PandoraPartyProject

ギルドスレッド

路地裏カプリチオ

【RP】厨房カプリチオ

路地裏カプリチオ、その厨房。
こちらのスレッドはRP用の為、メタ的な発言は全面禁止です。

こちらは厨房なので、団員専用。
料理したり暇なら何気ないおしゃべりしたりする感じで。

他にルールはありませんが、場合によっては増えるかも?
なんかあったら都度対応します!

それではよい厨房カプリチオを!
カールは犠牲となったのだ、金儲けというなの犠牲にぃ
カフェらしさも、きっと今から出て来る………といいな(目を少し逸らし)
パ、パフェの作り方が分からにぇ……、誰かヘルプ!!
人参をメインにした料理ってまた…。
一応此処もカフェだし、キャロットケーキとか作ってみる?

…って、何普通にトカゲ料理なんて作ってるのよあのウサギは。

取り敢えずあっちは一旦放置して注文を片付けましょうか。
えーと…レシピは…あったあった。コレね。
(レシピに目を通してテキパキと調理を進め)

…よし、一先ず形になったじゃない。
はい、ストロベリーパフェ。
お客さんが待ってるんでしょ、持って行ってあげて。
はい、お任せ下さい(トレーにパフェを乗せ)

鬼っこは、意外と使えるやつなんですね
キャロットケーキ!美味しそうだにぇ~

裏メニューって事で、オーダー入った時だけ出すかにぇ~
今回は、ルルに食べて貰おう(ルルに、朝どれトカゲの丸焼きサンドイッチを差し出し)
メニューにあったトカゲはどこから捕って来るのかと思っていたけど、まさか飼っていたのかな・・・?
しかし作ったものはともかくとして、ぴーちゃん殿は予想に反してかなり手際がいいね、変な食材を使わなければキャロットケーキにも期待が出来そうだ、そうなるとそれに合わせて出せるお茶も用意しなくてはいけないね。
(トカゲのサンドイッチを食べながら)
うむ。中々。強いて言うならトカゲが入ってなかったほうが美味しいでしょうか。

竜胆殿も素晴らしいお手前。師匠と呼ばせて頂きます。
にんじんに会うお茶って何なのでしょうな?
お茶、ボクも気になるにぇ~。
ルル、トカゲが好物かと思ってたにぃ。
うーん、キャロットケーキだとダージリン、いやアッサムの方がいいかな?
実際に何種類か淹れてみるから皆で一度試してみようか。

そういえばグラオ・クローネも近いし、チョコレート系のものも何か用意していった方がいいのかな?
師匠って呼ぶのは別に構わないけれど、確り覚えてもらうわよ?
そう、色々とね…。

流石はメイド。紅茶に詳しいのね。
色々と試飲出来るのはちょっと楽しみだわ。

イベントに合わせたメニューも定番よね。
始まるまでまだ時間もあるしその間に準備するべきなのかしら…?
(料理本をペラペラとめくりながら)
喫茶、パンケーキ……チョコレート。(ページを指さし)
濃厚チョコのふわふわパンケーキとかどうかにぇ?

パンケーキ1~好みの枚数を追加の料金で選んで貰って

粉砂糖で見栄え良くして、口溶け滑らかなチョコソース
上にチョコレートアイス、焼き立てパンケーキの熱で
とろーり溶けだす、熱さと冷たさの共演?みたいなにぇ

横にチョコより主張しない程度の甘さ控えめにした
ホイップクリームとか添えるのも良さそうにぃ~。

砕いたナッツを全体に撒いて、……。
(この上にちょこんと乗ってる草は何だろうという顔をしている)
師匠が意味深で怖い!

なるほどチョコレート!季節を取り入れたメニューは売れそうです!
あとトカゲは手に入りやすく栄養価が高いので食べているだけで特に好物ではありませんね!
チョコのパンケーキか、おいしそうだしちゃんと喫茶店らしいメニューでいいんじゃないかな。

一応少しはメイドらしいところもアピールしていかないといけないからね。
というわけで早速淹れてみたよ、とりあえず定番で癖のないダージリンと少し癖があるけど香りの強いアッサムを試してみようか。

それとカカオのフレーバーティーなんてものもあったから淹れてみたよ、これは前に飲んでみた時は匂いがチョコレートっぽくて意外とすっきりして飲みやすい感じだったかな。
(試作品を、料理本片手にパンケーキを作り始める)
よしっ、こんな感じかにぇ~(完成して切り分け小皿に乗せて皆に差し出す)
ばりばりむしゃむしゃがつがつごりごり
(一心不乱にケーキと皿を食べている)
アンタをこのまま大人に成長させると、
どう見てもダメ人間コースまっしぐらだから多少はね?
…って言った傍から皿まで食べようとするんじゃないわよっ!?
(ルル家からお皿を引き剥がそうとしながら)

…はぁ、もう。先が思いやられるわね。
ありがと、紅茶いただくわ。…ん、いいわね。落ち着くわ。
メートヒェンが紅茶を淹れてくれるならメニューに追加して良いんじゃないかしら、これ。
(朝どれたまごのサンドイッチのレシピを見て作り、とりあえず珈琲2人分も淹れてみた)
お客様に持ってくのは任せたにぇ~。
だれか!!!サンドイッチ、マッハで!!!!!!  もうあった!!
これはおいしそうだ、こういう試作品を食べられるのは厨房の特権だね。(もぐもぐ
しかも普通のお皿のように見えるけどこれも食べられ・・・るわけではなさそうだね、オーナー殿の歯と胃はどうなっているんだい?

メニューに入れるならストレートティー・レモンティー・ミルクティーって形になるかな、それぞれアイスとホットで。
ウェイティングは3名様です!
ウェイティングってなんですか?花嫁さんですか?
ドリンクも結構増えて来たにぇ、メニューにも書き加えにぇば・・・
なかなかいい滑り出し、かしら?
とはいえ、表の方が今は忙しそうね。
(表の様子を見た後、ひょこっと帰ってきて)ヴィエラ、オムライス任せていいかにぇ?
冷たいミルクティーはメートヒェンにお願いするに!
誰かがっつり食べれそうなメニュー、案ないかにぇ?
(海水と水と珈琲を淹れ、表に運んで行ったそしてしばらくして戻り)
あら、解ったわ。失敗が無い様に気を付けないといけないわね。
(オムライスの材料を取り出したり、準備をして)

がっつり食べれそうなメニュー……男の人かしら?
となると、お肉料理とかがかしらね。トカゲ肉とかは無しの方向で。
お客様次第でライスとかサラダも付けるとか。他のみんなはどう?
おっと、さっそく注文かな、承ったよ。
あぁ、でもすぐに用意出来てしまうから出来るタイミングはオムライスに合わせた方がいいかな。

食べごたえがあってお腹にたまるようなものという意味になるなら、肉以外だと芋とかかな?
豚肉とジャガイモを炒めたり・・・提案しておいたなんだけど、これはカフェのメニューなのかな、まぁ今更だね。
ライスやサラダは他のメニューとセットで選べるようにしておくのがいいんじゃないかな。
ガッツリって…カフェで頼むメニューじゃないわよね、本当に。
そもそも今のこのお店のメニューってどうなってるの?
メニューに無い物を直ぐに用意するとかも中々の無茶ぶりだし…。

んー、ステーキ…ハンバーグ…丼もの。…じゅるり。ハッ!?
あぁ、もうっ!
面倒だしビーフステーキでいいかしら?!
(竜ちゃんのじゅるりを確認し)試作~♪試作~♪
客に出せる程度か試してみないとにぃ。
(フライパンを熱し始め、ステーキ用の牛さんの肉を取り出す)
(塩胡椒を焼く直前に振り、投入!"ジュワーッ"と美味しそうな音と匂いが厨房に)
今回は試しに、このミディアムレアって奴にしとくかにぇ~。(手順通りに焼き、完成)

ほら、竜ちゃんに他の皆も~出しても問題ないか食べて欲しいにぇ
(ライスやサラダも試しに添えて)
(お客にも持って行けるよう、一緒にそっちも焼き)
(チキンライスを半熟卵に包んで、形を整え、ケチャップを添えて)
よし、と。お客様に出せる程度の物は出来たかな?
はい、オムライスお待ちどうさま。お客様にお願いするわね。

あら、美味しそう。食べても良いの?それじゃあ一口。
(もぎゅもぎゅ、と肉を噛みしめて)
……うんっ、美味しいわね。悪くないんじゃないかしら?
こっちもお客様用の方も完成にぇ~。
オムライスとミルクティのお客様
ビーフステーキとライス大盛りとサラダのセットのお客様。
汲めたら持って行って貰えると助かるにぇ~(サンドイッチの準備を始めるウサギ)
私も少し試食させて貰おうかな(もきゅもきゅ
ふむ、なかなかいい肉を使っているみたいだし焼き加減もいい感じだ、カフェでこんな風に本格的なステーキが出てくるなんて思わないだろうね・・・

おっと、そういうことなら私が持って行こうかな?
一応はコスプレカフェらしいから、ホールにそれらしい格好の店員が増えた方がいいだろうしね。
メートヒェン、ありがとにぇ!
(サンドイッチも先程作った手順で作って行く、少し慣れたのか作業が早くなる)
新作で、ニンジンを使った饅頭でも後で作ってみるかにぃ・・・、っとサンドイッチ完成!
…もうこれピースケに任せても大丈夫な気がしてきたわ。
(用意された試作品を美味しそうに食べながら)

さて、こっちは問題なさそうだしアッチにも改めて顔を出して来ようかしら。
新しいオーダーが入ったよ、パンケーキを4枚重ねでだそうだ、それと海水を頼んでいた人が塩が入っていない普通の水も欲しいそうだよ・・・うん、まぁそうなるよね。
あとは新規のお客様が1名オーダー待ちだね。


こんな怪しいけふんけふん、辺鄙な場所にあるのになかなか忙しくなって来たね。
案外、大丈夫じゃなかったりしなくもにぇ?
ちょっと慣れない連続で活動限界が……(建前)
竜ちゃんを暫く見れなくなるの辛い!(本音)

っと、いってらっしゃいにぇ~。>アッチにも顔を出し
4枚重ね!このパンケーキ作ったら、少し休憩入るにぃ。
(パンケーキを焼きつつ、合間に水を汲み。)
粉砂糖ぱらぱら、アイスに、ソースに、ホイップ、砕ナッツ……完成!
(完成した料理をフロントに任せ、邪魔にならない端っこで止まるんじゃねぇぞ)
案外、宣伝活動みたいなものはしたのかも知れないわよ。
そういうの得意そうじゃない?オーナー。恥も外聞もなさそうだけれど。
…私も泣きつかれて此処に来たんだし。
拙者、忍者ですから恥を忍ぶのは得意です!
宣伝!  してませんね…。口コミでしょうか?

兎殿が非常に優秀なのはありがたいですが、兎殿がいないと店が回らないのも考えものなので料理できる人数は増やしておきたいですなぁ。
拙者も師匠と兎殿の薫陶を受けて頑張ります!
ポトフとアイスティー
試しにアイスティー汲んでみるかにぇ?ルル
一緒に持って行って貰えると助かるにぃ~♪
(作り置きしておいた味のしみたポトフを温め直し、皿に盛る)
口コミか、まぁ確かに路地裏に変なカフェが出来ているという話なら広まってもおかしくなさそうではあるね。

それはそうとオーナー殿、ホールに出る時はその咥えているトカゲをちゃんと飲み込んでからにした方がいいんじゃないかと思うよ。
……そういえばもう見慣れちゃってたけど、口からトカゲを出してる子がその辺うろうろしてたらアレよね。
旅人が現れてから、こっちの常識も随分崩されちゃったわね。
(ごくりとトカゲを飲み込み)おっと!これはしたり!
はい!兎殿!ご教授ください!
いつまでもごく潰し店長扱いはさせないのです!
そういえばオーナー殿は旅人だったね。
もしかして元の世界はトカゲをくわえて過ごすのが普通なところだったのかな?

料理に関しては私も得意とまでは言えないけどサポートくらいは出来ると思うから少しでもぴーちゃん殿達の負担を減らせるように頑張らせて貰おうかな。
……、アイスティーの汲み方っと。
ルル、魔術道具(冷蔵庫みたいなナニカ)に入ってる
アイスティーって書かれたポットからカップに汲んでもらえれば!
さてさて、機材とか調味料とかの配置は、っと……足りない分は持ち込みで賄えるか。

お、火も使えるな。(厨房の中をキョロキョロと見回して厨房の中を確認している
メニューはこっちにあるにぇ
一部のメニューは気にしないほうがいい。(メニュー()をクロバに差し出す)
メニューは新しいのどんどん追加してもらって大丈夫にぃ~
……あぁ。なんか面白い名前のメニューがあるな。(ちょっと苦笑いを抑えたあまりに真顔になった)

まぁ大体承知した。オレのレパートリーと被るものも幾つかあるから問題なく回せそうだ。
感謝するぜ。
クロバ! はいっ!(海水をジョッキでどん)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM