PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<泡渦の都>匣船の在処
<泡渦の都>匣船の在処

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 海洋の沖合、ぐるぐると大きな渦が巻いているという情報より、魔種との邂逅を経て『渦の中に都』があるという情報を掴んだ特異運命座標。
 ギルド『ローレット』と海洋の関係性はと言えば、温厚なお国柄もあるが、大きな問題は――国家の性質的に貴族と王政が少しばかり火花を散らしている以外は――出ていない。
 夏祭りを経て、海洋より齎された『異様な渦』の調査を経て、女王イザベラ・パニ・アイスが下した決断は『ギルドローレット』の助力を得て、人工的発生と判断される渦の消滅だった。
「女王は皆さんを道具としている」と毒吐きながらもソルベ・ジェラート・コンテュール郷は特異運命座標へと助力を請うた。
 海種、飛行種と火花を散らす中ではあるが、国民、ひいては国家の危機に通ずるのなれば話は違う。
 どうか、特異運命座標達よ。あの渦の対処を願う。


 海種であれど、その渦には魔種が存在する以上、『水中行動が出来れど危険』は付き物だ。
「海種の皆さんなら海は慣れっこっていうかもしれないっすけど、兵は大いに越したことはないですし、『呼声』の不安もあるっす」
 同じ海種であるとしても、海種という種族単独の行動は是としないと『パサジールルメスの少女』リヴィエール・ルメス(p3n000038)は強い語調でそう言った。
「ユリーカたちと話し合ったっすけど、以前から交流のある『練達』の叡知の結晶を貸してもらって渦に乗り込む作戦を立てるのはどうかという事になったっすよ。
 今回は二手に分かれるっす。
『原罪の呼び声』響く渦周辺で見られる魔種の対処。
 それから、あたしがみんなにお願いする『練達で渦の対処を行える装置』の使用許可を貰うこと」
 リヴィエールは紹介状を用意したとローレットの蝋で固く封をした手紙を特異運命座標へと預ける。
「これを持って、練達の『実践の塔』佐伯操の所に行ってきて欲しいっす」


 ――というのが今回のあらましだ。

「成程」
 紅茶を手にした『実践の塔主』佐伯・操は足を組んだままちらりと特異運命座標を見遣った。
「確かに、我々『練達』の技術力ならば君達の求める海中への適性のない人間が一定時間を行動できる道具を貸し出すことはできる。
 暗殺令嬢が手にしている観光用ではなく、戦闘用により特化した薄膜の防護服と呼ぶ方が正しいかもしれない――『遊びに行く』事ではなく『仕事に使うとなれば話は違う』。そうだろう?」
 ちら、と視線を送った先では相変わらずの笑みを浮かべる『想像の塔主』Dr.マッドハッターが立っていた。
「ああ。特異運命座標(アリス)が危険に晒されるならば私はNOと答えよう。
 第一、私達が君(かわいいアリス)達と共に過ごしていた際に見た戦闘能力では魔種と戦うというのは余りに許容できない――無論、響く噂に耳を傾けて居れど、我々は研究者。見た物だけを信じなくては、不思議に飲み込まれてしまうだろう」
 饒舌なマッドハッターに操はそういう事だという様に緩く頷いた。
「そこで、だ。私から課題を一つ。
 練達からのフィールドワークだと思ってくれればいい。この『ドーム』の外でモンスターの討伐を行ってきて欲しいんだ。うん、そのモンスターから幾つか素材を手に入れられたなら満点だ」
 操はにぃ、と口元に笑みを乗せる。
 コンピュータ制御された都市である練達のドームの外、自然豊かな混沌世界に蔓延るモンスターの内、『スナモグモグラ』と呼ばれる巨大なモグラの涙と『ドラゴエッグ』と呼ばれるゴブリン族が履いている卵の殻を幾つか確保してきて欲しいのだそうだ。
 ……ちなみに命名はニホンから来たという旅人だそうだ。
「何に使うかって、君たちの所望している道具の材料だと思ってくれればいい」
「嗚呼、知っているかい、特異運命座標(アリス)。古来のRPGだと素材を集めて自作することがあるそうだ。怪異(モンスター)は様々な物を落とす。それが強大な敵であれど立ち向かわなければならない。……けれど、私は可愛いアリスが心配だ」
 Dr.マッドハッターは操を見遣る。操はふるふると首を振った。マッドハッターが同行しては課題にならない。
「ドクター、あなたは辛抱が下手だ」
「存じ上げているさ、……さあ、私はお茶会の準備をして待って居よう。
 君たちの他に『危険なパーティー』に向かった特異運命座標(アリス)がいるんだろう? 諸君、怪我などない様に」
 さあ、古来のRPGよろしく『素材集め』に向かおうではないか。

GMコメント

 夏あかねです。
 同時にリリースされた<泡渦の都>と付くシナリオには同時参加できません。注意です。
 こちらは練達で素材集め。

●成功条件
 佐伯操より『渦への対処を行える装置』の使用許可を貰うこと。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●練達外:モンスター地帯『マスティ平原』
 旅人が名付けた場所なので色々面白い名前のモンスターがいます。
 ちょっと弱い雑魚モンスターもわらわらしてます。イメージはRPG序盤ステージです。
 また、操が求めるモンスターが何所に居るのかは探索してください。マッドハッターが哀れに思って『一応』と座標らしきものはくれていますが、肝心の地図は旅人謹製なのかぐちゃぐちゃです。

●モンスター『スナモグモグラ』
 巨大なモグラさん。かなり強いです。土の中を潜って移動します。
 唐突に足元から現れますので注意してください。スナモグモグラとの戦闘では足場の不利を受けやすくなります。
 攻撃はアタッカー。その巨体よりベースはタンク気質です。
 倒すことでモグラの涙を手に入れることができます。

●モンスター『ドラゴエッグ』×8の討伐
 森林付近に生息している卵の殻を履いているゴブリンたちです。
 ドラゴエッグの卵の殻を8個確保してください。倒せば落とします。
 また、ドラゴエッグはその性質上、警戒心が強く2~3体で行動しています。
 戦闘の音が聞こえた場合は周辺より逃亡する恐れがありますので注意してください。
 攻撃方法は比較的遠距離からの棍棒を投擲するなどの物理攻撃です。打たれ弱いですが、それなりの距離からの攻撃を繰り広げます。

●操のオーダー
『練達の外の平原でスナモグモグラの涙1つ、ドラゴエッグの卵の殻を8個。
 それだけ集めて私の所に戻ってくるといい。うん、君達には簡単だっただろうか?』
(マッドハッターは皆さんの帰りを待って楽し気にお茶会の用意をしています)

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • <泡渦の都>匣船の在処完了
  • GM名夏あかね
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2018年09月29日 22時35分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

夢見 ルル家(p3p000016)
未来の赤犬のお嫁さん!
クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)
影刃赫灼
リュグナー(p3p000614)
ぱんつコレクター
リーゼロッテ=ブロスフェルト(p3p003929)
慈愛の紫
桜坂 結乃(p3p004256)
ふんわりラプンツェル
アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯
久住・舞花(p3p005056)
月下美人
ホリ・マッセ(p3p005174)
小さい体に大きな勇気を

リプレイ


 事態を簡潔に纏めてしまえば 『ロリ宇宙警察忍者巡査下忍』夢見 ルル家(p3p000016)のこの言葉に限る。
「なるほど、いわゆる『お使いクエスト』というやつですな!」
 海洋王国の近海に見られる謎の大渦。魔種の出現や航海の危険より対処を求められるローレットの中で湧いて出た対処策が『トンデモ発明国家』というイメージがばっちりついている旅人たちの都市国家『練達』の力を借りることだった。
「練達……練達ねぇ……。練達ってとんでもない発明ばっかりのイメージだけど……。
 今回はその力を借りなきゃねぇ。仲間を海に沈める訳にいかないもの。いっちょやってやりましょー!」
 水筒の蓋を勢いよく開けた『酔興』アーリア・スピリッツ(p3p004400)。景気づけの一杯と呼べばいいがその中身は勿論……。
 にんまり笑顔のお姉さんをちら、と見やってから桜坂 結乃(p3p004256)はこてりと首を傾げる。
「んーと。簡単に言えば、必要な装置を使わせてもらうための取引。なのかな?
 快く使用許可を貰う為には、がんばって素材を集めなきゃならないんだよね。……とはいえ、装置の素材にどうやればなるのか、ボクには見当がつかないなぁ……」
 ぱちぱちとつぶらな瞳を幾度も瞬かせている結乃。集めて来いと云われた素材は古式奥ゆかしい『RPG』的にはありがちなアイテム素材ではあるが、現実世界で「はい、どーぞ」と言われると中々に納得もし辛いものだ。
「確かに、見当はつかないわね……。
 それにしても『古来のRPG』なんて発言を聞くと、同郷か近い世界なのか、って実感も沸くものね」
 旅人たちが集まる都市国家。勿論、『特異運命座標』久住・舞花(p3p005056)からすると聞きなれた言葉を耳にする事だって多いだろう。
 噂の練達の三賢者。言動や装いを見るに舞花と近い世界から来たと思わしきは佐伯・操か。Dr.マッドハッターは掴み所のない男ではあるが旅人たちが良く知る御伽噺の住民だといわれればどこか納得してしまう気さえしてくる。
「まぁ、練達の奇人変人位しか、『変な渦に入れる船』を準備できる奴はいないだろうしな。
 利用する船のためなら頑張るしかないってこった。魔種が渦の中にいるなら猶更だ」
 ふんふんと幾度も頷いて『小さい体に大きな勇気を』ホリ・マッセ(p3p005174)は十分なやる気を漲らせる。
 魔種という言葉を耳にすれば『虚言の境界』リュグナー(p3p000614)の表情が僅かに曇る。彼の記憶にはまだ新しい屍の中で踊った襤褸のシンデレラ。
 かつてチェネレントラが暴れていた現場には自分も遭遇し、その屍の中で彼女を取り逃してしまった事も事実だ。再び彼女を捕らえることができる準備だと聞けばリュグナーはどうしてもその『準備』に力を貸したかった。
「あの時の依頼は、まだ『完遂していない』が故な! それに練達。ウォーカーとして、是非とも今のうちにコネを作っておきたいものだ」
 彼らの発明や研究はヘンテコな部分ばかり目立つが、その全てが自分たちの元居た世界に戻る為の準備だ。旅人たちにとってその研究は興味そそられる事であるに違いはない。
「ふむ。確かに、あそこを調査するにあたってはある程度の装備も必要だ。オレも肩慣らし程度の冒険、って奴で依頼をこなすとしますかね」
 現地の様子を見て来た『翔黒の死神』クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)にとってはあの大渦がどれ程の脅威であるのかを重々理解している。勿論、『泳げない』から陸を選んだわけではない――これは戦闘のための準備として必要なのだ。
 何処か不機嫌そうな顔をして、『魔女見習い』リーゼロッテ=ブロスフェルト(p3p003929)は魔女帽をくい、と指先で弄った。
「命懸けな相手と戦うのも嫌だけど、舐められるのも癪なのよ。さくっとこなしてドヤ顔をかまして唸らしてやるわ!」


 練達の『ドーム』から外は高原が広がっていた。きょろりと周囲を見回してルル家はほうと息を吐く。
「ヘンテコな地図を頼りにとは聞いておりましたが、本当にヘンテコな地図ですね!」
 一面が原っぱだ。自然豊かと呼んでもいいくらいだが――ルル家は地図を手にしながらひょっとして、素材集めは案外簡単だけど外に出たくないだけなのではという考えに至った。
「……気のせいでありますな」
 狙うはゴブリンが殻を履いているというドラゴエッグ。「ゴブリンなのに、なぜドラコ?」というリーゼロッテの疑問にルル家は首を傾げたがその疑問は晴れることはない。
「がおーとかいうのかしら?」
「案外、かっこいいからと付けたのかもしれませぬな……」
 それっぽいだろうという命名理由が通ってしまいそうなのも練達流。ルル家の言葉にリーゼロッテはこくりと頷いた。
「ここから大体数百メートル先にゴブリンさん。あれがドラゴエッグさんかな?」
 索敵係、結乃の言葉に特異運命座標達は頷く。地図はヘンテコ、頼りになるかは定かではないが――まあ、この際は良いだろう。
「確か、このあたりにいるって話だよな――おっと」
 きょろ、と顔を動かしたホリが地面を踏み締める。その眼前に見えるは、成程、話の通りの『奇妙奇天烈』な姿をしたモンスターではないか。
「しかしまぁ、当てになるのかならないのか分からん地図だな。上から見た図とかで判別できんもんかね? ……と思っていてお出ましなんだから『モンスター』もチョロいな」
 頬を掻いたクロバは手に慣れた武器をくるりとその掌で回し刃の切っ先を何も知らずに愉快そうに遊んでいるドラゴエッグに向けた。
「殻……?」
 ファミリアーを駆使して索敵を行っていた結乃は殻がかしゃかしゃと立てる音を聞きながら近くに他のモンスターがいるかもしれないと仲間達へと忠告する。
 ドラゴエッグが別々に移動している可能性に気付きアーリアは舞花と頷き合う。周辺の敵の対処も必要だと威嚇を行いながら、周囲に気を配り、草木の揺れをも彼女たちは気を使う。
「ふふ、あの履いてるのを奪ってこればいいのねぇ~?」
「しかし下半身を隠してるものを素材にか……」
 リュグナーのやるせない声を聴き、何処か不思議な気持ちになった舞花はこほん、とだけ一つ咳払いをした。
 気品あるトカゲと肩に乗せてルル家がぐん、と接敵する。それに続き、距離詰めたクロバが身を反転させてドラゴエッグを切り裂く。
「あっちのグループもおねがいねぇ~」
「了解です」
 舞花とすれ違い、アーリアがレースの手袋をゆらゆらと揺らす。甘い菫色の囁きは彼女の手を包み込む手袋の名とよく似あう。
 耳を向け、癒しを武器にしている結乃は前線を張るクロバに集うドラゴエッグの動きに目をやって癒しを唱える。
 ギャウ!
 醜い鳴き声ではあるが舞花は確かにドラゴンっぽい泣き声だなと何となく感じていた。
「ドラゴンっぽいゴブリンで、卵の殻を履いているから、ドラゴエッグ……?」
 由来に行きついてしまったが――まあ、気のせいとしておこう。
 魔性を秘めた収穫の鎌を振り上げてリュグナーが放った花弁がぐるりと毒を周囲に展開させる。その気配を感じながら黒の羽ペンでぐるりと書いたリーゼロッテは「がおー」とその真似をするように小さく笑い、動物たちの私益を行いながら周辺の警戒を続けている。
「雷撃、受けてみなさい――!」
 箒に跨ってそう告げたリーゼロッテ。まるで魔女のようじゃない? と振り返った彼女にホリは楽し気に大きく頷く。
「悪いが、それをいただきに来たぜ!!」
 戦い慣れた軍馬との絆を武器に進むホリ。攻撃を集中させ、ドラゴエッグに奇襲をかけた彼の眼前でいやだいやだという様にがおがおとドラゴエッグが騒ぎ出す。
「大暴れってか!」
 余りの暴れっぷりに歯噛みするホリ。その様子に可愛いとは呼べない奇妙な感覚を覚えた舞花が先の先、或いは後の先さえ切り裂く鋭き切っ先を振るい上げる。
 やや長物の刀剣を武器にした舞花。戦闘音が響く中、何処からともなく何かが去っていく気配を感じて結乃が「大きなのがどこかに行くの」と告げた声を遠巻きに聞く。
(……スナモグモグラが逃げたんでしょうか……?)
 足場に不足を感じず、不利を講じない事は良いが、またも追い掛けなければいけないのは中々に困った事だ。
 然し、戦闘を継続させ、強力な力を振るい上げ乍ら何とか倒した最初の標的『ドラゴエッグ』の卵の殻は無事にゲットできたのだからこれで良しとしよう。

「―――広いな」
 ぽそり、と呟かれたリュグナーの言葉にホリと舞花は頷いた。
 だだっ広いフィールドのどこかにスナモグモグラが存在しているのだという。地中を掻い潜り動く姿は正しくモグラだが、そんなことを言ってる場合ではなく『早く倒して任務を完了したい』というのが本音の所だ。
「次はモグラ……ううん、周辺にその気配はないみたいだけど」
 首を傾げるリーゼロッテ。その言葉に結乃はこくりと頷き周囲を見回した。
「あっち……?」
「そうね、あっちかも」
 聴覚を頼りに動く結乃に合わせてファミリアーを駆使した索敵部隊。それに付き添いながらきゅるりとなったお腹が気になったルル家は傍らのトカゲが美味しそうに見えてきて小さく首を振った。
「帰ればお茶会……」
「そうだ、ヘンテコなお茶会が待っている」
 ルル家の言葉にクロバは大きく頷く。帰ればDr.マッドハッターが『これでもかという位誕生日を祝ってくる』だろう。誰の誕生日かなんて関係なく毎日が誕生日なのだから彼らの世界は素晴らしい。
 しばらくの探索の後、アーリアが「あっ」と上げた声の先にのっそりと鼻が見えている。
「あれは……?」
「スナモグモグラの鼻か……?」
 ホリとリュグナーの言葉に舞花は奇妙なものを見る感覚を得、そして、すぐ様に顔を露わにし、特異運命座標の足元をぐらつかせた巨大なモグラの存在に気付いた様に身構えた。
「中々、強敵ですね」
「大きさが強敵って感じだね……?」
 首傾ぐ結乃に舞花が頷く。ルル家の瞳には美味しそうな肉に見えているがこの際、仕方がない。腹が減っては戦は出来ぬのだ、でも、あれはターゲット、食べれない――お茶会まで頑張ろう!
 だん、と地面を踏み締め先ずはと進むクロバにルル家も続く。跳ね上がるホリを払う様に腕を伸ばしたスナモグモグラのその隙をついた様に舞花が接敵した。
 動きさえも阻害するとリュグナーが見えない糸を放てば、それを嫌がる様にモグラは巨躯を揺らし続ける。癒しの術を唱える結乃の言葉を耳にしながらアーリアは地中に潜入しようとするスナモグモグラに気を付けて、と仲間達に声をかけた。
 砂中から狙うスナモグモグラ達の攻撃を受け流しながら、強敵との戦いを受け続ける。お使いクエストではあるがその瞬間は中々に楽しいもので――
 ずずん、と音立てて倒れていくスナモグモグラ。その大きな体が土に隠れることはもうないのだろう。
「これで任務完了ですね。……何に使うのやら……」
 先ほどの殻といい、『ファンタジーRPG』らしい素材ではあるが何に使うのだろうと呟く舞花に特異運命座標たちは皆、同様の意見だという様に小さく頷いた。


「これで仕事は完了の筈だぜ。論よりも確かな証拠さ。――今話した通り、アンタらの力が必要だ」
 クロバは淡々とそう告げた。その言葉を聞きながら楽し気にティーポットを手にするDr.マッドハッターは「成程成程」と薄ら笑いを浮かべながら特異運命座標の顔をぐるりと見回す。
「ところでお茶は如何かね?」
「……いただく、が」
 ちら、と顔を上げたリュグナーの何か言いたげな表情に傍らで茶会の席に参加していた操が分かっているともと大きく頷いた。
「約束したものね? 魔女は約束を違えないの。それと同じように――あなたたちも約束は約束としてしっかり護ってくれるでしょう?」
「君達との約束を破るとこちらが大目玉喰らいそうだからね」
 リーゼロッテの言葉に操がくすくすと笑う。胸張った小さな魔女見習いはちら、と笑う操を見遣る。
「それは、操ちゃんのお眼鏡に叶う働きは出来たってことかしらぁ?
 ……じゃあ、真面目にお願いしちゃおうかしらねぇ? お願い、貴女達の力を貸してちょうだい」
「ああ。練達としても『ローレット』の働きには感心している所がある。
 我々からの直接の依頼ではないにせよ、今回の素材集めには貢献してくれた」
 操の視線は相も変わらず茶会の席を用意するDr.マッドハッターに向けられる。
 アリス、と呼んで笑う軽薄そうなこの紳士はその胸の内を悟らせない。年端のいかない――そう呼んでいい者か定かでないが他賢者と比べれば操はそう思っている――自分がローレットへの興味を練達の意思として伝えることを憚ると彼女は僅かに唇を噤んで。
「茶会の咳も楽しんでくれるのだろう。特異運命座標(アリス)! ならばそれで十分だ。今日は君のお誕生日、明日も君のお誕生日さ」
「あらぁ……私はお茶会より飲み会の方が好きなんだけどぉ……。
 なーんて、お茶菓子になるようなお話くらい、出来ると思うわよぉ?」
 くすくすと笑うアーリアに幼い頃にでも耳にしたことのある寓話を思い出した気がして舞花は小さく笑う。
「約束の話が果されるなら何でもいいさ」
 ホリの一声に大きく頷いて。結乃は傍らで茶菓子を配るDr.マッドハッターの袖口をくい、と引っ張った。
「おつかい、ちゃんとできたよね? 上手にできたよね?」
 なんて、問い掛けるものだから。Dr.マッドハッターは唇に手を当てて小さく笑う。
「ああ、勿論さ。特異運命座標(アリス)」
 卵の殻を手にしてぱちりと瞬いたルル家は「これは何に使うでありますか?」と首を傾ぐ。お腹が空いてくる気がする宇宙忍者はとりあえずテーブルの上の変わったカラーリングの菓子を一抓み。
 それでは茶会の席で詳しくはなそうではないか。君達に『預ける』装置の概要を――

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

 ご参加ありがとうございました。
 海洋の海に向けて、練達の皆さんとの交流です。
 ヘンテコ道具ばかり作ってるイメージですが、近未来的な場所に住んでるだけあって文明レベルはかなり上です。(幻想は中世ヨーロッパ的な街並みですけど、こっちは現代的ですから!)
 彼らは今後も皆さんのお役に立つでしょう。

PAGETOPPAGEBOTTOM