PandoraPartyProject

『』
彼岸会 無量 [死兆62]
ひがんえ むりょう

パンドラ
84
殺人剣、次に到る。
人斬りの業は実戦により練り上げられた修羅の剣です。
その殺人剣、未だ覚醒に到らず。まだまだこれから。
ID p3p007169
種族 ウォーカー Lv 32
クラス 羅刹門 / 剣修羅 エスプリ 死牡丹流・破
誕生日 4/21 性別 女性
身長 普通 年齢 Unknown
髪色 特殊 体型 普通
肌色 色白 目の色 特殊
特徴(外見) 【柔和】 【切れ長の目】 【ほくろがエロい】 【アクセサリ多数】 【浪人系】
特徴(内面) 【無口】 【傲慢】 【美声】 【頑固】 【お風呂好き】
一人称 二人称 ~さん
口調 です、でしょう、ですよね?
正義 傲慢
弱点 不適合
経歴
異世界からやって来た
ギフト名 第三眼
ギフト詳細 前世界で高僧により植え付けられた瞳。相対する敵に打ち勝つ為の『線』が視える。飽くまで視えるだけである。また、善良な者を殺生すると此の眼の使用如何を問わず殺した者を三日三晩供養し終えるまで激痛に苛まれる
イラスト
セキュリティ
ウォーカー (詳細 + マニュアルの共通を参照)
額に三つ目の瞳がある意外は人間種に準じる

光(こう)は業(ごう)へと墜ちましょう。

悪名 ⇔ 名声
幻想 23
+51
74
鉄帝 7
+30
37
天義 0
+37
37
海洋 8
+78
86
練達 0
+13
13
傭兵 0
+38
38
深緑 0
+25
25
境界 0
+5
5
プロフィール
見た目は20代そこそこ。元居た世界の殆どの記憶を失くしていたが
とある依頼で全てを思い出す
その正体は嘗て朱呑童子と人々に呼ばれた鬼の成れ果てであった
飢餓疫病に苦しむ此の世に救いは無しと見定め
親姉妹を皮切りに人々を彼岸へと送る事こそが衆生の救いとした者
だがその刃が屍山血河を為した頃、理由は『斬る』事へと変容し、人から鬼へと堕ちていた
そしてある時高僧により調伏され、額に『眼』を植えられた矢先こちらの世界へと喚ばれる事となる

そして今、鬼は人へと還り全てを取り戻した
戻らぬのは殺めた者達
得た物は果て無き業
其れ等を背負い何処へと向かうのか
誰にも分からない
フィジカル 40
メンタル 12
テクニック 30
キャパシティ 26
STP 0
SP 0
経験値 6081/5370
HP 4155 AP 1451
物理攻撃力 753 神秘攻撃力 196 EXF 25
防御技術 33 特殊抵抗 37 EXA 48
命中 97 回避 37 クリティカル 16
反応 41 機動力 4 ファンブル 17
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
外三光
後の先から先を撃ち、縫い付ける刃は邪三光(はずしさんこう)。著名な剣士の編み出したとされる邪剣の一。
物至単 80 993 106 16 20 物至単:AP80:命中+9、物攻+240、FB+3、【災厄】【麻痺】【自カ至】【反動100】
落首山茶花
変幻邪剣。魔性の切っ先で対象を惑わし、恍惚の内にその首を奪います。
物至単 200 973 107 19 20 物至単:AP200:命中+10、物攻+220、CT+3、FB+3、【必殺】【恍惚】
瞬天三段
頭、喉、鳩尾、三か所の急所を一突きで抜く絶技です。
物至単 200 813 109 16 17 物至単:AP200:命中+12、物攻+60、【痺れ】【乱れ】【崩れ】【スプラッシュ3】
第三眼
額の目で相手を視る事により、全てを見透かされているかの様な不快感を与える。
物超単 - 698 109 15 16 物超単:AP0:物攻-55、命中+12、CT-1、FB-1、【万能】【怒り】
近接戦闘熟練II
近接武器の扱いに非常に長けます。レンジ0~1の武器を装備した時だけ効果を発揮します。
- - - - - - レンジ0~1の武器を装備した時、命中+4、回避+2、物攻+20、神攻+20、CT+1、前提【P20】【T15】【LV15】【近接戦闘熟練I】
滅法
己を知り一切の相を寂滅し在るが儘、不変の真如で在らんとする。人の身に鬼を宿す、其れは人のままでは成し得ぬ所業を可能とした。

特殊化前:上限解放IV
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用出来ません。
- - - - - - CP+25、併用不可【上限解放I】【上限解放II】【上限解放III】、前提【上限解放I】【上限解放II】【上限解放III】
宿儺迸り
宛ら二対の腕が有るが如く、幾度となく刃は閃く。

特殊化前:再行動II
追加行動確率を上昇させます。同系スキルと併用出来ません。
- - - - - - EXA+8、EXF+8、併用不可【再行動I】【再行動III】、前提【再行動I】【P25】【C25】【LV20】
両手武器熟練II
両手武器の扱いに長けます。両手武器を装備した時だけ効果を発揮します。
- - - - - - 両手持ち武器を装備した時、命中+6、CT+1、前提【P12】【M12】【T12】【LV15】【両手武器熟練I】
壱拾弐業之参・無碍業
何者にも遮る事叶わぬ業の行き付く先。剣に生き、剣に死するが我が定め。故に此処は剣鬼の間合い。

特殊化前:近接戦闘熟練III
近接武器の扱いに熟達しています。レンジ0~1の武器を装備した時だけ効果を発揮します。
- - - - - - レンジ0~1の武器を装備した時、命中+6、回避+2、物攻+45、神攻+45、CT+1、前提【P40】【T30】【LV30】【近接戦闘熟練II】
音楽
音楽的技術を持ちます。
- - - - - -
超聴力
僅かな物音さえ聴き逃しません。
- - - - - -
- - - - - -

スキル・コレクション

CP: 51 / 51

装備 コレクション
アイコン 名前
鬼渡ノ太刀
嘗て鬼を斬った妖刀は何の因果か其の鬼へと渡る。 人から鬼へ、そして鬼から人へ堕ちたと自覚した時妖刀は唯の刀へと姿形を変えた。 然し其の閃きは、妖刀であった頃よりも業に満ちている。

彼岸花
屍山血河へ向かわんとする際に着込む戦装束。 死をも厭わぬその心は、只々斬る事のみを追い求める。 例えその一太刀一太刀が己を破滅へと追い遣る閃きだとしても。
鬼神伝
人から鬼へと身を窶した物の物語。大部分が焼け焦げており、読む事は困難。
壱拾弐光仏書
仏の光明を壱拾弐の功徳に分けて讃えた書物。血に塗れ過ぎており、頁が開けなくなっている。
満智羅
首から胸にかけてを防護する特殊形状の防具。軽く、動きを阻害せず、いくさ場で身体を正確に動かせる様設計されている。
咎ノ禍
経を上げる時は決まって何かを殺めた日。額の目から広がる痛みは止まぬ。然れど女は咲う。咲いながら、真摯に経を唱えるのだ。殺した、殺したい、殺した、殺したいと想いながら、願いながら只々、只管に。

無と有、硬と軟、水面の月、感じれど眼には在らぬ音、鏡に映る己自身。一切皆空。
ギルド
-
-
-
-
-
感情

  • 誓い

  • 好印象

  • 好印象

感情一覧へ

通信欄 アドリブはキャラが壊れない程度であれば歓迎致します。

PAGETOPPAGEBOTTOM