PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<覇竜侵食>爆炎焦土のナインテイル

完了

参加者 : 10 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●ナインテイルを襲うもの
 亜竜集落フリアノンより少し離れた場所。
 岩山に囲まれた荒野で、モンスターたちが戦っている。
 それ自体は然程珍しい光景ではない。
 覇竜領域デザストルは弱肉強食をこれ以上ないくらいに体現した場所だ。
 モンスター同士、あるいは亜竜同士の争いなど珍しくもなんともない。
 故に、それ自体は気にすることでもなければ、ましてや介入の必要性など微塵もない出来事だ。
 では、何と何が争っているのだろうか?
 片方はナインテイル。名前の通り9つの尾を持つ巨大な狐のモンスターであるが……生息数が少なく、然程会う事は無いと言われているモンスターだ。
 だが生息数が少ないイコール弱いから淘汰された……ではないのが覇竜という場所だ。
 デミワイバーンのように弱いから増えるモンスターもいるのを例に挙げるまでもなく、然程個体数を増やす事に執着しないモノもいる。つまりはそういうことだ。
 そんなナインテイルは相当に強力なモンスターであるのだが……襲っているのは一体何なのか?
 その答えは「巨大なアリ」というのが正しいものになる。
 具体的にはアダマンアント……硬い外骨格の装甲を持つ、巨大なアリのモンスターだ。
 全長は2mほど。強靭な顎と強力な酸を武器にするモンスターだ。
 強力ではあるが、ナインテイルを相手取れるほどではない。
 今もナインテイルの9つの尻尾から放たれた熱線がアダマンアントをジュッという音を立てて穴だらけにしている。
 だが、その数が問題だ。アダマンアントの数は、およそ20体。
 今1体倒されたので残り19体だが……前衛を置き背後から酸を発射するその動きは軍隊じみていて、ナインテイルに戦場を移動しながらの戦闘を強いている。
 今はナインテイルが優勢に見えるが、時間がたてばどうなるか。
 味方の亡骸を容赦なく踏みにじり進むアダマンアントの冷徹なる戦法にナインテイルが抗しきれるかどうかは……今のところ、定かではない。

●ナインテイルを救え
「またアダマンアント共が出たようじゃ。連中め、珍しい個体をようも見つけてくるのう」
 黒鉄・相賀はそう言うと地図を広げる。
 亜竜集落イルナークの壊滅から始まった、アダマンアントを巡る事件。
 覇竜の歴史を振り返っても例がない程の大侵攻に覇竜の里長達は素早く対処をしようとしたが、アダマンアントの動きはそれを上回り……現状、後手に回っていた。
 だが彼等とて有能な里長達だ。
 あちこちに斥候を放ち、地上に出てきているアダマンアントを発見できるようにしていたのだ。
 今回もその報告の1つである……というわけだ。
 ナインテイルは移動しながら戦闘中、アダマンアントは確認した時点で17。
 そのまま進んでいくと……やがてフリアノン近くまで辿り着くことになるだろう。
 そしてそれは、かなりよろしくない事態を招きかねない。
 アダマンアントにフリアノンの存在を知られるなど、侵攻しに来てくれというようなものだからだ。
「というわけで、こっちから迎撃に出ねばならん……が、例によって安全なルートを通らんと、何が飛び出してくるか分からん」
 3つ巴ならまだマシ。4つ巴、5つ巴……などと収拾のつかない事態になれば、結果としてフリアノンが滅ぶかもしれない。
 故に、ルート上の何処かでナインテイルを援護し「その場で迎撃した方が得だ」と思わせる必要がある。
「ま、ナインテイルにもフリアノンを知られん方がいいからのう。ま……この辺りじゃろ」
 相賀が指し示したのは、見晴らしのいい岩場だ。
 此処であればナインテイルをお迎えすることも、アダマンアントを迎え撃つにも便利だろう。
「あとはどうナインテイルにこっちが味方と思わせるかじゃが……頭が良いと言われとる。上手くやればちゃんと通じるじゃろ」
 そうすれば、あとはイレギュラーズ次第……つまりは、そういうことだ。
「アダマンアント共の戦力の底はまだ見えとらんが……こうして妨害することで有利になるはずじゃ。よろしく頼むぞ」

GMコメント

アダマンアントが更なる食糧を手に入れるべくナインテイルを襲っています。
ナインテイルとアダマンアントは移動しながら平原を移動してきており、皆さんが目標地点に到達する頃には「結構ボロボロのナインテイル」VS「10体のアダマンアント」との戦いになっているでしょう。
ナインテイルはアダマンアントを最優先で狙って攻撃しますが、皆さんに遠慮とかはしません。
ただ、やりようによっては「敵の敵は味方」くらいには一時的になるかもしれません。
ナインテイルが殺されてしまうと、とても処理しきれないのでアダマンアントにお肉を回収されてしまいます。
それはアダマンアントの戦力強化に繋がるので、ナインテイルには生きていてもらった方が後々面倒はありません。

●モンスター
ナインテイル
9つの尾を持つ巨大キツネ型モンスター。全長10m。
尾から放つ熱線攻撃(遠距離識別範囲)、周囲に生み出す9つの火の玉による「狐火」攻撃(中距離)があります。
基本的に頭が良いので、皆様の作戦次第では比較的楽に味方と思わせる事が可能かもしれません。

アダマンアント(10体)
嫌になる程硬い巨大アリ。攻撃方法は岩をも溶かす酸を弾丸のように飛ばす技と、強靭な顎による振り回し&叩きつけ攻撃です。
ナインテイルを狙っているようですが、皆さんを狙わないわけではありません。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 決められたルートを通る限り、想定外の事態は絶対に起こりません。

  • <覇竜侵食>爆炎焦土のナインテイル完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年04月02日 22時10分
  • 参加人数10/10人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 10 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(10人)

日向 葵(p3p000366)
紅眼のエースストライカー
コラバポス 夏子(p3p000808)
八百屋の息子
リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)
紅炎の勇者
イグナート・エゴロヴィチ・レスキン(p3p002377)
業壊掌
仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)
陰陽式
リュティス・ベルンシュタイン(p3p007926)
黒狼の従者
ベネディクト=レベンディス=マナガルム(p3p008160)
騎士の矜持
ウルフィン ウルフ ロック(p3p009191)
復讐の炎
ライオリット・ベンダバール(p3p010380)
青の疾風譚
アンバー・タイラント(p3p010470)
亜竜祓い

リプレイ

●ナインテイル救援
『イケるか?イケるな!イクぞぉーッ!』コラバポス 夏子(p3p000808)たちは、目標地点までのルートを走っていた。
(俺の中じゃ九尾は女性なんだ……けど。はてさて果たして今回はどうかな~? まあ多分人型の美女になってくれるハズ)
 そんな事を考える夏子だが、まあ確かにそんな感じの伝承の類はたくさんある。今回がそうかはさておいて。
 ともかく、今回の敵はアダマンアントである。
 ここ最近連発しているアダマンアントによるモンスターや亜竜への襲撃事件だが、覇竜に存在する珍しいモンスターにもその矛先が向きつつあった。
 今回狙われているナインテイルもまた、そんな珍しい個体の1つというわけだ。
「アリ10以上はキツい数かもだけど、この状況なら余裕でしょ。ちゃんとエスコートしたげなきゃね……女性であれよ」
「まだまだ蟻は行動をやめないか……ふむ、今度はキツネ型の獣を喰うつもりか……させん」
「本当にアリ以外にもイロイロな生き物が居るもんだね。今回は話の通じるアイテだとイイな!」
『復讐の炎』ウルフィン ウルフ ロック(p3p009191)と『業壊掌』イグナート・エゴロヴィチ・レスキン(p3p002377)もそう言うが、モンスター相手に話をするというのも、この覇竜ならではの感覚だろう。
 だが、実際ナインテイルと共闘するのが今回の成功のカギとなる。アダマンアントという共通の敵がいるからとはいえ、非常にやりがいのある仕事ではある。
「数にものを言わせて、何もかもを刈り尽くさんとするかの様。幸いなのは、妙に戦術的能力が高いせいなのか何なのか、仕留めるのに必要十分な数だけを配している故に妨害が間に合いさえすれば何とかなり得るという所ですね」
「危険を冒してでも、より栄養価の高い獲物を求めねばならぬ状況になっているという事か?」
「あるいは、何かの基準に達した獲物を狙っている……ということでしょうか?」
「尚の事、ここで阻止せねばならんな!」
「もはやアダマンアントはどこにでも湧いてくるっスね……でも、これ以上好き勝手増やさせはしないっス!」
『紅炎の勇者』リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)と『陰陽式』仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)、そして『青の疾風譚』ライオリット・ベンダバール(p3p010380)は、そう頷きあう。
 リースリットの言う通り、アダマンアントは相手を……今回であればナインテイルを確実に狩れる戦力を見極めて出してきている。
 だからこそ、リースリットたちが混ざる事によって掻き乱せる。そして狙われたモンスターと疑似的な協力関係になることによって打ち倒せる。そういうチャンスなのだ。
「今回は、何よりも幸いなのが情報の早さ。予想進路の割り出しが余裕を持って可能な以上、仕掛けるタイミングと場所も自由自在という事です。アダマンアントの側面から攻撃を仕掛け、且つナインテイルに射線を向けないように戦えば、此方の敵はアダマンアントであるという意思表示にはなりましょう。上手くナインテイルを援護して、やってみせるのみ!」
 そう、だからこそこうして急いでいる。
 だが……そうした他勢力に発見されても気にしない程度の戦力的余裕をアダマンアントが有しているという、恐るべき事実をも示していた。
「ナインテイルの進路が意図しての動きではないとはいえ厄介な状況になりつつありますね……アント達にフリアノンの存在を気取られなければよいのですが……少なくともアントは一匹たりとも生き残りなく殲滅……ナインテイルが生き残ってこのままお帰りいただければ上々といったところでしょうか」
『新たな可能性』アンバー・タイラント(p3p010470)の言葉通り、此処で止めるのに万が一失敗すれば、それはアダマンアントたちによるフリアノン襲撃の可能性を高める事になるだろう。
「アダマンアントは働き者でとても厄介ですね。食料を確保されるのも厄介ですし、ナインテイルの援護を行いましょう。これ以上の戦力増強をさせる訳にはいきませんからね」
「その数で変わらず優位性を保っているか……だが、俺達の行動でクイーン達の思惑は確実に予想とは違う物になっている筈。此処でもナインテイルをうまく援護して、覇竜領域の為にも勝たせて貰うとしよう」
『黒狼の従者』リュティス・ベルンシュタイン(p3p007926)と『黒狼』ベネディクト=レベンディス=マナガルム(p3p008160)の言葉は、正しい。
 此処でアダマンアントを倒せば戦力増強を防げる。
 そして此処までの戦いでアダマンアントの勢力の急拡大は全て防ぐことが出来ている。
 ならば、此処でも防がなければならない。
 アダマンアントを倒し、その勢力を削らなければならない。
 だからこそ、待ち伏せポイントでの迎撃という作戦を選び、なんとか到着できている。
 そして『紅眼のエースストライカー』日向 葵(p3p000366)の視線の先にナインテイルとアダマンアントたちの姿が見え始める。
「何とか間に合ったっぽいっスけど、こいつはちょっと状況が良くねぇな。これ以上押し込まれるようだと、マジで命に関わるかもしれねぇっス。ここでアリを全部叩き潰すっスよ!」
 アダマンアントの数は……10、といったところだろうか?
「敵の数は10、上手く挟み込めるか──仕掛けてみなければ何とも言えんか」
 言いながら、ベネディクトは金色竜爪と蒼銀の腕を輝かせる。
 勿論負ける心算は無い。
「打ち合わせ通りに行くッスよ!」
 葵の声掛けに従うように、2つの班に分かれた仲間達が武器を構える。
 それは、この戦いの始まりだった。

●アダマンアントを叩き潰せ
 AチームとBチームに分かれて敵の注意を左右に逸らす。
 それが作戦の基本だ。
 Aチームは夏子、リースリット、葵、ライオリット、アンバー。
 Bチームはベネディクト、リュティス、汰磨羈、ロック、イグナート。
「お前達の相手は此方だ。アダマンアント、それ以上やらせる訳にはいかない!」
「超火力砲台は元より女性であれば守らないとならないワケ」
 ベネディクトと夏子の名乗り口上が響き、ついでとばかりに夏子が「助けに来たよん アジアンビューティ~」と叫ぶ。
 ナインテイルがアジアンかどうかは分からないが、ともかく最初の一発目は成功だ。
「黒狼隊のタンクが親分より仕事しないのはちょっとな……」
 そんな呟きも混ざるが、とにかく夏子の気合も充分だ。
 九尾に近すぎず遠過ぎず。
 アリ寄せ過ぎず離し過ぎず。
 九尾と我々の程よい距離感測る。
 夏子はそれを常に頭の中に置いて行動することを決めていた。
(味方と常に共有して、良い関係でアリたいね)
「ってワケで皆、いい距離感でヤろ」
 言っていることは軽いが、夏子の行動は真面目そのものだ。騎士盾シリウスを構える姿にも、一切の隙は無い。
 エルゥドリンに乗り骨槍を振るうロックの奇襲も極まり、一撃を確実に入れていく。
 そしてイグナートはナインテイルを視認すると、騎士道精神の礼儀作法でリスペクトを伝えつつ、肉体言語で言葉が通じない場合でも気持ちは伝えられるようにと叫ぶ。
「アリはオレたちにとっても敵! 一緒に倒す! オッケー? オッケー! FOOOO!」
 伝わったかどうかは分からない。狐の表情はイグナートには分からない。
「御主にうっかり刃を向けるような事はしたくないのでね。横から失礼させて貰う!」
 汰磨羈も妖刀『絹剥ぎ餓慈郎』の切っ先をナインテイルに向けないように気をつけながら、心を静めて戦意が無いことを示そうとする。
 だが、アダマンアントについては容赦する理由は微塵もない。
 盾役のベネディクトが敵を引き付ける動きに合わせ、複数の敵を巻き込める射線を確保して花劉圏・斬撃烈破『舞刃白桜』を放つ。
 リースリットのダイヤモンドダストが放たれ、葵もテンペストバウンスを仕掛けるとナインテイルの近くへと走る。
「伝わるか分かんねぇが、オレ達はアンタの味方っス。こっちが合わせるから、そっちは好きに動いて構わねぇっスよ」
(上手い具合に攻撃を合わせれば、一時的には信用されるっスかね)
 そんなことを葵は考えるが、まだ分からない。そのナインテイルは結構ボロボロだが……リュティスの幻想福音がその傷を回復していく。
 敵意を見せず、こちらが味方……とまでは言わずとも、敵ではないことを示そうとする。
(頭が良いということですし、共闘の意志を汲み取って頂けると良いのですが……)
 そんなリュティスにナインテイルは視線を向けるが、すぐにその視線を外しアダマンアントへと熱線を放つ。
 回復行動は敵であれば絶対にしない行為だ。だからこそ、今の視線は意思が伝わったものとリュティスとしては思いたいところだったが……。
(他のメンバーも心配しているようだし我の出る幕はない我は目の前の敵の殲滅を優先し物事を推し進めるとしよう)
 ロックはそんなことを考えながら戦鬼暴風陣を放つ。己が肉体よりも目の前の敵を破壊することに重きを置いた戦法は、ロックが自分のタフさに自信があるからこそできる戦法だ。
「オレ達は敵ではなく、同じアダマン案とを倒すために味方っス!」
 ライオリットも動物疎通を使い話しかけるが、今のところ返答らしきものはない。
 ないが……チラリと視線を向けては来るので、通じてはいるのだろうか?
(モンスターっスけど、狐なので多分伝わるはずっス。頭もいいらしいっスからね)
 食べ物も持ってきてはいるが、まずはこの状況を潜り抜けてからだ。
(九尾には放っておけば得になる利用してやろう位には先ずは考えてもらえている……といったところでしょうか)
 アンバーもそう考えながら大薙刀「屠龍」を振るいH・ブランディッシュを放つ。
 たとえ言葉が通じずとも、行動で伝わる誠意もある。
「ええ、彼? 彼女? には言葉は通じないかもしれませんが行動で示してみせますとも」
 今のところ、ナインテイルには行動で示せているようだ。
 熱線攻撃も狐火も、アンバーたちを焼きはしない。
 ならば、作戦は成功といったところだろう。
「もう何回も戦って来てるし、そろそろこいつらとの戦い方も分かって来たんだよね!」
 イグナートも鋼覇斬城閃を放ちながら叫ぶ。戦いは経験を蓄積し、それは効率的な戦闘に繋がる。
 そしてイグナート自身、アダマンアントとの戦闘経験値は多いという自負がある。
 だからこそ、アダマンアントを引き付ける盾役をしているイグナートをフォローする余裕も充分にあった。
「悪ぃが、ゴールには行かせねぇっスよ!」
 そんな中、アダマンアントはナインテイルを最優先で攻撃しようとするが……葵がそれを許さず神鳴神威で詰めて足止めをしようとする。
「嫌がらせって概念 アリに分かるかな~? コレがソレ」
 更には夏子が闇を劈く爆裂音【炸】を放ち、ナインテイルや味方を攻撃しようとするアダマンアントに嫌がらせを開始する。
「この調子です……このまま圧し切ります!」
 魔晶剣『緋炎』を振るいシルフィオンを放ちアダマンアントの1体にトドメを刺すと、リースリットは叫ぶ。
 作戦はこれ以上ないくらいに上手くいっている。
「堅牢さが自慢なのだろう? なら、盾として存分に活用させて貰おうか!」
 汰磨羈もアダマンアント自身を盾にしてやろうと動き回り……ベネディクトが引き付けた敵の内、最も弱っている敵を狙って搶魂汞手を繰り出す。
 そう、ベネディクトの動きも見事と言わざるを得ないだろう。夏子の頑張りも当然あるが、アダマンアントを引き付け見事に盾役をこなしているのだから。
 だが、それは仲間同士での連携がうまくいっているからでもあるだろう。今もロックの烈火業炎撃が弱ったアダマンアントに突き刺さり、リュティスの死舞が見事トドメを刺す。
 そしてナインテイルの熱線もアダマンアントを焼き……そうしてアダマンアントたちはどんどんとその数を減らしていき、やがて全てのアダマンアントが屍を晒す。
 ロックは戦闘が終了したことを確認すると、アダマンアントの生態に理解を深める為に内部を調べ始めるが……ひとまず、大きな問題が1つ残っている。
 言わずと知れたナインテイルだが……その超火力は、実に恐ろしい。
 ナインテイルが何を考えているかは分からないが、それ次第では連戦になってしまう。
「労いも兼ねて優しく触れたりは出来るもんスかね。所詮は一時的な信用だしな、残ろうが去ろうが何とも言えんか……」
 葵がそう呟くと、ナインテイルはスッと目を細める。それがどういう意味かは分からないが、攻撃してくる様子はない。
 だからこそ、リースリットはナインテイルをエレメンタルブレスで回復する。
 戦闘は絶対に避けたい。いざとなれば離脱も辞さない方針だ。
 汰磨羈も即座に武器を収め、改めて敵意がない事を示していた。
(武器を収める事の意味を知っていれば良いが……)
 頭が良いというからには人間の武器についても多少の知見がある事を汰磨羈としては期待している。
(あちらも此方に構っているだけの余裕は無いだろう、とは思いたい所だが……)
 ベネディクトもいつでも撤退できるようにしながらもナインテイルとの距離を測る。
「……一応塩むすびなら持ってきたっスけど、食べるっスかね? 申し訳ないっスけど、残念ながら油揚げは持ってきてないっス」
 言いながらライオリットが差し出した塩むすびをナインテイルはじっと見てから、ライオリットたちに視線を戻す。
 まるで、その心の内を見ようとしているかのようだが……本当にそういうわけではないだろう。
 だが、確かに知性はある。その知性に期待しながら、アンバーも声をかける。
「流石はナインテイルといったところですね……伝聞に違わぬ力です……此方に矛先が向かないことを願いたいところなのですが……今回は共闘した仲……このまま立ち去って頂けないでしょうか?」
 当然のように答えはないが……ナインテイルの視線は、やがて夏子へと向く。
「ね ね 九尾 女性だよね? 頼む~女性であってくれ~」
 そんな呟きが聞こえたのかもしれない。
「異世界じゃ九尾は美女の姿になるって言うからさぁ……であれば ねぇ?」
 ねぇ、ではないが……ナインテイルはその狐の顔でも明らかに分かる風にニヤリと笑うと、塩むすびを齧り、夏子の頬を尻尾の1本で撫でて去っていく。
「……今のって女性だったって答えでいいのかな?」
「さあ……分かりません」
 聞かれてもリュティスに分かるはずもない。
 だがまあ……たぶんそういうことでいいのだろうと夏子は考えていた。
「よし、これで完遂ッスね!」
「ああ、そうなるな」
 葵にロックもそう答え、誰もがナインテイルの去っていった方向を見つける。
 その9つの尾を持つ狐の姿は、もう見えなくなっていたが……可能であれば、次に敵として会う事がないように。
 それは、今日この場に集った者たちの、共通の願いであっただろう。

成否

成功

MVP

仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)
陰陽式

状態異常

なし

あとがき

ナインテイルと共闘しアダマンアントを見事倒し切りました!
おつかれさまでした!

PAGETOPPAGEBOTTOM