PandoraPartyProject

シナリオ詳細

お花摘みましょ、妖精さん。

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


「勘と鼻に自信ある?」
『そこにいる』アラギタ メクレオ(p3n000084)は、例によって焼き菓子を食べている。
「アルヴィオンから来た妖精とお花摘みに行ってくんない?」
 隠語じゃない意味で。とわざわざ言う辺り、この情報屋のひん曲がり具合がうかがえる。
「アルヴィオンはわかる? どこかにあるかはわからないけど、年中花咲き乱れ、お城に住まう妖精女王がおわす所。切り株のお家とかキノコの森とかごっこ遊びするもんだよ、子供は。妖精郷の門でつながる不思議な国」
 へー。そうなんだー。と、ウォーカーズが相槌を打った。
「で、大体新緑の迷宮森林――ハーモニアの集落が点在してる――そういうところと門は繋がりやすいっておとぎ話が残ってたりするんだけど。最近、魔物が強くなってるとか、妖精郷の門を壊されるとか、物騒な話を持った妖精が助けを求めてやってくるようになった訳。今回は新緑からのオーダーです」
 今回は、護衛任務。と、メクレオは言う。
「すっげー注意力散漫であっちこっちフラフラし、三歩歩くと何しようとしてたか忘れる妖精のお使いを手伝い、そいつを無事に連れ帰るお仕事」
 なぜ、そういう奴にお使いさせる。一番向いてないだろ。
「そいつにしかかぎ分けられない花が迷宮森林のどっかに生えてんだって。形はわかるけど、匂いだけ違うんだってさ。で、そいつはその花の匂いだけは忘れないんだ」
 なんかかんかのとりえはあるんだ。
「まず、群生地にそいつを連れてく。最近、今まで見たことないモンスターが出るっていうから覚悟しといて」
 何だ。どんな猛獣だ。
「固めのスライム――隻眼じゃなくて、質感が堅い。ゼリーじゃなくてグミ」
 ドロッとしてないのはわかった。
「近寄ってきて、自爆します。体液をぶちまけ、余った皮がくっついて再生します」
 いやな予感がする。
「放出される体液は、繊維製品を程よく溶かし、皆さんの生体部分を程よく露出させます。あ、体や武器は溶けない」
 程よくってどういう意味だ。
「社会生活に支障がない程度?」
 半疑問形が腹立たしい。
「そんなに手間取るような相手ではないんだけど、数が多いから気を付けてね。ただ、ちんたらしてると、妖精が逃げるから。捕まえて、思い出させる。繰り返す。現場到着」
 つまり、なんでヒトと一緒にいるのか忘れて逃げようとする。と。
「籠に入れようとか腰に糸をつけるとかするなよ。敵認定されると面倒だからな、妖精。同意したって3秒で忘れるからな」
 つまり、3秒で忘れるなら空白の3秒を作らないように延々と話しかけたり、気を引いたりしなくちゃならないってことか。
「群生地についたら花を摘む。嗅がせる。当たりをつかむ。ただし、放置するなよ。誰の干渉もなく3秒たつと、なんでそこにいるのか忘れてどっかに行くからな。OK?」

GMコメント

 田奈です。
 初ラリー。よろしくお願いします。
 道すがらモンスターを倒し、フラフラしている妖精を確保し続け、お花を摘むお仕事です。

*このシナリオはラリーシナリオです。
 一つの章で4人~10人程度まで採用予定です。
 二章以降の参加の場合、初めからいたという扱いになります。
 描写の際、何人かまとめてする場合があります。
 決まったグループで行動する場合は、【(統一グループ名)】を文頭にお願いします。
 一人でアクションの場合は、【孤高】を文頭にお願いします。

*妖精「ネームプレート」
 身長30センチ。白からピンクに変わる髪とそれに合わせた装束。
 男の子だ。
 首から名札を下げているが、字が擦り切れていて読めないし、本人も覚えていない。だから「ネームプレート」
 丁寧にしゃべり、はきはきしているが、3秒後にさっきまで話していた内容を忘れる。
 幸い根気よく話し続ければ、しばらくは覚えているし思い出せる。
 多動気味。目を離すとどこかに行く。束縛されるのが嫌い。
 覚えてないので反省できない。
 
*第一章 スライムは性別に左右されない。
 すぐ目的を忘れる注意力散漫な妖精「ネームプレート」を花の群生地に連れていくよ。
 場所はわかってるから大丈夫だけど、今まで遭遇報告がないモンスターがウロウロしてます。
 スライム(ちょっと固め)
 ポムンポムンします。ちょっと丈夫。機動早い。自爆する水風船。皮が割れても再生するよ、スライムだもの。体液もたまるよ。再生不能になるまで細切れにすればいいんじゃないかな。
 放出される体液は、防具を程よく溶かし、皆さんの生体部分を程よく露出させます。武器は溶かしません。安心。

 ここからは、予定です。展開によって変わる場合があります。

*第二章 妖精。いいからどこにも行くな。
 妖精「ネームプレート」がどっか行こうとするのを止めてください。迷宮密林の名は伊達じゃない。フラフラ飛んでこうとする妖精を確保して、目的を思い出させよう。

*第三章 お前がかいだのはこの匂いか?
 群生地でお花摘み。「ネームプレート」が覚えてる匂いのお花を摘もう。よく似てるけど違う種類のお花もいっぱい割いてるから、数が勝負だ。がんばろう。

  • お花摘みましょ、妖精さん。完了
  • GM名田奈アガサ
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年03月20日 21時38分
  • 章数3章
  • 総採用数23人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)
讐焔宿す死神


「さて花積みに行こうか、ネームプレート……って、さっそく変なとこ行こうとしないで!?」
 『真実穿つ銀弾』クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)は、はっしと妖精をつかんだ。
「何をしてましたっけ?」
 妖精――ネームプレートは丁寧にしゃべるが、会話内容が右から左に抜けていく。
「あんまり俺の事は覚えてなくてもいいから。迷子になると帰れなくなっちゃうぞ」
 ほどなく、スライムの襲撃があった。
 よくいるのがねちょねちょなら、このスライムはブリンブリンしている。
 魔力弾をばらまきつつ斬撃を加えるクロバ。ノズルファイヤで穿たれた穴から体液が噴き出す前に大きく切り裂き地面に吸収させる。爆発は避けなければならない。
「大丈夫だね、ネームプレート!」
 背後にかばっていたはずのネームプレートがいない。明後日の方角に飛んで行っている。その頭上にバインボインと乱反射しながら飛んでくるスライム。
 クロバはとっさにネームプレートをかばった。バシャアっとふりかかる生暖かい感触。
「うわっ! なんか飛び散った!!? 防具溶けた!!?」
 クロバの声に周囲に戦慄が走る。
(女性が同行でもしてればちょっと巻き込んでみたり考えるんだけどなーー!!!)
 クロバが周囲を見回したのは、またどこかに飛んで行ったネームプレートを探すためで、巻き込んでも叱られなさそうな女性を探していた訳ではない。

成否

成功


第1章 第2節

ゼファー(p3p007625)
never miss you

「ちょっと、頼むから出来るだけ遠くに行かないでくれます?」
 ゼファー(p3p007625)の語尾が半疑問形のお手本のようになっている。どっか行ったら握る。
 お花を摘みに行くだけの護衛。久々に楽な仕事引き当てちゃったなー? と喜んだゼファーだが、そうは問屋が卸さないのだ。あの情報屋のネタに限っては。と、内省してる間にネームプレートはフラフラと飛んでいく。スライムがブリンブリン飛んでくるというのに。
「リピートあふたーみー、一人で行っちゃダメ!」
「りぴーとあふたーみー。ひとりでいっちゃだめ」
「よーし、分かっていただけた様でなにより……ちょっと!」
「りぴーとあふたーみー!」
「そこじゃない!」
 バックハンドブロウという名の防御攻勢。ボケの勢いが強いほどツッコミが冴える。被害を被るのはスライムだが。
 試算する体液に、割と大事な上着に穴が開いた。
「オーケー、オーケー」
 笑顔が剣呑になる。
「此れは敵も味方もマジで一筋縄じゃ行かない、デンジャラスな一日になることがよーくわかりました……!」

成否

成功


第1章 第3節

ンクルス・クー(p3p007660)
鋼のシスター
中野 麻衣(p3p007753)
秒速の女騎士

『秒速の女騎士』中野 麻衣(p3p007753)と『鋼のシスター』ンクルス・クー(p3p007660)は、わが身も顧みず素手でスライムに挑む二人。
「得意分野だし任せてほしいかな」
 ンクルスが頼もしい。スライムの体液でスカートにスリットが入ってるが。
 どこまでも膂力頼み。
 舞に口を開く余裕はない。非力ながらも誠心誠意スライムをちぎっては投げちぎっては投げの結果、飛び散る体液。ぶっ掛かる量が情報屋の想定の数十倍。結果、全然程よくない。
 舞が、は。と、気が付くと、何やら微妙な解放感。
「ひょっとして……服全部溶けたっすかー!?」
 いや、辛うじて残ってる。残ってる分色々増すって誰かが言ってた。あっち引っ張ってこっち引っ張って。どうにか社会的に死なないですむ感じで移動できるんじゃないかな。ちょこちょこ歩きで行けば何とか。
「お気に入りの修道服が……」
 ンクルスも似たり寄ったりでしょぼんとしたが、すぐに立ち直った。というか、創造神はンクルスに『はずかしい』を付与していなかった。
「服がある場所まで帰るよ」
 ンクルスは、ひょいっと舞を抱え上げた。お姫様抱っこ。絶対膝を緩めてはいけないし腹筋を緩めてはいけない。角度によっては大変なことになる。とはいえ、視線防御の兼ね合いから俵担ぎでないことを喜ばなくてはならない。
「動きづらそう。怪我したんだね。私が運ぶから。再生付与しようね」
 ンクルスの優しさ。柔らかな表情。大事にされてる。
 チリチリとかすり傷が治っていくのを感じつつ、この大勢はまずい。とはいえ、恥ずかしいって感じをお友達にどう伝えたらいいのか悩む舞14歳だった。

成否

成功


第1章 第4節

サイズ(p3p000319)
妖精の守り手
アルテミア・フィルティス(p3p001981)
翼片の残滓
錫蘭 ルフナ(p3p004350)
猫派

「服だけを溶かすだなんて、そんな都合のいいスライムがなんで居るのよ……」
『銀青の戦乙女』アルテミア・フィルティス(p3p001981)がうめいた。
 まさにその通り。生体に影響がない体液で装備だけを溶かすスライムなんてなにかの意図があって創造されたとしか思えない。
「でも話を聞く限り、体液を浴びなければ溶かされないのよね? なら、当たらなければどうという事はないわ!」
 蒸発しろ。と、振り回される2振りの華麗な細剣。
 熱風にあおられる髪が風に千切れる。それを千切れた組織と一緒に吸い込んだスライムが吹っ飛んでいく。
『妖精郷の門の門番』サイズ(p3p000319)は、絶対体液に当たりたくない。
(魔力で出来た妖精ボディとのリンク切れるし、それでパンドラにどれだけのダメージになるか分かんないんだけど!? やばい俺に特攻持ちの敵かよ!?)
 ちょっとエッチなスライムは、物理リンク系肉鞘を使うインテリジェンス・ウェポンに強い。脆弱性が確認された以上、今後のアップデイトが期待される。
 超遠距離で戦うしかない。と覚悟を決めた魔鎌はガッチガチに氷の装甲をまとって空に舞い上がった。後は援護射撃という名の全力攻撃だ。蒸発していくスライム。
 それとは反対方向に一匹だけやけに素早く戦線を離脱するスライムを見た。
「当たったら痛そうなんだけど。ドッヂボールも嫌いなインドア派なのに、なんでこんなのに突っ込まれなきゃいけないワケぇ……」
『猫派』錫蘭 ルフナ(p3p004350)は、チャッチャと片付けることにした。神秘パンチでぶっ飛ばす。しゅうと言って溶ける布。
「還暦も近い男の肌なんかどうしようもないだろうけど、目に毒なもの見せるわけにもいかないし」
 目の毒なんてとんでもない。熟年ショタには一部の熱烈な需要があるので身辺に気を付けてほしい。里の兄君のご心痛を察する。
 フラフラと飛んでいくネームプレートが視界の隅に入る。
「これからお花を探して君に嗅いで確かめてもらはなきゃいけないから君にどこか行かれると困るんだよ。摘んで帰らなきゃいけないんだから先を急ぐよ!」
 一見少年が妖精さんとおしゃべりしてる。楽園かな。スライムが体液はいてて、炎や魔力による砲撃がドッカンドッカンしてる地獄チックな戦場だけど。
「そうですね。急がなくちゃですね。――あれ、どこにでしたっけ?」
「妖精の物忘れは激しいし!」
 ルフナは天を仰いだ。
 サイズが戦場とは別のところを見ていて、あれ。と思ったが、ネームプレートがまたふよふよ飛ンでいくものだからそれを追いかけるのに集中しなくてはならなかった。

成否

成功


第1章 第5節

シフォリィ・シリア・アルテロンド(p3p000174)
朝を呼ぶ剱
コゼット(p3p002755)
ひだまりうさぎ
Tricky・Stars(p3p004734)
二人一役
リウィルディア=エスカ=ノルン(p3p006761)
銀なる者
築柴 雨月(p3p008143)
夜の涙

「スライムを倒していきます。あんまり離れないように傍にいてください!」
『朝を呼ぶ剱』シフォリィ・シリア・アルテロンド(p3p000174)は、ネームプレートを見つけてからは、ぴったりマークしていた。
 ネームプレートも真摯な顔をして頷くのだが、3秒で忘れて、フラフラとどこかに飛んでいこうとする。
「集中できませんね。ここは――」
 シフォリィは戦い方を変えた。スライムの攻撃を受ける未来を回避する。歯を食いしばり、相手を弱らせ、とどめの一閃を繰り出す。
 己の回避能力を信じ、ネームプレートを負いつつ、脱衣の運命に抗った。
 社会的致命傷を受けない限り悲鳴一つ上げまじ。その意気やよし。
 各人の奮戦によって、スライムもいい感じで駆逐できている。帰り道は楽できるだろう。
 イレギュラーズも、治療とネームプレートへの言い聞かせに移行し始めている。
 「良いかねネームプレート君、覚えるべきはただ一つだ。俺がこの世の何よりも美しいこと。それさえ覚えておけば何の問題もない」
 『二人一役』Tricky・Stars(p3p004734)の体の持ち主は自身は確かに裏打ちされたものだが――
「見事にスルーされてんぞ」
 ――同じ口から冷静に指摘されている。ネームプレートも小首をかしげている。
「わすれっぽい妖精さんなんだ……お話してたのにわすれられちゃうの、ちょっと悲しいね」
 服の破れた所を大きな発破でふさいだ『ひだまりうさぎ』コゼット(p3p002755)に、ねえ。と言われると白皙の頬に涙が流れちゃう。天使だもん。
「どうだ、この陶器のような素肌は?」
『誰も見てねーよ!』
 外見の出入りが激しい。
『今の、忘れたんじゃなくて、覚える必要もねえどーでもいいことだったからじゃね?』
 憑りついてる方が辛辣。
「無事に花の群生地に辿り着けるように誘導するよ。でも、すぐに忘れちゃうんだよね? じゃあずっと話しかけ続ければいいのかな?」
 聖光を放射し続けていた『夜の涙』築柴 雨月(p3p008143)は、怪我人を癒すべく、今度はメガヒールを詠唱しながら歩いていた。
 柔らかな波動がバインベシンと突撃してくるスライムによる痛烈な打撲傷を癒していく。ボディブローはあとから内臓に響いてくるから放置は禁物だ。
「みんな、大丈夫かい? どこか怪我をしているんだったら見せてくれないかな?」
 怪しくないよ。医者だよ。白衣と聴診器は伊達じゃない。
 幸い、後まで長引くような傷はなかった。
「まぁとにかくやってみるしかない。話し続けるのは息が苦しいけど、なんとか3秒空けないように」
 ルバイヤートたる『暁天の唄』リウィルディア=エスカ=ノルン(p3p006761)は、古き言葉を戦慄に乗せるものだ。息継ぎなしの高速ラップは畑が違う。
 しっかり目を見つめようとするが、身長30センチの妖精のおめめは豆粒にさも似たり。
「いい? 今日は君のお使いなんだ」
「はい。今日。ネームプレートのお使い」
「忘れないように」
「忘れない。今日はお使い」
「――って待って! そっちに行かない!」
 情報を分断すると、端からぽろぽろ忘れていく。
「じゃあ、わすれられないように、ずっといっしょに歌を歌ってればいいよ……! そうすれば忘れないよね」
 コゼットが言った。あなた、今、いいことを言いました。
 ずっと同じ動作を続けている限りは忘れるのはせいぜい歌詞だけだ。もう、内容はいいんじゃないかな。
「それなら任せて」
 リウィルディアが胸を張った。専門職の矜持。が、思い出してほしかった。スライムを殴りまくった直後だったということを。
「───っあ、しまっ、服がっ」
 ぺら~。とリウィルディアの服の弱くなった布が剥離する。
「はっぱっ!」
 とっさにコゼットが葉っぱを分けてくれた。ソードミラージュは速さと目くらましが命。
 お歌を歌いながら行きましょう。歌詞は忘れたって大丈夫。外れた調子はごまかしましょう。

「「こっちに素敵な花畑があるよ!」

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM