PandoraPartyProject

シナリオ詳細

千の幸が咲く夜に

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

⚫︎湿気ってなんかいられない!

 早く、速く、はやく!
 
 声に急かされて職人達は和紙を捻る。赤から黄色、緑を経由して青、紫、濃い桃色へ。目を引くグラデーションのこよりには少量の火薬が包まれ、机には完成品が山と積まれていた。
 それでも声は喧しく、額に汗を滲ませた職人の手が止まることもない。和紙も火薬もまだまだたくさんある。いったい幾つ作れば終わるのだろうか。
 鬼気迫る作業場のそこかしこに貼られた『火気厳禁』の四文字。一際大きく書かれた奥の倉庫には大小様々な花火玉が厳重に管理されている。そこからも声は響いていた。

 早く火をつけて!
 速くバチバチッと光らせて!
 燃やして!
 燃やさせて!
 もう待ってるのは飽きちゃったの!


⚫︎終わりを飾る夜の花

「夏っていつまでだと思う?」
 小さな紫頭の境界案内人は頬杖をついた格好でそう投げかけた。彼の視線の先には一冊の本。開かれたページにつまらそうな視線を向けたままの質問だった。
「暦の上で秋になったら? それとも、暑くなくなったら? まあそんな感じで、人や地域によって違ったりもするじゃない。ここに花火で夏を締める世界もあるみたいなんだけど」
 そう言って広げて見せたページは夜色に塗り潰されていた。大切なものが足りないことに気づけば、ニヤリと意地の悪そうな笑みが本の向こう側から覗く。
「花火職人さんが張り切って作った線香花火がたっくさん余っちゃってるんだってさ! 遊び尽くす目処が立たないと打ち上げ花火はお預け、ついでに秋も来ないなんてタイヘンだよねぇ……ちょっとお手伝いついでに楽しんでくるとイイんじゃないカナ☆」

 曰く、この世界では火薬が意思を持っており、ひと度火がつけば全てを燃やし尽くすまで跳ね回る元気すぎる性格らしい。人間が扱うには火の神様の加護という名のリミッターが必要で、それでも暇を持て余せば隙をついて火の気のあるところへ脱走するほどだとか。
 故に年に数度、花火として発散させてやるのが習わしなのだそうだ。特に、夏は花火大会と称して火の神様に捧げる大きな花火を打ち上げ、会場では『千幸花火』——所謂、線香花火である——が配られるのだ。
 今年は花火職人が火薬達に煽られて予定より作りすぎてしまったため、このままでは不満を抱えた彼らによる暴動が起きるかもしれない。それを火の神様が知ったのなら、同時に司る夏の太陽を居座らせて抗議してくることは間違いない。

「それを阻止するために打ち上げ花火を見て、千幸花火を楽しみつつ、火薬ちゃん達も楽しませてあげてネッ☆」

NMコメント

花火無くして夏を終えられない、氷雀です。
初めてのラリー!
沢山の方に楽しんでもらえるよう頑張ります!
お一人様でもグループでも、どうぞ気軽に参加されてくださいね。


⚫︎世界観
神話が色濃く根付いている、日本の江戸時代に似たところ。
職人の技が神様と人間を繋いでいます。
過去作『本日、提灯日和』と同じ世界ですが、読まなくても大丈夫です。
https://rev1.reversion.jp/scenario/detail/3907

⚫︎千幸花火
職人曰く、お喋り好き。
自分達が知り得ない『夏の思い出』を聞きたがる。
楽しかった夏。悲しかった夏。
今年でも、もっと昔でも。それらを振り返って抱いた来年の夏に向けた思いを添えてみたり。
貴方の『夏の思い出』を聞かせてあげてください。
なお、火がついた状態で話し相手をしてくれなければ一晩中消えずに催促し続けます。

⚫︎打ち上げ花火
職人曰く、目立ちたがり。
詰められた火薬達は派手に燃えられれば満足だが、見上げる人々の反応も楽しみにしているようです。
何か叫んであげるのも良いかもしれません。

⚫︎花火職人
男女を問わず、十数人の青年から老年までが所属する職人集団。
みな火薬の声が聞こえる能力を持っており、親方と呼ばれる男性が彼らを仕切っている。
無事に打ち上げが終われば休憩しに会場に現れるでしょう。

⚫︎境界案内人
呼ばれなければ出向きませんが、花火には興味があるようです。

⚫︎各章の概要

第一章:千幸花火(前半)
会場の入り口で花火を受け取り、側の河原でお話ししながら弾ける小さな火花を堪能できます。
点火用にも明かりにもなる『一晩消えない魔法の蝋燭』も貸し出しており、消化用のバケツも何ヶ所か設置されております。
ひとつで足りなければふたつみっつ、とお楽しみください。
ある程度、花火が減った頃合いに移行します。

第二章:打ち上げ花火
会場中央の屋台には、日本のお祭りっぽいものならひと通りあります。
長椅子に座って、または食べ歩きしながら、向こうの河岸から打ち上げられる花火を見上げて楽しむことができます。
花より団子でもまぁ大丈夫です。

第三章:千幸花火(後半)
打ち上げ花火や屋台を楽しんだ後に、残りの花火を楽しみたい方や職人達と話したい方はこちらへ。

⚫︎注意点
二名様以上での参加はお相手様の名前とID、もしくは【タグ名】の記載をお願いします。
また、【ソロ】と書いてあれば単体で描写しますが、それ以外は他PCとの絡みが発生する場合がございます。

  • 千の幸が咲く夜に完了
  • NM名氷雀
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年10月14日 19時57分
  • 章数3章
  • 総採用数8人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

隠岐奈 朝顔(p3p008750)
真意の選択

「……私にとって、この夏は濃密でした」
 今年はたくさんの打ち上げ花火を見た。けれど線香花火はまだだった、と『天色に想い馳せ』隠岐奈 朝顔(p3p008750)は垂れ下がる火の蕾を見つめながら語り出す。
 鬼人種である彼女にとって、海を越えて豊穣へ現れたイレギュラーズ達の存在はやはり大きな転機だった。
「私の国しかなかったはずの世界が、一気に広がりました
。こんなにも色んな人が、文化が存在しているのだと
」
 そして彼女自身もまた、そのひとりとなって始まっためまぐるしい日々。千幸花火も派手に弾け出す。
「実際に色んな場所に行ける様になりました
。それと同時に、大切な人に待つ厄災にも気づいて……毎夜、泣いてて
」
 花火は勢いを落としてパチッパチッと静かに溢れる涙のよう。あぁ、それでも
、と強い光を灯した彼女の瞳に魅せられて、色づく火花は鮮やかな桃色から晴れた天の色へ移り変わっていく。
「ずっと遠くから見ていた、尊い人に近づく事が出来た
。お話も、一緒に戦う事も、この恋慕も伝える事が出来たから…
…」
 揺らぐ火球は向日葵に琥珀に、今は朝顔と名乗る少女の中の真、大切に抱いた想い、その心を救いたいと泣いたお方の瞳と同じ色をして。
「また来年の夏も一緒に過ごせたらと願っています」
 光消えゆく千幸花火は最後にもう一度小さく火花を散らす。彼女の覚悟の行末が幸多きものであるように。

成否

成功


第1章 第2節

カルウェット コーラス(p3p008549)
旅色コットンキャンディ

「また、来るできた。ここ、面白いから、好き」
 何かを探すカルウェット コーラス(p3p008549)の瞳に映るのは提灯だ。以前の祭りより少数だが、太陽の模様が入ったそれはそこかしこにある。よう、と背中にかかった声に振り返れば目当ての顔だった。
「提灯職人さんに、挨拶出来たら、よいと思う、した。会えてよかった」
 にこにこと懐ついてくる頭をわしわしと撫でて、お前さんも元気そうで何よりだと笑い返す。
「今回は、綺麗な火、ばちばちしたら、よい、聞いた。わくわく」
 手の中の花火を見せて目を輝かせるカルウェットに彼が口にしたのは——


「ボクの、千幸花火さん……ひひ、初めまして」
 自己紹介から始めるカルウェットに並んで火をつける職人。——折角だから一緒に楽しもう、というお誘いだった。
「今年は……提灯作ったぞ。職人さん、優しくする、してくれた。もの作り楽しい。あと、竜の虹、見るした!千幸花火さんみたいに、綺麗!すごい!」
 はしゃいで語られる最初の思い出にバチバチと元気な紫と桃色が応え、照れ臭そうな職人に促されて話も火花も次々に飛び出す。
「キャンプもした。キノコ倒して、カレー食べて……友だち増える、した。みんなで、踊って歌って話して」
 夕暮れに似た橙色を帯びた火球が静かに冷えていく。
「夏、楽しかったなぁ。ボクも、お話、聞くしたいぞ」
 孫のような子に頼まれれば幾らでも彼は語ろう。実に和やかな時間だった。

成否

成功


第1章 第3節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌
チェルシー・ミストルフィン(p3p007243)
トリックコントローラー

「打ち上げのでかいのは見たことあるが手持ちは初めてだな……」
 河原にしゃがみ込んで隣り合うふたり。美しい翅と中世的な見目の『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)が手渡す千幸花火に、剣の片翼を持つ連れの少女が驚きの声を上げる。
「ちょっと手持ちにしても細すぎない!? 私は太く短く生きたいわ」
 細く頼りなく見える花火を摘む『魅惑の魔剣』チェルシー・ミストルフィン(p3p007243)に、サイズは持ち込んだランタンで花火に着火しながら首を傾げる。
「チェルシーさんのそれは、生きざまの問題なのか……? というか精霊種は短くといっても長生きしそうだな……」
「私は102歳ね。まだまだ若いわ、多分」
 人間種などとは時間の流れ方がまるで違うのだから、三桁ですら長生きとは言えない。果たして彼女にとっての『短く』とは幾つをいうのだろうか。
「ところでサイズにとって一番の思い出って何かしら?」
 倣うようにチェルシーが火をつけた花火の先でジジジと小さな火球は急かすよう。サイズの持つものも静かに火花を散らしながら語り出すのを待っていた。
「一番の思い出か……前世界で破壊されたら混沌にいたことかな?」
「混沌に転生したかの様な過去ね……ていうかそこは、私と出会えた事とかチャレンジトークする場面じゃない?」
 拗ねたような、茶化すような、甘えるような。大切な友人にもっと構ってほしかったのかと火花が赤く鮮やかな色を見せている。がんばれ、気づいて、と勝手な応援の声が聞こえそうだ。
「チェレンジトークて……まあ、チェルシーさんと出会えて、暇はしていないな……」
 ふたりの間に共有されるその思い出こそを聞きたいと、花火は喧しいくらいにバチッバチッと音を立てて抗議する。しかし何だか良い雰囲気(?)になっている彼女らには届かないらしい。
「ふふっ……私にとっては一番の思い出よ。楽しい思い出を作っていきましょう、こうやって、ね」
「まあ、妖精郷も終わったし当分暇になるだろう……お出かけなら沢山付き合ってやるよ」
 そっと寄せられたチェルシーの千幸花火に自身のものを添わせるサイズ。先端同士がくっついてひとつになった火球は大きく震え、それでも決して落ちはしない。
 青紫に濃い桃に。彼女らが背に帯びた色をした火花は仲睦まじいふたりを照らすように長く長く灯り続けていた。

成否

成功


第1章 第4節

八重 慧(p3p008813)
歪角ノ夜叉

 誰もが小さな影になる河原に、彼の存在は些か目立った。猫背で丸みは帯びているものの元より背の高い『歪角ノ夜叉』八重 慧(p3p008813)は木の根のように曲がりくねった角を気にして、しゃがむことなく花火に興じるようである。
「そういや今年は花火見るとかあんま出来なかったっすね」
 今も続く豊穣の異変。そこに生きる鬼人種で、神使として召喚された彼であれば尚のこと慌ただしい夏だっただろう。
「さて、千幸花火さんはお喋り好きだそうっすね。花火楽しませてもらうんですし、その分、相手しますよ」
 楽しいものには楽しいものを返したい。そんな思いで慧は手の中の細いこよりに火をつけた。
「水菓子……果物っすね、それを貰った話をしましょうか」
 のんびりと語り始める声に震えながら火球が形作られていく。
「俺は昔、ろくなもの食べられない環境にいたんですけど、ある人に拾われてからそこいら改善されたんすよ」
 相槌を打つようにパチッパチッと緑がかった火花が散る。
「その中でも、夏に貰った桃が好きだったんすよ。瑞々しくて、冷やされてて、美味しいだけじゃなく食べる人のことも思いやってるモンだったんです」
 慧の声音に、そこに込められた優しさに。柔らかな桃色に染まる、枝垂柳の火花は思い出の中に溢れる甘い甘い果汁に似て。
「あれから随分たちましたが、今でも好物で、夏になると食べたくなります」
 ふわりと香りが鼻を擽るようだった。

成否

成功


第1章 第5節

 見慣れぬ姿の者が千幸花火を楽しむ様は地元民にも活気を齎らす。

 ——なあ、もう少し話して行こうか。

 夏が終わらないと困るものね。

 そういえばあんなこともあったな——

 広い河原の彼方此方と、思い出話を連れて灯された蕾が弾ける。さながら蛍の群れのよう。
 それを腕組みしながら向こう岸から見遣る男は、親方、親方、と駆け寄ってくる弟子の言伝を受けて頷いた。この勢いならどうにか間に合いそうだ。控えていた者達に声をかけて自身も持ち場へ移動し始める。

 さあ、お待ちかね。夜空に大輪が打ち上がる。

 変わり種は無くとも華はある。菊に牡丹、椰子、柳。ドンと奥まで響く音は祭りの山場、太鼓のひと打ちのように。屋台の売り子も負けじと声を張り上げた。

PAGETOPPAGEBOTTOM