PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<鎖海に刻むヒストリア>真白き腹を空に向けろ。

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


「アルバニアを追い詰める激しい追撃、ずーっとがっつんがっつん続いてたんだよ」
『そこにいる』アラギタ メクレオ(p3n000084)は、ボリボリ焼き菓子をかみ砕いた。
「状況はきついよ? 海を航行するだけでやばい。たまたま通り過ぎる海生生物がやばい。比べたら、今までの航路がベタ凪ぎな気がしてくる地獄だけど――」
 背に腹は代えられない。と、メクレオは言う。
「死兆に侵された仲間達を救う為にはそれしかないと思えば、やる気は出さざるを得ないよね」
 状況はボトムアップからトップダウンに転じるわけよ。と、メクレオはバーチャルろくろをこねだした。
「昨日と敵は今日の友。海洋王国女王イザベラとソルベは、かつての敵国ゼシュテルより大援軍を引き出したぞー。何をどうしてこうなったか一介の庶民にはわかりません。高度な政治的取引があったと思ってよ」
 ま、とにかく。と、メクレオは茶をすすった。
「ゼシュテル鉄艦隊と合流を果たした海洋王国・ローレット連合軍は大艦隊を結成し、乾坤一擲の大勝負に出る」
 動かすだけで膨大な色々が飛んでいく。その後を考えない最後の作戦である。
「おんなじことはもうできない。お財布的にも、人材的にも、時期的にも」
 今を逃したらガチでやばい。
「この一回を持ちて『絶望の青』を攻略する――アルバニアを引きずり出すという鋼の意志をひしひし感じる。みんなも覚悟決めてね」


「物理だろうと魔法の類だろうと種類は問わないけど、この依頼は遠距離攻撃に自信があるヒトに来てもらいたい。ああ、自分を飛び道具代わりにするって方法はあるね。仲間のフレンドリーファイヤには気を付けてくれよ」
 情報屋は、前置きをした。
「空飛ぶ絨毯みたいなのが、船の上にフライングボディアタック。せっかく集めた戦力を不確定要素に海に沈められたら困るんだよ」
 お前は何を言っているんだ。
「エイのおっきいのだよ。船くらいある。こう水の中を加速するみたいに飛んできてすぴょーっと飛ぶ。らしい」
 ついにらしいとか言い始めた。情報が揺らいでるな。
「飛んでる時がこっちにチャンス。柔らかい腹を打ち抜け。逆に飛ぶでもしない限り、接敵するタイミングがないから。海洋王国と鉄帝国殻も援護射撃があるから、ひっくり返る――白い方が腹だというからひっくり返るまでぶっぱなせ。それを、相手がもう飛び上がってこなくなるまでやってもらう」
 情報屋は、ボリボリと焼き菓子をかみ砕いた。
「もちろん、二度と飛び上がれないように穴だらけしてもらって構わない」

GMコメント

 田奈です。
 穴は開けてもらって構わない。

●狂王種・エイ。
 水面から飛びあがり、海上にいる者に体当たりして海に落ちてきたものをおいしくいただく。
 飛びあがってきたものを下から迎撃するのが有効手段です。連続して一定ダメージを与え続けていれば船に有効打を決めることはできません。
 洋上を飛んでいるのは2ターン。その後、数ターンおいて浮上します。浮上してくる1ターン前には予兆があります。

 海洋王国船の砲撃は可能です。鉄帝国も砲撃してくれます。
 甲板には、海洋王国軍や鉄帝国の精鋭もいて一緒に戦ってくれます。

 支援してくれる各軍は、作戦を伝えておけばそれに沿って行動してくれますので、指示したいことはプレイングに。

●重要な備考
<鎖海に刻むヒストリア>ではイレギュラーズが『廃滅病』に罹患する場合があります。
『廃滅病』を発症した場合、キャラクターが『死兆』状態となる場合がありますのでご注意下さい。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

  • <鎖海に刻むヒストリア>真白き腹を空に向けろ。完了
  • GM名田奈アガサ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年05月23日 22時15分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ヴァレーリヤ=ダニーロヴナ=マヤコフスカヤ(p3p001837)
祈りの先
コゼット(p3p002755)
ひだまりうさぎ
新道 風牙(p3p005012)
よをつむぐもの
ウィリアム・ハーヴェイ・ウォルターズ(p3p006562)
奈落の虹
アンジュ・サルディーネ(p3p006960)
海軍士官候補生
セレマ オード クロウリー(p3p007790)
性別:美少年
黒影 鬼灯(p3p007949)
ふたたび歩み出す
アカツキ・アマギ(p3p008034)
焔雀護

リプレイ


「ついに決戦か……腕がなるのう」
『放火犯』アカツキ・アマギ(p3p008034)は、仁王立ち。
「妾の炎と風ちゃんの刃が合わされば怖いものナシじゃな!!」
 そう言われた 『特異運命座標』新道 風牙(p3p005012)も満更ではない。
「敵の大将の首を刎ねるためにも、ひとつひとつの戦いに勝利していかないとな……そんなわけで、まずは目の前のこいつを倒さないとな!」
 だっぱーんっ! 空に届く柱のごとき水しぶき。
「おぉ……本当に飛んでいる……エイって飛ぶの上手だね。すごい迫力だ」
『魔風の主』ウィリアム・ハーヴェイ・ウォルターズ(p3p006562)は、感嘆の声を漏らした。故郷ではついぞお目にかかることはない。
「「ふーん。でっかいエイだって。エイって遅すぎてビュンビュン逃げるいわしを食べれないから、アンジュ的にはわりとどうでもいい魚類なんだけど〜」
『エンジェルいわし』アンジュ・サルディーネ(p3p006960)は、身内であるイワシの群れの安寧に常に心を砕いている。のべつ幕なし暴走するわけではない。
「エイとマンタってなんでこうも飛びたがるんだろうね。次はイワシが飛ぶんじゃ……」
『性別:美少年』セレマ オード クロウリー(p3p007790)は、疑問を呈した。これは、観測用の使い魔を思った以上の高空に送らないといけないようだ。
「そうね。もうその段階は通過したわね!」
 アンジュの膝辺りをペットのエンジェルいわしが回遊している。
「え、もう飛んでる? 水生生物の概念が壊れてないかい? いつものことなんだけどもさ」
 セレマは、茱萸のような唇から吐息を漏らした。美少年とはそういうものだ。
「……まあ人に危害くわえるんだったら、食物連鎖の頂点は誰かって教えてあげないといけないね」
 誰なのだろう。詳しく聞いてはいけない空気がアンジュの周囲に漂っていた。生物的危機感。
 船に激突されたら終わりだから。情報屋は確かにそう言っていた。しかし、百聞は一見に如かず。
「あ、あんなに大きいのを相手にしますの!?」
『祈りの先』ヴァレーリヤ=ダニーロヴナ=マヤコフスカヤ(p3p001837)が素っ頓狂な声を上げる程度。腰に浮き輪が装備されている。飛べないから簡易飛行装備をつけるように、泳げないから水中用救命具をつける。何の問題もない。羞恥は甲板にたたきつけるもの。だって。死ぬし。
 空がぬめっと白い天幕で覆われた。波打っている。音が遠い。エイが頭上を通り抜けている間、イレギュラーズの生物としての根源的恐怖が背骨の中に冷たいものを流す。巨大な生き物はそれだけで脅威だ。
「なんだかかわいい顔してるよ」
『ひだまりうさぎ』コゼット(p3p002755)が、口角が吊り上がったように見える口元を見て言った。スマイル。えらの隙間に挟まったら、確実に粉砕骨折するけど。
 その周囲に、ドス、ドスっと滝のような海水の塊が降り注ぐ。結構な衝撃。質量兵器。雫などというかわいいものではない。甲板がみるみる水没していく。
「……でも、船に落ちてきたらたまったもんじゃないね。はやくやっつけて、海のほうに落っことしちゃおう」
『そうそう。早く倒しちゃうのがいいのだわ。鬼灯君は――』
 愛らしく着飾った人形の口がパクパク動く。
「嫁殿、それは内緒だと言ったでは無いか……」
 黒子のごとき装いの『お嫁殿と一緒』黒影 鬼灯(p3p007949)が『嫁殿』の頬にそっと指で触れた。
「こんな状況で無ければずっと見ていたいくらいなんだけど……今はすごい大事な戦いをしているんだ」
 ウィリアムは、エイに言い聞かせるように口にした。動物疎通により、エイはウィリアムの意思の一端を受け取ることはできただろう。しかし、船を襲おうとする動きに躊躇はない。
「もう時間があまり残されていない。邪魔をするなら容赦しないよ。二度と飛び上がれないようにその腹に風穴を開けてみせよう!」

 狂王種は、海中で方向を変えたのだろう。大きなうねりが船の側面に当たって傾く。直撃を受けたら終わり。
 跳躍のたびに精度を上げてくる。狂王種に捉えられるのが先か。ヒトの火力が命を刈り取る方が先か。
 ウィリアムは持参の飲み薬をあおり、コゼットはドーナツをはむはむ食べだす。しばらくの間は飛べそうな心地。
 セレマの使い魔が空に放たれた。上へ。エイの跳躍の及ばないほどの高度へ。
 船に近づいてくる波紋。押し寄せてくる水の壁。大砲は可能な限り高く向けられている。
 風牙は舟から飛び降りた。落下している。眼下に海面。通常なら海の藻屑コースだ。身に着けた飛行石が重力を相殺していく。浮遊感。海面の上に立つ位の低空飛行。一歩踏み出す。ぐっと足に力が入る。大丈夫。ちゃんと踏み込める。
「船の上に乗ってたんじゃ自由に動けないしな。いいポジション取るのなら、こっちのほうがいいだろ!」
 風をまとって動き続けることこその風牙の剣。
「あのエイを活け造りにして、戦勝の前祝いにしてやろうぜ!」
 身が柔らかいので、湯引きにすることをお勧めしたい。
 エイの向きは確認した。風牙が狙うのは――盛り上がる海面からのしかかってくるような白い壁。
「よぉし! 狙ったとおりだ!」
 抜刀。放たれた斬撃がエイの腹に魁の一刃を入れる。
「よし、今度はそっちだな!」
 迂回し、反対側に移動だ。中々忙しいが、手ごたえはあった。
「……飛行能力欲しいなあ。毎回空飛ぶたびに財布が軽くなる……」
 携行品もなかなか馬鹿にならないのだ。地獄の沙汰も金次第。まして、戦場たるや。財布の紐の緩め時をわきまえぬ者はため込んだ分を丸々三途の川の渡し賃に使うことになる。嘆けるうちが華かもしれない。
「いっけー、いわしビーム! ずばばーん!!」
 アンジュ、いつもより強引に運用しております! ビームと言っても光線ではなくて、水鉄砲である。鉄砲ですらない、アンジュの指から噴き出す高圧水流。しかし、ビームと言ったらビームなのだ。たとえ水生生物だろうと、意図せぬところに高圧水流ぶち込まれたら肉体的ダメージはあるし、精神に深い傷を負う。
 イレギュラーズはどんどん畳みかける。一度水に入られたら索敵と接敵に時間がかかる。向こうがバカでかい時点で先手を取られたら終わる。攻撃できるタイミングで最大火力をぶつけなくては。手ぐすね引いている大技狙いの魔術師達の効果を倍増させるため、前衛たちはエイにたっぷり破滅逝きのスタンプを押そうとしている。
 どう繰り出されたかわからないから暗器。いつの間にかコゼットは技を繰り出し終えていた。毒を盛られたのが分かるのは血反吐を吐いてから。
 誰がつけたのか異界の毒使いの一族の名を冠した技を駆するコゼットは、かの一族の中で運命に翻弄された娘の姿にだぶる。
「体がおっきいから、致死毒よく効きそう」
 どんな体を持っていようと、毒をもったものが姿を隠すのに十分で、なおかつ手をこまねいている内に死なせる毒。
 海面を滑るように移動するイレギュラーズの作るシュプールがエイを船へと追いやっていく。
 それを待ち受けて、詠唱される聖句。
「すべてを御身に委ねます。立ちふさがる困難を排する力と闘志をご照覧ください」
 聖職者の一撃は神の祝福に値する聖なるものでなくてはならない。私欲にまみれず、世界に貢献し、神意にかなうものでなくてはならない。
『主よ、慈悲深き天の王よ。彼の者を破滅の毒より救い給え。毒の名は激情。毒の名は狂乱。どうか彼の者に一時の安息を。永き眠りのその前に』
 ヴァレーリヤは時々聖なるアルコールに浸される天使の羽を燃したメイスを掲げ、膨れ上がる神の「慈悲」を感じつつ、打ち出す方向を見定め、振り下ろした。
 つやつやと滑らかに太ったエイの腹に神の見えざる拳。下から好き上げるアッパーカット。下から捩じ上げるような腰の入ったヴァレーリヤのメイスさばきが光る。
 姿勢を崩されたエイは、船のすぐそばに落ちた。水面の木の葉のように舟は寄る辺なく波にもまれた。ヴァレーリヤの浮き輪を保持する手指に力がこもる。
 水没。いや、大丈夫。過酷な環境には慣れている。浮き輪付きだろうが用意した縄梯子まで泳ぎ切ってみせる。というか、救助だってしてみせる。真っ赤な文字が頭蓋骨の裏側で点滅した時、人魚の王子様が――否、セレマが下からヴァレーリヤを海面に押し上げていた。装備の重さと浮き輪の浮力が釣り合ってない。
「今のうちだ、キミ、甲板に上がんなさい。怪我は? 気にするほどではない? じゃあ、巻き添えくった人を拾って!」
 慌てているせいか、美少年的口調があいまいだ。という無粋を言うヴァレーリヤではなかった。


 生物としての膂力が違う。ごくわずかの当たりそこないや間合いの詰め方の間違いで、ごっそり体がいかれていく。
 長い間は戦えない。

 鬼灯は、全貌をあらわにしたエイを見上げた。
「とある砂漠の国の御伽噺では空飛ぶ絨毯が出て来るが……貴殿はそんな美しいものでは無いな」
 気持ちはわかるが、空飛ぶ絨毯の職人さんにそもそも比較するなと呪われても文句がいえない。
 この海では死者の怨念に事欠かない。弓につがえた矢は生者を妬む。ああ、あのエイはお前たちの船を沈めた原因ではないか?
『ごめんなさいね、エイさん……もし生まれ変わって優しいエイさんになったらたくさん遊びましょうね!』
 『嫁殿』は、鬼灯が弓を射るまでいい子で背中にいる。
 イレギュラーズが攻撃に詰め込んだ悪意の数ほど死霊はエイをえぐる。エイの巨体にから見れば針の先のような極小の矢傷が全身を硬直させる痛みを引き起こす。
 あらぬ地点に落下。そこに両国軍による砲撃が加えられる。
「あー……。ずれたのう。エメスでは届かぬか。では、こっちじゃ」
 アカツキは、さらなる追撃する純然たる悪意を集めてエイにけしかける。
「とりあえず、この胸から湧き上がる吐き気の分はお返しさせてもらうぞ」
 いわれのある悪意だ。大地に根差した幻想種が一念発起して船に乗っているのだ。水中で行動できるよう準備もしてきた。その努力と覚悟を踏みにじるような揺れを起こすような不埒者は海の藻屑になればいい。

 脳裏で展開する冷徹なフローチャートはなかなかいい展開でウィリアムの手番が回ってきた。ウィリアムは、魔法を放つまで死んではいけない。
「みんな頑張ってくれたから、僕も頑張らないとね」
 十分に魔力を編み上げたウィリアムの魔法陣。両の手それぞれで形成され、積層されて互いに干渉しあうそれの同時展開は、城砦の様相を呈している。
 エイは、真っ白かった腹にたっぷりと毒や呪いを注ぎ込まれていた。この海でかけられた命の天秤。イレギュラーズの方が重かった。
「さっき言ったとおりだよ。柔らかそうなお腹だね。……では、食い破るとしよう」
 それはどんな魔法だと問われたら、ただ破壊だというより他はない。破壊の後に残されるのは網膜を焼き付ける白と、空気を揺らめかせる陽炎。
 臨界を迎えた魔法陣が光を失う頃には、結果だけが残されている。
 白く濁って泡立つ海面。エイは海中に潜っている。回遊している。まだまだ繊維を失っていないらしい。
「立ちふさがるのなら、何度でも。そうだよね?」
 イレギュラーズは、使い魔を駆するセルマの指示で最適の位置についていた。意気軒昂。エイが沈むまでやる気満々だ。
「そうだね。毒が回りきるまで、もうちょっとだけど、はやいほうがいいよね」
 空中を跳ねるように飛んできたコゼットがほほ笑んだ。
 そして、そのようになった。イレギュラーズはエイに潰されずに沈め切った。
「風牙! しっかりせい!」
 差後の最後にエイに吹き飛ばされた風牙が海面にぎりぎり浮いていたのは僥倖だった。アカツキが歯を食いしばって回収した。水中行動は見事に役に立った。
「だめだ。もう動けない――」
「何言っとる。これからが本番じゃ。少し休め」


 高く高く飛ばしていた使い魔を手元に戻して、セルマは、ほう。とため息をついた。
「しかしね。次は何が出るんだろうね」
 水滴を振り払った髪がきらきらと光って見えるのは美少年だからだ。
「グンカンドリが文字通り軍艦サイズになって潜水攻撃するんじゃないだろうかな」
 そういうことは言わない方がいい。人の思念が魔物を呼ぶ。
「なんにせよ今度は飛ばない水生生物を相手にしたいな」
 言わない方がいいのだ。どこでだれが聞いているかわからない。気まぐれにそんなものを招きかねない世界なのだから。
「ねー。どうせだしいわしのおやつにしていい? いいよね? これだけあれば、パパの群れのご飯代、めっちゃ浮きそ――」
 アンジュのお父さん。あなたの娘は群れ思いの良い子です。ただ、致死性の毒が回っているので食用には向かないと思います。思いやりだけお汲み取り下さい。
『エイヒレの天麩羅か炙ったものが食べたいって鬼灯くん言ってたのだわ!』
 抱かれている角度のせいか、勝ち誇った顔の鬼灯の『嫁殿』の口から高らかな暴露。
「お、師匠はエイヒレの炙りをよく食ってるよ! アカツキの火で炙ってやってもいいかもな!」
 息も絶え絶えになりながらも風牙が手を上げ、また床に突っ伏した。
「良く焼いた方がよくはないか? そもそも毒は焼いて消えるもんかのぉ?」
 食物連鎖バーサス海を泳ぐものは大体食う民族集合体。
 いさかうことはない。かわいいモノたちよ。
 イワシの群れを十分に養い、鬼灯の生涯を賄って余りあるほどのエイヒレが取れるだろう――毒さえなんとかできれば。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

お疲れさまでした。エイ、食べないことをお勧めします。
決戦が待っています。みなさんのご武運をお祈りいたします。

PAGETOPPAGEBOTTOM