・エクシルに運ばれてきたルシア・アイリス・アップルトンが破式魔砲を放ち、戦況もこちらに有利に傾いていく。
「ああ、今こそ押し返す時だ!」
 そして……何やら物凄く気合の入っているウェール=ナイトボートに梨尾がちょっとぐったりした表情になっている。
(別世界とは言え自身に息子のロールプレイはつらい……)
 思いながらも、ナイトメア・ワンの外部装甲が大きくひび割れてきているのを梨尾もエクシルも勘づいていた。
「よーし! いく、ニャ!」
「ここで……決めます!」
 エクシルと梨尾の攻撃がナイトメア・ワンに叩き込まれる。
 渾身のその一撃は、ナイトメア・ワンの装甲をひび割れさせ……内部の「黒い何か」が断末魔の悲鳴をあげ蒸発していく。
「バ、馬鹿な! この我が……ぐああああああああああああ!」
 ガシャン、と中身を無くし地面に落ちるナイトメア・ワンの外部装甲を見て、使徒たちは自分たちの敗北を悟り一気に潰走していく。
「ふー、勝てましたね」
「やったニャ」
 梨尾とエクシルはハイタッチをする。あとはこっちに全速力で走ってくるウェールをどうするかだが……まあ、些細な問題だろう。
「サンタサン! サンタサンのニンポー?とても凄かったのです!!フィオにもニンポーを教えて欲しいのです!」
「いやー照れるでござるなー。あとニンポーとか何のことかサッパリわかんねーでござる」
「あっ……そういえば……他の場所でも悪い子たちが暴れているのでした! サンタサンも一緒に他の悪い子たちを成敗しにいきましよう! テンチュウデゴザル! が合言葉だと教わりました!」
「おっとそれは余所であんまり言わんほうがいいでござるなー」
 フィオーレがニンジャたちと何か遊んでいたが、それもまた勝利の証だ。
「さいごはみんなで勝利の決めポーズをしたいですね。さあさあ」
 わくわくしている樹里に、カノンが、いりすが……全員が、笑顔で同意する。
 そうしてキメるは、勝利の決めポーズ。
 ビシッとキメたその背後に飛来したブリキングエックスが着地して決めポーズをとったが……エーミールがチラチラ後ろを見てしまったのは……まあ、仕方ないことであろう。
 勝利のエックスは、こうして見事に決まったのであった。

成否

成功

MVP

カノン(p3x008357)
仮想世界の冒険者

状態異常

なし

あとがき

コングラチュレーション!
見事に敵を退けました!
エーーーーーックス!

PAGETOPPAGEBOTTOM