PandoraPartyProject

ギルドスレッド

文化保存ギルド

PPP一周年記念SS置き場

ここはSSを投稿したいけれど、自ギルドがない人等が投稿する場所です。ご自由にどうぞ

その日、小平藤次郎はいつものように酒場へ向かっていた。いつもの和装と腰にキセルを身に着けたいつものスタイルで歩くこのときはなんとなく楽しい。
しかし今日は道中の雰囲気が何やらおかしいことに気がつく。
(いやにざわついておるな…何かあったのか?)
少し足早に歩を進めると、目の前に人だかりができていた。
「おい、何事じゃ?祭りでもやるのか?」
その辺にいる野次馬を捕まえ、尋ねてみる。
「祭りならよかったんじゃがねえ。ほれ、そこの店で立てこもりじゃよ」
藤次郎の問いに答えたのは年は腰の曲がった老人で、手にした杖で騒ぎのある方を示した。
「どれどれ…」
藤次郎が視線をやると、示された先は今向かうつもりの酒場であった。ちょっと小さめのウェスタン風(というらしい)酒場だが、数多くの酒があるうえに静かだ。しかし今日は周りを取り囲む兵士と、それを眺める周囲の人々で埋め尽くされており、普段の面影がまるでない。
(ふうむ。困ったのう…)
これでは酒が飲めそうにない。今日のところは出直すかと思い、背を向けようとしたときだった。
「さっさと金だせ!!この劣等人種ともが!!!」
怒号とともに乾いたような破裂音が何度も響き渡る。
「きゃあ!」
「あいつ撃ってきたぞ!」
「けが人がいる!早く運べ!」
叫び声と悲鳴が響き渡り、兵士たちがその対処に回る。
「おい爺様。こんだけひどいことになっとるのになんで黙ってここのもんは見ておるのだ?これじゃけが人が増えるだけだろう」
肩や太ももにから血を流した人が何人も担架で運ばれていくのを見ながら毒づいた。老人は薄くなった頭をポリポリとかきつつ返事をする。
「それもそうなのじゃがな、なにせ人質がおる」
「人質?」
「そうじゃ。あの店の一人息子が質の悪いウォーカーの酔っぱらいに人質に取られたな。そこからあの騒ぎじゃ。しかも人種がどうとかわめいておるし……本当にタチが悪いわい」
老人は苦々しく言葉を吐いた。
「本当にウォーカーは…」
「これだから常識を知らない連中は…」
周囲の人間も同じことを思っているらしく、そこかしこで似たようなことを言っているのが聞こえた。
藤次郎は店を一瞥。様子をうかがうと一歩踏み出した。

藤次郎は老人を無視し、人混みをかき分けて酒場に向けて歩みを進めた。少々狭いが、ガタイがでかい自分が通れば割と無理やり通れる。
「おいそこの。これ以上は立入禁止だぞ」
当然兵士に呼び止められるが、その辺の対策は一応考えてある。
「おっと、そいつはすまんな。行きつけの店が心配でな」
「気持ちはわかるがどうしようもない。おとなしく待っていろ。我々がなんとかする」
兵士は藤次郎よりも小さいが色黒でかなり鍛えられており、身につけた鎧も相まって頼りがいはある。装飾が少々豪華で、どうやら隊長らしい。しかし今回は話が別だ。隊長だろうがなんだろうが話は聞けない。
「そうは言うがなあ、人質もおるんだろう?さっさとできるもんか?」
「闇雲にはいけん。しかし機会を見てなんとかする」
「ふーん…ならしばらくかかりそうじゃな。ワシがなんとかしよう」
藤次郎はそれだけ言うと、そのまま酒場に向かった。
「なんとかって…おい立入禁止だと言ったろ!入るな!」
「大丈夫。これでもローレットに所属しとる」
「そういう問題じゃない!」
兵士が怒鳴りつけつつ藤次郎の肩に掴みかかる。藤次郎は少しだけ首を兵士の方に向け、
「やかましい」
とだけ言い捨てる。それだけの言葉だが、体格差と武人の持つ独特の威圧に気圧された兵士は、おとなしく引きさがった。

酒場の中は当然ガランとしており、人気はない。そこかしこにグラスや酒瓶、アルコールが散乱しており、店の中はかなり荒れていた。かなり暴れたらしく椅子や机もかなり破損し、床や天井はあちこちに弾痕がある。
「さてと…おーいおるかの?」
「動くな!」
呼びかけると、怒声が中から聞こえてくる。
「金は持ってきたのか!」
中を見ると、カウンター席に立てこもり犯と思われる男がいた。カウボーイスタイルを身に着けた白人の男で、拳銃を右手に握りこちらに銃口を向けている。泥酔しているらしく、顔はかなり赤い。
その傍らにはまだ10歳にもならないであろう黒髪の男の子が震えながら座らされていた。店の主人の息子であり、おそらく彼が人質であろう。店を手伝っている少年で、たまに藤次郎もチップという名のお小遣いをあげたりする。
「店の入口まで持ってきておる。なかなか重かったぞ」
「じゃあおいて帰れ!」
「その前に子供が先じゃ。出なきゃ金は渡せぬわ」
「うるせえ!劣等人種の黄色い猿め!俺に楯突く気か!」
3
「鬼と言われたことはあるが猿というのは初めてじゃな。というかその劣等人種というのはなんじゃ」
藤次郎の問いを、男は鼻で笑う。
「何だ知らねえのか?俺たち白人がえらくて他の色つきの連中はみんなゴミクズの奴隷野郎なんだ。そんな事も知らねえのか?」
「知らんなあ。そもそもそりゃどこの話じゃ?」
「故郷のアメリカよ!自由と平等の国だ!」
「ふうむ…」
「それにしては随分見識の狭い考え方じゃな」
「何!?人の故郷を馬鹿にすんのか!ええ!」
「おんしの故郷のことはよく知らん。しかしここに来たらおんしのわけわからん考え方は通用せんぞ。人種だの肌の色だのはあまりに些細すぎることじゃ。なにせ熊やしゃべる家具までおるんじゃぞ?おんしもウォーカーなら見ておるじゃろ?」
「う、うるせえ!」
「その反応は図星じゃな?ならわかっておるじゃろう、こんなことしても無駄だしおんしの考え方は間違っておる。何にしがみついて暴れておるんじゃ、しょうもない」
「うるせえうるせえうるせえ!俺は!こんなわけわかんねえところで!わけわかんねえ劣等人種に頭下げて暮らすなんてごめんなんだよ!てめえのようなやつは反吐が出る!くたばれゴミクズ!」
「痴れ者が!!」
男が引き金をひこうとした瞬間、藤次郎の怒号が飛んだ。声に威圧され、一瞬指が止まる。
そこを見逃す藤次郎ではない。腰に挿したキセルを逆手に抜き、そのまま男に向けて手裏剣のように飛ばす。混沌の影響で力が衰えたとは言え、鍛え上げた人間の放つものである。額にクリーンヒットしたキセルは、男を気絶させるには十分内力を持っていた。
「ぐげ!?」
結果、男が昏倒したのは言うまでもない。
「やれやれ、もう大丈夫じゃぞ?」
藤次郎が言うと、人質になっていた少年はこちらにお辞儀したあと一目散に店の外へ駆けていった。


「まさかほんとにすぐに終わるとは……」
先程の隊長(確認したらあっていた)は驚気を隠せぬ様子であった。
「まあこれくらいはのう。伊達に特異点?やっておらんさ」
しれっとした調子で藤次郎は返事をする。
「それで、あいつはどうなるんじゃ?」
「ああ、あの立てこもり犯か。けが人も出てるし店も壊されてる。死刑とまではいかないが、しばらく牢屋にぶちこまれるだろうな」
「ふーん、まあ当然か」
「ああ。たとえどこの生まれだろうとここの法には従ってもらわんとな。じゃあ私は後処理があるのでここで失礼する。今回は協力を感謝する。そのうち何か礼をさせていただくよ、ではな」
隊長はそれだけ言うと、帰っていった。
(ワシも帰るかな)
藤次郎は酒場に背を向け、さっさと歩いていった。脳裏には先程の立てこもり犯の言葉と、野次馬たちの言葉が浮かぶ。
『劣等人種め!』
『これだからウォーカーは…』
あの立てこもり犯と野次馬たちの何が違うのだろうか。人が人であり、知恵を持つ限りどこもかしこも変わらないのではないのか。法があっても道徳や心が変わらなければ同じことは何度でも起きるのではないのか?
そんな考えが頭の中をぐるぐると回って仕方がない。そしてウォーカーと呼ばれる自分も、例外なく今回のような問題に巻き込まれる恐れが多々ある。今までであった連中も含めてそうだ。
火種はあちこちにあり、いつ事になってもおかしくはないのがこの世界なではないのか?
(やれやれ……こういうときに酔っぱらえたらいいんじゃがのう)
難しいことと、解消のしようがない問題にひどく身を蝕まれてくる。
酒に酔えない自分の身をひどく恨めしく感じた。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM