PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<アイオーンの残夢>喜劇のような悲劇の残滓

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●戦いの残滓、妖精の帰還へ向けて
 妖精郷、エウィンの町攻防戦より数日後。
 イレギュラーズは辛勝を掴み取ったが、同時に仲間の失踪という重い代価を課せられた。
 しかし、その行方は思わぬ形で――深緑・アンテローゼ大聖堂にアルベドの介抱を受けて戻ってくるという異常とともに救済を得た。
 当面のあいだ、本人に事情を聞くことはかなうまい。だが、イレギュラーズ達は大聖堂に現れたアルベドの証言から、新たに調査すべき場所を導き出した。
 ……然るにそれは、エウィンの町全域。
 魔種達が妖精城に撤退したことで、彼らがエウィン・みかがみの泉・とばりの森に残した各種情報や戦闘の残滓を調査することで、彼らの目論見や新たな情報を引き出す事が可能になるだろう……という認識に至ったのである。
 アルベドとの戦闘跡を確認することで錬金術に関するなんらかの情報を絞り込み、魔種との戦闘跡を調べることで個々の目論見に繋がる新たなデータを発見出来る可能性が増す。
 総じてかなり地道な作業となるが、迎撃を考慮しない限りは、イレギュラーズが成すべき行為のひとつではあるのだ。

●妖精郷の魔と悪意
「……という訳で、皆さんには奪還した妖精郷全域の調査をお願いしたいのですが、もうひとつ確認してほしいことがあります」
 『ナーバス・フィルムズ』日高 三弦(p3n000097)はイレギュラーズ達にこれまでの経緯を説明すると、一本指を立てて一同に呼びかける。
 彼女がなにか追加で言うんだからロクなことじゃないだろう、と一同が思ったが、続く言葉は案外、当たり前の話だった。
「皆さんの健闘は健闘として、相手もさるものでした。故に私達は『辛勝』だった。そのせい、とは言いませんが、妖精達も勝利とは知らずに隠れ潜んでいる可能性があります。できるだけ、彼ら彼女らを探してきてほしいのです」
「つまり、その。どこに潜んでるかわからない小さい妖精達を? 奪還した地域の端から端までくまなく探せ……って言いたいのか」
 げんなりとしたイレギュラーズの問いに、三弦はこくりと頭を縦に振った。
 森の中、泉の蓮の下、花々の間、木々に登って葉の間。もしかしたら、家の中に籠もっているかもしれない。個別に訪問するにしても、ノックだけでは出てきてくれないだろう。
 ありとあらゆる調査手段と説得を以て彼らにエウィンの無事を伝えねばならない……と思うと、まあ確かに厄介な依頼ではあるのだろう。

GMコメント

 妖精郷奪還作戦はお疲れ様でした。
 ひとまず行方不明とかも一段落したところで、今回は調査依頼となります。

●達成条件
 エウィンの町全域を調査し、戦闘跡その他から魔種やアルベドに関する情報の断片を集積する。結果として魔種の行動原理を1~2つ特定に持っていければなおよし。
 (オプション)潜んでいるであろう妖精を探し出し、エウィンの町中心部にに送り届ける。

●エウィンの町
 調査対象は主に「エウィンの町(郊外エリア)」「みかがみの泉」「とばりの森」に分けられる。
 全部を調査する必要はなく、最悪一箇所に絞り込んで成果を大きく挙げる(妖精を多く説得する)でも可。
 調査に関しては探索系の各種非戦スキルの他、各パラメータも関係する。
 主にフィジカル・テクニックが高い場合、五感系非戦スキルの補強程度の上方修正。
 メンタル・キャパシティが高い場合、五感に依らない感覚系非戦スキルの補強程度の上方修正。
 その他、パラメータと非戦スキル、アイテム、その他の組み合わせ次第で調査に補強が入る場合がある。
(妖精捜索は飽く迄副次的内容なので、そちらに固執するとメインの条件達成が困難になります)
 なお、魔種の痕跡等の調査に関しては「どの魔種の」「どの地域での戦闘か」などが明確に示されていないと絞り込めない場合もあります。
(個別の魔種に関して深い追求というより、今回の一件についてどのような意図が裏で動いているのか、の補強程度になります)

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

  • <アイオーンの残夢>喜劇のような悲劇の残滓完了
  • GM名ふみの
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年08月10日 22時15分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (8人)

クロバ・フユツキ(p3p000145)
黒裂き
ヴァイス・ブルメホフナ・ストランド(p3p000921)
白き寓話
クリム・T・マスクヴェール(p3p001831)
血吸い蜥蜴
華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864)
嫉妬の後遺症
ウィズィ ニャ ラァム(p3p007371)
私の航海誌
ヴァイオレット・ホロウウォーカー(p3p007470)
影を歩くもの
ロト(p3p008480)
精霊教師
アーマデル・アル・アマル(p3p008599)
蛇霊暴乱

リプレイ

●白き偽りの残照
 エウィンの町攻防戦が妖精郷に残した影響は良きにつけ悪しきにつけ、絶大なものがあった。
 そこまでの混乱を起こしてまで、襲撃に訪れたタータリクス一派が何を目指しているのかは未だ謎が多い。
 次の戦いを想定し先手を打つのは当然であり……そこで重視される一つとして情報戦が揚げられよう。要は敵の目的を把握し、攻め入られる隙を作らないことも重要な要素となる。……或いは、相手の策の手抜かりを見つけるか。
「……って言われても、町で情報が見つかるかっていうと……」
 『血吸い蜥蜴』クリム・T・マスクヴェール(p3p001831)は空からエウィンの町を観察し、その被害状況がどれほどのものかを確認して回っていた。
 地上からは『影を歩くもの』ヴァイオレット・ホロウウォーカー(p3p007470)が足で稼ぎ、町の中に未だ潜む妖精達がいないか、何か手がかりがないかを探し回っていた。
(運命を視るのが仕事であるワタクシが、未知に翻弄されっ放しというのも面白くありません……)
 足を止めたヴァイオレットは水晶玉を取り出すと、意識を集中させ町に残った情報について占い始めた。或いは悠長に見えるかもしれぬが、全くのノーヒントよりはずいぶんとマシだ。
「どこも結構な被害に遭ってるな……建物の被害はそこまで大きくないみたいだけど」
 クリムは適度に高度をとりつつ、家々の被害をじっくり確認していく。妖精達の家は小さく、被害の確認は簡単ではないが、目に見えて大規模破壊を受けているケースは稀の様子。所々焼け焦げたり草花が枯れたりの二次被害が起きているが……と、そこまで確認したところで、彼女は地上でうずくまった影を見て慌てて降下態勢に入った。見間違いでなければ、あれは妖精だ……外傷はないが消耗が激しい。
「大丈……ぶ、じゃ、ないか……」
 着地もそこそこに駆け寄ったクリムだったが、妖精はすでに手遅れに近く、出来ることがあるとすればその身を柔らかい草葉の上に横たえてやる程度だった。
 指先に残ったざらりとした感触から、その妖精がフェアリーシードに捕らわれていた個体であることは分かるだろう。指先の粉はアルベドのそれか。
「その子は……アルベドに使われた子でしょうか」
「ああ。タッチの差で間に合わなかった……」
 クリムは妖精の亡骸に供え物をすると、沈痛な表情をちらりと見せてからすぐさま立ち上がり、助走をつけてから再び空へと舞う。
 飛び立つ際に散った白い粉に目をとめたヴァイオレットは、妖精の亡骸に近付き、クリムと同じようにその粉に目を留めた。……アルベドの片鱗。これを調べれば、錬金術師にとって不利な要素を得られないだろうか?
「これだけでは足りないでしょうし、もう少し調べませんと……」
 アルベドの消滅するさまを考えると、物理的痕跡よりは戦闘の跡から情報を得た方が早いのかもしれない。だが、水晶玉越しに見えた『弱った妖精』のビジョンが頭から離れない。……この個体のみでなければ、もっと情報を得られるのかもしれない。少々、考えが酷なのかもしれないが。とりもなおさず、それは救える命があるという証左ではあるまいか?
「戦いが終わったことを知らないのは不幸ですね。……頑張って、助けましょう」
 クリムも空から探してくれている。自分にしかできないアプローチで探すべく、ヴァイオレットは前を向いた。

「……私が参加した依頼は揮わなかったけれど、全体としては妖精郷を取り戻せた……そうよねぇ」
「辛勝、というと少し思うところがあるが、さきの戦いは成果をあげたと聞いている。俺達が妖精を助けられるのも、ヴァイス殿達の貢献あってのことだろう」
 『儚花姫』ヴァイス・ブルメホフナ・ストランド(p3p000921)は『新たな可能性』アーマデル・アル・アマル(p3p008599)のフォローに「そうね」、と小さく返した。
 クオン=フユツキと魔種・ブルーベル。今般の事態を招いた者達の中核の2人と遭遇した彼女に思うところが多いのは間違いない。その結果が芳しくなかったとて、多少なり情報を持ち帰ったのは確かな事実。
「ダウジングは……欲張らず、探すものを絞り込む事。やりながら移動する時に余計に揺すらない事、が大事なところだ」
 ブルーベルの目的を思い返すヴァイスをよそに、アーマデルはダウジングで大凡の位置を探ろうと歩き出す。と、とばりの森の入り口に残された焦げ跡……魔種“忘却の母”がイレギュラーズと交戦した場所であろうか。2人はくだんの魔種を知らぬが、所々に残った焦げ跡に残された魔力の残滓は強く、ダウジングの錘は乱れ振れ、暫し用をなさぬように見えた。
「ダウジングが上手くいかない以上、まずここを探せということだろう。何か残っていればいいが……」
「Bちゃんと、タータリクス? っていう魔種の目的がお互いちょっと違うみたいなのよね。他に生き残ってる魔種がいるなら、その目的も分かりそうだけど……」
 燃え跡に手を添え、違和感がないか探るヴァイスは、焦げ跡から発せられる強い意志……破滅願望といってもいいそれを嗅ぎ取り、眉根を寄せた。
 ダウジングを中断したアーマデルはといえば、戦場からやや離れた位置に薄ら残る霊の痕跡に向け歩き出すと、現れた妖精のそれに問いかける。妖精をそうしたのは何者なのか、何かを覚えていまいか、と。
「妖精さん……妖精さん……もう大丈夫、私達に力を貸してくださいな」
 他方、『嫉妬の後遺症』華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864)はとばりの森内部にいち早く鳥の姿で飛び込み、飛び回りながら妖精達の捜索に回っていた。
 そもそも、妖精郷を襲撃したタータリクス一派自体、人の姿をしていたのだ。元の姿のまま森に立ち入っても姿を見せないかもしれない、と華蓮は考えた。そして、妖精郷の変化は、当人達が一番よく理解しているであろうことも知っていた。結果、鳥の姿で自然に溶け込み、森の中の戦闘跡を観察しつつ、それらの痕跡が乏しい場所へと向かうことにしたのだ。
 妖精達を探る彼女の喉から漏れる声は小さい。妖精達へ呼びかけているというより、自分に言い聞かせ、より『安心できる己であろう』とする気遣いからだろう。
 彼女はきっと心から妖精達へと手を差し伸べようとしている。その献身に応じたワケではあるまいが……その往く手を遮るように現れた妖精を見て、思わず小さく叫びをあげた。
「きゃ……っ」
「わっ?!」
 唐突に現れた妖精は「しゃべる鳥」に驚きを見せ、暫し中空で固まったあと、おずおずと華蓮へと手を差し伸べた。

●泉の残滓/妖精達の小さな手
「タータリクス……此処、最近、似てるだなんて言われるんだよね。あはは、魔種とはいえ凄い錬金術士と似てるなんて、嬉しいなぁ!」
「…………」
「……なんてね」
 『特異運命座標』ロト(p3p008480)がおどけたようにそう口にすると、『讐焔宿す死神』クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)と『私の航海誌』ウィズィ ニャ ラァム(p3p007371)は非難するでもなく彼をじっと見た。ロトは力なく笑うと、あらためて周囲を……タータリクス達とイレギュラーズが交戦したみかがみの泉のあたりを見回した。
 人工精霊の生き残りがいれば重畳、とは思ったが、交戦したクロバらの手際と実力の高さから、それらが残っていないのは明らかだった。
 さりとて、それは織り込み済みでもある。精霊との交信が無理なら、物量と記憶で情報を引き出すだけだ。
「調査依頼は初めてではないですけど、痕跡を調べるってのは初体験ですねえ……よし、行ってきて」
 ウィズィは小鳥達を使い魔とし、周囲の偵察に向かわせる。合わせて、自動防御ドローンを偵察へと向かわせた。ドローンの視野と使い魔の自在性(鳥レベルでの)を生かし、タータリクスが何か残していないか、を探るのが目的だったのだ。
「クロバさん、タータリクスと戦ったときのことで何か覚えてることは?」
「ああ……まず探すとしたらアルベドの痕跡かな。フェアリーシードを失ったアルベドは砂に変わった。あれを回収すれば何か分かるかもしれない。あとは、タータリクスが爆発と炎の魔術を使っていたから、焦げ跡なんかがあれば奴の錬金術の痕跡や能力の調査が上手くいくと思う……ウィズィもそんな跡があれば重点的に頼む」
「分かりました。いやぁ、当事者がいると方針もハッキリして助かりますね!」
 ロトの問いかけに、クロバは少しずつ思い出しながら言葉を紡ぐ。ウィズィは彼の言葉を参考にドローンと使い魔を飛ばし、それらしき焦げ跡やニグレド、精霊の痕跡をたどっていく。
 ……返す返すも、クロバは一連の戦いを苦々しく思い出す。
(アルベドに見られた特徴、多少なりと本人の記憶も有していたしアルベドの“あいつ”も俺だとちゃんと認識できてもいた。俺みたいな人造人間ではなく、精巧なコピーというわけでもなければ一体……)
 恋人の――かつての長髪であったころの姿をしていたアルベド。遺伝子を写し取ったというそれは明確な「意思」を持っていたが、その一歩先の「感情」は乏しかったように思える。
 タータリクスもだが、クオン=フユツキの脅威度も大きいと彼は考えていた。ブルーベルは冠位魔種の為に。タータリクスは己の妄執じみた慕情が為に。なら、クオンはタータリクスに肩入れして一体何を得ようとしてるのだろう?
「君たち、この辺の精霊だね? 妖精の子達がいるなら、もう大丈夫だってことを伝えてほしいんだよね……僕みたいな男が呼びかけるより、君たちの方が信頼できるだろ?」
 ロトは足元をつぶさに観察しつつ、現れた精霊に目線の高さを合わせると、ゆっくり言い聞かせるように訴えかける。タータリクスに似ている、なんて言われると直接相手に声をかけるのもはばかられる。飽く迄、信頼の置ける者同士のコンタクトが最良と踏んだのである。精霊達は快く頷くと、方々へと散っていく。ややあって、怯えたように顔を見せた妖精達は、おずおずとロトやクロバに一礼してから去って行く。
「……よかったですね、タータリクスよりは善良な人間だって理解してもらえたみたいですよ」
「そうかな? だったら嬉しいんだけど……ところでウィズィさん、この焦げ跡どう思う?」
 慰めともフォローともつかぬ言葉をかけたウィズィに、ロトは足元の焦げ跡を指さした。そこかしこからニグレドの残骸やタータリクスの錬金術の痕跡を集めていた彼女は、少々毛色の違う焦げ跡に首を捻る。
「んー……? なんだか火で燃やされたって感じじゃないですね。燃焼でゆっくり燃えたというより、一瞬で焦げた……ような……?」
 専門知識があるわけではない彼女の、探り探りといった様子の感想に満足げにロトは頷く。どうやら、彼なりに大きなヒントを見つけた様子だった。

●手と手を繋いで/その記憶を断ち切って
「おねーさん、なにしてるの? こわいひとたち、もういないの?」
「ええ、ワタクシ達は皆様を迎えに来たのですよ。女王様も無事です」
「女王様も? わあい、みんなにつたえてくるね!」
 ヴァイオレットは、自身の舞踏に感銘を受けて顔を出した妖精の後ろ姿を見て、安堵の息を漏らした。大丈夫、というには少し状況が余談を許さぬものの、女王がタータリクスの手を逃れていることは大きい。
 彼女は人間が嫌いだが、無垢な彼らに罪はなく、何より彼らは被害者だ。いっときでも、終戦を迎えたことを伝えなければ可哀想だろう。
「おねーさん、たのしそう! 女王様に会う前に見ていってもいい?」
「ええ。妖精さん達も、よろしければ一緒に踊りましょう?」
 ヴァイオレットの問いかけに、妖精達は集まって彼女とともに踊り始める。
「……ほら、あそこ。みんないるだろう?」
「ほんとだー!」
 それと時を同じくして、クリムは連れ戻った妖精達をヴァイオレットの元へと誘うのだった。

「なるほどねぇ……妖精(あなた)達にも色々いるのね?」
「うん、ボクは喧嘩や競争は嫌いだけど、そういうのを好き、って子もいるよ。火とか、土とかに近い子とか……」
 ヴァイスは、とばりの森の周囲に隠れていた妖精を見つけ出すと、呼びかけるついでに詳しく話を聞いていた。
 彼女の懸念は、アルベドの多様性だ。イレギュラーズの個性があるとはいえ、それだけで説明のつかない多様性がどこから来ているのか。錬金術とイレギュラーズの個性だけでそうなるのか? という疑問への答えは、『妖精達のより細かい個性』への理解で合点がいった。それなら、まあ。好戦的にすぎるアルベドや、自害を選ぶ個体がいても当然なのだろう。
「……じゃあ、お前達はこの辺で起きた戦いも見ていたのか?」
「怖かったよぉ……優しそうなお姉さんが火をまき散らして、魔法陣が壊れたらそれも火をぶわーって降らせて……!!」
 アーマデルは焦げ跡から魔術の痕跡を探るさなか、妖精達を探し出し、彼らの記憶している限りの『戦闘』を聞き出していた。報告書だけでは知り得ない生の情報は、翻って“忘却の母”の用意した魔法陣の悪辣さと本人の慮外の実力を示すものとも思われた。
「森の中も大変なんだけど、今は大丈夫……多分、中にも隠れてる子はいるよぉ」
「そうか。それは……多分、大丈夫かな?」
「? どうして?」
 森の中を心配する妖精に、アーマデルは笑みを交えて答える。何故なら――。

「すごいすごい! もういっかい! もういっかいやって!」
「分かったのだわ……終わったら、見たことを教えてもらえるかしら?」
「いいよう! なんでもきいてっ!」
 華蓮は、森の中で遭遇した妖精(と、彼の仲間の妖精達)の前で、繰り返し変化の実演を行っていた。鉢合わせになる形で『鳥じゃない鳥』と遭遇した妖精は、はじめは身構えこそすれやはり根は単純で、華蓮の誠意に態度を軟化させ、交換条件すら示すしたたかさを見せた。華蓮は喜ぶべきか困惑するべきか迷ったものの、喜ばれている以上はいいのかな、などと思ったりもして……。
 それでも、彼らに応じるその姿を誠意なき者とは思うまい。彼女は、自分がどれだけ誠意と情熱、そして人を気遣う愛に溢れているかの自覚が足りていないだけ。
 妖精達との交流は、ひいては彼女の持つ魅力の萌芽となるだろう。

「この焦げ跡、多分……電撃系の魔術だね。放射状に残っているから、長距離をカバーできて直線上の相手をなぎ払う感じの」
「な、なるほど……」
 ロトは、見つけた焦げ跡を指さしながらクロバとウィズィに説明を始めた。
 曰く、タータリクスの使用する魔術はその一つに『電撃』の特性を持っている。それは射程内の相手を貫くタイプのもので、火炎魔術や爆発魔術とは異なる体形であること。
 ……そして、草葉が枯れている箇所を見るに、それ以外の手も持ち合わせているだろう、ということ。
「タータリクスの技術は錬金術と魔術の合わせ技といったところか……となると、あの男(クオン)と交流したことでアルベドを生んだとして……じゃあ、クオンとブルーベルの目的は一体何だ?」
 周囲の妖精達はロトとウィズィの尽力で女王の下へと戻っていった。それはいい。
 恐らくはタータリクスはアヴィル=ケインで待ち構えるであろう。それもいいだろう。攻め落とせばいいだけだ。
 だが、となれば目的が異なり、目標を同じくしたブルーベルとクオンの目的はなんだ。
 冬の王――といったか。
 それを求める意味とは何なのか。

 悩みに煮詰まっていたクロバは、ふと肌を刺す寒気に顔を上げた。
 周囲を見れば、寒さのあまりウィズィの使い魔としていた鳥たちの姿はなく、白いものがちらつきだしている。

 ひときわ強く、風が吹く。
 それは終わりを告げる、幕開けの風。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

 お疲れ様でした。
 皆さんの調査で、アルベドやニグレドの残骸、タータリクスの能力の一部、“忘却の母”の持つ能力の脅威度……その他、色々な情報が明らかとなりました。
 そして、事態は大きく動き出します。
 皆さんの健闘を祈ります。

PAGETOPPAGEBOTTOM