PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<覇竜侵食>抗う者よ、始まりの音を告げよ

完了

参加者 : 10 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●争う者たち
 亜竜集落フリアノンより少し離れた場所。
 見渡しの良い平原で、モンスターたちが戦っている。
 それ自体は然程珍しい光景ではない。
 覇竜領域デザストルは弱肉強食をこれ以上ないくらいに体現した場所だ。
 モンスター同士、あるいは亜竜同士の争いなど珍しくもなんともない。
 故に、それ自体は気にすることでもなければ、ましてや介入の必要性など微塵もない出来事だ。
 では、何と何が争っているのだろうか?
 片方はヒュージワーム。ワームは亜竜としては比較的メジャーであり、見た目は巨大な蛇に顔の代わりに巨大な口をつけたようなもの……と表現するのが正しいだろう。
 こんな見た目ではあるが、亜竜集落で食用とされたりする程度には美味しいらしい。
 勿論、舐めてかかれば逆に食用にされてしまうだろうし、このワームはその中でも特に巨大なヒュージワームだ。
 むしろ、ヒュージワームにご飯にされる可能性の方が高いとすら言えるだろう。
 では、そんなヒュージワームに挑む相手は何なのか。
 その答えは「巨大なアリ」というのが正しいものになる。
 具体的にはアダマンアント……硬い外骨格の装甲を持つ、巨大なアリのモンスターだ。
 全長は2mほど。強靭な顎と強力な酸を武器にするモンスターだ。
 強力ではあるが、ヒュージワームを相手取れるほどではない。
 だが、その数が問題だ。アダマンアントの数は、およそ16体。
 ヒュージワームの攻撃で1体がグシャリと潰れ、時間を置いてもう1体も潰れる。
 移動しながらの戦いは今のところヒュージワーム優位に進んでいるが、時間が立てばどうなるかは分からない。
 必ず狩る。そんな意思がアダマンアントから見て取れるような……そんな凄まじい戦いは続いていく。

●アダマンアントを倒せ
「皆! フリアノンの近くでアダマンアントが亜竜と戦ってるみたいなんだ!」
『鉄心竜』黒鉄・奏音(p3n000248)は集まったイレギュラーズを前にそう叫ぶ。
 アダマンアントが戦っている亜竜はヒュージワーム。
 全長20mほどの巨大な亜竜であり、覇竜に住む亜竜の中でもシンプルに強力な個体だ。
 だが、そんなヒュージワームをどうやらアダマンアントが食糧として狙っているようなのだ。
 普通であれば無謀でしかないその実力の差を、アダマンアントは数でカバーし襲っている。
 その結果、アダマンアントの数は9体まで減っているようだがヒュージワームも相当に傷ついている。
 ヒュージワーム自身、かなり亜竜種に敵対的な亜竜ではあるが、イルナークを滅ぼしたアダマンアント程ではない。
 奴等にヒュージワームを殺させ食糧にされてしまえば、それはアダマンアントクイーンによって更なる兵力の材料とされてしまうだろう。
 それは覇竜に住む亜竜種の全滅に容易に繋がりかねない、そんな未来に繋がってしまう。
 特にヒュージワーム程の巨体であれば、アダマンアントの損害等問題ではないくらいの大増員に繋がってしまう。
 それだけは絶対に止めなければならない。
「まずは最優先でアダマンアントを全滅させないと。ヒュージワームもボク達の味方ってわけじゃないけど……それでも、何とかしなきゃ!」
 場合によってはアダマンアントを倒し、ヒュージワームを相手取る二連戦になるかもしれないし、その辺りを上手く回避できるかもしれない。
 その辺りは……あるいは、作戦次第かもしれない。

GMコメント

アダマンアントが更なる食糧を手に入れるべくヒュージワームを襲っています。
ヒュージワームとアダマンアントは移動しながら平原を移動してきており、皆さんが目標地点に到達する頃には「結構ボロボロのヒュージワーム」VS「7体のアダマンアント」との戦いになっているでしょう。
ヒュージワームはアダマンアントを最優先で狙って攻撃しますが、皆さんに遠慮とかはしません。
ただ、やりようによっては「敵の敵は味方」くらいには一時的になるかもしれません。
ヒュージワームが殺されてしまうと、とても処理しきれないのでアダマンアントにお肉を回収されてしまいます。
それはアダマンアントの戦力強化に繋がるので、ヒュージワームには生きていてもらった方が後々面倒はありません。

●ヒュージワーム
全長20mのでっかい亜竜。大きな口のついた目無し蛇みたいなモンスターです。
結構強い個体のようで、口から強力なレーザーブレスを放ちます。
初期状態でかなりダメージを受けています。

アダマンアント(7体)
嫌になる程硬い巨大アリ。攻撃方法は岩をも溶かす酸を弾丸のように飛ばす技と、強靭な顎による振り回し&叩きつけ攻撃です。
ヒュージワームを狙っているようですが、皆さんを狙わないわけではありません。

●黒鉄・奏音
亜竜集落フリアノンに住む亜竜種の少女。
明るく元気で修行大好きなボクっ子。
見た目はチャイナ少女って感じの子です。武器は青龍刀に似た武器を持っています。
強さはそれなり。今回、同行しています。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 決められたルートを通る限り、想定外の事態は絶対に起こりません。

  • <覇竜侵食>抗う者よ、始まりの音を告げよ完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年03月20日 22時05分
  • 参加人数10/10人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 10 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(10人)

イーリン・ジョーンズ(p3p000854)
天才になれなかった女
リリー・シャルラハ(p3p000955)
自在の名手
黎明院・ゼフィラ(p3p002101)
夜明け前の風
クーア・M・サキュバス(p3p003529)
雨宿りのこげねこメイド
ルチア・アフラニア(p3p006865)
高貴な責務
幻夢桜・獅門(p3p009000)
竜驤劍鬼
皿倉 咲良(p3p009816)
正義の味方
ルシア・アイリス・アップルトン(p3p009869)
開幕を告げる星
浮舟 帳(p3p010344)
今を写す撮影者
ユウェル・ベルク(p3p010361)
宝食姫

リプレイ

●激戦、戦場に到りて
 覇竜では亜竜、あるいはモンスター同士の戦闘は時折見られる光景だ。
 それは縄張り争いであったり、あるいは餌を巡っての戦いであったりする。
 しかし……これ程に大規模な「狩り」の光景は、恐らく覇竜の歴史上でも稀だろう。
 それも単体では実力に開きがある相手を襲うとなれば、尚更だ。
 通常であれば被害を恐れて実行しない戦いを、それらは一切の躊躇いなく実行していた。
 その戦いはヒュージワームとアダマンアントの軍勢という形で行われていた。
 平原を全長20mの巨大な亜竜……ヒュージワームが移動している。
 その周囲を囲むのはアダマンアントの群れ。
 大きさでいえばヒュージワームがずっと上であるし、実力の面でもヒュージワームが圧勝だ。
 事実、その口から放つレーザーブレスが今またアダマンアントを消し飛ばす。
 その威力はとんでもないものであり、硬さが自慢のアダマンアントとはいえ耐えられるものではない。
 どうしようもない程の実力の差は、最初16いたアダマンアントがその数を7に減らしていることで分かる。
 だが、それでもアダマンアントは一切退く様子を見せはしない。
「どっひゃー! なんていうかおっきいのとおっきいのがドンパチやってるよ」
「……すごくでっかなワームさんだねぇ。アリさんの方も大きいから距離感がバグりそうなぐらいに壮観だね!」
「見てる分にはすごい壮観だなって思うけど、そういうわけにはいかないしね。とりあえず、ワームくんと今は共同戦線、かな! 漁夫の利や呉越同舟って感じで、狙っていこう!」
「写真に収めたい気もあるけどそんな場合じゃないんもんね。ワームさんが死んだらそのお肉でアリさんがもっと増えることになるんだよね。そうなことになったら大惨事だし止めないとだうん、ワームさんを生かしてアリさんだけ殲滅! よーし全力で頑張るね!」
『正義の味方』皿倉 咲良(p3p009816)と『今を写す撮影者』浮舟 帳(p3p010344)がそんなことを言うが、事実ワームと協力してでもアダマンアントを勝たせるわけにはいかない事情もあった。
 たとえば、このままヒュージワームが勝つのであれば極論としては放っておいてもいい。
 だが、数の力というものは常に強大だ。
 それはこれまで強大な敵に数の力で抗ってきたイレギュラーズであれば、誰よりも理解できている事だろう。
 事実、ヒュージワームはボロボロで……恐らく、このままでは倒されてしまうだろうことが透けて見えていた。
 戦場を移動しながらこちらに向かってくるその姿を見て、『天才になれなかった女』イーリン・ジョーンズ(p3p000854)は呟く。
「まったく、人のことを厄介事対策の便利屋みたいに扱って。奏音が頼ってくれた以上、無下にもできないか……良いでしょう、全て守るわ」
 神がそれを望まれる、と。そう言い放つ。
「……さ、アダマンアントの殲滅の第二歩、始めよっか!」
「まぁ、呼ばれますよね……遠距離サポート、了解ですよ」
『自在の名手』リトル・リリー(p3p000955)とリトル・ライも、ヒュージワームやアダマンアントたちを見上げる。
 まだ少し距離があるというのに、とんでもない大きさだ。
「しかしこのヒュージワーム、おっきいね……いろいろ巻き込まれないようにしないと。特にレーザーブレスはマズイよっ! とにかくそれに注意しつつアダマンアントを倒さないとねっ。……ヒュージワームだって完全な味方じゃないし」
 事前に情報がなければ、気付かず巻き込まれていたかもしれない。
 流石にアダマンアントを倒そうとしてヒュージワームに消し飛ばされたというのは……あまり迎えたくない結末だ。
「それはそうと、アダマンアントだねっ。遠距離の技もあるから警戒していかないと……。奏音さん、リリー頑張るからねっ」
「うん、イーリンもリリーもありがと! 頑張ろうね!」
『鉄心竜』黒鉄・奏音(p3n000248)も青龍刀を構えて笑うが、緊張は隠せていない。
「覇竜領域のモンスターの生態調査は早めに実施したほうが良いのかもしれないな」
 だからこそ、『夜明け前の風』黎明院・ゼフィラ(p3p002101)もそう思う。
 現実的には、かなり難しい部分もあるかもしれないが……一歩を踏み出す事に意義はある。
「まあ、個人的な願望はともあれ、今はヒュージワームを守るとしようか。弱肉強食の世界とはいえ、あの蟻たちに勢力を拡大されるのはマズイようだからね」
(……それはそれとして、ワイバーンと同じようにこの手のモンスターも手なづけられないものかな。まあ、すぐには無理だろうから、今後の調査次第か)
「よもや亜竜まで襲い始めるとは……連中の食欲(?)は底知れないのです。これ以上調子付かれても面倒なことこの上ないのです。あのワームと協力してでも、さくっと殲滅するのです!」
『めいど・あ・ふぁいあ』クーア・ミューゼル(p3p003529)のそんな言葉通り、手なづけられるかはさておいて協力することは出来るだろう。
 それとて「敵の敵」くらいの扱いかもしれないが……それでも、かなり貴重な体験ではあるだろう。
(ワームの生存は最優先。そのためにアダマンアントのヘイトは極力向けつつ、ワームに襲われないよう極力味方アピールは欠かさないようにしたいところ……私の母性アピールでなんとかならないでしょうか)
 そんなことをクーアは考えてはいるが、母性に反応するタイプのワームかは分からない。
 アダマンアントを今のうちに観察してもみるが、その動きが軍隊じみていることしか分からない。
(食欲なのか、戦闘欲なのか、はたまた強くなりたいだけなのか……これでは判断つきませんね)
 だが、死を恐れていないことだけは確かだろうとクーアは思う。
「このサイズのヒュージワームを狩ろうとするなんて、アダマンアントってなかなか獰猛なものよね。それにしても……あっちもこっちもこの大きさじゃ、まるで巨人の国にでも来たみたいだわ。踏みつぶされないように気を付けましょ」
「あの亜竜、ワームだったか。あんなにデカい相手を追い詰めるとはおっかねえ蟻だな」
『決死行の立役者』ルチア・アフラニア(p3p006865)と『竜驤劍鬼』幻夢桜・獅門(p3p009000)もそんなことを言うが……戦力の不利を数で覆しているのだから、それについてはイレギュラーズもどっこいではないだろうか。
「ほんとにもー! このアリさんたちは面倒事しか起こさないな! これ以上被害が広がらないようにここでちゃんと倒さないとね。アリさんたちをサクッと片付けてワームを助けるよ!」
『宝食姫』ユウェル・ベルク(p3p010361)の視線の先では、ヒュージワームとアダマンアントの群れの戦場がいよいよ射程内に移動しようとしてきていた。
 ルシアが破式魔砲クラッカーでアリ目掛けて開戦の合図を上げる。
「わたしじゃアリさんたちの攻撃を防ぎきれないから助けてイーリンせんぱい!!!」
「リリー、周りの足止め任せた!」
 ユウェルに頷きながら、イーリンがそんな指示をリリーへと出して。
「この蟻んこども~! 大勢で襲い掛かって恥ずかしくないのか~!」
 飛翔して名乗り口上をするユウェルと、そのユウェルを庇うように動くイーリンを先頭に、戦いへの介入は始まった。

●ヒュージワームとの共闘
 咲良のエネミースキャンが発動し、アダマンアントの能力を大雑把に理解して。
 ゼフィラの大天使の祝福、更にはルチアの幻想福音が発動し、ヒュージワームの傷を癒していく。
 更にはルシアの癒式魔砲も発射されるが……自分の傷が癒えたことは分かるのだろう。
 ゼフィラたちへの敵意らしきものが、あくまで今のところは……であるが、感じられない。
(急に現れたアリじゃない方は今は敵じゃないかもしれないと思わせることを狙ったですが……成功でして?)
 最悪通じなくても、やらないよりはマシ。ゼフィラもそう考えていたが……成功という事だろうか。
 ヒュージワームのレーザーブレスがアダマンアントを呑み込む中で、イーリンはユウェルを攻撃から庇う。
 酸対策の厚手のローブはあっという間にボロボロになるが、ヴァイスドラッヘンホーンを振るって必要以上に近づかれないようにする。
 一端掴まれたらどうなるか分かったものではないし、ヒュージワームがわざわざイーリンを外して撃ってくれるとも思えない。
 今目の前を通り過ぎたレーザーブレスを受けるのは、誰だって御免である。
「ああ、もう。邪魔っ!」
 ボロボロのローブを破り捨て、イーリンは吠える。
「飢えを癒やすなら、稲作でも覚えてくることね。一昨日、きやがれだわ!」
 まあ、本気で稲作を覚えられても困るのだが……啖呵としては上々だろう。
「とにかくヒュージワームは死なせない。これが一番大事だねっ。別のアダマンアントが来て回収しかねないから、絶対死なせるのはまずい。というかアダマンアントにとってヒュージワームのお肉は……量、凄そうだからねっ」
 リリーのリトル・スタンピードがアダマンアントに撃ち込まれるが、まあ……つまりはそういうことだ。
 ヒュージワームの「回収」は絶対にさせない。それが今回の最低限のラインなのだ。
(ヒュージワームを倒すのは、手間がかかる上にアダマンアントを利するだけだからなし。敵の敵は味方というし、援護していかないといけないものね)
 ルチアの考え通り、覇竜での戦いとしては異例の「亜竜との協力プレイ」は必須だ。
 そしてリリーの役目は相手の……アダマンアントのリズムを崩すこと。
 その上で、イーリンのカバーも忘れないように動いていた。
 そしてクーアもまた、名乗り口上でアダマンアントを引き付けるようにして動いていた。
「本職の盾役ではないのですが、それでもあいつらくらいなら引き受けられるはず。ねこの生命力を甘く見ないことなのです!」
 放つ逆さ雷桜【一重咲】はアダマンアントに確実にダメージを与えていくが、やはりそのタフさは相当なものだ。
「なんだかすごい状況だね……!」
 帳のシムーンケイジがアダマンアントを足止めするべく放たれるが……帳たちの近くには巨大なヒュージワームが居る。
 足を止めてアダマンアントへ攻撃しているその姿は、少なくとも帳たちを「とりあえず使えるギミック」程度には考えていそうではある。そして、今はそれで充分だ。それ以上を求める時間も余裕もない。
 油断すれば諸共消し飛ばされるのは変わらないだろうが……積極的に敵対されるよりは、余程マシだ。
「亜竜と亜竜種だからなんとなく伝わらないかなーって思ったんだけどな、ジェスチャーとかで!」
「それは夢がある話ね!」
 壱式・竜爪を繰り出すユウェルにイーリンがそう叫ぶが……通じたとして、ヒュージワームはかなり持て余すだろう。
 何かあった時にレーザーブレスを叩き込まれては、たまったものではない。
 イーリンが放つのはカリブルヌス・改。天眼の魔女としての力とインスピレーションで「ブレスのタイミングを閃く」ことができれば、うまく巻き込めるはずと考えていたのだ。
 そして、その時は今。ヒュージワームが上手く合わせてくれれば上々といったところだが……ヒュージワームのレーザーブレスがアダマンアントを再び薙ぎ払い、完全ではないにせよある程度上手くいったことにイーリンは心の中でガッツポーズをとる。
 しかしまあ、ヒュージワームはやはり思ったようには動いてはくれない。
 アダマンアントを狙ってはくれるので援護砲撃程度に考えてはいるが……そこがやはり歯がゆいポイントではある。
 リリーのカースド・バレットとライの射撃も残るアダマンアントへと突き刺さっていき、ヒーラーとして動き回るゼフィラのコーパス・C・キャロルがその効果を伝えていく。
 ヒュージワームが「積極的に攻撃しない」以外の配慮をしてくれないことはもう分かっているので、その正面に立つような真似をゼフィラはしない。
(助ける意思があることは伝わっている。それ以上を望むのは無理か……?)
 この戦いが終わった後、ヒュージワームがどう出るかは正直恐ろしい話ではある。
 だが、こちらの誠意が伝わっていることをゼフィラは望んでいた。
 ヒュージワームを倒すわけにいかない以上、それはもう必須のようなものだ。
 そして、それは獅門もよく分かっていた。
(今回ワームは敵じゃねえが、ワームがこっちをどう思うかは分からねえからな……!)
 ワームのブレスの巻き添えにならないようなるべく正面には立たない事と、動き回る長い胴体に潰されないよう注意する。
 それだけといえばそれだけだが、破竜刀を振るう獅門としては常に頭において動き回らなければならない難題ではあった。
 広域俯瞰も、ヒュージワームの突然の思い付きでどうなるか分からない。
 ヒリつくような死の気配は、付きまとって離れはしない。
 だがそれでも放つ獅門の覇竜穿撃は、アダマンアントに確実にダメージを与えていく。
「どうであるにせよ、此処で止める……!」
 叫ぶ獅門と全員の心は同じだ。アダマンアントに、これ以上の戦力強化をさせはしない。
 これはその最初の戦いにして今後の戦況を左右する、抗う者たちが放つ最初の音。始まりの咆哮なのだから。
「その為にも、早めに決着をつけるよ……!」
「ワームの吐くブレスに負けずとも劣らずなルシアの魔砲、存分に味わうのですよ!
 咲良のバーンアウトライトがアダマンアントへと炸裂し、ルシアの破式魔砲がアダマンアントを貫く。
「死ぬつもりのあんたらと違って私は最後まで立つ覚悟! そうなれば負けるわけ無いでしょうが!」
 イーリンの叫びが響く。そう、その通りだ。
 死を厭わぬ者たちと、生き残ろうと足掻く者達。
 どちらも強いが……最後の一手は、やはり「生きようとする者」に輝きを与えるはずだ。
 そうして……アダマンアントはついに全滅して。
 ゼフィラとクーアは、不安そうにヒュージワームを見上げる。
 傷のほとんどないヒュージワームは、実に元気だ。
「さて、アダマンアントを殲滅したはいいが、ヒュージワームがどうでるか……」
「……ところでこの後、ちゃんとヒュージワームが帰ってくれるかが不透明なのですが。万一こちらを襲ってくるなら全速力で逃げるのです」
 ほぼ同時に同じ事を言って、ゼフィラとクーアは思わず笑ってしまう。クーアとしては殿になることも辞さない覚悟だし、ゼフィラは「やはり簡単に意思疎通はできないか……?」などと考えている。
「まあ、襲われるだろうなって想像はつくよね……」
「あはは……」
 咲良に奏音も思わず苦笑する。確かに巨大な亜竜と交流した例は伝説のような事例を除けばない。当然の帰結だろう。
 そんな最中、獅門は三途渡守でアダマンアントを成仏させようとしていた。
「お疲れさん。ゆっくり眠りな」
 そんな祈りを捧げる獅門を、ヒュージワームは攻撃する気配はない。
「撤退かな……どうかなぁ……?」
 皆とタイミングを合わせて逃げられるように、帳も態勢を整えて。
 しかし、ヒュージワームは攻撃してこない。
 そのまま身を翻すと、何処かへと去っていくのだ。
 最後の最後まで、仲間ではなかった。
 しかし、敵でもなかった。つまりはそういうことなのだろうか?
「それじゃ、またどこかでなー。それにしてもアイツも強かったなぁ。この蟻騒動が終わって元気になったら、今度はちゃんと喧嘩してみたいもんだ」
 物騒なことを言う獅門に、誰もが苦笑して。
「キミも達者で!」
「こうやってアリさんたちを片付けて行けば他の場所は安全だし、いつかはきっと親玉に辿り着くはず。おうちを守るためにもがんばるぞー!」
 ゼフィラとユウェルが、そう叫ぶ。
 アダマンアントによる襲撃騒動は、これで終わりではないだろう。
 しかし、初戦を見事に勝利で飾ることができた。
 このままいけば……アダマンアントの軍勢を完全に退ける事も難しくはないだろう。
 そうなれば、覇竜を襲い全世界を覆い尽くさんとするこの危機も、消えて失せるだろう。
 そう、とある司書の言葉を借りるならば。
 
 神がそれを望まれる。

成否

成功

MVP

幻夢桜・獅門(p3p009000)
竜驤劍鬼

状態異常

なし

あとがき

初戦、無事に成功です!
おつかれさまでした!

PAGETOPPAGEBOTTOM