PandoraPartyProject

シナリオ詳細

鉄帝マグロ漁船。島を獲る

完了

参加者 : 20 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

 月も星も雲で隠された。
 海面で反射する光はなく、空も海も闇に包まれている。
 そんな状況で、ハサミの形をした光が現れた。
 罠だ。
 そんなことは分かっている。
 分かっていても、暗黒の中での光は魅力的過ぎる。
 硬い鱗を持つ特大マグロが誘き寄せられ、鋭いハサミにより切り刻まれた。

●鉄帝最北
「艦長、灯台です!」
 副長が報告すると歓声が沸き起こった。
 艦隊からはぐれてしまって既に24時間が経過している。
 母港に帰還するには技術が足りず、荒れ狂う海で僚艦を探すのはもっと困難だ。
 危険を承知で目的地を目指し、そして賭に勝った。
「よくやった。接近して錨を降ろせ」
 艦長が命令を下す。
 鋼鉄艦が90度以上向きを変えて加速する。
 乗組員は疲れているはずなのに、先程までとは別人のように活き活き動いている。
 灯台は、物理的にも精神的にも命綱だった。
(この海でマグロ漁か。ネオ・フロンティアの船と戦うよりはマシだが……)
 艦長は、第三次グレイス・ヌレ海戦に参加して乗艦を中破させられたことを思い出す。
 あれから筋肉を増やし技も磨いたが、この海で同じ相手と戦って勝てるとは思えない。
 航海技術で劣る彼とその部下は、戦いが始まる前に海に負けてしまうだろう。
(食料が貴重であるのは分かる。だがこの海に精鋭を貼り付ける訳にはいかんぞ)
 鉄帝の自業自得ではあるが国境紛争は多いしそれ以外の脅威もある。
 マグロ肉を冷やすためには魔法の使い手か特殊な機器が必要。
 遠距離の偵察には飛行能力が、遠距離での通信にはテレパス等の特殊技術が必要だ。
 どれも稀少な技術や力であり、無理に1箇所に集めたならそれ以外が酷いことになる。
「艦長、錨を下ろします」
 副長の報告に頷きながら思考を切り替える。
 近くで見る灯台は、潮気の強い強風に晒され建設後2ヶ月も経過していないのに古びて見える。
 しかし波を浴びても揺れない灯台の光は頼もしく、艦長も顔には出さず安堵していた。
「副長、あれはなんだか分かるか」
 灯台の近く、装甲じみたマグロ鱗で補強されている箇所を指差す。
「凹んで……いえ、重量物で一部破壊されていますね」
 前回の遠征で確認出来たのは、最小でボート、最大で小型船サイズの装甲マグロ。そして人間サイズの蟹に巨大海鳥だ。
 熟練重戦士が巨大武器で斬りつけたような凹みは、そのいずれにも不可能なはずだった。
「上陸は取りやめる。いつでも錨を上げられるようにしておけ」
 夜間、海中にいるモンスター相手に戦うのは非常に危険だ。
 急斜面で足を滑らせ海底まで転がり落ちたなら、どれほど戦闘力があっても死んでしまうだろう。
「灯台に助けられましたね。もしなかったら……」
 何の情報もない海域に単独で突入し、痕跡も残せず全滅していたかもしれない。
 囁く副長に頷いて同意して、艦長は頑丈な腕時計を覗き込む。
「予定通りなら本隊が到着するのは翌朝か。イレギュラーズに負担をかけることになるな」
 前回の航海で灯台を頑丈に仕上げたのも、マグロを逃さず釣り上げたのも、様々なノウハウをもたらしたのもイレギュラーズだ。
 今回もまた、大きな期待を寄せられていた。

●不穏な朝
 朝日が、マグロ肉を艶めかしく照らす。
 前回の遠征で多くの装甲マグロを仕留めたにもかかわらず、今回も大漁だ。
 漁が得意なイレギュラーズには劣るが、鉄帝軍人達も技術不足を体力で補い銛で突き刺し甲板へ引き上げる。
「三枚下ろしも出来ない奴が包丁握るな!!」
 前回の航海で料理に目覚めた軍人達が巨大な包丁を振り回している。
 通常のマグロより大きな体から装甲と肉が切り分けられ船倉へ運ばれていく。
「この冷凍庫どうなってんだ。魔女っこ連中はいないのかよ」
「司令部がとりあいに負けたんだろ。おいもっと温度を下げろ、港に戻るまでに腐っちまうぞ!!」
 真冬の鉄帝本土より寒い船倉で、体力自慢の鉄騎種が魚肉をパズルのように積み上げている。
 今回も大漁になりそうだと、普段は戦いのことばかり考えている鉄帝軍人も戦い以外のことで笑顔になっていた。
 警報が響く。
 マグロの解体中だった軍人が本来の得物を手に取る。
「上空に敵影! 前回襲撃してきた巨大海鳥と同種と思われるっ」
「砲を上に向けろっ。対空弾準備!!」
 輸送艦以外の艦が戦闘準備を開始する。
 海中から近づいて来る装甲マグロは銛持ちに任せ、猛烈な弾幕を張って高空からの急降下を妨害する。
 鳥の形をした脅威は、砲弾の直撃を避けるために進路を曲げて速度が落ちる。
 そこへ大口径砲を装備した軍人達が砲撃を集中させる。
「なんだこいつ。報告書より弱いぞ」
「ええい逃げるなっ」
 何度か当てて、羽毛と血を飛び散らせたが撃墜には至らない。
 艦という国家資産の防衛を最優先にしたからでもあるが、揺れる甲板での戦いに慣れていないからでもある。
「射撃中止。無駄弾を撃つな」
「マグロを引き揚げるのを手伝え。このままだと沈むぞっ」
 軍人達が兵器や武器を網や包丁に持ち替える。
 敵を殺しても腹は膨れないが、マグロ肉1尾分あれば何人もの子供が冬に飢え死にしなくて済むのだ。
 程度の差はあるが皆真剣になる。
「奴等、どこから飛んで来ているんだ?」
「24時間飛んでいる訳ではないと思うが……」
 既に点にしか見えない海鳥を、マグロに血に塗れた男達が見上げていた。

●南西の島
 強い風が海水を巻き上げる。
 口を閉じていても、細かな飛沫が鼻孔から入り込んで塩辛くなる。
「見つけた。陸だ!」
 危険を冒した甲斐はあった。
 昼でも視界がきかない場所に、灯台がある岩礁とは違って歴とした島があったのだ。
「待て、上空!」
「なんだ聞こえないっ」
 甲板上の至近距離にいても声がかき消されている。
 目で意図が通じるほど親しくはなく、ハンドサインをしようしたら吹き飛ばされそうになるので意思疎通出来ない。
「海鳥だ!!」
 ドーナツ側の島の内側から、幅5メートルはある海鳥が飛び立つ。
 異常な強さの風を巧みに捉え、羽ばたく回数は少ないのに高速で宙を飛んで甲板に迫る。
「危なっ」
 五感が使えなくても野生の勘がある。
 甲板に這いつくばって突き飛ばされることを避ける。
「嘘だろ、この風で飛べるのかよ」
「おい背中から血がっ」
 言葉が通じないまま応急処置が行われている。
 その背後で砲塔が旋回し、風に負けない音を立てて宙へ弾幕を張った。
 鉄帝らしい大火力が空を覆う。
 猛烈に吐き出される砲弾は風にも負けない。
 が、操船に失敗して狙いがズレて海鳥の羽を数枚吹き飛ばすだけで終わってしまう。
「撤退だ撤退! イレギュラーズを連れてこないとどうにもならんっ」
 艦長以下全員が、歯ぎしりしながら灯台の島へ撤退していった。

●灯台島の夜
 甲板を照らす光は灯台のそれより強く、装甲マグロを誘蛾灯の如く引きつける。
 マグロの高速体当たりは鋼鉄艦にとっても脅威ではあるが、鍛え抜いた鉄騎種の体は突撃を真正面から受け止めても壊れはしない。
「たまらんなぁ!」
 両腕で組み付いて拘束する。
 腰に巻き付けられているロープが引かれ、合計すると小舟に匹敵する重さが甲板まで引っ張り上げられた。
「包丁を貸せ。俺も捌き方を身につけないとなっ」
 ガハハと笑う様は豪快だが顔色が悪い。
 航海中は激しい揺れでよく眠れず、この海域に到着してからは冷たい海水と強烈な風に晒されながらの漁と戦闘だ。
 いくら頑丈でも限界が来る。
「ドクターストップだ馬鹿野郎!!」
 医師でもある同僚がマグロを奪ってタオルを押しつける。
「休憩室に行って寝ろ。聞こえなかったか? 今すぐにだ!!」
 体格は一回り小さくても迫力は一回り以上大きい。
 彼は同僚の背中を見送り、マグロに止めの一撃を入れつつため息をついた。
「いかんな、全然終わらんぞ」
 漁は順調だ。
 順調すぎて、出航前から予定されていた工事があまり進んでいない。
 灯台がある島を見る。
 縦横それぞれ10数メートルしかない人工島だ。
 広大な海と比較すると非常にちっぽけで、しかし灯台という命綱が建っている。
 しかも島周辺の海は他と比べると穏やかだ。
 波で流されもしないし風で吹き飛ばされもしない。
 両方同時に来ると危険だが、他よりはマシだ。
「港は無理でも休憩出来る建物が欲しいが……」
 医師としては揺れないベッドが欲しい。
 軍人としては小さくても頑丈な基地にしたい。
 艦隊乗組員としてはとにかく灯台を頑丈に、そして出来るだけ高くしたい。
「ぬ」
 波と風が来た。
 島より高い甲板にいるのに、海水に濡れて体から風で体温が奪われる。
 くしゃみをしてしまう。元気に作業中のイレギュラーがこちらを見て来たので何でもないと手を振った。
「余裕があるのはイレギュラーズだけか」
 頼もしい戦友達だ。
 だからこそ、この海でいまいち活躍出来ない自分自身と同胞達がもどかしい。
「負けないぞ」
 夜間の苛酷な作業ではあるが、短時間で大量の肉を得られる幸せな作業でもある。
 彼はイレギュラーのやり方を遠慮なく真似しながら、解体と積み込みを続けていた。

 子等を殺し尽くされたカニが、足を止めて海面を見上げる。
 カニの餌である装甲マグロが狩られて引き上げられ、海に落ちるのは少量の血や細かな肉片のみ。
 落ちたものを全て食らったとしても、一度の産卵分のエネルギーにすらならない。
 殺意が腹の中で燃え上がる。
 岩を裂ける強度のハサミが力の込めすぎでみしりと鳴る。
 イレギュラーズと鉄帝人が疲れ、警戒を緩めたタイミングで仕掛けるつもりであった。

●出航の1週間前。ローレットにて
「鉄帝国軍からの依頼なのです!!」
 『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)が元気に説明を始めた。
 前回のイレギュラーズ達の活躍に、鉄帝国は非常に満足した。
 否、満足したという言葉では全く足りない。
 新たな漁場を、新たな領地を、そして新たな戦場を求める者達が前回の成果に魅せられ多くの資源をベットしたのだ。
 参加艦艇は約2倍に増えた。
 砦を1つ建てられる資材まで用意された。
 イレギュラーズにその気があるなら、遠征中の艦長職や参謀職まで任される。
「港では熱烈な歓迎があるかもですがスルー推奨なのです」
 非脳筋、しかも航海技術持ちの特異運命座標は魅力的過ぎて、ローレットと鉄帝の暗黙の了解を無視する者まで現れかねない情勢だ。
「依頼の目的は鉄帝本土の北の海の安全確保。具体的には漁業をしながら脅威の排除なのです」
 前回の遠征で確認された敵は、装甲じみた鱗を持つ巨大マグロ、海底に潜む巨大カニ、そして強風に乗る巨大海鳥だ。
 少なくともマグロとカニは美味であり、敵であると同時に獲物である。
「今回の遠征で安全が確保出来れば、鉄帝の普通の人達も漁が出来るようになるかもです」
 つまり、鉄帝北部の港周辺の食料事情が改善する。
 鉄帝という国にとってはわずかな改善かもしれないが、影響を受ける人数も餓死せず済むようになる人数もきっと大きい。
「鉄帝の期待に応えろ、とは言わないのです」
 いつも通りに、思うがままに戦い、冒険し、可能性を増やすのだ。
 きっとそれが、1番効率的に涙を減らす方法だ。

GMコメント

■成功条件:肉を輸送艦の船倉に詰め込んで、鉄帝本土まで帰還すること
 灯台の島がアップグレードされるほど、成功の度合いが上昇します。

■ロケーション1:流氷漂う北海
 強くて冷たい北風が吹いている、鉄帝本国の北にある海域です。
 海の透明度は高いですが底は見えません。ときどき流氷が浮かんでいます。
 天敵だった海底カニが激減したため装甲マグロの数が増え、比較的簡単に2~6匹からなる群が見つかります。
 単艦で、またはイレギュラーズのみで行動している場合、装甲マグロと戦闘中に上空から巨大海鳥が襲ってくることがあります。

■ロケーション2:南西の島とその周辺
 灯台の南西に存在する、穴あきドーナツの形をした島です。
 直径約50メートル。内側に巨大海鳥の巣があります。
 非常に風が強く、海上や空中での戦闘では命中と回避に大きなペナルティがあります。
 ドーナツの内側では風は弱いです。
 長年の風雨でドーナツの形をした岩は脆くなっていて、砲撃等で破壊可能です。

■ロケーション3:最北の灯台とその周辺
 縦横それぞれ十数メートルの足場の上に、小さな灯台が建っています。
 この近くではロケーション1と比べて風と波が穏やかです。
 足場の外には岩礁が広がっています。
 深さが1メートルを超えるとかなりの急斜面になります。
 海底へ降って行くと、この海域のヌシともいえる存在に遭遇するかもしれません。


■エネミー
●装甲マグロ
 鱗や頭部が装甲板風になったマグロ、っぽいモンスターです。
 おにくの味はほぼマグロ。脂多めです。倒されると沈みます。
 餌は主に海老類ですが、大型生物に体当たりして粉砕して砕けた肉片を食らうこともあります。
 夜間には、強い光に近づいて来ます。
 全長3~6メートル。機動力4。防御技術が高く命中と回避が低い。ロケーション1と3に登場。
 ・突進   【物近貫】【移】
 ・食い付く 【物至単】高威力

●海底大カニ
 小型船サイズの大型モンスター。大味。
 小ぶりな左のハサミを光らせて獲物を呼び寄せ、左の大きく鋭いハサミで切り刻んでから捕食します。
 鉄帝艦が到着するまでに大量に捕食した装甲マグロを海底で消化中です。ロケーション3に登場。
 機動力4。HPが膨大。
 ・振り回す【物至範】 右のハサミ
 ・切断する【物近単】 右のハサミ
 ・光る  【神遠域】【無】【怒り】【朦朧】 夜間限定。左のハサミ
 ・産み落とす 海底カニを2~6体出現させる

●海底カニ
 青黒い甲羅を持つカニ型モンスター。
 全高最大0.5メートル、全幅最大1メートル。マグロ肉が大好物。味噌は美味。
 水深100メートル以下では即座に死亡します。ロケーション3に登場する可能性あり。
 機動力5。HPは極小。
 ・ハサミ 【物至単】【必殺】
 ・体当たり【物至単】【飛】 飛ばされても即座に危険な深さまで転落することはありません。

●北の海鳥
 遠くから見れば薄汚れた海鳥。
 近くで見れば幅5~8メートルの、かなり大きな鳥型モンスター達です。
 大きさの割にHPは低いですが、回避と命中が高いです。
 また、強風に慣れているため、強風から受けるペナルティを大きく減らします。
 強風が吹いていない地上や狭い場所では回避が半減します。
 住処が破壊されると、無傷逃亡してもいずれ海中に落ちて死亡します。
 ロケーション2に登場。ロケーション1にも登場する可能性あり。
 ・急降下 【物超遠単】高威力
 ・クチバシ【物近単】【ブレイク】


■友軍
 出航前に鉄帝へ要請すれば(プレイングで立候補があれば)寄港まで船長や各種役職を担当可能です。
 船に乗せる人員や資材を変更出来るかもしれません。
 出航前の行動によっては、本文の「●鉄帝最北」と「●南西の島」は発生しなくなることもあります。

●北方調査艦隊旗艦『マグロ漁船1型』
 つよい。がんじょう。おそい。にもつつめない。
 最近建造された鋼鉄製戦闘艦。
 射程超遠の砲が多数搭載されています。1隻のみ。

●大型輸送艦『マグロ漁船2型』
 おおきい。ぶきがない。そうこはれいとう。
 積載重量と船としての機能を重視して建造された大型艦。2隻。
 行きでは建材を運び、帰りでは肉を満載して帰還することを期待されています。

●北方調査艦『マグロ漁船3型』
 ふつうのせんかん。にもつつめます。
 前回の遠征の経験をもとに一部改造された艦。
 戦闘にも漁にも使えますが特別な能力は皆無。4隻。

●鉄帝軍人達
 イレギュラーズからの要請がない場合、自身が乗っている船の防衛を最優先に行動します。
 イレギュラーズが近くにいないか少数の艦の場合は、攻撃にも参加します。


■他
 この依頼は「鉄帝マグロ漁船。北海を征く」の後編です。
●船の配置
 イレギュラーズが船長になったり役職を担当したり船に指示を出さない場合、各艦は以下のように配置されます。
 ロケーション1 3型1隻。
 ロケーション2 1型1隻。3型2隻。
 ロケーション3 2型2隻。3型1隻。

●マグロ鱗
 厚いですが鉄ほどの強度はなく、強度の割に重いので鉄帝本土に持ち帰る予定はありません。潮に強い。

●カニの甲羅
 潮には強いですが、マグロ鱗より強度は低いです。

●艦隊司令
 古参の軍人が就任し、イレギュラーズに実務を任せる予定です。
 EX参加した関係者が就任する可能性もあります。

●行動について
 戦闘以外の行動も可能ですし、戦闘以外の行動に専念するのも可能です。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

  • 鉄帝マグロ漁船。島を獲る完了
  • GM名馬車猪
  • 種別長編EX
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年12月27日 22時01分
  • 参加人数20/20人
  • 相談7日
  • 参加費150RC

参加者 : 20 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(20人)

ベーク・シー・ドリーム(p3p000209)
泳げベーク君
セララ(p3p000273)
魔法騎士
零・K・メルヴィル(p3p000277)
恋揺れる天華
ヨハナ・ゲールマン・ハラタ(p3p000638)
自称未来人
アクセル・ソート・エクシル(p3p000649)
灰雪に舞う翼
カイト・シャルラハ(p3p000684)
太陽の翼
マルベート・トゥールーズ(p3p000736)
饗宴の悪魔
ルウ・ジャガーノート(p3p000937)
暴風
咲花・百合子(p3p001385)
白百合清楚殺戮拳
咲々宮 幻介(p3p001387)
背で語る
ウォリア(p3p001789)
戮神・第四席
ヴァレーリヤ=ダニーロヴナ=マヤコフスカヤ(p3p001837)
祈りの先
ゲオルグ=レオンハート(p3p001983)
優穏の聲
マリナ(p3p003552)
マリンエクスプローラー
エッダ・フロールリジ(p3p006270)
フロイライン・ファウスト
マリア・レイシス(p3p006685)
雷光殲姫
エル・ウッドランド(p3p006713)
見たからハムにされた
ソア(p3p007025)
猛獣
ルーチェ=B=アッロガーンス(p3p008156)
異世界転移魔王
アルヤン 不連続面(p3p009220)
逆式風水

リプレイ

●新天地
 口を開けば肺が凍り、命綱があっても転落しないだけで精一杯。
 鉄帝国にとっての新たな漁場は、そんな苛酷な場所だった。
 そこに美少女がいる。
 真新しい返り血にまみれても清楚さは陰らず、両肩にそれぞれ抱えた巨大マグロが凜々しさと気高さを象徴している。
「これ一匹で刺身何匹分であるかな? 吾のとこの領民にも食わせてやりたいものであるなぁ」
 船倉へ下りていく『白百合清楚殺戮拳』咲花・百合子(p3p001385)の背中に、無骨な軍人達から憧憬の視線が集中していた。
(お、おかしい)
 大型輸送船の艦橋で『マリンエクスプローラー』マリナ(p3p003552)が混乱している。
 普段通りの眠たげな表情も、艦橋の士官達の目には泰然自若に見えているようで期待と尊敬の雰囲気がちょっと怖い。
(鉄帝には海洋派なので……と断ったはずなのにまた呼ばれるとは……)
 一度や二度の失敗で諦めるような鉄帝人は少数派ですと、出航前に真顔で断言されたことを思い出す。
 思考が仕事に切り替わった。
「前方400に別の海流を確認。マグロが4以上」
 分厚いガラス越しの視界と計測機器が映す数値から、マリナは海の状態を把握する。
「了解。耐衝撃および白兵戦の準備をさせます」
「船倉での解体作業を中止させます」
 数日間マリナの指揮を受けてきた軍人達は、細々とした指示がなくても動けるようになっていた。
 強烈な揺れに襲われているのに『咲々宮一刀流』咲々宮 幻介(p3p001387)の上半身は安定している。
 凄まじい体幹とバランス感覚だ。
「うう、借金のカタに放り込まれてしまったで御座る……。寒いし揺れるし何か変な海産物や海鳥はいるで御座るし、散々で御座るなぁ」
 上空から隙を伺っている鳥型モンスターは全て把握し艦橋に伝えている。
「なぁ、響命もそう思うで御座ろう?」
 鞘に入ったままの刀に語りかける様は、心を病んで現実逃避しているように見えないこともない。
(どうして儂まで付き合わされねばならぬのじゃ……。そもそも自業自得ではないか。ツケを溜め込まずに支払えば良かっただけであろう)
 なお、神が宿っている本物の神刀である。
 幻介やその血縁者、そして一部の例外しか見えはしないが凄腕なら気配程度は感じられる。
 ひょっとして痴話喧嘩? という生暖かい視線も一部からは向けられている。
「そうは言っても、拙者は宵越しの銭を持たぬ主義で御座るし……こうなったら、お前も一蓮托生で御座るぞ?」
(待て幻介、貴様なにを、ちょ、やめっ)
 鞘から神刀が抜かれる。
 刃は鋭利であると同時に艶めかしく、抜刀に気付いた軍人達が輝きに魅せられる。
 持ち主である幻介は、冷えた海に飛び込むのは嫌で御座るなぁとのんびりつぶやきながら大きく振りかぶる。
「という訳で……いってこーーーい!!」
 敵に当てるためではなく、遠くに飛ばすための投擲だ。
 罰当たりにもほどがある軌道で、神刀が甲板を飛び越え潮風を切り裂き遠い海面に向かう。
(覚えてろ、幻介ェェェ―――!!)
 かなり本気で怒り、刀神『響命』の化身が混沌世界に顕現した。
(この海産物めっ)
 幼女な体で本体である刀を振るう。
 使い手である幻介ほどの技術はないが、神殺しの力を使わなくても分厚いウロコを熱したバターの如く切り裂く。
 軍人達の目には、海に落ちた刀の周囲で装甲マグロが次々切断されているようにしか見えない。
「さすがでござるな。では拙者も」
 幻介は鞘を刀として構える。
 ギフトの効果もあるがそれ以上に幻介の剣技が鞘に真剣以上の機能を与える。
「派手にいくで御座る」
 斬撃を飛ばす。
 マグロの血に誘われ急降下して来た巨大鳥に直撃。
 進路がずれて艦の横への墜落コースに変わる。
「意外と遅いで御座るな」
 広大な甲板を猛烈な速さで駆け抜け、その上で先手をとって跳躍する。
 幻介には翼などないのに、虚空を蹴って頭上から強襲する彼は華麗な燕にも見えた。
 海面に赤い血の花が咲き空から魔物を呼び寄せる。
「クソ、当たらんっ」
 大型輸送艦で対空戦を担う軍人は苦戦中だ。
 白い海鳥型モンスター達は回避に優れるだけでなく、全幅5メートルの巨体にふさわしい耐久力まで持っている。
「やれやれ、こんなところで漁をする……というよりもはや戦闘と変わらんが」
 『異世界転移魔王』ルーチェ=B=アッロガーンス(p3p008156)は狙いを海のマグロから空の鳥へ変える。。
「まずはあいつを打ち落としてやろう」
 可愛らしく小さな口を開くと、微かな光が口から細く伸びる。
 一度『LV1』の洗礼を受けた上『不在証明』の影響も強烈に受けているのに、捻じれた二つの角が発光しながら猛烈な勢いで魔力を吸収する。
 口内の光は実に凶悪であり、海と空のモンスターに強い危機感を抱かせる。
 気配に気付いた軍人達が、慌てて鳥型モンスターから飛び退く。
 その直後、禍々しくも美しい光が甲板と水平に飛んで鳥型の巨体を貫いた。
「確保しろぉっ」
 速度を失い甲板に激突する前に軍人達が組み付く。
「鳥肉ぅ!」
 航海中ずっと謹厳実直だった古参軍人が食欲にとりつかれている。
(鉄帝国は昔から食糧難だからね……うん)
 『見たからハムにされた』エル・ウッドランド(p3p006713)は驚かない。気持ちがすごくよく分かるからだ。
(私も小さい頃にも故郷の村で餓死した同世代の子達が居たからね……分かるよ)
 拳銃としてはかなり大きな火器にマグナム弾を装填する。
 相変わらず取り回しは良くないが、下半身を押さえ込まれた鳥に向けられた銃口は微動だにしない。本人の技量のお陰だ。
「3秒後! 1、0」
 抵抗中の大型モンスターへ銃弾が突き刺さる。
 骨がひび割れ痛烈な衝撃が広がり、それまで鉄帝軍人に対抗していた筋肉から力が抜ける。
 巨漢達が力を振り絞る。
 肺が潰されて息が出来なくなった海鳥型巨大モンスターが、最期に一度痙攣して動きを止めた。

●夜のマグロ丼
「はいっ! ヨハナは炙りトロサーモンが食べたいんですけどもっ! お寿司がいいんですけどもっ! 板前さんはいらっしゃいませんかっ!」
 『自称未来人』ヨハナ・ゲールマン・ハラタ(p3p000638)がテンション高く呼びかけると、ここにいるぞと野太い声が複数応えた。
「いらっしゃらないっ!?」
 どれもまともに魚をさばけない下手の横好きなので、ヨハナは聞こえなかったことにする。
「しょおがないですねえっ! それじゃあこれが終わったら船員の皆さんも交えてお寿司食べに行きましょうっ! ヨハナの報酬でっ!」
 先程の返事の数倍の歓声が響く。
 スルーされた解体担当の3人は、ヨハナに背中をぽんぽんされて慰められている。
「固定完了」
 艦橋のマリナから連絡が届く。
 ようやく午後の分の解体と積み込みが完了したようだ。
「それじゃいきますよー。スイッチオン!!」
 きらりん、と平和な感じにヨハナが発光する。
 投光器のような攻撃にも使えそうな強さはないが、ほとんど星も見えない夜には酷く目立つ。
「しばらく待ちましょう。灯りが無い場所ではすごく目立って……もう来た!?」
 艦に波が打ち寄せる音の中に別の音が混じる。
 昼に比べると偵察の難易度が数段上がってしまっているので、装甲マグロが発見できたのは艦から数十メートルほどの距離だった。
「ふむ、群れをなして向かっているようであるな」
 いきなりの戦闘再開ではあるが魔王ルーチェは慌てない。
 舷側沿いに黒い球に見える何かをずらりと展開し、それぞれから複数の魔弾を発射させて弾幕を形成する。
 装甲にしか見えないウロコにいくつも穴が開く。しかし仕留めきるには時間がかかりそうだ。
「ヨハナ、行きます!」
 ぽーん、と飛び込むヨハナ。
 真冬の夜の海という危険な場所であるのに着水にも泳ぎにも危なげがない。
 発光するヨハナ自身を囮にして、マグロの群れ……おそらく複数の群れからなる大群の注意を大型輸送艦から引き離す。
「そこの男共、倒したマグロの回収は任せるぞ」
 ルーチェは弾幕を維持している。
 昼間に限界まで術を使ったのに疲れた様子は皆無だ。
 魔力が大きいだけで無く、魔力の回復速度も素晴らしい。
 群れからはぐれたマグロにルーチェが魔力撃を浴びせて殺害。
 そのまま沈もうとした巨体を軍人が2人がかりで甲板へ引き上げる。
「少し、育つべきかもしれぬ」
 群れを仕留め終えたルーチェはマグロの回収をしようといて、力はともかく体の大きさが全くないという現実を改めて突きつけられる。
 マグロを一生懸命引っ張る様は非常に愛らしかった。
「まさか今も飛んでいる?」
 エルは空を見上げながら目を細めた。
 酷く視界が悪いが、星の淡い光を遮る鳥が見えた気がしたのだ。
 片手で帽子を押さえる。
 風が強まり船の揺れが悪化。
 光を頼りに接近中だった鳥型モンスターが巣が、ある方向へ帰還を開始した。
「よいぞぉ! ノってきた!」
 戦いの気配を感じた百合子が仮眠室から階段を駆け上がって甲板に出る。
「吾の世界のマグロも装甲を持ち、餌を求めて地上を爆撃などしていたものよ! こちらの世界では飛ばぬようだがまー似たようなものであろ!」
 この美少女の出身世界は地獄か魔界か、などという感想を抱いた軍人達の前で百合子が振りかぶる。
 漁具としては平均的な、しかし1人で扱うには大きすぎる網を単身で投げたのだ。
 水中へ落ちる途中のマグロ肉も、一旦後退しようとしていたマグロも、あわせて10近い巨体と大重量が1つの網にかかった。
「牽けいっ!!」
 理屈ではなく本能で圧倒されて軍人達が従う。
 10人以上で息をあわせて牽くと、小型船級の超大重量がじりじり海面から離れていく。
「逃げたところで弱った体では他の生き物の餌になろう……ならば吾たちの糧となるのである!」
 網を巻きこむようにして元気なマグロが突進してくる。
 迎撃する百合子の拳は2つだが速度と手数が桁違いで、しかも途切れない。
 マグロの頭の装甲に大量の凹みが刻まれ即死させた。
「鉄火丼……握り……マグロステーキ……角煮……ねぎま鍋……唐揚げ……カツ……炙り鮪……」
 魔力コンロを抱えて凄い目をしているエルに、海水まみれの軍人が声をかける。
「嬢ちゃんしっかりしろ、後少しだっ」
「っ、はいっ」
 無意識に撃ち尽くした大型銃にマグナム弾をリロード。
 これまで通りにタイミングをわせて次の装甲マグロに直撃させ守りを砕く。
「醤油……」
「料理は頼むぞ嬢ちゃん!!」
 疲れ果てた軍人の体を食欲が突き動かし、数人がかりではあるが百合子と同程度の速度でマグロを仕留めていく。
「艦長、6時方向にマグロの反応がっ」
 巨大海鳥の脅威が一時的になくなったことに気付いた装甲マグロが、人間という脅威が乗った船を沈めようと集まって来た。
「ここは任せます。出来れば速度を維持して下さい」
 マリナは敬礼で見送られて環境から出る。
 船尾へ走ると、不気味なほどの数のマグロが輸送艦の間近にまで迫っていた。
 必死に防戦中の鉄帝軍人とは正反対に、マリナはあまりにうまく行き過ぎて困惑する。
「まぁ……いいですけど」
 真っ直ぐに手を上げ、手袋で包まれた指で印を結ぶ。
 船尾ぎりぎりに大量の水が出現する。
 鉄砲水じみた流れが、迂闊にも密集していたマグロの群れに直撃した。
「海、得意なんです。海洋人ですし」
 ぶつかり合った装甲が砕けてマグロを傷つけ合う。
 暗くても色の変化が分かるほど海が血で染まり、強い血の臭いが船尾へ押し寄せる。
「網、用意して下さい。マグロ肉を回収します。……お隣の鉄帝に恩を売っておくのも悪くねーです」
 夜の北海という過酷な戦場で、マリナの艦は強い存在感を放っていた。

●灯台島への帰路
 素人目でも吃水が下がっているのが分かり、動力を全開にしても行きの半分も速度が出ない。
 大漁は、さらなる困難を呼び込んでいる。
「リヴァイアサンを打ち倒した栄えある鉄帝が、マグロだ嵐だそんなものでへばってどうしますかっ! 故郷の明日の食事情は皆さんが握っているんですよっ! 皆さんこそが鉄帝に食という血液を運ぶことを任された血管そのものなのですからっ!」
 普段は真面目か不真面目かよく分からないヨハナが演説している。
 今気を抜くと帰還失敗すらあり得るので本当に真剣中の真剣だ。
「働きました……働いたのだから……マグロ食べても良いよね?」
 エルは体力は残っているが精神的には限界だった。
 ずっと近くにマグロ肉があったのに、全然口に入ってこないのだ!
 使い捨てコンロがうなりをあげる。
 脂の弾ける音と香りに醤油が加わりもう最高だ。
「廃棄予定の肉全部持って来い!」
「厨房に詰め込んでいる肉を退かせ! 料理を、料理をっ!!」
「馬鹿者! イレギュラーズに無茶な要求をするな」
 激しく騒ぐ鉄帝人の群れに対し、分厚いステーキを1つぺろりと食べたエルが普通にコメントする。
「みなさんの分も作りますよ?」
 歓声が爆発し、一時的に全員の聴覚が麻痺していた。
「見事なものよ」
 百合子は船の一番高い場所から見下ろしてる。
 海洋の船と比べれば児戯に等しいかもしれないが、出港時と比べると動きが別物だ。
「鉄帝に領を頂いておる故、食糧問題は至上命題である。吾の所も頑張っておるが鉄帝全土で抱える問題を一領でどうにかできるわけでもなし」
 大型輸送船複数の船倉を満たす肉があっても、鉄帝国の胃袋を満足されるには全く足りない。
「多少は力になれればよいが……」
 厨房から漂ってきたご飯の香りに気付き、頬を緩めた。
「マグロ……醤油……ごはん!!」
 エルが料理を完成させる。
 艶々の米と肉に醤油ベースのタレが加わればもう完璧だ。
 箸で口の中にかき込めば、融けた脂が甘い米と絡んで醤油が香りと味を引き立てる。
 マグロ丼を食した鉄帝人の多くが、涙を浮かべていた。
「うっうっ、どうして……」
 刀神『響命』が泣きながら刀を抱えて泳いで戻ってくる。
 なお、艦に戻れば料理中の幻介に包丁として使われてしまうかもしれないことに、まだ気付いていない。

●嵐の海域
 波は大型艦のマストより高く、水しぶきは空の太陽を覆い隠している。
 港の南西にあるこの海域は、ネオ・フロンティアの基準でも過酷な環境であった。
「司令と艦長ごめんね、ちょっと揺れるよ」
 『空歌う翼』アクセル・ソート・エクシル(p3p000649)は舵を思い切り切って、戻す。
 波に紛れていた白い氷が、水面下に巨大な本体を隠したまま艦の横を通過する。
 流氷に押しのけられた膨大な海水が、とてつもなく頑丈な船体を大きく揺らした。
「もういっちょー!」
 反対側に舵を切る。
 小型船程度なら飛行しかねない風に乗り、上空から全幅6メートルの鳥が急降下してくる。
「機関担当はアクセルに従え。復唱の必要はない」
 『フロイライン・ファウスト』エッダ・フロールリジ(p3p006270)は必要なことだけを口にする。
 一時的とはいえ貴重な国家資産の全権を預かった以上、必要なことは全てする。
 人材に権限を与えて責任をもつのもその1つだ。
「モンスターが墜落しますっ」
 見張りからの報告。
 速度が出すぎた鳥は減速しきれず、鋼鉄の壁にぶつかったかのように海面で砕け血煙と化す。
「機関は少し下げても大丈夫。速度が落ちた分は操船で補うからね」
 細身で小柄で彼の実績を知らない者からは頼りなく見られることもあるアクセルだが、今ではこの艦の軍人にとっての精神的かつ物理的な命綱だ。
(アッシュの紹介状の分は頑張らないとね)
 信頼を勝ち取ったのはアクセル自身の能力と実績だが、艦隊旗艦の幹部の座にすんなりつけたのは貴族からの紹介状のお陰だ。
 アクセルは五感を研ぎ澄ませて艦の内外を把握。繊細かつ大胆な操船で以て艦へのダメージを最小限にする。
 彼ほどの練度と適性があっても、空からの脅威に単独で対処しきることは困難だった。
「右から落ちてきて左後ろから突っ込みそうだぞー」
 通信機越しの『風読禽』カイト・シャルラハ(p3p000684)の声は途切れ途切れだ。
 完全に聞き取れるのは、艦橋のイレギュラーズ2人とカイトとの付き合いが長いダン・ドラゴフライだけだ。
「了解だよー。一度なら加速出来るから危なそうなら言ってね」
「そりゃ助かるっ」
 カイトの声は楽しげに響く。
「……しかし、マグロ漁船1型かぁ。もっといい名前つけてあげたほうがよくね? 『メタル級サーモンキラー号』とかどうだ!」
「海洋風ネーミングで鉄帝から文句出ない? っと10時の仰角70度あたりに何か見えたよ」
「了解っ」
 マストの先端の1番上にかぎ爪をめり込ませ、カイトは一度深呼吸する。
 全身の筋が全然足りないと訴えているが今はこれが精一杯だ。
「こんな空で飛べるのは俺くらいだしなっ」
 突風を呼んで飛び立つ。
 上空には複数の鳥がいて、飛行技術はカイトに劣るが風の強さと向きの変化を非常によく把握している。
 地の利は明らかに敵側にある。
「おいおい俺から逃げるつもりからー?」
 波打つ三叉の槍を振って挑発する。
 カイトは初めての場所であるのに速度の維持に成功している。
 降下してくるモンスターにあわせて進路を小刻みに変更して、常に迎撃可能な位置を保つ。
(ここの風ヤベェな。アクセルなら俺を見て風を読んでくれるよな?)
 島での決戦のため戦力を温存する必要もあり、航海士であるカイトが迎撃に出る必要があるほど追い詰められている。
 十分な速度を得た巨大な爪を、緋色の翼が鋭角で進路変更してなんとか躱す。
 とてつもない速度と重量であり、直撃すれば艦が大破しかねない。
「やきとりにしてやるよ」
 余裕のある態度を崩さず、風に負けない火災旋風を発生させる。
 海面すれすれで進行方向を水平にした巨大海鳥を巻きこみ深い傷を刻み羽毛の一部に火をつける。
 出血と火傷が、モンスターの命と滞空可能時間をじりじり削っていった。
「艦長、旗艦を見失いました」
「対空戦に集中しろ。旗艦と灯台の位置は私が把握している」
 通常型鉄帝戦艦の艦長を務めるのは『天穹を翔ける銀狼』ゲオルグ=レオンハート(p3p001983)だ。
 前回の北方遠征での艦長としての活躍と、圧倒的な通信能力と索敵能力で大いに尊敬されている。
(旗艦とマグロ漁中の艦との通信は途絶。良くない流れだ)
 海の脅威は予想以上だ。
 イレギュラーズ全員を甲板に出せば空からの脅威は撃退出来るだろう。
 が、そんなことをすれば目的地についた頃には全員の体力が尽きているかもしれない。
「投光器を使って前方に合図を送れ。我が艦は対空戦に専念する。先に行け、だ」
「了解!」
「対空砲撃準備。カイトに当てないのを最優先だ。空のモンスターにこちらを意識させろ」
 慌ただしく砲弾が入れ替えられ、複数の砲塔が水しぶきで靄のかかった空を向く。
「各砲塔、準備完了次第砲撃開始」
 ゲオルグの言葉が唐突に途切れる。
 一瞬目視出来た旗艦と、テレパスが繋がったのだ。
「よし、旗艦から返信だ。我が艦は増速し飛行モンスターを誘引する。旗艦が敵の巣を制圧するまで耐えるぞ」
 艦橋だけでなく艦内全体に心地良い緊張感が満ち、旗艦が加速したタイミングで空に対して無数の子弾がぶちまけられた。

●鳥の巣
 直径50メートルの島は大きな岩で形作られ、一見したイメージは水上の城塞だ。
「どうせ風で思うようには当たらん。散布界を広くしろ、命中率の低下は手数で補う」
 エッダの用兵は艦の指揮よりも陸上部隊の指揮に近い。
 命令が反映される速度の遅さを理解した上で、刻々と変わる風と空の敵に対応する。
「全砲タイミングを合わせ。……撃て」
 斉射の衝撃は波の揺れに比べれば小さなものだ。
 半分が海の中へ、3分の1が岩の島を飛び越え、残ったわずかが岩の島に命中する。
「来るぞ」
 見えなくてもエッダは気配を感じる。
 艦上からは見えない島の中央に開いた穴から、全幅7メートルの巨体が次々に飛び出してくる。
「司令。戦力は出し惜しみすべきではないと考えます」
 殺気と見間違うほどの強い視線を向けると、飛行ユニットを装着したままのダンが軽く頷き同意する。
「エッダ艦長、司令を代行しろ。私が戦死したら後始末は任せる」
「鉄帝流にやります」
「任せた」
 ダンもエッダも表情を変えず、当たり前のように指揮官を最前線に出す。
(後続も育っているか)
 甲板を強く蹴って推力の足しにする。
 連日の文官仕事で訓練は最低限しか出来ていないが、骨の髄まで染みこんだ戦い方が巨大鳥を躱してドリルを命中させる。
 最も危険な、最も高い場所で戦う緋色の背中が、遠いのに大きく見える。
(鷹の子は鷹か)
 装甲の下で微笑み、カイトの背後への進路を遮る場所に陣取り巨大海鳥を防ぐのだった。
「お前等どきな」
 巨躯による重量と筋力を活かし、『暴風』ルウ・ジャガーノート(p3p000937)が壮絶な風に襲われる甲板で活動している。
(前回は大成功だったらしいが、それに味を占めちまったのか)
 戦艦としては当たり前の人数ではあるが、この戦場では多すぎる数の鉄帝軍人がいる。
(満足せず更なる肉を求めて海に漕ぎ出すたぁ、ロマンと欲が強くて良いと言ってやるべきか。)
 大剣とは思えぬ巨大サイズの鉄の塊を振り回す。
 進路に割り込まれた特大鳥が慌てて向きを変える。少しズレていれば己の頭が凹んでいたことに気付いた軍人が冷や汗を流す。
 そんな汗も、繰り返される猛烈な射撃とその振動により吹き飛ばされた。
「入り口がない!」
 どこからともなく取り出したドーナツをもぐもぐした『魔法騎士』セララ(p3p000273)が驚きの声をあげる。
 望遠鏡並の視力と優れた思考速度があるので、島の表面を高速かつ隅々まで観察できた。
「海面の下にも岩!」
「飛んでいくしかないって? 危険が大きすぎるね」
 ルウは強敵相手の突撃を何度も行ってきた。
 何度も大怪我をしたし生死の境を彷徨ったからこそ、敵が大勢待ち受け不意を狙っている気配はよく分かる。
「ん、だいじょうぶ。島の壁に脆そうな場所が結構……んんー?」
 セララが眉を寄せた。
 様々なものが付着して見辛くなってはいるが、岩と岩の接触箇所だけでなく岩自体にも高確率でひびが入っている。
 つまり、砲撃や大規模攻撃術で島の一部が崩れそうだ。
「分かったであります」
 セララから伝えられたエッダがアクセルに目配せする。
 アクセルは全神経を集中して海水と空気を流れを読み取り、砲塔がずらりと並んだ甲板を一時的に安定させた。
「貴様ら、溜まった鬱憤を晴らす時だぞ!!」
 エッダの姿は可憐でも中身は鉄帝の騎士だ。
 号令がズンと腹に響いて軍人達の目がぎらつき始める。
「これから島へ対地砲撃を行う」
 危険を悟った海鳥が、これまでの倍の数で空から攻めて来る。
 相変わらず海は荒れていて、カイトの体を張った観測とアクセルの操船技術があっても現在位置に留まるので精一杯。
「徹底的にだぞ。残せば後々の禍根になる」
 今後北方漁の拠点になるだろう灯台島の近くに敵の拠点は残せない。
 空飛ぶモンスターは、イレギュラーズや鉄帝の精鋭ならともかくただの漁師が挑むには強すぎる相手だ。
「ほどほどに出来ないなら、徹底的にやるべきだ。まるで戦争だな。これは」
 声は穏やかでも熱は凄まじい。
「攻城戦であり、収奪だ」
 艦の向きが変わり砲塔の群れが一点を向く。
「はは、何だか楽しくなってきたな。なあ貴様ら」
 音のない笑い声が応える。エッダが真っ直ぐに手を上げ、振り下ろした。

●突入
 砲が火を吹き大気が揺れる。
 ドーナツ型の島の1箇所に無数の亀裂が生じ、複数の大きな岩が無数の石に変わって海へと流れ込んだ。
「セララ……」
 魔法騎士が独特な構えをとる。
 聖剣ラグナロクは世界を渡ったというのに輝きを曇らせない。
 苛酷な戦場をいくつも経ても魔法騎士であり続けるセララにより輝きが保たれているのかもしれない。
「ストラッシュ!!」
 並みの地震より揺れているのにタイミングは完璧だ。
 遠くまで伸びる恐るべき斬撃がドーナツに切れ目を入れても止まらず島内に届く。
 若いというより幼い鳴き声がいくつも響き、空にいるモンスター達の殺気が濃くなった。
「人間を襲った後襲われないとでも思ってたか? 考えが甘いんだよ!!」
 巨獣の大剣が旋回する。
 見た目からは想像出来ないほど高速でしかも軌道が安定し、セララを死角から襲おうとした巨大海鳥が行く手を遮られる。
 中には怒りに任せて突撃した個体もいたが、見た目通りに強力な鉄塊に体を直撃されて深手を負った。
 怒り狂った母鳥が、ドーナツの切れ目から飛び出しセララに躍りかかる。
 微かに薫るのは、割れた直後の卵の匂いだ。
「ブレイクッ!!」
 セララが力の行使の手順を省略する。
 天空から落ちてきた雷を剣で受け取ると同時に振り下ろし、放置すれば鉄帝北方の脅威になりかねない母鳥を頭から断とうとする。
 横から風が吹き、母鳥だけがズレて雷が羽毛を焼くに留まった。
「任せな!」
 斜めに傾いた甲板の上を、巨大な剣を構えたルウが飛ぶ。
 セララがクチバシを防いだ瞬間ルウもまた加速して、全幅8メートルの母鳥の肩と片翼に刃を突き刺す。
「ハッ」
 致命傷。
 しかし即座に死ぬほどではない。
 我が子を失った心の痛みに悶える母が、ルウの胸元に高速の頭突きをめり込ませる。
 ルウは重量差により吹き飛ばされて海に転落する。
 鉄帝軍人でも酸欠と低体温で死にかねない環境だったが、水中行動のための備えをしていたルウは耐えて剣と共に海面を突き破り飛翔する。
「こっちだよ!」
 操船を軍人に任せたアクセルが、艦の士官ではなく1人のイレギュラーズとして攻勢を開始する。
 体力とその他を魔力へ変換し、ルウの攻撃が届く直前に当たるよう調節して砲撃を命中させた。
 母鳥の闘志は衰えない。
 しかし物理的な限界は既に超えてしまっていて、垂れ下がる片翼は重りにしかならず飛び立てない。
「ハァ!!」
 ルウは余計なことを考えない。
 ここは戦場。
 目の前にいるのは敵。
 ならば、闘争本能に従って近づきブン殴るだけだ。
 骨が折れる感触と内臓が潰れる手応えが届いた直後、巨大母鳥の背中から血と刃が飛び出る。
 敵の主力の1つが、死体となって甲板に転がった。

●殲滅戦
「ご主人と親分のためにー!!」
 VDMランドのマスコット、頭身の低いトラコフスカヤちゃんが上空を挑発する。
 内在するエネルギーとは逆に速度は低く、海鳥達には狩りやすい獲物に見えた。
 だがそれは錯覚だ。VDMランドで日々来訪者を楽しませ、ときに怪我しそうになる者を助け、ときに迷子のお子様を保護してあやしながら駆けるトラコフスカヤちゃんに死角などない。
 島の防備を固めるはずのモンスターが、襲っても倒せなどしないマスコットに引きつけられた。
「本土の子供達の為に!」
 鉄帝軍人達がドーナツの切れ目に向かう。
 空から大人海鳥が次々に舞い降り、血で血を洗う殲滅戦が始まった。
「海鳥が居なくなれば、皆もっと安全に漁ができる。きっと、もっとたくさんの人が助かる……。マリィ、優しい貴女には酷なことかも知れないけれど、私のために、ゼシュテルの人達のために、戦ってくれませんこと?」
 『祈りの先』ヴァレーリヤ=ダニーロヴナ=マヤコフスカヤ(p3p001837)が踏み込んだのは、海鳥型モンスターの文字通りの聖地だ。
 卵を生み、暖め、孵化させ飛べるようになるまで育てるための、強風から守られた小さな安全地帯。
 暴風壁の一部が破壊されてもなお、貴重な場所だった。
「ヴァリューシャ……君の夢は私の夢さ」
 『白虎護』マリア・レイシス(p3p006685)は血の気のひいたヴァレーリヤに寄り添う。
 何が敵かを理解していない、全幅1メートルにも満たない雛が無垢な目をヴァレーリヤに向けている。
「海鳥達には悪いけれど、私達も生きる為に必死なんだ。恨みっこなしの生存競争といこう」
 鉄帝軍から渡されたドラム缶を持ち上げる。
 ヴァレーリヤも少し小振りなドラム缶を持ち上げて封を切り、ねばつく燃料を羽毛からなる寝床に振りかける。
「っ」
 卵を見た瞬間ヴァレーリヤの手が止まる。
 だが、奥歯を噛みしめ卵の上から注いで燃料を付着させた。
 マリアは気付いた上で気付かないふりをする。
「それに私は軍人だよ。侵略者相手とはいえ、今までたくさんの命を奪って来た」
 瞳の色が紅から蒼に変わる。
 モンスター相手の攻撃としては微小な威力の、着火のための炎としてはエネルギーがある過ぎる熱が燃料に火をつける。
「だからね、地獄の底まで君と一緒だよ!」
 炎はマリアの肌にも装備にも一切効かない。
 雛への愛情が籠もった羽毛と愛情が向けられていた雛と卵を巻き込み、赤黒い炎が燃え盛った。
「主よ、天の王よ。この炎をもて彼らの罪を許し」
 ヴァリューシャは目を逸らさない。
 上空からは狙えない岩場の陰から、己の運命を知らず泣く雛鳥を見つめる。
「その魂に安息を」
 傷の目立つ紅の十字架を無意識に握りしめ、濁流の如き業火を呼び寄せ巣に回復不能な損害を与えた。。
 空から悲鳴の形をした絶望が聞こえる。
 鳥と人という違いはあるが、鉄帝本土で数え切れないほど聞いた嘆きの声だ。
 一際大きな海鳥が、火への恐れも忘れてわずかに生き残った雛鳥を助けようと降下してきた。
「ヴァリューシャ! 今だよ!」
 紅雷が燃える炎を貫く。
 双方万全なら部位狙いなど不可能だったろうが、雛を助けることしか考えていない彼では回避も防御も不可能だ。
 重要な骨が砕け、二度と空に戻れなくなった。
 ヴァレーリヤが駆け出す。
 マリアを信頼して守りは任せ、メイスを大きく振りかぶって速度と重さを一点に集中する。
 父鳥が振り返る。
 絶望で憎悪すら枯れ果て、虚ろな目がメイスを映す。
「ここまでですわね。……ごめんなさい。私達が生きるために、犠牲になって頂戴」
 手応えは、忘れられそうになかった。
「煙を吸い込まないよう気を付けろ。1羽も逃がすな」
 軍人を引き連れたエッダが乗り込んでくる。
 海鳥の抵抗は自らに引きつけ、反撃と制圧は部下達にさせて経験を積ませる。
 エッダは2人の間の気配から察して、こほんと咳払いをする。
「”私”は、軍ではこうすると決めているんだ。……ほら。いつものようでは、気合いがはいらないでありましょう? 自分、軍人でありますので」
 巣の制圧は終わった。
 しかしまだ、海鳥達の抵抗は続いている。
(ヴァリューシャ……君は悪くない……)
 マリアは、自分自身も傷ついていることに気づけていなかった。

●海鳥の最期
 生き残りのつがいにカイトが仕掛けた。
 灯台島を目指していた2羽のうち1羽の進路がねじ曲げられて、残る1羽もつがいを追ってカイトに向かう。
「ここは俺らの漁場だ、マグロも俺らのもんだ」
 巣を潰された鳥の怒りは壮絶で、しかし種を存続させようとする執念は怒りを上回る。
 牽制のソニックエッジをぎりぎりで躱し、カイトの緋色の翼をもごうとクチバシを伸ばした。
 小さな羽ばたきの音が響く。
 高速の雹が降り注ぎ、カイトを除く全てを打ち据えその動きを乱す。
 アクセルによる攻撃兼アシストだ。
 緋色の風が吹く。
 隙ともいえぬ微かな乱れを槍で貫き肉を抉る。
 肩をやられた鳥が高速で回転しながら墜ちていく。
 残った側が片割れを追う。
 危険を顧みずに必死に羽ばたき、つがいと寄り添うように海面を突き破り、二度と浮上しなかった。
「本当は共存できれば良かったのだけれど、ね」
 戦いの余韻が残る戦場跡でヴァレーリヤがメイスを下ろす。
「お休みなさい。貴方達に、主が天国が平穏を授けて下さいますように……」
 祈りを捧げるヴァレーリヤを冷たい風が撫でていく。
 イレギュラーズも海鳥達も全力を出して戦った結果、砲撃で開いた穴だけでなく島のあちこちが崩れて崩壊が加速している。
「彼らは生きる為に全力を尽くしていただけ……。きっと天国へ行けるさ」
 マリアは風からの盾になる位置へ移動して、撤収準備中の軍人達をちらりと見る。足場が悪く、手間取っているようだ。
「補強はいけそう?」
「駄目だ。嬢ちゃんが持ち込んだ建材を使っても崩壊の方が早い」
「うーん」
 セララと分隊長が頭を抱えている。
 この海域に2つしか見つかっていない島だ。
 利用出来るなら是非利用したいが、戦いが始まる前から脆くて崩壊の危険があった島は現在進行形で崩壊が進んでいる。
 雷に似た音をたてて岩が複数海へ落ちる。
 風が強まり気温も低下し、調査中の分隊だけでなく撤収準備中の分隊まで作業効率が低下する。
「うん」
「了解。やむを得ない、か」
 2人がほぼ同時に独り言を口にする。
 遠くに見えた鉄帝艦から、テレパスによる撤退要請が届いていた。
 数分後。
 地形の変化により激変した海流から逃れるため、2隻の鉄帝艦が限界まで速度を出し逃げている。
「魚もいいがやっぱり肉も食いたいだろ。俺がそうだし」
 ルウの呼吸は乱れている。
 剛力に定評があるルウでも、巨大な鳥の死体を短時間で複数運び込むのは重労働だった。
「火を貸してくれ」
 脂と肉が焼ける匂いは、緊張をほぐして食欲を思い出させる。
「俺が毒味してやるよ」
 強敵の戦いぶりを思いだしながら、程よく火が通った肉にかぶりついた。
「ご主人ー! 親分ー!」
 もこもこした毛布の塊がマリアとヴァレーリヤに接近してくる。
 行きの航海中艦内でも世話になった毛布と、トラコフスカヤちゃんだ。
「二人とも大丈夫? 怪我はしていませんわよね?」
 ヴァレーリヤがマリアとマスコットの怪我を確認する。
 戦闘直後はわずかの時間しかとれなかった。艦まで戻ったからには、ほんの僅かの傷も見逃すつもりはない。
 必然的に体温が感じられるほどの距離になり、トラコフスカヤは無邪気に喜びマリアは本人は平然としているつもりで激しく動揺した。
「私は大丈夫! ヴァリューシャこそ大丈夫かい? 寒くない?」
 マリアがそわそわする様は、膨大な戦歴や精悍な外見から考えられないほど初々しい。
 ヴァレーリヤは傷を探すのを止めて、微笑んでマリアの言葉を待つ。
「こっちへおいで? 三人で暖まろう……」
 マリアの頬は寒さとは別の理由で桜色に染まり、トラコフスカヤは上機嫌で分厚くもこもこな毛布で3人を包む。
(あ)
 マリアの思考が一瞬止まった。
 柔らかさと暖かさと微かな香りだけで頭が一杯だ。
「さっき船の人がスープを用意してくださいましたの」
 軍服の上に頑丈なエプロンを見につけた軍人が、丼サイズのスープ皿を手渡してスプーンはヴァレーリヤへ1本だけ渡す。
 ぐ、と立てた親指が暑苦しい。
「みんなで一緒に飲みましょう?」
 つまり、あーんである。
 マリアはされるがままに、暖かな飲み物と幸せを摂取するのであった。

●灯台島
 広大な北洋と比べるとあまりにも小さな島がある。
 水面から1メートル以上離れているのは真新しい足場だけで、面積は数百平方メートルしかない。
 中心に小さな灯台が建つこの島こそが、鉄帝国の新たな漁場の中心であった。
「構わないからそのまま続けて!」
 少しズレている桟橋に向かって『恋揺れる天華』上谷・零(p3p000277)が声をかける。
 司令が懸命の努力で工兵を何人か確保したが、海での工事に不慣れな者がほとんどだった。
「ウロコを装甲にすればある程度ごまかせる。ほら」
 艦橋に連絡を入れて船倉からウロコを持って来させる。
 厚めの装甲板ほどのサイズで、鉄ほどの強靱さはないが海水への耐水では圧倒的に上回る
「分かったー! 後15メートル分頼むー!」
 工兵に要請され、鉄帝の船乗り達は荷下ろし作業に取りかかった。
「なあ、今日もどうだい?」
 零は空と海に対する警戒も続けながら、縦にも横にも大きな鉄帝軍人達に誘いの声をかける。
 忠良である男女が目に見えて動揺するが、倫理に悖る内容ではない。
「クソッ、このタイミングで言うかよ」
「舌が贅沢になっていつものメシが食えなくなるわ畜生」
 文句は言うが拒否はない。
「毎度!」
 零の手に、唐突にバゲットが出現する。
 外は適度に固く、中はふわりとして、食欲を強烈に刺激する香りと暖かさは明らかに焼き立てだ。
 軍人の口元へ差し出すと、手も使わずかぶりついて瞬く間に口の中へ消える。
 行儀は悪いが敵は近くにいないし、何より忙しいので艦長も許容している。
「これを機に、定期的に購入してくれたりしてもらえないかな? 美味しさも量も形も、ギフトの恩恵もあるから保証できる。勿論値段もそれに合わせて結構安めな提供だぜ?」
 作戦行動中なので返事はない。
 が、軍人達の気配と目が必要量と金額を計算しているそれだ。
「それに、今日みたく依頼として来るなら依頼料だけで色々してやれるぜ? 御贔屓にしてくれると嬉しいな」
 零はこの場での返答は要求せず、上機嫌で海を眺め、いきなり気配を変えた。
「右舷、3尾だ。止めはいつも通り俺に」
 舷側に駆け寄った軍人が銛を投げ、遅れて旋回した砲が下向きの砲撃を開始する。
 不意を打てなかった装甲マグロは瞬く間に傷つき、しかし止めは刺されない。
「今日は豪華にアレでいくか」
 バゲットに弾丸の性質を持たせて投擲する。
 速度は瞬く間に音速に達する。マグロの口をこじ開け内側を破壊し、しかし絶命は許さない。肉を美味しいまま手に入れるためだ。
 軍人達が歓声をあげてマグロを引き揚げた。
 灯台島を挟んで反対側の艦に、扇風機が1台まわっている。
「マグロ美味しいっすからねー。自分も食べたいっすー。その為にもマグロ漁がんばるっすよー」
 声は扇風機からしている。
 土台部分からコードを伸ばしてマストにまき付け、『扇風機』アルヤン 不連続面(p3p009220)はマストの天辺近くで海風を浴びていた。
「う、む」
 ここまでアルヤンを運んで来た副長は混乱している。
 混沌には独特な存在が多い。
 が、これほど独特というか独自路線を極めた存在は、旅人を含めてもほとんどいない。
「わー、マグロパンー!」
 軽く炙ったマグロ肉にタレをつけてバゲットで挟む。
 零の新作はもう1隻の船乗り達に好評なだけでなく、アルヤンも魅了した。
「食べっ? どこから」
 思わず聞いてしまった副長を責められる者はほとんどいないだろう。
「え、食べるっすよー。こう、口(ファンカバー)からー」
 アルヤンは無意識に振っていた首を止める。
 崩壊中のドーナツ島と比べると穏やかな海に、陽光を反射するマグロの巨体が複数見えた。
 副長が通信機を取り出すより、アルヤンの回転数が上がる方が早い。
 まわる。まわる。プロパラがまわる。
 光と魔力が回転に巻き込まれ、急速に強さを増して臨界に到達する。
「いくっすよー!!」
 目(ファンカバー)から光の束が伸びる。
 石を投げたら戻って来そうな強風をものともせず、膨大な海水を平然と貫いて装甲板じみウロコに到達する。
「回収までは手が回らないっす-。自分、扇風機っすからー」
 マグロ型モンスターは頭部から背中までを焼き切られ、急速に速度を無くして海底へ沈んでいく。
「悪魔さんと雷虎さんが潜ってるから網使わなくても大丈夫っすよー」
 扇風機の首が回る。
 上からの攻撃を警戒して進路を変えたマグロの腹に、魔力の束が突き刺さって中まで食い破られる。
「自分、全方位対応できる固定砲台っすよー。所で左舷側に向けてもらってよいっすかー?」
「う、む」
 副長は混乱はしているが仕事は素早い。
 コードを痛めないよう注意して、アルヤンをマストの逆側に付け直す。
「灯台の守りを気にしなくてよいのはいいっすね。強い仲間のおかげっすー」
 扇風機の活躍は副長だけでなく乗組員全員の目に焼き付き、帰港後に部隊旗を扇風機デザインに変えたそうだ。

●偵察
 海から出て灯台島に上陸した『虎風迅雷』ソア(p3p007025)が、体を激しく振って髪と毛から海水を吹き飛ばした。
「あーん、いるのは分かっているのにー!!」
 膨大な体力と生命力は海の冷たさに十分耐える。
 が、目当てのものが見つからないことがソアをイライラさせていた。
「私はソア君との散歩を楽しんでいるけどね」
 『饗宴の悪魔』マルベート・トゥールーズ(p3p000736)によって海の中から大柄な装甲マグロが次々放り投げられ、ソアが片手で危なげなく受け取って足場の上に転がす。
「とはいえ時間には限りがある。ここは専門家にお願いしようじゃないか」
 遠くの海に、たい焼き色の尻尾がちらりと見えた。
 海の広さを真の意味で理解している存在は少ない。
(焦りは死に繋がりますよ、僕)
 海にばらまかれた卵から産まれた『泳げベーク君』ベーク・シー・ドリーム(p3p000209)は、真に理解しているうちの1人だ。
 イレギュラーズとして長く活躍し、ネオ・フロンティアにおいて名声も得ているのに血を分けた兄弟に会った記憶はない。
 つまり、ベークを除いて全滅した可能性が高い。
(あの2人が島から地面沿いに降りていますから……)
 これまで安全重視で集めた海流の情報を地形情報と総合する。
 この海域のヌシが水深数千メートルでも潜れるなら打つ手はないが、尋常な生物の要素が少しでもあるならそう深くは潜れないはずだ。
(流れを1つ読み違えるだけで100メートルは引きずりこまれますからねぇ)
 魚が多くの卵をうむのは、そのほとんどが次代に命を繋ぐ前に死ぬからだ。
 深く潜れば潰されて死ぬ。
 定期的に海から顔を出さなければ酸素不足で死ぬ。
 精鋭海種であるベークにとっても、海は死にも満ちた場所だ。
(それでも僕が、今回のメンバーでは誰よりも深いところまで潜るのに向いているでしょうからね)
 急斜面の海底に沿って泳ぐ。
 戦闘ではなく生還を最優先に、海上へ戻るための流れを常に意識して進路を選ぶ。
 全長50センチと少しのタイ焼き風海種ははあまりにも無防備に見え、海底の亀裂に潜んでいたソレが欲を出してしまった。
(おっと)
 痛みはなかった。
 目立たぬよう張っていた魔力障壁が巨大なハサミの威力を無効化し、ベークへのダメージを皆無にする。
 衝撃は残っているものの、様々な海で無数の困難を乗り越えたベークにとっては易々と乗り越えられる程度でしかない。
(こんな所にいましたか)
 ベークの反撃は暴力ではなく匂いだ。
 腹の減った巨大カニは食欲を強く刺激され、亀裂に戻って逃走という選択肢を忘れた。
(速い速い)
 黒々としたカニが海底を横に走る。
 至近距離にいるよう見えるのは大きすぎるからで、海上の鉄帝艦よりは小さいが小型の船舶ほどの大きさがある。
(今回は『限界』に挑む必要はなさそうですね!)
 現在の水深は、過去に挑んだときの最高記録の9割ほど。
 命をかけた逃走劇兼おびき寄せを行うには苛酷すぎる環境ではあるが、ベークの速度は落ちず動きのキレは増している。
 巨大ガニが再度ベークを射程にとらえるには時間がかかり、気付いたときには海上から降り注ぐ光が甲羅を青く照らしていた。

●決戦
 海中から見上げる水面はゆらゆらと揺れてソアを飽きさせない。
 目当てのものが見つかっていないので、ついつい海面に気を取られてしまう。
(前回獲り尽くしたようだね)
 ソアの手を引きエスコートしながら、マルベートが荒涼とした海底を楽しむ。
 異様な急斜面と、そこにしがみつくように生える海藻はなかなかに見応えがある。
(大きな気配が動き出したか)
 海水の中でも分かるほど勢いよく、ソアの耳が反応しているのが見えた。
 わざわざ口を開かなくても意図は通じる。
 敵の得意な場所で戦うつもりはない。
 マルベートは飄々とした態度で、前回の航海で得たカニの殻をからかうように振った。
 無数の泡が海面へ昇っていく。
 大きく育った貴重な子を食われたことに激昂し、全幅10メートルを軽々超える巨大蟹が一直線に悪魔へ向かう。
(良い狩りになりそうだ)
 マルベートから迸るマナが魔力の運用効率を急上昇させる。
 漂うマナはソアの肌に触れるが、海中でも元気な雷虎は積極的に受け入れて自らの力へ変える。
(カニおっきー! )
 ソアの本能が研ぎ澄まされていく。
 数桁重いカニとぶつかれば即死すらあり得るのに、どう避けれてどう受ければ攻撃に繋げられるか、複数のパターンが脳裏に浮かんで予備動作に反映される。
 カニに押し退けられる海水が上向きの流れをつくり、ソアの髪をなびかせた。
 雷光が海底を照らす。
 白黒で塗り分けられた世界は非現実的なほど壮大で、魔物じみたカニの最期の戦場に相応しい。
 雷は分厚い甲羅をも貫通する性質と膨大な肉を焼く威力を兼ね備えているのに、1度につき最低2本は飛んでカニの右ハサミを灼いている。
(これはよい)
 悪魔が満足そうに微笑む。
 殺意と憎悪が肉と魂の味を高めてくれる。
(楽しませてくれよ?)
 ナイフとフォークを模した魔槍2本を手に、マルベートは左から回り込んで巨大カニに猛攻を加える。
 右のカニハサミは、防壁としては機能しているが武器としては役に立っていない。
 悪魔の速度と技に圧倒されているのだ。
(奇しくも私と同じく二揃いの武器と見えるけど、君のそれは些かバランスが悪いんじゃないかな)
 憎悪と殺意がマルベートに向いた瞬間、悪意が無いからこそ残酷で痛烈な言葉がソアの口から放たれる。
「放っていたら子供たち全部食べられちゃうぞ!」
 カニの腹をじっと見つめてぺろりと唇を舐める。
 肺の空気は漏れてしまったが問題ない。
 敵が自分から近づいてくれるからだ。
「ふっふー、あなたの行先はボクたちのお腹の中なんだよ!」
 水中とは思えない速度で爪が繰り出される。
 その鋭さの前には甲羅の厚さは無意味で、圧倒的な速度と手数で右ハサミの中の肉を切り刻む。
 本来部位狙いの難易度は高いが彼我の大きさが違い過ぎる。
 ソアが側面から攻撃するだけで、自然に斬撃が右ハサミだけに集中して耐久力と機能を削っていった。
 海中の激戦とは逆に海上は牧歌的とすらいえた。
「必要とあらば資材運びから何でもする故、遠慮せず申し付けるがいい」
 魔王あるいは戦神という雰囲気と体格を持つ『終縁の騎士』ウォリア(p3p001789)が、率先して不安定な足場での防衛戦を担当して全体をサポートしている。
 魚雷サイズのマグロが正面から突っ込んでくる。
 桟橋を根元から粉砕するのに十分な威力を持つそれに、ウォリアは右の拳を打ち込みをマグロの上半身に炸裂させる。
「生物達のそれぞれの明日を繋ぐ糧を得る為の生存競争へ割り込む……なんともプリミティブな「戦」だ!」
 極寒の風が吹き荒ぶ海だからこそ、生き物の奮闘が尊い。
 ウォリアは自身の心が浮き立つのを強く感じながら、一切の容赦をせず、つまり最大の敬意を持ってマグロを肉に変える。
 炎を秘めた鎧という外見のウォリアだが、今は海中戦闘対応型重甲冑を使っているので泳ぎは得意だ。
 今仕留めたマグロだけでなく、既に仕留めたマグロにも口の中からエラにかけて頑丈なロープを通してから海面へ上がる。
 マグロを軍人に渡して引き上げを要請したタイミングで、激しい水音が聞こえて来た。
 悪魔と雷虎に追い詰められた巨大カニが、体の半分が海面から出るほど水深の浅い場所まで上がってきていた。
「ここで止め……重っ」
 重装甲大重量の軍人が組み付くが力が足りない。
「マグロの狩猟をあれほど熟す男達でも難しいか」
 カニの目がウォリアが仕留めた肉に向いているのに気付き、強烈な怒りと闘争心により鎧の中の熱が増す。
「ああやるのだな、了解した。少し形は違うが、オレも真似てみるとしよう」
 巨躯もウォリアよりはるかに大きな、イレギュラーズ到着前はこの海域のヌシだったものに突撃する。
 滅海竜より零れ落ちた破滅の楔をハサミの根元へ突き立て、凄まじい重さと殺意に耐えて押し込む。
 断末魔を思わせる感触が手の平に伝わった直後、巨大なハサミがウォリアの至近に落ちて岩にめり込んだ。
「錨の固定完了!」
「島周辺への連絡は完了した。砲撃開始」
 ゲオルグに率いられた艦が一斉射を行う。
 ドーナツ島周辺と比べれば波も穏やかなので命中率が違う。
 小さなハサミしか残っていないカニは有効な防御を行うことが出来ず、一方的に砲撃されて血を流す。
 だがまだ攻撃は本番ではない。
 海中から飛来した雷が、砲撃で傷んだ甲羅ごと胴を貫き中心まで灼く。
「あれだけ大きければ、如何にカニのものとも云えど……いいトロフィーとなりそうだ!」
 小さいとはいえウォリアよりも大きなハサミが強い光を放つ。
 無数の海洋生物を狂わせてきた光だが、ウォリアは至近距離にいるのでカニの巨体が邪魔になってまともに光が届かない。
「足掻け足掻け。マグロはどれも雄々しく戦ったぞ!」
 胴に大きな凹みが刻まれ、カニが恐怖で震えた。
「これは獲られたかな?」
 ナイフがカニの脚を断つ。
 極限まで追い詰められたカニが膨大な泡を吐き、その中から10にも満たないカニ型モンスターが現れる。
 人里に現れたなら十分な脅威になったかもしれないが、イレギュラーズと鉄帝軍人しかいないこの場では食料でしかない。
 複数の斬撃が甲羅の亀裂から奥へと入り、生存に必要な部位を回復不能なまで切り裂く。
 永い時を生きたカニが最期に見たのは、これまで食らったマグロのように食われる我が子であった。

●灯台島
「お姉さまっ」
 はしゃぐ声は華やかだがソアは血塗れだ。
 甲羅を引き剥がした胴から味噌を回収して思い切り頬張っている。
「大きいカニは大味だとも言うけど、苦労して捕った獲物は美味しいものだね」
 決着の場所が地上だったので酒も飲める。
 マルベートは当然のようにワインだ。
「あーん、お酒も欲しーっ!」
 ソアがマルベートに甘え、悪魔が雷虎を甘やかす。
 2人の実力を見抜いている少数にとっては、怪獣が2柱遊んでいる光景に見えた。
「お前達を基準に考えるな」
 ゲオルグの指揮下で灯台島の整備が進んでいる。
「専業漁師が使うことを前提に考えろ。お前達ほどの腕力も体力もない。漁の腕は違うがな」
 マグロの装甲が板の代わりに、マグロの骨が鉄骨の代わりにされ、もとはただの足場だった場所が小さいとはいえ要塞といえるものへ変わっていく。
「ほう」
 ウォリアが笑う。
 発光ハサミから取り出された素材が灯台の灯りとして機能し、昨日までより明らかに強い光を放っている。
 これなら、今回の鉄帝軍人より練度の劣る船乗りでも多少はなんとかなるかもしれない。
「望遠鏡は」
「無事です。しかし艦長の目と比べると誤差ですよ」
 ゲオルグの五感に鋭さに何度も助けられた参謀が、大砲の代わりに備え付けられた望遠装置を撫でる。
 高性能ではあるがゲオルグと比べると非常に頼りない。
「専業漁師でも使えるようにと言ったぞ」
 言葉は厳しいが響きは苦い。
 自身を含めて、イレギュラーズは貴重な人材の集団なのだ。
 彼等抜きで漁を行おうとすれば難易度は確実に上がる。
「了解です」
 鉄帝海軍に入ってくれとは言わない。
 万が一ゲオルグが望んでくれても、ローレットが手放すかどうかは別の話だからだ。
「いやぁ、マグロ漁って大変なんすねー。勉強になったっすよー。今後マグロを食べる時はより感謝して食べるようにするっすー」
 扇風機なアルヤンが首を振っている。
「そうだな」
 ゲオルグは考える。
 巨大海鳥という空からの脅威は殲滅した。
 巨大カニという海底からの脅威も滅ぼした。
 しかし新たな脅威が隣接する海域から進入してくる可能性は常にあり、装甲マグロ自体も弱くなどない。
 鉄帝の海軍と漁師だけで挑むなら、過酷な漁と戦いになる。
「出来る限るのことはしよう」
 次に訪れる漁師と軍人のため、出航するぎりぎりまで工事は行われた。


 前回と比較して倍以上の肉が運び込まれ、北の港は少し遅れたシャイネン・ナハトを堪能している。
 それとは対照的に、この会議室は静まりかえっている。
 絵が大量にあり文字数も少ない報告書をめくる音だけが微かに響いている。
 上座の男が読み終わると、司会役の老人が重々しく咳払いをした。
「問題の海域の危険度は低下しました。唯一残った島も我が軍の管理下にあり、今後は小規模の派兵でマグロ漁が可能であります」
 艦隊司令であったダンも、この場では若造でしかない。
 一部に彼より若い者もいるが例外中の例外だ。
「成功か」
「課題も多い。イレギュラーズほどの人材は」」
「国としてローレットに感謝を表明する必要が……」
 絵の説得力は凄まじい。
 執拗に重箱の隅を突く可能性があった非脳筋も、文章の報告書をいまいち理解してくれないこともある脳味噌筋肉も、成功したことは疑っていない。
「各々方、島の維持は確定で良いですな?」
 司会役の発言に、異論は出ない。
 鉄帝という巨大な存在に、新たな漁場が1つ加わった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

 今後、(モンスター)マグロ肉が鉄帝の港に水揚げされるようになります。

PAGETOPPAGEBOTTOM