PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
ふふふ、ありがとう。
これも“まほう”になれているの、ですね。
……そっかぁ。

(目を細めて、よかったと呟いて)

……。うん。
見えるものだけじゃない。
きっと、それはボクらのちからも、きもちも。
どれにも当てはまるのでしょうね。

(同意するように頷いて。深く、ゆっくりと)

わ、わわわ……!

(息をのんで。たとえるなら、魔法にかけられたように)

すてき、とっても、すてき……!
あぁ、どうしましょう……。
なんだかとても、待ち遠しくなってきちゃった。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM