PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<Breaking Blue>脅威!! テンタクルハイドロジェットシャーク!!

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●未知の海域に潜む鮫!!
「平和なもんだな、今日は……」

 快速スループ『海燕』号を預かるジュニオ・テップ船長は、他の船を引き連れて新たな海路を探る航海を続けている。
 イザベラ女王が発令した十二年振りの『海洋王国大号令』によって『絶望の青』を目指すべく出向した多くの船団は、橋頭堡となる『アクエリア島』を出港して数日が経過した。
 海は、未知の世界である。
 『廃滅病』と呼ばれる謎の病に罹る者も多く、見たこともないバケモノも現われる。

「船長、今のところ異常なしです」

 一等航海士のトドールが報告する。

「おう、ご苦労。見張りにゃ気を抜くなって伝えとけよ。どっかの船は頭が三つもある鮫に出くわしたっていうからな」
「がっはっはっ、どうせホラ話ですぜ。そうでなきゃあ、三匹一緒にいる鮫を見違えたんでしょうよ。話を大きくしたほうが、実入りもありますしな」

 トドールは、豪快に笑った。
 船乗りが「俺たちはこんな怪物を見た」というのは、自慢の一種かそんな危険なところから帰ってきたと吹聴することで箔をつけたり、危険手当目当てのことが大半である。
 大海蛇や大ダコといった海の怪物の目撃例が多いのは、このあたりの事情もある。

「だが、俺ぁバカでかいタコも見てきたからな。あながち、ホラとも言い切れねえぞ?」
「へえ、せいぜい気をつけまさぁ」

 そのような会話をしているときであった。

「船長! 何かこっちに来ます! ……1時の方向です」
「なんだと!」

 マストの見張りの声に、ジュニオ船長は報告を受けた1時の方向に望遠鏡を向けた。

「……鮫だ! でかいぞ!」

 波をつききる三角の背ビレは、まさに鮫のものだ。
 ガバっとその鮫が水面に顔を出した。

「おどかせやがって、頭はひとつだ。例のバケモノ鮫じゃねえようだぜ。……な、何?」

 その鮫は、頭こそ三つないが、通常の鮫とは大きく違っていた。
 タコやイカのように、触手がついていたのである。
 しかも、顔を出したかと思うと、水面から飛び上がった。

 なんとも異様な姿も、望遠鏡を通じて視認された。
 上半身は鮫、下半身はイカやタコのような触手が生えている。
 その下半身から、猛烈な勢いで水流を噴き出し、その勢いでこちらに飛来してくる。
 テンタクルハイドロジェットシャークの全貌であった。

「逃げろぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

 大きく口を開けてやってくる鮫と目が合うと、テップ船長は叫んでいた。

●鮫退治要員求む!!
「やっぱり、鮫が出やがったぜ!」

 テンタクルハイドロジェットシャークの襲撃から、船団をまとめて退散してきたジュニオ・テップ船長は言った。

「凶暴な鮫と、触手が合わさって最強に見えた。俺にはな……」

 語るも悔しいといった表情だ。
 そんな鮫だかタコだがイカだかわからないバケモノに航海を邪魔され、船を沈められかけたとなっては海の男の沽券に関わる。
 ゆえに、鮫を退治して威信を回復し、海路探索の安全を図ろうというのだ。

「海洋も海軍の船を出してくれるっていうが、俺としちゃ名高いローレットの冒険者の手も借りたい。どうだ、一緒にやってくれないか?」

GMコメント

■このシナリオについて
 皆様こんちは、解谷アキラです。
 鮫シナリオが満員御礼となりまして、まだまだ需要があると見込んでまた鮫シを運営します。二匹目のドジョウならぬ、二匹目の鮫です。通算すると、三匹目だったりします。
 今度の鮫は、頭はひとつですが触手を操り、ジェット水流で空も飛びます。

・ジュニオ・テップ船長
 快速船を操り、海路発見を目指す新進気鋭の船長です。
 勇敢ですが、得体のしれない鮫との戦いはイレギュラーズに任せたいと思っています。
 片腕の一等航海士はトドールと言います。航海以外は特に何もできません。
 海洋の海軍の船も二隻ほど随伴し、鮫退治に協力してくれますが、メインで戦うとやはり餌になってしまいます。
 協力する場合は、上手く使ってあげてください。

・テンタクルハイドロジェットシャーク
 生態は謎に包まれた全長20~30mの巨大サメで、腹部から後ろがタコやイカのような触手があります。
 肉食で旺盛な食欲を持ち、人も食います。
 ジェット水流によって高速で泳ぎ、短時間ながら空も飛びます。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●重要な備考
<Breaking Blue>ではイレギュラーズが『廃滅病』に罹患する場合があります。
『廃滅病』を発症した場合、キャラクターが『死兆』状態となる場合がありますのでご注意下さい。

  • <Breaking Blue>脅威!! テンタクルハイドロジェットシャーク!!完了
  • GM名解谷アキラ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年04月28日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ジェイク・夜乃(p3p001103)
『幻狼』灰色狼
レナ・フォルトゥス(p3p001242)
森羅万象爆裂魔人
如月=紅牙=咲耶(p3p006128)
蒼海の語部
ウィズィ ニャ ラァム(p3p007371)
私の航海誌
カンベエ(p3p007540)
大号令に続きし者
フローリカ(p3p007962)
砕月の傭兵
アカツキ・アマギ(p3p008034)
放火犯
ベネディクト=レベンディス=マナガルム(p3p008160)
ドゥネーヴ領主代行

リプレイ

●鮫だ! 鮫が触手と一緒に出た
「とにかく普通じゃなかった――」

 ジュニオ・テップ船長はかく語る。
 テンタクルトリプルヘッドシャークと、見たまんまの特徴から命名された鮫について、集まったイレギュラーズにその驚異的な特徴をつらつらと説明した。

「まあ、でかかった。鯨並みっていうがそれ以上だった。おまけにタコみてえな触手もついていたし、水を噴きながら飛ぶしよぉ。悪夢だったぜ」

 快速スループ船『海燕』号の甲板に集まった面々が、船長の話に聞き入っている。

「サメ……サメなのか?」

 『死線の一閃』フローリカ(p3p007962)は思わず声を上げた。
 聞いていると、とても鮫には思えなかったからだ。
 彼女は、別世界からやってきたウォーカーである。

「現地の者がそう言ってるならそうなのだろうか……。まだまだこの世界にはよくわからないものが多いな……」

 この混沌には、あらためてさまざまな鮫がいると思い知らされた。

「異形にはそろそろ馴れてきたと思うていたのでござるが『絶望の青』でも特に風変わりな鮫でござるな」

 『始末剣』如月=紅牙=咲耶(p3p006128)は率直な感想を漏らす。
 この海域には、奇妙な鮫の存在は多数報告されている。
 鮫は“生きた化石”とも言われている。
 生物は、厳しい生存競争の中で自然淘汰され、生き残るのに適応した種がその形質を残していくという。
 そんな中で、鮫は食物連鎖の頂点にいながら古代から姿を大きく変えていないと言われてきた軟骨魚なのだ。
 つまりは、進化の必要がないほどに完成された魚類だ。
 だが、今度の鮫は触手もあればハイドロ推進で空も飛ぶ。
 進化の袋小路に入り込んだ感のある驚異の鮫を育んだこの『絶望の青』の生物多様性に、咲夜も大自然への畏敬の念をあらたにした。

「何かもう、鮫なら何でもありなんじゃないかと疑ってしまうのじゃ」

 『放火犯』アカツキ・アマギ(p3p008034)の感想もまら、いろいろありすぎて驚くことを放棄したかのように思える。
 しかし、いかなる鮫であろうと燃やせば同じ。
 有機体である以上、炎をかければ焼けるはずだ。

「うむ、蛸足にフカヒレと何とも宜しいお得感。今晩の夕餉は此奴を肴に一杯といくでござる」

 咲耶の頭の中では、鮫の処理まで事態が進む。
 蛸も鮫も、食える海産物である。
 倒してしまえば、盆と正月が一緒に来るかのような賑わいとなろう。やる気は上がる。

「まあ、鮫って基本的に変なものですからね」

 『虹を齧って歩こう』ウィズィ ニャ ラァム(p3p007371)は当たり前のように言った。
 言われてみれば、何故かこの世界の鮫はそんなのが多い。
 海に出現するだけ、まだ他の鮫に比べてましな部類なのかもしれなかった。
 この世界では、ときどき鮫は空や砂漠などにも出現する。

「鮫が来たら、この星夜ボンバーで合図するから、船員さんたちは船に避難してね。海軍の水兵さんたちも」

 ウィズィ ニャ ラァム――通称ウィズィは事前に打ち合わせて事前の手はずを整える。
 甲板の船員たちが触手に引き込まれる危険性はあるのだ。

「船長、此度の戦いの勝利にはあなた方の協力がどうあっても必要だ。船員の皆もどうかよろしく頼みたい」

 『特異運命座標』ベネディクト=レベンディス=マナガルム(p3p008160)は、船を預かるテップ船長に対し、礼儀正しく協力を仰いだ。

「ああ、こっちこそな。相手はバケモノ鮫だ、皆で力を合わせていかねえとこっちが食われちまう」

 昔から、“板子一枚下は地獄”という。
 船の下は底板一枚を隔てて命を危うくする地獄のような海が広がっている――。
 テップ船長が、あらためて結束を促した。

●噴き出す水流、暴れる触手
 快速スループ船『海燕』号は青い海を往く。
 そんな怪物が潜んでいるようには思えない、のどかで平和な海だ。
 甲板には、心地よい潮風と明るい陽の光が降り注ぐ。

「この海のどこかに鮫がいる」

 まだ海は穏やかな顔をしている。
 『森羅万象爆裂魔人』レナ・フォルトゥス(p3p001242)は、穏やかな海を見守りつつも、呟いた。
 鮫の脅威にもかかわらず、未知なる領域を開拓して進出する。それも人類の見果てぬ夢と願望なのだろう。
 ともかくも、その自然が生み出した奇っ怪なタコともサメとも言い難いものを克己するのもヒトのさだめなのだ。

「あれは……」

 そして気づいた、波間を突き進む三角の黒い背ビレに。に。

「鮫が出たぞー!!」

 マストの天辺で見張りをしていた船員も気づき、声を上げる。
 随伴する海軍の軍船も臨戦態勢に入った。
 鮫は、背ビレを見せたかと思うとものすごいスピートでこちらに迫った。
 そして――。

「と、飛んだ……!?」

 皆がその姿を見て、度肝を抜かれたのである。
 鯨を超える巨体が、後方に水を吐き出しながら中に踊った。
 巨大(おお)い、そして奇妙だった。
 尾ビレがあるはずの下半身は、タコだかイカだがよくわからないがそのような触手が生えだしている。

「何だありゃ!?」

 『『幻狼』灰色狼』ジェイク・太刀川(p3p001103)は思わず素っ頓狂な声を上げてしまった。
 異様な姿を目の当たりすれば、それも当然の反応といえるだろう。
 水流の推進力で巨大な鮫が空まで飛び、そのうえ触手まであるのだから。
 『海燕』号の上空に差し掛かると、その触手をいっぱいに広げて包み込むように落下してくる。

「さあ、Step on it!! 一気に畳み掛けましょう!」

 パアアアアアアアン!! ウィズぃが放った星夜ボンバーが派手に炸裂し、船員たちが避難する合図となる。

「よおし、鮫野郎はこっちだ!」

 ジェイクは見事な拳銃さばきで狼牙と餓狼の二丁を引き抜くと、あえて鮫をかすめるように撃った。
 威嚇し、自身をターゲットとしてテンタクルハイドロジェットシャークを惹きつけるためだ。

「出たなテンパランスデンドロビットシャーク!!!!!!」

 『名乗りの』カンベエ(p3p007540)は、上空から船に絡みつこうとするその鮫を睨みつけ、名前は間違った。
 長ったらしい名前など、いちいち覚えてはいられないのである。

「空を飛んでいい気になっているようだが、貴様には翼がない! つまり、しょせん魚の域を出ていないということ――」

 足は刺し身に、身は味噌煮に――。
 どうせ、腹に入ればいかなる鮫であろうと皆一緒だ。
 海産物はとりあえず食う、そういう風習がある地域は多い。
 魚であれば、イカようにも料理できる。まあ、タコかもかもしれないが。
 刀を抜いて、絡みつこうとする触手の一本をさっそく断ち切った。
 抜く手も見せぬ見事な技である。
 ドサリと落ちた触手は、活きがよく切り落としてもまだピチピチと暴れている。
 さらにフローリカが衝刃を飛ばしてもう一本足を切り飛ばした。

「怪獣退治なんてすることになるとはね……何が起こるかわからないものだな!」

 そのとおり、何が起こるかわからない。
 『絶望の青』とは、そのようなところである。

「これだけ巨大なら強靭さも相応か、全力を叩き込む!」

 ベネディクトは、落ちてくるところを狙ってのノーギルティを放った。
 生命を奪わぬ慈悲ある一撃だが、海へと叩き落とすには十分だった。
 船の上に落ちる予定だった鮫は、たまらず方向転換を図って海へと逃れる。
 水流を横に噴いての方向転換だ。器用な鮫である。
 巨体が水面を打って、派手な水音と水柱が上がった。

「我々がこの場に現れた以上、これ以上の犠牲は許さない! 行くぞ!」

 命綱を体に渡し、海に落ちた鮫との決戦に挑む。
 さあ、これからだ。

「海に逃れたか。海中はやつの領分でござるな」
「でも、ジェイクさんのヘイトが十分乗っているはずよ」

 ウィズィの言う通り、テンタクルハイドロジェットシャークの怒りの矛先は、銃弾を掠めるように撃ったジェイクのはず。

「じゃな。また仕掛てくるに決まっているでござる」

 咲耶もうなずく。
 水中に身を隠した蛸足鮫がどこから来るか? その気配を読む。
 来るとわかっているのなら、海面をよく観察していれば、その動きもおのずと判明するはずだ。

「初見の相手は慎重に行くのが定石というものじゃ。まあ、あんな鮫を相手にしたことがある者はいないじゃろうが……」

 アカツキも観察する。
 相手は、普通の鮫ではない。
 だからこそ、観察してその生態を把握する必要がある。
 移動は、タコ、イカの類と同じく、吸い込んだ海水を、漏斗から水流を噴いて推進するようだ。
 ちなみに、タコやイカは同じ原理で墨も吐く。
 これでペットボトルロケットのように空まで飛ぶ。
 海水の渦や泡立ちが確認できれば、そこにいるかも知れない。

「……いた、9時方向でござるよ!」

 咲耶が指差す方向に、海の悪魔の象徴である三角の背ビレが現れる。
 ジェイクの銃弾は、獲物とかかって決めた卑小な人間の反抗として鮫の怒りの感情を掻き立てている。
 距離を取って、今度は水面を斬るように突き進んでくる。
 水流を噴き出し、白い波を泡立てて猛然と直進するその様子は、生ける魚雷さながらだ。

「さあ、今よ!」
「よし、砲撃おっけーじゃぞー! 頼むのじゃー!!」

 ウィズィとアカツキの合図で、後方に下がらせていた海軍の僚船二隻が砲撃を敢行する。
 青天の霹靂のような砲声が響き、水柱がいくつも上がる。
 それでも、蛸足鮫は迷わず直進してくる。

「Call of Love. 愛が私を呼んでいる!」

 それはウィズィの燃え立つ心、蝕む心。
 鮫へのクソでっかい感情がこもったナイフである。
 突き進む鮫に命中すると、言葉にならない荒ぶる叫びを上げた。
 重すぎ、衝撃的な愛は鮫の突進をも止めるのだ。

「まずは痺れるがよい!」

 アカツキが鮫に向かってチェインライトニングを放った。
 うねった雷撃は、まるで鞭のよう。
 突進は止まったが、それでも船べりから這い上がろうと触手を伸ばしてくる。
 二本ばかり触手を切り落としても、その旺盛な攻撃本能と生命力は衰えを見せない。

「これだけ巨大なら強靭さも相応か、全力を叩き込む!」

 しかし、巨大な標的であればこそ、的は外さない。
 ベネディクトは、這い上がってこようとする鮫に向かって叩き込めるだけ槍を繰り出した。

「幾ら巨大な鮫でも確実に攻撃は通じている! 手を緩めるな!」

 ベネディクトは、戦いながら味方を鼓舞した。
 これに答えようと、フローリカは鮫の弱点を探り当てようとする。

「鮫の弱点は……鼻先!」

 わかったことがある。鮫の触手が守ろうとするのは、その鼻先に当たる部分だ。
 鮫は、獲物の微弱な生体電流すら感知するロレンチーニ器官を備える。
 ここは鋭敏な分だけ、鮫が怯む弱点である。

「タコの弱点は……目と目の間!」

 タコは頭足類である。足から触手が生えている。
 頭は、足の上にある。
 丸い頭と思える部分は、臓器が入った胴体なのだ。
 目と目の間、この神経に当たる部分を断ち切ると、強靭な生命力を誇るタコでもたちまちのうち絶命するのだ。
 鼻先から貫いて頭に至ればいいのだと、フローリカは確信する。
 今は、その隙を見切り、確実に仕留めるために狙いを澄ます。

「水揚げしてもまだ暴れるとは活きがよいのう。じわじわと苦しめてくれよう」

 咲耶が放ったのは、忍法・黒翼災禍ノ術。
 蛸足鮫の周囲に、無数の鴉の羽が舞う。
 この羽が燃え上がり、怨嗟が毒となって蝕む恐るべき忍法である。

「鮫の部分もそうだけど、触手が厄介よね」

 触手に絡め取られぬよう、レナはその範囲外に逃れる。
 遠距離からマギシュートを放ち、いやらしくうごめく一本一本吹き飛ばしていく。
 この攻撃には精神集中を要するため、放ったのちは乱れた精神を瞑想によって落ち着かせた。
 カンベエもまた、船を絡め取ろうとする触手を斬り飛ばした。
 その姿、大きさ、生命力を見せつけたテンタクルハイドロジェットシャークも、いよいよ追い詰められたかと思われたそのとき、勢いよく水を噴き出してロケットのように飛び上がる。

「まさかそこまで飛べるとは……!! もはや貴様は鳥! どこまでも飛んで行けるというのか……!」

 カンベエは、飛び上がった鮫を見上げて思わず言う。
 しかし、飛んでしまえば魚類も鳥! 鳥ならば唐揚げにできる!
 本来そんなわけがないのだが、カンベエの中でそういう理屈となった。そもそも理屈で言ったら鮫に触手が映えるわけもないのだから、これでいい。
 ならば勝てる、勝てるのである。

「唐揚げかぁ。アリかも!」

 弱点を探っていたフローリカは、とどめを刺そうと飛び上がった。
 落下してくるテンタクルハイドロジェットシャークを迎え撃つ。
 狙うは、その鼻先だ。
 残された触手を、槍のように構える鮫に対し、その触手ごと貫く渾身の一撃が決まる。
 衝撃によって、鮫肌の体色がぞわりと変化した。
 神経系統を断裂され、体色のコントロールが機能を失った証でもある。

「……――ッ!!」

 声にならない鮫の断末魔だ。
 こうして、またひとつ『絶望の青』に出現する脅威が払拭された。

「さすがだな。さあて、あとはどう料理するかだぜ」

 テップ船長、仕留めた鮫を見て太く笑うのであった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

カンベエ(p3p007540) [重傷]
大号令に続きし者
フローリカ(p3p007962) [重傷]
砕月の傭兵

あとがき

 鮫、仕留められました! しかもタコの足つきです。
 プレイングでも指摘がありましたが、倒すと鮫肉と蛸足がゲットできるのでした。
 処理については検討中です。
 では、まの機会にお会いしましょう。

PAGETOPPAGEBOTTOM