PandoraPartyProject

シナリオ詳細

千の幸が咲く夜に

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

⚫︎湿気ってなんかいられない!

 早く、速く、はやく!
 
 声に急かされて職人達は和紙を捻る。赤から黄色、緑を経由して青、紫、濃い桃色へ。目を引くグラデーションのこよりには少量の火薬が包まれ、机には完成品が山と積まれていた。
 それでも声は喧しく、額に汗を滲ませた職人の手が止まることもない。和紙も火薬もまだまだたくさんある。いったい幾つ作れば終わるのだろうか。
 鬼気迫る作業場のそこかしこに貼られた『火気厳禁』の四文字。一際大きく書かれた奥の倉庫には大小様々な花火玉が厳重に管理されている。そこからも声は響いていた。

 早く火をつけて!
 速くバチバチッと光らせて!
 燃やして!
 燃やさせて!
 もう待ってるのは飽きちゃったの!


⚫︎終わりを飾る夜の花

「夏っていつまでだと思う?」
 小さな紫頭の境界案内人は頬杖をついた格好でそう投げかけた。彼の視線の先には一冊の本。開かれたページにつまらそうな視線を向けたままの質問だった。
「暦の上で秋になったら? それとも、暑くなくなったら? まあそんな感じで、人や地域によって違ったりもするじゃない。ここに花火で夏を締める世界もあるみたいなんだけど」
 そう言って広げて見せたページは夜色に塗り潰されていた。大切なものが足りないことに気づけば、ニヤリと意地の悪そうな笑みが本の向こう側から覗く。
「花火職人さんが張り切って作った線香花火がたっくさん余っちゃってるんだってさ! 遊び尽くす目処が立たないと打ち上げ花火はお預け、ついでに秋も来ないなんてタイヘンだよねぇ……ちょっとお手伝いついでに楽しんでくるとイイんじゃないカナ☆」

 曰く、この世界では火薬が意思を持っており、ひと度火がつけば全てを燃やし尽くすまで跳ね回る元気すぎる性格らしい。人間が扱うには火の神様の加護という名のリミッターが必要で、それでも暇を持て余せば隙をついて火の気のあるところへ脱走するほどだとか。
 故に年に数度、花火として発散させてやるのが習わしなのだそうだ。特に、夏は花火大会と称して火の神様に捧げる大きな花火を打ち上げ、会場では『千幸花火』——所謂、線香花火である——が配られるのだ。
 今年は花火職人が火薬達に煽られて予定より作りすぎてしまったため、このままでは不満を抱えた彼らによる暴動が起きるかもしれない。それを火の神様が知ったのなら、同時に司る夏の太陽を居座らせて抗議してくることは間違いない。

「それを阻止するために打ち上げ花火を見て、千幸花火を楽しみつつ、火薬ちゃん達も楽しませてあげてネッ☆」

NMコメント

花火無くして夏を終えられない、氷雀です。
初めてのラリー!
沢山の方に楽しんでもらえるよう頑張ります!
お一人様でもグループでも、どうぞ気軽に参加されてくださいね。


⚫︎世界観
神話が色濃く根付いている、日本の江戸時代に似たところ。
職人の技が神様と人間を繋いでいます。
過去作『本日、提灯日和』と同じ世界ですが、読まなくても大丈夫です。
https://rev1.reversion.jp/scenario/detail/3907

⚫︎千幸花火
職人曰く、お喋り好き。
自分達が知り得ない『夏の思い出』を聞きたがる。
楽しかった夏。悲しかった夏。
今年でも、もっと昔でも。それらを振り返って抱いた来年の夏に向けた思いを添えてみたり。
貴方の『夏の思い出』を聞かせてあげてください。
なお、火がついた状態で話し相手をしてくれなければ一晩中消えずに催促し続けます。

⚫︎打ち上げ花火
職人曰く、目立ちたがり。
詰められた火薬達は派手に燃えられれば満足だが、見上げる人々の反応も楽しみにしているようです。
何か叫んであげるのも良いかもしれません。

⚫︎花火職人
男女を問わず、十数人の青年から老年までが所属する職人集団。
みな火薬の声が聞こえる能力を持っており、親方と呼ばれる男性が彼らを仕切っている。
無事に打ち上げが終われば休憩しに会場に現れるでしょう。

⚫︎境界案内人
呼ばれなければ出向きませんが、花火には興味があるようです。

⚫︎各章の概要

第一章:千幸花火(前半)
会場の入り口で花火を受け取り、側の河原でお話ししながら弾ける小さな火花を堪能できます。
点火用にも明かりにもなる『一晩消えない魔法の蝋燭』も貸し出しており、消化用のバケツも何ヶ所か設置されております。
ひとつで足りなければふたつみっつ、とお楽しみください。
ある程度、花火が減った頃合いに移行します。

第二章:打ち上げ花火
会場中央の屋台には、日本のお祭りっぽいものならひと通りあります。
長椅子に座って、または食べ歩きしながら、向こうの河岸から打ち上げられる花火を見上げて楽しむことができます。
花より団子でもまぁ大丈夫です。

第三章:千幸花火(後半)
打ち上げ花火や屋台を楽しんだ後に、残りの花火を楽しみたい方や職人達と話したい方はこちらへ。

⚫︎注意点
二名様以上での参加はお相手様の名前とID、もしくは【タグ名】の記載をお願いします。
また、【ソロ】と書いてあれば単体で描写しますが、それ以外は他PCとの絡みが発生する場合がございます。

  • 千の幸が咲く夜に完了
  • NM名氷雀
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年10月14日 19時57分
  • 章数3章
  • 総採用数8人
  • 参加費50RC

第2章

第2章 第1節

カルウェット コーラス(p3p008549)
旅色コットンキャンディ

 『新たな可能性』カルウェット コーラス(p3p008549)の指の先で千幸花火が満足そうに燃え尽きた。
「この後も、大丈夫なら、一緒する、したいなぁ」

 会えて嬉しいと遠慮がちな誘いを断るほど、提灯職人も野暮ではない。ふたりは連れ立って歩き出す。
「打ち上げ花火、目立たせて、あげる、するなら。なに、叫ぶ、したらよいの?」
 思ったままに褒めてやれ、花火職人達の屋号『稲屋』でも良い、と職人。そこでカルウェットが鼻を鳴らす。
「……はっ! この匂いは!! おいしいもの!」
 誘惑に満ちた屋台の群れは、運ばれてきた香りに加えて狐を模したお面、水風船に水笛にと心躍る布陣だ。たったか軽い足音に職人が追いつく頃には両手いっぱいの戦利品を抱えていた。
「なんで、ボクの手は、二つ、なの? ……ぐぬぬぬ」
 祭り一色な姿に目を細めた職人が幾つか預かった時だ。聞き慣れぬ音に持ち上げる視線の向こう、ヒュルルと一直線に昇る光が——弾けた。
 紫にキラキラと映り込む赤い花。遅れてドォンと腹の奥まで轟音、人々の歓声、拍手に続いて次々と咲く極彩色に、カルウェットはしばらく声をなくしていた。
「……すごい。びっくり。大きいドドーン、初めてだもん。いろんなきれい、ある」
 ぽろぽろと溢れる感情を愛おしげに職人が言う。それを伝えてやると良い、と。
 大きく息を吸い込んで放った声は彼らにも届いただろう。
「大迫力!見れて、幸せー!」

成否

成功


第2章 第2節

 幾つも枝垂れる金色は稲穂のように、キラキラと燃え尽きていく。残ったのは夜空に焼き付く白い煙と目の奥に瞬く光、腹に反響する余韻、そして再びの歓声と拍手で締め括られた。

 屋台の行列が途切れ始め、会場を後にする者もちらほらと出る頃。部下に指示を出し終えた花火職人の長は橋を渡る。対面の河原に灯る小さな火花を道標に。近づく程に聞こえ始める声はどれも楽しげだ。ちと騒がしいが酒の肴にゃお誂え向きだ、と彼は呟く。火の神様が御座すまで、あと少し——

PAGETOPPAGEBOTTOM