PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<グラオ・クローネ2020>Chocolate games ~Guarding~

完了

参加者 : 9 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●Schokoladenspiel
 グラオ・クローネ。それは深緑に伝わる古い、古い、お伽話。大切な人へ贈り物をするこの日に──。

「あっちだ、追えー!!」
「はっ、捕まってたまるか!」

「えっ何これ何あいつら!」
「お2人とも下がって! ここは私たちに任せるんだ!」

 おおよそしっとりとした雰囲気に似つかわしくない光景が広がっていた。
 ハート型のチョコをこれ見よがしに割り、金に物言わせて屋台からチョコを買い占め、カップルへ悪戯を仕掛けて笑う者。
 ハートチョコを割られないよう守り、屋台のチョコを買い占めんとする輩を止め、悪戯者を取っ捕まえる者。
 中には何も知らず街へ入り、動揺するカップルたちもいるようだが、さておいて。
 この街では大きく分けて2者が争いを繰り広げる──という遊びをしていた。

 そう、これは遊びなのである。

 悪者たちは過ぎた悪事を──例えば怪我をさせるとか、チョコを食べられないほどダメにするとか──働いてはいけないし、捕まえる者もまた悪者にきついお仕置きをしてはいけない。今日この街にいるほとんどの者もこの惨状を了承の上で訪れているのだ。最も『争いが白熱すればするほど愛が深まる』などという噂もあるから、少しばかりはっちゃける輩もいなくはない。
 それもこれも、この街にはとあるジンクスが伝わっている故に。

 その昔、と言ってもグラオ・クローネのお伽話が伝わってチョコを渡すようになった頃。
 カップルのイチャコラを見かねた独身者が──もとい、リア充爆発しろ! なぼっちたちがひと騒動起こしたのである。それは今の『遊び』よりも残酷だったとか。
 ハートのチョコを、それこそ原型なきまでに叩き潰し。
 チョコレートの屋台をひっくり返してダメにして。
 カップルたちの心もバッキバキに折りまくったとかなんとか。
 けれども恋も愛も障害があるからこそ燃えるもの。
 恋人たちはあんな奴らに負けない! と愛を深めるきっかけにし、悪役一同はこんなはずじゃなかったのに! とひどく悔しがったそうな。

 そういったわけで、この街ではグラオ・クローネを迎えるたびにこの催しが行われている。今年も例に漏れず、また。

●Schokolade Ritter
 あなたがその街へ足を踏み入れると、カメラを抱えパシャパシャとシャッター音を響かせている獣種の少年がいた。彼はあなたに気付くと顔を上げ、太い縞しっぽをぶんぶん振る。
「あ、ローレットの方ダスな! ……何で知ってるかって? 小生、幻想の雑誌記者でポンタローネというダス。記者は情報が命ダスからな!
 今日はこの街のゲームの様子を取材しにきたんダスが、イレギュラーズが参戦するとなると……ふっふっふー、また良い絵が撮れそうダスなぁ♪ ああこっちの話ダス!
 カップルがジンクスを叶えるためには、リア充爆発しろ勢……こほん、チョコを割ったり買い占めたりする『悪役ムーヴ』と、それを阻んで守る『正義の味方ムーヴ』の両方が必要ダス。
 今日の取材は、『正義の味方ムーヴ』の側にフォーカスを当てようと……え、正義の味方として参加するダスか!? それは撮れ高に期待ができ……こほんこほん、是非がんばってほしいダス! 応援してるダスよー!」
 その応援に邪な期待を感じ取りつつも、チョコを、引いては愛を守るため(!)、あなたは混乱極める街中へ飛び込んでいった。

GMコメント

●目的
この街では現在、チョコを割りたい『悪役ムーヴ』と、チョコを守りたい『正義の味方ムーヴ』に
分かれ争うゲーム『Schokoladenspiel』が行われています
『正義の味方』側として参戦し、恋人達の愛を深めるお手伝いをしてください
勿論お連れ様と一緒に訪れ、自らのチョコを死守しつつ愛を深めていただくのも歓迎です

同日公開の『Chocolate games ~Breaking~(愁GM)』では悪役ムーヴ側を募っています
「悪戯したいし自分のチョコもジンクス通りに割られたい!」方→『~Breaking~(愁GM)』へ
「自分のも他人様のチョコも割らせない!」という方→コチラです
同時参加の制限はありませんので、時にヒャッハー時にヒロイックに動くというのも可能です

●ロケーション
ごく普通の街中。時期柄、チョコやホットドリンクを扱う屋台が点在しています
すでにゲームが始まっており、結構わちゃわちゃしています

●街にいる人々(一般人含む)
・悪役<チョコなんて叩き割ったり買い占めたりしてやんヨ!
・正義の味方<そうはさせない、グラクロはボクが守る!
・一般のカップル達<守って! そして何だかんだでチョコ割って!
・知らずに街を訪れてしまったカップル達<え、何それ折角のチョコを割られるとか泣きそう
・家族連れ<盛り上がってるねー(のんびり観戦など)
・ポンタローネ<写真撮るダス!(ゲーム取材中の記者。特に触れられなければ登場しません)
大体こんなかんじです

●Tips
・悪役の中には一般人もいます。怪我をさせるようなことはダメぜったい
・一般人の悪役にはジンクスの話同様に、嫉妬心や哀愁に満ちたこじらせ男女が複数いる模様
・屋台で一息つくも良しです
・お連れ様とご一緒の場合は、プレイング冒頭にコンビタグやグループタグをご記入ください
 例)【チョ守】など

●GMより
鮎川と申します。だいすきな愁GMとぷち連動シナリオをお送りします。
皆様のご参加・プレイング心よりお待ちしております。

  • <グラオ・クローネ2020>Chocolate games ~Guarding~完了
  • GM名鮎川 渓
  • 種別イベントシナリオ
  • 難易度VERYEASY
  • 冒険終了日時2020年02月26日 22時10分
  • 参加人数9/30人
  • 相談7日
  • 参加費50RC

参加者 : 9 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(9人)

夜乃 幻(p3p000824)
『幻狼』夢幻の奇術師
ジェイク・夜乃(p3p001103)
『幻狼』灰色狼
雨宮 利香(p3p001254)
雨宿りの
マルク・シリング(p3p001309)
クーア・ミューゼル(p3p003529)
めいど・あ・ふぁいあ
新道 風牙(p3p005012)
翡翠に輝く
ユゥリアリア=アミザラッド=メリルナート(p3p006108)
氷雪の歌姫
ワモン・C・デルモンテ(p3p007195)
受け継がれるアザラシ伝説
伊藤 忠(p3p008092)
最下層の賭博者

リプレイ


 チョコ色の混沌深めしこの街に、遂にローレットの英雄達がやって来た!
 さあヒーロー達よ! 甘い戦いに参戦し、格好良く終止符を――!

 ワゴンのチョコを買い占めた成金の前に立ちはだかるは、賭鬼・忠。彼はおもむろに地に膝をついた!
「……頼むよ、おっちゃん。チョコレートを恵んでくれよぉ」
 いきなり土下座から入ったぞー!? こんなヒーローありなのか!?
 しかし成金は一顧だにしない。忠は懐から3つの賽を出して見せ食い下がる。
「ならコイツを使って勝負だ。俺が買ったらそれを全部もらう。俺が負けたら……俺の金を全部やる」
 これに成金の食指が動いた。促されるまま賽を振る。出目は"シゴロ"、成金の顔に笑みが広がった。
「参ったねこりゃ」
 ボヤきつつ賽を振る忠。己の勝ちを疑わない成金は、忠の指先が一瞬奇妙な動きをしたことに気付かなかった。運命の賽が転がる。目は何と1が3つ、"ピンゾロのアラシ"!
「おーっと悪い、俺の勝ちだな。……勝たなきゃ誰かの養分だ」
 忠は相手が放心状態の内にチョコを掻っ攫うと、急ぎ路地裏に引っ込んだ。チョコを買えずにいた子供達にもみくちゃにされながら、上機嫌で賽に口付ける。その賽には6面全てに赤の目が刻まれていた。

 海のヒーローは、街でもやっぱりヒーローなのである。
 人助けセンサーがかすかな悲鳴をキャッチした。馳せ参じれば、そこには壁際に追い詰められた乙女の姿が! ワモン、エンジンスラスター全開!
「グラオクローネの平和はオイラが守るぜー!」
 が! リミッターイズノーライフ。勢い余って悪役達に突っ込むと、さながら人間ボウリングのように次々と悪役をなぎ倒し、壁に激突して止まった。
「大丈夫ですか!?」
「くふっ……問題ない。ここはオイラに任せて逃げるんだ!」
「そんな、私だけ逃げるなんてできませんっ」
 乙女は思わずワモンを抱きかかえる。途端、ほんのりあったかあざらしたんぽに魅了された。その様子を羨ましそうに眺めていた悪役達、誰からともなく自然と抱っこ待ちの列を作り始める。
「何勝手に並んでんだー!? させねぇぞ!?」
 威嚇するワモンを他所に、何だかほっこり幸せな空気が辺りを包んだ。

 さて、ある商店の屋根の上。結い上げた髪を風になびかせ、街を見渡しているのは風牙だ。
「グラオ・クローネのことは知ってたけど、こんな善悪に分かれて騒ぐ催しもあるなんて知らなかったぜ。さすが異世界、何かにつけ、やることが派手だな!」
 街あげてのお祭り騒ぎに感心していると、幼いカップルが悪役から逃げ惑っているのを見つけた。
「ありゃあ間違えて街に入っちまったっぽいな。待ってろ、今行くぞ!」
 躊躇わず飛び降りると跳躍術で華麗に着地し、一陣の風と化し通りを駆ける! そして両者の間に割り込むや悪役達をびしっと指さし、
「せっかくの愛の祭典を台無しにしようとする悪漢ども! このオレがいる限り、ひとつの愛(チョコ)も壊させはしないぞ!」
 鍛えた足さばきと流れるような重心移動、そして柔軟な手首から渾身のハリセンアタックを繰り出す! ハリセンは見事悪役の脳天に炸裂。すぱーんっと小気味のいい音が辺りに響いた。
 そうして少女からお礼にと一口チョコを渡された風牙は、照れ笑いしつつそれを口に放り込んだ。

「はー良い光景ダス」
 風牙とカップルの微笑ましい光景をカメラに収めたポンタローネ、次なる被写体を求め通りをふらふら。と、
「お祭りだからといって、羽目の外しすぎは良くないよ~」
 通りに零れた練乳を片付けつつ、怪我をした悪役を治療しているマルクを見つけた。
 マルクもまた、期待に満ちたポンタの視線に気付いた。真面目な彼はぐるぐる考える。
(取材中だよね……写真取れるような場面も作っておくべきかな)
 そして早速悪戯を再開しようとする悪役の前に立ちふさがった。
「そこまでだー。カップルの幸せを乱す狼藉は許さないぞー(棒)」
 生真面目さが滲み出た悲しいほどの棒読みだったが、治療の恩がある悪役達は、彼の小芝居と傍らのカメラ小僧に何かを察したらしい。
「ぐわーやられた(棒)」
「覚えてなさーい(棒)」
 次々に派手なヤラれアクションで"勝手に"吹っ飛んでいく。
(何て協力的な悪役達なんだ……!)
 マルクは『分かっている』恋人達の方へ目線で誘導。悪役達もまたこっそり目礼を返し散っていく。何も気付かずきゃっきゃとシャッターを切るポンタに、マルクは密かに苦笑いを零した。

 ヒーロー達がこの日のヒーローたろうとする理由は様々だ。
 恋人たちを守りたいという義侠心や、祭りを賑やかにしようというサービス精神、はたまた成り行きということもあるかもしれない。どれであっても、イレギュラーズ達は皆大いに場を盛り立ててくれている。

 ただ、『幻狼』のふたりの理由は、少しばかり事情が違っていた。
 もしも。
 もしもそう遠くない未来、恋人と引き裂かれてしまうかもしれないのなら。
 もしもこれが恋人と過ごせる最後のグラオ・クローネかもしれないのなら。
 ジンクス担ぎにせよ、目の前で心の篭ったチョコが割られるのを見過すことはできない。
 そして今まさに、悪役に追い詰められた恋人たちがいた。チョコを奪われ叩き割られてしまうかに見えた――その時。
「誰かが悲しむ声がする――」
 澄んだ声が辺りに響いた。
「誰だ!?」
「誰かが助けを求める声がする――」
 次いで、低くよく通る声が告げる。
「あそこだ!」
 悪役のひとりが建物の上を指した。太陽を背負い佇むのは一組の男女。
「「そんなときは幻狼にお任せ!」」
 ふたつの声が重なると同時、無数の蝶が現れた。乱舞する蝶に彩られ、二丁の拳銃を胸の前で交差させたジェイク、そしてステッキ『夢幻』を仕込んでおいた種で斜めに伸ばし、きりっとポーズを決める幻。蝶達はふたりの上空で幻狼の姿を象りちらちら舞った。
「蝶が何だっ!」
 悪役のひとりが叫ぶと、幻はステッキを掲げた。
「では、今度は心躍る脱出ショーを御覧に入れましょう」
 ステッキの動きに合わせ、ジェイクの長身が蒼薔薇の花弁で覆い隠されていく。そうして幻がぱちりと指を鳴らした途端、蒼薔薇は内側から爆ぜるように散った。しかしそこにジェイクの姿はない。
「!?」
 ジェイクの姿を求め悪役が首を巡らせようとした次の瞬間、その後頭部に冷たい銃口が押し当てられた。
「俺をお探しかい?」
「い、いつの間に……!」
「ジェイク様、かっこいい……。ですが安全第一で参りましょう」
 軽やかにジェイクの背後に降り立った幻は、人形操りの所作でジェイクを操る。されるがまま、ジェイクは銃口を空へ向け威嚇射撃。悪役や周囲の視線をたっぷり惹きつけたふたりは、
「さあ、」
「今のうちに逃げな」
 恋人達に促した。そうして魅せられた観衆達の喝采に応え、新たな奇術を披露すべく揃って地を蹴る。折よくその頭上で、景気のいい爆発音とともに幾多の星が瞬いた。

 星の正体は、上空を飛んでいたクーアが放った『星夜ボンバー』だった。
 利香とクーア、可愛らしい女の子二人連れと侮ったか、嫉妬まみれの野次を飛ばしてきた悪役を撃退すべく一発お見舞いしたのだ。クーアはクールにフッと爆煙()を吹き消して一言。
「大丈夫、これは安全な爆薬なのです」
「本当ですかー? 実は延焼性とか改造で追加してませんよねー?」
「何はなくとも、一緒に揺蕩うだけでそれなりに暇は潰せるのです」
「聞いてますー? ともかく、次に襲撃する人がいたら私が庇ってあげますからどうぞご安全に!」
「安全ですとも……むぐっ」
 利香は持っていたチョコの先を含ませることで、クーアの唇を塞いだ。もごもごする愛らしい口許に、つい悪戯心が頭をもたげる。
「可愛そうな男をからかい続けるのも楽しいですけど、偶には普通に過ごしますかー。クーアは何か燃やそうとしなきゃかわいいんですけどねー?」
 クーアの猫耳としっぽがぴくんっと反応。すかさず、
「ああこれは恋人ごっこの一貫の惚気という奴です、大した意味はありませんよ! いひひ!」
 煙に巻いて笑うと、耳もしっぽもへちょりと垂れた。
 ついそんな意地悪を口にしてしまうのは、クーアがちょっぴりむくれた顔をするのが分かっているから。ほら、溶けたチョコで汚した唇をちょっぴり尖らせた顔のなんて可愛らしいこと。したり顔で眺めていた利香だったが、不意にクーアが顔を近寄せてきた。
「……私は「利香が男漁りをやめてくれたら」なんていうつもりはなかったのですが。利香がそういうのなら、私も多少は我儘を言わないと釣り合わないのです。
 ……今日くらいは、私だけを見て。……なのです」
 吐息のかかりそうな距離、熱帯びた眼差しで見つめられ、さしもの利香の胸もどきりと高鳴る。……と、
「ええ、恋人ごっこ中ですので」
 しれっとさらっと反撃し、にんまり笑う猫娘。食えないのはお互い様か。利香も好戦的に目を細め、ふたりして更に空の高みへ登っていく。誰の邪魔も入らない、互いの声しか届かない雲の上まで。

 チョコレート香る街に夕闇が迫る。けれどお祭り騒ぎはまだまだ終わる気配がない。なにせ正義の味方役・悪役双方にイレギュラーズが参戦してくれたことで、例年になく盛り上がってしまっているのだから。
 ヒーロー達の奮闘もまだまだ続きそうだが、それはまた別の機会に。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

個性溢れるご活躍、楽しく書かせていただきました。
ささやかながらグラクロの良い思い出となりますように。
ご参加ありがとうございました。

PAGETOPPAGEBOTTOM