PandoraPartyProject

シナリオ詳細

続・勇者の正義

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

 黒い翼が空を覆い、魔物が地を這う世界に光明があった。それこそが勇者。勇者だけが魔王を倒すことができると言い伝えられている。
 だが、今いるのは勇者候補のみ。正式な勇者として認められるには、賢者から聖剣を受け取る必要があるのだ。
 そのたった一人の勇者候補であるルーはなんとしても聖剣を手に入れるのだと力を入れていた。それは彼の幼少期に遡る。

 ——

 ————

 「お父さん、お母さん、かくれんぼ? うん! やる! お父さんもお母さんも早く見つけてね!」
 クローゼットの中に隠れた僕は全く知らなかった。両親が僕を魔物から遠ざける為に、突然かくれんぼなんて言い出したなんて。
 逃げてきた両親が僕の目の前で魔物に殺された。魔物はピチャピチャと血を啜り、臓物を引きちぎっては食べた。
 吐き気を催すのを必死に堪えながら、僕は震えながら、それを見ているしかなかったのだ。

 ——なんと非力なんだろう

 ——なんと無力なんだろう

 ——なんで僕の両親が死ななきゃいけないんだろう

 魔物は僕の両親を食べ終えてノソリノソリと周りを物色したが、僕は幸運なことに見つからなかった。僕は両親の願い通りに生き延びたのだ。

 ————

 ——

 ルーの胸には魔物を同じように殺してやるという復讐心が灯った。それからは魔物に復讐してやる一心で強くなってきた。人の中では一番強いという自負もある。
 だから、ルーは信じてた。聖剣を手に入れられるに違いないと。だが、賢者に僕の正義を語っても、賢者は首を横に振るばかり。
 聖剣を誰かが手にできなければ、この世界は滅んでしまう。

 神は祈った。世界を誰か救ってください、と。

 カストルは特異運命座標に声をかけて回っていた。
「世界が一つ滅びそうなんだ。その世界では魔王と勇者が戦うはずなんだけど、勇者候補はいたんだけど、勇者にはなれなくて……。このままじゃ、魔王が世界征服を果たしてしまう寸前なんだ。だから、どうか、力を貸してほしい」 

NMコメント

はじめましての方もそうでない方もどうぞご贔屓に。綴です。
うっかりラリーを途中で止めてしまったマヌケさんは僕です。ということで、前編の『勇者の正義』の2章、3章に当たる部分を、このラリーでは行います。
前編出ていなかった方も章の途中からでも、今までいたていで、気軽にご参加ください。

●世界観
魔王がついに王都へと攻め込み、沢山の異世界から来た勇者が魔王軍と戦うお話です。

1章:魔王戦
王都での魔王との戦いになります。手に入れた聖剣を使って魔王を倒して下さい。魔王は負の感情を吸うことで、更に強力になります。また、魔王の周囲には50匹程度の魔物がいて、30分に一匹程度増えていきます。魔物達は、主に魔王をより強くするために王都の人々の負の感情を増加させようとしています。有り体に言うと残虐です。進軍はその為、早くはありませんが、救わなければ死ぬ命も多くあることだけは頭にいれておいて下さい。
 尚、途中参加の方は、聖剣をもらったていで動くこともできます。
 また、聖剣の機能に識別をつけなかったのですが、ついているものとします。

3章:秘密

NPC
勇者候補:ルー
ルーは目の前で魔物に両親を殺されました。今までは復讐心だけで、魔物を倒し、勇者候補として認められました。ですが、正義を賢者に認めてもらうことができず、聖剣を手にできずにおります。ですが、サイズとの出会いにより復讐心を抑制する鎧を身につけています。

是非、勇者になって思いっきり活躍しましょう!

  • 続・勇者の正義完了
  • NM名
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年05月17日 16時26分
  • 章数2章
  • 総採用数17人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

ノリア・ソーリア(p3p000062)
半透明の人魚
ヨハン=レーム(p3p001117)
ステンレス缶

 ルーは魔王が蹂躙する王都を見て、口惜しがる。
「僕に聖剣があったなら……!」
 そこにヨハン=レームが現れる。
「ルー、きみは聖剣というものを何もわかっていない。それは残虐な魔王を一撃で葬り去る最強の武器ではなく、助けを求める声に応える物。きみ一人が不幸なわけではないのだ。魔王への復讐心、憎しみなどありふれた感情だ。きみを動かしてきた怒り、それこそがきみを聖剣から遠ざけているモノの正体なのだろうなぁ」
 ルーはヨハンの話と今までのイレギュラーズ達との会話から、そのことを気づいてはいた。只、復讐心と理性との狭間でどうしていいのか、分からないのだ。ヨハンはルーを導く。
「じゃあ、どうすればいいんだ!」
「まぁ、きみは利口でしょうから薄々気付いてますよね。魔王は少し後回しにして、近くの命を繋ぎにいきましょうか。魔王を倒せば終わる、だからこの人たちは見捨てても良い、そんなことはこの王都を見て言えないでしょう?」
「……ああ! こんなこと許されていいわけがない。僕の二の舞になるような子供を生んじゃいけないんだ!」
 ルーは腰の剣をスラリと抜き放ち、人々を襲おうとしていた魔物達の群れへと闇雲に立ち向かっていく。
「危ないですわー!」
 ルーを透明な人魚であるノリア・ソーリアが庇った。魔物の牙はノリアへと突き刺さる。
「……くっ……! わたしは大丈夫ですから、早く住民を避難させてくださいまし」
 魔物は牙を押さえて、のたうち回る。ノリアの聖剣である透明なドレスに牙は刺さったが、その力は半分しかノリアに届かない。そして、その二倍の力が魔物へと届いたのだ。
 魔物は怯む。その隙にルーの剣が魔物へと突き刺さる。だが、ノリアは魔物の生命を奪おうとするルーの腕にすがりつく。
「わたしは人々は勿論ですけれど、魔物を倒したいとは思いませんの。魔物だって、生きていますもの……。ただ、人を襲うのは危険だと思わせて、諦めさせて、どこか遠いところへと、立ち去らせたいだけ。そうでなければ、単に弱肉強食の理にしたがって、かれらが命を落とすだけですの」
 ヨハンも言葉を重ねる。
「憎しみの剣は強い……。だが、そんなモノはこの棒切れにも劣る!!」
「それに……せっかく、街の人たちを助けて、安心や、希望といった、正の感情を、集めているんですもの。魔王好みの、怒りや憎しみで魔物を倒すようなことをしては、意味が、ありませんの」
「全くその通りだな……。僕はそんな簡単なことから目を背けていたのだから」
 ルーは深呼吸し、鎧に手を触れて、精神を落ち着かせた。そして、ヨハンとノリアと協力して、人々を避難させ、立ち向かう魔物を追い払った。
 それは王都の人々に勇気と希望、優しさを思い出させた。そして、人々の中には戦えなくとも避難誘導や応急処置を手伝うものも現れた。そして、その輪は広がっていき、同時に魔王の苦手とする正の感情が王都に浸透していくのだった。

成否

成功


第1章 第2節

コゼット(p3p002755)
ひだまりうさぎ

(うう……すごいノイズ、ちょっとクラっとする)
 コレットにとってノイズの強さは悪意の強さだ。悪意に呑み込まれないように、大切な絆を心に刻んで、王都を駆け抜ける。
 だが無闇矢鱈に走り回っては敵の思う壺だ。コレットは王城を避難場所と決めた。王城なら頑丈で、王様もいる。人が集まるには目立つ目印が必要だ。
 避難場所の周囲を自分の聖剣である帽子で防壁を作れば、魔物も入り込めない。だが、王城とて広い。避難誘導をしながら、その周囲に防壁を張るのも一苦労だ。
 それでもコレットはめげない。弱い人が傷つくのは嫌だ。

「助けて! 娘が魔物に捕まって!」
 母親がコゼットに縋り付いてくる。コゼットは優しく母親の背中を撫でる。
「大丈夫だから。場所を、教えて」
 その場所には、魔物が数匹いて、少女を囲んでいた。だが、周りの大人は只逃げるのに必死だ。
 過去を思い出す。だからこそ、少女は助けなければならなかった。
「その子、返して」
 魔物達には、コゼットは只の新たな獲物に見えた。襲いかかる爪の一閃をひらりと跳んで避ける。その跳躍力を力に変えて蹴り上げる。それはまるで舞。
 少女を連れ帰ってきたコゼットに母親は何度もお礼をするのだった。

 ——誰も死なせない。街も壊させない。
 —— みんな、明日からもこの王都で生きていくんだ! 好き勝手壊させたり、しない!

 コゼットはこうやって人々を助けながら防壁を張り巡らしていったのだった。

成否

成功


第1章 第3節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌

 ——遡ること、魔王戦の前夜。

 サイズは鍛冶場で熱した鋼を無心で叩いていた。一振りの剣に数十本のダガーは本職のサイズといえ、大変な仕事であった。しかも、負の感情を吸い、一時的に敵を封じ込める魔法が発動する魔法陣を一本一本に入れていく作業は根気のいる仕事である。これもルーが聖剣を持っていないことが問題なのだが。
 ルーは闘いこそ慣れていても、鍛治仕事には慣れていない。サイズの言う通りに材料を運んだり、炉の熱を保ったりするのが関の山だ。
 作業が終わったサイズは、額の汗を拭うのも惜しんで、一振りの剣をルーに渡す。
「この剣で何をするか分かっているな」
「……魔王を!」
「違う! 俺の武器じゃ魔王の足止めは出来ても倒すには至らない。だが魔物相手なら普通に倒せるはずだ。魔王の足止めは俺が引き受けるから、お前はお前と同じ境遇の子を産むのを防ぐため、守るために魔物を倒せ。分かったな」
「……どうして僕なんかにこんなに良くしてくれるんです?」
「どうしてだろうな……。困ってるやつを見過ごせないだけだよ」

 ——決戦の日、サイズは単身、魔王の元へ向かった。

「キミが魔王か」
「貴様は何者だ」
「魔王に名乗る名なんてないよ」
「そうか。ならば死ね」
 サイズは小さな躰を繰って巧みに攻撃を躱し、魔王の足元にダガーを投擲する。ダガーの魔法陣が輝き、闇が魔王を縛り上げる。
(ルーが魔物を倒している間は足止めしてみせる!)

成否

成功


第1章 第4節

鵜来巣 冥夜(p3p008218)
Black rain

鵜来巣 冥夜は開口一番、ルーを困惑させる。
「さて、ルーさん。此度はお酒を運ぶ手伝いを頼みますよ。賢者様から戴いたモノを使えば、握る剣を盃へ変えることができ、無血での終戦も見込めます」
「そんなことが!?」
「ええ。復讐は推進力になりますが、終えた後に残るのは虚無感と、貴方と同じ悲しみを背負う者だけ。故に知って欲しいのです。許すという勇気を」

 冥夜に丸め込まれたルーは荷台一杯のシャンパンを運んでいた。着いたのは魔王の拠点。
 冥夜の舌は滑らかに滑る。
「魔王様、王都に攻め入る手腕お見事です。先立って勝利の美酒は如何でしょうか? 余興をお求めでしたら私の大道芸もございます」
「命乞いか」
「そのようなものです。さぁ、このグラスを」
「ふん」
 魔王は飲み干すと冥夜がシャンパンを出して杯を乾かさせない。
「今夜は素敵なパーリナイ! さぁ、皆様もどうぞ。飲まなきゃ損ですよ!」
 いつの間にか大きなシャンパンタワーが拠点の真ん中に聳え立っている。梯子をかけ、ルーがシャンパンタワーにシャンパンを注ぎ続ける。そのさまは滝のようでそれだけで豪勢だ。
 シャンパンタワーの効果で武器が失くなっていることにも気づかず、飲み騒ぐ魔物達。
 魔王が泥酔していると判断した冥夜は密やかに契約書に拇印を押させる。それは無闇に人を殺めないという契約。
 だが、魔王はカカと嗤い、契約書を破り捨てた。「人との約定など、とうに捨て去ったわ」

成否

成功


第1章 第5節

クシュリオーネ・メーベルナッハ(p3p008256)
血禍美人

 クシュリオーネ・メーベルナッハは魔物溢れる王都を疾駆していた。そして気紛れに軽く手を薙ぐ。その瞬間、周囲の魔物達の首が跳ね飛び、黒い血飛沫を撒き散らす。
 クシュリオーネの顔には自然と婉然とした笑みが浮かぶ。聖剣の力は思った以上だった。些末な力で抵抗するものどもを蹂躙する快感、享楽、愉悦。つい慢心してしまいそうになるくらいに。

 だが、クシュリオーネは魔王相手に油断などしない。魔王拠点近くで無力な小娘を演じる。
 予想通り魔物達に捕まり、引っ立てられた、その先は魔王。
「……あ、あの、ま、魔王様、お願いです……! 命だけは! 命だけは! 助けてください!! なんでもしますから!」
「ほう、なんでもか」
 魔王はクシュリオーネの顔を爪先で上げさせる。クシュリオーネは怯えた表情を浮かべる。
「いい表情だ。おい、お前ら、なんでもしてくれるそうだ。可愛がってやれ」
 魔王はにやりと嗤って、背を向ける。その瞬間をクシュリオーネが狙っていたとも知らずに。
「悪意を振るうのみでは疲れてしまいますでしょう。快楽を、教えて差し上げますね♪」
 クシュリオーネが魔王に後ろから抱きつく。クシュリオーネの指が魔王の喉元を撫でる。喉が裂ける。血飛沫の雨。
「ぐぅ……小娘ぇ!!!」
 クシュリオーネは血飛沫に濡れながら、愉悦に嗤う。

成否

成功


第1章 第6節

黒鴉 拓哉(p3p007827)
!!すらがびた

 黒鴉 拓哉は憤っていた。魔物達の命を弄ぶような殺し方に。それが只管に魔王を強くするためだけなのも。
(魔王…こんなに『悪』が分かりやすいなら、正義も簡単だし、ルーさんも悩まないで済んだのかもしんないっすね。だから俺も難しい事は考えずに、問答無用でぶっつぶす。俺の中の正義、試させてもらうっすよ――正義と悪の大喧嘩だ!)
 高く高く跳ぶ。背には太陽を背負い、一回転した勢いのまま、魔物の群れに突っ込む。同時に起こる爆発。粉塵で辺り一帯見えないところに、絶対零度のオーラが忍び寄り魔物を凍らせる。オーラをくぐり抜けて牙を剥こうとも、その牙を深く身に受けて抜けないうちに、カウンターキックが魔物を襲う。
 魔物を倒して倒して、辿り着いた先は魔王。
「ようやく会えたッスね、魔王!」
「こちらは呼んだ覚えもない客だ」
「問答無用ッス!」
 拓哉はオーラを纏い、殴る、殴る、殴る。だが、拓哉の連撃を魔王は片手であしらう。
「ふん。これが聖剣か。面白い。我を傷つけられるものなら、傷つけてみよ!」
 魔王は業火を吐く。仲間である魔物すら表情を変えることなく燃やして。
「もっと、もっともっと俺に教えて欲しいっすよ。俺に『魔王』を!」
「勇者の癖に魔王を知ってどうするつもりだ」
「俺の正義の礎になってもらうッス!」
「その不安定な正義の為か」
「それは魔王次第ッス!」
 拓哉の蹴りが魔王の頭を一蹴する。
「ふん、手慰みに遊んでやる」

成否

成功


第1章 第7節

レインボー・マスク(p3p007053)
虹色パンツマン

 決戦へ出発する前、レインボー・マスクとルーはこんな約束を交わしていた。
「ルー少年! 魔物の半分は任せた! 君も『勇者』だろ?」
「僕は勇者じゃない」
「何、違わないさ! 動機がどうであれ、今ここで——弱き者を助け、悪に立ち向かう——その精神を有していれば誰だって『勇者』だ!」
「そうかな」
 そういうルーの表情は嬉しそうだった。

「なんてこった! 魔王軍がこんなに! ヌォォォ! 今こそ俺の力を示す時! 待ってろ! 皆! 今助けに行くぜ!」
 虹色のパンツを被ったレインボーは王都を駆ける。王都は阿鼻叫喚だった。
 早速向かった、そこにいたのは甚振られている幼い女の子とその両親だった。
「西に助けを呼ぶ声あれば希望の虹色を纏いて皆を救おう! 東に助けを呼ぶ声あれば勇気の虹色を纏いて皆を救おう! 俺こそはレインボー・マスク……老若男女全てを救う勇者だ! 特に小さい女の子とかのな!」
 魔物どもはレインボーを見て、大笑いし、興味本位に近寄ってくる。
「幼女に手を出してんじゃねーぞ! おらぁ!!!」
 空高く跳び上がり、華麗に一回転。回転力を生かし高速で鋭くかかと落としを決める。その瞬間、爆発が起きた。
「ヌォォォォ! 俺の聖剣! 力を貸してくれぇ!」
 レインボーが被っているパンツが光る。巨大な虹色パンツが落ちてきたと思ったら、魔物どもを一括りに縛り上げた。
 レインボーは颯爽と去る。次なる幼女を救うために——。

成否

成功


第1章 第8節

メリー・フローラ・アベル(p3p007440)
躾のなってないワガママ娘
ヒナゲシ・リッチモンド(p3p008245)
嗤う陽気な殺戮デュラハン

 ヒナゲシ・リッチモンドとメリー・フローラ・アベルとルーは王都の入り口に辿りついた。
「Hey! Hey! 早速魔王軍の襲来って事ね! 全く平和が一番だっていうのにせっかちな人達だな~」
 ヒナゲシが嘆けば、メリーはどうでもよさそうに一人ごちる。
「王都の人間が襲われていようが知った事じゃないわ。だって全員どうでもいい人間だもの。正直、この世界の人間が何人死んでも何とも思わないのよね。無視して魔王の元に向かうとしましょう」
「思ってても、そんなこと言うもんじゃないよ! でも、魔王のところに行くなら、一緒に乗っていく?」
「あなたがどうしてもっていうなら? 立ちふさがる魔物はこのペンダントの力で消し飛ばしてやるわ。もちろん魔王もね」
 メリーの聖剣であるハートのペンダントが光る。
「旅は道連れ、世は情けってね?! と言う訳でルー君! ボク達はさっくり魔王ぶっコロ! してくるからこっちはまかせたZE! ……願わくば君がこの戦いで本当の『勇者』となれるように……死ぬなよ、若人!」
「ああ、死なない。必ず王都の人々を助ける!」
 ルーの答えにヒナゲシは満足そうに微笑んで、愛馬である首無し馬『セキト』にメリーを乗せて、駆け抜けていった。

 セキトを繰り、魔物どもの間を隙間を縫うように王都を抜け、魔王まで一直線で辿り着いたヒナゲシ。メリーも邪魔な魔物どもをペンダントの力で倒していく。
「ヒャッハー! 殿中でござる―! どーん! やっほー♪  君が魔王? デュラハン系勇者のヒナゲシ・リッチモンド! 君の死を告げにきたZE! 夜露死苦ゥ!」
「わたしの存在も忘れないでよね! あなたが生きてると邪魔なの。迷惑だから、わたしの目の前から消えてくれる?」
「勇者だと! あの賢者め! 何人の勇者を送り込んでくるつもりだ! あの賢者から殺しておくべきだった!」
「沢山よ」
「何人だっけ? そんなこと覚えてないや。いっぱいはいっぱいだよ」
 ヒナゲシは魔剣であり聖剣でもある『アースエンド』をスラリと抜き放つ。メリーは最大限の力をペンダントに込める。
 二人の攻撃が重なる。ヒナゲシのアースエンドにより魔王の動きが鈍る。メリーは最大限の力を使ったことで、青のエプロンドレスが弾け飛ぶ。
「ちょっと、メリーさん! 女の子が全裸なんて! えっと、うーん、勝負下着ならあるんだけど、着る?」
「いらないわ! わたしね、相手が手強いと見たときは、第一に自分の命、第二に依頼の達成、それ以外の事は一切考えない事にしているの。だから……たとえ服が無くなったとしても堂々と全裸で戦ってみせる!」
「その心意気はいいね! 協力して倒してみせよう」
「勇者どもよ。何人こようが我の野望の邪魔はさせぬ」
「うーん、やっぱり魔王はボクのダーリンみたく強くて優しいイケおじじゃないとね! ……じゃあ、死ね」
「わたしの邪魔するものなんて、全部全部無くなっちゃえ!!!」

成否

成功


第1章 第9節

リゲル=アークライト(p3p000442)
白獅子剛剣
ハロルド(p3p004465)
聖断刃

 リゲル=アークライトは、王都の様子と過去の天義の様子を重ねて、想いを新たにする。
——魔王を倒すと誓った。
——悪は滅びるのだと、聖剣と共に証明したい。
——願わくばこの世界が、今後復讐心で濡れる事がないように。
——その為にー死力を尽くす!

 ハロルドは戦う。だが、そこに善意もなければ負の感情も一切ない。己の信念に従い、人に仇なす『魔』を討つだけだ。

 リゲルが街に保護結界をかける。王都を守りながら戦う心算だ。一方、ハロルドの絶叫が木霊する。
「死ぃねぇぇぇーーー!」
 周りの魔物達が逆らう暇もなく、ハロルドの聖剣『リーゼロット』で屠られていく。リーゼロットは雷を纏い、青い火花を散らしながら、多彩な攻撃で敵に隙を見せない。まるでハンマーのように全力で振り下ろし、雷を放出したかと思えば、乱舞で狙い澄ました攻撃。その上、光速の居合い抜きを自由自在に使うさまは聖剣使いの名に相応しい。
 人々を襲う魔物はリゲルが赦さない。炎閃が、黒閃が、流星のように弧を描く。弧は魔物の傷となり、黒い血飛沫が吹き出す。
「聖剣の勇者、リゲル=アークライト推参! 魔王軍を討ち滅ぼすべく召喚されし者! ご安心下さい、そして安全な場所まで避難してください!」
 聖剣の勇者と聞いて黙っている魔物どもではない。リゲルへと押し寄せる。それを一閃する。人々を救い、負の感情を払うのだ。

 そして、二人とルーは魔王の拠点まで辿り着く。ハロルドは自虐的な顔を浮かべ、リゲルは憤りを覚えていた。
「ルーとか言ったか。良く見ておけよ? 守ると誓った者を喪った『勇者』の末路……守る為ではなく殺す為に剣を振るう者がどんなものか、ってなぁ!」
「はい!」
「人々を蹂躙するなど、神が許しはしない! 神が直接手を下せないならば、俺が人々の剣となり盾となる!」
「神を超越した存在が我なのだ! 人の子よ。よくぞ、ここまで来た。だが、これが終焉だ」
 リゲルが光る聖剣を振りかざし、流星群を降らせる。魔王軍は壊滅的なダメージを受け、ほぼ残っていない。
「闇の時代は終わる——これこそが、夜明けの光だ!」
「魔物どもが死んだ如きで勝ったと思ったか。魔王の力を受けよ」
 闇が集まってくる。それは漆黒の巨大な球となって、二人に襲いかかる。だが、ハロルドが盾になる。一切の攻撃を受け付けない二重の聖なる力が宿っているハロルドに、魔王の攻撃が打ち消される。
「ははははっ! おら、掛かってこいよ! 仲良く殺し合おうぜ、魔王ッ!」
「ぐぬぬぬ! こんな、こんな筈では! 我の攻撃が通じないだと!?」
「魔王は、どの世界でも最後は死ぬもんだって決まってるんだ! いずれにせよ、俺が目をつけた魔王は俺が殺す。それが俺だ」
 ハロルドとリゲルは彼ら自身の多彩な剣技を組み合わせて、協力して魔王を討ち倒さんとする。
「……我は不死の存在! 倒せるものなら倒してみよ!!!」

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM