PandoraPartyProject

桜坂 結乃
さくらざか ゆいの

パンドラ
100
支援魔術に徹底熟達した実戦派。マグメイガスと合わせ鏡を作る支援魔術の使い手。
隠者は特殊な力を秘めています
その身に刻まれしは第一魔道、脈々と継ぐ親和です。
ID p3p004256
種族 ウォーカー Lv 25
クラス ホーリーメイガス / ハーミット エスプリ 魔導刻印
誕生日 4/10 性別 不明
身長 小躯 年齢 Unknown
髪色 体型 華奢
肌色 やや色白 目の色 灰色
特徴(外見) 【儚い】 【球体関節】 【クラロリ】 【ゆるふわ】 【なし】
特徴(内面) 【泣き虫】 【寂しがり】 【子供】 【不安定】 【なし】
一人称 ボク 二人称 キミ
口調 だ、だよ、だよね?
愛情 傲慢
弱点 非力/虚弱
経歴
異世界からやって来た
ギフト名 ガラスの瞳で見たものは
ギフト詳細 「彼女」は生前、結乃を息子のように愛し、沢山の景色を見せ、本を読み聞かせた。それが「結乃」の知識の源となっている。
(元人形の結乃ですが、日常生活に支障がない程度の常識を備えています…という意味)
イラスト
セキュリティ
ウォーカー (詳細 + マニュアルの共通を参照)
肩、肘、膝、手首、足首は球体関節です。他は普通の女の子(外見10歳くらい)と同じです。*血の通った人間ですが、部分的に人形のものとなります。

ボクは、ボクが何なのか、しりたい

悪名 ⇔ 名声
幻想 5
+124
129
鉄帝 0
+8
8
天義 0
+37
37
海洋 0
+27
27
練達 0
+8
8
傭兵 0
+9
9
深緑 0
+6
6
境界 0
+5
5
豊穣 0
+33
33
プロフィール公認設定一覧
「あなたはいい子ねぇ…」
ボクの髪を優しく梳いてくれる、節くれだった手。
ボクは、この手が、この声が大好きだった。

「あなたを置いて、逝けないわ…」
そういって、あのヒトは動かなくなった。
ボクは、その傍らで、それを見続けるしかできなかった。

ボクは、彼女が作った人形だったから。動けない。声も出せない。
だけど…。「ココロ」はあったんだ。

一瞬、意識が遠のいて…次に気が付いたら、この場所にいた。
動ける体で。声の出る体で。

ボクは、なぜここにいるんだろう。
なぜ、動けるようになったんだろう。

元の世界では「少年タイプの人形」だった。召喚された際に血肉を持った少女体となる。四肢の球体関節はその名残かもしれない。
フィジカル 7
メンタル 38
テクニック 10
キャパシティ 30
STP 16
SP 10
経験値 1401/3340
HP 3125 AP 2141
物理攻撃力 84 神秘攻撃力 743 EXF 19
防御技術 22 特殊抵抗 31 EXA 16
命中 30 回避 1 クリティカル 3
反応 29 機動力 4 ファンブル 8
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
ブレイクフィアー
効果範囲内の対象の恐怖を打ち払い、正常を取り戻させます。
神自域200--38神自域:AP200:HP回復120BS回復70、【治癒
メガ・ヒール
更に精度と効力を高めた練達の治癒魔術です。
神中単145--38神中単:AP70:HP回復(神攻)、【治癒】【変動
神気閃光
激しく瞬く神聖の光は邪悪を裁くネメシスなのです。
神中範1509234238神中範:AP150:命中+12、神攻+180、【不殺】【痺れ】【乱れ】【識別
ミスティックロア
神秘への親和性を高める事で魔力を増幅します。
付自単100-3038自付与:AP100:神攻+50、【自付】【
聡明
高い知性の持ち主です。
------神攻+15、前提【知力】
深慮
素晴らしい知性を持っています。
------神攻+25、前提【聡明】【LV3】
簡易充填
行動力を常に回復する事が出来ます。
------充填15前提【C12】【LV8】
------
------
------
------
------

スキル・コレクション

CP: 26 / 30

装備 コレクション
アイコン 名前
フォールーン・ロッド
堕天の杖――その魔杖は持ち主の欲望の侭に力を与え続けると言われています。 

湖のエレイン
妖精姫が清らかな霊水を編んだとされる美しい術衣です。 
ドレイクストラップ
恐るべき海賊なのか疑わしくなってきましたが、海洋はこういう国です。 
密告状
嫌いな奴は天義すればいいと思うんだ。 
密告状
嫌いな奴は天義すればいいと思うんだ。 
ヨハナ・タイターの預言書
或る魔種が記したとも。破綻した善意、対話可能な悪意、異様な的中。いつも不吉。 
クァドラスの知慧
或る錬金術師のもたらす大いなる知慧。尊大にして悪趣味。 
ギルド
-
-
-
-
-
感情

  • 懐いている

感情一覧へ

通信欄 名前はボクを愛してくれたヒトのもの。

PAGETOPPAGEBOTTOM