PandoraPartyProject

シナリオ詳細

高機動混沌伝説レリックL

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

「連邦軍パイロット、ただちに配置につけ! 帝国軍がおでましだ」
 強襲揚陸艦ピュアホワイトパンツァーの格納庫にて、胸を張るように堂々と立つ人型ロボット『オートパンツァー』の前にあなたは立った。
 巨大なウィンドウには皆のカレピッピことレオン・ドーナツ・バルメロイ! が両サイドに水着のおねーちゃんを抱えてソファに腰掛けていた。
「ここまでよく戦ってくれた。幻想なるレガド連邦が帝国の侵略を食い止めることができたのも、ひとえにオートパンツァーを駆るパイロットあってのことだ。
 長く苦しい戦いが始まる。だが連邦の英雄たちの魂は、俺たちに力をくれる。
 みんな、ここが正念場だ! 帝国軍を追い返すぞ!」
 呼びかけるリーダーの声に頷き、開く胸のコックピットハッチへと飛び込んでいく。
 無重力の浮遊感が身体をコックピットへすっぽりとおさめ、シートにベルトを固定。
 カードタイプの認証キーを差し込むと、ブウンという重い起動音と共に周囲に空間投写型モニターが複数出現。機体のパンツエネルギーや各種状態をグラフしていく。
 途端、側面の小さなウィンドウが開き女性の顔が現れた。
 デッキのオペレーター、プルーである。
 しかもなんかおむねをメインに映していた。
『ハァイ、パイロット。コスモブラックなエメラルドね。敵の数はザップグリーンよ。主力はなんとフレッシュチントなネーブルスイエローってところね』
 相変わらず全然わかんねーオペレートをして、最後に『発進して頂戴』としめた。
 コックピットハッチを閉じ、レバーを握る。
 まるで己の身体が延長したかのように、オートパンツァーは動き出した。
 ギュインと光る目。
 メンテナンス用の通路やはしごが素早く取り外され、機体が歩き出す。
 カタパルトへと立ったところで、あなたはいつものように――。

 ピュアホワイトパンツァーから次々とオートパンツァーが発艦していく。
 対するこちらは貧乳帝国軍の宇宙揚陸艦ビビッドレッドショーツ。
 巨大な空中ウィンドウにはみんなのアイドルリーゼロッテ・アーベントロート御嬢様がうつっている。今日もなんとなだらかでお美しいボディ。なにあのシースルーのスカートえろくね?
『宇宙標準帝国軍パイロットの皆様、ごきげんよう。今日は私たち帝国の第一歩。その戦いが始まります。私に力を、貸してくださるかしら?』
 オオオオオオ!!
 男達は(そして女たちも)拳を突き上げて発狂したように叫んだ。
「「イエス・マイ・リズ!!」」
「出撃ィー!」
 一斉に飛び立ったパイロットたちが、赤いオートパンツァーのコックピットへと入っていく。
 シートに身体をうめたあなたのすぐ横に、デッキのオペレーターがウィンドウ越しに顔をみせた。
 みんなの貧乳アイドル『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)ちゃんである。
『パイロットさん! 出撃なのです! 敵はいちにいさん――いっぱいなのです! 全部ないないしてやるのです! ないない! ないない!』

 さあ、カタパルトに立てパイロット!。
 コールせよ!
 君の名を――そして、君のオートパンツァーの名を!!

GMコメント

 宇宙でロボでSFちっくな世界へようこそ!
 こちらは『高機動混沌伝説パンツァーG』のラリーシナリオでございます

 第一章は帝国軍と連邦軍による地球降下作戦の様子をお送りします。
 皆さんはプレイング冒頭に所属タグとグループタグをつけてご参加ください。

●シチュエーション
 大気圏を突破し、帝国軍の揚陸艦ビビットレッドショーツが何隻も降下してきました。
 発艦したオートパンツァーは大陸に向けて出撃し、基地から出撃する連邦軍オートパンツァー部隊も出撃を完了しています。
 両軍とも、大陸にてそれぞれの力をぶつけ合おうとしています。

●自分専用のロボに乗ろう!
 戦争に参加し、人型ロボットオートパンツァーのパイロットになりましょう。
 あなたの専用機の名前と特徴、そして武装を大雑把にでいいので書いてください。
 ロボの造形やアレに困ったら『〇〇に出てくるアレ!』と書いても……イイヨ?

●所属タグ
 皆さんはいずれかの国家に所属し、人型兵器オートパンツァーの戦争に参加します。
 【帝国軍】リーゼロッテ様によって独立した新国家。地球を目指して降下作戦を開始しました。
 【連邦軍】地球を守る軍隊です。帝国軍の侵略に対し迎撃作戦を展開中です。
 ネメシス、ネオフロンティア、ファルカウのコロニー国家はそれぞれ戦争不介入を決め込んでいますが、各国出身の大使やパイロットとして帝国や連邦に所属しているのもアリとします。
 ラサは傭兵として、ゼシュテルは漁夫の利を得るべくそれぞれの部隊を少数派遣して帝国軍や連邦軍の力量を見ようとしているようです。

●グループタグ
 誰かと一緒に参加したい場合はプレイングの一行目に【】で囲んだグループ名と人数を記載してください。所属タグと同列でOKです。(人数を記載するのは、人数が揃わないうちに描写が完了してしまうのを防ぐためです)
 このタグによってサーチするので、逆にキャラIDや名前を書いてもはぐれてしまうおそれがあります。ご注意ください。
例:【ギルオスに死亡フラグを立てる会】999名

  • 高機動混沌伝説レリックL完了
  • GM名黒筆墨汁
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年04月01日 23時38分
  • 章数4章
  • 総採用数52人
  • 参加費50RC

第3章

第3章 第1節

 多くのパイロット達を乗せた強襲揚陸艦ピュアホワイトパンツァー、並びに宇宙揚陸艦ビビッドレッドショーツは、互いに宇宙空間での交戦によって被弾した。戦いは惑星の重力圏内で行われたため、離脱能力を一時的に喪失した両艦は宇宙航行システムを修理する必要があった。故に惑星リッツバーグへの不時着を余儀なくされたのである。繰り返すが余儀なくされたのである。艦の修理が続く中、初めはぴりぴりとした関係を保っていた両軍のパイロット達であったが、この惑星は暑い。要するに常夏だ、海とかあるし、観光地になってるよって空気になってきた。そんでその惑星リッツバーグの温暖な気候と、明るい波打ち際で次第に打ち解け――要するに水着回である。ここまでめっちゃ早口だかんな。

「ん、んぅ~……なの」
 キラキラとした眩しい太陽の下で、鳴がぐぐっと伸びをした。
「ふぅ……」
「みんな飲み物でもどう?」
 歌い終えたユゥリアリアへ、ティスルが差し出す冷たいドリンクからこぼれ落ちる水滴が、その肢体をつっと滑る。
「――っ、びっくりしたよ、もう」
 頬に飲み物がぴたっと触れた焔が頬を染めた。
「しかし暇だな」
 波打ち際のシートに寝そべる汰磨羈が、ころんと仰向けに――
「水着……って。こう着ればいいの?」
 しなやかな肢体をつまびらかにする衣装に戸惑った秋奈は布で表情を隠して。
「こう、かなあ……」
 ココロはお尻を覆う水着に指を差し入れ、乱れを整える。
「せくしーな拙者がどうしてこの水着なのですか!?」
 抗議するルル家だが、それは、あの。忍者だから。
「私は屈しないわ……」
 アルテミアの視線の先には、ひんやり冷えたフローズンカクテルが――

================================
 第三章は水着回です。……水着回です!!!!!!!!!!(全身全霊をこめて)

 緊迫した最終決戦前には急に水着回や温泉回やサッカー回が入るものなのだ!
 もはや帝国軍も連邦軍も関係ないぜ。
 水着に着替えて海へ行こう!!!!!!!!!!

 リーゼロッテ御嬢様も! レオンも! みんな水着だ!!!!
 ……おや? そんな中見慣れないひとがいますね。頭にパンツを被った悲しげに微笑む彼は一体……!?
================================


第3章 第2節

アルプス・ローダー(p3p000034)
特異運命座標
アエク(p3p008220)
物語喰い人

「水着コンテストですねわかりました真っ先に登場してイイネを稼ぎあげみごとMVPを奪い取りこの戦争の勝者になってみせますよはじめ海に落ちたときはどうなるかとおもいましたがここから挽回してみせまああああああああああああああああ」
 『二輪』アルプス・ローダー(p3p000034)がっていうかビキニのヒモをハンドルにひっかけたバイクがまっすぐ海へ走って行きそのままゾボボボボっていう音をたてて沈んでいった。
 帰ってはこなかった。

 ……いや、帰ってこないものなどない。
 渚でパンツ被って体育座りしてる謎の男にアバターちゃんが近づいていって、ふたつに割るアイスのちっちゃく割れた方をほっぺにぐいぐい押しつけ始めた。
「ホラホラ水着美少女がいるんですよいいね下さいよ~!
 ハッシュタグつけてツイートしちゃいましょうよ~!
 PINEやってます~?」
「素晴らしい……バイクが自ら海へ飛び込んだのちアバターとして戻ってきて知らない人に絡むなど……未だかつて無い水着回だ」
 『情報食い』アエク(p3p008220)が若干興奮気味に胸のコアをぺっかぺっかさせていた。
 劇画調(?)になって急に語り始める。
「――水着回。それは飽くなき『情報』の宝庫だ。視界に入る水着姿からは様々な情報が手に入る。
 それは性別。それは好みの形状、自分を引き立てるデザインなのか、露出を拒み覆い隠すか。羞恥と解放、人物の性質もまたそこに存在する。それが……水着回。
 最高だ。最高である。ああ、水着回……」
 目に見えるものをひたっすら写真にとっては保存、アルバムにとじてはまた撮影を繰り返すアエク。
 ぱっとみビーチで写真撮りまくってるだけのひとである。
 ここにおまわりさんがいたらまず肩ポンする対象だがおっと残念だった今は戦時中だぜ戦争にルールはねえ! 禁止されてないことはなにをやってもいいのさフェフェッフェー!
 ……というわけではないが、アエクは取りまくった写真を閲覧しなおしては目をカッぴらいてハァハァいっていた。
 そのけっこうなヤバさに、憲兵さんもあえてのスルーを決め込んだ。

成否

成功


第3章 第3節

ヴォルペ(p3p007135)
満月の緋狐

「水着回と聞いて……………………!!!!」
 コートのボタンにピッと手をかける『満月の緋狐』ヴォルペ(p3p007135)。
 次のカットには既に裸。
 両腕を翼のごとく広げ青空をバックに飛び上がっていた。画面はじに飛んでいく服。
「脱ぎにきました!」

 もうこれでヴォルペの役割は全うしたも同然なんだけどもうちょっとやる?
 ビキパン一丁でつやのある色白の肌でポーズする一枚絵を足から順になめるようにティルト撮影するやつやる?
「おにーさん、ここまでロボの中で戦ったり脱いだり戦ったりしてたけど、やっぱりいちばんの見所はこういうときだよネッ☆」
 パチーンとウィンクしてみせるヴォルペ。
「さーてとっ、それじゃあ砂に巧妙に埋まってかわいい子にうっかり踏んでもらう遊びをしようかな!」
 今日一番輝いている、ヴォルペであった。

成否

成功


第3章 第4節

ミルヴィ=カーソン(p3p005047)
剣閃飛鳥
ハルア・フィーン(p3p007983)
おもひで
シルキィ(p3p008115)
陽だまりの白

「水着回? ここは宇宙武闘アイドルのアタシの出番だねっ♪」
 ビーチチェアに寝そべり星型のサングラスをくいってあげてみせる『Ende-r-Kindheit』ミルヴィ=カーソン(p3p005047)。
 競泳用水着に赤いシャツを羽織ったミルヴィは足を組み替えながらサイドテーブルからフローズンカクテル(ノンアルのやつ)を手に取った。
「……戦いって、悲しいネ」
 これが水着回だけどホントはうちゅーでろぼっとがせんそーする話なんだよって分からせるための台詞とシーンを無理にいれると、ミルヴィはグラスの中身を一気に飲み干した。
「はー、寂し、ナンパでもこないかなー」

 青い海。青い空。ずーっと遠くでけむりふいてる敵国の戦艦。
 もう皆完全に遊ぶモードになってるのかバーベキューセットで焼きそばやいたりかき氷作ったりビーチパラソルあちこちに立てたりと完全にレジャーの姿勢である。
「平和っていいな!」
 リーゼロッテ御嬢様につかえる月のあのなんだっけあの綺麗なやつそう『屋台の軽業師』ハルア・フィーン(p3p007983)はシャツを脱ぎ捨てるとセパレートタイプの水着姿へと早変わり。ハルアに似合うパステルカラーである。
「そうだユリーカ! ボク、ビーチボール持ってきたんだよ、一緒に遊……あれ?」
 ついさっきまで隣にいたのになつって振り返ると、ユリーカちゃんは麦わら帽子かぶって包丁を両手持ちしていた。カタカタ震えながら目ぇかっぴらいていた。
「おちちかくさ……」
「ユリーカちゃん……」
 クルーが焼いてたフランクフルトを二本ほど調達すると、ハルアはユリーカへと突き出した。
「ここはおちちのことは忘れて、水着回を楽しもっ!」

 はいここでユリーカちゃんが包丁もってジェラシーをめらめらさせていた子についてふれておこうね。
 絹織ホワイトビキニでポーズをとる『特異運命座標』シルキィ(p3p008115)ちゃんだよ。
「こういうときでも水着になれるから、この能力便利だよねぇ」
 思わぬところで活きたね。
 さておき、この昭和の焼き肉屋の壁に貼られてるビールのポスターみたいなポーズキメたシルキィ。この姿になってのサマーな海水浴はなにげに初めてである。
「こうしちゃいられないねぇ、海を楽しむよぉ……!」
 やっほーと言いながら砂浜を走り、波打ち際で足をぱちゃぱちゃさせはじめた。
「白い砂浜、青い海の前には敵も味方も無いんだねぇ……激戦で疲れた心も体も洗われていくようだよぉ……。
 今だけは、全てを忘れて楽しんでもバチはあたらないよねぇ……」

成否

成功


第3章 第5節

焔宮 鳴(p3p000246)
壊世の焔
仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)
陰陽式
ティスル ティル(p3p006151)
銀すずめ

「フゥゥ……眼福眼福」
 『五行絶影』仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)はビーチチェアに寝っ転がり、長くてやたらくーるくるしたストローごしにトロピカルなジュースをちゅるちゅるしていた。
 貴族みてーなあの棒のついた双眼鏡(オペラグラスっていうよ)を片手に、波打ち際できゃっきゃたわむれる美女たちの肌色を眺める。
 眺めてる間にどんどん口がチューってすぼんでいきやがて頭から肩にかけてがぷるぷるしはじめ顔が真っ赤になったところで――「オラァ!」
 ストローを抜いて天にスロー。
 ジュースを直にがばがば飲み干すと、椅子から立ち上がってビニールマットとローションを両手に抱えた。
「フッ、『弱点:好色』、誰が呼んだかエロ仙狸。みせてやろうかサービスシーン!」
 テンポ良く名乗り口上(たぶんこれが名乗り口上ってスキルのことだとおもう)をかますと、エロ仙狸はバタリロダッシュで美女たちのもとへ向かった。
「サンオイルを塗るぞーーーーーー! 塗られたい者このゆびとーーーまれっ!」
「受けて立つよ!」
 掲げた指にジャンピングダイブ。
 誰が呼んだか『アトリエ女王第一の刺客』焔宮 鳴(p3p000246)である。
「ぐおお!?」
 指がいっぽんもっていかれたがこうなりゃ本望。
 このエロいカラダのラッピング方法(全身図)が40種類くらいあるガールにオイルをぬったとなりゃあ……ヘヘッ、こいつは挿絵ピンがはかどるぜ! 誰にたのもっかなあ!
「不時着しちゃったものは仕方ないし……水着姿で遊ぶの!
 泳いだり、砂浜でのんびりしたり……束の間の休息を楽しんだっていいはずなの!」
 軽く数種類ある水着のなかから一番コレってかんじのやつを選び出すと、鳴はブラの紐をシュッてひっぱって外した。
 突然話すけど最近のひも水着ブラってヒモのふりしてホック式じゃないですか。それはわかるのわかるんだけどねリボンのはじっこを引っ張るだけでいきなりこれが落ちるんだなあっていうファンタジーを今も共有していたいよねロマンある我々人類としては。
「はいじゃあポーズをとって」
「おまかせなの!」
 きゅぴーんとセクシーなポーズでこたえる鳴。
 ヘヘッこいつぁ挿絵ピンがはかどるぜ!
「う、うわあ、すごい現場に居合わせちゃった」
 偶然、まじで偶然この場に混ざった『エアーコンバット』ティスル ティル(p3p006151)。
 二人の水着ガール。エロい狐とスケベの狸(例のテンポで)にダブルでにらまれ、回れ右しようとしたティスルは羽根のさきっぽんところをスゥってなでるみたくつままれて捕まった。
「ひゃおうっ、なにそのさわりかた未曾有なんだけど!」
「よしよし分かったオイルぬろうか」
「セクシーポーズ撮影するの」
「どっちもしないの!」
 ティスルはずどんと冷蔵庫を置くと、中からドリンクを取りだした。
 それを二人に配って自分もボトルをきゅぽんとあけて……はい、腰にて当てて――。
 うん、これもこれで挿絵ピンがはかどるぜ!

成否

成功


第3章 第6節

キドー・ルンペルシュティルツ(p3p000244)
社長の視察
リュグナー(p3p000614)
虚言の境界
咲々宮 幻介(p3p001387)
背で語る
ムスティスラーフ・バイルシュタイン(p3p001619)
腐れ縁
新田 寛治(p3p005073)
ファンドマネージャ

 『緑色の隙間風』キドー(p3p000244)は鉄鍋を箸でつんつんしながらつぶやいた。
「水着回と言えばさ、こういう休戦を余儀なくされた系と言えばさ。
 あるじゃん、そういうイベントが。なんか色々致し方ない理由があって両陣営のエースパイロットとかが交流するみたいなイベントがさ、あるじゃん。
 最初はいがみ合う二人だったが何か色々イベントを経て打ち解けるとか互いの真情を吐露するとかそういうの、あるじゃん。
 だが平穏は長くは続かない。やがて二人は再び戦場へ、敵同士へ戻るのだのだ。『あれは……油断させ、情報を得るための演技だった……!』的なの、あるじゃん。一番重要なの、後半の敵同士に戻る所ね。
 そういうのをリ――」
「まかせて!」
 ふんどし一丁の『ムスティおじーちゃん』ムスティスラーフ・バイルシュタイン(p3p001619)が腹をパァンて叩いた。
「ウ――ウワアアアアアアアアアアアアアアアア!!」
「逃がすかっ!」
 ダッシュしたキドーにラグビーばりのタックルを腰から下にたたき込むムスティスラーフ。
 そして部隊は……海のそばにある小屋へ!

 煮えたぎるラッコ鍋。
 向き合うムスティスラーフとキドー。
「なんだか……熱くなってきたな」
「そうだNE!」
「ところで新田、オマエいつのまにか男前になったんじゃねぇのか?」
 キドーが声をかけると、間にいた『ファンドマネージャ』新田 寛治(p3p005073)が眼鏡を外して鼻頭をかいた。
「よ、よせやい……」
(かわいい……)
(かわいい……)
 とかやってると、パァンとムスティラーフのシャツのボタンがはじけ飛んだ。さっきまでフン一だったことなんてしらん。
「おっと、またボタンが……」
 ムワァってなるムスティスラーフ。ほてった頬と熱。そして首に流れる汗。
 新田とキドーはごくりとつばを呑んだ。
(この輝煌枝……スケベすぎる……)
「うっ……」
 すると『咲々宮一刀流』咲々宮 幻介(p3p001387)が突然額に手を当ててよろめいた。
「き、気分が」
「大丈夫か幻介ェ!」
「横になりなさい、今すぐ! 上着を脱ぐんです!」
「いや全部脱がそう!」
「おや、こんなところで一体なにを」
 『ぱんつコレクター』リュグナー(p3p000614)がガラガラと小屋の戸をあけて入ってきた。
 全身パンツに塗れた彼のカラダはあのなにあれ、あれだよ、案外色白ですらっとしてて、黙って何もつけてなかったらだいぶ芸術展高いボディしてるじゃない?
 三人はその姿をじっとみつめ、リュグナーはといえばぐつぐつ煮えるラッコを見つめた。
「ほう、鍋か。良いな」
「い、一緒にいかがです……」
「同じ鍋をつつくのは交流の基本。ご相伴にあずかろう」
 鍋を囲む四人、っていうか五人。
 五人はしばらくじーっと黙っていたが……。
「ううっ、もうだめだ!!」
 新田は立ち上がり、上着を思い切り脱ぎ捨てた。
 ハッとして振り返るリュグナーたち。
 新田は。
 尻を叩いて叫んだ。
「相撲しましょう!」
「「それだ!!!!!!!」」



 しばらくおぜうをみていていね。
 マイクロビキニ風の水着をきてなぞの宇宙スライムETITIにおそわれるおぜるのイメージ映像をみていてね。挿絵申請お待ちしております。




「「…………」」
 ひどく冷静になって小屋を出る五人。
「えっと……さっきのことはヒミツにしてくださいね」
「う、うむ……」
 ずっと倒れてた幻介は褌をしめなおし、深々と頷いた。
「しかし海の水着回と言えばラッコ鍋は新定番で……むっ!?」
 その時、リュグナーは浜辺で体育座りするパンツを被った男を発見した。
「おかしい、まだ我は幻覚を見ているのか?
 その、ぱんつヘッドスタイル……まさか、まさか貴様は……いや、偉大なるあなた様は!!!」

成否

成功


第3章 第7節

「パイロットの皆さん、修理が終了しました! いますぐ飛びます!」
 戦艦のクルーたちがかけより、パイロットたちを呼び寄せる。
 水着でキャッキャしていたパイロットたちはビーチボールやフランクフルトを投げ捨て、戦場へと舞い戻る。
 そうこれは戦争。
 だいぶ忘れたけど宇宙のそんぼーを賭けた戦いなのだ!
 いざ、決着の舞台へ……!

PAGETOPPAGEBOTTOM