PandoraPartyProject

シナリオ詳細

鳥籠少女は白い世界で永遠の恋をする。

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●喉から手が出るほどに

――欲しいの。

 音もなく、緩やかに唇の動きだけで紡がれた言葉は――それでも特異運命座標に伝わった。

 某日、境界図書館の隅の方。テーブルを隔てて貴方と『境界案内人』ロベリア・カーネイジは密談をしている。本棚の影に隠れた余り目立たないスペースに貴方は一人で呼び出され、唐突に何かを強請られたのだ。
 詳しい事情を聴かれると、ロベリアは抱えていた一冊の本を貴方へと差し出す。
 それは鍵付きの古びた日誌だった。表紙に書かれた名前は擦り切れて読めないが、彼女曰くこれもまた、ライブノベル――異世界のひとつのカタチなのだという。

「気になるじゃない。こうまでして守りたい誰かの秘密が、この異世界に眠っているのでしょう?」

 だから欲しいのだ。この異世界の情報が。

「無知は罪ではないけれど恥ではあるのよ。……なんて、もっともらしい事を言う事もできるけれど
 単純な話よ。目の前にベールで隠された鳥籠があったら、覗き込むのは当たり前の事でしょう?」

 それでも上手く見えないならば、籠の中へ直接手を入れた方が早い。
 例えそれで、籠の中の小鳥が握りつぶされてしまっても。

「行ってらっしゃい、特異運命座標。土産話を楽しみにしていますわ」

●シュレーディンガーの鳥籠で

 ぱたん。
 背後で扉の閉まる音がした。

 音に気付いて貴方が振り返ってみるも、辺りは暗くよく見えない。
 暗視のある者は早めに、そうでない者は暫く探って近くの壁にスイッチがある事に気付くだろう。押してみると、天井のライトがパッと辺りを眩く照らす。

 そこは真っ白な空間だった。

 天井も壁も床も白一面で塗りつぶされ、シミひとつ見当たらない。
 人工的で潔癖な白。

 ぱっと見た限りでは他に何も見当たらない――中央にあるものを覗いては。

 無機質な白い寝台。その上に、色素の薄い白髪のアルビノの少女が眠っていた。
 白いワンピースに身を包んだ10代半ばほどのその子は、貴方が寝台に近づくと、ゆっくりと瞼を開く。

 兎のような赤い瞳が貴方の目とかち合い、彼女は唇を開いた。

「   」

 何か伝えようとしているものの、どうやら上手く声が出ないようだ。
 口で伝えるのを諦めた少女は、起き上がって身振り手振りで自分に触れて欲しいと貴方に伝えた。

 その時、貴方は――。

NMコメント

 今日も貴方の旅路に乾杯! ノベルマスターの芳董(ほうとう)です。
 初めてのラリーです。どうぞ宜しくお願い致します……!

●依頼達成条件
 貴方が部屋から無事に脱出する

●舞台
<鍵付き日記の世界>
 古びた錠前が付けられていて、中身が確認できなかったライブノベル。
 貴方が飛び込むと、そこは真っ白な部屋でした。

 唯一見えるのは中央の寝台に眠っている謎の少女。

 窓がないため何時何処に飛ばされたかも分かりません。
 外へ出る方法はドアのみのようですが――どうやら鍵がかかっており、壊せないようになっています。

●登場人物
『鳥籠の少女』
 腰まで白い髪を伸ばした、色素の薄いアルビノの少女。
 うまく声が出ないようで、身振り手振りで貴方に降れて欲しいと訴えかけています。

●第一章で出来る事
 部屋を訪れた時の様子や、少女の問いに応えるかなど。
『シュレーディンガーの鳥籠で』の本文のシチュエーションの中でお好きな事を。
 もちろん細かな心情の描写をしていただいても大歓迎です。 

●このライブノベルの構成について
 全3章の構成となります。

<第一章>閉ざされた白い部屋に迷いこんだ貴方。少女との不思議な出会い。

<第二章>少女と共に白い部屋を調べてみる事に。捜索の中で流れる穏やかな時間。
     その中で、彼女は貴方にある事を聞きます。

<第三章>脱出の方法を知った貴方。そして――。

 白い世界に白い少女。無機質な世に貴方の色を、どうか彩りに来てください。
 それでは、よい旅路を――。

  • 鳥籠少女は白い世界で永遠の恋をする。完了
  • NM名芳董
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年04月20日 21時54分
  • 章数3章
  • 総採用数27人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

ユースティア・ノート・フィアス(p3p007794)
夢為天鳴

 聖剣と魔剣。二振りを携え、ユースティアは慎重に辺りを見回した。

 真っ白な、世界
 本当の彩は、何なのだろう
 其れとも、まだ何にも染まっていない無垢の彩、か――

 思案するうちに目を覚ました少女は、彼女の独白を体現するかのように無垢なる白。
 或いは、そう装っているだけかもしれない。

「――あら、起こしてしまいましたか。御免なさい」
 此方を真っすぐ見つめる少女に謝罪すると、彼女は首を横に振る。されど返事をしようと開いた口は、何の言葉も成さず。
「もしや喋れないのですか?」
 大きくまるっ! と両腕で輪を作る少女。
「これは困りましたね……」
 辺りを探れどメモ紙どころか寝台ひとつがあるのみで、筆談を教えてみると、何やら絵を描き始めた。
「兎ですか」
 ふるふる。
「では猫?」
 ふるるる。
「……鳥、でしたか」
 首を振られて描いてもらい直しを繰り返し、ようやく正解を当てる頃には2人共肩で息をする始末。どうやら連れて来たレ・イゾーコが気になっていたようだ。扉を開けて中へ武装を詰め込んでみせると、少女は凄いと目を輝かせて拍手する。

 改めて字を書くようにアドバイスをしてみても、少女は首を傾げるばかり。
(この世界には字がないのか、或いは彼女が知らないのか……)
 教えてあげようと手を取り、掌に人差し指をのせた刹那――指先から少女の掌へ数字の0と1の羅列のような光の紋が浮かんで流れ。

「ユフィ、教えてくれて、ありがとう」

成否

成功


第1章 第2節

ボーン・リッチモンド(p3p007860)
嗤う陽気な骨

 ボーンはいつも潔い。美しいと思った者の頼みならば、男気でOKを出してしまう。
ーー故に今回は困った事態になっているのだが。

「いやはや、ロべリアちゃんの頼みだから安請け合いしちまったが……ここはどういう世界だ?
 白い部屋と……おやおや? これまた美少女が居たもんだ」

 呼ばれた事に反応するかのように、ぱちと少女の瞼が開かれる。
 恐ろし気な髑髏の姿を見ても、まだ寝ぼけているのか、蕩けるようなぽやんとした目で見上げるのみだ。
「初めまして、素敵なレディー。俺はボーン・リッチモンド。しがない骨野郎さ。
 良ければ君の名を聞かせてくれないか?」

 返事はない。しかし、嫌われた訳ではなさそうだ。
 少女は唇を開いたが、その喉からは声を成さない。

「喋れないのか…だけどそんな事は関係ないな。妖精の様に可愛らしいレディーには違いないのだから」
 望みのままに与えよう。問えば少女は身振り手振りで、自分へ触れるよう訴える。
「触れてもらいたいのかい? 大歓迎だが……寧ろ君はこんな骨野郎が触れてもいいのかい?」
 軽口交じりに頭を撫でた骨の手から、少女の頭へ。ほんの一瞬ーー数字の0と1の羅列のような光の紋が浮かんで流れ。

「あたたかい」

 再び唇を開いた少女は、今度は言葉を口にした。
「カッカッカッ! こりゃあ目出度い!」
 出会いと少女の声を祝して穏やかな曲をヴァイオリンで奏でながら、彼は笑う。
ーーさて、これからどうしよう?

成否

成功


第1章 第3節

冷泉・紗夜(p3p007754)
剣閃連歌

 伝える声を持たないのかーー
 それとも、届ける言葉を知らないのでしょうか。

 真っ白な部屋の無垢なる少女。
 彼女と向き合いながら、紗夜は切れ長の目をスゥッと細めた。

 目の前の寝台に座る少女は、何か此方へ語り掛けようと唇を開いては、声を成せずに小さな肩をもっと小さく丸め、シュンとしてばかりいた。

 雛鳥のように、その心と記憶にないのか、
 それとも、人魚姫のようにその喉から喪ったのか。その声は、泡となって何処かへ溶けているのかもしれない。
 たとえそうであろうとも、紗夜にとっては些細な事だ。

ーー今はただ、伝えたい事を聞くのみ。
 物事の本質を瞬時に見極めた彼女は、早く少女の望みを読み解くに至った。

"触れて欲しい"

 その切なる望みに応えるべくーー細く美しい指が、少女の小さな手を優しくゆっくり握り込む。

 人肌の温もりに安らぎ、ほわんと春の日向のような柔らかい笑みを浮かべる少女。
 そしてーー紗夜の手から、少女の手へ。数字の0と1の羅列のような光の紋が浮かんで流れ。
 不思議な現象にを経た後に、少女は少しはにかんだ。

「お姉ちゃん、あったかいね」

 初めて言葉を紡げた少女へ紗夜がゆったりとした童謡を歌ってやると、
 合わせるように、たどたどしいながらも少女は合わせて歌い始め。
 何もなかった白い部屋に、温かな輪唱が響き渡るーー。

 困難があろうとも、どうなるかなど
 これからの"彼女"次第なのだと、伝えるように。

成否

成功


第1章 第4節

フルール プリュニエ(p3p002501)
夢語る李花

「あらあらここは?」
 白いお部屋、真白な場所。それからそこにいるのは可愛らしい女の子!

 不思議な空間に放り出されても、彼女はマイペースさを崩さない。
「お名前は?」
「――」
 目覚めた少女が問いに応えようとする。されどその喉は、何の言葉も成さず――それに気づけど、フルールはふわふわとした笑顔を浮かべたままである。
「私はフルール プリュニエ、『夢語る李花』。あなたの言葉を私にくださいな?」
「……!」
「ええ、ええ。『声』でなくても大丈夫」
 呼びかけに応えようと、少女は一生懸命だ。労わるようにフルールは続ける。
「あなたの語れる言葉で私に伝えてください。あなたがどうして欲しいのかを」
 語れる言葉。少女は暫し考えた後、自分の胸元へ両手を添えて、じっ……と赤い瞳で語り掛けてきた。
「そう、あなたはそうやって言葉を伝えるのですね」
「 」
「触れれば良いのかしら? どこに触れて欲しいのですか?
 手? 頬? 肩? それとも全身であなたを抱きしめれば――きゃあっ」
 それは、ほんの一瞬の出来事。フルールの足がもつれ、バランスを崩した彼女を助けようと、少女は手を伸ばし――巻き込まれて二人で転ける。

「また転けてしまったわ」
「怪我してない?」
「えぇ。あなたが助けようとしてくれたもの」

 きょと。自然に会話をした後で、二人は顔を見合わせた。
 転けた拍子に何が起こったのかは分からなかったが、少女は声を取り戻したようだ。

成否

成功


第1章 第5節

Tricky・Stars(p3p004734)
二人一役

 騙されたと思った。あの女、初めから俺達を閉じ込めることが目的だったに違いない!

 鍵のかかった白い部屋。物寂しい筈の室内でも、『二人一役』Tricky・Starsは平常運転だ。

「俺は嫌な予感がしてたんだ」
 だから「止めておけ」と言ったのに、と稔が怒る。
 虚がどうしてもと強情を張るから、渋々ながら引き受けてみればこのザマだ!
「この疫病神め! やはり俺が正しかったではないか。言うことを素直に聞かんからこうなるんだバーカバーカ!!」
『はぁ!? ロベリアさんはそんなことする人じゃねぇよ!』
 最初は黙って話を聞いていた虚も、終いには小学生のようなディスりと化した罵倒に声を荒げる。
「いいや、今頃あの女狐……この本を見下ろしながら『プークスクスですわぁ』とか嘲笑っているに違いない!」
『変なキャラ付けするなよ、失礼だろ!? 大体――』

 口論の中で先に気付いたのは虚の方。じっと此方を見つめる視線に、稔も後から気付いてそちらへ顔を向ける。

「……」
「……」
『……』

 沈黙がすこぶる痛い。

「何だ。君も閉じ込められたのか?」
 場を持たせようと手を差し出すと、少女はその手を握り返した。
 ほんの一瞬、稔の手から少女の掌へ光の紋が浮かんで流れ。
「稔だ。炎を纏っている方は虚という」
「素敵な名前ね」
 夢見る様にうっとりと、少女は小さく呟いた。

 世界と呼ぶにはあまりにも狭く、息苦しい。
 彼女はここで何をしていたのだろう。

成否

成功


第1章 第6節

ヒナゲシ・リッチモンド(p3p008245)
嗤う陽気な殺戮デュラハン

 広くもない白い部屋。乗馬すると天井が頭に近くなるものだが、デュラハンのヒナゲシにとっては頭一個分の余裕がある分、快適である。
「HAHAHA! 一面真っ白空間なんて逆に面白いよね! セキト!」
 快活に笑う主人に応じるように、お供の馬のセキトはブルルッと首を振りながら鼻を鳴らした。
 一人と一頭のノリにぽかーんとしながら見上げる少女を、それでも巻き込もうとヒナゲシはウィンクしながら誘う。
「おやおや?こんな所で可愛い子ちゃんを発見だZE!
 へい!そこの美少女ちゃん! ボクと一緒にお馬さんデートとしゃれ込まないかい?
 ボクはヒナゲシ・リッチモンド、君の名は?」
「……」
 沈黙は気圧されたからでは無いようだ。喉から声が出ないらしい。
「成程…喋れないと……OK! ならボディランゲージだ!
 思う存分体を使って君の想いを伝えてくれ! ボクも精一杯君の想いを感じ取ってみるから!」
 それじゃ早速、スタート!
 唐突に振られた少女は無茶ぶりに応えようと、細い腕をめいっぱい振って、あれやこれやとポーズを取った。その姿がたまらなく愛おしくて、ヒナゲシはがばっと彼女へ抱き着く。
「ああ! 可愛いな、もう! うちの娘の小さい頃を見てるようで愛おしいな!」
「く、苦しい……」
「おっと、喋れる様になったのかい、それは重畳!
 旅は道連れ、折角だお姫様、一緒に行きましょうか!」

 こうして二人と一頭の愉快な珍道中が幕を開けた!

成否

成功


第1章 第7節

かんな(p3p007880)
カピブタ好き

「あら、この世界は…真っ白ね。こういう白は…少し、苦手だわ」
 生と死の狭間の少女は、迷い込んだ世界に微かに身を震わせる。

 無機質な白に、あまり良い思い出がない。

 この本をロベリアは鳥籠と例えたが、果たしてそのような可愛い代物なのだろうか。
「ふふ、真っ白な私が言えた話ではないかもしれないけれど……ね」
 自嘲気味な笑みを心配するように、裸足の白い足が近づいてくる。
 それは異世界の住人。かんなのように白で彩られたアルビノの少女だった。
「貴女も、白いのね。これが親近感…というのかしら」
 赤い綺麗な瞳が全ての白によく映える。触れて欲しいと視線で強請る少女へ、構わないわとかんなは優しく手を伸ばした。
「独りは……寂しいものね」
 柔らかい頬に触れると、かんなの指先から少女の掌へ――数字の0と1の羅列のような光の紋が、刹那の間に浮かんで流れ。
「寂しくて、怖いの。ひとりの時間は」
 少女が紡いだ言葉は、素直な寂しさを帯びていた。
「私でよければ、ここにいるわ。貴女さえ良ければ……ふふふ、もうしばらく、一緒にいてくださる?
……あまり私は鮮やかでも…もしかしたら、あたたかくも無いかもしれないけれど」
 振れる指先は冷えていた。それでも少女は日向のような笑みで答えた。
「つめたいけど、心があったかい」
 愛おしむように手を合わせて指を絡め。「貴方はだぁれ?」と聞かれると、少女はかんなの唇に耳を寄せる。
「私はね――」

成否

成功


第1章 第8節

スー・リソライト(p3p006924)
猫のワルツ

「うーん……真っ白!」
 見渡す限り白しかない部屋に、スーは同じく真っ白な猫耳を揺らして伸びをした。
「期待には答えたい所だけど、お土産話と言われてもこれはちょっと困っちゃうかもっ?
 ロベリアさんの案内なら危ない所じゃないだろうけど……」
 と言いつつ脳裏をよぎったのは、薄い本事件で底冷えるような笑みを浮かべたロベリアの顔で。
「危ない所じゃないだろうけどっ!」
 自信を取り戻そうと、あえて二度言う。
 傍で様子を見ていた少女も、これには驚きビクッと肩を跳ねさせた。
「あっ、人が居たんだね。私はスー! 貴女はっ?」
「 」
 口を開いた少女の喉は、不思議と何の言葉も成さない。
「喋れない……みたいだねっ?」
 申し訳なさそうに肩を下げる少女。
「あっ、無理はしなくても大丈夫、これでも読み取るのは得意な方だから!」
 ステージでは声が出せない事もある。代わりに読唇でやり取りするのはダンサーにとってよくある事だ。読み解いた末に分かった事は、なんとも意外な事だった。
「触ってほしい? えーっと、私で良ければ喜んでっ!」
 折角だから、触れて一緒に踊っちゃおう! 差し伸べた手を少女が握る。
 向かい合って、身振り手振りで振りつけを教え、くるっと軽やかにターンすれば……ほら、寂し気な部屋もダンスホールに変わっちゃう!
「楽しいっ!」
 その時、初めて少女の口から言葉が出た!
「やった! 後は…後は、この後、どうしようかなっ!?」

成否

成功


第1章 第9節

 特異運命座標が少女と出会っている頃。
 時を同じくして、境界図書館では依頼人のロベリアが静かに鍵のかかった本を見つめていた。
「どうした。なんだか寂しそうじゃないか」
 声をかけて来たのは神郷 赤斗(しんごう あかと)。彼女の同期の境界案内人だ。
 先日、別の異世界から救出された彼は、療養のため部屋で休んでいる筈だったのだがーー。
「気のせいですわ。というか貴方、休むよう言い渡されたのに何故ここに?」
「仕事が溜まってる」
「蒼矢にでも任せておきなさい。まったく懲りない男」

 言いながら、ロベリアは密かに自嘲の意味も込めて嗤った。
 懲りないのは自分も同じだ。危険かもしれない異世界に、前情報もなく特異運命座標を送り出してしまった。こういう事は今までもまぁあった事態ではあるが、彼らが戻って来なかったらと思うと、ほんの少し胸の奥が苦しくなるのだ。

 好奇心、猫をも殺す。
……もっとも、ただの幼気な猫ちゃんでは済まない程に、彼らは頼れる相手ではあるのだが。

(お願いだから、無事に帰ってきて頂戴ね……)

PAGETOPPAGEBOTTOM