PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
そ、そうでしょうか。
……少し、くすぐったいですね。

(嬉しいのだけれど、恥ずかしい気もして。
 少し口をもごつかせて。それから、恥ずかし気に笑みを浮かべて、頬を掻いた)

……!

(溶けては香る、甘い花のにおいに包まれて。
 それから感じた、彼女の声なき声を聴いたように思われて)
(大きく頷いて。それから、“笑った”)

ボクも。エーリカさんと、ここで出会えて、よかった。

(同じようで違う色をした、青い瞳を見つめて)

い、いいの……?
もちろん、エーリカさんさえよければ、是非。

(朝ごはん。それも、友達と!)
(はじめての体験だ、とすこしそわそわした様子で告げて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM