PandoraPartyProject

ブルーベル [死亡]
Bluebell




ID p3n000260
種族 デモニア Lv -
クラス エスプリ
誕生日 10/8 性別 女性
身長 小柄 年齢 Unknown
髪色 水色 体型 痩身
肌色 色白 目の色
特徴(外見) 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】
特徴(内面) 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】
一人称 あたし 二人称 アンタ
口調 だな、だろ、だろう?
愛情 怠惰
弱点 不器用/不運
経歴
他者に命を救われた事がある
ギフト名
ギフト詳細
イラスト
セキュリティ
Unknown

あたしの前から居なくなれ――あたしの前で、死なないで

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
0
0
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
0
0
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
境界 0
0
0
豊穣 0
0
0
覇竜 0
0
0
冠位魔種怠惰の側近であった少女。
ラサ生まれ、父は盗賊。母は傭兵気触れ。
父が拿捕され処罰を受け孤児となった際にジナイーダ・ラティフィの生家である『ラティフィ商会』に引き取られジナイーダの友人として過ごすこととなった。
ラサのアカデミアと呼んだ砂漠で『博士』と名乗る男から錬金術の師事を受けている最中に少女の人生に転機が訪れる。
奴隷商人はジナイーダを拐かそうとした。当然ブルーベルはジナイーダを護る為に奴隷商人を惹き付け深緑の森へと逃げ果せた。
その場所で、救いの手を差し伸べたのが『冠位魔種』カロン・アンテノーラであった。

――主さまは私を救って下さった。

『印もない』という意味のブルーベルの名は好きではない。
Bちゃんと呼ばれることを好み、カロンの側近として暗躍し続けた。
それでも『優しすぎた』少女はイレギュラーズとの出会いで心が揺らいだ。

こんな事なら、出会わなければ良かったのに。
ただの、敵同士で居られたらと何遍も思った。

口の悪さは本音を隠すため。
ジナイーダは何時だって言っていた――ベルは本当は優しくて、可愛い子なのよ。
スキル名基本消費威力命中CTFBその他
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------


装備 コレクション
アイコン 名前








ギルド
-
-
-
-
-
感情

  • 水、ありがと

  • そんな顔すんなよ

  • 直情馬鹿を頼んだ

  • …ニーナを宜しく

  • Cちゃん、ウケる

  • ばかやろう

感情一覧へ

GM 夏あかね
通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM