PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<総軍鏖殺>空の島と夢の痕

冒険中

参加者 : 10 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング


 北の荒野を照らす太陽は昼を過ぎて徐々に傾きつつある。
 吹き抜ける秋風は、もうずいぶんと冷えてきた。

 蒸気バイクに取り付けられたサイドカーを守るように、蒸気バギーが併走している。
「このままのペースなら、夕刻には到着出来るでしょうね」
「ノイスハウゼンか……」
 それは上空に伝説の浮遊島アーカーシュを戴く、鉄帝国南部にある街の名だ。
 バイクの運転手はすらりとしたうら若い美女であり、バギーのほうも少年から青年へ成ろうとしている若い美男子であった。サイドカーには立派な身なりをした老人が一人。二名の若者は護衛役というだ。
 布陣はA級闘士が一名、それからB級――とは逆の意味で名ばかりな、とびっきりのカミソリが一名。
 女の名をティセ・ティルマノフと言い、男の名をシラス(p3p004421)と言う。
 どちらもラド・バウの今を煌めく、人気のスター闘士だ。

 ここ鉄帝国は大混乱の渦中にあった。
 皇帝ヴェルス・ヴェルグ・ヴェンゲルズ(p3n000076)をよりにもよって冠位憤怒バルナバスが打ち倒し、総軍鏖殺の命なる弱肉強食の法が布かれた。悪漢暴漢達はこれを機に暴れ回り、帝国の名だたる将や政治家、戦士達は様々な軍閥に分断されている。
 ともかくこの老人――リチャード・マクグレガーは、金こそあっても腕っ節はからきしであり、凄腕闘士二人を雇って帝都から逃げ出したのだ。少なくとも、建前上は。
「いやあ、けど君等が居てくれて良かったよ。ホンット助かる助かる」
 リチャードが闊達に呵々と笑った。実のところ、この男は帝国の政財界、そして軍部と繋がりが深く、防諜を任務とする特務機関ゲハイムニスの出資者である。リチャードはそうした伝手を使い、各地に居る特務軍人や非主流派の軍人に働きかけ、アーカーシュへ集結するよう働きかけていた。そして自身もまた拠点をアーカーシュへ移そうという算段なのだ。

 現在のアーカーシュは貴重な機動戦力であり、一種難攻不落の要塞であり、この場所を起点にすれば帝国各地の街や村を暴漢や魔物の襲撃から防衛出来る。そして各地に点在するそうした輩の拠点を叩くことが出来ると、そのように考えてのことである。
 更にアーカーシュは中心にローレット支部を持ち、イレギュラーズは天空神殿経由で移動可能だ。バルナバスの軍勢と戦うにあたって、便利であることこの上ない。
 現在のアーカーシュはインフラ畑の政治家である『歯車卿』エフィム・ネストロヴィチ・ベルヴェノフや、成り行き上で帝国軍の少佐になってしまったアンフィフテーレ・パフという男が事実上の管理者となっており、復興中のノイスハウゼンと合わせて一つの軍事拠点として成立していた。あとはたまたま駐屯していた帝国軍軽騎兵隊などいくつかの部隊が、そのまま残って居る。アンフィフテーレが少佐にされてしまったのは不正な書類の書き換えを発端としており当人はかなり嫌がったが、彼がアーカーシュのレリッカ村の村長であることや、作戦司令官のエッダ・フロールリジ(p3p006270)大佐が帝都に戻らざるを得ない事情もあり、なし崩しとなっている。可哀想だが仕方が無いだろう。

 それはさておき。
「なあティセさん、さっきから」
「うん、居るね。きっとかなりの数」
 あと一刻ほどもすれば街が見えてくる頃だったが――


「なんかすいません」
「いえ、義妹(いもうと)の安否が確認出来たことが何よりの幸いですので」
 謝罪したすずな(p3p005307)がアーカーシュに存在する帝国軍橋頭堡を案内しているのは、リュドミーラ・エルセヴナ・エフシュコヴァという女性である。現在は参謀系の軍人として独立しているが、エフシュコヴァ家の養女であり、リーヌシュカ(p3n000124)の義姉にあたる。
 このような非常事態であるから家族でどこかの軍閥に所属して互いに協力しようという腹だったが、リーヌシュカは生憎と哨戒任務中らしい。このまま待って居れば夜には帰ってくるとは思うのだが。
「イレギュラーズを集められますか? 依頼があります」
 そんな時、部屋に入ってきたのは歯車卿であった。
「……あ、うん。依頼は受けられるよ。内容にもよるけど」
 ジェック・アーロン(p3p004755)はは最近現れたヘザー・サウセイルという魔女の後ろ姿を何の気なしに眺めていたのだが、視線を外して答えた。別にヘザーと知人友人という訳でもない。
「どうしたのかしら?」
 優美な肢体を椅子に預けていたアーリア・スピリッツ(p3p004400)が尋ねる。
「本日、リチャード・マクグレガーという方がアーカーシュへ到着される予定なのですが」
 歯車卿が言うには、どうも魔物を伴う暴漢の集団が近くに現れたらしく、彼等の危険が予測されるということだった。リチャードにはとびきり腕利きの護衛が二名付いており、軽騎兵隊が近くを哨戒している。だがリチャードは一般市民であり、戦闘能力は皆無だ。念には念を入れてイレギュラーズにも手を貸して欲しいという訳なのだった。
「それならおれも、行ってやるとするかな。なんせアイツとは飲みトモなんだ」
 ヤツェク・ブルーフラワー(p3p009093)がギターを担いで立ち上がる。
 すぐに向かうとしよう。

 ――

 ――――

「ヒーハー! 有り金全部置いてきなあ!」
「女も居るじゃねえか!」
「俺ぁそっちの水色の髪のネコミミちゃんがそそるぜえ!」
「待て、あっちは男かもしんねえぞ」
「だったら、なおさらお得じゃねえか!」
 何がおかしいのか、暴漢達がゲラゲラと笑っている。
 暴漢達は魔物と共に、軽騎兵隊と三人の客人をそれぞれ包囲していた。
 魔物と暴漢の群れは、三人の客人へじりじりと包囲網を狭めている。
 守られているであろう老人は身なりも良く、金がありそうだと目をつけられていたのだろう。

「……数が多いわね。雑魚のくせに生意気よ」
「それでお姫様、オーダーは如何でござい?」
「強行突破して陣形を再構築。お客さんも守りましょう。背中は任せたわ。それにあれって!」
「一人は知ってますが、もう一人は?」
「知らないの? 『雷帝』ティセ・ティルマノフ。A級闘士よ!」
 おどけたヨハン=レーム(p3p001117)にリーヌシュカが答えた。
 シラスとA級闘士なら、向こうの護衛は完璧だ。
「それはそれは……オーケイ!」
 そんな時だった。
「隊長!」
「何よ」
「味方増援、イレギュラーズです!」
 部下の言葉にリーヌシュカは頬を染め、瞳を輝かせた。
「勝ったわ! 全軍用意――突撃よ!」

GMコメント

 pipiです。
 暴漢を蹴散らして、客人を迎え入れましょう。
 相談期間短いのでご注意くださいませ。

●目的
・大事な客人であるリチャード・マクグレガーを守る。
・暴漢達の撃退(生死は問いません)。
 情報は細かいですが、あまり難しく考えずにとにかく暴れましょう。

・後は各々、アーカーシュの帝国軍基地で積もる話でもしましょう。
 こっちのほうがむしろ重要かもしれません。
 なんせ『これからのこと』もありますから。

●ロケーション
 復興中のノイスハウゼン近く。アーカーシュの下です。
 夕方が美しい一面の荒野。足場は特に問題なく、天気は晴れています。

 『シラスさんとティセとリチャード』と『ヨハンさんとリーヌシュカ』が、敵の大軍に∞のような感じでそれぞれ囲まれている状態です。『ヨハンさんとリーヌシュカ』は合流のために、シラスさん達のほうに向かって強行突破しようとしています。
 他の方はその外側からアプローチ出来ます。

●敵
 とにかく数が多いです。
 ならずものですが軍人崩れであり、さほど強くはないとはいえ、あなどれない相手です。
 と言いたい所なのですが、まあ。皆さんが暴れればどうとでも出来るでしょう。
 天衝種(アンチ・ヘイヴン)と呼ばれる魔物を引き連れています。
 ほとんどの暴漢よりも、魔物の方が強いです。

・『リーダー』ゴンズ・タワバ
 棘鉄球付きの鎖を振り回している巨漢です。
 攻撃力とタフネスに優れる他、麻痺系のBSを保有しています。
 今回の敵の中では一番強いです。

・暴漢(手斧)×6
 至近距離の戦闘を挑んで来ます。出血系BSや致命を持ち、威力が高いです。

・暴漢(騎兵槍付きバイク)×6
 超距離を縦横無尽に駆け、移動貫攻撃を仕掛けてきます。反応と威力が高いです。

・暴漢(火炎放射)×6
 近距離扇に、火炎系BSを伴う神秘攻撃を行います。

・暴漢(ボウガン&ナイフ)×6
 遠距離からボウガンを放ってくる他、近距離ではナイフで戦います。

・フューリアス×4
 周囲に満ちる激しい怒りが、人魂のような形となった怪物です。怒り任せの衝撃波のような神秘中~超距離攻撃してきます。単体と範囲があり、『乱れ』系、『痺れ』系のBSを伴います。

・ラースドール×2
 非常にタフです。ハンマーのような長い腕による高威力近接攻撃や、機銃掃射による中距離扇攻撃を行います。ハンマー攻撃にはブレイクを伴います。

・グルゥイグダロス×2
 巨大な狼のような姿の怪物です。俊敏にして獰猛。かなり強いです。
 その爪や牙に出血系BSを伴います。

●味方NPC
・『雷帝』ティセ・ティルマノフ
 A級闘士にして帝国軍の特殊部隊員です。ものすごく強いですが、対個人戦闘に特化しているため、多数を同時に相手するのは得意ではありません。要するに単体攻撃しかないのです。

・リーヌシュカ(p3n000124)
 強さはC級闘士のかなり上の方程度。
 それなりにしっかりと戦闘力があり、一応範囲識別物理攻撃を持ちます。

・鉄帝国軽騎兵隊×4
 リーヌシュカに同行している部下の一部です。
 ライフルとサーベルを持った精強な兵士達です。
 一人一人は暴漢達よりは強いですが、多勢に無勢。

・リチャード・マクグレガー
 護衛対象です。戦闘はからっきし。

・『陸軍少尉』リュドミーラ
 すずな(p3p005307)さんの最近の知り合いです。
 指揮系の範囲支援能力を持ちます。身軽なので一応戦闘も可能です。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はCです。
 情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。
 また暴漢達の性癖にも疑問が残ります。

●戦闘後にアーカーシュの上で会えるNPC
 上記『味方NPC』に加え、以下の人々に会えます。

・『歯車卿』エフィム・ネストロヴィチ・ベルヴェノフ
 インフラ系の政治家で、アーカーシュにおける、いわばプロジェクトリーダーを努めていました。
 帝都にも戻れず、なし崩しで後述のアンフィフテーレと共にアーカーシュを運営しています。

・『レリッカ村長』アンフィフテーレ・パフ
 亡きパトリック・アネル大佐に書類をねつ造され、帝国軍の少佐になってしまった人物です。
 エフィムと二人三脚でアーカーシュを運営しています。かわいそう。

・『魔女』ヘザー・サウセイル
 アーカーシュに最近現れた謎の女性です。
 協力姿勢を見せているのですが、多くの人と距離をとっています。
 何かひっかかりを感じます。

・他
 アーカーシュに居そうな人達。レリッカの住人達などに会うことも出来ます。

  • <総軍鏖殺>空の島と夢の痕冒険中
  • GM名pipi
  • 種別EX
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2022年09月22日 23時59分
  • 参加人数10/10人
  • 相談5日
  • 参加費150RC

参加者 : 10 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(10人)

ヨハン=レーム(p3p001117)
帝国軽騎兵隊客員軍医将校
マルク・シリング(p3p001309)
アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯
シラス(p3p004421)
竜剣
サクラ(p3p005004)
聖奠聖騎士
すずな(p3p005307)
介錯人
エッダ・フロールリジ(p3p006270)
フロイライン・ファウスト
恋屍・愛無(p3p007296)
戦飢餓
ヤツェク・ブルーフラワー(p3p009093)
奏で伝う
佐藤 美咲(p3p009818)
合理的じゃない

PAGETOPPAGEBOTTOM