PandoraPartyProject

ギルドスレッド

悪の秘密結社『XXX』

【模擬戦・ハードルール】針金・一振VSラクリマ・イース

このスレッドは模擬戦専用スレです
針金・一振、ラクリマ・イース以外の発言や茶々入れ等は試合が終了してからで宜しくお願いします

・ハードルール
ライフポイントは500点からスタート、話し合いによって変えても良い。
先ず乱数で先攻後攻を決める、出目の大きい方が先攻となる。
先攻ターン、攻撃側は乱数を使って攻撃を演出、防御側も乱数で防御を演出。
「攻撃側の乱数ー防御側の乱数=防御側に入るダメージ」、として計算する。
結果の数値がそのまま相手へのダメージとなる。結果が0以下の場合はノーダメージ。
後攻ターンは攻撃と防御が入れ替わり、先にライフが0以下になった方が負けである

「さて、それじゃあ御披露目と行こうか」

【攻撃】
……。(しばらく考えると、再度詠唱をかけ直し)そうですね、先ほども遠慮はいらないと言われたばかりなのに…すみません、俺はまだまだ甘いようです。
でも針金先輩も、この隙に攻撃できたのにしなかった…やっぱり先輩は良い人ですよね!(止めた空気を切り裂くかの様に 針金めがけ下方から波の様に流れ突き上げる氷の刃を走らせる)
84
【防御】
いいや、それはそれで美徳さ
これに関しては僕の失態でしかない
だっていうのに殴りかかるのは些か僕の美学に反するんでね
95
【ダメージ0 HP150】【攻撃】
(波のようなそれを 不安定な氷の刃が固まる音を聞く 空気の揺らぎを感じ取る それらを一瞬の内に感じ取る…)(現れた瞬間に合わせるように、勢いが伸びないタイミングで踏み渡る。それはさながら踊るようなステップで)
”生きるってのは面白い事やモノを探す為にある”
だから、詰まらない事はしたくなくてね
さあ、行け我が騎士(右手を動かす。より激しくより複雑に)
(騎士が盾を落とし、大剣を両手で握る。片手で振るうそれとは全く以って別次元の速さと重さで振り下ろした)
56
【防御】
……そんなかわし方、ありですか!(綺麗に踏みかわされる氷の刃に焦りの色で笑いを浮かべ
84
【ダメージ0 HP310】【攻撃】
――!!(落雷がごとく勢いで落とされる剣。運がよかった、剣はギリギリの所をかすめ回避には成功した アレにあたっていたらと考えると恐ろしい…)面白い事やモノを探す…ですか。たしかにつまらない事は俺も嫌いです!自分のやりたい事やって、言って自由に毎日過ごしたいです!!(あの攻撃の速さは本気でヤバイ 腕を狙うなんて言ってられる余裕ないな…もう何も考えず本体を沈める事だけに集中しなければ―― 続けて詠唱をとなえれば針金へ一気に距離をつめようとする 放つ魔法は逆再生 これが一番ダメージが高い 体のどこでもあたりさえすれば!!)
28
【防御】
それが理想だけれどね
ただまあ、どうしようもない事は侭ある
だからこそ面白いものを探すのさ
22
【ダメージ6 HP144】【攻撃】
(勝負を決めに来る… うん、ならまあ…)(ズタボロの左腕で迫る魔法の込めた何某を往なす ギリギリ掠れたそれが左腕を更に痛めつける…が、まあ動きが止まるほどじゃない)
この世界は詰まらない物もそれなりには多いけど…
それでも面白いものは沢山転がっているってね
(そのまま、頭を振り上げる 鼻頭を狙って額を思い切り振り下ろす。喧嘩殺法もいいところだ)
91
【防御】
それなら、この結社ピッタリですね
色んな愉快な人が沢山いて、いつも何かと騒がしい…楽しい事が転がり放題です!
83
【ダメージ8 HP302】【攻撃】
(迫りくる攻撃を頭をそらし避ける しかし、完全によけれず鼻の急所は避けたが鼻には直撃 鼻を押さえながら後退りで再度踏み込むための距離を取る)
いたた…今の鼻が砕けるフラグでしたよ
これ以上顔のパーツ失うのは、ちょっと嫌だなぁ…。
(笑いながら鼻の無事を確認すると 魔法を走らせ氷の障害物で勢いよく斜め上に飛び上がる 上空から氷の矢を降らせるつもりだ 密集した攻撃ではないが複数の箇所を貫くならこれが手っ取り早い――!)
84
【防御】
ああ全くだよ
本当にここが見つかったのは僥倖だ
61
【ダメージ23 HP121】【攻撃】
(背を屈めながら右手を動かす 騎士がちょうど体の上へ突く様にまっすぐ大剣を伸ばし、氷の雨を防ぐ屋根にする… が防ぎきれるものではない 背中に幾らか突き刺さる)
ッ……! ハハハ、思い切った事をする!なら、こっちはこうしよう!(騎士が大剣を引き戻す そのまま引いて引いて…ラクリマめがけて思い切りぶん投げた)
51
【防御】
まさか、そう来ますか…(投げ込まれる剣に驚きの笑みを浮かべ
42
【ダメージ9 HP293】【攻撃】
(飛んだ状態からの体制不利 飛んでくる剣 静かに詠唱で呼吸を整える)――ならば、こうするだけです!!
(剣に向かって大きな氷の槍をぶつける 無論そんなもので剣の勢いは止まらない 氷は高い音をたて割れ、剣は大きく脇腹を切りつける しかしそれも想定内、狙いは割れた氷 硝子のようなその破片は針金めがけ刃を向けて飛んでいくだろう) 
3
【防御】
おっと、そう返すか
(空から降り注ぐ氷の破片を)
100
【ダメージ0 HP121】【攻撃】
(騎士の背に隠れてしのぐ 降り注ぐ刃を凌ぐにはこの頑丈な人形は最高の結果を齎した)
余程何かを降らすのが好きなようで…っと(騎士が盾を拾う スナップを利かせて思い切り投擲した)
92
【防御】
派手な魔法は男のロマンですからね!!(投げられた盾 さてどうする
76
【ダメージ16 HP277】【攻撃】
(これは避けにくい! とっさに体を回し受け身を取るが不十分 大きな衝撃と共に宙に浮く感覚 大きく後方へ飛ばされ床へ落ちる)っ……アバラが逝ったか。でもこれで…剣も盾もなくなった――人形は使えない!(腹部を押さえ立ち上がると 本を掲げ詠唱 いつもより長い詠唱 後方へ飛ばされたからこそできる詠唱 確実に止められなければ、今まで以上に多い氷の刃が一帯に降り注ぐであろう)
92
【防御】
これは…しくじったかな?
(ブルーブラッド故に見るまでもなくわかる 膨大な量が空間を埋め尽くすのを感じる 氷の嵐がこちら目掛けて飛んで来る)
38
【ダメージ54 HP67】 【攻撃】
(騎士に両腕を交差させ、それを盾として距離を詰める だが、関係ない)
っぐう……!(防御なぞ関係ないと言わんばかりの暴力的な威力の前では、騎士の有る無しは誤差の範疇に等しかった)(けれど)はははは!やるねえ!(笑う。もはや虫の息程に浅い呼吸を繰り返しながら、笑う)
(騎士の人形を動かす 強引に左腕で相手の右腕を掴みに行く)(腕を取れたならば、右腕は相手の袖だ。掴んだまま反転、相手を背負い 腰で浮かせ こちらへと投げさせる タイミングを合わせて頭狙いの回し蹴り さあて、ここまでうまく行くかどうか)
53
【防御】
――っ…はぁ…はぁ……。(血の気の引いた冷たい汗が流れる 流石に魔力を使い過ぎた…あと何回攻撃できるだろうか……そんな事も考えている暇もないですけどね)
52
【ダメージ1 HP276】【攻撃】
今のが一番の大技だったのに……どうしたものかな…この状況…。
(だが、掴ませはしない! 迫りくる腕を掴まれる前に掴む ここからこちらも向こうが狙ったように投げてやりたい所だが、今の肩では不可能 そのまま自分の方に引っ張れば 勢いよく人形のバランスを崩し体当たりをかます!)うおおおおおおっ!!!(そのまま人形を盾に、針金めがけタックルしに突撃だ)
60
【防御】
なあに、僕だって虫の息だから心配はいらないさ
93
【ダメージ0 HP67】【攻撃】
(騎士がバランスを崩す。 それに乗じてのタックル 空気がぶつかる音)
(されど、もう騎士の背後に針金はいない 倒れゆく騎士の頭に右手を置き…)
負けるつもりも無いけれどね!(そこを支点に一回転 相手の背後へと着地する)
(そうして後頭部狙いのハイキックを放った)
95
【防御】
それは俺も同じ、負ける気なんてありませんから!!
97
【ダメージ0 HP276】【攻撃】
(背後から襲うハイキックを本で受け止める 衝撃は大きいが 流石、無駄に重くて無駄に分厚い本…良い盾になる そのまま受けた足を大きく振り払えば 乱れた呼吸で無理やり唱える)
――これで、どうだ!!!(それはまるで殴るように 上半身めがけ投げられる近術魔法)
23
【防御】
(ヒュウと口笛を鳴らす。今のを止めるか!)(そうして足が振り払われる バランスを崩す)
74
【ダメージ0 HP67】【攻撃】
(上半身を狙う一撃を敢えてずっこける事で躱す)
…それは、見えているさ!(ずっこけながら右手を動かす)
で、そこだ!(右手を支点にラクリマの頭部を両足で挟み、腹筋で起き上がる 全身が軋む 無視する)(そうして上半身を激しく下へ振る その反動で相手を頭から投げる これが俗に言うフランケンシュタイナーだ)
73
【防御】
ですよね…って!!(頭を足で挟まれた 何が起こるかわかっていない)
62
【ダメージ11 HP265】【攻撃】
(そのままグルンと投げられるが とっさに受け身を取り頭ではなく肩から大きく落とされる)――くはっ!!!(肩からと言えど中々の衝撃 大きく視界を揺らす)
まだだ!!(まだあきらめないと言わんごとく 荒ぶる呼吸を押さえながら、まだ近くに残る足を捕えようと手を伸ばし 足に魔法を叩きこもうとする)
77
【防御】
(落とした音が違う。完全には決まっていない)
(と、同時に足が掴まれる感触)
46
【ダメージ31 HP36】【攻撃】
(足が爆ぜる様な激痛を訴える 無視する)
はっ…ははは…!(笑っていた。ああ──楽しい!)(こうして必死で鎬を削り合う事の面白さは筆舌に尽くし難い)
(右手を動かす。騎士が両手を組みラクリマの頭部めがけて振り下ろす)
87
【防御】
(笑ってる…この状況で? ああ、でも、確かに…………楽しいかもしれない)
100
【ダメージ0 HP265】【攻撃】
(振り下ろされる攻撃を 魔法で大きくはじき返す 楽しいが…もうあちらこちら痛い)先輩楽しそうな所、申し訳ありませんが…そろそろ終わりにしないと怪我でサーカスへ行けなくなりそうです。だから、これで沈んでください――!!!(一気に魔力を高め、針金の腹部に向け逆再生を打ち込もうと、大きく腕を振り上げる!)
5
【防御】
沈んでくださいじゃあ、ダメだね
どうせなら、沈め、だ!
45
【ダメージ0 HP36】【攻撃】
(振り上げた間合いに渾身の力で踏み込む)
この場で意見を通したいなら、悪の秘密結社らしく!
力で示しなよ!(右手を握りこむ。技術も何もない全力で振りかぶるテレフォンパンチ)(顔面を狙った酷くまっすぐな一撃だ)
2
【防御】
なるほど力ですか!!(殴りこむ動作をみると、面白そうに笑いながら本を捨て
23
【ダメージ0 HP265】【攻撃】
ではこちらも、男らしく最後は拳で行かせてもらいます!!
(顔面を狙うパンチをすれすれで避ければ カウンターの体制! 下から上へと顎を狙うアッパーだ!!)これでどうだ!!!
16
【防御】
ハハハ、粋だねえ!
面白い!
92
【ダメージ0 HP36】【攻撃】
(躱すべくもない顎狙いのアッパー なら、当たる前に体を密着距離に持ち込む 体重をラクリマへと預ける)
けれど、別に拳に拘らなくても良かったと思うよ、僕は(そのまま右手を動かす 騎士が右拳を振りかぶる 自分ごとラクリマを殴り抜かんとする)
79
【防御】
ちょ、ちょっと!(振りかぶる人形を
94
【ダメージ0 HP265】【攻撃】
ここは男らしく拳で勝負って場面じゃないんですかー!!いや向こうも拳ですけど!!!(抗議のツッコミを入れつつ、とりあえずこのままでは二人共食らうので、針金を遠くへ突き飛ばして、自分も急いでしゃがんで回避)
まあ、俺も本がないと威力が出せないだけで、魔法が使えないってわけではないんですけどねっ!(そのまま、低い体勢からの魔法詠唱 小さな氷の刃を作れば 人形を動かす右手を貫かんと狙う)
88
【防御】
残念ながらただ必死なだけさ
39
【ダメージ49 HP-13】【LOSE…】
(もはや余力は残っていなかった 突き放されてふらつき倒れ、その刹那に右手を氷が撃ち抜く)
(そのまま気力が切れたのか騎士も崩れ落ち、針金の影が戻ってくる)
こ…これは…俺が勝ったのか……?
(急に動くんじゃないかと心配しながら、様子をうかがうように近づき)

……大丈夫ですか、針金先輩。(やり過ぎたかなと心配しつつ、回復魔法をかけ)
(回復魔法が通る 掠れた声で)…君の勝ちだ
遠慮せずに勝鬨を上げるといいさ(なんとかふらりと立ち上がる)
いやあ、お見事 強いねラクリンくん
勝鬨…勝鬨……。おぉぉーーー……無理。
(取りあえず片腕あげて喜ぼうとするが、肩が痛い)

いえ、針金先輩も凄かったです。
後半のこの人形の動きとか、もう…やばかったです。(疲れて語源力無し
はは、驚かせるようなことができてたなら幸いさ
さあて、と僕もテンション上げちゃってたとはいえちとやりすぎちゃったかなあ
撤収撤収…あー、ごめんラクリンくん
ちょっと右手をもう少し直してもらえるかい?(ぷらぷら)
でも、すごく楽しかったです!
相手になって頂きありがとうございました(ペコリと頭を下げ)

そうですね、俺も回復して風呂に…って
あわわっ!大変なことになってる!!(慌てて回復魔法をかけ)
(右手が元どおりに戻る)ありがとう。
んー、魔法の力ってのはすごいねえ ま、これで良し、と(右手を操作する ぶん投げた剣と盾が勢いよく引っ張られるように騎士の手元へと戻ってくる)
”これにて幕は閉じ、役者は舞台を降りるのみ”(掠れた声で唱える 騎士が背中のコントラバスケースへと収納された)
さあて、行こうか
まあ、まずは医務室だね…
イエッサー!(投げた本を回収し、医務室に向かう

キャラクターを選択してください。


PAGETOP