PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<果ての迷宮>蒼穹の回廊

冒険中

参加者 : 10 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング


 目眩にも似た感覚にイレギュラーズの一人が頭を振った。
 明滅する魔方陣は、静かにその光を落としてゆく。
 辺りは薄暗く、かび臭い。
 見渡せば、先ほどとさほど代わり映えのしない石壁に囲まれた小部屋のようだが。
「ついたわさ。ここがいわゆる安全地帯ってことだねい」
 気楽な調子で話しかけてくるのはペリカ・ロジィーアン。この『果ての迷宮』踏破の総隊長である。
 今のところ余り実感も沸かないが、ともかくシュペル・M・ウィリーなる人物が作ったと言われる『セーブポイント』とは便利な代物らしい。

「大丈夫か?」
 隣に立つ『冒険者』アルテナ・フォルテ(p3n000007)の表情はずいぶん硬い。
「ううん、ごめんごめん。大丈夫」
 そう答えて微笑む彼女はいつもの笑顔を取り戻したように見える。
 幻想の没落貴族出身ではないかと噂されることもあるアルテナだが、そうであれば果ての迷宮攻略というのは相当に重い。
 ならば貴族ではなくなった彼女にとって、それはいかなる意味を持つのか――
 尤も迷宮の踏破は放蕩王(フォルデルマン)等、王侯貴族達の名代ということになる。そこにアルテナ自身は何の関係もない訳で。

 他人(なかま)の心境はさておき。
 後背の扉、その向こうが攻略済みの階層なのだろう。
 眼前の扉が次の階層へ続く扉という話だ。
「それでこの先は――」
 イレギュラーズが息をのむ。
 次の階層は、言わば『攻略失敗階層』だ。
 道すがらの説明では幾度かの挑戦が失敗し、戻らぬ者も居ると聞いていた。

 攻略が失敗しているということは、既知の情報も多い。
 蒼穹の回廊と呼ばれるこの先の空間では、まず台座に座る番兵たる怪物の襲撃を受けるようだ。
 それから長い長い道を進むと、便宜上『階層守護者』と呼ばれる怪物と相対することになる。
 見事それを退けると、そこで行き止まり。
 どこにも進む道はなく、最後の冒険者は戻ってこなかった。
 そう告げたペリカの横顔が、ほんの微かに愁いを帯びたように見えて――
「まあ」
 ――無理もなかろう。彼女はその冒険に同行していた筈なのだ。
「気をつけることにするよ」

 話を聞いていると素朴な疑問も湧いてくる。
「誰かが倒した筈の怪物を、また倒す必要があるってことか?」
「そだねい」
 ペリカの話によると、おおよそ一時間で『リポップ』するらしい。
 ぐずぐずしていると戻るにも一苦労という訳だ。

「だから撤退の条件は決めさせて貰うわさよ」
 無論――命とは比べものにならない訳だが――撤退は依頼の失敗を意味する。

「それじゃあ開けるわさ。飛び出しは厳禁。死ぬからねい」
 さらりと物騒なことを言いながら、ペリカが巨大な扉に手をかける。
 小さな身体からは想像も出来ない音を立てて、扉は重々しく開き始める。

 突如飛び込んで来たまばゆい光に、イレギュラーズは瞳を細めた。


 目の前に広がるのは、迷宮の奥底には余りに似合わぬ蒼穹(あおぞら)だった。

 そこが迷宮の奥深くであるという以外にも、異様なことはいくつもある。
 視界の前も、上も、下さえも一面の青空であること。地面と呼べるものがないのだ。ただ一本、石膏のようなのっぺりとした白さの階段が下へ下へと続いている。
 それに青空の向こうでは雲がゆっくりと動いているというのに、風の一つも感じない。真昼のように明るいのに、太陽もありはしない。
 まるで荒唐無稽な夢の中を思わせる光景の中、乾いた味気ない空気だけが現実であることをそっとささやきかけていた。

「この階段は、下に行くほど広くなっているわさ」
 遠近感が狂いそうだが、階段そのものが相当に長いのだろう。
 青空の中に霞む階段の向こうには『蒼穹の回廊』を回廊たらしめる折れ曲がった通路が続いているらしい。
 通路はかなり広く、神殿のような柱が立っている。そこで最初の番兵と戦闘になる。

 それから先の階段をさらに降りていくと、直径五十メートル程の広場があるようだ。
 そこには『階層守護者』が待ち構えており、戦うことになる。

 広場の中央にはぽっかりと数十センチの穴があいており、その真上には白い水瓶が浮かんでいるそうだ。
 水瓶からは水でなく、砂が延々と溢れ続けており――他には何もない。
 ここからが『解けない謎』なのである

 さて。どうしたものか。
 ともかく何らかのアプローチは必要なのだろう。
 後は作戦の詳細を詰め、挑む他に道はない。

GMコメント

 果ての迷宮。第一弾。pipiです。

●目的
 次の階層に進み、次なるセーブポイントを開拓することです。
 また、誰の名代として参加するかが重要になります。

※セーブについて
 幻想王家(現在はフォルデルマン)は『探索者の鍵』という果ての迷宮の攻略情報を『セーブ』し、現在階層までの転移を可能にするアイテムを持っています。これは初代の勇者王が『スターテクノクラート』と呼ばれる天才アーティファクトクリエイターに依頼して作成して貰った王家の秘宝であり、その技術は遺失級です。(但し前述の魔術師は今も存命なのですが)
 セーブという要素は果ての迷宮に挑戦出来る人間が王侯貴族が認めたきちんとした人間でなければならない一つの理由にもなっています。

※名代について
 フォルデルマン、レイガルテ、リーゼロッテ、ガブリエル、他果ての迷宮探索が可能な有力貴族等、そういったスポンサーの誰に助力するかをプレイング内一行目に【名前】という形式で記載して下さい。
 誰の名代として参加したイレギュラーズが多かったかを果ての迷宮特設ページでカウントし続け、迷宮攻略に対しての各勢力の貢献度という形で反映予定です。展開等が変わる可能性があります。

 メタ的には、以下三つの目標を攻略下さい。
・初戦
・ボス戦
・謎解き
 です。
 それぞれ適度な配分で上手いことアプローチしてみるのをおすすめします。
 せっかくのEXですので道中の心境などを楽しんでみても良いでしょう。

●リポップ
 敵は倒されてから一時間で、再び沸くようです。死体も消えます。
 時間と残存HPAP等の配分で、ペリカストップがかかる場合があります。

●初戦
 幅二十メートル程の巨大な廊下での戦闘です。
 足場等に問題はありません。

『ソードセンチネル』×4
 HPと防御技術に優れます。至近攻撃を仕掛けてきます。
 保有するBSは麻痺です。

『ランスセンチネル』×4
 攻撃力に優れます。至近~中距離攻撃を仕掛けてきます。
 保有するBSは出血です。

『ロッドセンチネル』×2
 脆いですが、射程や範囲に優れます。中~遠距離の単体攻撃、貫通攻撃、範囲攻撃を仕掛けてきます。
 保有するBSは火炎です。

『ガンセンチネル』×2
 脆いですが、命中に優れます。中~遠距離を仕掛けてきます。

●ボス戦
 階段で直径五十メートル程の広場に降りてきます。
 ボスと取り巻きがいます。

『プラスターマンティコア』×1
 かなりの耐久力と攻撃力があります。強いです。
 射程は至近~遠距離。単体、範囲、貫攻撃を持ちます。
 保有するBSは毒、火炎です。

『プラスタービースト』×6
 機敏で攻撃力があります。
 保有するBSは毒です。

●謎解き
 ボスと戦った直径五十メートル程の広場。
 広場の中央。十メートル程上に浮かぶ水瓶が、真下にある数十センチの穴に砂を落とし続けています。

・ボスの死体
 順調に勝てたならボスの死体があるでしょう。
 一時間で消滅してボスがリポップします。

・水瓶
 白い地面と同じような素材。空中(!)に固定されています。奥から砂が延々と沸いてくるようです。

・砂
 さらさらとした乾いた砂です。

・広場のふち
 最後に挑んだ冒険者の一人が、端の方で忽然と消えています。
 落ちたと噂されています。

●同行NPC
・ペリカ・ロジィーアン
 タフな物理系トータルファイターです。

 皆さんを守るために独自の判断で行動しますが、頼めば割と聞き入れてくれます。
 出来れば戦いに参加せず、最後尾から作戦全体を見たいと希望しています。
 戦いへの参加を要請する場合は戦力があがりますが、それ以外の危険は大きくなる恐れがあります。

・『冒険者』アルテナ・フォルテ(p3n000007)
 皆さんと同じぐらいの実力。
 両面型。格闘、魔力撃、マジックミサイル、ライトヒールを活性化しています。
 皆さんの仲間なので、皆さんに混ざって無難に行動します。
 具体的な指示を与えても構いません。
 絡んで頂いた程度にしか描写はされません。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はC-です。
 信用していい情報とそうでない情報を切り分けて下さい。
 不測の事態を警戒して下さい。

●Danger!
 当シナリオにはパンドラ残量に拠らない死亡判定が有り得ます。
 予めご了承の上、参加するようにお願いいたします。

  • <果ての迷宮>蒼穹の回廊 Lv:7以上、名声:幻想30以上冒険中
  • GM名pipi
  • 種別EX
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年03月17日 23時59分
  • 参加人数 10/10人
  • 相談7日
  • 参加費150RC

参加者 : 10 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(10人)

R.R.(p3p000021)
破滅を滅ぼす者
セララ(p3p000273)
魔法騎士
レイチェル=ヨハンナ=ベルンシュタイン(p3p000394)
死を呼ぶドクター
アリシス・シーアルジア(p3p000397)
黒のミスティリオン
主人=公(p3p000578)
ハム子
善と悪を敷く 天鍵の 女王(p3p000665)
レジーナ・カームバンクル
アレフ(p3p000794)
堕ちた光
イーリン・ジョーンズ(p3p000854)
霧の探訪者
ゲオルグ=レオンハート(p3p001983)
天穹を翔ける銀狼
アマリリス(p3p004731)
天義の守護騎士

PAGETOP