PandoraPartyProject

シナリオ詳細

小瓶に夢ひとつ

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


「ユリーカ!!!」
「あれ、ミーロさんじゃないですか」
 顔を上げた『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)は、いつになく切羽詰まった様子の彼女に目を瞬かせた。
 ミーロと呼ばれた女性はローレットを贔屓にしてくれる顧客の1人である。そして『瓶詰め屋』という少し不思議な店の店主でもあった。シーズンによっては忙しい彼女の店は、まさにその多忙な時期を終えたところではなかろうか。
「予約殺到で材料が足りないですか? それとも受けすぎて今後の予定に差しさわりが……ああ、雑貨市でしょうか」
「話が早くて助かる! 人手貸してぇー!」
 この通り、と両手を合わせるミーロ。今年も面白そうなオーダーが多かったのだろうか。店主であるとともに芸術家である彼女は、作品の制作で周りが見えなくなることが少々、いや多々ある。
 今もそう――シャイネンナハト直後に控える『雑貨市』の商品がまだできていないのだ。
 雑貨市、崩れないバベルにかけて『同人即売会的なもの』とか『クリエイターズマーケット』などの意味である。出店し、お手頃な価格で手作りしたものを来場者へ販売するイベントには、子供や貧しい人も訪れると言う。
 ひとときの優しい夜と、ささやかなプレゼント。それを喜ぶ彼らの顔が見たくて、来年出店者たちが頑張っているのだ。
「でもミーロさん、手先が器用な人ばかりとは限りませんよ?」
「それなら案を持ち込んでくれるだけでも! ゼロから考えるのとは違うし、ひとつひとつ違う方が買う人たちも楽しいだろうし! ね!!」
 量産はできないだろうが、それはもはやミーロの落ち度である。来年に対策することを願うしかない。今は少しでも数を増やすため、複数人の手と頭が必要な時であった。
「あれ、何か急ぎの依頼ですか?」
「あ、ブラウさん! ……は、今日はお休みでしたね」
 ブラウ(p3n000090)の姿にユリーカは手伝ってもらえるかもと目を輝かせるも、彼が非番であったことを思い出す。確か遊びに出かけるんだと言っていたような。
「ミーロさんのお手伝いなのです。今年も雑貨市に出店するそうなのですよ」
「あぁ……開催日って確か、そんなに遠くないですよね? 手伝いますか?」
 ローレットにも開催のチラシが舞い込んでいたのを思い出すブラウ。どの程度手伝いが必要なのかわからないが、かなり緊急のようだ。
「お休みでは?」
「手伝いついでに雑貨市を見て回れると思えば、特に気にならないですよ。それにミーロさんのお手伝いなんて『やりたい』だけで出来るものではないですし」
 ミーロは店主だが、特に店員を雇っているわけではない。全て1人で切り盛りできる能力があるのだ、普段なら。これは普段よりいくらか質が落ちていても問題ない……と言うと聞こえは悪いが、破格値で売る以上、芸術品と言われるまでに昇華しなくても良い。ある意味『手伝わせてもらえるチャンス』なのである。
「君がいいなら、人手があるに越したことはないよー。依頼書の作成、頼める?」
「ミーロさんからの依頼なら出さないわけにはいかないのです。急いで依頼書を作成しますね! ブラウさんはお手伝いよろしくなのです!」
 すちゃっと羊皮紙、ペンを取り出したユリーカ。それから程なくして、ローレットへ依頼が掲示されたのだった。



「さむいねぇ」
「はながいたいよー」
 はぁ、と息を吐けば白くなり。
 言葉に振り向けば鼻の頭が赤くなっている。
「おうちに入ればだいじょうぶだから、行こ!」
「うんっ!」
 手を繋ぐ姉弟。もう少し歩けば家が見えてきて、玄関扉を開けたら暖かい空気に乗って美味しい匂いが鼻をくすぐる。くぅ、と姉弟のお腹が揃って空腹を訴えた。
「ただいまー!」
「ただいまぁー!」
「おかえりなさい。あら、こんなに鼻を赤くして」
「こっち暖かいぞ」
 子供を見て母親は目を丸くし、父親は暖炉の傍で2人を呼ぶ。近づき過ぎないように気を付けなさい、とも付け加えて。
「ねぇおとーさん、また『ざっかいち』いってもいーい?」
「いきたいいきたい!」
「去年も行っただろう」
 何て言いながらも、ちゃっかりカレンダーへ目をやって予定が空いていることを確認する父。子供らは暖炉の上を指さしてまたあれが欲しいのだと訴える。
「小瓶?」
「うん!」
「ぜーんぶちがうんだよ」
 これは去年のものだから、今年は今年のものを。きっと来年もまた欲しいと言って増えていくのだろう。
「いいじゃない。飾っておいても綺麗だわ」
 料理をテーブルへ運んできた母が笑いかけた。この1年で邪魔になるものでもなく、子供達が飽きなく眺めていたのを彼女は知っている。
 問題は今年も出店があるかどうか、だが――。

GMコメント

●すること
 ミーロのお手伝い
 雑貨市で過ごす

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

●章構成・スケジュールについて
 手伝い&雑貨市当日の2章構成です。だいたいシャイネンナハト後~年末あたりのお話になります。
 ペア・グループ参加の場合、タグか同行者IDをプレイング1行目へご記載ください。
 また、複数人で描写希望の場合、ほぼ同時に出す必要はございません……が、あまりばらつくと全員集まる前にリプレイが出てしまう場合がありますので、24時間以内程度でメンバーのプレイングを揃えて頂けると幸いです。
 年末年始あたりでシナリオとして締める想定ですが、人数によって前後します。

●瓶詰め屋『エアインネルング』
 ミーロが店主をしている瓶詰め屋。オーダーメイドで瓶詰めを作ってくれます。お値段はピンキリですが、シャイネンナハトには安価に大量の小瓶を作って売るようです。

関係作:
瓶に込められしモノは(https://rev1.reversion.jp/scenario/detail/1457)
瓶詰め屋『エアインネルング』(https://rev1.reversion.jp/scenario/detail/1550)
記憶と想いを込める瓶(https://rev1.reversion.jp/scenario/detail/3164)

●NPC
 店主のミーロとブラウ(p3n000090)が2章通して参加しています。その他、当方が扱うNPCであれば登場する可能性があります。
※レーヴェン・ルメス(p3n000205)は豊穣を訪れているため、登場できません。

●ご挨拶
 愁と申します。
 ミーロさんのお手伝いついでに雑貨市へ遊びに行ってみましょう。
 雰囲気を知りたい方は以下シナリオをご参照ください。
 それでは、どうぞよろしくお願い致します。

関連作:<Scheinen Nacht2020>瓶の中に夜を詰めて(https://rev1.reversion.jp/scenario/detail/4893)

====================
●第一章『小瓶作りのお手伝い!』
 雑貨市も目前だと言うのに商品が足りません。
 材料自体は揃っているので、自分で作ってみたり、ミーロに案を出してみましょう。

●具体的に何するの?
 ミーロの小瓶は中に小物を配置して、特殊な液を流し込み、蓋をします。ハーバリウムに似たものとお考え下さい。
 特殊な液の流し込みはミーロが一手に引き受けますので、皆さんは小瓶の中身、小物の配置や雰囲気を考える事になります。
 自分が持っているならこんなものが良い、かつて見たあの景色の雰囲気を小瓶に閉じ込めてみたい……などなど。複数人で来られるならその場で案を出し合ってみるのも良いでしょう。
 小瓶の中に入れる小物は大体用意があるでしょうし、小瓶を満たす液体も着色可能だそうです。

 大量に作る必要があるので、雑貨市へ持って行くために箱詰めしたり、個数を数えたりといった作業者も募集中です。

●場所
 ミーロの工房です。たまにワークショップなどするため、ちょっと広めの作業場所があります。
 6人掛けテーブルと椅子が置かれており、今は一部のテーブルを材料が埋め尽くしている状態です。ここから必要なものを持って行って作業しましょう。

●NPC
 ブラウは作業机に向かって小瓶を作っているようです。シャイネンナハトのような星降る夜を作りたいのだと分かります……が、少々苦戦気味です。
 ミーロは皆さんの作る小瓶へ液を流し込んだり、材料を補充したり……ちょっと忙しそうですが、話しかければ作業しながらでも答えてくれます。

  • 小瓶に夢ひとつ完了
  • GM名
  • 種別ラリー
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2022年01月11日 21時40分
  • 章数2章
  • 総採用数10人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

囲 飛呂(p3p010030)
特異運命座標

「へぇ、良いなこれ。きれいだ」
 サンプルに並べられた小瓶を見た『特異運命座標』囲 飛呂(p3p010030)は感嘆の呟きを零す。これが安価で手に入るとなれば子供達は喜ぶだろうし、親にとっても少ない出費で済む。しかして薄利多売を叶えるには量が無ければ成り立たない。
(シャイネン商戦で忙しいのはどこでも一緒か)
 さあ始めよう、とひとつ目の小瓶を目の前に置く飛呂。そこそこ手先には自信がある。
 折角ならこの時期らしい小瓶を作ろうか。家や木へ、静かに雪が散り積もる夜。家の前には誰かの作った雪だるまが鎮座していて、夜更けにやって来た赤い聖人はそれを見てにっこり笑うのだ。
(お揃いで欲しいって人もいるのか? まあ、作っておいて損はないだろ)
 飛呂は器用にひとつ目の小瓶を作り上げ、蓋を閉める。それを眺めてふとそう思った彼は、次なる小瓶へ手を伸ばした。
 同じサイズ、同じ材料。既に作ったものを睨めっこしながら、出来るだけ同じになるようにと量産していく。
 手作業である以上、完全一致とはならないだろう。それでも時間をかけて複数の小瓶を作った飛呂は、テーブルにそれらを並べて小さく笑った。
 これを店頭で見た時に、子供達は目を輝かせてくれるだろうか。良い夜だと記憶に刻んでくれるだろうか。
(その思い出の、ほんの少しでも助けになればいいな)
 束の間、願いを込めて。飛呂はさあ次だと空の小瓶へ手を伸ばした。

成否

成功


第1章 第2節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
秋の約束

 『Blue Rose』シャルル(p3n000032)はそっと隣を見やる。そこでは材料を前に真剣な表情で考え込む『秋の約束』イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)の姿があった。
 瓶詰め屋のミーロと言えば、数々の素敵な瓶詰めを作り出す芸術家であり、なおかつ店も1人で切り盛りする人物である。彼女の手伝いとあらば、とびきりの物を作らなくては。
 何より――彼の創作心をいたく擽る手伝い内容だ。
「……よし」
 ぱっと顔を上げたイーハトーヴが材料をいくつか手にして作業机へ移った。
 小瓶の底一面を埋め尽くすのは紫陽花。ビーズの雨は外からの光をはじいてキラキラと光る。
 陽に翳して色々な角度から見ていれば気づくだろう。紫陽花の影に、小さな小さなカエルがいたのだと。雨の向こうに晴れ間を見た時のように、気づいた誰かが笑顔になれるよう願いを込める。
「……いつかの紫陽花畑、かな?」
 作り終わったタイミングで声をかけてきたシャルルに、イーハトーヴはようやく彼女の存在を思い出した。彼女も集中していることを分かっていて、今ようやく声をかけたのだろう。
「誰かに気に入ってもらえるかな?」
「うん、きっと。キラキラした気持ちになるよ」
 いつも、2人で過ごしている時のような、そんな気持ちに。
 そうであって欲しいとはにかんで、イーハトーヴはシャルルがどんなものを作ったのかと彼女の手元へ視線を落としたのだった。

成否

成功


第1章 第3節

閠(p3p006838)
真白き咎鴉

「今日は、よろしくお願いします、ね」
「あ、君は……何回か依頼を受けてくれてる子だよねー? 嬉しいなぁ、今回もよろしく!」
 『真白き咎鴉』閠(p3p006838)にミーロはにっこり。閠も頑張りますと口元に笑みを乗せる。
(やはり、夜空のような小瓶が、喜ばれるでしょうか?)
 材料のたんまり積まれたテーブルの前、閠は考え込む。その形は自身でも把握できるが、それ以外ははてさて。
「シロ、クロ。お願いします、よ」
 傍らにいる霊魂たちに色などを見てもらい、一緒に選別する。材料が決まったならそれらを作業用テーブルに移動して。
「うーん……もう少し、寄せたほうが良いですか、ね?」
 小瓶に閉じ込めるのは小さな草花や、光を蓄えて淡く煌めく石。霊魂たちとああでもない、ここでもないと位置を調整する。
 そうしてできていく小瓶は、じきに片手で数えられる個数を超えた。テーブルに並ぶ大小様々な小瓶に閠は小さく笑う。
「最後に、もうひとつだけ……」
 ミーロに聞けば、それくらいは構わないと言ってくれたから。
 福寿草に鍵のアクセ。そして自身の抜けた羽を込めて、きゅっと蓋を閉める。お土産用の小瓶だ。
 閠はできたそれを大事に、両手で包み込んだ。

成否

成功


第1章 第4節

キドー(p3p000244)
最期に映した男
古木・文(p3p001262)
柴犬さんのお散歩マスター

「よお、ブラウ! 調子はどうだ?」
 『最期に映した男』キドー(p3p000244)にがばっと顔を上げたブラウ(p3n000090)はへにゃりと眉を下げる。それを見たキドーは情けない顔するんじゃねェと背中を叩いた。
「テーマはいいじゃねェか。この時期によく売れそうだ。どこが上手くいかないのか言ってみな?」
「ええとですね……」
 こうしたいのだという希望を聞いて、キドーはささっと手を加えてやる。ブラウは目を丸くした。
「キドーさん、お上手なんですね?」
「ガハハ、器用だろ? 賭博も同じように上手くいったらなァ……」
 得意げだったキドーの声が突然落ち込む。なんでも、競ロバで負けたらしい。
「いくら突っ込んだんです?」
「……全部……」
 そんなワケで新たな賭博資金を求め、アルバイトにきたのである。
「わぁ、素敵だね」
 商品を回収して箱詰めをしていた『ぬいぐるみ達の救世主』古木・文(p3p001262)がブラウとキドー合作の小瓶に目元を和らげる。きっとこの出来ならあっという間に売れてしまうだろう。
「ちょっとしたバージョン違いでも作ってみようかと思ってんだ」
「それなら、僕の案も混ぜてくれると嬉しいな」
 冬の朝に集うふくら雀。
 南天の実で瞳をつけた雪兎。
 年明けの来光と寅の仔。
 作る代わりに考えてきたんだと言う彼に2人は頷く。けれどそれからブラウは首を傾げた。
「あれ? 文さんもご一緒に作らないんですか?」
「僕は作るより、事務的な補佐に回ろうと思ってね」
 作らないと言ってもやることは沢山ある。これまでミーロが1人で行っていたのだが、今回は小瓶作りに専念してもらいたい。
(当日の設営物はこれくらいでいいかな。箱詰めできそうなのは……)
 見渡す文。そろそろひと段落しそうだ。ミーロの方には多量の完成した小瓶があるので、回収が大変そうだが。
(それが終わったら先ずは……そうだね、頑張ってる皆にお茶でも淹れよう)

 一息ついたらあと少し。たくさんの笑顔を見られるのも、もうじきだ。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM