PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<Kirschbaum Cocktail>桜ノ淡夢

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 山に春が巡りくる。
 冬の間寒さに耐えた草木が芽吹き、少しずつ少しずつ、瑞々しい萌黄の色合いが増えてゆく。
 風はまだ冷たいけれど、日差しの温もりが山を育てる。
 固く縮こまっていた蕾も、息を吐くように緩み、やがては開いて山を華やかに彩るだろう。

 けれど。

 その桜の古木はもう咲くことはない。
 耐えて耐えてきたけれど、この冬を越えることが出来ずに、力尽きてしまったのだ。
 あと少しだけ持ちこたえられたなら。
 あと一度だけ咲くことができただろうに。
 古木は諦めきれない悔いを抱いて、最後の命をゆっくりと手放そうとしていた。
 薄れゆく意識の中、桜はほんのりと薄紅色の酔いに似た夢に漂っていた。


「さてここに、きれいなリキュールがあるのです」
 『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)が見せた壜の中で、桜色が揺れる。
 最近急に出回りだしたという桜のリキュールは、その色合いを目にするだけで気分が上向いてくるような、澄んだピンクだ。
「なんだが出どころがよく分からなかったりするのですけど、みんなで飲めばきっと大丈夫! 毒見の余りを……こほん、えーっと、特別提供で春の宴用にどうぞなのですよー!」
 こっちがお酒、こっちはノンアルコール、とユリーカは何本も壜を並べた。
「近くの山に、お花見にいい大きな古い桜の木があるのですよ。って、あれ? あの桜は枯れたって聞いたような気もするです」
 どうだったか、とユリーカは首を傾げたが、思い出せないようだ。
「まあ、行ってみればわかるですね」
 枯れていたら枯れていたとき、と適当なことを言ってユリーカは桜の木の場所を教えると、いってらっしゃいと笑顔で手を振った。

GMコメント

 さくらのあわゆめ。
 桜のリキュールの力を借りて、枯れ木に花を咲かせましょう。
 酔って、歌って踊って、ゆっくり過ごして。
 咲きたかった桜の夢をほんのひととき、叶えてください。
 という依頼です。

 長く長く生きた桜の想いの力と、刻と場所の巡り合わせと桜のリキュール。
 多くの偶然の条件が重なって生まれる夢なので、リキュールが桜に影響する力を持つのは、この刻この場限りです。他の<Kirschbaum Cocktail>シナリオにも効果は持ち込めません。

<第一章>
 明るい時間帯から薄暗くなるころまで。
 ユリーカに教えられた場所に行くと、そこにあるのは枯れた桜の古木のみ。
 けれど、この場所で酔うと桜の夢に干渉することができます。酔うのは、お酒でも、雰囲気でも、自分に酔っても、なんでも。
 どうぞ酔いに来てくださいませ。枯れた桜見をしたいのであえて酔わない、というのでも結構です。

 桜が目覚めたら、第二章では花見の宴の予定です。日は暮れ、月が顔を出すころ。
 歌舞音曲。楽しく過ごしてくださいませ。

 第三章ははらはら舞い散る桜吹雪の夜。
 桜の本当の最期の刻を桜リキュールと共に……となる予定です。

 初リレーなので、ちょっとドキドキしてますが、よろしくお願いいたします。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 情報に嘘はありませんが、想定できること以外起きないとは言い切れないのでこの精度ですが、警戒などは必要ありません。

●ラリーシナリオ
※報酬について
 ラリーシナリオの報酬は『1回の採用』に対して『難易度相当のGOLD1/3、及び経験値1/3の』が付与されます。
 名声は『1度でも採用される度』に等量ずつ付与されます。パンドラはラリー完結時に付与されます。

※プレイングの投稿ルール
・投稿したプレイングはGMが確認するまでは何度でも書き直しができます。
・一度プレイングがGMに確認されると、リプレイになるまで再度の投稿はできません。リプレイ公開後に再度投稿できるようになります。
・各章での採用回数上限はありません。

  • <Kirschbaum Cocktail>桜ノ淡夢完了
  • GM名月舘ゆき乃
  • 種別ラリー
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2020年04月19日 22時10分
  • 章数3章
  • 総採用数12人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
秋の約束

 立派な桜の古木がある。
 そう聞いてやってきた場所には、枯れ果てた巨木の残骸だけがあった。
「お花、咲いてないね、オフィーリア」
 腕の中のぬいぐるみに話しかけながら『おもちゃのお医者さん』イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)は桜の幹に触れた。
 樹皮はひび割れ、今にも剥がれ落ちそうに乾ききっている。山の中深く、枯れたのも知られずにいたのか。
「そうだ。お花見決行しちゃおう!」
 宣言すると、オフィーリアが気がかりそうに尋ねてくる。
「枯れていてもいいの? 途中に咲いている桜があったわよ」
「うん。ここでお花見したい」
 イーハトーヴは桜に寄り添うように腰を下ろした。

 ユリーカから貰ったリキュールは、古木に咲くはずだった花の色。
 下宿で作ってもらった弁当を開くと、小ぶりのおにぎりが並んで現れる。

 桜のリキュールは香りをまとい、甘く喉を滑った。飲みやすいから、ついついグラスも進んでしまう。
「ふふ、このお酒おいしいねぇ」
「こんな処で酔いつぶれたらどうするの」
「オフィーリアにおぶってもらおうかな」
「もう酔ってるのね」
 ふふ、とイーハトーヴは目を閉じた。
(ねえ、桜の樹さん。俺、今、すごく楽しいよ。うちのお姫さまは怒ってるけど)
 もし、身体は死んでも心は残るなら桜は長い夢を見ているのだろうか。
 閉じた瞼の裏に満開の桜が浮かぶ。
 ふわりと漂うのは、桜リキュールの香、それとも桜の見る夢の香か。

成否

成功


第1章 第2節

エルス・ティーネ(p3p007325)
砂食む想い

「あら……」
 桜が枯れてしまっていても、『熱砂への憧憬』Erstine・Winstein(p3p007325)はそれほど落胆しなかった。
 桜の下で飲んでみたかった気持ちはあるけれど、長い生のうちには満開の桜を見る機会はいくらでもある。たまにはこんな巡り合わせも面白い。

 座るのによさげな場所を見繕うと、Erstineはふんわりとスカートを広げて座った。
 ラサの商人から珍しい桜リキュールの噂を聞いて、ずっと気にかかっていたから、ユリーカから貰うことが出来てとても嬉しい。
 少し残念なのは、Erstineは酒を飲んでもあまり酔わないことだ。酒に強い、ということなのだろうが、なぜか特定の人と飲むときだけは酔うから不思議だ。
「いただきます」
 ユリーカに感謝を捧げ、Erstineは桜リキュールを口に含んだ。
 花開く香りとたおやかな甘味。酔えないとしても酒は好きだ。
(優しい味ね……こんなお酒をあの方と飲めたら……)
 桜の下で差し向い。
 桜リキュールを飲んで、互いに視線を交わし……。
「……っ!」
 Erstineの心臓が跳ねた。
 鋭利な赤茶の目を想像すると頬に熱が広がり、ゆらりと視界が揺れる。
(まさか酔ってしまったのかしら……)
 そんなはずはない。普段はザルでもっと強い酒を飲んでもなんともないのに。
(あの方のことを考えただけなのに……)
 狼狽とともに、Erstineは桜色の酔いに引き込まれていった。

成否

成功


第1章 第3節

アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯

 春の風が『キールで乾杯』アーリア・スピリッツ(p3p004400)の紫の髪にたわむれ、靡かせる。アーリア自身も、風に吹かれるようにふらりと桜のある場所を訪れた。

「どうやらこの古木がその桜みたいね」
 花は一輪も咲いていないし、芽吹いている様子もない。枯れてしまったのだろうか。
 冬のまま時が止まっているような桜の木に背中を預けて、アーリアは桜リキュールを取り出した。
 せっかくここまで来たのだし、桜が咲いていようが咲いていまいが、酒がおいしいことに変わりはない。
「ふふ。まだ陽が落ち切ってない内にお酒を飲むって、贅沢で素敵よねぇ」
 蓋を開けると優しい香りが立ち昇り、アーリアはまず嗅覚でお酒を楽しんだ。壜を傾けて桜リキュールを口に含むと、香りは一段と強まった。
 飲み進めてゆくうちに、アーリアの髪の先は軽やかな桜色に色づいてゆく。
 香に酔い酒に酔い、見上げる枝にリキュール色の幻想が咲く。
 この枝いっぱいに桜が咲いていたら、どんなにか見事だったろう。実際、少し前までは毎年そんな風景がここにあったのだ。
「あなたと話せる力があったらよかったわぁ……」
 そうしたら、桜はどんな思い出話を聞かせてくれただろう。長い生の中、ここで見てきた様々な出来事を教えてくれただろうか。

 ふわふわふわり、くらくらくらり。
 浮かぶような揺れるような酔いの中、アーリアはじわりと桜の夢に溶け入っていった――。

成否

成功


第1章 第4節

鳶島 津々流(p3p000141)
行く雲に、流るる水に

 ゆるゆると。
 山の精気を味わうように、『行く雲に、流るる水に』鳶島 津々流(p3p000141)はユリーカに教えられた道を歩いて行った。
 聞いていた通りに少し開けた場所に出て、けれどそこにあったのは聞いていた通りの風景ではなかった。
「……おや。君は……もう、力尽きてしまったのかい?」
 桜の古木の枯れ乾いた幹に、津々流は優しく手を当てた。
 枯れてしまったことを哀れには思わない。生あるものは、いつかはその灯火を消してしまうもので、この桜はそのときを迎えた、というだけだ。
 花見はできそうにないけれど、津々流は桜の古木に寄り掛かるように腰かけると、リキュールの壜を取り出した。
 盃に桜リキュールを満たし、静かに傾ける。
 そして耳を澄ませるように、古木に意識を向けた。
「もう眠ってしまったかい? もし起きているなら、君の声を少しでもいいから聞かせておくれ」
 生命は失われても、生きた証や伝えたかった想いは残すことができる。何か聞かせてくれれば、それを津々流は覚えておける。覚えておきたいと思う。
「僕も桜の木だから、『仲間』のことは気になってしまうのさ」
 ふふっと津々流は盃の桜色を揺らした。

 ため息、それともささやき。
 桜の声か、酔いの夢か。
 春を目の前に枯れてしまった桜の、今ひとたび咲きたいと願う声。
(そうだね……)
 桜の祈りに頷きながら、津々流は淡い夢へと溶け入ってゆくのだった。

成否

成功


第1章 第5節

シェリオ・アデラ(p3p007986)
癒やしの魔法人形

 お花見という行事があるのだという。
 桜をのんびりと愛でる。そんな贅沢な時間の過ごし方に憧れて、『特異運命座標』シェリオ・アデラ(p3p007986)はやってきた。
 けれど到着した場所にあったのは、花のない干からびたような古木だけ。
「……桜咲いてないじゃん」
 枯れた桜の周囲の木々も冬から覚め切っておらず、彩りのないうら寂しい風景が空き地を囲んでいるばかり。
 けれどシェリオにとってそれは、見慣れた風景だった。元いた世界では、木々のほとんどは枯れていたし、目を楽しませてくれるようなものも乏しかった。
 そんな世界を思い出しながら、シェリオは木の根元に座り込んだ。
 見上げる頭上は、花のない枝が荒い網目模様を形作っている。
 この枝に花が咲いたら、どんな風だろう。想像してみようとしたが、満開の桜を見たことのないシェリオには難しかった。
「あんたが咲いてるとこ、見てみたかったなー」
 桜リキュールの壜を空にかざし、その色を脳裏でいっぱいに広げてみる。
(きれい……なんだろうな、きっと)
 シェリオは花見の代わりに、桜の色をしたリキュールを飲んでみた。
 不思議な味がする。これはノンアルコールだけれど、酔うってどんな感じだろう。
 春の陽気にシェリオはうとうとと眠りかかる。
(さくらさくら……リキュールのんだら咲く? 咲かない? 桜も酔って夢をみる……?)
 ふわふわと睡魔に酔い心地。シェリオの目は閉じていった。

成否

成功


第1章 第6節

ドゥー・ウーヤー(p3p007913)
鏡の誓い

 幹はこの木が刻んできた年の輪の太さ。
 枝はこの木が紡いできた歴史の広がり。

「随分長生きしてきたんだね」
 枯れてなおどっしりとそこにある古木に、『風のまにまに』ドゥー・ウーヤー(p3p007913)はいたわるように声をかけた。
 立派な木だからこそ、寂しい立ち姿はドゥーを切なくさせる。
 あと少し、巡り合わせが違っていたら、この桜が咲かせる満開の花を見られたのだろうか。
 ばさり。
 桜の枝をしならせて飛び立つカラスを見送ると、ドゥーは桜の下に腰かけた。

 桜の木の下で口にするリキュールは、すっきりとした甘さに春の香りをまとう。香りをつかまえたくて、深く息を吸い込んでいるうち、ゆらり、ゆらり。ノンアルコールのはずなのに、淡い香りが酔いを呼ぶ。
 じんわりと体を温める春の柔らかな日差し。桜リキュールの独特の味わい。
 眠りに落ちるときと同じ心地がして、ドゥーはその場で横になった。
(この桜も眠っているのかな……)
 だとすれば、どんな夢を見ているのだろう。満開に花を咲かせていた頃の夢?
 この桜の花は、桜リキュールのような香りがするのだろうか。
 一重八重、どんな花をつけるのだろう。
 想像するたび、それに合わせて夢の桜は形を変えていったが、ふと、ドゥーの中で桜のイメージが定まった。
(ああ、きっと……)
 これがこの桜の……。
 夢に揺蕩いながら、ドゥーは一本の凛とした桜を見た――。

成否

成功


第1章 第7節

ティスル ティル(p3p006151)
幻耀双撃

「やっと着いたー、って咲いてないっぽい?」
 拍子抜けした『雷雀』ティスル ティル(p3p006151)だったが、これはこれで雅なのかもしれないと思いなおした。
 わびとかさびとか、そんな言葉もあることだし。
 持ってきたリキュールをただ持ち帰るというのもなんだから、ここで花見酒……いや、木見酒になるのだろうか……としゃれこもう。
 そう思って腰を下ろしたティスルは、怪訝そうに周囲を見渡した。
 人影はない。なのになぜか人の気配がする。
「飲む前から酔っちゃってるのかな」
 そんなはずないかと、ティスルは桜リキュールを飲み下した。
 綺麗な色が気になってもらってきたけれど、味もなかなかだ。
 ついつい重ねて飲むうちに、ティスルは眠りに誘われた。

 夢の中。一本の凛とした桜が花をつけている。
 とてもきれいなのに、焦がれる未練と沈む諦めが、影を落としていた。

 かくっと首が垂れて、ティスルは眠りから覚めた。
「今のはこの木が見てた夢……?」
 幹に触れてうんと小さく頷く。それなら、もしかしたら。
「もっとあなたの姿を教えて」
 ティスルは幻影の魔術で、夢で見た桜を作り出した。わずかな時間しかもたないけれど、在りし日の桜よ、甦れと。
 幻影と、桜のリキュールと……そして付近に漂う幾人もの人の想い。
 動かぬはずの幻影の白い桜が、開いてゆく。開くにつれて桜色は強まり、枝を染める。消えるはずの幻影はいよいよ鮮やかにその場に留まった。

 夢かうつつか。どちらでも構わない。
 さあ、花見の宴を始めよう。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM