PandoraPartyProject

シナリオ詳細

再現性沖縄20XX:雪降る季節には新メニューが必要でして

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●再現性沖縄とは
 そこはまるで……《沖縄》であった。
 練達の一区画に存在する再現性沖縄。さらにその一区画には翔波と呼ばれる地域が存在する。
 それは異世界『地球』よりこの世界に召喚された人々の言う《沖縄》を何か凄い勘違いして、「大体こんな感じだろう」というイメージで出来上がった魔境である。
 沖縄にはあらゆる夢がある。沖縄は食べ物が美味しい。
 そんなイメージを植え付けられた料理人たちは「沖縄こそは料理人に約束されし聖地である」と思い込み、事実翔波ではあらゆる食材が手に入る。
 そして全ての物事は料理でのみ解決され、あらゆる暴力は此処では排除される。
 料理こそ全て。料理が世界を救う。
 火と油、水と調味料に囲まれた世界こそ我が人生……それに気付かないなど料理人として愚かだし何なら皿洗いからやり直せばいい出直してこいやド素人が……その境地に至らなければ料理人としては未熟に過ぎ、究極の一皿になど永遠に届きはしない。だからこそ、街は今日も料理バトルの音が鳴り響いているのであった。

●カフェ・ローレットの新メニューとは
「クッキングバトルがしたいわ!」
 ココロ=Bliss=Solitudeはそう叫ぶと、ちょっと自分の発言を推敲して……軽く咳払いする。
 今のはちょっと、沖縄に浸食され過ぎた発言だったかもしれない。
 なので一息置いてやり直す。
「新メニューを決める必要があると思うわ」
 そう、此処は 再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波に存在しているカフェ・ローレットだが……実のところ、あまり料理の類がない。
 近頃、この再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波でも初雪が観測されている。
 ぶっちゃけ最近の練達で発生しているエラーの影響な気もしたが、今のところ何の問題もないので問題ない。
 沖縄とはそういう場所である。
 事実、沖縄も冬なのでちょっと肌寒くなってきている。
 まあ、そんなわけで沖縄の冬に相応しいメニューをこの際再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波のカフェ・ローレットの新メニューとして用意してしまおうというわけなのである。
 勿論、此処は沖縄だ。新メニューを決めるのにバトルの1つもないなんて許されない。
 相応の説得力というものがなければ、新メニューに加えるには値しない……!
 つまり、此処に集う仲間でバトルするのが一番手っ取り早いと、そういうわけである。
 そう、此処には同じカフェ・ローレットに集まる翔波初心者……イレギュラーズの仲間がいる。
 大丈夫、負けても死にはしない。
 海老ぞりで天高く吹っ飛ばされるだけ……「あ、アイツ負けたな」と広く知られるだけの、そんな簡単なリスクしかないのだ。
 そして……負けは此処では恥ではない。だからこそ、皆で勝ったり負けたりすればいいのだ。

GMコメント

料理人の皆様、再現性沖縄<アデプト・オキナワ>へようこそ。
え? イレギュラーズ? そんな肩書此処じゃ牛脂1つ分の価値もありゃしないぜ!
そんな感じです。
ココロ=Bliss=Solitudeさんのアフターアクションで冬の予約がございまして、こうなりました。

さて、今回は皆で新メニューを決めようのコーナーです。
赤チーム、青チームで分かれて料理で殴り合い。
「冬」に相応しいメニューを作りましょう!
勝った方がどうこうというわけではなく、全力でメニュー決めようぜ!なので勝敗にこだわらず頑張りましょう。
無論、腕も食材選びも互角でも何らかの僅かな差が勝負に影響したりするでしょう。
どっちが勝ってもおかしくないグルメバトル、この勝負に無敵モードも最強も存在しません!
なので安心して吹っ飛べばいいと思います。

●翔波
 再現性沖縄20XXに存在する料理バトルの街。
 何かあれば料理で解決する料理馬鹿の聖域。
 ローレットのイレギュラーズの皆さんは料理人として参入することができます。
 此処では全てのステータスは無意味です。武器は振ってもハリセン程にも通じず、ギフトもスキルも無効化されてしまいます。
 ただし、相手より美味い料理を作れば大ダメージを与えて海老ぞりで大空に吹っ飛ばすことができます。
 相手の料理の方が美味ければ自分がそうなるってことですよ。
 なお、必要な食材や調味料は「基本的」にはその辺に生えています。
 豚肉の木とか砂糖の実とかあります。超怖ぇ。
 幻の食材と言われる類のものは特殊な場所、あるいは状況でしか存在しなかったりします。
(逆転が必要なシーンで偶然見つかったりするかもしれません)

●情報精度
 このシナリオの情報精度はRです。
 料理には常に想定外が付きまといます。
 プライドなんてミキサーにかけて飲んでしまいましょう。
 ハヴァナイスデイ。

  • 再現性沖縄20XX:雪降る季節には新メニューが必要でして完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年11月09日 22時25分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ワルツ・アストリア(p3p000042)
†死を穿つ†
ココロ=Bliss=Solitude(p3p000323)
華蓮の大好きな人
イーリン・ジョーンズ(p3p000854)
流星の少女
仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)
陰陽式
華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864)
ココロの大好きな人
ミルキィ・クレム・シフォン(p3p006098)
甘夢インテンディトーレ
フラーゴラ・トラモント(p3p008825)
星月を掬うひと
プラハ・ユズハ・ハッセルバッハ(p3p010206)
想い、花ひらく

リプレイ

●再現性沖縄へようこそ
 再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波に存在しているカフェ・ローレット。
 先日降った雪はなんだったのかというレベルでしっかりと晴れた空の下、カフェ・ローレットはキラキラと光を反射し輝いている。
 いや、その輝きもあるいは今日此処で競い合う者たちの心の輝きが発露したものなのだろうか?
「アデプト・オキナワ。わたしは海を初めて見ました。わたしの生まれのお国には海はないのです。綺麗なところですね」
「確かにね。綺麗なところだわ、沖縄」
 目をキラキラとさせるプラハ・ユズハ・ハッセルバッハ(p3p010206)に『紅き弾道は真実に導く』ワルツ・アストリア(p3p000042)も同意するように頷く。
 この沖縄の海は非常に綺麗だ。そうあれと再現されたのだから当然と言えるのかもしれないが……その美しさは、プラハとワルツの心を引き付けるには充分すぎたようだ。
「へー、沖縄でも雪がふるんだね! 初めて知ったよ! この雪の季節にふさわしい新メニューを考えるのとっても楽しそう♪ よーし、頑張って考えるぞー! 赤チームのみんな、よろしくね♪」
 すでに勝手知ったる……といった様子の『ミルキィマジック』ミルキィ・クレム・シフォン(p3p006098)も、流石に雪は初めてただ。
 ちょっと溶け残った雪を楽しげに見ているが……そう、今ミルキィが言ったように、今日は赤と青の2つのチームに分けてのクッキングバトルの日である。
 赤チームは『天才になれなかった女』イーリン・ジョーンズ(p3p000854)、ミルキィ、『評判上々』フラーゴラ・トラモント(p3p008825)、プラハ。
 青チームは『善性のタンドレス』ココロ=Bliss=Solitude(p3p000323)、『流麗花月』仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)、『嫉妬の後遺症』華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864)、ワルツ。
 どちらが勝ってもおかしくないチーム分けである。
「再現性沖縄に来るのは二度目だが。相変わらず、凄い所だな。まぁ、ここの勝手はもう分かっている。勝ちに行くぞ!」
「………?? ああ、はいはい、ぶたにくのきね、豚肉ね、豚肉が生る木ね、知ってる知ってる。お砂糖とかも生るのね、きっとチョコレートとかも生るんでしょうね。豊作なようで何よりだわぁ……」
 汰磨羈の横では華蓮が悟ったような目をしているが安心してほしい。
 華蓮の足元ではベーコンの花が咲いている。
「まあともあれ戦う方法が料理だっていうのは、とってもとっても平和で素晴らしいのだわ。何なら魔種の人達にも見習ってほしいくらいだわね」
 そして、そんな華蓮をちょっと離れた場所で見ているのはココロだ。
「今回は華蓮ちゃんがいるのだわ」
 そんな絶妙に華蓮に聞こえない距離で華蓮の声真似をしているのをワルツに聞かれていたが、それはともかく。
「パートナーなのになぜかあの子だけお嫁さんにしたい評が高い……負けられないわ。そう特訓して料理上手な女子になる!これは花嫁修業です! え、誰の、って? きゃ~~♪」
 砂浜を滑るようにスライディングするココロをワルツは見ていたが……優しくスルーする。
 今日のワルツはチームメンバーのサポート役。幸せそうなココロに、何も言う事はない。
「ワタシのチームはミルキィさん、プラハさん、お師匠先生……イーリンさんだね…! 姉弟子と対決だあ……! フンフン!」
 そしてフラーゴラも思わぬ対決に鼻息が荒い。
「料理の経験を積めばアトさん……好きな人のお腹を満たせるし! やるぞー……!」
 なるほど、料理の経験という意味では沖縄ほど相応しい場所は無いだろう。
「合法的に弟子と戦える機会が来たわね! 再現性東京とかあちこちで舌が肥えた私が料理の一つもふるってやるわ! 新メニュー? まぁ、適当に美味しい材料選べばいいんじゃない? 始めましょ!」
 イーリンの気合も充分。
 そして始まるのだ。沖縄流の……クッキングバトルが。
●クッキングバトル!
「いやね、私舌が肥えるほど料理食べてきたし、料理の勉強も現代日本というのの知識を得て一つの真髄に至ったと思うのよ」
 そんな事を言いだしながらも、イーリンは手際良く材料を採取していく。
 沖縄流の食材採取に何の迷いもない辺り、イーリンの沖縄適性は実は高いのかもしれない。
「売り物のメシってどうやって効率よく脂肪、塩分、糖分、旨味成分を摂取させるかよね、結局」
 まあ、そういう面もあるかもしれないが一律そうというわけではないしいろんな業界を敵に回しそうではあるが、さておこう。
「だから大量の旨味成分を出す干し椎茸や魚粉、果糖でダシをとったスープに、大量の香辛料をぶちこんで脂のくどさをごまかして、白モツ、バター、豆腐に白ネギ、肉団子も入れて……」
 おおっと、少しばかりイーリンの言っていることが怪しくなってきた。
 フラーゴラがチラチラと見始めている。
「はいできた、コース料理のスープ担当。レッドホットチリスープ。こいつを食べれば体の芯からあたたまるし、少ない量でバカみたいなカロリーを摂取できるから効率よ」
「お師匠先生、それはちょっと」
「えぇええ!? 駄目なの? え、この後の料理の味がわからなくなるから駄目!? マジで!?」
「お師匠先生のことだからきっとスープはすごいのを作ってくれるはずとは思ってたけど。それはちょっと」
 この後レッドホットチリスープはスタッフが食べたので問題はない。
「美味しい料理ってオーダーだったのにい……! えっとえっともうお肉の削いだ骨とか玉ねぎの皮とかにんじんの皮しかない……えっとこれも出汁……出るよ……うう……大丈夫かなあ?」
「じゃあ前菜の後のスープみたいなの……野菜くずとか、肉をとったあとの骨とか、ダシと栄養が出るものは何でも煮込んで。そのスープに、皆が料理で作った余りの食材を入れて、丁寧にアクを取って、最後に少しだけバターと黒胡椒で味を整えた……」
 そうしてイーリンがスープを作り直している間にも、フラーゴラの調理が進んでいく。
「メインディッシュは、やっぱりお肉だよねえ……! ステーキにしようか。解体なら任せ……うっ、各部位が木に生ってる……」
 焼き加減は思い切ってミディアムレアで。
 ソースは玉ねぎのシャリピアンソース。付け合わせは、にんじんのグラッセ
 鉄板をアツアツにしてジュージュー出来立てを提供するのが最上だ。
「二品目も作っちゃおう。コンミート料理だよ」
 コンミートとポテトとカブのチーズたっぷりのグラタンは冬にピッタリだと、フラーゴラはそう考えている。
「根菜とか冬に取れるものって体を温めてくれるんだあ。そしてコンミートのゴーヤチャンプルー……! 普通だったら薄切りの豚肉だけど……沖縄っぽいでしょ? うんうん」
 そしてプラハの調理も順調だ。
「豚肉の木?! 豚って生えてるのですね。この世界は不思議に満ちてますが……オキナワの名産だと伺いました。これを使っていきましょう」
 沖縄出身の人間が居たら「違う!」と頭を抱えそうだが、仕方ない。此処ではこれが沖縄である。
「作るのは、きのこのスープ「ズパ グジボヴァ」、わたしの家族が好きな料理です」
 そう、プラハは自分の思い出からレシピを決定していた。
 いわばプラハのスペシャリテであるとも言えるだろう。
「まずマッシュルームとエリンギ、これは絶対! あとは手に入るきのこをいくつか。しいたけ? まいたけ? そんなキノコあるのですね。お家の味とはちょっと変わっちゃうけどたくさん種類があるとより美味しいのです」
 バター、牛乳、先程の豚肉、人参、キャベツ、じゃがいも……野菜もたっぷり入れていくことで美味しさが増していく。
「大事なのはサワークリーム。あるのかな? ここの人たち食べるのかな? 不安……」
 視線の先。サワークリームの木、と書かれた看板の低木に生っている木の実を割るとサワークリームが出てくる。
 みじん切りにした玉葱をバターで炒めれば、プラハは「いい香り!」と声をあげてしまう。
「きざんだキノコも一緒に炒めて、お野菜で取った出汁と混ぜて豚肉と牛乳いれればいいの。簡単でしょ。サワークリームは別の鍋で温めてから混ぜるのがコツですよ」
 そう、これは思い出の味、笑顔の味だ。
 あったかくて、たくさんキノコの豊かな味と香り。
「父さまも兄さま達も、これを食べてる時はみんな笑顔でした。だからみんなもきっと笑顔になれます。わたしの楽しい思い出を隠し味にします。美味しいって言ってくれればわたしはそれだけでとても満足です」
 そして、ミルキィは全体の調理を見ながら自分のメニューを決定していた。
 メイン料理は他のメンバーに任せて、締めのデザートを考える。それが自分の役割と理解していたのだ。
「冬らしいデザート……あったかいデザートならお汁粉とかかなぁ? 雪に合わせてバニラアイスベースのパフェってのもおしゃれだし……悩むね!」
 言いながらも、ミルキィの中では忙しく取捨選択が行われている。
「カフェの新メニューって事と、コースのデザートってことを考えるとバニラと生クリームの白いパフェでいこう! コースの締めはスモールサイズで、パフェだけ食べたい人はノーマルサイズって食べ分けもできるしね♪」
 そうしてメニューを決めたら調理開始である。
「寒い季節のパフェってなるとなるべく濃厚な味わいにした方がいいかな? 〆に食べてずっしり満足! って口当たりを目指してミルキィマジック! 生クリームもアイスも最高の物をミルクから作り上げてみせるよ!」
 ミルキィの中では、すでに目標となる味は見えている。
「目標はあの日食べた異世界のスイーツの一つ……幻のミルクアイス、スノーロイヤルの口当たりと濃厚さだ! ふっふっふ、今のボクの腕があの日のスイーツにどこまで届いたか、それも楽しみだよ!」
 いつでも挑戦者の心意気。それもまた、沖縄に必要なソウルの1つであった。
 そして青チームのココロの調理も進んでいく。
「たしかミルキィさんはお菓子作りが上手……フラーゴラちゃんは肉の扱いが達人級。プラハさんはお姫様だから高級料理を知ってる。だから単純な美味しさでは不利。だから大衆的な味の家庭料理、つまり日常的に食べたくなる料理で勝負! わーちゃん、協力して!」
 ココロはそうして作る料理を決めると、ワルツと共に準備を進めていく。
「冬ならあったかい鍋系がいい、でも……獣肉は使わない、おでんがいいですね!」
 チラリと汰磨羈を見たのは、配慮的なものだろうか。
「昆布なら海にいけば取れます、冷たい海にしかいないとは言わせないです」
「なんか花壇に生えてたわ」
「グッドです! おだしはこれと、蛇口から醤油をとってきます。でも一味違う何かがほしい、そうだ、帆立も加えましょう」
 すでにココロの沖縄適性がフルバーストしている気がするが、気のせいなのかどうか。
 大根を先に入れるのは、染み込むと美味しいからだ。
「はんぺん、薩摩揚げ、豆腐、こんにゃく。練り物は木になってるのでしょうか。パンもなってたからきっとある。あるんです」
 生っている。練り物の木がすぐ側にあって、ワルツが収穫してココロに渡す。
 油の少なく澄んだ汁だからきっと里芋も美味しくなるだろう。そして、じゃがいもも忘れてはいけない。
「技量は足らずとも、みんなで鍋を囲んでワイワイ食べれば美味しいですよ。この料理でイーリン師匠様を高度35,000フィートまで吹っ飛ばしてやりたいのです、日頃のおれ……御恩に報いるためにも」
 おっと、何やら闇が見え隠れした。ただ吹っ飛ばすんじゃなく高度35,000フィートまで吹っ飛ばしてやりたいという辺りに、日頃の苦労が偲ばれる。
 まあ、沖縄の勝負に普段の実力は関係ないので、それを為すチャンスではあるかもしれない。
 そんな青チームの一番手を切る予定なのは汰磨羈だ。
 作るのは『スジアラのマース煮風出だし鍋』……出だしの名が示す通り、最初に食して頂きたいという鍋である。
 青チームの他のメンバーの状況も見た上で決定した、そんな代物でもある。
 しかも、大人数でつつくものではない。所謂、一人鍋だ。
「いきなりデカイ鍋を出されても困るだろう? 故に、適量だけを提供する。程よく物足りなさを感じる程度にな」
 これはチーム戦だという事を、忘れてはいけないからな……と汰磨羈は独りごちる。
 だから、というわけではないだろうが……使う鍋は、一人用のタジン鍋だ。
「食材は、この木に成ってる白菜と、地面に生えてるスジアラと……このブドウみたいになってる生姜だな。お、雪塩は、この砂浜の一部か。楽でいいな。泡盛は……ヤシの実の中、だと……?」
 もいだりかち割ったりと沖縄適性の高すぎる行動をする汰磨羈だが、手際は物凄く良い。
 材料を揃えれば、調理開始である。
「適度な大きさに切ったスジアラの切り身を白菜の葉で幾重にも包み、薄切りにした生姜も加えて……後は、適量の泡盛を注いでから蓋をして加熱だ。白菜の水分が出てくる事で、スジアラの身が浸る程度のいい配分になる筈」
 火加減と加熱時間には最新の注意を払うが、【天啓】によって更なるベストタイミングを得られれば尚良しといったところだ。
「にしても、こうして食材が生えたりするのは面白い。鉄帝で導入出来たら良いのだが……ここ限りの代物だろうなぁ」
 そんなことを呟く汰磨羈だが、そうなればだれの目にも見えるだろう。
 ロクでもない食材が大繁殖して、それの駆除に追われる自分の姿が。
 料理馬鹿しかいない沖縄だから許される植生ではある。
 それはさておき、この料理は最初に出すべき明確な「理由」がある。
 柔らかく煮た白菜と魚は消化が良く、生姜は消化吸収を助けてくれる。
 即ち、最初に食すにはもってこいの代物という訳である。
(つまり、こいつを食して胃腸を元気にした上で、この後に続く料理を堪能して貰えるというわけだ。ちなみに、生姜の効能によって体がホカホカするのもポイントだ)
 まさに冬向けの料理と言えるが……それは刻一刻と完成に向かっている。
 さて、華蓮の準備も絶好調である。
「ちゃんと料理は得意な方なのだわ。そして今回のお料理はママ適正を活かして、暖かい家庭料理で行くのだわよ」
 今日の私は母のエプロンも付けて、ママ適正に満ちているのだわ……などと言っているが、それがどう影響してくるのか。
「派手さや高級感は無くても、心に訴えかける優しいお料理なのだわよ」
 なるほど、それは大事なことだ。「母の味」とは、いつでもそれだけで武器になる素晴らしい調味料なのだから。
 そんな華蓮の選んだメニューは、肉じゃがだ。
 暖かくて、冬にはぴったり。ニンジンにジャガイモ、玉ねぎと豚肉を木から収穫すれば調理開始である。
 子守歌大全の歌を軽く歌いながら、華蓮の調理は始まっていく。
「材料を切る時はお肉を最後に……可愛い子達が食中毒にならないようにね。火の通りにくいニンジンは先に煮て……お肉にはしっかり火を通して……ジャガイモは崩れないように早く入れすぎない……」
 文字通り歌うように調理をしていく姿は、実にママみがある。
「そしてそして……調味料を入れるのは一旦待って! そう……ここで一回調理を止めるの、ここからがご家庭の技なのだわよ。ここで入れる調味料によって、カレーにでもシチューにでも肉じゃがにでもできるのだわ!」
 そう、華蓮の言う通りそこはご家庭の秘伝でもある。
「食べる子達それぞれ、好きな味があるって思うのだわ。好き嫌いのし過ぎは良くないけど、どうせなら好きなものを食べてほしいもの。さあさ、皆好きなものを言って下さいな」
 カレー粉とスパイスで味付けしたり。
 シチューのルーとミルクを入れたり。
 お料理酒とお砂糖醤油みりん和風だしを加えたり。
「それぞれ味を沁み込ませるために、もう一度煮ましょうね」
 そうして7つの料理が出来上がる。
 赤チームは「季節のスープ、皆の味を添えて」、「ステーキとコンミートのゴーヤチャンプルー」、「ズパ グジボヴァ」、「バニラと生クリームの白いパフェ」。
 青チームは「スジアラのマース煮風出だし鍋」、「肉じゃが」、「おでん」だ。
 フルコースを意識した赤チームと、冬に徹底的に温まるメニューを意識した青チーム。
 なるほど、メニューでいえばどちらも遜色ない。
 そして、試食が始まり……なんと、両チームともに吹っ飛んだ。
 沖縄では非常に珍しいことではあるが……互いに互いのコンセプトの違う料理に、自らの負けを認めたダブルノックアウト……つまり引き分けである。
 あと、イーリンは何故か1人だけ物凄く空高く吹っ飛んだ。何故かは不明であるが新記録であるらしい。
「勝っても負けても沖縄での戦いは新しい発見があって楽しいね! ところで、結局新メニューはどうしよう? どのメニューも皆で力を合わせれば更に改善できそうだけど」
「皆がおいしいって言ってくれるような……そんな新メニューにしたいですよね」
 ミルキィにプラハもそう言って笑い、全てのメニューを新メニューに加える方向で話が進んでいく。
 ……余談だが、イーリンは「よく飛びましたで賞」を貰って戻ってきたが……本人の心境は、不明である。

成否

成功

MVP

仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)
陰陽式

状態異常

なし

あとがき

コングラチュレーション!
見事な料理勝負でした!

それでは皆様、次の沖縄でお会いしましょう!

PAGETOPPAGEBOTTOM