PandoraPartyProject

シナリオ詳細

小芝居しないと進めないダンジョン~恋愛編~

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●小芝居しないと進めないダンジョン
 そこは幻想で最近発見されたダンジョン。
 奥には素晴らしい宝があるとされながらも、誰もクリアできないでいた。
 その理由は、そのダンジョンのギミックにあった。
 そして今……ダンジョンギミックをクリアできなかった敗者たちがダンジョンの外に射出されてくる。
「ぐあー!」
「うおおおお!」
 スパーン、とダンジョン外に怪我1つなく排出された男2人だが……悔しそうに地面を叩く。
「くそっ! そんなにたくさん恋愛小芝居なんか出てくるわけねえだろ!」
「このダンジョンに女子誘うと汚物見る目で見られるしよう……!」
 中々苦労しているようだが、ダンジョンギミックはその辺りに忖度してはくれない。
 再挑戦するか、帰るか。2人に出来るのはそれだけなのだ。
「おい、ジョン。さっきのテンションでもう1回いけるか……?」
「無理っす。かなりゾーン入ってた気がしますし、さっきは」
「だよなあ……」
「次やったら白ける自信ありますぜ」
 2人の男達は顔を見合わせると、溜息をついて立ち上がる。
「……帰るか」
「ええ。もっとマトモなダンジョン探しましょう」

●小芝居しろってことだよ、恋愛系の
「というわけでダンジョン探索の依頼です」
 チーサ・ナコックはそう言うとダンジョンの資料を取り出した。
 正式名称は不明。
 愛称は「小芝居しないと進めないダンジョン~恋愛編~」だ。
 どうにも似たようなギミックのダンジョンがあるらしい。古代人怖い。
「ルールは簡単で、部屋に入った後恋愛をテーマにした小芝居をする。2人1組でも3人1組でもいいらしいです」
 必要なのは芝居にかける「熱」……つまり演技だ。
 それを部屋の古代機械が判定し、クリアすれば次に進めるという仕組みだ。
「必要な芝居数は不明ですが……恐らく8を超える事はないです」
 芝居自体も難しいものではなく、本当に小芝居で良いらしい。
 恋愛をテーマにしてさえいれば痴話げんかでも別れ話でも告白でもなんでもいい。
 ただし、奥に進めば進むほど熱量の高い演技が必要になってくるだろう。
 恥ずかしがらずにそういう事を出来る度胸が大切ということだ。
 失敗したらダンジョンの外に射出されるが、再挑戦は可能だ。
 また熱量が足り無さそうだな……と思うなら演技の追加なども可能だ。
 そう、たとえば……別れ話での本気のビンタとか、口づけとか、そういうのである。
 無論、それは最後の手段ではあるだろうが……そういう手もあるということだ。
「無事に奥にある宝を手に入れれば完遂です。ま、頑張ってくるですよ」

GMコメント

小芝居しないと進めないダンジョン~恋愛編~です。
チームを組んで恋愛系の小芝居を実施しましょう。
プレイング全部を内容と相手で埋めてOKです。
互いにNGシーンを打ち合わせてプレイングを決めると良いと思います。
なお、相手が見つからない悲しい子はチーサを拉致できます。ちゃんと適宜合わせてくれます。

ちなみにですが、無理矢理突破しようとした場合には古代ゴーレムが現れます。
無茶苦茶強いので、無理矢理突破はしない方が無難でしょう。
一応こんな感じです。

・無粋な奴をぶっ飛ばす古代ゴーレム
全長10Mの謎金属製の古代ゴーレム。
ゴーレムパンチと範囲攻撃のゴーレムビームを使います。
もうとんでもない強さです。

一番重要なのは「最後の部屋」なので、そこの担当はしっかり決めておいた方が良いでしょう。
なお、お宝は「各演技の激熱シーンを激写したクリスタル板」です。
素敵ですね(棒読み)

それでは、皆様の熱い演技をお待ちしております!

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

  • 小芝居しないと進めないダンジョン~恋愛編~完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年09月21日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

咲花・百合子(p3p001385)
白百合清楚殺戮拳
赤羽・大地(p3p004151)
遺言代行
クラウジア=ジュエリア=ペトロヴァー(p3p006508)
宝石の魔女
セレマ オード クロウリー(p3p007790)
性別:美少年
ヴィクトール=エルステッド=アラステア(p3p007791)
毀金
エルシア・クレンオータ(p3p008209)
自然を想う心
緋翠 アルク(p3p009647)
知識が使えない元錬金術師
出オチちゃん(p3p010131)
消費期限10秒系女子高生

リプレイ

●小芝居で進め、奥へ
 小さな部屋の中で、カシャッとライトが『知識が使えない元錬金術師』緋翠 アルク(p3p009647)と『未来を、この手で』赤羽・大地(p3p004151)の2人を照らす。
 そう、此処は希望ヶ浜学園のような学校(という設定)。
 低音系男子である「アルク」と、その幼馴染の「大地」は10年以上の腐れ縁で、高校でも当然クラスメイト。
 時期はちょうど、バレンタイン。町がそれ一色に染まる時期、当然のようにテレビでもバレンタイン特集をやっている。
「美味しそう……」
 アルクの家で一緒に見ていたその番組。呟かれた大地の台詞は、アルクを動かすには充分すぎた。
 湯煎して、型に入れて冷やす。やり方としてはそれだけだとしても、料理経験のないアルクには難しい。
 何度も挑戦して、やっぱりダメで。
「くそっ、やっぱり向いてねえよ……」
 言いながらも挑戦して、それでもダメで。
 結局当日、通学路を歩くアルクの手には既製品のチョコレートがあった。
「クソ……しょうがねぇか。アイツにあんなもん食わせらんねぇ……」
「何の話だ?」
 そんなことを呟きながらチョコを手の中で遊ばせているアルクの肩を、いつものようにバンと叩くのは大地だ。
 目ざとくもアルクの手のチョコを見つけると、ヒョイと掴み上げる。
「へぇーかわいいの買ってきたじゃんか。しかも季節限定商品! すました顔してミーハーなんだなお前」
「いやまぁ、本当は同じのを自分で作るつもりだったんだが、失敗して……あっ」
 いつものノリで出てしまった、その言葉。
 言うつもりの無かった、その言葉。
 けれど、もう取り消すなんて出来るはずもない。
 赤くなる顔は、隠しようもなくて。
「……お前が? 俺に?」
 呆けたようなその言葉に何処か期待を感じるのは、アルクの気のせいだろうか?
「……そうだよ。大地のために作ろうと思ったんだ」
 だから、戻ることはしない。もう進むしかないと、アルクは大地へ胸の内を語る。
「下手でも作りたくなるくらい、好きなんだよ、お前のことが」
 あまりにも真摯なその言葉は、大地の心を強く揺らしていた。
 それを考えなかったわけじゃない。しかし、進む勇気はなかった。
 けれど今、そこに辿り着く扉に手をかけている。
 だからこそ、だろうか。大地は主導権を引き戻そうとする。
「いやいやいやアルクさぁ、この流れで言う? こういうのはもっと、雰囲気ってのがあるんじゃねぇの? はいやり直しー」
「しょうがねぇだろ、実際そうなんだから。お前の方こそどうなんだよ」
 けれど、こういうのは吹っ切れたもん勝ちだ。
 だから。先に言われた時点できっと……大地の、負けだったのだ。
「今お前が言った通りだよ、ばか」
 2人の心が、繋がる。あるいは、ずっと前から繋がっていた。
 だからもう、その先の言葉は……チョコが甘いということをわざわざ指摘するくらいに、野暮な事だっただろう。
 そして、響くファンファーレ。開いていく扉。
 そう、此処は「小芝居しないと進めないダンジョン~恋愛編~」である。
 まさかの初手BL小芝居。しかし見事に大成功だ。そして2番手は……『宝石の魔女』クラウジア=ジュエリア=ペトロヴァー(p3p006508)、『性別:美少年』セレマ オード クロウリー(p3p007790)、『自然を想う心』エルシア・クレンオータ(p3p008209)の3人にスポットライトが当たる。
 美少年セレマ。魔性の如き美しさを持つ少年は、常に女性を惹きつける魅力をもっていた。
 それはさながら夜闇の光に人が惹かれるかのように。
 眩いその輝きに恋するのは仕方がないことなのかもしれない。
 たとえセレマ本人が、誘蛾灯の如き役割をもってして相手を狂わそうとする者であろうと、だ。
 そして今日も……クラウジアは通学路でクラウの腕に絡みついていた。
「あのね、クラウジアね、お兄ちゃんのこと大好きなの。同じ学校に行ったら、付き合ってくれる?」
 それは舌っ足らずの子供の言う微笑ましい告白にも聞こえただろう。
 道行く人たちはそれを連想し、あるいはセレマに惹かれただろう。
 しかし誰も気づいていないのだ。セレマは誘蛾灯。
 その光の美しさに惹かれた者は、人生を狂わされるのだと。
 しかし、それでもセレマは美しい。
 だからこそ、その女……エルシアは、惹かれてしまったのだ。
「ああ、あの方を一目見てから、私の心は穏やかではありません」
 天に手を伸ばしたエルシアは、その心を想いのままに歌い上げる。
「冷たく射抜く眼差し、天使のような甘い声……そして、顔がいい」
 そう、エルシアはセレマの危うさをも見抜いていた。
 しかし、それでもと思い胸に手をあてよろめく。
「ああ、私にあの方にこの気持ちをお伝えする勇気があれば……禁呪さえ紡ぎ出す知性、悪魔さえ契約で従える狡猾さ……そして何より、顔がいい」
 顔がいい。
 エルシアはそう言った。
 しかしその価値観はある意味で間違ってはいない。人に常に根付く価値観ではあるのだから。
「一途な想いを伝えれば心を開いてくれるでしょう……さあ行きましょう!」
 ああ、なんたる愚かさと盲目さ。
 しかし、セレマはその価値観を否定はしない。
 スポットライトの下、セレマは歌い上げる。
「愛(欲望)の証明は、そのためにどれほどの証明(代償)をできるかで決まる」
 そう、そうなのだ。故に、エルシアはクラウジアに競り勝ってしまった。
「どうして、なんであの女なの!? 今までいっぱい尽くしてきた、言われたことなら何でもやった! あんなことだってしたじゃない! お願い、捨てないで……捨てないでよぉ!!」
「足りなかった。ただそれだけだ」
「私が、私が一番愛してるのに!」
 そうしてエルシアはクラウジアに勝利した。
 しかし、しかしだ。そうなるということは……エルシアもそうなるということでもある。
「ああ、どうして……どうしてですか! 私は貴方にあんなに尽くしたのに!」
 かつてクラウジアがやったように縋りつくエルシアを、やはりセレマは冷たく突き放す。
 そうして、こう言うのだ。
「足りなかった」……と。
 そして響くファンファーレ。2つ目の扉も、これでクリアである。
 ……と、ここでエルシアが微妙に黄昏ていることにクラウジアが気付く。
「む、どうしたんじゃ?」
「つい先日お嫁に行けない目に遭ってしまった私だって、恋くらいはしたいんです。もう、恋しても叶わない身になってしまったかもしれませんけれど……お芝居くらいではしても構いませんよね、とそう思ってたんですが……」
「うむ」
「お芝居でも結構辛いですねコレ。1本目との落差が……」
「1本目は純愛(BL)じゃったからのう。しかし面白いロケーションじゃよなー。そして色々と興味を唆られる。ま、歌の材料になりそうじゃから、と演技を練習しに来たんじゃが、うむ」
「まあ、俺達の演目は……何なら現実より平和だし、別にいいやって感じだけどさ。それよりも今の劇、修羅場すぎない? ドロドロが過ぎるんだけど」
「まあ、もし熱量が足りなかったら壁ドン→顎クイ→キス寸前までやる覚悟はあったが」
「なんて?」
 大地がアルクの台詞を聞き流せないでいる間にも、セレマは愚痴が出てしまっていた。
「やるからには完璧な仕事やるけど。冒険者じゃなくて役者呼べよ。ボクならそういうの得意な役者いくらでも知ってるぞ」
「まあまあ。見よ、3つ目の扉に何か書いてあるぞ?」
 クラウジアに言われ、セレマはそれを読もうとして。
 しかし、『白百合清楚殺戮拳』咲花・百合子(p3p001385)が前に出る。
「ほうほう。評価点100。条件達成。これが最後の試練です……ときたか」
「なーるほど。前2つのお芝居が素敵だったからってことですね?」
『賞味期限10秒系女子高生』出オチちゃん(p3p010131)の言葉に『決死防盾』ヴィクトール=エルステッド=アラステア(p3p007791)も頷く。
「ええ。あとは私達3人がきめればクリア、ということですね」
 それを聞いて出オチちゃんは、実に嬉しそうに笑う。
「それにしても熱のある恋愛を好むダンジョン! とっても素敵ですね! 本当は眺める派なのですが、求められるなら仕方なし! ……ところで、周りの方がみんな美男美女なのですけど。ラストで私のようなごく一般的なJK、場違いじゃありませんか? 私的にはすごく役得ではあるんですけど」
 そんな出オチちゃんの言葉に誰かが何かを言う前に、出オチちゃんは自己解決してしまう。
「……あ! でもそういう属性の立ち位置って創作物でも定番でしたね! では、僭越ながら一般女子高生あいなちゃん、お供させて頂きます!」
「うむ。愛は定め、定めは死。つまり恋愛とは死であり、このダンジョンは間接的な死を求めていると言えよう……架空の死で先に進めるとはずいぶんと品のいい所であるな!」
「今架空の死って言ったかの?」
 何をやる気なんだ、と見てくるクラウジアに百合子は「吾は告白したことが無い故告白したい!」と叫ぶ。
「えっと、とりあえず相手を壁に叩きつけて「土地、金、名誉、何が欲しい?」って聞けばよいのよな! 迷ってる素振りだったら「すべてを手に入れるための暴力は吾が持っておる。吾の手を取るがいい」ってやる! 多分こういうのでいいはず!」
「魔王か?」
「魔王ですね……」
 セレマとエルシアが頷きあうが、ちょっと面白そうなのは否定できない。
 そして、聞いていたヴィクトールは考えを纏めていた。
 この先が最後の扉。なら、用意していた中でも特に熱量の高いものをやらなければなるまい。
 一歩踏み出せば、そこから先は演技の場所。
(正直、愛とか恋とか理解できないのですよね。でも芝居への“熱量”は必要――ならば)
「お話を聞いていて思いついたことがあるのです」
 ヴィクトールの言葉に、百合子も出オチちゃんも頷く。
 そう、最後の演技……開始である。

●最終劇
 演者はヴィクトール、百合子……出オチちゃん改め、佐々木あいな。
 最初にスポットライトが当たったのは、ヴィクトールと百合子だ。
「貴方が私のものになるのなら天の国の神様よりも幸せにしてあげましょう」
 百合子はそうヴィクトールへ告げる。
 その光景を、あいなは遠くから見つめている。
 問題はない、何も問題はない。問題はなかった、はずなのに。
 ヴィクトールは、拒まない。
 まるで此処には居ない「舞台上の男」であるかのように、曖昧に笑うだけ。
「脚があると別の人の所に行くかもしれないから、脚がある状態では私のものにはなれませんね」
 でも、脚があったらいっぱい一緒に楽しい所にいける。
 なので、惜しむために脚があったら出来た楽しい事を囁きながら百合子はヴィクトールの足を破壊する。
「腕があると知らない人を呼ぶかもしれないから、腕があるままでは私のものになれませんね」
 でも、腕があったらいっぱいなでなでしてもらったりできる。
 なので、百合子もヴィクトールの腕が無くなってとっても悲しいとわかってもらうために、腕があったらして欲しかった事を一杯囁きながら腕を取ってしまう。
 こうして、ヴィクトールは手と足を失って。
 そんなヴィクトールを見て、あいなは思うのだ。
 私は、なんの取り柄もないただの女でした。
 美人でもなく特技もない、何の取り柄もないただの女。
 そしてそんな私なのに……嫌な顔一つせず、拾って受け入れたのが、ヴィクトールさん。
 彼は他の人とは違う。彼だけは私を受け入れてくれる……私を特別に扱ってくれる! ……そう、思っていたのに。
 そう、思っていたからこそ。
「だれ、ですか。その女……」
 知らない女が、ヴィクトールに擦り寄っている。仲親しげに、笑いあっている。
 ──私の、たった一つの『特別』だったのに!
 そこまで考えて、あいなは気付いてしまう。気付かなければよかった真実に。
 ああ、そうか。 誰でも良かったのか。
 最初がたまたま私だっただけか。
 貴方のその笑顔は、私だけのものでも、特別なものでもなかったのか。
 やっと、私にも特別ができたと思ったのに。
 ヴィクトールのスタンスに、あいなは気付いてしまった。
「許さない……」
 許したくない。そう思うのに、まだ好きだとも思う。
 だからこれは、仕方ないですよね?
 だって貴方が原因なのだ。だから、貴方の所為だ。
 私は、わるくない。
「アナタ、彼の体が欲しいのですね?ええ、くれてやりますよ。その体を裂く『アイデア』を私に見せてくれたお礼です。でも……」
 そう、手も足も百合子にあげよう。
 それは、きっとなくても大丈夫。
「『首』は、私が貰います。彼の笑顔は私のものです」
 そう言って、あいなは百合子へと……恋敵へと、最大の殺意を向ける。
「邪魔をするなら……殺しますよ、女」
「ヴィクトール殿は私のものになったのです。あげるものなど、何一つとしてありません」
 交差する2人。あいなは、血を吐いて。
「ああ、残念ですね」
 未だ「舞台の外」には出ないままに、ヴィクトールはあいなへ「あいなが求めた微笑み」を向ける。
 腕があれば、貴方を守れた。
 脚があれば、貴方の横に立てましたが。
「実に、残念なことです」
「……私は、特別でしたよね?」
 問うあいなに、ヴィクトールは微笑む。
「それは、特別であってほしいと願われたので“特別”な対応をしただけですよ?」
 ああ、舞台上の男は最後まで舞台から降りなかった。
 望めば、ヴィクトールはあいなを攫って逃げただろう。
 キスだってしただろう。
 あいなが望むままに。幕が閉じれば終わる、そんな寸劇と知りながら。
 そして響くファンファーレ。3つ目の扉が開いていく。
 宝の部屋に安置された「お宝」に、盛大なスポットライトが当たる。
 それは、3つの美しい水晶板。
 1つは、至近距離で見つめあう大地とアルクの姿が高画質で描かれて。
 1つは、捨てられたクラウジアとエルマに縋りつくエルシアが描かれて。
 1つは、ヴィクトールを挟んで睨みあう百合子とあいなが描かれている。
「まあこれで真に迫る舞台もめでたし、です!」
「うむ、素晴らしかったな!」
 ヴィクトールと百合子が笑うが、他の面々は顔を見合わせてしまう。
 どう考えてもこの水晶板は破壊不能系の代物だが、まさかこれを持って帰るのだろうか?
「なんだろうな。どの水晶板もあらぬ誤解を招きそうな気がする……」
―下手でも作りたくなるくらい、好きなんだよ、お前のことが―
 とってもクリアな「名場面」音声が流れてくる水晶板を前に、大地は……とても、とても遠い目をしていた。

成否

大成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

コングラチュレーション!
段々地獄になっていく……おかしい、もっとラブでコメってるリプレイになると思ったら「本当は怖いイレギュラーズ的恋愛」になっていた……!
皆様の熱意を形にさせていただきましてありがとうございます!

PAGETOPPAGEBOTTOM