PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<チェチェロの夢へ>岩礁の畔

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●<チェチェロの夢へ>岩礁の畔
 鉄帝国南部上空、浮遊島『アーカーシュ』。
 最初は眉唾物と評されていた、鉄帝国に伝わる伝承。
 しかしそれは嘘では無かったことが明らかになり、鉄帝国とイレギュラーズ達の有志により島の調査は刻一刻と進められていった。
 そしてアーカーシュの人が住む唯一の村『レリッカ』。
 調査に協力してくれるイレギュラーズの人達の力になりたいと、レリッカの人達はイレギュラーズたちの駆る飛行亜種の為の竜宿が設けたりする。
 レリッカ村に創設された拠点より、アーカーシュの調査は島内の中から、大きく広がりを見せる。
 島内にあった地上部と、点在する遺跡に加え、外周に広がる小浮遊島群や、新たに発見されし地下遺跡の深部。
 もちろん、それらすべてがまだまだ未探索の地が多く、イレギュラーズたちの探索にも終わりはない。
 今日も又、レリッカ村から飛び立つ亜竜……そしてそれを見送るレリッカ村の村人達という、いつもの光景が繰り広げられていくのである。


「本当、イレギュラーズ殿達には感謝しても仕切れないね。レリッカ村の皆も、大変喜んでいるよ、ありがとう」
 仰々しい言葉で頭を下げるのは、若い風貌の『レリッカ村村長』アンフィフテーレ・パフ。
 そして、彼が頭を上げると共に。
「今日もみんなには、この『アーカーシュ』の調査を御願いしたい。ただそれが、ちょっと危険な所……まぁ有り体に言えば小さめの島が点在する『浮遊小島群』の場所なんだよ」
 と言いながら指さすのは、村から左の方向を指さす。
 指指す先の視界には、ふわふわと浮かぶ岩礁の様なもの……小さな島が点在している。
「私達には気軽に飛べるような能力を持って居る人も居ないし、当然まだまだ村の外は危険が一杯だしね……ただ、聞いた話によると、あの小島群の辺りには凶暴な精霊達が多く蔓延って居るらしくてね……下手に近づこうものなら、要らぬ被害が出てしまう。そこでイレギュラーズ殿に力を貸して欲しい、という訳なのさ」
「勿論未開の地故に、このアーカーシュの島本島にはない様な新種の動植物とかが居るかもしれない。その中には食料になるものもあるかもしれないから、そういった物を見つけてきて欲しい、って訳なのさ」
 とパフの言葉に、ちょっと訝しげな表情を浮かべる君達。
 だけどパフは表情を変えずに。
「いや、本当にイレギュラーズ殿達には感謝しているのさ。だが、私達も生きる為には、村の外にも手を広げなければならない……対処手段が分かれば、鉄帝国と協力して橋を架けたりする事が出来るかもしれないしね? ……という訳で、宜しく頼むよ?」
 と、君達の肩をポンッ、と叩くのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 今回の依頼ですが、浮遊島『アーカーシュ』から離れた外周、浮遊島群の調査を依頼になります。

 ●成功条件
  『アーカーシュ』、レリッカ村から東の方角に2時間程いった先。
  草原と岩礁群の周りを調査して新種の動植物を発見するのが、今回の目的ですが、
  外周の外に浮かぶ、浮遊小島群を探索する為には、危険(暴れている精霊達)を制圧する事が必要になります。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はBです。
  依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
  今回の舞台になるのは、アーカーシュ外周に浮遊する小島群で、そこには広大な自然と幾つもの遺跡が広がっています。
  しかしその自然の中で、様々な精霊達が何故か凶暴化してしまっており、かなり危険な状況です。
  その状況下では調査もろくには出来ませんので、皆様の力で精霊達を倒す必要があります。
  
  尚このシナリオでは飛行スキルや、飛行可能アイテム効果を持っていると戦闘判定が有利になります。
  飛行を持たない場合は騎乗戦闘可能なリトルワイヴァーンを持って居るものと見做します。
  この場合飛行戦闘は可能ですが、判定は有利になりませんのでご注意下さい。
  また、簡易飛行や媒体飛行は、飛行には含みません、ご注意下さい。

 ●討伐目標
  ・精霊の群れ
    今回の小島群には沢山の精霊達が居ます。
    荒れ狂う高位精霊の、ハイエレメンタルが多く存在し、本来は会話可能ですが……何故か怒り狂っている状態になっている為、そのままでは会話する事は困難です。
    属性は風と雷を持って居る者達が多いので、それら属性への対抗策は必要でしょう。

  ・古代獣「アルベリヘ」(幻惑蝶)
    美しい翅を林居た蝶です。
    十数匹単位で群れになっており、何故かこの蝶達には触れる事が出来ません。(物理攻撃無効)
    彼等の攻撃手段は幻の炎や雷であり、これら攻撃を精霊の群れと一緒になって波状攻撃で仕掛けてきますので、ご注意下さい。

 ●特殊ルール『新発見命名権』
  浮遊島アーカーシュシナリオ<Celeste et>では、新たな動植物、森や湖に遺跡、魔物等を発見出来ることがあります。
  発見者には『命名権』があたえられます。
   ※命名は公序良俗等の観点からマスタリングされる場合があります。
  特に名前を決めない場合は、発見者にちなんだ名が冠されます。
   ※ユリーカ草、リーヌシュカの実など。
  命名権は放棄してもかまいません。
   ※放棄した場合には、何も起りません。

 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • <チェチェロの夢へ>岩礁の畔完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年05月30日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

キドー・ルンペルシュティルツ(p3p000244)
社長
ウェール=ナイトボート(p3p000561)
永炎勇狼
ジルーシャ・グレイ(p3p002246)
月香るウィスタリア
フルール プリュニエ(p3p002501)
夢語る李花
茶屋ヶ坂 戦神 秋奈(p3p006862)
音呂木の巫女見習い
ルチア・アフラニア(p3p006865)
決死行の立役者
マッダラー=マッド=マッダラー(p3p008376)
不運《ハードラック》超越
ライ・ガネット(p3p008854)
カーバンクル(元人間)

リプレイ

●次の手がかりへ
 鉄帝国南部上空、浮遊島【アーカーシュ】。
 古来から眉唾物の伝承だと言い継がれていたその島は、今や鉄帝国軍部とイレギュラーズ達のお陰で様々な所の探索が行われている。
 そして、そんなイレギュラーズ達の探索に、少しでも力になりたいと考えた唯一の村『レリッカ』は、イレギュラーズ達の駆る飛行亜種の為の竜宿を設けたり、未探索の地に関する情報を提供したり……と島内探索の拠点となりつつある。
 ……とは言え、そんな空の上の風景はまだまだ見慣れない所もあり。
「ふぅん……空に浮かんでいるなんて、不思議な島ねぇ……」
 目を細め、風を感じながら『月香るウィスタリア』ジルーシャ・グレイ(p3p002246)が笑うと、それに『泥人形』マッダラー=マッド=マッダラー(p3p008376)も。
「ああ。俺も一度は足を踏み入れて見たかった浮遊島だ。地上には無い色んな未知の存在が一杯だと言うし、未知の存在というのは語り部の心を揺さぶるものだ。だからこそ、此の度の依頼も物語として紡いで見せようではないか」
「そうねぇ。光量に使えそうな植物も見つかるかしら? なんだかワクワクしちゃう!」
 マッダラーも、ジルーシャもどこか嬉しそう。
 確かに新しい新種生物やら動植物を発見するというのは心躍る物だろう。
 だが、今回の依頼は島内という訳ではない。
 この浮遊島の周りにふわりふわりと浮かぶ小さな浮島群……極めて足場が悪い場所が、今回調査するべき箇所。
「正直な所、空中戦は落ちつかねェんだがなァ……」
 ぼやく『最期に映した男』キドー(p3p000244)に、頷く『決死行の立役者』ルチア・アフラニア(p3p006865)。
「そうね。空の上での戦いっていうのはなかなか慣れないものよね……こんな風に感じるのは、私が飛ぶことに縁が無く過ごしてきたからかもしれないけど、地に足が着かないと気になるわ」
「ああ、全くだ。安定した小島でもありゃぁいいと思ったが……な。そんな所に大量の精霊の群れと古代獣『アルベリヘ』だってな? こんな敵の数と波状攻撃じゃぁヘタに足を止めたら磨り潰されかねねェぜ?」
 肩を竦めるキドーに、『カーバンクル(元人間)』ライ・ガネット(p3p008854)が。
「そうだな。思ってたより大量に敵が居るらしいし、こりゃ倒さなきゃ調査出来ない筈だぜ?」
 それに『夢語る李花』フルール プリュニエ(p3p002501)は。
「ええ。それにしても……精霊と古代獣ですか。古代獣は何か精霊を利用する手段を持って居るのでしょうか? 私達のする精霊使役とは、少し違うような気がするのですが……」
 契約した精霊達と共に生きているからこそ、今回の精霊達の行動に疑念を抱かざるをえない。
 勿論地上に居る精霊達と全く同じ性質を持っているとは思って居ないが……何故にここまで凶暴化してしまったのだろう。
「私の七種の精霊達……何か分かりませんか?」
 と、フルールは問い掛けるものの……彼女の精霊達からは。
「そうですか……分からない、と。むしろ、何で怒っているのか分からない……と」
 やはり浮遊島、地上とは全く性質が違うのだろう。
 ともあれ、そんな浮遊島の調査が今回の依頼であり、そこから何らかの新種を発見出来れば上出来な訳で。
「新発見の命名権か……新種の花とかかわいいもん、かっこいいもんに息子達の名前である梨尾とかリーオーとかってつけたくなるな。後者なら獅子座とかで新種のタンポポとかだったら自然だな……よーし、パパとして頑張らねば!!」
 と新種発見に並々ならぬ気合いが入る『永炎勇狼』ウェール=ナイトボート(p3p000561)。
 それにキドーが。
「はは、そうだな。ま、仕方ねェ。サッサと片付けてノンビリ調査と洒落込もうぜ!」
 と、闊達に笑う。
 ……そう仲間達の声にライが。
「そうだな。空中戦には俺は不慣れだが、幸いこの身体なら空が飛べる。調査のためにも全力でアイツらをぶっ飛ばさないとな!」
 と気合いを入れると、それにとワイバーンに乗ってご満悦な『音呂木の巫女見習い』茶屋ヶ坂 戦神 秋奈(p3p006862)も。
「うんうん! 飛行ユニットもなしに空戦とな!? むむむーん! 敵部隊との戦闘イケるか? ワイバーンくん!」
 ワイバーンに問い掛けると、ワイバーンはこくり、と頷く。
「そう、イケるか! っしゃぁ! かわいいヤッター!! よーーっし、みんなレッツゴーだぜー!!」
 満面の笑みを浮かべて先陣切って飛んでいく秋奈に、他のイレギュラーズ達も各々の飛ぶ力と共に岩礁地帯へと飛び出していくのであった。

●命の藻屑
 そして、空に浮かぶ岩礁地帯を転々と動き回るイレギュラーズ。
 ワイバーンや飛行重機装、ひいては自分自身が飛べるという様々な出自を生かす事で、飛ぶことに対して大きな問題は無……い筈なのだが。
「……ね、ねえ、御願いだから、途中で落っことしたりしないでよ……!?」
 と涙目なのはジルーシャ。
 そんな彼女の周りには、ふわりふわりと浮かぶ、彼が呼び出した風の精霊達。
 精霊達はうんうんと頷くものの、悪戯っこっぽい笑みを浮+かべており……本当に大丈夫なのか、と不安が増大。
 そして風の精霊達の力を借りて、空を飛ぶのだが。
「アンタたちはそんなことしないってのはわかってはいるけど……キャー-ーっ!! ちょっと、揺らさないでってば!!」
 ワーキャーと悲鳴を上げるジルーシャと、笑う風の精霊達。
 ……それに秋奈が。
「もー、ジルーシャちゃん怖がりすぎだってー! ほらほら、精霊ちゃん、こっちだよー!」
「き、キャアアーーっ!! 早い、早いってばぁ!!」
 秋奈のワイバーンを追いかけつつ、悲鳴を更にあげるジルーシャ。
 ……と、そんな騒ぎはありつつも、イレギュラーズ達はとある小島へと到着。
 背の丈が低原っぱの様な、そんな場所。
 そして……イレギュラーズ達が降り立つと、急激に空は雷雲に包まれ、更に風も吹きすさぶ。
 急激な悪天候と共に……ふわりふわりとどこからともなく飛来するのは……美しい翅を生やした蝶々。
 蝶々の来訪と共に……ぼんやりとした精霊の群れも、雷鳴と風が轟く中に姿を表す。
 ……そんな敵の出現に、仲間達から数歩前に進み出る秋奈。
「戦神が一騎! 茶屋ヶ坂アキナ! 有象無象が赦しても、私の緋剣は赦しはしない!!」
 と開口一番に口上を述べて、早速敵の注意を惹きつける。
 勿論秋奈に攻撃ターゲットは集中し、精霊達は怒り狂い雷鳴と強風を吹き荒れさせて、秋奈を集中攻撃。
 更に幻惑を司るアルベリヘも、その応酬に加えて幻の焔を視界に映し出し、イレギュラーズ達の精神面に傷を及ばせていく。
 ……そんな敵の攻撃に、即座にジルーシャが祈りを捧げ、仲間達を回復。
 更にルチアも、喰らった様々なバッドステータスを即座にコンスタントに回復し、その被害を決して後には残さないようにする。
 そして敵の攻撃をひとまずはやり過ごした所で、一気に反撃の狼煙を上げる。
「なんで荒れ狂ったんだろうか……精霊を興奮させる何かが調査先にあるのか……? 取りあえず、落ちついて貰うしかないな」
「ああ……んじゃ、準備はいいか?」
「そうだな。一気に行くぜ」
 ウェールの言葉にキドー、マッダラーの前線二人は敵陣ど真ん中に駆け込む。
 二人を補助する様にウェールが狙うのは精霊達。
「なんで荒れ狂ったんだろうか……精霊を興奮させる何かが調査先にあるのだろうか?」
 と一抹の疑問を抱きつつ、彼は鋼の驟雨を降り注がせる……ダメージが及ぶのは、精霊達のみで、幻惑蝶には効果が無い。
「聴いていた通り、物理的な攻撃は効かないって訳か……」
 ウェールは唇を噛みしめる……が、対して攻撃を喰らった精霊達は。
『……!!』
 と、声にならない怒りの波動で威嚇する。
「ま、取りあえずその怒りの矛先はあっちに向けてくれってな!」
 とキドーはニヤリと笑みを浮かべながら、狩猟団の妖精達を呼び出し……アルベリヘへと攻撃。
 直接攻撃が効かない幻惑蝶達に、あえて神秘の力を含んだ一閃で集中砲火。
 更にマッダラーも、同じく悪夢の浸食にて幻惑蝶を纏めて攻撃する事で……幻惑蝶に大ダメージを与える。
 ただ……それで倒れる程に柔な蝶々達ではない。
「結構しぶとい様だな……まぁいい。いくら綺麗な蝶でも、ああまで群れてると、纏めて撃ち落としたくなる……俺だけか?」
 とライが苦笑すると、それにフルールは。
「まぁ……そうですね。精霊達は、この幻惑蝶に操られているのかもしれないし……本当は精霊達を倒したくありません。だから、蝶々達を優先して倒して行きましょう」
「そうだな」
 頷きながら、ライはのたうち回る雷撃をその血に迸らせ、同時にフルールも神なる光を光らせて一網打尽にする。
 そう仲間達は幻惑蝶に一通り攻撃を行い、厄介な蝶々達を優先的に仕留めようと動く。
 刻を刻む中、幻惑蝶の描く幻影に騙されない様にしつつ、一匹ずつ確実に仕留めて行き……数十分の後、残るは精霊達のみとなる。
 ……だが。
『……コロ、ス……!!』
 言葉では無く、直接脳裏に響きわたる、精霊達の怨恨の声。
 その声に耳を傾けつつ、ルチアが。
「どうして、あなた達は……そんなに怒っているの? 私達が、話を聞いて上げる……だから、落ちついて」
 と優しく言葉を投げかけるが……精霊達の暴走は止まない。
「仕方ないわね……出来れば仕留めないように、みんな、注意して」
「ああ、分かった。ま、話を聞ければ、調査も進展するかもしれんしな」
 ルチアに頷き、ライが放つ神の光。
 最後まで抵抗する精霊達は仕方なくも思いながら……全ての敵を倒すのであった。

●島間
 そして……。
「ふぅ……どうやらもう蝶々さんも、精霊さんも……大人しくなった様ね?」
 息を吐きつつ、周囲を見渡すフルール。
 彼女の言葉の通り、敵対心を剥き出しにしていた敵の群れは息を潜める。
 勿論、既に息を引き取った者達も居るが、辛うじて……死を免れた精霊や古代獣もいる。
 そんな彼らに向けて、秋奈は己の傷を包帯で巻き上げながら。
「あいたたた……中々痛かったわね。それにしても、精霊さんたちはなーんで凶暴化したのかねー?」
 と小首をかしげるとと、それにそうね、と頷きながらフルールがまず。
「そうねぇ……精霊さん精霊さん。お話を聞いて言いですか?」
 と、柔和な表情を浮かべながら尋ねる。
 だが、そんなフルールの言葉に、目を覚ました精霊さん達は。
『……』
 ぷいっ、とそっぽを向いてしまい、話を聞く素振りを見せない。
 そんな精霊さんに、ジルーシャが。
「あら……どうやらお怒りの様ね? 攻撃とかして、本当に申し訳ないわ。でも……そうしないと、アナタ達、お話を聞いてくれなかったでしょう? 怒ってた理由が分かれば、アタシ達で何とかしてあげられるかもしれないわ」
 と言うと、更にフルールも更に。
「そうね。私は精霊と仲良くなりたいの。ほら……お友達もいっぱい。どうして怒って多野か、起こる前に何があったのかを聴きたいのです。あなた達を利用してる人にはお仕置きをしてあげなきゃいけないから、どうか教えて?」
 そう二人から言葉が投げかけられていくものの……精霊さん達は、ぷいっとそっぽをむいたまま。
 ただ……時々ちらりちらりとイレギュラーズ達を見る素振りがあり、何となく……素直になれないような、そんな感じに見える。
 そんな精霊達に、更にフルールは更に。
「そうだ。それならあなた達に名前、付けてあげましょうか。自分だけの名前、ほしくないですか? 良かったら、後でつけてあげますね。そして、お友達になりましょう?」
 と提案する。
 精霊達、という群像から、個々の存在を認知してあげようと言う、フルールの提案。
 そんなフルールの言葉に、精霊達は。
『……! ホン、ト?』
「ええ、勿論……ね、皆もいいわよね?」
「そうね。アタシ達は、全然この場所を知らないから、良く知っているアナタ達に、教えて貰いたいわ」
『……ワカ、ッタ……』
 顔はぷいっと背けているが、何だか嬉しそうな精霊達。
 そんな精霊達と会話しているのを横目にしながら秋奈は。
「精霊さんとお話できるのいいなー。いーいーなー」
 と羨望の眼差し。
 ……ともあれ、精霊さんと疎通出来た二人は、精霊さんの心をしっかりと掴んだようで。
「ね、アタシたちはね、食べられそうな植物を探しに来たのよ。良かったら手伝って貰えないかしら?」
「そうね。私達は、ここに珍しいものを探しに来ているの。どうか案内してくださいな? あなた達が知ってる面白い生き物とか、果物とか……そうういうのはないかしら? 場所とかでも良いのよ?」
 と言うと、精霊達は。
『えっと……お気に入りの場所……ある。行く? ……こっち……』
 ふわふわっ、と、ちょっと先に飛んで行く精霊達。
 それを追いかけるように、フルールとジルーシャは精霊さんの案内する『お気に入りの場所』を巡る。
 ……その一方で、飛竜に乗り込んだ他の仲間達。
「……っと。それじゃ俺は、あっちに行ってみるか」
 キドーがそう動こうとすると、秋奈が。
「あっ、ゴブリンどっかいく系? 私ちゃんもつれてけー!」
 ぴょいっと後ろに飛び乗る秋奈……ちょっと体勢を崩しながらキドーが。
「飛び乗るなってーの! 全く……大人しくしてくれってんだよ」
「ふはははっ!! そんな私ちゃん落ちついてるじゃん! どこ調べに行くのさー?」
「そうだなぁ……こっちは動植物とか調べとこうかって思ってな。俺がここの動植物なら、点滴に食べられないように浮き小島の裏っかわにくっついて隠れたりするかって思ってよ」
「へー、面白いじゃん。岩礁とかの裏側ってアレっしょ? 石のけたら虫がうじゃうじゃいたり!」
「まー……な。ま、そういう奴で珍しいのが見つかれば御の字って訳だ。という訳で……ま、着いてくるなら自分のに乗ってついてこいっての」
「しょーがないなー、りょーかい」
 にゃははと笑いながらキドーと秋奈が岩礁の裏へ。
 そして、更にライやマッダラー、ルチアらもそれぞれの飛竜を狩りて、各々思い思いの調査を開始。
 岩礁の上に生えた草原で飛び跳ねる生物の生態を調べたり、少し掘って地面の土がどのような材質であるのかを調査。
 そんな中で、ウェールは一つの島に集中する事無く、様々な島を転々として調査。
 幾つかの島を越えた先に見つけたのは……多くの花々が咲き誇る花畑。
 そしてその花々からは……どこか甘い香りが漂う。
 そんな甘い香りに、ウェールは。
「……あの幻惑の蝶々がこっちを襲ってきた事から、もしかしたら血液とかを吸う肉食の蝶なのかもしれないな……」
 と零し、その薫りの元を辿る。
 花々に隠れる様に……ひっそりと咲く赤い花。
 ……強く嗅ぐと……ちょっとくらっとするような薫り。
「これをそのままにしておくのは、危険かもしれないな……これはちょっと調べておくとしよう」
 とウェールは、その花を周りの土と共に摘むのであった。

成否

成功

MVP

茶屋ヶ坂 戦神 秋奈(p3p006862)
音呂木の巫女見習い

状態異常

なし

あとがき

アーカーシュ調査、お疲れ様でした!

精霊さん達のお気に入りの場所は、精霊さん達の心を掴んでくれたせめてものお礼……のつもりです。
是非ともぶらっと、立ち寄って頂ければと思っております……!

PAGETOPPAGEBOTTOM